注文住宅の新築を計画しているところですが、三井ホームではサイディングなんて馬鹿にしていて、
「少し高いのですが、うちは塗り壁を採用しています。そのかわり30年間メンテフリーの自浄作用のあるものです。長い目でみれば絶対にお得なこと間違いありません」と言います。

30年間手入れ要らずなんて信用できないのですが、これで施工した方がいらしたら、お話をお聞かせいただきたいです。

その他、何たら言うセントラルヒーティングをしないととか・・・色々言ってきます。こちらはまだ30歳の夫婦ですが、親の援助があることを知ってとんでもなく贅沢な提案をしてくるように思います。
 
ここはないと思い外す予定ですが、知識を得るためにも、その自浄作用のある塗り壁とやらについてご存じの方は教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは



三井さんですか、、70万円スタートの超高いお家ですね(2*4のくせに)。
自浄作用(セルフクリーニング)は先の回答にもありましたが、雨で汚れが落ちる系の物ですね、、、
汚れに関しては住まわれる方の感覚です。全く汚れないわけではないので、、、むしろ大事なのは耐候性です。一般にはセラミック吹きつけ塗装が30年程度の塗膜性能をうたっていますが、確かに塗膜は強いけどサッシ廻りや外壁目地の劣化、基材の変化に追従しきれずクラックが入っているお宅を何軒も見ております。目も当てられないです。確かにサイディングの住宅よりもモルタルに樹脂系の仕上げ材の方がかっこよく見えますが、デザインも限られるし何とも言えません。他にもハウスメーカーさんですと引っかけタイル仕上げなんかもありますね。どちらにしても先行の投資額が半端ないですよね、、500~1,000万円ぐらい違うのですから(40坪の家で坪単価が20万円違うと800万円違いますので、、)

屋根に関しては瓦がお勧めです。基本塗り替えはかかりません。外壁はサイディングでもガルバリウムトタンでもなんでも良いかな?と思います。大手ハウスメーカーさん以外のモルタル外壁は勧めません。(クラック保証)雨漏れなんかあると手に負えなくなりますので。

最近のサイディングは基材の塗装がしっかりしているので長持ちしますが、コーキングのきれなどはどうしても10年前後でおきてきます。15年ぐらいのスパンで塗り替えが必要かと思います。塗り替え費用はおよそ23,000円/坪ぐらいかかります。家を建てた後の修繕費として貯蓄しましょう。

以上ご参考までに
    • good
    • 7
この回答へのお礼

やはりそうなのですね!?モデルハウスなどでも少し古くなると、高級塗り壁がなんとなく薄汚れて、窓枠の下などは黒くなり汚くなっているのを目にします。

塗り壁はお高いので、やはりサイディングにしようと思います。最近は高級サイディングもたくさんあり、
本物の石やレンガと見まがうものもありますね。

メンテの費用は心づもりしておきます。ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/11 16:17

三井ホームではありませんが、木造で築31年になりますが、モルタル外壁を一度も塗り替えていません。

モルタル特有のひび割れも発生していません。まだまだ問題なく使えそうです。屋根も釉薬の陶器瓦ですので、まったく変化がありません。内壁もそのままで問題ありません。

外壁の下地モルタルですが、特別な物ではありません。表面塗装は俗に言う吹き付けタイルです。当時はマンション外壁に使われていたものです。ひび割れが表面に出ないように弾性材料を吹き付けコテ押さえしてあります。その表面に当時の最高レベルの塗料を3層に吹き付けてあります。色はホワイトで自浄作用のある酸化チタンが多く含まれています。また、外壁は年に一度はホースで水洗いしてきました。

外壁に問題が出ない理由は塗装だけではありません。軒先が3尺と深いので雨が外壁に当たらないのです。酸化チタンの自浄作用のことは当時から知られていました。サイディング材のPRに光セラとか親水セラとか光触媒とか言っているものです。この技術は昔から知られていたのですが、今では広く使われるようになりました。

その原理はアナターゼ型の酸化チタンが表面汚れ成分の有機物を光で分解させ雨で流れ落ちるようにしたものです。したがって塗り変えない方が自浄作用が出てくるのです。サイディング材で広く使われている塗料をモルタルに応用したもので眉唾なものではありません。三井ホームはサイディング材のような偽物感のある壁材ではなく高級感のある塗り壁を得意としています。モルタル下地にアスファルトフェルト採用しており、しっかりした材料をつかっているので安心です。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

酸化チタンですか。三井ホームの塗り壁はとてもお高くて無理ですが、酸化チタンのサイディングを施工してもらうようにしようと思います。

それにしても、30年以上もクラックも入らず、塗り替えの必要ないほどきれいなんてすごいですね。本物の高級材料を使った豪邸なのでしょう。羨ましいです。

お陰さまで知識を得ることができました。ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/11 16:26

某大手住宅メーカーで新築を20年前に建てたのですが、


15年を超えると屋根と壁の塗替えを勧めてきます。

近所にもそのような家はなく、建築時にもそんな話は一切なかったのですが、
100万円もかかるというのです。

新築しますよね。毎月・ボーナスと払える金額で30年ローンを組みますよね。
そうすると30年間は余ったお金はないのです。
100万円なんてどこから持ってくるんですか?とかなりごねてはいますが、
錆びてきますよ。次は穴が開きますよ。そしたら葺き替えで更に高くつきますよ。
と、脅されている気分になっています。

100万円掛けて塗り替えたとして、次は何年後?って言ったら7,8年ですって?
え?また100万円いるの?といった感じです。

30年はメンテ不要だとしても、その次は?って聞いておいたほうがいいですよ。
30年たったら屋根も壁もぼろぼろですから全部葺き替えますなんて言われないように。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

そうですか。30年仮にメンテフリーだったとしても、その次は??ですね。折角頑張って高価な素材にしても、やはりいろいろかかりますね。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/11 16:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサイディングと塗り壁のメリット・デメリット

詳しい方教えてください。
タイトルの通りですが、サイディングと塗り壁のそれぞれのメリット・デメリットを教えてください。
1 耐久性ではサイディングのほうがよい。
2 値段はサイディングのほうが安い。
3 デザインもサイディングが多様である。
・・・というようなことはわかったのですが、そうすると塗り壁を選択するメリットがわからないのです。性能がいいということでしょうか?

塗り壁、またはサイディングならではのメリット、デメリット等を詳しく知りたいのでお願いします。

Aベストアンサー

うちは、コストを下げたいからサイディングで良いと言っていたのですが、工務店が強く塗り壁を勧めてきました。
主にデザイン面が理由ですが、今は塗り壁でよかったかなと思っています。

サイディングにした場合のデメリットとして、

1)一部の張替えが必要になった場合、下手すると同じデザインのサイディングがない場合があるそうです。工業製品である以上、モデルチェンジもあるでしょうし、これは当然のリスクかもしれません。

2)サイディング自体の耐久性はあっても、継ぎ目のコーキングのメンテナンスが必要。

3)やはりそれなりの値段を出さないと、安っぽく見える。

後は、好みですね。塗り壁も昔のようにクラックが入りやすいわけではないそうですし、サイディング・塗り壁どちらでもデザインが気に入ったら選ばれたら良いかと思います。

Qセントラルヒーティングの循環ポンプの耐久性

一戸建て住宅の暖房にセントラルヒーティングを使っています。先日ボイラーのスイッチを入れたのですが、いつまでたってもパネルが暖かくならずおかしいと思って設置した業者の方にきていただきました。点検の結果は循環ポンプが壊れており取り替えが必要で4万円ぐらいかかるとのことでした。
壊れてしまったものは仕方がないのですが、今年の春まで何の問題もなく稼働していたものが使用していない期間に急に壊れてしまうのはなぜなのでしょう?またこのようなボイラーの耐用年数はどのくらいなのでしょうか?ちなみに8年で壊れました。

Aベストアンサー

こんにちわ
我が家は築30年のあいだに2回ボイラー本体を交換して、うち、循環ポンプ自体は30年目のついこないだ、はじめて取り替えました。
(ボイラーの釜は20年ぐらいでお釈迦でしたがポンプは平気だったので釜交換してもポンプは古いのをそのまま使いつづけることが出来ました)

しかし、建築設備設計専門の一級建築士さんに相談したところ、ポンプの寿命は法定の耐用年数で7年ぐらいだと言ってましたから、我が家の場合は驚異的に長持ちできたんだと思います。
そこから類推すると、fyukitiさんのポンプの場合は、ほぼ法定どおりの予定どおりということになるのかもしれないですね。
設備の建築士さんのアドバイスによると、ポンプはモーターが焼けてしまうと完全に寿命ですが、回転部のベアリングを交換してあげることで大変長持ちできるんだそうです。
メーカーによっては(特に家庭用セントラルだとそうかもしれないんですが)ベアリングだけのメンテナンスは出来ずに全交換しかできないよう仕向けている製品もあるかもしれないですが、とりあえずメーカーに相談して見てはいかがでしょうか?
(ビル用のポンプはかならずベアリング交換ができるそうです)
時々静かな深夜などにポンプの音を聴いて見て下さい。
ガラガラと音をたてながら回っているようでしたら、ベアリング交換が必要な異音です。

あと、セントラルの装置自体、専用小屋などに綺麗にしまわれていると思いますが、放置しているとほこりが厚みになってたまってしまいがちだと思います。
ポンプ部分に厚く土ぼこりなどがこびりつくと過熱の一因となって寿命に影響すると思いますのでぞうきんできれいに拭いてあげるといいと思います。
圧力メーターなどが汚れで見えなかったりしたら、ぜひ拭いてあげて、メーターの指している値が正しいのか点検してあげたほうがよいのかもついでにご自分の目で、説明書と見比べてチェックする機会になるといいですよね。

こんにちわ
我が家は築30年のあいだに2回ボイラー本体を交換して、うち、循環ポンプ自体は30年目のついこないだ、はじめて取り替えました。
(ボイラーの釜は20年ぐらいでお釈迦でしたがポンプは平気だったので釜交換してもポンプは古いのをそのまま使いつづけることが出来ました)

しかし、建築設備設計専門の一級建築士さんに相談したところ、ポンプの寿命は法定の耐用年数で7年ぐらいだと言ってましたから、我が家の場合は驚異的に長持ちできたんだと思います。
そこから類推すると、fyukitiさん...続きを読む

Qセントラルヒーティングの配管が部屋の中にあるのは普通?

現在ツーバイフォーで建替え中です。
まだ壁のボードを貼る前ですが、灯油のセントラルヒーティング配管が部屋の壁をよじ登るように配管されています。
割合太いものなのですが、このようなものが部屋の角を占めるように配管されるとは全く思ってもいませんでした。

設計図に記載はされていませんし、その分床面積も狭くなるわけです。
確認してみるつもりでいますが、実際このような配管をする場合もあるものなのでしょうか?
それとも施工ミスと捉えるのが普通でしょうか?

Aベストアンサー

暖房用の温水配管であれば行きと帰りの二本ですよね?
配管断熱材の厚みも含めれば結構な太さになるかと思いますので、室内のスペースを殺さず外壁に仕込むことは難しいかと思います。
隠すとなれば柱のような形で室内にデッドスペースが生まれてしまいますね。
もしくは家庭用エアコンの配管みたいに外部へ出して化粧カバーで覆ってしまうやり方が一般的です。

建物内の配管が通るスペースをパイプシャフト(PS)と呼ぶのですが、新築物件で普通に設計してあれば給排水、空調含めて一箇所で済むはずです。(2回にトイレ、手洗いを設置、もしくは将来的に検討しているのであれば必ずスペースは設けてあります)
ここを通った配管は天井裏や床下を通って各部屋に分配されますので基本的に配管が露出することは無い筈です。
なぜ、ご質問の部屋だけ露出配管となってしまったのかは現地を見ないとなんともいえませんが、暖房設備工事は別業者に分離発注してないですか?
そうでなく住宅メーカーへの一括発注であれば、隠せるものを隠せなかったとして手直しの要求は可能でしょう。
また2階へのPSが設けてあっても、配管が大きく迂回するとの理由から材料費削減のため、最短距離で配管施工し、結果的に露出配管となってしまうケースも考えられます。
業者に配管図面を提出して貰い、配管ルートを確認されることをお勧めします。

PS:温水配管は水道に比べ劣化の進行が早いです。
水漏れ等起こった場合、修理のために壁や天井を壊すことなく修理できる露出配管が実は一番お勧めなのかもしれませんが・・・(笑

暖房用の温水配管であれば行きと帰りの二本ですよね?
配管断熱材の厚みも含めれば結構な太さになるかと思いますので、室内のスペースを殺さず外壁に仕込むことは難しいかと思います。
隠すとなれば柱のような形で室内にデッドスペースが生まれてしまいますね。
もしくは家庭用エアコンの配管みたいに外部へ出して化粧カバーで覆ってしまうやり方が一般的です。

建物内の配管が通るスペースをパイプシャフト(PS)と呼ぶのですが、新築物件で普通に設計してあれば給排水、空調含めて一箇所で済むはずです。...続きを読む

Q塗り壁の外壁を一部だけサイディングにするのは、、、

新築で外壁を全部塗り壁にしようと思っているのですが、予算の都合や
塗り壁の汚れのこともあり、HMの担当者から特に汚れやすい北側部分だけ
サイディング(親水セラ)を勧められています。

個人的には一部分だけ違う素材というのがどうしても引っかかるのですが
こういうのは施工するにあたって特に問題などは起きたりしないのでしょうか?
塗り壁とサイディングの切り替わる角の部分などはどういう処理の仕方になるのか
わかりません。後々のメンテナンスはどうなるのでしょう。

色は塗り壁の色とよく似た色のサイディングにしていただけるようですが、
模様といいますか、コテ塗りとサイディングの模様が合いそうにない気がして。
店舗などではよく前面だけ塗り壁であとはサイディングというのもあると
思いますが一戸建て住宅ではどうなのでしょうか。

コケや雨だれの汚れも気になりますが、どうしたらよいのか悩んでいます。
アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

サイディングホードと塗り壁下地のスレートボートを同時に施工して、後からスレートボートに壁を塗る。おそらくサイディングの角役物を使って角を取り、その役物きわにスレートボードを張ることになります。役物のきわをサッシのきわだと思えば、両者の境目は問題ないと思います。それとも、問題だと言ってほしいかったのではありませんか。だったら変なことは止められると?

そもそも、北側の汚れを気にして、家のデザインを台無しにすることが理解できません。良い所取りのつもりが、悪い所取りになります。また複雑なことをして、本当に予算の節約になるのか疑問です。

わたしが実際にその家を見ると笑っちゃいますよ。施主の優柔不断な性格が家から見えてしまって恥ずかしいですよ。いろいろ説明されて最後にまた 『コケや雨だれの汚れも気になりますが、とうしたらよいか悩んでいます』と書いている。家作りは買い物と同じで選択することは楽しいことで、悩むようなことではないと思います。

A子さんの顔が好きなんだけど、B子さんのスタイルも気になり、どうしたらによいのか悩んでいますと同じです。塗り壁をメインにしていることは塗り壁が気に入っている証拠で、全部塗り壁にしたらよいのです。

汚れの対策は塗り壁で行えばよいのです。軒を深くして雨に濡れないようにするとか、撥水剤を塗布して雨で濡れないようにするとか、汚れが目立ちらくい色にするとか、透明な樹脂でコーティングする方法もあります、

サイディングホードと塗り壁下地のスレートボートを同時に施工して、後からスレートボートに壁を塗る。おそらくサイディングの角役物を使って角を取り、その役物きわにスレートボードを張ることになります。役物のきわをサッシのきわだと思えば、両者の境目は問題ないと思います。それとも、問題だと言ってほしいかったのではありませんか。だったら変なことは止められると?

そもそも、北側の汚れを気にして、家のデザインを台無しにすることが理解できません。良い所取りのつもりが、悪い所取りになります。ま...続きを読む

Q金属サイディングの壁の塗り替え

築30年の家です。白く粉を吹き、わずかですが部分部分若干の錆が出ています。張替えの予算が無いので自分でペンキを塗りたいと思うのですが。塗る作業手順を書いてみました。
錆び取りした後、たわしで水洗いし、シーラーを塗った後にペンキを塗りたいと思います。この手順でいいものでしょうか。また、作業性から油性でなく水性ペイントでもいいのでしょうか。それと、サイディング用となっているペイントでないと塗っても駄目なんでしょうか。トタン用でもいいのでしょうか。

Aベストアンサー

白く粉を吹き、わずかですが部分部分若干の錆が出ています。との事ですが
白サビと思われます。白サビは鋼板の保護層の腐食ですので放置しておくと鋼板自体が腐食します。
部分的に錆(赤錆)が出ている所は鋼板の腐食が始まっていますので早急に塗装されたほうがよろしいと思います。

塗装の工程

1、白サビ・赤錆は可能な限り除去(ブラシ・サンディングペーパー等)
2、よく清掃する (掃除刷毛・ウエス等)
3、錆止めを塗る
4、中塗り   (中塗りと上塗りは同一の材料で可)
5、上塗り
各工程間は十分に乾燥時間を開けて下さい。

私的には金属に水性塗料はオススメできません。
サイディング用でなくても可能です。価格的にもウレタン・アクリルシリコンがよろしいのでは。
ウレタン・アクリルシリコン共に1液型と2液型が有りますが一般の方でしたら1液型の方が使いやすいと思います。ウレタン・アクリルシリコン共に弱溶剤型(塗料シンナーで希釈できるもの)が多く使われております。
錆止めは付着の良さからエポキシ系がオススメです。こちらも弱溶剤の1液型と2液型があります。
耐用年数はウレタンで8~10年アクリルシリコンで10~12年です。
価格は15kg(一斗缶) 1液ウレタンで10,000円~12,000円 1液アクリルシリコンで13,000円~15,000円程だと思います。
15kgで中塗りと上塗りの2回塗りで約50m2~60m2塗ることができます。
錆止めは1液型エポキシで16kg(一斗缶)で8,000円~9,000円程です。
16kg(一斗缶)1回塗りで100m2~130m2塗ることがができます。


下地処理(錆の除去と清掃)がしっかりされておりませんと、どんな良い塗料を塗ったとしても良い結 果が得られませんので手間を惜しまず下地処理に時間をかけて下さい。
 
以上上手く説明できませんでしたが、少しでもお役に立てば幸いです。









 

参考URL:http://www.kansai.co.jp/products/decorative/saske/3_2.html

白く粉を吹き、わずかですが部分部分若干の錆が出ています。との事ですが
白サビと思われます。白サビは鋼板の保護層の腐食ですので放置しておくと鋼板自体が腐食します。
部分的に錆(赤錆)が出ている所は鋼板の腐食が始まっていますので早急に塗装されたほうがよろしいと思います。

塗装の工程

1、白サビ・赤錆は可能な限り除去(ブラシ・サンディングペーパー等)
2、よく清掃する (掃除刷毛・ウエス等)
3、錆止めを塗る
4、中塗り   (中塗りと上塗りは同一の材料で可)
5、上塗り
各工程間は十...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報