四十九日まで、初七日や逮夜以外の日に、家族はどのように供養すればよいか教えてください。

数日前、喪主として母の葬儀を終えました。
(ちなみに父はずいぶん昔に亡くなっています)
今のところわからないまま、家族で毎夜般若心経を3回唱えています。
(般若心経の本がたまたま家にあったので、なんとなく3回です)

宗教は、私自身は信仰はありません。
私の実家(母の婚家)は浄土真宗です。
亡くなった母の実家は真言宗です。
葬儀は音楽葬という形でお坊さんはお願いしませんでした。
引っ越しを期に(浄土真宗)の檀家ではなくなり、仏壇は置いていません。
お盆やお彼岸はお墓参りだけで、自宅で祀ることはしていません。

現在、遺骨はローボードの上で、写真とろうそく立て・線香立て・花入れを並べています。
これもわからないまま、なんとなくです。
(住宅事情で後飾り壇・中陰壇というものを設置できません。)
仏壇があった頃は平常、仏飯器と華瓶を仏壇に供えていました。
この時期も同じようにしてもよいのかどうか。
故人の好物などを供えてもよいのかもわかりません。

お参りに来られる方も呼ぶべき人もいませんので、対面を気にする必要はありません。
信仰している宗教はないのだから好きなようにしていいのじゃないかと思いつつ、腑に落ちないまま日が過ぎています。
最初に初七日・逮夜・四十九日といった言葉を使いましたが、法要や、お骨やお墓をどうするかもまだ考えていません。
十分に悲しんで母との別れを納得したいです。
含めて助言をいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 お母様を亡くされてご愁傷様です。


 人間は死んだら物体になるだけと思っていますし、宗教はビジネスだと思っている者です。そんな人間の意見なので参考まで。
 
 三谷幸喜さんが若くして他界された、俳優の伊藤俊人さんの葬儀で、「人間は2回死にます。1回は肉体的な死。そして、もう1回は友人たちがその人のことを語らなくなった時です。僕たちは君のことを語り続けます」と言う内容の弔電を述べられました。
 また、居酒屋で知り合った男性は他界された奥様のことを今でも心から愛していると話されていました。奥様が他界される1週間前、病床で私は生まれ育った故郷の墓に入りたいと言われたので離婚届を提出され、奥様を故郷の菩提寺に供養されたそうです。お墓参りには中々、行けないけど、奥様と過ごした写真を部屋中に貼られているそうで毎日、行って来ます、ただいま、と声を掛けられ、、その日の出来事を奥様の写真に話しをされているそうです。
 何が言いたいのかと言うと供養の方法等どうでもよいのです。ただ、悲しみが癒えるまでお母様との思い出に浸り、納得が行ったときにお墓に供養されればいいのです。そして、たまには故人を思い出すことが大切だと思います。

 大体、多くの日本人はクリスマスを祝った1週間後に初詣に行き、春になったらお墓参りしているんです。質問者様がどうかわかりませんが、そんな宗教にいい加減な人が仏教の供養方法にこだわっても無意味だと思いませんか?

 お墓は、離婚をされていなければお父様のお墓に供養されればいいです。ただ、遠くてお参りできないのなら近所に建てるのも良い思います。質問者様がご結婚されていて息子さんがいらっしゃるのなら、外墓地を探されるのもよいし、未婚、あるいは息子さんがいらっしゃらないのであれば納骨堂での永代供養墓というのもあります。納骨堂は比較的、費用を安く抑えられると思います。
 お墓に納骨する時期ですが、一般的には四十九日前にされる方が多いですが、それを過ぎたらいつ納骨しても同じです。ただ、永代供養墓の場合、契約期間が、十三回忌までとか三十三回忌までとなっているので手元にお骨を置いて供養する期間が長ければ、お墓の使用期間が短くなります。納骨堂の場合、使用期間を過ぎると合祀墓に合祀されます。
 話が前後しますが、故人を忘れないために、法事を行い、子孫に故人を語り継いでいく、そのことで故人の2度目の死を避ける事ができます。
    • good
    • 55
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

●納得がいったときにお墓に供養する
●可能ならば近所に墓を設けてもよい
●次世代の供養を考慮する
何も考えていませんでしたが、こういった方法もあるのだとわかり有難かったです。

自らの「死」に関しては同じような考えでしたが、今回、肉親の死に直面して揺らいでいます。
「儀式」を経ることで納得したいと考えました。
重ねてありがとうございました。

お礼日時:2014/05/31 22:44

供養、安置はそれで良いかと思います。


仏教的には7日毎の供養ですが、神道は10にち毎の祭りで10日祭、20日祭と続きます。50日祭で一区切りかな。
その辺からと言うところと、その辺までと言う所がありますが、埋葬も考えましょう。
宗派に捕らわれない霊園業者の永代供養かな。
それで一段落です。
あとは、お詣りしたかったら、霊園に行って手を合わせれば良いのですから。

葬儀が音楽葬との事ですので、般若心経だけでなく、家に有る内は、遺骨の前で家族みんなで歌を歌っても良いのではないでしょうか。
CDをかけるのも良いかと思います。

亡くなった方を送るのにかたちなどありません。
仏教様式、神道様式、キリスト教様式などにこだわれたのは、右肩上がりで懐が豊かになり続けていた時代の話です。
今は、仏の方も送ってくれる気持ち一つで旅立つのを旨として、化けてなど、出てきません。

それで気持ちが収まらないなら、何年か後に大金をかけて、盛大に追善供養をやればいいのです。
たいていの場合、どうやったかではなく、いくらかけたかですから。

私なら、ゼロ円を目指します。
代々続いているので、坊主を頼む、御葬式らしくすると係ります。一年の仕事の儲けが3日くらいで吹っ飛びます。
    • good
    • 30
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

49日、50日を目安に納骨を考えようと思います。
音楽を流すこと、歌をうたうことは思いつきませんでした。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/01 22:42

御母さんは草葉の陰で泣かれていますよ。

もう少し敬う気持ちを持たれた
方が良いのではありませんか。

御骨がローボードの上ですか。これじゃインテリアと同じ扱いじゃありませ
んか。段ボール箱の上に白い布を被せて、その上に遺影、御位牌、蝋燭
立て、線香立て、花活けを置かれた方がローボードよりマシです。

般若心経を唱えるのは故人にとっては喜ばしい事です。だからと般若心経
を毎晩3回も唱えるのは意味がありません。1回だけ唱えれば十分です。

あなたも朝昼夜と食事をしますよね。死者にとっては御線香が御飯になり
ますが、だからと言って御線香だけでは腹の足しになりません。
あなた達と同様に御飯と御茶は御供えしましょう。これは四十九日法要後
も毎日続きます。

最近では本葬と同じ日に初七日を行われる家庭が多くなりました。
ただ四十九日法要は御霊と御仏の節目ですから、四十九日法要は必ず
行うようにしましょう。

あなたは宗教の信仰は無いようですが、これはあなた自身の事ですから
別に悪いとは言いません。でも御母さんは宗教に対しての信仰はあった
はずですから、今期限りで構いませんから、何処かの御寺に御願されて
四十九日法要だけは行って頂いた方が御母さんは安心して天国に行かれ
ます。あなた自身のためでなく、御母さんへの最後の親孝行だと考えて、
四十九日法要は行って頂けないでしょうか。

宗教への信仰がない人に言っても無意味でしょうが、四十九日法要とは
何かだけ言わせて下さい。
亡くなられてから四十九日までは御霊として現世に居られます。この時点
では天国に旅立たれてはいません。四十九日法要で閻魔様の審判を受
けられて、始めて天国に旅立たれます。四十九日法要を行わないと現世
で彷徨う事になり、何時まで経っても御仏になる事が出来ません。

十分に悲しんで御母さんとの別れを納得したいなら、浄土真宗の御寺に
御願をして、四十九日法要を営んで頂けないかと相談しましょう。
御母さんの実家の真言宗の御寺では無理でしょう。
    • good
    • 41
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

●お祀りする(というのかわかっていませんが)場所が普段つかいの場所ではなく、新たに設けるということ
●ご飯とお茶を供えること
●般若心経は1回でよいということ
●四十九日法要は浄土真宗のお寺に頼むこと
勉強になりました。

ただ、四十九日法要を行わないと幽霊になるということなのでしょうか?
地獄におちるということでしょうか?
よく理解できませんでした。
さらに調べてみようと思います。

重ねてお礼申し上げます。

お礼日時:2014/05/31 22:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q49日法要後の会食について

今度、義父の四十九日法要と納骨を行うのですが、普通は法要後に会食を行うと思うのですが、四十九日法要と納骨の時間が14時からとなり、法要前に会食を行うかどうか悩んでいます。
霊園の方が前でもいいようなことを言っていたので、とりあえずお昼に会食の予約をしておきました。
これって変なことなんでしょうか?
法要の時間は霊園経由でお願いしたご住職の都合でこの時間になりました。会食には出れないと思いますが、御膳料ってやっぱりお渡ししたほうがよいのですか?
こういうときのマナーをまったくわかっていません。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>法要前に会食を行うかどうか悩んでいます…

行儀よく本当に食事だけなら、別にかまわないでしょうね。
しかし、会食といえばお酒がつきものです。

もちろん最近はマイカーで来る人も多く、お酒厳禁ということもあるでしょう。
とはいえ、参加者全員がマイカーなどということはないでしょうし、主催者としてお酒を用意しないわけにはいきません。
日本人は古くからうれしいにつけ悲しいにつけ、お酒が人と人とを結びつける潤滑剤となってきたのです。

会食を先にして、ほろ酔い気分になったところでのお参りなど、御法度です。
草葉の陰で故人もさぞかしあきれていることでしょう。

>御膳料ってやっぱりお渡ししたほうがよいのですか…

それは名目だけですから、どうでもよいです。
お布施を多めに包むだけでもかまいません。

Q繰り上げ初七日と繰り上げ四十九日のお布施のことで

近頃、葬儀で繰り上げ初七日とか繰り上げ四十九日といった便利なシステムが普及してきております。
この繰り上げ方式の様子を見ていると僧侶が繰り上げ分のお経を唱えています。
ということは、この繰り上げ読経分の料金を考慮して僧侶に多めのお布施を支払うようにするものなのでしょうか?

返信お待ちしております。

Aベストアンサー

普及してきているかどうか判りませんが、わたしらの所では以前からやっていて、それが風習のようになっています。
町内の墓地に隣接しているダビに伏す場所で火葬しなくなってから、ごく普通にやっています。50年位なるかな。
その時から、火葬してからの葬儀になりました。
わたしのところでは初七日は葬儀と一緒にやりません。三日参りと五七日忌法要です。
なので、お布施に三日参り分と五七日忌分のお金がプラスされます。伴僧の方のお布施にも。
お布施の額が中途半端な額になりますが、一枚一枚いわれのあるお札ですので、切り上げしません。切り捨てさせてくれません。

七日目七日目に行うのが普通だとすると、早く繰り上げて法要をする事を取り越し法要と言います。遅れてすることを追善法要と言います。
わたしらの所では、早くやるのは構わないが、遅れるのはいけないとされていますので、ほとんど取り越し法要です。

そして、計算上の五七日辺りに四十九日法要と称して納骨します。
葬儀の日に納骨する風習の所もありますので、その場合四十九日までの全てを葬儀の時に行うのかも知れません。
今の家族葬程度の人数ですが、葬儀、取り越し法要をおわして、お斎の会食をして、それから納骨して散会のようです。
所変われば風習も変わりますし、時が移れば風習も変わります。
わたしの所も葬式の日に納骨するようになればいいのですが。

普及してきているかどうか判りませんが、わたしらの所では以前からやっていて、それが風習のようになっています。
町内の墓地に隣接しているダビに伏す場所で火葬しなくなってから、ごく普通にやっています。50年位なるかな。
その時から、火葬してからの葬儀になりました。
わたしのところでは初七日は葬儀と一緒にやりません。三日参りと五七日忌法要です。
なので、お布施に三日参り分と五七日忌分のお金がプラスされます。伴僧の方のお布施にも。
お布施の額が中途半端な額になりますが、一枚一枚いわれのあ...続きを読む

Q49日の法要の不祝儀袋の表書き

49日の法要があるのですが、不祝儀袋の表書きについてアドバイスお願いします。
49日以降は御仏前で渡すといろいろなところに書いてあリます。
実際には49日より前に法要があるのですが、その場合は御霊前で渡した方がいいのでしょうか?
それとも49日の法要として、御仏前のほうがいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実際の四十九日よりも前の日にちであっても、その法要が「四十九日」であれば、四十九日の法要として用意すべきです。

実際の日にち(四十九日、一周忌、などなど)に法要を営むのが、平日などのため無理がある場合、その日にちより前(の休日)に行うことが多いです。
前にするのは構わないけど、後にしてはいけないそうです。

だから、実際の日にちではなく、その法要の趣旨に合わせた方が無難です。

Q初七日・四十九日を同日に行った場合の香典返しを贈る時期

叔父が亡くなりました。血縁者が遠方に散らばっていることもあり、葬儀と同日に初七日・四十九日を行いました。この場合、香典返しはいつ頃贈ればよいのでしょうか。

Aベストアンサー

初七日は葬儀の日の済ますところが多いようですが、四十九日はお宅様のように皆が遠方である、等のやむを得ない事情から便宜上・・・と言う事です。
葬儀が済んでひと月もしないうちに香典返しが届いたら「何かの間違い?」「まあ随分端折って済ましてしまって・・・」などと思われる事もあるかと思いますので、どうぞ、本来の忌明けが済んでから届くように手配されますように・・・
尚、四十九日が三月にまたがる場合は三十五日で繰り上げられても構いません。

Q49日法要と納骨について 9/23日に母が亡くなり、11/10で忌明けになるのですが、本当はその

49日法要と納骨について

9/23日に母が亡くなり、11/10で忌明けになるのですが、本当はその日に49日法要を自宅で家族のみで行う予定でした。
ですが、今回新しくお墓を購入することになり、そのお寺の住職がお墓が出来上がるのが11/20なので、それ以降の都合の良い日に、納骨と、法要を一度にやってはどうですか?と言われたので11/27の日曜日に行うことになりました。
なので、11/27までは仮祭壇などはそのままにしておこうと思っているのですが、その場合本当の49日に当たる日はどのように過ごせばいいのでしょうか?その日を境にあの世へ旅立つのですよね?法要を延ばすわけですが、家族は本来の49日をもって忌明けと考えて良いのでしょうか?49日までの間、あげ続けている食事等もどのようにしたら良いのかわからないのでわかる方お願いいたします。

Aベストアンサー

本来の七七日に皆さんで祭壇をお参りして、「忌明け」となされては如何でしょう。
仮祭壇につきましては、納骨の日までそのままにしてあげればいいと思います。

霊供膳に付きましても、やはり納骨の日までお供えしてあげるのが筋だと思います。

お仏壇に入ったとしても、毎日、朝夕にお供えはするわけですので・・・

ご参考まで。

Q四十九日の祖供養について

本家の長男の嫁です。
このたび夫の父が亡くなり、夫が喪主、四十九日にあたっては
施主をします。
その際、夫の姉から「嫁さん(私)の実家から祖供養を出して
欲しい」と言われました。
私としてはてっきり「お供え」の間違いだと思っていたのですが
今日夫に確認すると「四十九日に参加する親族は全員が参加者の
人数分の祖供養を用意しなくてはならない」と言われて腑に落ち
ません。
嫁の実家、嫁に出した娘の嫁ぎ先、分家など全員が祖供養として
参加者1軒あたり1000円くらいのものを用意し、のしには自分の
名前(施主ではない)を書くとのこと。
ご仏前に包むお金は別途必要だそうです。
もちろん施主も料理代などとは別に引き物として祖供養を用意
するそうで、帰りの荷物は持ちきれないほどになる
らしいです…。
お供えをお下がりとして分配するのは聞いたことがありますが
祖供養を施主以外がする風習ってあるのでしょうか?
そのあたりを夫に聞いてもそうなってんだからしかたない、
の一点張りで良く判りません。
もちろん今回は施主(夫の家)の希望通りにするつもりですが
私の実家に説明するのに説得力がないので、ご存知の方がいらし
たら教えてください。ちなみに関西の田舎です。

本家の長男の嫁です。
このたび夫の父が亡くなり、夫が喪主、四十九日にあたっては
施主をします。
その際、夫の姉から「嫁さん(私)の実家から祖供養を出して
欲しい」と言われました。
私としてはてっきり「お供え」の間違いだと思っていたのですが
今日夫に確認すると「四十九日に参加する親族は全員が参加者の
人数分の祖供養を用意しなくてはならない」と言われて腑に落ち
ません。
嫁の実家、嫁に出した娘の嫁ぎ先、分家など全員が祖供養として
参加者1軒あたり1000円くらいのものを用意し、の...続きを読む

Aベストアンサー

 大阪の田舎の方にすんでいる、葬儀業者です。会館で法事も取り扱っています。

 施主以外の親族が粗供養(祖供養ではありません)をたくさん準備する家はあります。最近の核家族世帯ではほとんどありませんが、旧家や地の家などでは多いです。
 時には大きな紙袋数個をお持ち帰りいただくこともあります。
 法事の前の日に同行さんや同家さんが粗供養をたくさん持ってこられて、部屋中が粗供養であふれかえっていることもしばしば見受けられます。
 ご主人のご実家もそういう家だということです。昔からの風習なのでご主人に聞いてもわからないと思います。ご主人も小さい頃からそういう風習の中で育っているので、それが普通のこととしてとらえていると思います。

 なぜそういう風習があるのかは正直よくわかりません。

 

Qお墓で49日法要と納骨式を一緒にする場合もあるのでしょうか?

49日法要は身内のみで2人(姉と私)しか集まりません。
既に墓には父が入っており、母が亡くなった場合

お墓で49日法要と納骨式を一緒にする場合もあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>お墓で49日法要と納骨式を一緒にする場合もあるのでしょうか?

四十九日法要を自宅で行い、その後お墓に移動して納骨を行うケースはありますが、
お墓で四十九日法要も行うのはおそらく無理だと思います。
四十九日法要は僧侶により異なりますが、一般的に読経や焼香などで30分~1時間
くらい時間が掛かりますので室内で座って落ち着いた状態で行うものです。

お墓で全て一緒にできるのかどうかは担当するお寺さんにお尋ねになったら如何で
しょうか。

Q夫の祖母の四十九日のご仏前の金額と粗供養について。

先日、夫の母方の祖母がなくなりました。
お通夜とお葬式は、私は妊娠中ですので遠慮しました。
夫はお通夜、お葬式、骨上げ、繰り上げの初七日まで3日連続で参列し、
葬儀の日にのみ、義父に言われて、香典として2万円を包み、お供えとしてビール1ケースを持参しました。
喪主は義母の兄(故人の長男)でした。

11/23に四十九日の法要があります。
今回は、義父母、義弟、私達夫婦と2歳半の子供が参加するのですが、ご仏前はどの程度の額にすればいいのでしょうか?
あと、粗供養も用意するべきでしょうか?その場合はどのくらいの額のものをすればいいでしょうか?
義母の話によると、当日の食事は、義父と夫にのみお膳がでて、あとは簡略なお弁当だそうです。

お手数ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

冠婚葬祭は、地域性や個々人の考え方、経済力によりさまざまに変わってきます。ここで明解を得ることはできないと思いますので、ご家族や親戚、近所の方にその地域の習慣を尋ねることをお奨めします。

>ご仏前はどの程度の額にすれば…

一応の参考ですが、
御膳が一人前のみということで、1万円でよいかと思います。
直系の孫ですから、奥さんと子どもさんの軽い食事などは、御仏前の額に反映しなくてかまいません。

>粗供養も用意するべきでしょうか…

祖供養とは、施主が参列者に配るものです。あなたが用意していっては笑われます。
そうではなく、「御供え」を持っていくとよいでしょう。2~3千円のお菓子などで、その場で全員に分けられるよう、箱の中は小袋になっているものがよいです。間違っても、ケーキを一つドーンと持っていかないように。

Q49日法要はやるべきなのか?

先週父が他界致しました。訳あって遺骨を本家と当方とで分骨しました。
本家では、火葬の後、「納骨法要」と「49日法要」を同時に済ませました。
当方は、お寺の住職に「49日には、まだ早い」と言われ、分骨された遺骨で
「納骨法要」のみを済ませお墓に埋葬しました。この場合は、「49日法要」を別に行う必要があるのでしょうか?
また、来月が「お彼岸」ですが、49日前なので、通常のお墓参り
でよろしいのでしょうか?複雑なパターンで申し訳ありません。
どうぞよろしくお願い致します。宗派は「浄土真宗」です。

Aベストアンサー

No.4です。
事情はわかりました。

繰り言になりますが49日と納骨を一緒にやられると万事都合が良かったですね。
そうする方も多いですよ。

事情が事情ですから、ご家族の気持ちと世間体を考慮した上で
お彼岸の墓参りだけして繰り上げた49日(35日)の法事とお考えになるのも一法かと。
いずれにしても法要というのはぶっちゃけて言えば
遺族が個人を偲ぶ気持ちと世間体で行うものですから。

ということで、お彼岸は少し気持ちを込めてお墓参りをされたらいかがですか。

Q四十九日(どこまでが親戚)

先日、主人の母方の祖母が亡くなりました。お通夜・葬儀共実家の両親も行かせていただきました。来月には、四十九日があり、実家の両親にも声がかかるようです。娘の婚家の祖母の四十九日にも行くべきものなのでしょうか?なんか声を掛けていただかなくても・・・って感じです。父も高齢で体力が落ちてきていますし、金銭面でもあまり負担をかけたくなく、今後一周忌とかも声がかかり続けるのかと思うと・・・。なんか私自身が実家の両親に申し訳なく負担に思ってしまいます。常識・非常識は、土地柄によって異なってくると思います。どこまであわせ歩みよるべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

謹んでお悔やみ申しあげます。
ご主人のお祖母さまとのことですので、mikanbakoさんから見ると2親等の姻族と言えますが、ご実家のご両親から見ると姻族にも入らないと思えますので、遠い親戚としかいいようがないのではないでしょうか?
民法第七百二十五条 左に掲げる者は、これを親族とする。
 一 六親等内の血族
 二 配偶者
 三 三親等内の姻族
もしかして施主さんは『お通夜・葬儀にも来て頂いたので、四十九日もお声をおかけして‥』と好意的にお考えなのではないでしょうか?
ご主人に『ご実家のお父さまのご高齢を理由にお断りできそうかどうか』尋ねて見られてはいかがですか?また、ご主人にご兄弟の配偶者さんはいらっしゃらないのですか?そこも同様にご出席なのですか?そういう家系であれば声もかかるでしょうが‥
義理も大切ですので、負担にならないお供えはなさった方が良いかも知れませんが、お父さまの体も大切ですので、ご出席なさらなくても良いでしょう。☆

参考URL:http://www.ron.gr.jp/law/law/minpo_si.htm#1-sousoku       http://bt.jmam.co.jp/koyomi/shiryo/pdf/sinzoku.pdf

謹んでお悔やみ申しあげます。
ご主人のお祖母さまとのことですので、mikanbakoさんから見ると2親等の姻族と言えますが、ご実家のご両親から見ると姻族にも入らないと思えますので、遠い親戚としかいいようがないのではないでしょうか?
民法第七百二十五条 左に掲げる者は、これを親族とする。
 一 六親等内の血族
 二 配偶者
 三 三親等内の姻族
もしかして施主さんは『お通夜・葬儀にも来て頂いたので、四十九日もお声をおかけして‥』と好意的にお考えなのではないでしょうか?
ご主人に『ご実...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報