今夏、北欧へ旅行したいと思ってます。
一人では寂しいので、海外旅行サークルに入ったり、ツアーメイトを募集したいと思ってます。どこか良いサイトや、掲示板がありましたら教えてください。

A 回答 (2件)

「ご近所さんを探せ!(参考URL)」などはいかがでしょうか?


ここは、割と安心して使えるサイトだと思います。
「ご近所さん」とありますが、地域的なことだけじゃなく、「心のご近所さん(同じ趣味・目的の人)」も探せるので、ご安心を。
また、会員数も多いですし、キーワード検索もできるので、きっとよいツアーメイトが見つかると思いますよ。。

ちなみに、海外在住の人などと友達になる、「世界のご近所さん(http://world.gokinjo.net/index.html)」もありますので、そちらもご参考に。

参考URL:http://www.gokinjo.net/
    • good
    • 0

TOPページで「ツアー 仲間」と入れて検索するといくつかHitしますので参考にしてください。



ご参考まで。

Have a nice trip!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qツアーメイト

来週から海外に4泊で行くのですが、
急な旅行だった為、友達が見つからず
かといって、一人で行くと割高で・・という
事でツアーメイトさんと行く事にしたのですが
私は30代の女性で、相手は21歳の男の子です
21歳の男の子から見たらやはりおばさん
としてしか見られないだろうとは思ってはいるのですが・・。それならそれで安心なのですが、
男の子の心理はわからないので4泊一緒にいたら
相手がどんな女性でも変な気は起きるのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的に#1#2の方の仰る通りだと思うのですが、それとは別に疑問が。

ツアーメイトとはどういう形態なのでしょうか。
1)どこかの掲示板とかで募ってから旅行に申し込み?
2)それとも旅行に申し込んだ人の中でのカップリング?

1)だったら止むを得ないでしょう。僕には理解しがたいですが、最近よくある男女での賃貸部屋のシェアリングの旅行版のようなものですよね。相手を募って男性が応じてきたのを受け入れた時点でルールを明確にすべき。

2)は普通考えられないのですが、ただ質問者さんの書き方だとこちらなのでしょうか。普通の旅行会社ではありえないことをするな~と驚くばかりです。問題が起こった時その旅行会社はどう責任を取るのでしょうか。

Q社会人の人へ、欧州北欧への旅行をどうしているのか?

27歳、男性、社会人です。

仕事が多忙で、有給をなかなか取れません。
何とか取れても、連続して取れる日数が最大5日間が限界です。

しかし、夢である欧州や北欧って、だいたい2日間は飛行機の移動で潰れちゃうから
実質3日間しか旅行が出来ない計算です。

正直、お金をかける以上は7日間以上は日数を取りたいのですが、
社会人となるとそれが難しい。

皆さん、どうやって遠い国への旅行を実現させているのですか?
ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

学生時代はバックパッカーをしていて、社会人になっても、海外旅行を行きたい気持ちが抑えられませんでした。若手社員時代は特に長期での有給休暇が取りにくい状況でしたが、下記の点に留意していました。

1] 海外旅行以外での休暇取得を極力無くす。

昔は、郵便局、市役所、銀行などに行くにも半日有給を取得せざるを得ない状況でしたが、最近は日曜、休日のサービスを利用したり、インターネットバンキングなどを駆使して、工夫すれば、これらの所用で会社を休むことは最小限に抑えられると思います。

2] 有給休暇申請は早めに。(最低でも1ヶ月前)
  まず、キャンセル料を取られない位の早めに時期に航空券を予約する。
  それから有給休暇申請をする。(最悪却下されても航空券は手数料無しでキャンセルできる)

3] 有給休暇直前は必ず、他のスタッフに迷惑をかけることを最小限に抑えるべく、残業してでも、かならず仕事を片付ける。

4] 日本発深夜便で行けば、休みを一日減らすことができる。

上記の方法で連続休暇を度々取得していましたが、年間の休暇日数の合計は、他の社員と同じか少し少ないレベルでした。

学生時代はバックパッカーをしていて、社会人になっても、海外旅行を行きたい気持ちが抑えられませんでした。若手社員時代は特に長期での有給休暇が取りにくい状況でしたが、下記の点に留意していました。

1] 海外旅行以外での休暇取得を極力無くす。

昔は、郵便局、市役所、銀行などに行くにも半日有給を取得せざるを得ない状況でしたが、最近は日曜、休日のサービスを利用したり、インターネットバンキングなどを駆使して、工夫すれば、これらの所用で会社を休むことは最小限に抑えられると思います。

2] 有...続きを読む

Qオランダ~ドイツ~北欧への旅行

7月中旬に10日間でオランダ・ドイツ・北欧を旅行しようと計画しています。日本からまず、オランダに入り、ドイツを観光してノルウェー、フィンランド、スウェーデンあたりも周りたいのですがドイツが見て回りたい所がたくさんあって、なかなか絞れません。効率よい周り方やおすすめ観光スポットなどをご存知の方がいらしたら教えて下さい。ドイツは3日間くらいの日程をみています。また、北欧3国のおすすめや観光のツボなどがありましたら、ぜひそれも教えて下さい。

Aベストアンサー

 あなたがドイツに何を求めているのかが質問から読み取れませんでしたので、あくまでも自分の経験と趣味で答えさせていただきます。
 私は大学生の頃、3週間ほどドイツ語研修を兼ねて南ドイツに滞在しました。私はミュンヘンなどの都会よりも、少し小さな町の方が愛着を感じました。ドイツは南に行くほど、家の窓に花やリボンが飾り付けられていることが多く、歩いているだけでも楽しいです。それから、私は教会の荘厳な雰囲気が好きなため、どの町でも教会を訪れましたが、ウルムやフライブルクのゴシック様式の教会は、ステンドグラスが美しく、最高でした。古城を見るなら、ハイデルベルクがおすすめです。ニュルンベルクは、昔ながらの職人芸が残っていて楽しいし、屋台で売っている白ソーセージがおいしいです。
 でも、3日という短期間では、とてもこんなにはまわれませんね。

Q初海外旅行で フランスへ1週間のツアー旅行に行くことになりました。

初海外旅行で フランスへ1週間のツアー旅行に行くことになりました。
行きたいのですが、予約したとたん キャンセルしたいと思うような心配性です。なんとか笑顔で楽しみたいと思っていますので、一番の心配事にアドバイスをお願いします。

それは、飛行機・着陸時の耳の痛みです。
以前沖縄に行ったときのこと、沖縄に近づいて着陸のとき 耳が痛くなり頭がガァーンと圧迫されてつらく、つばを飲み込んでも、大きく口をあけてあごを動かしても直らず、空港を出てからやっと直った経験があります。結構長い時間続きました。(帰りの飛行機に乗るのが苦痛でした。が、帰りは意外にも全然痛みを感じませんでした)
今回は 乗り換えがあるので、着陸が4回もあり また あの苦痛があるかと心配です。
どうしたら 痛みを感じないで着陸できるでしょうか?

それから、お金はどのくらいもっていけばいいか?持っていったら良いものなども アドバイスいただければありがたいと思っています。

Aベストアンサー

降下時に耳が痛くなるのは外耳と内耳の気圧の差が生じて鼓膜が押され痛くなるもので、普段は閉じている鼻から内耳に繋がっている耳管を通じて空気を送り込めば気圧差がなくなり痛みは消えます。
ただし気圧変化が続いている場合は気圧変化がなくなるまで何度か行う必要があります。
これを耳抜きまたは圧平衡といいます。いくつかの方法がありますが、いずれも早目にこまめに何度にも分けて行うのが重要です。
気圧変ががより激しいダイビングでは必須テクニックなので「ダイビング 耳抜き」などでウエブ検索するといろいろ方法が詳しく載っています。
普段からも練習しているとより良いです。

あと、鼻が何か悪くありませんか?
鼻の奥に副鼻腔と言う空洞があるのはご存知かと思いますが、鼻とそこを繋ぐ穴がもともと狭かったり、曲がっていたり、風邪等で腫れたりするとちょっとの気圧変化で閉じてしまいサイナス スクイズが生じます。内耳と違い耳管に相当するものがなく圧平衡が出来ず、骨で囲まれているので空洞内の体積は変わらずむちゃくちゃ痛くなります。
最終的には副鼻腔内で体液や血液が染み出し内部体積が小さくなる事があります。そうすると痛みはなくなりますが、しばらくして鼻血が出てきます。

私も以前は毎回生じていて鼻血を出していました。

毎回起きていないようであれば、粘膜を腫らさない様にするようにして、やばそうであれば降下する十分前に点鼻薬をして腫れを抑える方法があります。
ダイビングでは薬が水で流れるので勧められませんが飛行機なら大丈夫だと思います。
基本的対処法は同じく「ダイビング サイナススクイズ」で見つかると思います。
それぞれダイビングを入れなければ一般的な対処法も見つかるかと思います。

ちなみに私は飛行機でもダイビングでも毎回起きるので、鼻の奥を手術で削ってもらいました。


一般的なことは、下のほうの新婚旅行の問い合わせに書きました。

降下時に耳が痛くなるのは外耳と内耳の気圧の差が生じて鼓膜が押され痛くなるもので、普段は閉じている鼻から内耳に繋がっている耳管を通じて空気を送り込めば気圧差がなくなり痛みは消えます。
ただし気圧変化が続いている場合は気圧変化がなくなるまで何度か行う必要があります。
これを耳抜きまたは圧平衡といいます。いくつかの方法がありますが、いずれも早目にこまめに何度にも分けて行うのが重要です。
気圧変ががより激しいダイビングでは必須テクニックなので「ダイビング 耳抜き」などでウエブ検索する...続きを読む

Q年末年始オーストラリア旅行のツアーについて

2008~9の年末年始にかけて、友人と女2人でオーストラリアに旅行しようと思っています。(福岡発があれば一番いいのですが・・・)
自分たちで計画する海外旅行は初めてで、今現在色々と下調べ中です。

そこで、年末年始(7~8日間)にオーストラリア方面へのツアーで
行ったことがある方、オススメのツアー等があればぜひ参考にさせてください。

他にも
・初めて行った方で、一番感動したところ
・女性が楽しいスポット
・英語に自信がない方の対処法
・気をつけた方がいい経験談
・どんな年越しをされたのか

などなど、オーストラリア旅行の自慢話でもなんでも、ぜひぜひ聞かせてください。

また、どちらかというとケアンズ方面を考えていますが、キャンベラに住む知人と少し会えたらとも考えています。
そういうことも可能でしょうか?

Aベストアンサー

オーストラリア大好きな者です。
ケアンズが一番のお気に入り。

年末年始には滞在した事が無いので、情報としては乏しいですが・・ケアンズでは一応花火が上がるようです。
でも、ほんとうに飾り程度の花火のようです。
お店なども、どのくらい開いているかは微妙です。
海外のお正月って、それ程盛り上がりはないようです。セールとかもない。
クリスマスは、ほとんどのお店が休みのようです。

基本的に気をつけた方が良いのは、何処の国に行っても自分の身は自分で守る事。
夜道は、一人では歩かない。複数でも、明るい所を歩く。
もしくは、タクシーで移動する。バスは、あてになりません。
出来るだけ、宿泊するホテルは中心に近い場所にしましょう。

そして、日本ではないので日本の常識は通用しない。
現地で働いている日本人も、現地で馴染んでいるタイプの人が多いので通用しない事も多いです。

英語については、ケアンズなら日本語の通じる場所は多いです。
ホテルによっては、日本人がいるホテルもあります。
通じなくても、ケアンズの人はしっかりと聞いてくれます。
もしも無理そうだったら、電子辞書で検索して単語だけでも通じれば意味を感じ取ってくれる人も多いです。
観光客慣れをしている地域(日本人が多い場所)は、現地の人も対応してくれる比率が高いです。
ただ、あまり日本人が訪れる数が少ない場所については苦戦する事もあります。
めげずに努力すれば、聞いてもらえる。
場合によっては、日本語の通じる友達に電話をかけて通訳を依頼してくれる人も中にはいます。(稀ですが)
メルボルンで、以前上手に通じなくてフロントで困っていた所・・たまたま他のツアー客を連れて訪れていた日本語の話せるガイドが私の事に気が付いてくれて、通訳してくれた事もあります。
メルボルンでは、日本人よりも中国の人が多い場所だったのでほとんど日本語が通じなかったし、日本語表示もなく苦労しました。

両替する時は、滞在日数にもよりますがその程度であれば、日本で2万円程度現金に両替をして、5万円程度トラベラーズチェックに替えて、残りをカードで支払うようにすれば良いと思います。
ケアンズだと、巨泉の店の交差点のそばにある両替所や免税店などで両替手数料がかからない(もしくは安い)場所もあります。

現地でのオプショナルは、いつも利用する現地のツアーデスクを紹介しますのでそちらのサイトを良く確認して下さい。
オーストラリアツアースペシャリストです。
また、他にも便利なサイトがあるので添付しておきますね。
http://www.i-port.co.jp/gaikatakuhai.html 両替
http://www.jep.org/china/ ビザ
http://www.limousinebus.co.jp/index_ja.html 空港バス(成田)
http://www.limousinebus.co.jp/index_ja.html 旅行カバンの宅配1(日本国内の空港)
http://www.ql-liner.co.jp/index2.html 旅行カバンの宅配2(日本国内の空港)
http://www.sompo-japan.co.jp/0908/index.htm 海外保険
http://www.queensland.jp/ クイーンズランド州観光公社

オーストラリア大好きな者です。
ケアンズが一番のお気に入り。

年末年始には滞在した事が無いので、情報としては乏しいですが・・ケアンズでは一応花火が上がるようです。
でも、ほんとうに飾り程度の花火のようです。
お店なども、どのくらい開いているかは微妙です。
海外のお正月って、それ程盛り上がりはないようです。セールとかもない。
クリスマスは、ほとんどのお店が休みのようです。

基本的に気をつけた方が良いのは、何処の国に行っても自分の身は自分で守る事。
夜道は、一人では歩かな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報