中古FDの購入を考えてるのですが、どなたかFDのボディ剛性について詳しい方
教えてください。
以前、4型と5型ではボディ剛性(フレーム剛性)が違うという話を
聞いたことがあるのですが、実際はどうなんでしょうか?
また中古車レベルで考えたときに、走行距離の少ない4型と走行距離の若干多めの
5型ではボディのやれはどちらが進むのでしょうか。
(例えば、4型:走行1万キロ、5型:走行2万キロ)
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私は1型のFDに乗ってます。

4型と5型でフレーム剛性が違うのならどこかの部位に補強が追加されたのでしょうね。マツダ店の整備員に聞いてみれば分かると思います。

ちなみにフレーム剛性とは車両の加減速及び姿勢変化中におけるフレームの捻れやたわみに対しての強さとして使用され、剛性が高ければフレームの形状変化が少なく、剛性が低いと形状変化が多いと言えます。現在の市販車はモノコックフレームで袋形状により強度を確保しています。要は応力を分散させる形状なのです。確かに板と板を張り付けてある溶接部のスポットを増せば車両全体としての剛性が飛躍的に上がると思われがちですが、FDだとハッキリ言ってノーマル比10%増し程度です。波溶接でも30%が限界でしょう。ロールゲージをピラーやボディにあて板を行い、ステーをつけて溶接するならおおよそ200~300%上昇し、流行のサイドシルウレタン注入なら100%上昇程度です。これはあくまでレースカー製作時の数値なので一般車なら数値が若干変わりますが。
ただ、ボディ剛性が高いという事はボディ側に入力される力に対する逃げ場がない事になります。当然、FDのように足回りリンクの多くがピロ化されている車は瞬間的な入力に対し、余裕が少なく局部にダメージを受けやすいのです。たとえコンビニの段差でさえも。また、スリックタイヤでの走行は限界に近いGを加減速とコーナリングで行うので溶接部分やボディの比較的弱い部分にダメージが残ります。ボディ側に入力されたGは必ず重量と容積のあるフレームにダメージを与えます。余談ですがF1マシンのフレームはカーボン製の一体成型で、物理的に歪みませんがダメージはストレスとして蓄積され、クラックとして現れます。

話の内容がずれましたが、極論から言えば走行距離の少ない車の方がボディのやれは少なく、強度アップを前提とするには適しているといえます。とはいえ、FDは専用設計されたシャーシにより剛性はそれなりに高いです。それより重要なのは足回りのリンクパーツやブッシュ、ショックアブソーバのへたりが5年過ぎでガタとして出やすい事です。剛性が高い分、そういうパーツの働きが積極的になるためです。ボディのへたりは厳密に測定しなければ確認しようがないので足回りやエンジンのコンプレッションを購入の判断基準にされては。若しくはイジってない車両ですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。車体の剛性を上げればあげるほど、ゆがみはへるけれど、車体の寿命は縮んでしまうということですね。大変参考になります。
確かに、ボディのやれはなかなか気がつかない、とよく聞きます。
それよりも足回りやダメージを受けているかどうかを気にした方がよさそうですね。購入時の参考にします。ありがとうございました。 

お礼日時:2001/06/11 13:21

FDのボディ剛性については、市販車の中では各段に高いと聞いています詳しいことは知りません。

そこでボディ剛性の劣化について少し。知り合いの競技屋さんから聞いた話も含んでいます。

まずダート走行を繰り返していなければそうそうボディが痛むことはないと思います。ダート走行の場合、瞬間的に大きな荷重を受けるためクラックが入ったりする事が多々あります。
舗装路の走行に限った場合、ジムカーナ屋さんのように極太のSタイヤを履き、μの高いジムカーナ場で走行を繰り返した場合ボディにかかるストレスは非常に高くなりますが、ほとんどボディの痛みは無いとのことでした。ダートで瞬間的に受ける荷重に比べると荷重レベルは遙かに低いためです。
またボディの痛み方は剛性が低い程進みやすくなります。というのは、剛性が低く車体のたわみが大きい程どこかに応力が集中し易くなるためです。したがって元々剛性の高い車両であれば尚更痛みにくいと言うことです。

もしお金をかけても良いと言うのであれば、ボディの溶接個所にスポット増しをしてはいかがでしょう。明らかに体感できるほど剛性が上がります。ただし溶接した裏側は塗装が出来ないため錆びやすくなります。もちろん1年2年でだめになるわけではないですが。また弱いところを効率よく補強することが効果的なので、経験のあるショップに相談することをお薦めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
大変参考になりました。
さすがにスポット溶接ができるほどの余裕はありませんが(苦笑)
FDの剛性は高いのですね、リアゲートが大きいので剛性が低いものと思いたので少し安心しました。

お礼日時:2001/06/12 20:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q薄膜のたわみによるヤング率変化について

薄膜のたわみによるヤング率変化について
質問させてください。

例えば、A4サイズの紙の短い辺の片端だけを持つと、
重力によって紙は当然ペロンと下に曲がります(たわみます)。
しかし、長い方の辺にすこしだけ力を加えてたわませると、
その紙は下にたわまなくなり、重力に抵抗できるようになります。
厚みなどのパラメータは変わりませんので剛性変化というよりも、
ヤング率が変化したと考えられると思います。
また、この現象は金属膜でも同様に確認できます。

さて、この現象をどのように理解したらよろしいでしょうか?
長辺方向の変形による、ヤング率の変化
(いわゆる微分剛性やストレススティフニング)でしょうか?
みなさまご教授ください。

Aベストアンサー

>アーチ構造にして見かけ上の剛性が変化した場合、
>同じだけたわませるにはより応力が必要になると
>考えてよろしいでしょうか?

いえ、アーチは応力がそもそも発生しにくいのです。
より大きな応力ではなく、より大きな荷重が必要と言った方がいいでしょう。
ウィキペディアの図を借用して解説しますが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Arch_action.png
アーチはその形状から曲げモーメントを軸力に変換します。

曲げモーメントが作用した場合、軸力が作用するのに比べ、多大な応力が発生し、
これが大きなたわみを生み出します。
ところが、アーチ形状では、曲げモーメントが発生しにくいため、
そもそも応力があまり発生しない構造といえます。
これは剛性というより、形状によって発生する断面力に差異があると考えてください。

Q中古車に表示されてる走行距離○キロ

よく中古車のちらしや、展示されてる窓に値段と共に
「走行距離○○キロ」と書かれてますが、この数字が多いほど
車が安いのですが、これって購入するにあたり
どう捉えたらいいのでしょうか?

(私はペーパーで車も持ってませんので意味が分からないんです)
走行距離が少ない方が、長持ちするって事ですか?

Aベストアンサー

初めまして。

自動車を判りやすく「靴」たとえましょう。
あなたがもし中古で靴を購入するとしたらどうします?
全く見た目が同じ程度の靴が2足在ります。1方をA、もう片方をBとしましょう。Aは1年間の使用で東京から福岡までの距離使った靴。Bは1年間の使用で東京から横浜までの距離を使った靴。あなたは同じ金額で買うとしたらどちらを買いますか?もちろんBですよね。ということは市場では基本的にBはAより高価な値段が付いて当たり前ですよね。
またAは3年使用、Bは1年使用した靴で、使った距離が同じだったらどうします?新しい方が欲しいですよね。自動車も基本的に一緒です。
ただ中古の商品は全てそうですが、1つとして同じ物がこの世に存在しません。同じ程度、距離、年式でもいろいろあるので高額商品の自動車などはよく見て買いましょう。

Q伸び剛性と曲げ剛性

一辺が50cmの正方形断面を持つ鋼鉄の伸び剛性と曲げ剛性は下の値で合ってますか?

鋼鉄のヤング率E : 206*10^5[N/cm^2]
断面積A : 25*10^2[cm^2]
断面二次モーメントI : 52*10^4[cm^4]

伸び剛性 EA : 5*10^10[N]
曲げ剛性 EI : 1*10^13[N*cm^2]

大雑把な値を使ったので、正確な値とは大分違うと思うのですが、大体合っているかどうか知りたいです。
どなたか教えてください。
あと伸び剛性と曲げ剛性の単位も自信がないので間違っていたら教えてください。

Aベストアンサー

あってます。
必要ある場合は、有効数字を意識して下さい。

Q走行距離3万キロ 車の買い替えは

カローラに11年乗っております。走行距離は3万キロです。来年消費税が上がると思いますので車の買い替えをかんがえておりますが、普通一般的に走行距離はどの位で買い替えているのでしょうか。まだ一度も故障したことがありませんが10年以上たつと経年劣化をしてるのでしょうか。
今後は年間で800キロぐらいの走行距離かと思います。
近所での買い物で1日3キロぐらいで長距離運転はしません。
買い替え時の走行距離、現状の運転距離、経年からみて、どう対応をすべきか教えてください。小生70代です。

Aベストアンサー

手入れにも寄りますが20年近く乗れますよ。
私の経験では、走行距離は20万キロは乗れます。(前の車は23万キロで手放しましたし、今車は5年ですでに15万キロ乗っています。)
ただ、質問者様の場合は走行距離が極端に少ないので、走行距離による劣化より年数が経った事による劣化の方が心配です。まあ、年に1回程度のオイル交換と、ブレーキの減りやバッテリーの劣化、ファンベルトなどのベルトの劣化などを気をつければ後10年近くは乗れます。
年間800キロだとなると買い換える必要も内容に思いますけどねぇ。
物理的にどうなのかと言う意味では上記のメンテナンスをやっていれば、問題ないと思います。
ただ、維持費とのバランスで言えば、軽に買い換えるという手もありですが、買い換えるにしても初期投資で7~80万円はかかっちゃいますからねぇ。
ただ、カローラをそのまま乗っても税金や保険、点検代はかかりますし、軽なんかよりは高いですからその辺はご本人の考え方次第でしょうねぇ。

Q見かけのヤング率について

化学系学科の大学4年に在籍するものです。雑誌会にてカーボンナノチューブのヤング率測定に関する文献を読む予定なのですが分からないことがあるので教えてください。

この論文ではTEM内でナノチューブをピエゾ素子と連動したカンチレバー(片持ち梁)で押して、その力と変位の関係からナノチューブのヤング率を求めています。

問題はその計算の式なのですが、
E=fl^3/3yI
E:見かけのヤング率
f:ナノチューブ先端にかかった荷重
l:ナノチューブ固定端からナノチューブ先端までの長さ
y:ナノチューブ先端の変位
I:カーボンナノチューブの断面二次モーメント
と記述してあります。

ここでEを”見かけのヤング率”としている理由に関して論文中では、
『ナノチューブの断面は定義しにくいためパイプと仮定し、断面係数を変形に因らず一定とみなしている。今回求めたヤング率はこの効果(断面係数一定)を含み、曲げ剛性を示しているので【見かけのヤング率】と呼ぶ。』
とあります。

(1)パイプと仮定したら断面係数を変形に因らず一定とみなせるのですか?
(2)断面係数を変形に因らず一定とみなすと具体的に何を無視して計算することになるのでしょうか?現実とどうかけ離れるのでしょうか?
(3)断面係数を変形に因らず一定とみなすことと曲げ剛性との関連は?

以上三点お願いします。どれか1つでもかまいません。
長文失礼しました。

化学系学科の大学4年に在籍するものです。雑誌会にてカーボンナノチューブのヤング率測定に関する文献を読む予定なのですが分からないことがあるので教えてください。

この論文ではTEM内でナノチューブをピエゾ素子と連動したカンチレバー(片持ち梁)で押して、その力と変位の関係からナノチューブのヤング率を求めています。

問題はその計算の式なのですが、
E=fl^3/3yI
E:見かけのヤング率
f:ナノチューブ先端にかかった荷重
l:ナノチューブ固定端からナノチューブ先端までの長さ
y:ナノチュー...続きを読む

Aベストアンサー

パイプの断面係数を理解されたらとりあえず解決するかも。
工学部でしたら、石を投げたら機械系の学生に当たるとおもいますので、謝りがてら聞いてみましょう。

Q軽トラ、鈴木キャリー、走行距離13万キロが調子悪い・・

軽トラ、鈴木キャリー、走行距離13万キロが調子悪い・・・
数年前にオイルが切れたまま、走っていました。その後はオイル下がりと思いますが距離を走ると白煙が吹きます。添加剤で白煙噴くことが少なくなったのですが、夏場に掛けてクーラーをつけて走ると顕著に調子が悪くなり、停車後、エンジンを掛けても掛からない事がありました。自動車屋さんで相談するとオイルシールの交換を勧められるのですが、自分としては中古エンジンの交換をしてほしいのです。経験者の方、どちらが正解でしょうか?

Aベストアンサー

>数年前にオイルが切れたまま、走っていました

重大なトラブルか何かで?それとも単なるオイル管理が
ずさんだっただけ?どちらですか?

車屋さんで一度、コンプレッションゲージで圧縮圧力を
測定してもらい、規定値以下なら焼きついているので
軽急便みたいな車体でなければ廃車ですね。
規定値以上ならバルブステムシール交換でしょうか。

中古のエンジンもピンキリなので、信頼できるルートで
格安で調達できるならいいですが、オイル切れ起こし
いろいろくたびれているであろう13万キロのキャリーに
中古エンジン載せ換えて、あと何万キロ走れるか
未知数の部分も多いので微妙です。
キャリーって、同じ年式でもキャブと電子制御キャブ、完全に
インジェクションなど型式で仕様変更が特に多いので
事前によく調べないと無駄な出費が増え、失敗しますよ。

Q剛性について

学生です。

実験するにあたって初期剛性を実験地と計算値で比較するのですが、なぜ計算値のほうが大きい値になるのでしょうか??

また初期剛性はどのような式で計算できますでしょうか??

P=kδのkが初期剛性ならば、k=EIであらわされるとなっていましたが、EIとは曲げ剛性のことではないのでしょうか??この場合、初期剛性=曲げ剛性なのでしょうか?

せん断剛性は考慮しなくてもいいのでしょうか??
またせん断剛性はどのように表されるのでしょうか??

Aベストアンサー

>コンクリートゲージをせん断変形方向に貼り付けて、載荷した場合、せん断ひび割れ応力(変形量からの変換値)よりも高い応力までひび割れが発生しなかったです。

回りくどい表現で申し訳ありません。
申し上げたいのは、ポアソン比測定のための供試体、なんでも構わないです500×500の平板状のもの。これに、せん断変形を加えて得られたポアソン比に基づいたせん断剛性(=A)。
これと、実大耐震壁で試験を行い、この際のコンクリート歪から逆算されるポアソン比(=B)は、理論上は同じになるはず。
しかし、AとBは同じにならず、B>Aとなることがある。
すなわち、耐震壁周囲の境界梁、寸法効果をどうしても加味しなければ、設計に応用できる結果が得られない。
ということをです。

せん断剛性は、たしか、
G=E/2(1-γ) では。
γ;ポアソン比

単純に、
>初期剛性=曲げ剛性+せん断剛性
です。
これは、間違っていないと思います。
初期に限らず部材の応力と変形は、曲げとせん断の総和だと思います。

しかし、実験では、変形量しか判らないので、
曲げ変形 と せん断変形
を分離して考えないとなりません。
しかし、これは大変難しいから耐震壁では、あえてせん断破壊させてませんか?
といいますか、曲げ破壊する耐震壁は、低耐力で頭うちするんで意味が無いのでしょうか?
(自分でも、こんがらがってきました・・・)

で、またはじめに戻れば、
計算による曲げ剛性とせん断剛性、これと実験での結果との比較を行う。
これが実験を行う意味の全てではないか、私は考えます。
(計算どおりの剛性評価=変形量評価=耐震性能評価 が、可能であれば、世の中、”推定式”なるものは無い)

わたしも考え続けます・・。

>コンクリートゲージをせん断変形方向に貼り付けて、載荷した場合、せん断ひび割れ応力(変形量からの変換値)よりも高い応力までひび割れが発生しなかったです。

回りくどい表現で申し訳ありません。
申し上げたいのは、ポアソン比測定のための供試体、なんでも構わないです500×500の平板状のもの。これに、せん断変形を加えて得られたポアソン比に基づいたせん断剛性(=A)。
これと、実大耐震壁で試験を行い、この際のコンクリート歪から逆算されるポアソン比(=B)は、理論上は同じになるはず...続きを読む

Q質問お願いします。 現在ホンダ オデッセイのRB1アブソルートに乗っており走行距離が10万キロくらい

質問お願いします。
現在ホンダ オデッセイのRB1アブソルートに乗っており走行距離が10万キロくらいです。
以前、お得意先のお客様訪問先で前の雪が少し積もった坂道を走行中にタイヤが滑ってしまい後ろに大渋滞を起こして迷惑をかけてしまいました。
その時に履いていたタイヤが4年前のスタッドレスだった為今回新しくスタッドレスを買い換えました。
今回も仕事でどうしても行かないといけない為同じ失敗をしたくない為何かうまく進む方法はありませんでしょうか?

Aベストアンサー

4年経過のスタッドレスタイヤはゴムの硬化が進み積雪路、弱凍結路の登り坂では機能しないことがあります。
今回は新品とのことなのでその時のような失敗は無いはずです。
しかし油断はできません。
ゆっくりアクセルを踏むとの心がけが必要ですが
滑って登っていかないとなると無意識のうちにアクセルを踏み込んでしまいます。
シフトをマニュアルモードにして1速か2速固定でアクセルはゆっくり、ジンワリ踏んでください。

Q剛性について簡単に教えてください

剛性と比剛性との違いを教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

 補足です。
 ある物体に力がかかったときの変形のしにくさ。
 力pを加えたときの変位をδとすると、変形のしにくさの尺度は
 p/δ である。
 とお答えしましたように、変位が少ない=小変形 ならこの値
 p/δ は大きくなります。(剛性が高い:分母が小ですから)
 この回答で何か変でしょうか?
 比~ とは何かを一定にしたときの相対値で、ここでは、物体の変形が一定
 として、そのために加える力の大きさの比をいいます。
 ただ、強度と変形の相関はかなり問題があります。つまり、
 強度=硬さ=もろさ
 変形=柔らかさ=粘り強さ
 なんか、日本刀の解説みたいになりましたけど。
 だから、真の強度は、復元力を含んで(粘り強い)、変形しにくいのですが。
 

Q車の廃車を決めるとき? 走行距離で決める場合、何キロで廃車?買い換え?

車の廃車を決めるとき? 

軽自動車や、普通自動車は5万キロを超えると、過走行車?とか言って、
年式が新しくても、評価が一気に下がり、予期せぬトラブルを防ぐために、
廃車や買い換えを考えた方がいい?と言われたことがあります。
車の保証書を詳しく見たこと無いですが、5万キロを超えると、補償の対象から外れる部品があるらしいです。
走行距離で決める場合、何キロで廃車?にしますか?(軽・普通・大型車・バイク)
トラックなど大型車は10万キロは当たり前。15-20万キロは走れると聞いたことがあります。
エンジンを積み替えて更に何十万キロもは知るとも聞いたことがあります。
メーカーは通常、何キロ走ることを想定して車を作っているのでしょうか?
(キロは、速度ではなく距離のことです。)

Aベストアンサー

メーカーの想定の事はわかりませんが・・・

以前普通乗用車を新車で購入しましたが5万キロなんて言ったら買って4年でなってしまいました。
ですが現在も私の親が乗っています。9年目で10万キロくらいですがどこも問題なく普通に走っています。

主人の車(ハイエース)も14万キロを超えていますがまだまだ替える気もありませんし、普通に乗っています。

主人は大手自動車メーカーに勤めていますし、自動車科を出ていますが5万キロで・・・と言う事は聞いた事がありません。
そういったことがあるのならもう考えているか変えていたのではないかな、と思いますので5万キロという点はちょっと疑問です。(中古車はどうなるのでしょうか??)
評価が下がる、という点はそうなのでしょうが手放したり下取りしてもらう気がなければ関係ない気がします。

我が家では走行距離ではなく、調子が悪くなった時に考えます。
走行距離からではすぐに買い替えを勧められますが走行距離以外問題もないのに廃車になんてもったいなくてできません。(点検もしてますし)

主人がまだ帰っていないので帰ったらちょっと聞いてみたいと思います。(走行距離と廃車の点)

中途半端でごめんなさい(>_<)

メーカーの想定の事はわかりませんが・・・

以前普通乗用車を新車で購入しましたが5万キロなんて言ったら買って4年でなってしまいました。
ですが現在も私の親が乗っています。9年目で10万キロくらいですがどこも問題なく普通に走っています。

主人の車(ハイエース)も14万キロを超えていますがまだまだ替える気もありませんし、普通に乗っています。

主人は大手自動車メーカーに勤めていますし、自動車科を出ていますが5万キロで・・・と言う事は聞いた事がありません。
そういったことがあ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング