外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

画像の回路の回路方程式からIA、IBを求める問題なのですが、


IAの回路方程式
E1 - E2 = (R1 + R2) IA + R2IB ------------ 式A

IBの回路方程式
E3 - E2 = R2IA + (R2 + R3) IB ------------ 式B

となることは、理解できたのですが、


それぞれIA、IBに変形する段階で、解説では、

式A × (R2 + R3) - 式B × R2から

IA ={(R2 + R3) (E1 - E2) - R2 (E3 - E2)}/{(R1 + R2) (R2 + R3) - R2^2}

={(R2 + R3) E1 - R3E2 - R2E3}/{R1R2 + R2R3 + R3R1}


式A× R2 - 式B × (R1 + R2)から

IB ={R2 (E1 - E2) - (R1 + R2) (E3 - E2)}/{R2^2 - (R1 + R2) (R2 + R3)}

={-R2E1 - R1E2 + (R1 + R2) E3}/{R1R2 + R2R3 + R3R1}

となるそうですが、
まず式A × (R2 + R3) - 式B × R2となる理由がわかりません。
何かわかり易い理解の仕方はないでしょうか?

「閉路方程式で電流を求める」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>…式A × (R2 + R3) - 式B × R2となる理由がわかりません。




IB を消すときに使う、いわゆる「消去法」の発想。

式A と式B の 2 式を連立させて、
 式A に (R2 + R3) を掛けて (R2 + R3)*R2*IB
 式B に R2 を掛けて R2*(R2 + R3)*IB
としたあと、引き算すれば消えちゃう。

…という算段なのでしょうネ。

目算でこの算段が思いつかなけりゃ、

 [dE] = [R][i]

などと行列表示をし、[R] の逆行列を両辺にかければ、事務的に [i] を片づけられます…。

  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>目算でこの算段が思いつかなけりゃ~

計算方法を思いつくセンスが必要そうですね。
行列 逆行列等を使って連立方程式を解く方法を調べたのですが、かなり難しくすぐには覚えれそうにありません。

消去法ということで納得できたので質問はCLOSEいたします。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/05/30 00:29

未知数が Ia Ib の連立一次方程式を消去法で解いてしるだけのことでしょう。

記号が複雑なのでそれぞれをX Y と置き換えて書き直して見てはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最初にこの解説をみて、記号の多さにかなり面食らってしまったのですが、
冷静に1つづつ見てみると、

解説に言われたとおり、式Aに(R2+R3)をそのまま掛けて、


(R2+R3)(E1-E2) = (R2+R3)(R1+R2)IA + (R2+R3)R2IB

となり、式Bにも解説にあるように、R2をそのまま掛けて、

R2(E3-E2) = R2^2IA + R2(R2+R3)IB

として、式Aの各項から式Bの各項を引いていくと、


(R2+R3)(E1-E2)-R2(E3-E2) = (R1+R2)(R2+R3)IA - R2^2IA + R2IB(R2+R3) - R2IB(R2+R3)

ここでR2IB(R2+R3) - R2IB(R2+R3)の部分が消える。

その後「IA = X」の形にするために右辺をIAで括って

(R2+R3)(E1-E2)-R2(E3-E2) = ((R1+R2)(R2+R3) - R2^2)IA

とした後に、両辺を((R1+R2)(R2+R3) - R2^2)で割ると、まさに解説にある式になりますね!!


消去法と回答があったので、なんとか辿り着けましたが、
最初からこの方法で項を消せると思いつくかどうかというのがとても難しいです。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/05/30 01:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電気回路の問題 (節点方程式)

質問させていただきます

■図9の回路においてすべての抵抗に流れる電流を節点方程式を用いて求めよ

この問題なのですが
私の解答は、


点bを基準点にとり、基準点から測った点c,a,dの電位を
それぞれV1・V2・V3とする

1、点aでの節点方程式は

8=V2/4+(V2-V1)/6+(V2-V3)/6


2、点dでの節点方程式は

V3/2=(V2-V3)/6+(V1-V3)


3.点cでの節点方程式は

(V2-V1)/6=V1/2+(V1-V3)


と一応式は立ててみたのですが、ちょっと自信ないです・・・
回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

合っています。

ただ、間違いやすいので、各節点において、流れ出す電流の式を
作って、それらの和が0というように、方程式を立てるといいと
思います。(もちろん、流れ込む電流の式に統一してもよい)
そうすると、
1番目の式は
V2/4+(V2-V1)/6+(V2-V3)/6 -8 = 0
2番目の式は、
(V3-V1)/1 + (V3-V2)/6 + V3/2 = 0
3番目の式は、
V1/2 + (V1-V2)/6 + (V1-V3)/1 = 0
となります。
各式において、その節点の電圧が各電流の式の
左側に統一されますので、間違いがすぐにわかります。

また、このようにすると、回路解析を自動化(プログラムで)
する際にも役に立ちます。ご参考までに。

Q電気回路の閉路方程式の問題

電気回路の閉路方程式についての問題です。
答えは

(r1+R)*I1+r1*I3=E1

r1*I1+(r1+r2)*I3=E1-E2

の二つの方程式です。

一つ目の方程式では、なぜI3にかかるのが、r1だけで、Rがかからないのかがよくわかりません

二つ目の方程式は、解説をお願いしたいです

分かりづらくてすいません

Aベストアンサー

>(r1+R)*I1+r1*I3=E1
>r1*I1+(r1+r2)*I3=E1-E2 の二つの方程式…

図を眺めるかぎり、
 一つ目の「閉路方程式」は I1 の閉経路 C1 (E1+→r1→R→E1-)
 二つ目の「閉路方程式」は I3 の閉経路 C2 (E1+→r1→r2→E2→E1-)
に着目したもの。

つまり、
 閉経路 C1 に着目したとき起電力 E1 とバランスしているのは r1(I1+I3) + RI1
 閉経路 C2 に着目したとき起電力 E1-E2 とバランスしているのは r1I1 + (r1+RI)I3
ですね。

>一つ目の方程式では、なぜI3にかかるのが、r1だけで、Rがかからないのかがよくわかりません

二つの閉経路 C1, C2 を互いに独立となるよう「正しく」選んでいるから、…なのでしょう。
  

Qブリッジ回路の平衡条件について教えて下さい。

ブリッジ回路の平衡条件について教えて下さい。

  ブリッジ回路において、A-B間の電位が等しくなり、電流計がゼロ(電流値が0 [A])を示す条件をブリッジ回路の平衡条件といい、抵抗(R1,R2,R3,R4)をタスキ掛けした値が等しい時にブリッジ回路の平衡条件が成り立つ。
○R1R4=R2R3

とあります。

何故このようになるのでしょうか?
この時、
R1+R3=R2+R4
になると考えても問題ないでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

R1とR3の点の電位Aと、R2とR4の点の電位Bが同じであれば平衡している状態ですね。
A点とB点が同電位となるには、
R3/(R1+R3)=R4/(R2+R4)・・・・が成り立てば平衡となります。
式を変形すると、
R1*R4=R2*R3・・・・となります。

>何故このようになるのでしょうか?
上の説明を参照ください。

>この時、R1+R3=R2+R4
>になると考えても問題ないでしょうか?
いいえこれは誤りです。
R1=R2、R3=R4 の場合のみしか成り立ちません。
R1*R4=R2*R3 か、R3/(R1+R3)=R4/(R2+R4)・・・・です。
 

Q図の交流ブリッジ回路が平衡した状態において、この抵抗:R2〔Ω〕およびコンデンサ:C〔F〕の値は?

またしても三種の問題で、四苦八苦しています。
アドバイスをいただけませんか?

問いは
図の交流ブリッジ回路においてR2〔Ω〕およびC〔F〕の値が未知数であり、他は全て既知数である。
このブリッジが平衡した状態において、次の問(a)、および問(b)に答えなさい。
問(a)図中のR2〔Ω〕の値を求めなさい。
問(b)図中のC〔F〕の値を求めなさい。
ここで、回答はブリッジの平衡条件式を書き、かつ、その展開過程も説明しなさい。
という問題です。

「ブリッジ平衡条件により・・・」と言った短絡的な回答ができないため、行きづまっています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ブリッジの4辺をZ1,Z2,Z3,Z4で表すと、
Dの両端が同電位
-> Z1/(Z1+Z3)=Z2/(Z2+Z4)
->Z1(Z2+Z4)=Z2(Z1+Z3)
->Z1Z1=Z2Z3 ..これが「平衡条件」になるかと思います。

あとは、Z1=R1, Z2=1/(1/R2+jwC),Z3=R3+jwL,Z4=R4を代入、整理すれば、
計算できるかと思います。

Q開放電圧って?

電気回路を勉強しているのですが、参考書を読んでいると、「開放電圧」という言葉が説明なしに使われているのですが、これはどういう電圧のことなのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

出力端子に何もつないでいないときの、出力端子の電圧のことです。

出力端子の電圧は、理想的に、何を接続しても同じ電圧であればよいのですが、
実際は、つなぐものによって影響されます。

内部抵抗が非常に高い、理想的な電圧計で測ったときの電圧が開放電圧である、という考え方でもよいです。

Q2階微分d^2y/dx^2を詳しく教えてください

微分=傾き=tanθ=dy/dxと言うのは入門書でなんとかわかったのですが
2階微分=傾きの変化率(傾きの傾き)=d^2y/dx^2
のこのd^2y/dx^2がなぜこうなるのかぜんぜんわかりません。
dy/dxがどう変化してd^2y/dx^2となるのか教えてください。
いろいろ本やネットで調べましたが傾き=tanθ=dy/dxまでは入門書でも
詳しく書かれているのですがd^2y/dx^2へはどの解説でもいきなり飛んでいってしまいます。

Aベストアンサー

表記の仕方ですか?
dy/dxは 
yをxで微分するということです
2階微分はdy/dxをさらにxで微分するということです
dy/dxのyのところをdy/dxにおきかえれば
d(dy/dx)/dx=d^2y/dx^2
見た目ではdが2回掛かっているからd^2
dxの部分も2回掛かっているのでdx^2なんですが
dを1つの変数とみたり、dxを1つの変数と見てたりして分かりにくいかもしれません
これはそう決めたからなんです
ある程度覚えるしかないです

Q結合回路を等価回路に置き換えるやり方

結合回路をT型等価回路に置き換えるやり方がわかりません。

等価回路に置き換えた際の図のCの部分のMの正負は何によって変わるのでしょうか?

式を変形していくしか判断する方法は無いのでしょうか?

教科書を見ると和動接続、作動接続は関係なく同じ等価回路に置き換えられていてよくわかりません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

等価回路は,端子から見た性質を回路で表す表現なので,
回路として見ていて分からなくなった時は,
端子電圧(あるいは電圧を時間で積分した磁束)と端子電流の関係を
数式に書いて確認するのが一番確実です。

差動結合
ψab=L1*I1-M*I2
ψcd=M*I1-L2*I2
和動結合
ψab=L1*I1+M*I2
ψcd=M*I1+L2*I2

さて,T形等価回路の場合,
差動結合の向き,流れ出す電流I2をとると,
ψab=(L1-M)*I1+M*(I1-I2)
ψcd=M*(I1-I2)-(L2-M)*I2

和動結合の向き,流れ込む電流I2をとると,
ψab=(L1-M)*I1+M*(I1+I2)
ψcd=M*(I1+I2)+(L2-M)*I2

これらを見比べると,
T形等価回路では,和動でも差動でも,C部分のMは同じ符号に置けばよいことが分かります。

Qrotの計算について

添付した画像の計算方法を教えてください。
途中経過も詳しくご教授いただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ベクトルA↑(Ax,Ay,Az)に対してrotを作用させるということは

B↑=(Bx,By,Bz)=rot(A↑)

Bx=∂Az/∂y-∂Ay/∂z

By=∂Ax/∂z-∂Az/∂x

Bz=∂Ay/∂x-∂Ax/∂y

を求めることです。

問題の2次元ベクトルのrotは面に巣直な方向、すなわちz方向のベクトルを求めることになります。

これは上の演算から自動的に出てきます。v↑(vx,vy,0)とすると

Bx=∂vz/∂y-∂vy/∂z=-∂vy/∂z=-∂(3x-5y)/∂z=0

By=∂vx/∂z-∂vz/∂x=∂vx/∂z=∂(2x-4y)/∂z=0

Bz=∂vy/∂x-∂vx/∂y=∂(3x-5y)/∂x-∂(2x-4y)/∂y=3+4=7

答え

rot(v↑)=(0,0,7)

Q電流源と電圧源の変換について(基礎問題)

電流源と電圧源の変換についての電圧の計算がよく分かりません。

電圧源の場合
電圧=10vとして、直列回路で内部抵抗Rs=9kΩ、負荷R1=1kΩとする。

計算として、流れる電流は、(電圧)/(合成抵抗)より、10V/10kΩ=1mA。

とすると、電流源は1mAですよね?

電流源の場合(こちらが分からない)
電流=1mAとして、並列回路で内部抵抗Rs=9kΩ、負荷R1=1kΩとする。

計算として、合成抵抗を出す。9kΩと1kΩが並列だから、0.9kΩ。
電流1mAをかけて、1mA*0.9KΩは、10Vにならない。

よって、電流源と電圧源の式が合わない。

ということで、困っています。

どこが間違っているのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

これは負荷はどうでもよくて、開放で 10V, ショートで 10/9 mA 流れる
電源を作ればよいのです。

電流源ならば 10V/9KΩ = 10/9 mA の電流源に 9kΩの抵抗を
並列につなげればよい。これは定石で教科書に載っているはず。

理想の電圧源の内部抵抗は0なので、この場合直列につながった抵抗が内部抵抗
になります。

理想の電流源は内部抵抗が無限大なので、並列に抵抗をつなげて内部抵抗を
下げてやるという考え方でOKです。開放時の電圧に合わせて、電流値を決めてやれば
おしまいです。

Q電気回路図を書けるフリーソフト。

レポートを書くときに、ワードか何かで書こうと思ってるのですが、電気回路を書かないといけないんです。
電気回路を書けるフリーソフトあれば、教えてください!!

Aベストアンサー

http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se127636.html
これを使ってレポートを書いたことがあります。
OLE対応で便利です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング