期末在庫が利益や税金に影響するという話はとてもよく聞きますし、ネットでも多数見かけられます。
その反面、それはナンセンスという回答も多く見られます。
どちらが本当なのでしょうか。

ここは商社だとします。
100円のものを仕入れ、130円で販売するとします。
期首在庫 100個  10,000円
期中仕入  50個   5,000円
販売     30個   3,900円
期末在庫 120個   12,000円

この場合、粗利は3,900円-(10,000円+5,000円-12,000円)=900円になります。(粗利率23.08%)

ここまでは問題ないと思います。

で、よく言われる期末在庫が増えると利益が増えるということを考えてみます。
期末在庫が140個となり、金額が14,000円になったとします。
この場合売上原価は 10,000+5,000-14,000円となり売上原価は1,000になり、確かに当初の売上原価とは変わってきます。
ですが、期首在庫が100個が変わらないとすれば、期末在庫が140になるには、販売か仕入れが変動しないと帳尻が合いません。
販売数が同じで、期末在庫が140に増えるということは、仕入れが70になるということです。
期首在庫 100個  10,000円
期中仕入  70個   7,000円
販売     30個   3,900円
期末在庫 140個   14,000円
この場合、売上原価は 10,000+7,000-14,000=3,000になるため、実際は上記のような売上原価が1,000円になることはあり得えず、当初の期末在庫120個と同じ売上原価3,000円になります。
3.900-(10,000+7.000-14,000)=900円で粗利率は23.08%です。

では販売が不振で、50仕入れたが10しか売れなかったため、期末在庫が140になった場合です。
期首在庫 100個  10,000円
期中仕入  50個   5,000円
販売     10個   1,300円
期末在庫 140個   14,000円
この場合、売上原価は1,000円となり、確かに変わります。
変わりますが、売上が減って1,300円になっているのですから、1,300-1,000円で粗利は300円になり、逆に減っています。(利益率23.08)

期末在庫が増えても、利益は増えるどころか減っていますよね?
ただ、上記パターンはどれも利益率は同じであり、結局のところ、仕入れを増やそうが、販売を減らそうが、期末在庫をどうしようが、売っただけの売上に対して税金がかかるのであって、こんな小細工は全く無意味なのでは?と思います。
考えたところ、仕入れや販売に関係なく期末在庫を変えるとすると、期末在庫の評価方法で変更するしかないのではないかと思うのですが、どうなんでしょうか。

期末在庫が増えると、利益は増えるのでしょうか、減るのでしょうか。

他でも聞いたのですが、回答を聞いても全く納得できないので聞いてみました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「期末在庫が増えると利益が増える」のは、ご質問の前提と異なり、売上や仕入を増減させることなく期末在庫の数量ないし金額のみを増加させると売上原価が減少する結果、利益が増加することをいう場合が多い。



そしてこれは、実数よりも帳簿上の在庫を増やしてしまう方法(違法)、棚卸資産の評価方法の癖を利用する方法(グレー)などがあるため、実現可能となる。

なお、税金は売上等から売上原価等を控除した残額を基準にして課せられる。「売っただけの売上に対して税金がかかる」のではないので、念のため。
    • good
    • 0

「期末在庫が増えると利益が増える」というのは古くからのデマです。

ウソの情報ですから信用してはなりません。ですから、


>よく言われる期末在庫が増えると利益が増えるということを考えてみます………

考えるだけムダです。ムダなことは考えないのが利口というものです。


>期末在庫が増えると、利益は増えるのでしょうか、減るのでしょうか。

100円のものを仕入れ、130円で販売する場合は、商品一個あたりの粗利益は30円ですから、商品の売上(販売)が十個増えれば粗利益が300円増え、二十個増えれば粗利益が600円増えます。

在庫が増えても利益が増えるわけではありません。利益が増えるのは、「売上(販売)が増える」ときだけなのです。

~~~~~~~~~~~~~~

以上は、期末在庫の評価方法を変更しないものとして回答しました。
また、次のような棚卸資産減耗損や棚卸資産除却損がないことを前提として回答しました。
・通常の管理状態で発生する破損などによる商品の減耗損
・横領、盗難、万引きなどの不法行為による商品の減耗損
・火災、倒壊などの事故による商品の除却損
・風水害、地震などの自然災害による商品の除却損
    • good
    • 1

基本的には、質問者様の言ってることはあってますよ。




「利益が増える」という言葉を、
(1) 真実の利益
(2) 決算書に記載された利益
の、どちらで考えるか、ということです。

>利益や税金に影響する ・・・ 
というのは、決算書の「当期純利益」や「所得金額」のことです。

ですから、私の前回の回答の説明は「書類上の数字は」ということです。

この数字が、真実の金額とあっているかどうかは、だれにも「わからない」ですよね。ということです。
    • good
    • 1

・ご質問のケースは、商品にロスがない前提ですね。




  期首在庫 100個

  期中仕入  50個

  販売     10個

  期末在庫 120個

というケースも、あり得るんじゃないでしょうか。


・例えば、 商品=大根 なら、腐ってしまいますよね。

 いいかえれば「棚卸減耗損」が表現されていない ということです。

・また、商品の仕入れ単価が変動することで、在庫の評価方法が変わることもあります。

・減耗損や評価損は、単純に「原価に織り込んでいる」ということになります。

・特に、決算書上では、期首在庫の総額、期中仕入の総額、期末在庫の総額 しか表記されません。
 売上との個数の個別対応や単価の変動などは、誰にも読み取れません。

 ですから、「粗利が低い理由」が、
 (1) 販売価格が低い
 (2) 仕入が高い
 (3) ロスが多い(減耗損や万引きなど)
 のどれによるかも、読み取れません。

・逆に利益を水増ししたくて、
 売上個数     100個
 販売原価個数   50個
 という決算書を作成しても、見た目では「わからない」ことになります。

・不動産業などで考えれば、
  1000万円で仕入れた物件が2件あっても、
  販売した方を 500万、
  在庫分を   1000万
  などと、することも「物理的には」可能です。

・ もちろん、「架空在庫」や「時価よりも過大な不良在庫」になってしまいます。

・税務申告、株主への報告、金融機関への融資の申し込みなど、決算書の用途は様々です。
 表面上、当期の利益だけ調整したければ、棚卸の数字をイタズラすることは、あり得る話ですね。

この回答への補足

ありがとうございます
商品は保存の効くプラスチック部品で、仕入れ単価も当期中は同じだとすれば、質問に書いている通りなのでしょうか

補足日時:2014/05/28 11:19
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q青色申告 期首在庫 期末在庫

弥生の青色申告ソフトで、期首在庫金額、期末在庫金額の打ち込みはどうすればいいですか? 
ちなみに
期首商品棚卸高 0   期末商品棚卸高 40824        
         です。

Aベストアンサー

振替伝票入力から次の仕訳を入力します。
借方 商品 40,824 / 貸方 期末商品棚卸高 40,824
これだけです。期首はゼロですから何もする必要はありません。

詳しくは、
ヘルプ(H) → 目次とキーワード(H) → キーワード(N) と進み
キーワード入力欄に「決算」と入力しENTERキー
「決算整理仕訳 棚卸の仕訳の入力」をクリックして、詳細を読む。

Q簿記3級「売上原価勘定で売上原価を算定」の意味

簿記3級の勉強を独学で始めた者です。

第117回 第4問
相模商店は、商品売買に係る取引を、仕入勘定、売上勘定および
繰越商品勘定を用いて記帳しており、さらに決算時に売上原価勘
定を設けて算定している。そこで、期首商品棚卸高が¥780,000、
当期商品仕入高が¥9,540,000、期末商品棚卸高が¥630,000であっ
たとき、売上原価算定に関連する決算仕訳を次の(1)から(4)の順に
示しなさい。

(1)期首商品棚卸高の振替
(2)当期商品仕入高の振替
(3)期末商品棚卸高の振替
(4)売上原価の損益勘定への振替

■■■■■■■■■■■■
よく見る問題では「売上原価は仕入勘定で算定」とあります。
売上原価は(期首棚卸高 + 当期仕入高 -期末棚卸高)で
求められ、精算表で、「仕入」の行の損益計算書の借方に入る
値が売上原価となる。これが「売上原価は仕入勘定で算定」の
意味。
(つまり、仕入の行で、
”期首棚卸高 + 当期仕入高 -期末棚卸高”の計算が出来ているから)
と、ここまでは認識しています。

この問題も、いつもどおり「仕入勘定で算定」したら、
(1)の答えは 仕入 780,000 繰越商品 780,000 になります。

しかし解答には「この問題は売上原価を売上原価勘定で
算定するため、上記の仕訳の「仕入」を「売上原価」に
変えた仕訳をします」とありますが、ここがよくわかりません。

(1)の正解  売上原価 780,000  繰越商品 780,000

となるようですが、仕入(当期仕入高のことではない?)と
売上原価(当期に売り上げた商品の、原価の合計?)
とは異なるものにならないのでしょうか。
なぜ、機械的に名前を言い換えられるのかがわからない。

仕入(=当期仕入高)
売上原価(=期首棚卸高 + 当期仕入高 -期末棚卸高)
なのに、どうして??

初歩的な質問ですが、教えていただけたら大変ありがたいです。
よろしくお願いいたします。

簿記3級の勉強を独学で始めた者です。

第117回 第4問
相模商店は、商品売買に係る取引を、仕入勘定、売上勘定および
繰越商品勘定を用いて記帳しており、さらに決算時に売上原価勘
定を設けて算定している。そこで、期首商品棚卸高が¥780,000、
当期商品仕入高が¥9,540,000、期末商品棚卸高が¥630,000であっ
たとき、売上原価算定に関連する決算仕訳を次の(1)から(4)の順に
示しなさい。

(1)期首商品棚卸高の振替
(2)当期商品仕入高の振替
(3)期末商品棚卸高の振替
(4)売上原価の損益勘定へ...続きを読む

Aベストアンサー

確かに分かりにくいですね。お書きの疑問点を解く鍵は、「売上原価」は仕訳のための勘定科目(あえて仕訳科目と呼ぶことにします)として用いられることもあれば決算書に表示するための表示科目として用いられることもあるという点と、仕訳科目は結果を求めるためのツール(道具)だ、という点にあります。


まず「仕入」について見れば、仕訳科目としての仕入勘定は、期中仕訳では当期仕入高を算出するための道具です。そして、仕訳ミスが無ければ、決算整理前の仕入勘定の額がすなわち当期仕入高になるかと思います。

他方、売上原価算定に仕入勘定を用いるときは、仕入勘定は決算仕訳では売上原価を算出するための道具であり、決算整理後の仕入勘定の額がすなわち売上原価となりましょう。そしてこの額は、繰越棚卸高のあるときは、もはや当期仕入高と一致しません。

したがって、
仕入=当期仕入高
となっているときもあればなっていないときもある、といえます。


これと同様に、売上原価算定に仕訳科目としての売上原価勘定を用いるときは、売上原価勘定が売上原価を算定するための道具となり、したがって決算整理手続で仕入勘定の代わりとして用いることが出来ます。

代わりになるのですから、仕入勘定と同じく、
(仕訳科目としての)売上原価=期首棚卸高+当期仕入高-期末棚卸高
となっているときもあればなっていないときもある、といえます。

他方、決算書に表示するための表示科目として売上原価勘定を用いるときは、
(表示科目としての)売上原価=期首棚卸高+当期仕入高-期末棚卸高
は常に成立します。

つまり、売上原価勘定は決算書上で売上高に対する売上原価を表示するために用いることのほか、その設問のように、売上原価を算出するための仕訳科目として用いることもある、ということです。


あるいは、次のようにお考えになってもいいかもしれません。

勘定科目名はそもそも、一般的なものまたはそれに準ずるもの(ないし分かり易いもの)であれば何を用いても構わない、ただし問題文等で指定されているときはそれに従わなければならない、とされているのはご存知のことと思います。

この点、売上原価算定時に用いる勘定科目名として、学習上の簿記では「仕入」を用いることが多く、しかしながら「売上原価」を用いるよう指定されることもある。このような捉え方も出来るように思います。

確かに分かりにくいですね。お書きの疑問点を解く鍵は、「売上原価」は仕訳のための勘定科目(あえて仕訳科目と呼ぶことにします)として用いられることもあれば決算書に表示するための表示科目として用いられることもあるという点と、仕訳科目は結果を求めるためのツール(道具)だ、という点にあります。


まず「仕入」について見れば、仕訳科目としての仕入勘定は、期中仕訳では当期仕入高を算出するための道具です。そして、仕訳ミスが無ければ、決算整理前の仕入勘定の額がすなわち当期仕入高になるかと...続きを読む

Q期末の仕掛りと期末在庫の違いは

製造業(金属加工業)をやっているものです。計理士から3月末までの仕掛りを
してくださいといわれました。
3月に材料を仕入れて、4月に納品したものは3月末で在庫になり仕掛りとなるかと思いますが。
以下のような場合
(1)3月以前に仕入れた材料で作成した品物を4月中に納品したもの
(2)3月中に材料を仕入れて、4月以降(5月とか6月に)納品予定のもの
(3)3月以前に材料を仕入れて、4月納品予定はなく5月か6月などになってるもの
(4)一部の材料を3月以前に仕入れそのほかの材料とくみあわせて品物を作成し
 4月に納品したもの

などは、その場合どのような扱いになるのでしょうか
経理士にはどのように報告すればよろしいのでしょうか?

また、原価率とはどのうようなののでしょうか?
経理に詳しい方おしえてください。

Aベストアンサー

倉「庫」の中に存「在」しているものが「在庫」です。
倉庫の中には、まだ加工していない「材料」と、完成した「製品」と製作途中のものつまり「仕掛品」の3種類が入っているはずです。


>(1)3月以前に仕入れた材料で作成した品物を4月中に納品したもの

3月以前に仕入れた材料で、4月になってから作り始めて4月中に完成して納品したものは、3月末の時点では原材料でしたから、「原材料在庫」になります。

3月以前に仕入れた材料で、3月中、またはそれ以前に作り始めて、3月末の時点で作成途中のものは「仕掛在庫」になります。

3月中またはそれ以前に作り始めて、3月中に完成して4月に納品したものは「完成品在庫」になります。

仕掛の金額の計算方法は、ややこしくてここには書ききれないので、計理士(税理士?)にお尋ねください。

Q外注費を売上に追加するように言われました。これは、どのような意味でしょうか?原価をなぜ売上に追加する

外注費を売上に追加するように言われました。これは、どのような意味でしょうか?原価をなぜ売上に追加するように追加できるのでしょうか?

Aベストアンサー

こういうことでしょうか。
100万円のプロジェクトを行う管理をあなた(貴社)が請け負う。
ただし、請け負った管理業務そのものは外注に出し、その外注費は100万円である。

プロジェクト管理費として請求するのは、110万円。これは外注費100万円に1割足した額。

さて、ここであなたが会計処理する際に、売上は10万円だとしたとします。
理由は110万円ー100万円は10万円だからです。
このような処理をしてて、
「外注費の100万円を売り上げと外注費に追加するように」言われたのではないですか。

これは、この注意をした方の言葉使いというか表現が、わかりにくすぎます。
あえて、わかりにくく言ってるのか、言ってる本人が誰かから指示されて伝えてる(伝言ゲームの一員であるというだけ、言われたことを理解しないで人に伝えてる)のどれかでしょう。

売上金額110万円から外注費の100万円を「売り上げ10万円として計上」するのは間違いです。
正解は
売上110万円
外注費100万円
です。

それなのに、あなたは
売上10万円
と処理してたので、
「売上と外注費にその分追加」という言い方をしたのでしょう。

単純に「差し引きして儲けを売り上げに計上したらだめじゃん。売上はいくら、経費(外注費)はいくらって処理するんだよ。」でいいのです。
具体的には、売上に計上されてる10万円に100万円を加える(これを追加というので、訳がわからなくなる原因をわざわざ作ってるのです。110万円が正しいから直すように、と言えばいいのです)。
外注費100万円が計上されてないので、計上するわけです。これまた「追加」というので、訳がわからなくなるのです。記入が漏れているというだけの話です。

簿記原則で「総額主義」があります。
売上は全額あげて、経費は全額あげて、一定期間の集計をして「売り上げー経費=儲け」という計算をするのです。
今回のように110万円の仕事だが、外注に100万円で依頼するから、手元に10万円残るので、、と考えて
「売り上げ10万円」と処理するのは間違いです。
頭の中で計算して「おお!丸投げして進行管理して10万円儲けだぜ」というので、売上を10万円にしてはあかんのですね。

大変失礼ながら、あなたに「外注費を売上に追加する」という言い方をされた方って、他人にものを教える事は非常に苦手な方でしょう。あるいは、あなたに対して憎しみや嫌悪感をもっていて、「自分はきちんと指導したから。わからないのはあんたのせいね。せいぜい、何を間違えてるのか考え悩んで、この仕事に自分は向いてないと思い込んで、やめてくださいね」と思ってるかもしれません。
それほど「わかりにくい」というか「そんなのあり得ないだろ」という説明です。
他の回答者も「意味がつかめない」と述べてます。この方はここで簿記会計の難問でも回答される方です。
この方が「意味不明だぜ」というので、私が「何言ってるのか、じぇんじぇんわからんですわい」と言っても良いのだと自信を持ちました。
そのくらい、あなたに「外注費を売り上げに追加」指示をした方の指示は意味不明です。
外注費の金額を計上して、同額を売り上げに加算する、という言い方ですと、簿記会計に明るい方ですと「それって、差額を売り上げにあげて記帳してる時の指摘じゃないかな」とわかるでしょう。

「売上にあげる金額と外注費にあげる金額が違う」
という指摘を受けてるのですよ。

こういうことでしょうか。
100万円のプロジェクトを行う管理をあなた(貴社)が請け負う。
ただし、請け負った管理業務そのものは外注に出し、その外注費は100万円である。

プロジェクト管理費として請求するのは、110万円。これは外注費100万円に1割足した額。

さて、ここであなたが会計処理する際に、売上は10万円だとしたとします。
理由は110万円ー100万円は10万円だからです。
このような処理をしてて、
「外注費の100万円を売り上げと外注費に追加するように」言われたのではな...続きを読む

Q(明日午前中締切なのでどうか助けてください)弥生会計07 期末と翌期首残高の繰越ミス

弥生会計07プロフェッショナルについて質問です。
弥生を使用するのは初めてでサポートにもはいっていません。
どう対応したら期首残高が合うのか教えてください!

会計期間が新しくなり、今期10期分を繰越処理完了
⇒その後で翌期11期を入力開始
⇒提出日前日の今日になってチェックした結果、一部の11期の期首残高が10期末残高と不一致である事実を発見。期首の月の試算表を締めた際には資産や負債の残高はチェックして合っていたので不一致は一部のみなようです。

最後に入れた何本かの決算修正が繰越データ処理されていないと思われます。バックアップはとってあります。10期のデータを動かさずに11期の入力済みの仕訳(2か月分)をインポートするなど方法はあるのでしょうか?期首残高を合わせるために仕訳をきると11期の数字が当然ずれるので困っています。よろしくお願い申し上げます!!!いい方法ご存知の方、助けてください(;_;)

Aベストアンサー

要は、「10期の期末残高を11期期首に再移送したい」ということですか?

もしそうであれば、簡単にできます。

1.ファイル→年度切り替えで10期に移ります。
2.ファイル→次年度更新 を行います。
これで終わりです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報