留学するための作文(パーソナルエッセイ)をかかなくてはいけなくなったのですが文体について疑問に思う点が2つあります。

1 文末はです・ます調か、だ・である調か、どちらで統一するべきか(私は大学生です)
2 小論文みたいに硬い文章にした方がいいのか、簡単な単語だけで文章を構成すると幼稚な文章だとみなされ評価が悪くなったりしますか?

締め切りが迫っているので早めに回答して欲しいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

大学ということなので、審査する側はおそらく教員(教授クラス)だと推定して考えてみます。



基本的には「高校生の大学入試の自己推薦書」と同じような認識で良いと思います。とはいっても、大学生としての基準であなたの学問への取り組み方や留学の目的、そして将来に対する考え方が問われるとは思いますが。

 と、いうわけで正直「どっちでもいいから統一してあること」です。気になるなら「です。ます。」でいいと思いますが、この場合かなりまどろっこしいようならば避けるべきですし、やけにへりくだって相手に媚びを売っているような印象は悪影響です。あとは課題に対する回答として適切な方を選ぶべきです。自分のことを語るならば、「です。ます。」の方がしっくりする場合がおおいですが、学術的な話に言及する場合やより論理性を重視する内容であるならば読みにくいことがあります。そのへんの「相手が読んだときに読みやすいと思うスタイル、構成」を意識すればいいというだけです。

 文章のスタイルですが、結局何をどの程度書く必要があるのかによるでしょう。幼稚な文章かどうかというのは表現力というよりも内容の方がクリティカルに響きます。硬い文章にしても、難しい話を限られた文面でゴチャゴチャと述べたところで相手に伝わらないどころか、理屈っぽいくせに表面的に聞こえることもあるので程度によります。つまり、自己評価とそれに向けて自分が何を考えて活動してきたか、そして将来何を目標にして、その位置づけとして留学があるということがしっかりと伝わればいいんじゃないかと思いますよ。相手の立場にとって考えてみればそのへんの大学生がブログに気まぐれでつらつら語っているような書き方ではまずいのは当然でしょう。いずれにせよ、文体や内容をあれこれ杞憂するならとりあえず自分が書きやすいスタイルで下書きしてみて、誰かに評価をしてもらったりして不自然だったら変えてみたりするとか、頑張ってみるのがいんじゃないかと思いますけどね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変参考になりました!確かに文体ばかりに気を使っていると先に進めることができないですね。大学の他の先生に書いたものを添削してもらうことにしました。回答ありがとうございます!

お礼日時:2014/06/04 18:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QF-1ビザの申請のエッセイ

F-1ビザの申請のときに出すエッセイを書こうと思うのですが、どんな感じで書いたらいいのか教えてください。題名とかつけたほうがいいんでしょうか?あとやっぱり手書きよりPCで作って印刷したほうがいいんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

私が申請した時はA4(1枚)にギリギリ収まるくらいのエッセイを提出しました。正式なエッセイですしPCで作成して印刷した方がいいと思います。大学の授業でさえエッセイはそうしますし。

私の場合は、一番上に宛先を書き、(例えば大阪領事館ならConsular Section of the American Consulate GeneralOsaka-Kobe, Japanなど)、日付、で文章の開始前にTo whom it may concern:と付けてから

イントロ→自分の今までの実績→なぜ留学が必要なのかとなぜアメリカなのか→将来のプラン→いつからいつまで留学するのか→卒業後の予定(日本に帰国するという事を書く)という順序で書きました。

ところでふと思ったのですが、今もビザ申請の時はエッセイ提出は必須なのでしょうか?
日米教育委員会によると(http://www.fulbright.jp/j4/visa.html#2)「今までは申請場所によって提出資料が異なっていたが申請先にかかわらず大使館のウェブサイトに載っている書類を提出する事~」という内容が書いてあり、大使館のサイト(http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-nivapply.html)を見るとエッセイとは書かれていないようです。

asaka1228さんはエッセイが必要という事は大阪領事館で申請なのかな?と思ったのですが、私が申請した時は確かに必要書類に入っていたのですが、今は必要ないのかもしれません。

ですが必要か必要でないか分からないなら、念のため提出した方がいいと思います。私もエッセイを用意する前は「面倒だな…」って思ってましたが、書いてみると自分の留学目的を見直せてよかったなって思いました。エッセイの勉強にもなりますし、留学してからも大学で教授やクラスメートから「なんで留学先をアメリカにしたの?」という事をよく聞かれたりしたので、一度文章を作っていると、言葉にしやすくていいですよ^^。

ではがんばってくださいね!

こんにちは。

私が申請した時はA4(1枚)にギリギリ収まるくらいのエッセイを提出しました。正式なエッセイですしPCで作成して印刷した方がいいと思います。大学の授業でさえエッセイはそうしますし。

私の場合は、一番上に宛先を書き、(例えば大阪領事館ならConsular Section of the American Consulate GeneralOsaka-Kobe, Japanなど)、日付、で文章の開始前にTo whom it may concern:と付けてから

イントロ→自分の今までの実績→なぜ留学が必要なのかとなぜアメリカなのか→将来のプラン→いつからいつま...続きを読む

Qエッセイの内容に関する相談。願書。

留学のための願書のエッセイの内容なのですが、どうも内容がありがちになってしまいます。私は医学部へ落ちたこと(挫折)が人生の転機みたいなもので、そこから膨らませようと思っているのですが、何だか内容がマイナス~な印象を与えそうだし、挫折・苦労話から決意へと…みたいなエッセイなど、オフィスの人も腐るほど見てるんじゃないかという気がしてなりません。そこがオリジナリティの見せどころなのかもしれませんが、本当にこの方向でいいのだろうかと迷っています。
かといって、高校時代のことは勉強ばかりだし数年たっていてビビッドな文は書けそうにないし(何より勉強の思い出しかない)、家族関係の大きな危機みたいなものもないし、卒業後はアルバイトだし、挫折→精神的な成長、勉強への熱意みたいな文が一番書きやすいんですよね…。
私みたいな方はいますか?また、何か私にアドバイスがあったらいただけますか?

それと、打ち勝った困難!みたいな例として東南アジアの人のエッセイなどを読むと、父が失業し…とかそういうエッセイがけっこうあるなあと思うんですが、私の場合、大学へ落ちたのは自己責任だし、実力社会のアメリカですから、私が大学へ落ち…みたいなエッセイを書いても果たして共感を呼ぶのかどうか…。むしろ能力のない証と見られたりするんでしょうか?

留学のための願書のエッセイの内容なのですが、どうも内容がありがちになってしまいます。私は医学部へ落ちたこと(挫折)が人生の転機みたいなもので、そこから膨らませようと思っているのですが、何だか内容がマイナス~な印象を与えそうだし、挫折・苦労話から決意へと…みたいなエッセイなど、オフィスの人も腐るほど見てるんじゃないかという気がしてなりません。そこがオリジナリティの見せどころなのかもしれませんが、本当にこの方向でいいのだろうかと迷っています。
かといって、高校時代のことは勉強ば...続きを読む

Aベストアンサー

願書の為のエッセイならば、どのような内容か大枠は知らされていませんか? 私の場合でしたら、「どうしてこの大学を選んだのか」「なぜこの専攻に興味があるのか」「自分のどんな点が大学にとってプラスになると考えるか」などを組み合わせて書けというものでした。ポイントはどんな小さなことでもいかにpositiveな方向に考えられるかです。

プレゼンテーションスキルを学校で学ぶチャンスがなかなかない日本人にとって、自己分析というのは結構できないものです。なので、まず自分の長所(strength)、短所(weakness)を書き出してみてはいかがでしょう? 趣味だってアピールすることはたくさんあります。特に自分の趣味が直接自分の専攻に関係することならば書くことは絶対プラスです。(例えば趣味でブログをやっていて、コンピューターサイエンスに興味を持ったなど)また学生時代にスポーツなどをやっていれば、チームワークや人とのコミュニケーションスキルを学んだ、もしくは自分の欠点を克服するのに役立ったなど色々書けるはずです。

>私が大学へ落ち…みたいなエッセイを書いても果たして共感を呼ぶのかどうか…。
これは書き方次第です。大学に落ちたのが、例えば自分の勉強のやり方に問題があり(weakness)、それをきっかけにより時間を有効に使って効率よく勉強する方法をみつけた(opportunity)となれば、前向きな姿勢を持ち、目的意識をはっきりもった学生としての印象を相手に与えると考えます。家の経済的事情もそれがお金の有効な使い方や社会貢献への興味、働くことへの真摯な態度につながったならば相手に強くアピールします。

>卒業後はアルバイトだし
これもたとえ短期間であっても社会経験があるということで、なにか学んだことはあるはずです。アメリカでは義務教育を終了した後、自分でお金をためてから大学に入ったり、社会人経験をしたのち、違う専攻を学ぶために入りなおすなどごく当たり前のことです。言葉はきついですが単に親のスネをかじるだけの学生とは一味もふた味も違う個性をもった人間としてあなた自身をアピールするいい機会ですし、同時に日本人としての美徳(人をうやまう、思いやる)はアメリカの学生にもよい影響を与える点としてあなたなりの表現で書いてみることをお勧めします。

最後に人の書いたものを読むことによって「ああ、こういう書き方があるのか」と参考になると思います。
College application essayとか、sample college application(or admission) essay などのキーワードで検索してみてください。色々な例文を見つけられます。

頑張ってくださいね。

願書の為のエッセイならば、どのような内容か大枠は知らされていませんか? 私の場合でしたら、「どうしてこの大学を選んだのか」「なぜこの専攻に興味があるのか」「自分のどんな点が大学にとってプラスになると考えるか」などを組み合わせて書けというものでした。ポイントはどんな小さなことでもいかにpositiveな方向に考えられるかです。

プレゼンテーションスキルを学校で学ぶチャンスがなかなかない日本人にとって、自己分析というのは結構できないものです。なので、まず自分の長所(strength)、短所...続きを読む

Q【アメリカ大学の入学願書のエッセイ&課外活動】

【アメリカ大学の入学願書のエッセイ&課外活動】
私の志望大学は、財政能力証明などのFinancial Statementの用紙と一緒に
エッセイと課外活動を書くスペースがあります。
Why did you select the University___?
------------------------------------
------------------------------------
------------------------------------
といったかんじに、数行のスペースがあるだけなので
「他の用紙に書いても良い」と書いてある場合が多いです。スペースあるだけで何も書いてない大学もありますが。
もちろんエッセイなどはワードでタイプしたものを添付するつもりなのですが、
この空欄の方には何と書くべきでしょうか?
大学入学願書において正式な書き方があれば教えてください!

日本だと教科書とか書類とかで『別紙A参照』なんて書いてたりしますが、
入学願書のときのような場合には遭遇したことがないので、日本語でもなんと書くのが一番良い書き方なのか分かりませんが…。。

英語で別紙参照のような言葉はSee---.とか Refer---.になりますが、なんか教科書っぽくて適切じゃないのではと思いました。それともこういうときはPlease see____といったかんじにプリーズつけるだけでよかったりするのか…。。
こういった、入学願書において正式な書き方があれば教えてください!

【アメリカ大学の入学願書のエッセイ&課外活動】
私の志望大学は、財政能力証明などのFinancial Statementの用紙と一緒に
エッセイと課外活動を書くスペースがあります。
Why did you select the University___?
------------------------------------
------------------------------------
------------------------------------
といったかんじに、数行のスペースがあるだけなので
「他の用紙に書いても良い」と書いてある場合が多いです。スペースあるだけで何も書いてない大学もありますが。
もちろんエッセ...続きを読む

Aベストアンサー

願書の「正式な書き方」というものは特にありません。
ふつうにPlease see(またはrefer to) the attached paperと記入すればいいでしょう。

Qアメリカ大学(4年生)への入学願書、エッセイについての書き方

私はアメリカの4年生大学への留学を来年の夏に考えているのですが、入学願書として出すエッセイの書き方がいまいちわかりません。(autobiographyや、将来の目的、学術の目的についてなどのエッセイ) どなたかよく知っている方、またそのことについてのサイトを知っている方、教えてください!!!お願いします!!!早めの回答をお願いします!!!!!

Aベストアンサー

このへんだと思います。
高校生ですか?高校生なら高校に多分JETの先生がいらっしゃると思いますが(アメリカ人、カナダ人、オーストラリア人、イギリス人などの英語の先生は学校にいらっしゃいませんか?)、そういう方にエッセイを見てもらうのが一番です。
高校の先生(日本人の英語の先生)に見てもらうよりも、外国人の先生に見てもらったほうがいいと思います。
なぜなら英語の作文と日本語の作文は形式が違うので、英語の先生に見てもらうと、日本スタイルの英語版にしかならなかったりするのです。(私の時はそうでした。)

エッセイTIPSのリンクです。

http://www.essayedge.com/college/essayadvice/samples/

http://www.collegeboard.com/article/0,,5-26-0-9406,00.html

がんばってください

Q英語のエッセイ、日本語で意見を考え、それを英語にする学習はやはり間違い

英語のエッセイ、日本語で意見を考え、それを英語にする学習はやはり間違いですか?


いつも回答に答えてくださり、ありがとうございます。


英検1級を目指しています。検索質問で知ったこととしては、TOFELのライティングの参考書が
役に立ったというのを聞きました。

英語のエッセイの形式、仕組みは一通り学習をしました。

自分で日本語で英文を書いて、それが文法的に、または適切な語句なのかわからないという問題なのです。
知っている単語を使って簡単な文章を書くことができます。日本語で自分の意見を考えて、それを英語に換えるという学習をやっているのですが、非効率的とも思います。エッセイを書くのが上手になった人は、どのような学習をしていったのでしょうか?


日本語で思い浮かんだ文を英語にしてもそれが果たして正しいのかもわからないので、結局は頭にその書いた内容が入ってこないという感じです。利用している本で「英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング 植田一三」がありますが、わたしには難しく感じます。
留学される方は、エッセイは必要だと思いますが、洋書などをやったのでしょうか?
やはり日本語の書籍ではライティングはうまくいかないのでしょうか?日ごろからNHKなどで時事問題に関心をもつようにしていますが、長く文章を書くのが苦手です。


それで、英語のエッセイに関するあなた様が学習をして使いやすい、効果的、合理的と思った書籍は
なんでしょうか?自分で勉強をしているもので、周りに英語の質問をできる先生や友人がいません。
ぜひ、お力をお貸しいただけたら幸いです。
補足があればおっしゃっていただいてけっこうです。
よろしくお願いします。

英語のエッセイ、日本語で意見を考え、それを英語にする学習はやはり間違いですか?


いつも回答に答えてくださり、ありがとうございます。


英検1級を目指しています。検索質問で知ったこととしては、TOFELのライティングの参考書が
役に立ったというのを聞きました。

英語のエッセイの形式、仕組みは一通り学習をしました。

自分で日本語で英文を書いて、それが文法的に、または適切な語句なのかわからないという問題なのです。
知っている単語を使って簡単な文章を書くことができます。日本語で自分の意見...続きを読む

Aベストアンサー

英語で考える事が出来る前は、どうしても日本語で思い浮かんだ文を英語にするしかないと思います。それを繰り返しする事で力が付いてくると思います。アメリカで修士まで取りましたが、私も最初はそうでした。力を付けるには日記でも何でも良いので兎に角、英文を書く様にして、英語を書く事に慣れるのが良いと思います。書くにおいて、構文や慣用句の知識が必要になるのでそれは覚えて置くべきです。日本の大学受験の英語の対策でやる構文や慣用句をマスターしておけば、ほぼ事足ります。大学入試用の物を一冊マスターすれば良いと思います。日本語を直訳すると、分かりにくい英語になりますが、初めはそれで良いと思います。話し言葉でも良いと思います。沢山書いている内に段々書ける様になります。それと平行して、英語の本を読んでいれば、そこから色々ヒントを得られると思います。英語の本は、出来ればアメリカの大学の1年の授業で使う教科書が一冊あれば良いとおもいます。科目は自分の興味のあるので良いと思います。経済でも、科学でも、歴史でも何でも良い。アメリカの大学で使う教科書は誰でも分かる様に平易に書いてあるので、良い教材です。英語の小説や新聞などよりはるかに読みやすいのでお勧めです。この様な文章が書ける様になれば良いと思います。小説は難しい場合も多いですし、新聞は他の知識がないと理解し難い場合が多いのでお勧めしません。

何も難しい文章を書く必要はないのです。日本語と違い、英語では誰でも読みやすい文章を書く事が良いとされます。1文1文が長文になるのは、悪い文章です。アメリカの大学の初期の英語授業(日本の国語にあたる)で、エッセイの書き方や論文の書き方などを習いますが、1文が長い文章は避けるようにいわれます。だったら、文を短く切って、短文を並べる様に言われます。その方が読み易く、分かり易いからです。私はこれを心がけていて、修士の時の教授にNativeでないのに、とても読みやすい良い論文を書くと何度も言われました。

出来れば、書いた文章を見てくれる人がいれば良いのですが、それが難しいのですね。学生でしたら、大学にいる留学生や会社だったら英語の出来る人とかなんとか探せないでしょうか。私は部下や後輩が書いた英文を良く見直しますが、最初はひどい物でも何度も何度も書かせていると段々良くなってきます。仕事上の文章ですので、私の方で直して(時には大幅に)出してしまうので、特に英語指導の様な事はしていませんが、大体皆次第に書ける様になるので、何度も書くという事が大事だと思っています。

頑張って下しさい。

英語で考える事が出来る前は、どうしても日本語で思い浮かんだ文を英語にするしかないと思います。それを繰り返しする事で力が付いてくると思います。アメリカで修士まで取りましたが、私も最初はそうでした。力を付けるには日記でも何でも良いので兎に角、英文を書く様にして、英語を書く事に慣れるのが良いと思います。書くにおいて、構文や慣用句の知識が必要になるのでそれは覚えて置くべきです。日本の大学受験の英語の対策でやる構文や慣用句をマスターしておけば、ほぼ事足ります。大学入試用の物を一冊マ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報