物騒な質問で恐縮です。
あくまで仮の話ですが・・・
特に紹介状の要るような大病院をケースとしてます。

医者にもピンからキリまであります。
患者は診察室に入るまで、「この医師が信頼できるかどうか?」は不明です。
今まで何度か、大病院でいやな思いをしたことがあります。

3時間待ちの3分診察で、インフォームドコンセントもくそもなく、どうしても納得できないおざなりな診察をされた場合、「あなたを医師とは認めない」として診療費の支払いを拒否することはできるのでしょうか?
支払わずに帰ったら、病院は弁護士でも立てて請求してくるのでしょうか?
健保組合への7割請求はどうするのでしょうかね?

最近は病院も「患者さま」などと持ち上げていますが、一般の商習慣ではお客様満足が得られなければ代金請求しないのが普通ですが、医療の世界はブラックボックスです。

病院に行って、診察を申し込んだときに、強制力のある契約が成立するのでしょうか?
その法律や、根拠について、教えてください。

一方、こんな好事例もありました。
旅行中に急に鼻血が出て、付近の病院に駆け込みました。
保険証を出して初診申し込みをし、外科医が診てくれましたが、「うちには耳鼻科がないので、近所の○○耳鼻科医院へ行ってみてください」といって、お金は一切取られませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

医療側が診察依頼を受け付けた時点で応召義務が生じます。

ですからその時点で契約が成立したと考えるべきでしょう。やぶ医者に当たったからといって医療費を払わないのは、食事がまずいといって無銭飲食するのと同じ行為です(食中毒が生じた場合は全く別の話です)。当然健保組合への請求は行われていますし、あなたが再診した時は前回分も併せて請求されます。訴えられることは稀だと思いますが、再診を拒否されることはありえます。

鼻血の例は診察しなかったことにするということで、診察料を取らない(せいぜい数百円)代わりに責任も一切負わないということです。診察料をとると専門医を適切に紹介する義務とか生じますからね。
    • good
    • 3

健康保険法では以下のようになっています


(一部負担金)
第七十四条  第六十三条第三項の規定により保険医療機関又は保険薬局から療養の給付を受ける者は、その給付を受ける際、次の各号に掲げる場合の区分に応じ、当該給付につき第七十六条第二項又は第三項の規定により算定した額に当該各号に定める割合を乗じて得た額を、一部負担金として、当該保険医療機関又は保険薬局に支払わなければならない。

療養の給付は以下のサイトを参考にしてください。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat320/sb3170/ …

医療者の中でよく言われるのが、「レストランに行って、注文した料理が口に合わないから金を払わないことは、食逃げで、犯罪行為。医療費を支払わないことも食逃げと同じ。」ということです。

「一般の商習慣ではお客様満足が得られなければ代金請求しないのが普通」とされていますが、全てがそれに当てはまるとは言えません。
あくまでも店側の良心・経営方針であり、強要はできません。

参考までに「患者様」という呼び方もすでに使用していない病院もあります。
http://aa108wpbu0.smartrelease.jp/%E6%82%A3%E8%8 …

質問者様の気持ちはよく理解できますし、自分自身も同じような経験があり、腹が立つこともあります。
しかし、医師が診察(会話も診察の一部です)して専門的に判断しているので、医療費の支払いは必要です。

鼻血の際に無料で対応した医師のような存在はごくまれだと思います。
このような医師が増えるとよいですが、診察を行っている以上、医療費を請求されることが一般的です。

今回の場合、保険者に7割請求、一部負担金は未払い扱いとして、後日、患者側に電話や郵送での請求を行うということになると思います。
少額であれば弁護士はおそらく出てきませんが、病院側の姿勢を示す目的(未払いは許さない)で少額訴訟となる可能性もあると思いますが、ほとんどないので、病院側の泣き寝入りですかね。

患者はお金を払って診察を受けているので、それに見合った診察をしてほしいですね。

保険診療契約の解釈は以下を参考にしてください。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/08/dl/s0803-6d …
    • good
    • 1

日本で名医として有名なある医師が、ご自身の生涯の診察を振り返って、


正しく診断できた確率を3割と答えました。
つまり、名医として有名な医師ですら、誤診は7割になるというのです。

医学は未だ発展途上です。
医師の仕事は決して間違えることなく診断を下すことでもなく、
患者が望む答え、望む薬を処方してあげることでもありません。
それは、患者の苦痛を取ってあげること、元気な生活を取り戻すこと
不安を取り除くことです。

矛盾するようですが、たとえ診断が間違っても患者の満足度が
高ければそれでよしと考えると思います。

もしあなたのような考えの方が増えたら日本の医療はどうなるのか?
1)診察の前に長い時間をかけて分厚い同意書の束にサインをし続ける
2)医師は病気の話を傾聴するよりも、起こりもしない可能性の話を延々とする
3)全ての可能性を考えて、大量の薬が処方される
4)医療費が増える
5)医師はリスクばかりで遣り甲斐のない薄給な保険医をやめ、美容外科などの
自由診療にはしる
6)保険医が減り、病院は少なくなり、患者はさらに長い時間待たされる
7)病院が患者を選択し、お金持ち専門の病院ができる
8)お金のない人は診察するまで何日と待たされる
9)国民皆保険は崩壊する
10)日本の医療がアメリカ化する

お題がそもそも仮定の話なので、展開も大げさですがあながち間違ってないと思います。

医師としては医療がアメリカ化するのは歓迎です。
仕事は余裕を持って出来るし、収入は増える。言うことなしです。

日本の医療がいかに恵まれているか。
患者が日本の医療に不満を言い続けると、患者自身が不幸になります。
    • good
    • 4

病院が受付のとき契約書なんか示してないというなら、ご自分から確認されたらどうでしょう


納得できない診療でお金を払うのが嫌ならば、
納得できなかったら料金は支払わないという条件で診てもらいたいと、診察を申し込むとき言えばいいのでは
それで診察しますということになれば、堂々と支払い拒否して帰れるでしょう
    • good
    • 0

医療に長年携わってきた経験で言えば、患者が診察室で医師と一言交わした時点で診察料が発生します。

極端な話、診察室でゴルフや釣りの話をしただけでも診察とみなされます。

では、診察が気に食わなかったという理由で一部負担金を支払わなければ、病院側は未収金扱いになります。病院が3割の負担金を請求しないはずはなく、まずは電話が掛かって来るでしょう。「先日の未収金を支払いに来てください」と。それでも支払わなければ、家まで回収に来るはずです。

病院もボランティアでやっている訳ではなく、収入が減れば経営が出来なくなる可能性が出てきます。一部負担金を支払っていない患者はコンピュータ上でしっかりと管理されていて、未収金リストで一覧で見ることが出来ます。

一昔前までは社会保険などの一部負担金の割合が少なかったですし、老人は月に一回800円だけという時代もありましたが、医療費の増大に連れて負担金割合も大きくなっています。今までは1割負担分の未収が3割になれば金額が3倍になるということですので、病院側も本気で取り立てるのは当然のことです。
尚、仮に質問者様が3割の一部負担金金を支払わなかったとしても、残りの7割はレセプトとして保険者に請求しますので、この分の取り漏れはないでしょう。

従って、一部負担金を支払わないということは、詐欺罪に当たる可能性があると言わざるを得ません。

この回答への補足

詐欺罪(刑法)とは…よく勉強しましょう。さておき、

>患者が診察室で医師と一言交わした時点で診察料が発生します。極端な話、診察室でゴルフや釣りの話をしただけでも診察とみなされます。
→これは民事契約ですよね。初診の申込書にそういった文言が書かれてますか? それに署名捺印しなければ契約は成立していないことになりませんか。

補足日時:2014/06/02 11:57
    • good
    • 2

"「あなたを医師とは認めない」として診療費の支払いを


拒否することはできるのでしょうか?"
 ↑
医師の診断方法がよほどひどければ
債務不履行として認められ
ますが、そうでなければ拒否は出来ません。


”病院に行って、診察を申し込んだときに、強制力のある契約が成立するのでしょうか?”
     ↑
勿論です。
医者は治療をし、それに対して患者はお金を
払う、という有償双務契約が成立します。


”その法律や、根拠について、教えてください。”
    ↑
一般には委任契約とされています。
民法643条以下。
委任契約ですから、例え病気が治らなくても
医者はお金を請求することができます。

この回答への補足

>委任契約ですから、例え病気が治らなくても
医者はお金を請求することができます。

→医師の誤診は、債務不履行または不法行為責任にはならないのですか? 誤診の立証は難しいでしょうが…(医師間で庇いあいますからね)

補足日時:2014/06/01 22:43
    • good
    • 0

実態から言えば、診療費を払わずにバックれる患者は沢山います。

しかし、患者が払う診療費は3割だけなので、病院としては30%のダメージしか受けません。こうした不良患者による一定の損害を考慮した上で病院の経営は成り立っているはずです。

そして、通常の商行為と全く違うのは、医者は患者を選べない、ということです。基本的に、医師は診療を拒否することはできません。どれだけ丁寧に見ても、定められた報酬以上のお金を患者から取ることはできません。

また、「一般の商習慣ではお客様満足が得られなければ代金請求しないのが普通」とありますが、そんなはずがありません。レストランに行ってまずかったからと請求されたお金を払わなければ無銭飲食です。もちろん、まずかったので減額を求めることは自由ですが。

契約の開始については、下記のサイトでこう記されています。
http://www.iryou-kago.jp/htmls/responsibility3.h …
「診療契約は、患者が診察・診断・治療などを求めて病院を訪れ、医療側が患者の求めに応じて診察をはじめれば、成立したといえます。」

契約に定められた(通常は保険診療に定められた行為)行為を遂行した場合、病院の請求に応じない場合は患者側に債務不履行が生じるのは当然です。もし、争うのなら実は検査を行っていなかったとか、必要な処置を忘れていたという病院側の債務不履行を患者側が立証する必要があります。大変ですよね。勝ち目はありません。

もちろん、まずいレストランの場合と同様、病院で嫌な思いをしたから謝って欲しいとか、お金を払いたくないのでタダにして欲しい、と求めることは自由です。

この回答への補足

>勝ち目はありません。

→負けたところで、払う額はもともとの医療費分
だけですよね。(訴訟費用は請求できないというのが判例ですから)

補足日時:2014/06/01 22:46
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインフォームドコンセントは、医師の免責のためですか?

インフォームドコンセントは、『医師が患者に治療内容について説明し、同意を得る』ことと理解しています。

ここで、その治療方法にリスクがある場合で、実際にそのリスクが発生したとします。
このとき、すでに同意を得たのだからという理由で、その医療行為は免責されるのでしょうか?

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず医療に、免責云々というのは合わないと考えます。

インフォームドコンセントはもともとアメリカから入ってきたものですが、向こうは医療も自費で契約社会かつ訴訟社会ですから説明したかどうかが何かあったときに言った言わないがないようにするためと思われます。第一、向こうでの医療訴訟は日本みたいなことではまず起こりません。(子供が無事に生まれないのは産科医の責任だとか、内視鏡なのに途中で開腹にしたなど)どちらかといえば、美容関係などが多いようです。

医療にはリスクが付き物です。人間ですからね。治すのも人間。
そのための知識はあっても絶対ではありません。
例えが悪いですが、骨董屋さんが同じものを目利きしても値段や真贋がまったく同じでないのと同じです。

医療の同意書には法的な効力はありませんが、説明をしたかどうかは裁判になったときの心証が違うと思います。

ちなみにリスクが発生しても医師の責任を問うのは至難の業です。
死なそうとして、治療をしているわけではないので。

Q病院に勤めています。医師が「患者に”様”なんてつけなくていい。普通に”

病院に勤めています。医師が「患者に”様”なんてつけなくていい。普通に”さん”でいいんだ。”患者様”なんて呼ぶから、患者がモンスターになるんだ」「最近は病院もそれに気がついて”様”付けは少なくなっている」なんていいます。そうでしょうか?最近の病院の患者の呼称ってどうなっていますか?またこの意見に対してどう思いますか?

Aベストアンサー

国立病院機構や各地医師会でも大勢となっています。
そもそもは千葉の民間病院が目立とうとはじめたことですから。
以下参考
*****保険医協会より抜粋

【論壇】 

   「患者様」から「患者さん」へ

 病気を治してくれたり命を助けてくれたりと、とても頼りになる有難い存在として「お医者様」と呼ばれていた時代がありました。患者を普通に「患者さん」と呼んでいた時代から、いつの頃からか「患者様」と呼ぶ病院・医院が増えて、本来対等であるべき関係に歪みが生じてきているようです。
 
 ◎患者の権利意識
 近頃、患者の権利意識が非常に強くなったという声をよく耳にします。少し親しみを込めて、「お医者さん」くらいが妥当な呼び方だと思いますが、「あの医者に××された」などと呼び捨てにされる場面も増えてきています。
 『患者様は神様です』であれば良かったのですが、『患者様は神様を通り越えて王様に…』なってしまわれました。
 医療者へのクレーム、理不尽な要求、迷惑行為、暴言・暴力、ネット掲示板での中傷、慰謝料、損害賠償、告訴等が急増してきています。そして「患者様」という呼び方を見直す動きも拡がっています。

 ◎「様」の蔓延
 「○○様」という呼び方は、2001年11月、厚生労働省の「医療サービス向上委員会」 が出した、「国立病院・療養所における医療サービスの質の向上に関する指針」の中の「職員の接遇態度や言葉づかいの改善」の項目で、『患者の呼称の際、原則として姓 (名)に「さま」を付する』としたことが全国的に波及するきっかけとなったようです。
 そこには「患者様」という総称を使えとは一言も書かれてはいません。個人名で呼ぶときに「○○さん」ではなく、「○○様」と呼ぶことを要求したものです。ですが、一般的に使われる「患者さん」という言葉まで「患者様」と言うようにと、誤って伝わってしまったようです。
 「患者」は、「患(わずら)った者」という意味ですから、この言葉に尊敬語である「様 」を付けるのは、日本語として問題があります。言葉尻だけ丁寧な形にしても、決して丁寧な意味とはなりません。
 病院の外来窓口・受付・呼び出しなどでは違和感なく聞こえる場合もありますから、 患者個人の名前を呼ぶ場合は「○○さま」でも「○○さん」でも好きな方を選べば良いと思います。
 実際の診療の場面では会話やコミュニケーションに支障をきたすので「○○さん」の使用が多いようです。
 総称したり、一般名称として呼ぶ場合は「患者」、或いは「患者さん」を使用した方が良いと思います。「患者様」という言葉は院内掲示・院内放送・学会発表等ほとんどの場合に不適切のように感じます。
 例えばホテルの従業員と客の場合は主従関係がはっきりとありますから「○○さま」 と呼び、「お客様」と総称することに何の違和感もありません。しかし医療者と患者は対等な関係であるべき、医療者は患者と対等なパートナーシップを築くべきと考えるからです。

 ◎意外に根が深い?
 言葉の使い方は本質的な問題ではありませんから、勿論「患者様」が好きな方は使われれば良いと思います。本当に患者さんのためを考えた医療を実践することが重要なのですから。
 しかし医療関係者が「患者様」という言葉を多用したために、一部の人が「誤った権利意識」や「変なお客様意識」を持つようになったのも事実だと思います。「モンスターペイシェント」を生み出す土壌にもなっているでしょうし、医療崩壊を後押ししている危険性さえあることを考えてみる時期かも知れません。
 「様」をつけるのは、「患者」でなく、姓(名)に対してであることを再認識していただきたいと思います。(理事・*****)
■****保険医新聞**年**月号

*****は編集させていただきました。

国立病院機構や各地医師会でも大勢となっています。
そもそもは千葉の民間病院が目立とうとはじめたことですから。
以下参考
*****保険医協会より抜粋

【論壇】 

   「患者様」から「患者さん」へ

 病気を治してくれたり命を助けてくれたりと、とても頼りになる有難い存在として「お医者様」と呼ばれていた時代がありました。患者を普通に「患者さん」と呼んでいた時代から、いつの頃からか「患者様」と呼ぶ病院・医院が増えて、本来対等であるべき関係に歪みが生じてきているようです。
...続きを読む

Q病院で診察してないのに診察代はかかりますか?

現在、婦人科に通っています。
今回は血液検査だけだったのですが、受付で「先生に何かお話はありますか?」と聞かれたので「ありません」と答えました。
その後、看護師さんが採血をしてくれ、結果は来週聞きにきてくださいと言われ、それだけで帰ったのですが、帰ってから領収書を見ると検査代のほかに診察代がとられていました。
先生に会ってもいませんが、診察代は診察しなくてもとられるのが普通ですか?

Aベストアンサー

まあ、ちょっと納得いきませんがw
看護師は勝手に採血など出来ません。すべて医師の指示で行います。
つまり、採血したときは診断に基づいて行ったので、診察代が取られるのです。
ちなみに、病院で薬だけもらう場合も、同様の理由で診察代はかかります。

Q手術前の患者を巡っての大学病院 対 地元病院(困りました) 

現在大学病院の耳鼻咽喉科に通っています。
来月手術を予定しているのですが、その際全身麻酔を打つ為、子供の頃から煩っている気管支喘息の発作が起きると危険だという事で、かかりつけのお医者に現在の状態を診て貰って来て下さいと言われまして、地元の内科に行きました。
そこで子供の頃よりお世話になっている先生に事情をお話すると、「変だね、喘息持っていたって全身麻酔は出来るはずなんだけど」と言い「どこの病院?」とさえ聞かれました。結局その日は簡単に診察(問診のような感じ)をして診断書を書いてもらいました。(内容は読めませんでしたが、今までの経過(カルテを見て)と、現在は当時のような辛い発作は無いというような内容だと思います)
 
 それを大学病院の担当医に見せると、「ちゃんと検査や診察はしたの?」と聞かれ、問診だけでしたと答えると、それでは意味が無いと、結局大学病院の内科に検査に回される事に。
そして帰り際、担当医に地元のかかりつけの内科医宛てに渡すように手紙を預かりました。

 今その手紙にどんな事が書いてあるのかが、気になってまだ渡せていません。 というのも、地元の内科医の言った「喘息を持っていても手術には問題ない」という言葉を大学病院の担当医にそのまま伝えた所、担当医は少し怒ってらしたのです。 しかし私にとっては地元の内科医には子供の頃からお世話になっているので信用しているし、もし手紙の内容がその抗議文であったら、渡しづらいです。
 もしかしたら診断書に対するお礼の手紙かとも考えましたが、そんな習慣は病院間で見たことありません。封書を開けたくとも病院の判が押してある封書ですし、そういうわけにもいきません。

この手紙はそのまま渡すべきでしょうか?
そして、双方の言い分はどちらが正しいのでしょうか。
分かる方教えてください。 よろしくお願いいたします。

現在大学病院の耳鼻咽喉科に通っています。
来月手術を予定しているのですが、その際全身麻酔を打つ為、子供の頃から煩っている気管支喘息の発作が起きると危険だという事で、かかりつけのお医者に現在の状態を診て貰って来て下さいと言われまして、地元の内科に行きました。
そこで子供の頃よりお世話になっている先生に事情をお話すると、「変だね、喘息持っていたって全身麻酔は出来るはずなんだけど」と言い「どこの病院?」とさえ聞かれました。結局その日は簡単に診察(問診のような感じ)をして診断書を書...続きを読む

Aベストアンサー

・手紙は渡すべき
・どちらが正しいか?って聞かれたら「どっちもどっち」だけれども医者としては大学病院の医者が間違いなく正しいし、怒るのはある意味当たり前。

***********************************************
お話が長くなりますが、手術をする場合に全身麻酔が必要な時どういう手順でお話が進むか…からはじめます。
***********************************************

一般外科のみならず、耳鼻科や脳外科も手術をする科です。これら手術をする科を「外科系」と言います。
外科系医師は手術が必要と判断した患者に関して必要な既往歴(過去の病歴)などを調べた上で必要なものに関しては情報を集めた上で麻酔を担当する「麻酔科」に相談(consult)します。麻酔を実際にかけるのは麻酔科医だからです。喘息の既往があっても安全に麻酔が出来るのは麻酔の専門家が必要な情報の元に安全を十分に配慮した準備を行いかつその専門家が麻酔にあたるからであって、けっして喘息患者の麻酔自体が安全なわけではないのです。

外科系医師が相談に来ると麻酔科医は必要な条件が満たされていて安全に麻酔が行えるかどうか評価します。OKならば晴れて麻酔を受けられるわけですが状況によっては術前・後に訓練が必要になったりほかにも準備が必要になります。その条件の中で特に大切なのは『呼吸機能』です。喘息患者はたとえ喘息発作がなくとも呼吸機能に異常がある場合があります。それを知らずに麻酔を行えば事故につながるのです。アナフィラキシーという言葉が出ていますが現在の全身麻酔ではこうしたアレルギー既往のある患者にも比較的安全に使える薬剤がありますし、そもそもアナフィラキシーなんぞ事前に防ぐことは不可能ですから麻酔の面で見た『危険因子』の最大は呼吸機能です。

その危険性を知っている(といいますかそのデータがなければ麻酔科に蹴られることを知っている)耳鼻科主治医は怒り顔であったのであり、即座に院内の内科医にconsultしたのです。最初から院内の内科医にconsultすりゃいいじゃネーかと思われるかもしれませんが、長年の主治医がいる患者さんとその主治医に対して義理を通したのだと思います。(それにそれなら初めから詳しい照会状を書けばいい話しですし、その手間を省いて相手に真意が伝わらなかったといって怒るところで…どっちもどっちだな)

おそらく大学病院の内科では喘息の既往歴を詳細に聞かれるとともに呼吸機能も詳しく調べられたことかと思います。それは安全な麻酔施行には必要不可欠なんです。

**********************************************
>がその抗議文であったら、渡しづらいです。

たとえ抗議文であったとしても、安全な医療を行うには必要なものです(今後があります)し、そうじゃないほうが確率的には高いです(普通他所の病院や医者を非難する書面を送りつけることなどありません。やんわり批判することはあるけどね)

>もしかしたら診断書に対するお礼の手紙かとも考えましたが、そんな習慣は病院間で見たことありません。

いやぁ・・そういう習慣ありますよ。
ハガキで簡易に済ませたり電話にしたりもしますけれども
手紙を書くこともしょっちゅうです。
だから気にせず手渡せばいいんです。

***********************************************
この回答「も」素人の繰言ですので参考になさるか否かはご随意に。

・手紙は渡すべき
・どちらが正しいか?って聞かれたら「どっちもどっち」だけれども医者としては大学病院の医者が間違いなく正しいし、怒るのはある意味当たり前。

***********************************************
お話が長くなりますが、手術をする場合に全身麻酔が必要な時どういう手順でお話が進むか…からはじめます。
***********************************************

一般外科のみならず、耳鼻科や脳外科も手術をする科です。これら手術をする科を「外科系」と言います。
外科系医師は手術が必...続きを読む

Q耳鼻科での診察点数の違いについて

 2月14日 274点
 2月15日 73点
 2月20日 73点
 3月1日 78点

 2月14日は初診ですからこの点数になるとおもうのですが、2月15、20は73点で、3月1日は月が替わったために、5点追加になったのでしょうか?
 保険は国保です。

Aベストアンサー

入院中の患者以外の患者に対して,治療計画に基づき継続して再診を行った場合は,継続管理加算として月1回に限り,所定点数に5点を加算することになってます。(継続管理加算)

 なお、継続管理加算とは,当該患者について,初診料を算定しない月において,最初に再診料を算定する日に算定します。ただし,継続管理加算を算定した月に傷病が治癒し,当月中に新たに初診料を算定した場合においては,先の継続管理加算は算定できる。

となっております。
本来 コピペは良くないのですが・・・


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報