期末在庫が利益や税金に影響するという話はとてもよく聞きますし、ネットでも多数見かけられます。
その反面、それはナンセンスという回答も多く見られます。
どちらが本当なのでしょうか。

ここは商社だとします。
100円のものを仕入れ、130円で販売するとします。
期首在庫 100個  10,000円
期中仕入  50個   5,000円
販売     30個   3,900円
期末在庫 120個   12,000円

この場合、粗利は3,900円-(10,000円+5,000円-12,000円)=900円になります。(粗利率23.08%)

ここまでは問題ないと思います。

で、よく言われる期末在庫が増えると利益が増えるということを考えてみます。
期末在庫が140個となり、金額が14,000円になったとします。
この場合売上原価は 10,000+5,000-14,000円となり売上原価は1,000になり、確かに当初の売上原価とは変わってきます。
ですが、期首在庫が100個が変わらないとすれば、期末在庫が140になるには、販売か仕入れが変動しないと帳尻が合いません。
販売数が同じで、期末在庫が140に増えるということは、仕入れが70になるということです。
期首在庫 100個  10,000円
期中仕入  70個   7,000円
販売     30個   3,900円
期末在庫 140個   14,000円
この場合、売上原価は 10,000+7,000-14,000=3,000になるため、実際は上記のような売上原価が1,000円になることはあり得えず、当初の期末在庫120個と同じ売上原価3,000円になります。
3.900-(10,000+7.000-14,000)=900円で粗利率は23.08%です。

では販売が不振で、50仕入れたが10しか売れなかったため、期末在庫が140になった場合です。
期首在庫 100個  10,000円
期中仕入  50個   5,000円
販売     10個   1,300円
期末在庫 140個   14,000円
この場合、売上原価は1,000円となり、確かに変わります。
変わりますが、売上が減って1,300円になっているのですから、1,300-1,000円で粗利は300円になり、逆に減っています。(利益率23.08)

期末在庫が増えても、利益は増えるどころか減っていますよね?
ただ、上記パターンはどれも利益率は同じであり、結局のところ、仕入れを増やそうが、販売を減らそうが、期末在庫をどうしようが、売っただけの売上に対して税金がかかるのであって、こんな小細工は全く無意味なのでは?と思います。
考えたところ、仕入れや販売に関係なく期末在庫を変えるとすると、期末在庫の評価方法で変更するしかないのではないかと思うのですが、どうなんでしょうか。

期末在庫が増えると、利益は増えるのでしょうか、減るのでしょうか。

他でも聞いたのですが、回答を聞いても全く納得できないので聞いてみました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「期末在庫が増えると利益が増える」のは、ご質問の前提と異なり、売上や仕入を増減させることなく期末在庫の数量ないし金額のみを増加させると売上原価が減少する結果、利益が増加することをいう場合が多い。



そしてこれは、実数よりも帳簿上の在庫を増やしてしまう方法(違法)、棚卸資産の評価方法の癖を利用する方法(グレー)などがあるため、実現可能となる。

なお、税金は売上等から売上原価等を控除した残額を基準にして課せられる。「売っただけの売上に対して税金がかかる」のではないので、念のため。
    • good
    • 0

「期末在庫が増えると利益が増える」というのは古くからのデマです。

ウソの情報ですから信用してはなりません。ですから、


>よく言われる期末在庫が増えると利益が増えるということを考えてみます………

考えるだけムダです。ムダなことは考えないのが利口というものです。


>期末在庫が増えると、利益は増えるのでしょうか、減るのでしょうか。

100円のものを仕入れ、130円で販売する場合は、商品一個あたりの粗利益は30円ですから、商品の売上(販売)が十個増えれば粗利益が300円増え、二十個増えれば粗利益が600円増えます。

在庫が増えても利益が増えるわけではありません。利益が増えるのは、「売上(販売)が増える」ときだけなのです。

~~~~~~~~~~~~~~

以上は、期末在庫の評価方法を変更しないものとして回答しました。
また、次のような棚卸資産減耗損や棚卸資産除却損がないことを前提として回答しました。
・通常の管理状態で発生する破損などによる商品の減耗損
・横領、盗難、万引きなどの不法行為による商品の減耗損
・火災、倒壊などの事故による商品の除却損
・風水害、地震などの自然災害による商品の除却損
    • good
    • 2

基本的には、質問者様の言ってることはあってますよ。




「利益が増える」という言葉を、
(1) 真実の利益
(2) 決算書に記載された利益
の、どちらで考えるか、ということです。

>利益や税金に影響する ・・・ 
というのは、決算書の「当期純利益」や「所得金額」のことです。

ですから、私の前回の回答の説明は「書類上の数字は」ということです。

この数字が、真実の金額とあっているかどうかは、だれにも「わからない」ですよね。ということです。
    • good
    • 1

・ご質問のケースは、商品にロスがない前提ですね。




  期首在庫 100個

  期中仕入  50個

  販売     10個

  期末在庫 120個

というケースも、あり得るんじゃないでしょうか。


・例えば、 商品=大根 なら、腐ってしまいますよね。

 いいかえれば「棚卸減耗損」が表現されていない ということです。

・また、商品の仕入れ単価が変動することで、在庫の評価方法が変わることもあります。

・減耗損や評価損は、単純に「原価に織り込んでいる」ということになります。

・特に、決算書上では、期首在庫の総額、期中仕入の総額、期末在庫の総額 しか表記されません。
 売上との個数の個別対応や単価の変動などは、誰にも読み取れません。

 ですから、「粗利が低い理由」が、
 (1) 販売価格が低い
 (2) 仕入が高い
 (3) ロスが多い(減耗損や万引きなど)
 のどれによるかも、読み取れません。

・逆に利益を水増ししたくて、
 売上個数     100個
 販売原価個数   50個
 という決算書を作成しても、見た目では「わからない」ことになります。

・不動産業などで考えれば、
  1000万円で仕入れた物件が2件あっても、
  販売した方を 500万、
  在庫分を   1000万
  などと、することも「物理的には」可能です。

・ もちろん、「架空在庫」や「時価よりも過大な不良在庫」になってしまいます。

・税務申告、株主への報告、金融機関への融資の申し込みなど、決算書の用途は様々です。
 表面上、当期の利益だけ調整したければ、棚卸の数字をイタズラすることは、あり得る話ですね。

この回答への補足

ありがとうございます
商品は保存の効くプラスチック部品で、仕入れ単価も当期中は同じだとすれば、質問に書いている通りなのでしょうか

補足日時:2014/05/28 11:19
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東京23区内、在庫数の多いレンタルCD店は?

東京23区内、できれば板橋近辺で「SHIBUYA TSUTAYA」レベルの在庫数があるCDレンタル店はありますか?

Aベストアンサー

SHIBUYA TSUTAYAは名実共に日本最大級の店舗です。
ここと他を比べるのはちょっときついですね。
TSUTAYA系列ならあとは六本木、恵比寿、三軒茶屋辺りでしょうが、板橋なら渋谷に出た方が早いでしょうね。

もしくはDISCAS(TSUTAYAの宅配サービス)を使うのもひとつの手です。
日本最大級の品揃えというのが売りですから。

Q内部利益と通常利益(外部への利益)と在庫の関係。

恐れ入ります。
現在事業部門ごとの利益の分析をしているのですが、今いち理解できません。
外部のみの売り上げの場合の利益率の伸長額、利益率の伸長率と
内部売もある場合の利益率の伸長額、利益率の伸長率の分析の手法をご指導
いただきたく。

(外部のみの売り上げの場合)

      (前年)                      (今年)
A部 外売10(売構成比25%)利益2(利益率20%) 外売40(売構成比50%)利益4(利益率10%)
B部 外売30(売構成比75%)利益3(利益率10%) 外売40(売構成比50%)利益10(利益率25%)

(1)A部の利益額の伸長における影響額の算出方法は?(全体利益の増加は14-5=9)


(2)A部の利益率の伸長における影響率は?(全体利益率の増加は14/80-5/40=5%)



(社内売り上げもある場)

      (前年)                      (今年)
A部 外売10(売構成比25%)利益2(利益率20%) 外売40(売構成比50%)利益4(利益率10%)
B部 外売30(売構成比75%)利益3(利益率10%) 外売40(売構成比50%)利益10(利益率25%)

工場 社内売5 内部利益2               社内売10 内部利益4

(3)工場の内部利益額の伸長における影響額の算出方法は?



(4)工場の内部利益額の伸長における影響率は?

恐れ入ります。
現在事業部門ごとの利益の分析をしているのですが、今いち理解できません。
外部のみの売り上げの場合の利益率の伸長額、利益率の伸長率と
内部売もある場合の利益率の伸長額、利益率の伸長率の分析の手法をご指導
いただきたく。

(外部のみの売り上げの場合)

      (前年)                      (今年)
A部 外売10(売構成比25%)利益2(利益率20%) 外売40(売構成比50%)利益4(利益率10%)
B部 外売30(売構成比75%)利益3(利益率10...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと確認します。
A 部門とB 部門との間で売買があるというのではなく、
販売部門であるA およびB 部門と工場との間でのやり取りを、社内の販売部門と製造部門との間の売買とみなして、工場に利益があると考えた場合はどうなるか?というご質問ですね。

質問者さんの知識のレベルがわからないので、貢献利益については理解している、という前提でお答えします。わからない場合は、補足・お礼の欄でご質問下さい。


まず、御社の構成として、A部門、B部門、工場、総務その他の本社機能部門の4つの部門があると考えます。A部門、B部門、工場の3部門が利益を生み出す部門であり、その利益で全体の司令塔である本社部門のコストを賄うことになります。その際に、3部門のそれぞれどの部門がどれだけの貢献利益を生み出しているかを評価するわけです。
貢献利益の計算に際しては、管理不能固定費は含めない金額を貢献利益として、その貢献利益が本社費用のどのくらいの割合を賄っているかによって評価すべきです。

工場に内部利益があるとした場合には、利益を上乗せした工場の売上がA、B両部門の変動費になりますから、A、B両部門の貢献利益は工場の利益分だけ減少します。質問者さんの計算では工場の利益分を引いていないので計算がおかしなことになっているのです。

ちょっと確認します。
A 部門とB 部門との間で売買があるというのではなく、
販売部門であるA およびB 部門と工場との間でのやり取りを、社内の販売部門と製造部門との間の売買とみなして、工場に利益があると考えた場合はどうなるか?というご質問ですね。

質問者さんの知識のレベルがわからないので、貢献利益については理解している、という前提でお答えします。わからない場合は、補足・お礼の欄でご質問下さい。


まず、御社の構成として、A部門、B部門、工場、総務その他の本社機能部門の4つの部門があ...続きを読む

Q在庫が多いと借金のもと

在庫が多いと借金のもとになる根拠をおしえてください。

Aベストアンサー

>在庫には税金 これはどういう税金でしょうか

在庫に直接課税されるわけではないのですが
売り上げれば仕入れ費=経費となります。
経費の分は利益が減り、税金は少なくなりますよね。

しかし、まだこれから売れる在庫については
「資産」として扱われます。
ので、その分税金が多くなってしまうのです。

http://www.kk-support.com/setsuzei/set_zaiko.htm

のサイトがわかりやすいんじゃないかなと思います。

詳しくは「棚卸し資産」で検索してみるといいと思います

Q青色申告 期首在庫 期末在庫

弥生の青色申告ソフトで、期首在庫金額、期末在庫金額の打ち込みはどうすればいいですか? 
ちなみに
期首商品棚卸高 0   期末商品棚卸高 40824        
         です。

Aベストアンサー

振替伝票入力から次の仕訳を入力します。
借方 商品 40,824 / 貸方 期末商品棚卸高 40,824
これだけです。期首はゼロですから何もする必要はありません。

詳しくは、
ヘルプ(H) → 目次とキーワード(H) → キーワード(N) と進み
キーワード入力欄に「決算」と入力しENTERキー
「決算整理仕訳 棚卸の仕訳の入力」をクリックして、詳細を読む。

Qエクセルの条件付き書式について教えて下さい。必用商品在庫を基準に、毎週の棚卸しを行いその数量が多いか

エクセルの条件付き書式について教えて下さい。必用商品在庫を基準に、毎週の棚卸しを行いその数量が多いか少ないかまたは同数かによって、在庫入力の欄を青、黄、赤にしたいです。
C6で作った書式を他の欄へなるべく手数をかけずコピーしたいのですが、その方法をご存知の方がいらっしゃれば教えていただけませんでしょうか?
コピーする行、列がそれぞれ50以上程度あります。貼り付けで、書式貼り付けを選定や、$を外したりしましたが、うまい方法がまだみつかりません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.3の回答者です。

H列の必要在庫ではなく、C列のセルからG列のセルまでの在庫入力を
していないのに青色になるのですか?
「C6<>""」で空白でない場合のみセルに色を付けるようにしているので、
青くなることはないと思うのですが?

もしかして青くなるセルには、入力をしていないように見えて、半角などの
スペース記号などが入っているのでは?
青くなったセルを選択し[ Delete ]キーを押したときにはどうなりますか?
もしも色なしになったのなら、何かが入った状態だということになります。

もしも何も入力していないのに青くなるのなら、その範囲の既定の書式が
青色なのでは?

Q期末の仕掛りと期末在庫の違いは

製造業(金属加工業)をやっているものです。計理士から3月末までの仕掛りを
してくださいといわれました。
3月に材料を仕入れて、4月に納品したものは3月末で在庫になり仕掛りとなるかと思いますが。
以下のような場合
(1)3月以前に仕入れた材料で作成した品物を4月中に納品したもの
(2)3月中に材料を仕入れて、4月以降(5月とか6月に)納品予定のもの
(3)3月以前に材料を仕入れて、4月納品予定はなく5月か6月などになってるもの
(4)一部の材料を3月以前に仕入れそのほかの材料とくみあわせて品物を作成し
 4月に納品したもの

などは、その場合どのような扱いになるのでしょうか
経理士にはどのように報告すればよろしいのでしょうか?

また、原価率とはどのうようなののでしょうか?
経理に詳しい方おしえてください。

Aベストアンサー

倉「庫」の中に存「在」しているものが「在庫」です。
倉庫の中には、まだ加工していない「材料」と、完成した「製品」と製作途中のものつまり「仕掛品」の3種類が入っているはずです。


>(1)3月以前に仕入れた材料で作成した品物を4月中に納品したもの

3月以前に仕入れた材料で、4月になってから作り始めて4月中に完成して納品したものは、3月末の時点では原材料でしたから、「原材料在庫」になります。

3月以前に仕入れた材料で、3月中、またはそれ以前に作り始めて、3月末の時点で作成途中のものは「仕掛在庫」になります。

3月中またはそれ以前に作り始めて、3月中に完成して4月に納品したものは「完成品在庫」になります。

仕掛の金額の計算方法は、ややこしくてここには書ききれないので、計理士(税理士?)にお尋ねください。

Q在庫品種の多いオンライン薬屋さん

在庫品種の多いオンライン薬屋さんを紹介して下さい。
なかなか希望の薬をおいているところがないので。

Aベストアンサー

下記サイト「楽天」でご希望の薬名で検索を一度かけてみては
どうでしょうか。ここは在庫豊富かと思うのですが・・・

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/category/health_medicine.html

Q在庫の利益への影響(原価計算、工業簿記、経理会計

お世話になっております。
在庫が増える→売上原価が下がる→利益は上がる

上の仕組みは理解しております。

現在、9月仮締から9月本締における在庫の増減理由が
記載されているのですが、理解ができません。

(1)在庫の増加理由 今期商品の見積もり原価が少なかった。

↑なぜ見積もり原価が少なかったら在庫が増加する理由になるのでしょうか?

(2)在庫の減少理由 上半期新製品がなく金型投資がなかった。稼働率が上がり、加工費用が下がった。

↑なぜ加工費用が下がったら在庫が減少するのでしょうか?
製造原価が下がると在庫が減少するのでしょうか?
また、そうだとするとどうしてそうなるのでしょうか?

一応、簿記2級はもっていますが、実務で使った事もなく、忘れてしまっております。
現在、利益の増減要因を分析しているのですが、減少理由が記載されている分析資料
をみていて理解できません。
このあたりについて、理解力の乏しい私に噛み砕いて分り易くお教えいただきたく。

お手数お掛け致しますが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まずは、在庫の評価額の算出方法を考えましょう。

在庫の評価額の算出には、大きく分けて2種類あります。
1つは売価還元からの求める方法で、製品の売値から利益と管理費を除いたもので算出する方法です。
もう一つは原価積上方式です。製品の材料費や外注費や加工費、その他製造経費を個別に積み上げた合計額です。

ご質問を見る限りでは、質問者さんの会社は原価積上で行っているのではと思います。

1)在庫の増加理由 今期商品の見積もり原価が少なかった。

例えば、ある製品で当初の見込みでは、
材料が100円、外注費が50円、加工費が150円、その他製造経費が100円と見込んでいた製品だと当初の在庫評価金額は400円になります。
しかしながら実際の材料費は120円、外注費は60円で加工費とその他の製造経費は変わらずだとすると、在庫の評価金額は430円に増えてしまいます。
したがって、当初の見積もりが低かったので、実際の評価金額が高くなったので在庫は増加した。

2)在庫の減少理由 上半期新製品がなく金型投資がなかった。稼働率が上がり、加工費用が下がった。
加工費用が下がったということは、上記1)で説明したように評価額が下がる要因になります。
したがって、加工費が下がったので、評価額が下がり在庫が減少したものと想像します。

会社にもよりますが、在庫評価の方法はほかにもあるのですが、数量は変わらなくても評価単価が違えば増減の要因になります。

まずは、在庫の評価額の算出方法を考えましょう。

在庫の評価額の算出には、大きく分けて2種類あります。
1つは売価還元からの求める方法で、製品の売値から利益と管理費を除いたもので算出する方法です。
もう一つは原価積上方式です。製品の材料費や外注費や加工費、その他製造経費を個別に積み上げた合計額です。

ご質問を見る限りでは、質問者さんの会社は原価積上で行っているのではと思います。

1)在庫の増加理由 今期商品の見積もり原価が少なかった。

例えば、ある製品で当初の見込みでは、
材料...続きを読む

Q車 関係の 雑誌を多くあつかっている、または、在庫が多い お店を探しています。

車 関係の 雑誌を多くあつかっている、
または、在庫が多い お店を探しています。

都内か 関東近郊だと とても助かります。

もし、なければ、 無店舗(ネットショップ)でも
もちろん、かまいません。


昔の、雑誌のバックナンバー( 約10年ほど前 )を
探しているのですが、なぜか、なかなか見つかりません。  泣 


どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>昔の、雑誌のバックナンバー( 約10年ほど前 )を
 探しているのですが、

クルマ関係のバックナンバーを取り扱っている専門店として、
都内であれば以下の各店舗が該当します。


千代田区「菅村書店」
http://www.h2.dion.ne.jp/~sugamura/index.html

葛飾区「青木書店」
http://homepage2.nifty.com/aokisyoten/

練馬区「アカシヤ書店」
http://akashiya-syoten.cocolog-nifty.com/

中野区「ブックガレージ」
http://www.heart-beat-nakano.com/shop/s30/30081.html


東京以外では以下の店舗が挙げられます。

茨城県つくば市「ノスタルヂ屋」
http://www.nostalgia-web.com/

愛知県日進市「高原書店」
http://www.takaharabooks.com/


お探しの書籍が必ずしもあるとは限りませんが、
ためしに問い合わせて見てはいかがでしょう。

>昔の、雑誌のバックナンバー( 約10年ほど前 )を
 探しているのですが、

クルマ関係のバックナンバーを取り扱っている専門店として、
都内であれば以下の各店舗が該当します。


千代田区「菅村書店」
http://www.h2.dion.ne.jp/~sugamura/index.html

葛飾区「青木書店」
http://homepage2.nifty.com/aokisyoten/

練馬区「アカシヤ書店」
http://akashiya-syoten.cocolog-nifty.com/

中野区「ブックガレージ」
http://www.heart-beat-nakano.com/shop/s30/30081.html


東京以外で...続きを読む

Q内部利益が増加すると外部利益は減少する?在庫原価

お世話になっております。
教えて下さい。
内部利益が増加すると、外部利益が減少するといわれました。
なぜ、内部利益が増加すると外部利益が減少するのでしょうか?

外部利益が減少=売上原価が増加=在庫が減少

といった事は理解できます。

しかし、これらと内部利益の増加が結びつきません。

理解力が乏しいため、例などを出して解りやすく説明していただければ、
大変ありがたいです。
お手数おかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

内部利益消去前の決算上の利益は

利益=外部利益+外部利益

です。
内部利益を相殺消去すると、上記の内部利益部分はゼロになりますが、外部利益は変わりません。
そう言っているのは、上記の利益合計に占める内部利益が増加すれば、利益合計が同じであればその分外部利益は少ないことになると言う意味でしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング