物騒な質問で恐縮です。
あくまで仮の話ですが・・・
特に紹介状の要るような大病院をケースとしてます。

医者にもピンからキリまであります。
患者は診察室に入るまで、「この医師が信頼できるかどうか?」は不明です。
今まで何度か、大病院でいやな思いをしたことがあります。

3時間待ちの3分診察で、インフォームドコンセントもくそもなく、どうしても納得できないおざなりな診察をされた場合、「あなたを医師とは認めない」として診療費の支払いを拒否することはできるのでしょうか?
支払わずに帰ったら、病院は弁護士でも立てて請求してくるのでしょうか?
健保組合への7割請求はどうするのでしょうかね?

最近は病院も「患者さま」などと持ち上げていますが、一般の商習慣ではお客様満足が得られなければ代金請求しないのが普通ですが、医療の世界はブラックボックスです。

病院に行って、診察を申し込んだときに、強制力のある契約が成立するのでしょうか?
その法律や、根拠について、教えてください。

一方、こんな好事例もありました。
旅行中に急に鼻血が出て、付近の病院に駆け込みました。
保険証を出して初診申し込みをし、外科医が診てくれましたが、「うちには耳鼻科がないので、近所の○○耳鼻科医院へ行ってみてください」といって、お金は一切取られませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

医療側が診察依頼を受け付けた時点で応召義務が生じます。

ですからその時点で契約が成立したと考えるべきでしょう。やぶ医者に当たったからといって医療費を払わないのは、食事がまずいといって無銭飲食するのと同じ行為です(食中毒が生じた場合は全く別の話です)。当然健保組合への請求は行われていますし、あなたが再診した時は前回分も併せて請求されます。訴えられることは稀だと思いますが、再診を拒否されることはありえます。

鼻血の例は診察しなかったことにするということで、診察料を取らない(せいぜい数百円)代わりに責任も一切負わないということです。診察料をとると専門医を適切に紹介する義務とか生じますからね。
    • good
    • 4

健康保険法では以下のようになっています


(一部負担金)
第七十四条  第六十三条第三項の規定により保険医療機関又は保険薬局から療養の給付を受ける者は、その給付を受ける際、次の各号に掲げる場合の区分に応じ、当該給付につき第七十六条第二項又は第三項の規定により算定した額に当該各号に定める割合を乗じて得た額を、一部負担金として、当該保険医療機関又は保険薬局に支払わなければならない。

療養の給付は以下のサイトを参考にしてください。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat320/sb3170/ …

医療者の中でよく言われるのが、「レストランに行って、注文した料理が口に合わないから金を払わないことは、食逃げで、犯罪行為。医療費を支払わないことも食逃げと同じ。」ということです。

「一般の商習慣ではお客様満足が得られなければ代金請求しないのが普通」とされていますが、全てがそれに当てはまるとは言えません。
あくまでも店側の良心・経営方針であり、強要はできません。

参考までに「患者様」という呼び方もすでに使用していない病院もあります。
http://aa108wpbu0.smartrelease.jp/%E6%82%A3%E8%8 …

質問者様の気持ちはよく理解できますし、自分自身も同じような経験があり、腹が立つこともあります。
しかし、医師が診察(会話も診察の一部です)して専門的に判断しているので、医療費の支払いは必要です。

鼻血の際に無料で対応した医師のような存在はごくまれだと思います。
このような医師が増えるとよいですが、診察を行っている以上、医療費を請求されることが一般的です。

今回の場合、保険者に7割請求、一部負担金は未払い扱いとして、後日、患者側に電話や郵送での請求を行うということになると思います。
少額であれば弁護士はおそらく出てきませんが、病院側の姿勢を示す目的(未払いは許さない)で少額訴訟となる可能性もあると思いますが、ほとんどないので、病院側の泣き寝入りですかね。

患者はお金を払って診察を受けているので、それに見合った診察をしてほしいですね。

保険診療契約の解釈は以下を参考にしてください。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/08/dl/s0803-6d …
    • good
    • 2

日本で名医として有名なある医師が、ご自身の生涯の診察を振り返って、


正しく診断できた確率を3割と答えました。
つまり、名医として有名な医師ですら、誤診は7割になるというのです。

医学は未だ発展途上です。
医師の仕事は決して間違えることなく診断を下すことでもなく、
患者が望む答え、望む薬を処方してあげることでもありません。
それは、患者の苦痛を取ってあげること、元気な生活を取り戻すこと
不安を取り除くことです。

矛盾するようですが、たとえ診断が間違っても患者の満足度が
高ければそれでよしと考えると思います。

もしあなたのような考えの方が増えたら日本の医療はどうなるのか?
1)診察の前に長い時間をかけて分厚い同意書の束にサインをし続ける
2)医師は病気の話を傾聴するよりも、起こりもしない可能性の話を延々とする
3)全ての可能性を考えて、大量の薬が処方される
4)医療費が増える
5)医師はリスクばかりで遣り甲斐のない薄給な保険医をやめ、美容外科などの
自由診療にはしる
6)保険医が減り、病院は少なくなり、患者はさらに長い時間待たされる
7)病院が患者を選択し、お金持ち専門の病院ができる
8)お金のない人は診察するまで何日と待たされる
9)国民皆保険は崩壊する
10)日本の医療がアメリカ化する

お題がそもそも仮定の話なので、展開も大げさですがあながち間違ってないと思います。

医師としては医療がアメリカ化するのは歓迎です。
仕事は余裕を持って出来るし、収入は増える。言うことなしです。

日本の医療がいかに恵まれているか。
患者が日本の医療に不満を言い続けると、患者自身が不幸になります。
    • good
    • 6

病院が受付のとき契約書なんか示してないというなら、ご自分から確認されたらどうでしょう


納得できない診療でお金を払うのが嫌ならば、
納得できなかったら料金は支払わないという条件で診てもらいたいと、診察を申し込むとき言えばいいのでは
それで診察しますということになれば、堂々と支払い拒否して帰れるでしょう
    • good
    • 2

医療に長年携わってきた経験で言えば、患者が診察室で医師と一言交わした時点で診察料が発生します。

極端な話、診察室でゴルフや釣りの話をしただけでも診察とみなされます。

では、診察が気に食わなかったという理由で一部負担金を支払わなければ、病院側は未収金扱いになります。病院が3割の負担金を請求しないはずはなく、まずは電話が掛かって来るでしょう。「先日の未収金を支払いに来てください」と。それでも支払わなければ、家まで回収に来るはずです。

病院もボランティアでやっている訳ではなく、収入が減れば経営が出来なくなる可能性が出てきます。一部負担金を支払っていない患者はコンピュータ上でしっかりと管理されていて、未収金リストで一覧で見ることが出来ます。

一昔前までは社会保険などの一部負担金の割合が少なかったですし、老人は月に一回800円だけという時代もありましたが、医療費の増大に連れて負担金割合も大きくなっています。今までは1割負担分の未収が3割になれば金額が3倍になるということですので、病院側も本気で取り立てるのは当然のことです。
尚、仮に質問者様が3割の一部負担金金を支払わなかったとしても、残りの7割はレセプトとして保険者に請求しますので、この分の取り漏れはないでしょう。

従って、一部負担金を支払わないということは、詐欺罪に当たる可能性があると言わざるを得ません。

この回答への補足

詐欺罪(刑法)とは…よく勉強しましょう。さておき、

>患者が診察室で医師と一言交わした時点で診察料が発生します。極端な話、診察室でゴルフや釣りの話をしただけでも診察とみなされます。
→これは民事契約ですよね。初診の申込書にそういった文言が書かれてますか? それに署名捺印しなければ契約は成立していないことになりませんか。

補足日時:2014/06/02 11:57
    • good
    • 3

"「あなたを医師とは認めない」として診療費の支払いを


拒否することはできるのでしょうか?"
 ↑
医師の診断方法がよほどひどければ
債務不履行として認められ
ますが、そうでなければ拒否は出来ません。


”病院に行って、診察を申し込んだときに、強制力のある契約が成立するのでしょうか?”
     ↑
勿論です。
医者は治療をし、それに対して患者はお金を
払う、という有償双務契約が成立します。


”その法律や、根拠について、教えてください。”
    ↑
一般には委任契約とされています。
民法643条以下。
委任契約ですから、例え病気が治らなくても
医者はお金を請求することができます。

この回答への補足

>委任契約ですから、例え病気が治らなくても
医者はお金を請求することができます。

→医師の誤診は、債務不履行または不法行為責任にはならないのですか? 誤診の立証は難しいでしょうが…(医師間で庇いあいますからね)

補足日時:2014/06/01 22:43
    • good
    • 0

実態から言えば、診療費を払わずにバックれる患者は沢山います。

しかし、患者が払う診療費は3割だけなので、病院としては30%のダメージしか受けません。こうした不良患者による一定の損害を考慮した上で病院の経営は成り立っているはずです。

そして、通常の商行為と全く違うのは、医者は患者を選べない、ということです。基本的に、医師は診療を拒否することはできません。どれだけ丁寧に見ても、定められた報酬以上のお金を患者から取ることはできません。

また、「一般の商習慣ではお客様満足が得られなければ代金請求しないのが普通」とありますが、そんなはずがありません。レストランに行ってまずかったからと請求されたお金を払わなければ無銭飲食です。もちろん、まずかったので減額を求めることは自由ですが。

契約の開始については、下記のサイトでこう記されています。
http://www.iryou-kago.jp/htmls/responsibility3.h …
「診療契約は、患者が診察・診断・治療などを求めて病院を訪れ、医療側が患者の求めに応じて診察をはじめれば、成立したといえます。」

契約に定められた(通常は保険診療に定められた行為)行為を遂行した場合、病院の請求に応じない場合は患者側に債務不履行が生じるのは当然です。もし、争うのなら実は検査を行っていなかったとか、必要な処置を忘れていたという病院側の債務不履行を患者側が立証する必要があります。大変ですよね。勝ち目はありません。

もちろん、まずいレストランの場合と同様、病院で嫌な思いをしたから謝って欲しいとか、お金を払いたくないのでタダにして欲しい、と求めることは自由です。

この回答への補足

>勝ち目はありません。

→負けたところで、払う額はもともとの医療費分
だけですよね。(訴訟費用は請求できないというのが判例ですから)

補足日時:2014/06/01 22:46
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「入院費を払え」と病院から小額訴訟を起こされたのですが・・。

私は二年近く前に暴行され緊急入院したのですが、担当医師の行為のせいで多大な肉体的・精神的苦痛を被るはめになり、入院費を払うどころか、こっちが慰謝料をもらいたいくらいの怒りの心境で、払っていません。

夜9時半に救急車で運ばれたのですが、顔の血のりもふいてくれず処置室に長時間放置され、やっと病室に入れたのが午前1時すぎでした。
そして朝、自宅から遠いなどの理由で転院を医師に希望したところ転院先が決まり、手続きを済ませ転院先に紹介状を持って行ったのですが、受付で「聞いてない」と断られ入院できませんでした。
結局、その後自分で入院先を探して回ったのですが、紹介状に「いまだ興奮状態で何かとご迷惑をお掛けすると思います」などと書いてあるので医師から偏見をもたれ、なかなか見つからず、その間治療も安静もできず、傷が化膿し、骨折部などの痛みがひどくなり状態が悪化し倒れ、救急車で運ばれ、やっと入院できました。
退院後、問題の医師に説明を求めると「入院を決めるのは行った先の病院だから、行ってみないと分からない」と今頃言い、事務長と共に高圧的な態度でした。
最初からそれを聞いていたら転院なんかしてないし、キツイ思いをせずに済んだのです。これは医師の説明義務違反にあたると思います。
3、6万円の入院費に、年5分の利息(1年4ヵ月分)をつけて払えと訴状がきましたが、一体総額いくらになるのでしょうか?
私としては払いたくない気持ちに変わりはないので、どうやって戦っていったらいいのでしょうか?

私は二年近く前に暴行され緊急入院したのですが、担当医師の行為のせいで多大な肉体的・精神的苦痛を被るはめになり、入院費を払うどころか、こっちが慰謝料をもらいたいくらいの怒りの心境で、払っていません。

夜9時半に救急車で運ばれたのですが、顔の血のりもふいてくれず処置室に長時間放置され、やっと病室に入れたのが午前1時すぎでした。
そして朝、自宅から遠いなどの理由で転院を医師に希望したところ転院先が決まり、手続きを済ませ転院先に紹介状を持って行ったのですが、受付で「聞いてない」...続きを読む

Aベストアンサー

>供託後、慰謝料が認められない場合、私が法務局に治療費を払うんですか?
いえ、ご質問者は既に治療費を供託していますので、その供託された治療費を相手が受け取ると言うことです。

>「医師の転院時の説明義務違反」、
これはどんな法に基づいていますか?
つまり説明義務があるとした法律の条文は何になるのか?あるいはその内容の説明義務があるとする判例などはありますか?
裁判では必ず根拠となる法律・判例を示して、相手がそれに反しているから自分に賠償を受ける権利があることを主張することになります。

その初めの病院が追い出そうとしていたというのであれば、それを示す事実関係も重要ですし。

>「紹介状の内容のせいで精神状態を疑われ転院が出来なかった」では根拠薄いですか?
具体的にそれを裏付けるものはありますか?
たとえば転院拒否の理由として紹介状の内容が含まれていたとか、医療機関の習慣として紹介状にそのような内容があれば拒否する傾向が強くなるということを示す事実など。
たとえば他の方への補足にあった、病院の事務の人が普通見かけない文面である」も手がかりになりますし、更にその場合には転院拒否するのが普通などの証言が取れるのであればかなり強くなります。もっとも今度はそれを書いたことが、事実に照らして妥当なのかどうかなどのことも考えねばなりません。
あと何故紹介状にそれを書いたのかという動機についても述べる必要があるでしょう。
それに追い出したいのであれば紹介状には逆に変なことを書かない方がすんなり転院が進むので、矛盾があるからその説明も必要でしょう。

ご質問の場合は慰謝料を主張するにしても論理の構築が必要で簡単ではないと思われます。

>供託後、慰謝料が認められない場合、私が法務局に治療費を払うんですか?
いえ、ご質問者は既に治療費を供託していますので、その供託された治療費を相手が受け取ると言うことです。

>「医師の転院時の説明義務違反」、
これはどんな法に基づいていますか?
つまり説明義務があるとした法律の条文は何になるのか?あるいはその内容の説明義務があるとする判例などはありますか?
裁判では必ず根拠となる法律・判例を示して、相手がそれに反しているから自分に賠償を受ける権利があることを主張することに...続きを読む

Q医療費の未払いについて

私は病院の会計を担当しています。
以前当院で出産された方に会計をお願いしたところ、「お金が無いから払えない、お金が用意できしだい払いに来る」と言われました。
こういった場合に備え、入院時に入院証書を書いていただき、保証人の欄に保証人直筆でサインをしてもらっています。入院費の支払いができない場合には保証人に支払ってもらうという事も事前に説明してあります。その方の保証人欄には実母の記名があったので、連絡させてもらおうと思ったのですが、「連絡しないでほしい、こんな年になって親に迷惑かけたくない。」と言われました。
正直、私はひっくり返りそうになりました。
「他人に迷惑かけるくらいなら親に迷惑かけたほうがマシなのでは?!」と思いましたが、患者様にそんなことも言えず…。未収金があると病院としても困るし、なんとか支払ってもらえませんかと頭を下げて支払ってもらいました。(どうやらご兄弟に借りたようです)
その方は予定日より1週間早く生まれたのでお金の用意が間に合わなかったと言っていましたが、失礼な言い方ですが私には言い訳にしか聞こえませんでした。予定日より早く生まれてしまうかもしれないことは、妊娠初期の時に助産師が説明していますし、その方は3人目の出産なので当然想定できたはずです。それに今は出産一時金の支払い制度があるので42万円が病院に振り込まれるので患者さんの退院時の支払金は差額だけでいいのです。(その方は5万円弱でした)妊娠がわかった時点で毎月一万円づつ貯めれば十分余裕で準備出来たと思うのですが…。
最終的には退院時に支払ってもらえたのですが、じゃあどうして最初からすんなり支払ってくださらなかったのかなと疑問に思います。
これは氷山の一角で他にも支払いをしないでいつの間にか帰ったり、「今お金がないんですが、後日払うので診察してください」と来られる人もいます。(もちろん、腹痛でのたうちまわっている人に「お金がないなら診ませんよ」等と非情な事は言いません、ご家族に支払っていただいてます)
例えばラーメン店で、「今お金がないんですが、後日払うのでラーメン食べさせてください」と言って食べさせてもらえるでしょうか?
病院とラーメン店を一緒にするのはおかしいかもしれませんが、サービス(医療と看護)を提供して、支払いをしてもらいそのお金で経営が成り立つという原理は一般企業と同じなんです。
愚痴みたいになってしまってすみません…。
皆さんに伺いたいのは、一般的に病院はツケみたいな事が出来ると思われているのでしょうか?
(毎月受診している方がたまたま持ち合わせがなかったりすれば、次回の受診時にまとめて…ということもありますが。)
何だかまとまりのない文章で申し訳ありません。
医療従事者とそうでない方との間には医療費の支払いについての考え方に大きなズレがあるのでしょうか?今後の参考にご意見をお願い致します。

私は病院の会計を担当しています。
以前当院で出産された方に会計をお願いしたところ、「お金が無いから払えない、お金が用意できしだい払いに来る」と言われました。
こういった場合に備え、入院時に入院証書を書いていただき、保証人の欄に保証人直筆でサインをしてもらっています。入院費の支払いができない場合には保証人に支払ってもらうという事も事前に説明してあります。その方の保証人欄には実母の記名があったので、連絡させてもらおうと思ったのですが、「連絡しないでほしい、こんな年になって親に...続きを読む

Aベストアンサー

支払いを翌日に延ばして貰ったことはあります、申し訳ないですが、手足のしびれで見てもらいに行きCTとMRIの検査費用の分まで想定していなかったので、お金がたりなくなりました、ただ以前2ヶ月入院していた病院なので事務長さんに話して伸ばしてもらいました、家に取りに帰っても良かったのですが、検査で時間が掛かったため家に行って帰ってくると会計の窓口がしまってしまうということだったので翌日ということになりどちらにしろ整形外科に行くはずが検査で時間切れだったので、翌日だったので、まとめて支払いました。
今度からすこし多めに持って行こうと思います。
あとは意外とカード払い出来ない病院が多いのですよね、そこは病院側も考えて欲しいかなと思います、いざ足りない時カード払いなら可能ですからね。
その方もリボ払いが出来れば状況は違ったかもしれませんね、まあ変わらない可能性もありますが。

Q医療費(入院費)の踏み倒し対処法は?

こんばんわ。

知人が病院の医事課に勤務をしております。
国立(現在は独立行政法人)病院ということもあり、比較的に低所得の患者が多く入院しています。今回は、産婦人科(お産)入院者が、分娩費用を踏み倒してしまう場合の対処法を教えていただきたいのですが、何か得策はありますでしょうか?

個人開業医ですと、専属の取立て業者がいるみたいなんですが、国立病院なので、そのような形態をとっていないようです。

入院の際に、保証金を預かるようですが、それすら払わずに入院する人は不払いの危険性があるようです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

国公立に限らず私立病院でも、全国的に未収金が増えており問題になっています。
色々な会議で議題としてとりあげられたり話題となり、預かり金をもらうとか、クレジットカードを導入するとか色々な対策案はでます。しかし結論としては今のところ、「払えない人は払えない」ので「決定的に有効な解決策はない」というところに落ち着いてしまいます。

悪質な場合には法的措置に訴えることもできます。

http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/tokyo/archive/news/2006/08/30/20060830ddlk13040319000c.html

参考URL:http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/tokyo/archive/news/2006/08/30/20060830ddlk13040319000c.html

Q病院でのお支払い、しないで帰る人がいるのでは?

私が今通っている大学病院には、料金自動支払機?なる機械があります。外来に来た人は大体そこで払うようになっています。
 
各科から受付に帰ってくる
     ↓
受付のカウンターにカルテみたいな紙と診察券を出して
(ここでお姉さんは診察券を機械に通しています)
     ↓
受付のお姉さんに番号を書いた紙を貰い、診察券を返してもらう
     ↓
電光掲示板に自分の番号が付いたら、自動支払機にお金と診察券を入れて、領収書と処方箋を機械からもらって、診察券も機械から出てくる。

これじゃお金を払わないで帰る人がいるんじゃ無いでしょうか?相手が機械ですし。実際、来たときから帰るときまでずっと電光掲示板に載っている人も居ました。病院の玄関に警備員もいないし、お薬を取りに行こうとしても大丈夫でした。
払わない人がいても怒らないのでしょうか?それとも、保健所かどこかで住所を調べて、お手紙が来るのでしょうか?ご存じの方、教えて下さい。

Aベストアンサー

出産は全額未払い、、、というのは、出産は病気ではないから健康保険が適用されず、全額自己負担だからです。(出産祝い金みたいなものは出ますけど)要は、保険でカバーできる部分がないので、全額病院がかぶることになります。ですから、出産などの入院では、トラブルを防止するために前金として入院保証金を取る病院が多いわけです。でも、海外から出稼ぎに来ている人などは、入院保証金もままならず、ドタバタと入院して、子供を生んで退院したら連絡がつかず、なんてことは、都心の大きな病院では結構あります。いろんな事情があるのでしょうが、善意を悪用されているような感じで、寂しさを感じますよね。

Q診察料が足りなかった場合

変な質問でスミマセン。
気になる症状があるので、早めに病院に行こうと思って
いるのですが、色々サイトで調べてみると 大体の料金がわかってきたのですが、時々同じ病名なのにバカ高い料金
が記されていることがあって、不安でいます。
そのくらい余分にもっていけるのが一番いいのですが、
ほんとに、その料金が高い上に、
最近仕事を始めたばかりでもあり、ほんとうに余裕がありません。
でも、とにかく早く診察を受けたいのです。

もし実際に診察をうけて、手持ちのお金で料金が
払えなかった場合、どうなるのでしょうか。
待ってもらえたりするのでしょうか。
(だからといって、最初からわざとお金をもっていかないような事は決してしませんので、宜しくお願いします)

経験がある方等からのお答えも待ってます。

Aベストアンサー

 皆さんがおっしゃるとおり、院内処方の病院のほうが投薬料については、安くなります。
しかし数千円も安くなることは現在はないと思います。(以前老人医療の上限負担が決まっていたときはありました。)

しかし病院のベッド数が200床を限度に指導料の算定される疾病があるのです。だから200床以下、100床以下、診療所と小さくなるほど指導料に関しては高い。ということになります。

指導料算定対象疾病は厚生労働省が基準を設けています。下記サイトの3/10ページ・別表第一に対象病名があります。

入院のときは大きい病院は保険請求分が高くなり、小さい病院では自費請求分が多くなる。

外来で済むようなら200床以上の公立病院で、院内処方のある病院が安い。
すべての病気に関して言えることではないですが大体そのように決まっています。(高度先進医療に関しては当てはまりません。)

ご質問の窓口支払いを猶予してもらえるかということですが、それは可能です。

病院で投薬を受ける場合、支払いをしてから投薬の番号をもらうシステムになっているところが多いです。

投薬を受けるとき「手持ちが○○円しかないが薬はほしい。」と窓口で伝えましょう。そしていつまでにお金を払うのか言います。
それで公的病院はたいていOKです。金利などはありません。

私立の病院や診療所などはシビアです。お薬を少なくしたりすることもあります。私立の病院でも公的な要素が大きいところはそんなことはないと思いますが。未集金を少なくするために企業努力をしています。

もし継続して病院にかからねばならなくてお金もないときは、窓口で相談してください。分割払いも出来ます。
病院の職員が失礼な態度を取ったり、分割払いが出来ないとかいった場合は管轄の保健所や役所に訴えましょう。支払いが出来ないことを理由に診療拒否することは医師法で禁じられているからです。
「私の病気が悪くなったらあなたの責任です。」と言う手もあります。

社会保険本人でも負担3割になって久しいです。
病気でもお金がないので病院にかかれないという状況はおかしいですね。

お金のこともご心配でしょうが症状が悪化する前に早く治療を開始してくださいね。お体お大事に。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/hoken/sinryou/02kokuji/dl/kokuji4b.pdf

 皆さんがおっしゃるとおり、院内処方の病院のほうが投薬料については、安くなります。
しかし数千円も安くなることは現在はないと思います。(以前老人医療の上限負担が決まっていたときはありました。)

しかし病院のベッド数が200床を限度に指導料の算定される疾病があるのです。だから200床以下、100床以下、診療所と小さくなるほど指導料に関しては高い。ということになります。

指導料算定対象疾病は厚生労働省が基準を設けています。下記サイトの3/10ページ・別表第一に対象病名があ...続きを読む

Q診察してないのに診察料って取られるの?

先日、風邪をひいて病院に行きました。
診察をしてもらい、その後点滴、薬を貰いました。
先生には、明日も点滴しに来て下さいと、紙を貰いました。

翌日、その紙を持って内科に行き点滴を受けました。
会計をすると、診察料が請求されていました。
(先生の診察は1秒たりとも受けていません)

会計の方に聞いても、法律で決まってますというので
支払って帰りました。

これで正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

法律では無診察診療というのは禁止されています。
診療(今回の点滴)を行うに際して診察が必要という意味で、コストでも診察という再診料が発生します。

「薬だけください」や「リハビリだけします」という場合も同様に診察(再診料)が発生しています。

おそらくは、診察の翌日ではそんなに症状が変わらない、悪くなっている場合には申し出があるという前提で、質問者の無駄な時間(待ち時間)を省くというメリットのもとで(同時に医師の診察の時間も省ける)の行為と考えられます。

Q治療費未払いのまま転院したら犯罪になりますか?

昨日、9歳の娘の詰め物が取れて歯医者に行ったのですが、説明も無く削られ2本銀歯になると言われ型を取りました。
その治療費が5450円と高額だった為、手持ち金が無く2000円だけ支払ってきました。次回型を取った銀歯が入りますので、4000円かかりますと言われました。
その際に、どうしてこんなに高いのか、こんなに高いのであれば白い詰め物にして下さいと言いましたが、『今更無理。パノラマのレントゲンを撮ったから高いだけ』と受付の人から説明を受けました。
しかし、どう考えても高いし、もうすぐ抜ける乳歯2本も銀歯にするのも納得がいきません。
勝手にパノラマレントゲンを撮られ、勝手に削られたにもかかわらず治療費を支払う義務はあるのでしょうか?支払い拒否はできますか?
治療費未払いのまま転院したいのですが、犯罪になるのでしょうか?

Aベストアンサー

No6の者です。

この手の問題は、「”落としどころ”を決めて交渉する」事が大切だと思います。

ご質問者様の結論としては・・、
「大ごとにしたくない」「これ以上関わりたく無い」+「して貰っていない治療費は返金して貰いたい」で宜しいでしょうか?

もし「返金」にこだわらないのであれば、このまま「無かった事」にして転院するのが一番ですよね!
「返金」を求めるのであれば、「納得がいかないし、不正請求だと感じるので保険者に相談する」と、医院にはったりをかけられても良いかと。
(保険治療の場合、「やる予定の治療費」を先に請求される事は有り得ません。明らかに不正請求ですよね^^;)

あと、「大ごとにしたくない」との事ですが、心配される程の「大ごと」にはならないと思います^^;
歯科医師会や保険者から歯科医院へ事実確認が行われる程度だと思います。
「不正請求の容疑で家宅捜索!」の様な事には、高確率でなりません。
(その歯科医院が余程ヒドい事を日常的に行っていなければ、ですが。)

「歯科医師会⇒歯科医院」へ事実確認が行われた段階で、すんなりと返金して貰える可能性も高いと思いますよ。
なぜなら、「歯科医師会」より「保険者」の方が、歯科医院にとっては嫌な相手なので・・。
この話を、「歯科医師会」に知られるだけで終わりにしたいと思うのは、歯科医院側だと思います。
「要チェック医院」と判断されれば、毎月のレセプトチェックも厳しくなり、監査対象にもなります。

ご加入者様が、どの保険に加入されているのかは分かりませんが、今は、どの保険者も苦しい(財政)状況です。
(ふところ事情が悪化すれば、それは「保険料UP」として被保険者にはねかえります。)
「無駄な支払いは1円でもカットしたい」と思っているのが「保険者」です。

でも、嫌ですよね、こういう事にわずらわされるのって。。
精神的にも良く無いと思いますし、どんな形であれ、ご質問者様が納得される形で解決されると良いですね。

No6の者です。

この手の問題は、「”落としどころ”を決めて交渉する」事が大切だと思います。

ご質問者様の結論としては・・、
「大ごとにしたくない」「これ以上関わりたく無い」+「して貰っていない治療費は返金して貰いたい」で宜しいでしょうか?

もし「返金」にこだわらないのであれば、このまま「無かった事」にして転院するのが一番ですよね!
「返金」を求めるのであれば、「納得がいかないし、不正請求だと感じるので保険者に相談する」と、医院にはったりをかけられても良いかと。
(保険治療の場合...続きを読む

Q自己負担金額を意図的に払わない患者さん

医療機関にお勤めの方にお尋ねいたします

医療機関に受診したり
薬局にかかったりして
自己負担金額が発生しない患者さん
(生活保護や障害者、母子家庭など)
を除いては必ずいくらかの自己負担金額が
発生します。

この自己負担金額を意図的に
払ってくれない患者さんがごくまれに
いらっしゃってどうしたものかと
対応を決めかねています。

例として
「保険証をわすれてしまった 
今日は持ち合わせが無いので
次回保険証持参時に自己負担を払う」

もしくは
受診時に保険証を持参して
自己負担を払うが その保険は
実は有効期限切れで 後ほど国保や社保からの
指摘で気づく・・・
保険適用分の金額を患者さんに請求するが
・・・

というような例ですが 
それから来ることも無く
払ってくれる旨、手紙を書いて
郵送しても音沙汰が無い・・・

こういう場合
皆様はどのような御対応をして
いるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ!
医療はボランティアではなく、医療サービスを売っている訳ですから、いい人ぶって「イイカッコ」する必要はありません。

信頼の置ける方以外は、保険証が無ければ全額負担で治療を受けてもらい、ご自身で保険者へと償還請求してもらうべきです。

このような不払いの件では、正直なところ事務方がナメられている事が多いです。信頼してよい人か否かは事務職が判断しないで、院長の判断に委ねます。院長室に行って貰い、院長と直接話をしてもらうといいでしょう。

「不払いは、詐欺や不法行為であり、○○日までに支払いなき場合には、元本と法定利息を合わせた額を法的手段も視野に入れて請求する!」と、とりあえず内容証明郵便で請求してみては如何ですか?(証明費用と3枚綴り用紙で1000円くらいです。)

もし不払いが続く方の場合は、(緊急性の無い場合には、)支払い完済までのあいだは保険受診を拒否して構いません。治療自体を拒んでいる訳ではありませんので「受診拒否」にはならない筈です。保険者に予め対応を相談しておくのもイイかと存じます。

保険証持参で実は期限切れの件は、キツイ事を言うようで恐縮ですが、そんな保険証を有効と誤認してしまった病院側のミスです。

いい加減な方は、医療=慈善事業だと思って甘えています。不法行為に対しては厳しく対応していかないと、どんどんエスカレートしてきます。回収は大変でしょうけれど頑張ってください。以上、ご参考まで

こんばんわ!
医療はボランティアではなく、医療サービスを売っている訳ですから、いい人ぶって「イイカッコ」する必要はありません。

信頼の置ける方以外は、保険証が無ければ全額負担で治療を受けてもらい、ご自身で保険者へと償還請求してもらうべきです。

このような不払いの件では、正直なところ事務方がナメられている事が多いです。信頼してよい人か否かは事務職が判断しないで、院長の判断に委ねます。院長室に行って貰い、院長と直接話をしてもらうといいでしょう。

「不払いは、詐欺や不法行...続きを読む

Q医者へのクレームはどこにすればよいですか?

先日、父の治療である病院に行きました。担当医はその病院の院長でした。
父は肺がんと転移性脳腫瘍をわずらっており、今回ガンマナイフによる治療をするため、その病院へ移ったわけです。私と母が院長の話を聴いているいるとき、院長が不意に、「なんだ、お前のその態度は?」と私に言ってきたのです。
確かに私は、腕をくんで、MRIの写真とにらめっこしていたわけですが
続けて、「こんな失礼な家族がいる患者の治療はしない!」とMRIの写真を下にたたきつけ、隣の部屋に行ってしまったのです。

甘利にも急な失礼な物言いだったので、私も頭にきて怒鳴ろうとしましたが、隣で母が「ごめんなさい、ごめんなさい。治療をしてください。」と懇願しているのです。これを見た私は、怒鳴りきれず、逆に、院長のところへいって、土下座して、「御願いします。」と言ったのですが、その私に対して、「ふざけるな!帰れ!」といって、私の頭をつかみ、後ろへ押し倒したのです。

それでも、他の病院には治療する装置が少なく、刻一刻と増えていく脳腫瘍ですから、私たちも選べないので、ひたすら謝るしかありません。

このような態度をとる医師、ことさら個人経営ではない病院の院長ですから、本人に直接言うしかないのでしょうか?他にクレームをいえる適切な場所はありませんでしょうか?

先日、父の治療である病院に行きました。担当医はその病院の院長でした。
父は肺がんと転移性脳腫瘍をわずらっており、今回ガンマナイフによる治療をするため、その病院へ移ったわけです。私と母が院長の話を聴いているいるとき、院長が不意に、「なんだ、お前のその態度は?」と私に言ってきたのです。
確かに私は、腕をくんで、MRIの写真とにらめっこしていたわけですが
続けて、「こんな失礼な家族がいる患者の治療はしない!」とMRIの写真を下にたたきつけ、隣の部屋に行ってしまったのです。

甘...続きを読む

Aベストアンサー

医師法第19条:診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない。
明白に本条違反です。貴方の態度は全く関係有りません。
まして、土下座などする必要は有りません。
土下座などするからこんな医者は却って不遜になるわけです。
(但し、この法律には罰則規定がない)
個人経営でなければ、経営母体の責任者宛に損害賠償、及びこの医者の罷免(解雇)を求めるべきです。
恐らくガンマナイフに関する能力は一流、人間としては最低の医者のようです。
弁護士を立てて損害賠償を求めるのが一番で、この医者の将来の為にも成ります。
貴方が暴力を振るわれた様ですので、刑事告訴も可能です。
うやむやにしないで欲しいものです。
なお、お父上が人質のような状態ですが、お父上の病気が解決した後でも、上記の損害賠償や刑事告訴も可能です。
いっぱい証拠を集めて置くのも良いでしょう。

Q医師は、患者の好き嫌いで診療拒否が出来るのでしょうか?

いつもお世話になっております。
タイトル通りの内容なのですが、医師は自分が気に入らない患者に対して診療拒否が出来るのでしょうか?
現在の通院先の医師と非常に相性が悪く、意思の疎通がうまくいかないのですが、治療の技術は地域で1番信頼出来るため、身体の不調にはかえられないので我慢して通っております。
しかし、医師から突然「あんた」呼ばわりされたり、命令口調で話されたり、「病院変えたら?」「技術的にも信頼してくれなくて良いから」「次から次とあちこち痛いと言われても、付き合ってらんないよ」「あんたの治療がどんだけ大変だかわかってんの?」「あんたの感謝の気持ちは全く感じたことがないよ」(私は治療に対しての感謝の気持ちを持っているのですが)などと言われて酷く傷ついています。
いわゆるドクハラに相当する言動ではないかと思うのです。
出来ることなら、転院したいのはやまやまなのですが、病状とそこの治療方法が他に無いものであり、かつ確実なのでなんとか我慢して完治するまで通院治療を続けたいと思っているのですが、そこの医師が私を嫌っていることは確実であり、医師から上記のように「病院変えたら?」などと言われるくらいですから、この先「もう来るな!来ても治療はしない」と言われるのではないかと不安に感じています。
患者が治療を望んでも、医師がその患者を人間的に嫌いな場合、診療拒否は許されているのでしょうか?
もし、許されているのであれば、診療拒否に対して法的に問題は無いと言うことで、患者はそこでの治療を諦めるしかないのでしょうか?
ご存知の方、教えてください。
宜しくお願い致します。

いつもお世話になっております。
タイトル通りの内容なのですが、医師は自分が気に入らない患者に対して診療拒否が出来るのでしょうか?
現在の通院先の医師と非常に相性が悪く、意思の疎通がうまくいかないのですが、治療の技術は地域で1番信頼出来るため、身体の不調にはかえられないので我慢して通っております。
しかし、医師から突然「あんた」呼ばわりされたり、命令口調で話されたり、「病院変えたら?」「技術的にも信頼してくれなくて良いから」「次から次とあちこち痛いと言われても、付き合ってら...続きを読む

Aベストアンサー

医師法には、次のように定められています。
------------------------
第十九条 診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない。
2 診察若しくは検案をし、又は出産に立ち会つた医師は、診断書若しくは検案書又は出生証明書若しくは死産証書の交付の求があつた場合には、正当の事由がなければ、これを拒んではならない。
------------------------

それにしてもひどい医者ですね。
あなたが他に転院できないのを良いことに、好き放題言っているとしか思えません。
早く回復されることを祈っております。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング