いよいよ公開!ア・ゴースト・ストーリーのみどころ紹介!

平成25年7月通院途中に車に轢かれ、肩の脱臼と靭帯損傷で通院後、後遺症を残し26年2月末で症状固定しました。

症状固定と同時に弁護士へ相談し、労災と自賠責両方に申請しました。
労災は自分で書類を作成し、職場から印鑑等をもらい提出。5月末に労基に申請し、3週間程度で10級9号が認定されました。

もう一方の自賠責について質問ですが、自賠責は被害者請求という形で弁護士事務所から申請しました。
必要な書類を提出し、4月10日に申請したとのことでした。まず、この申請先は保険会社なのでしょうか?
本日、損保料率機構調査事務所へ電話で進捗状況を確認したところ、「4月11日書類が保険会社へ提出され、その後保険会社から損害保険料率算出機構に届いたのは5月16日。すぐに法律事務所へ画像の提出を依頼したけど、まだ返答もなく画像も届いていない。」とのことで、実際は調査のスタートすらできない状態だと言われました。

(1)保険会社で1か月以上かかるのは通常なのでしょうか?
(2)よく、申請して2か月程度かかるとの話を聞きますが、これは、今回機構の必要としているレントゲン画像が届いてから起算してでしょうか?

弁護士事務所には1週間前、違う用件で電話した時に、6月上旬くらいには結果が出ると思います。と言っていましたが、その時点で機構からレントゲン画像を依頼されており、まだ渡していない状態ということを把握していたはずですが、そのような話は一切されませんでした。
今日、弁護士さんに確認した時も歯切れの悪い回答しかなく、書類のやり取りでも不安が残る若い先生なので気になっています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まだ進展しないようですか?



私の場合をお教えします。

被害者請求をしたいと告げると、
相手任意保険会社の担当者が
毎月の診断書と診療報酬明細書とその他書類一式を
私宛てに送ってくれたので、
病院で書いてもらった後遺症害診断書と画像類を添えて
3月30日に、相手任意保険会社から教わった自賠責会社間宛てに
宅配便で送りました。

すぐに自賠責保険会社から、受け取りましたという郵便物が届きました。

そして^5月の連休明けに、画像類が返却されてきて、
数日後に後遺症害のお金が振り込まれたという通知が来て、
数日後に後遺症害認定の通知が届きました。

全部で1ヶ月半でした。
ゴールデンウィークが入らなかったら、
もっと早かったかもしれません。

後遺症害の申請をするのに、
画像を送らないって、どういう計画なのでしょうか。

弁護士事務所に任せるよりも
自分でやったほうが確実かも知れないかも?

この回答への補足

ありがとうございます。
昨日、自賠責の算出機構に確認したところ、やっと画像を受け取ったとのことで、今度は主治医に対して聞き取りをするための同意書を提出してほしいと言われました。まだこれからかなりかかりそうな感じです。
すでに3か月要しており、今から審査が始まります。これはやはり遅すぎですかね。

補足日時:2014/06/28 20:14
    • good
    • 5

>(1)保険会社で1か月以上かかるのは通常なのでしょうか?


>(2)よく、申請して2か月程度かかるとの話を聞きますが、これは、今回機構の必要としているレントゲン画像が届いてから起算してでしょうか?

1か月未満で決まる方が珍しい話ですね。
全ての書類が整わなければ、判断のしようがありません。
レントゲンだけでなく、状況によっては経過の記録を取り寄せたり、意見書の提出を求めたりします。
それらの回答が来ないと、時間がたったところで結果は出ません。

弁護士とは言ったって何でも知っている訳ではありません。
被害者請求をしてくださいと言って、平気で相手の任意保険会社に、自賠責の請求書を送る様な弁護士だっていますからね。

結構多い様ですよ。
まぁ、任意保険会社送っちゃった方が、手間は少ないので、手抜きで、結果、相手の任意保険会社に手の内が判ってしまったりと言うのもありますからね。

そういう弁護士はとても多いです。

この回答への補足

弁護士は面談して決めたつもりだったのですが、難しい問題ですね。
長期を覚悟で待つことにします。

ありがとうございました。

補足日時:2014/06/09 00:13
    • good
    • 1
この回答へのお礼

弁護士は面談して決めたつもりだったのですが、難しい問題ですね。
長期を覚悟で待つことにします。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/09 00:13

私の場合ですよ。

弁護士会からの紹介でお目にかかった先生は、
どうもレスポンスなどがあわないので解任しました。
そして別の先生に依頼する前に一度お会いして、大丈夫だと思ったのでお願いしました。
結果としては二回目の先生は頼りになる先生で「解任は有り」でした

この回答への補足

お返事ありがとうございます。実は大手(よくCMしている)事務所で契約していたのですが、契約までのアプローチは凄いのに、契約を交わした後は放置が続いたため解任しました。
契約の際、電話だけで一度も会っておらず、その後の打ち合わせも相手の顔も知らない状態で続きました。それで、今回は直接お会いして、2時間程度の面談の末に契約をしました。この事務所は代表弁護士を含め5名の弁護士さんがおります。
面談の時は代表の方と若手の2名で話を聞いて下さり、「2人で担当します。」と言われたため安心しておりましたが、実際にやり取りする相手は若手の方ばかりで代表弁護士の方とはその後一度も話をしていません。
その点について不満を申し出ることで状況が悪化するのを懸念しているわけです。

補足日時:2014/06/04 01:34
    • good
    • 0
この回答へのお礼

弁護士さんは近くの方がいいですね。当方は田舎なので身近に頼めそうなところがなく、近県で探しました。

そもそもが失敗だったかもしれません。

お礼日時:2014/06/09 00:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q後遺障害認定にかかる時間・認定書が送られてくるのは?

●今年、1月中旬に「後遺障害診断書」を任意保険会社(任意一括にしているので)に郵送しました。
●3月中旬:あまりにも時間がかかっているみたいなので、医師にMRIなどの借受などの請求が任意保険会社からあったのか訊ねたところ「何の請求もありませんよ」いう回答でした。
任意保険会社にクレームを伝えたところ何の手続きがされていない状態でした。その直後、任意保険会社から整形外科へレントゲン・MRIの借受がされました。
●4月20日頃に自賠責保険から任意保険会社に「後遺障害14級」が認定されたと確認がとれたので示談交渉を開始しました。

■質問■
「後遺障害認定書」については、しばらく時間がかかると任意保険会社の担当は、言っています。

口頭で認定が出て3週間ぐらい経過しているのですが、「認定書」が送られてくるのは、後どのくらいかかるものなのでしょうか?

ちなみに自賠責も任意保険会社も同じ会社です。

Aベストアンサー

No.2で、書いたものです。

自賠責保険は、特殊な保険で、任意保険会社が勝手に料率(保険料)などを決める事が禁止されています。

自賠責保険は、加入時の保険料のうち、取り扱い手数料がいくらと決定されているだけでなく、事務経費などもすべて届け出る必要がある特殊な保険なんです。
ですので、受付事務なども別の部門に分かれていますので、被害者請求をする場合、保険会社のサービスセンターに電話をして、自賠責保険の受付窓口を聞いて下さい。

そこへ申請を行ったものに対して、任保険の担当者は手出しをする事は出来ません。

また、後遺障害の等級認定は、保険会社ではなく、自賠責保険の調査事務所という保険会社を超えた共同で行われている所で行いますので、保険会社とは別な機関と思ってください。
そこで認定された内容に対して、保険会社が認めないという事は出来ません。
(ですが、この組織に被害者が直接等級認定を申請する事も出来ないのです。)

任意保険から等級認定書が来た後、自賠責保険に被害者請求を行う事は可能ですので、自賠責保険の担当部署に異議申し立てを行うことになります。
ただ、この異議申し立ても、あなたから、単にその等級じゃ軽すぎるなどでは根拠になりません。
医師の所見として、客観的後遺障害基準に相当する内容やデータ、写真などの根拠を提示して申請します。
あなたの主治医が「12級だ!」と書いたって、そんなものは認めません。
あくまで測定結果、写真の内容などがすべてだと言う事を覚えておいてください。

自賠責保険の認定結果に関しては、加害者請求(任意保険会社経由)であれば、任意保険会社経由でしか通知は行われません。
任意保険の担当者にいつ出すんだと言っていくしかありません。

No.2で、書いたものです。

自賠責保険は、特殊な保険で、任意保険会社が勝手に料率(保険料)などを決める事が禁止されています。

自賠責保険は、加入時の保険料のうち、取り扱い手数料がいくらと決定されているだけでなく、事務経費などもすべて届け出る必要がある特殊な保険なんです。
ですので、受付事務なども別の部門に分かれていますので、被害者請求をする場合、保険会社のサービスセンターに電話をして、自賠責保険の受付窓口を聞いて下さい。

そこへ申請を行ったものに対して、任保険の担当者は...続きを読む

Q後遺症認定までの期間はどれくらいですか

7月中旬に後遺症診断書を保険会社に提出しました。
確認の電話が担当者から有り「診断書を受け取りましたので、もうしばらくお待ちください」と言われました。通常認定までの期間はどれくらいかかるのですか?

後もう一つ質問が有ります。
結果はどの様な形式で私に連絡が有るのですか?
過去の質問を拝見していたら、担当者から電話で告げられた方もいましたし、保険会社から手紙で連絡の方もいました。保険会社により違うのですか?

2点ほどの質問ですが、ご存知の方がいましたらお願いします。

Aベストアンサー

>被害者請求の場合でしたか

いえいえ被害者請求の場合では有りませんよ。

任意一括つまり事前認定の場合です。
事前認定の書類に先の様に書かれていますから事前認定で等級が確定すれば、
示談前に被害者請求をする事により支払されると言う事です。

Q後遺障害認定までの期間・慰謝料

おととし12月末に交通事故に遭いました。自動車で信号待ち中に後ろから追突され(私の過失は0です)、むち打ちになり、昨年10月まで通院していました。
通院期間は10か月ですが、仕事上通院が難しく、実質の通院回数は50日ほどです。
医師から症状固定のため、あとは後遺障害を申請してはどうかと言われ、10月いっぱいで治療を打ち切り、11月に加害者側の保険会社へ後遺障害認定を申請していますが、いまだに返答がありません。
問い合わせを何度かしていますが、病院への確認など、資料がそろったのが12月末とのことで、未だ結果待ちの段階とのことです。

MRIでは所見なしでしたが、自覚症状としてまだ左腕の痺れや首の痛みがありますので後遺障害を認定してもらいたいのですが、こんなに結果が出るまで時間がかかるものなのでしょうか?
時間がかかる/かからない というのは、後遺障害が認定される/されない に関係がありますか?
私としては、もし後遺障害が認定されない場合、今後自費で治療しなければならなくなることに納得いかないのですが、それを理由に慰謝料の上乗せ(示談後の治療費として)を交渉することは可能でしょうか?

どうかご教授いただけたらと思います。よろしくお願い致します。

おととし12月末に交通事故に遭いました。自動車で信号待ち中に後ろから追突され(私の過失は0です)、むち打ちになり、昨年10月まで通院していました。
通院期間は10か月ですが、仕事上通院が難しく、実質の通院回数は50日ほどです。
医師から症状固定のため、あとは後遺障害を申請してはどうかと言われ、10月いっぱいで治療を打ち切り、11月に加害者側の保険会社へ後遺障害認定を申請していますが、いまだに返答がありません。
問い合わせを何度かしていますが、病院への確認など、資料がそろったのが...続きを読む

Aベストアンサー

>こんなに結果が出るまで時間がかかるものなのでしょうか?

加害者側の保険会社が後遺障害の申請を代行することを事前認定といいますが、通常、診断書や画像等の書類がそろってから40日が目安です。

>時間がかかる/かからない というのは、後遺障害が認定される/されない に関係がありますか?

特に明確な相関関係はありません。
事前認定の場合は、加害者側の保険会社が必要書類に不備がないかを確認したうえで、自賠責損害調査事務所へ送付しますから、自賠責はそれらから認定基準に合致するか、「相当」に該当するかを判断するだけです。

>もし後遺障害が認定されない場合、今後自費で治療しなければならなくなることに納得いかないのですが、それを理由に慰謝料の上乗せ(示談後の治療費として)を交渉することは可能でしょうか?

当然、そうすべきです。
「後遺障害」とは一定基準以上重度の後遺症のことです。認定されなかったと言って後遺症がないと否定されたわけではありません。
また、一度非該当となっても、継続治療や再検査の上、新たな医証を添えて、異議申立を行えば、認定される場合もあります。

>こんなに結果が出るまで時間がかかるものなのでしょうか?

加害者側の保険会社が後遺障害の申請を代行することを事前認定といいますが、通常、診断書や画像等の書類がそろってから40日が目安です。

>時間がかかる/かからない というのは、後遺障害が認定される/されない に関係がありますか?

特に明確な相関関係はありません。
事前認定の場合は、加害者側の保険会社が必要書類に不備がないかを確認したうえで、自賠責損害調査事務所へ送付しますから、自賠責はそれらから認定基準に合致するか、「相当...続きを読む

Q交通事故示談金の支払いまでの日数について

以前からこちらで相談させていただいておりました事故被害の示談交渉が終了しました。
皆さんのアドバイスやお心強いお言葉のおかげで、
何とか納得できる形で終わる事が出来ました。
本当にありがとうございました。
昨日(10月7日、金曜日)に示談書にサインをし保険会社に送付いたしました。
保険会社に到着が11日の火曜日としますと、入金までにどのくらいの日数がかかるのでしょうか?
うっかり聞くのを忘れてしまい、相手方も休日のために確認できません。
通常どの程度の日数がかかるのかご存知の方がおられましたらお教え願います。

今までご回答いただきました皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

Aベストアンサー

 示談が完了されたとの事ですが良かったですね。示談が済んで賠償金が精算されれば、事故での嫌な思いでも忘れる方向に向かう事が出来るでしょう。さてご質問の件ですが、相手の保険会社の担当者の手に渡れば後は担当者の手順次第です、担当者が直ぐ手続きをすれば、保険会社からは一番早い場合3日位で振り込まれるでしょう。もしお急ぎなら賠償金ですので遠慮なく請求すべきです、担当者は沢山の支払い案件があると思います。従ってどうしても請求される方を優先しますので、遠慮しないで請求して下さい。もし示談書(免責証書)を郵送した事を連絡していなければ改めて連絡して、そのとき必ず支払い日の確認をして下さい。送付した事を連絡をした後でしたら、確認の電話をした方が良いと思います。

Q損害保険料率算出機構からの書類

一年近く前に自動車事故に遭いました。
相手のセンターライン越えてぶつかってきたのですが、
保険会社・警察から相手は居眠り運転だったと聞かされました。
居眠り・その他事故の状況から
保険会社は初めから100%非を認めたので
そのように対物・人身の保障をすすめてきました。
10月に最終示談も完了、慰謝料も振り込まれました。
後遺症なども申請していません。

一昨日、損害保険料算出機構と言うところから
過失比率が妥当かどうかの再調査のような書類が
届きました。
我が家の保険が使えないか再度調べるとのことです。

損害保険料算出機構って何なのでしょう?

なぜ今頃、こんな再調査が来たのでしょう?

相手が何か不服を言いはじめたのでしょうか?
過失0だったので、我が家の契約する保険会社は関与せず、自分たちですべての交渉や処理を行なっていますが、それも関係あるのでしょうか?

過失比がくつがえされることもあるのでしょうか?
記入・押印は慎重に行なった方が良いのでしょうか??

よろしくお願いします

Aベストアンサー

まったく心配ありません。加害者側が被害者請求したものと思われます。他の書き込みにありますが、加害者が100%加害事故でも自賠責はケガをした方をできるだけ救済しようとする保障制度です。
被害者に少しでも過失をある(1%でも)ようにすれば減額されても加害者も救済されるわけです。そのための調査ですね。
あなたに直接関係することではないのでありのままを報告されれば、後は調査事務所で判断されることです。
人身事故は必ず自賠責が絡みます。各保険会社が窓口受け付けしてますが、支払いについては必ず自賠責損害調査事務所を経由してなされます。
一般の方は保険会社が支払いされるように思われますが、実は政府保障事業自賠責 120万を先行して支払いそれを超えて保険会社任意保険の出番になります。
あなたの過失が見直されるとかはありません。あなたの書き方次第では加害者も救済される可能性もあるわけです。

Q自賠責損害調査事務所って何ですか?

約2ヶ月前に事故を起こし、(相手が突っ込んできました。私が被害者です)保険会社の見解で私のほうにも2割の責任があると言われました。私はムチウチ症で現在も通院中です(相手の保険で治療中)
今まで保険会社は何も言ってこなかったのに、今日いきなり加害者の人が私宛に自賠責損害調査事務所というところを通して私に加害者の人の治療費を請求してきました。内容は「このたび平成○○年○月○日発生の自動車事故により△△□□様が受けた人身事故について×××保険様から、次の自賠責保険契約(運転手 私の名前)に対して損害賠償額の支払請求がございました。」という文書です。(事故の日の当日、加害者の人は自分だけ病院に行って、私のほうには何もケアしてくれませんでしたので、自分で病院へ行きました。その日の内に相手の人はけがはしていないといっていました)治療費を請求しています。さらに私が自賠責保管契約の被保険者に該当するとか文書に書いてあります。相手は私の保険を使って自分の車を修理すると言っています。事故の傷以外も修理しているようです。私はお金を支払わねばならないのでしょうか?

Aベストアンサー

 ご質問の回答を致します。任意保険を物損事故や人身事故で使うと通常は1事故で3等級下がります。尚等級は1年で1等級づつ進みますので現在の等級に戻るまで3年間掛かる事に成ります。但し自賠責保険だけを使った場合は等級に関係致しません。調査事務所から来た書類はサインして返送して下さい。後は「あなたが相手の怪我に関して立て替えた分は無いですか」と言う確認ですので立替が有る場合は、そのむね連絡して下さい。ご自分の立替(例えば警察に提出した診断書代など)に付いてはあなたのお怪我を対応している相手の保険会社が支払いを致します。相手の方は過失状況から判断しても「被害者請求」と言う事に成りますので相手が自賠責保険に請求する分に付いて自賠責保険を使う事を拒否する事は出来ません。

Q保険会社からの後遺障害等級通知について

以前にこちらで後遺障害診断書について質問させていただきました者です。
本日、相手の保険会社様より「後遺障害等級のご連絡」と言う封書が届きました。
こちらには、この様な事が書かれています。
「今回の事故により提出いただきました後遺障害診断書等にもとずづきまして、損害保険料率算出機構の事前認定結果を参考にいたしまして、今回の交通事故にかかわる後遺障害等級を検討いたしました結果をご連絡させていただきます」
以上の文面の後に、最終後遺障害等級、14級10号と記されています。
今回ご質問させていただきたい事は、文面の中にある
「損害保険料率算出機構の事前認定結果を参考に検討した」という点です。
文面だけを読むと、算出機構の結果は参考にしただけで保険会社で決めたような書き方をされています。
もしかすると損害保険料率算出機構の認定結果とは違う等級を適用されたのでしょうか?
算出機構の結果とは違う等級を保険会社が知らせてくるということがあるのでしょうか?
損害保険料率算出機構の認定結果がそのまま使用されると思っていたのですが間違いだったのでしょうか?
お教えいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

以前にこちらで後遺障害診断書について質問させていただきました者です。
本日、相手の保険会社様より「後遺障害等級のご連絡」と言う封書が届きました。
こちらには、この様な事が書かれています。
「今回の事故により提出いただきました後遺障害診断書等にもとずづきまして、損害保険料率算出機構の事前認定結果を参考にいたしまして、今回の交通事故にかかわる後遺障害等級を検討いたしました結果をご連絡させていただきます」
以上の文面の後に、最終後遺障害等級、14級10号と記されています。
今回ご質...続きを読む

Aベストアンサー

NO.1の追伸です、後遺障害は個人個人の状態により傷害状況が違います。従って一人一人審査しないと後遺障害の内容が解りません、損害賠償は前回も回答させて頂きました様に、自賠責保険の自動車保険料率算定会の調査事務所が認定して等級を決め任意保険会社はそれに従います。ですから任意保険会社は被害者の後遺症診断書・今迄の診断書と診療報酬明細書・レントゲン写真・担当者の意見書などを調査事務所に提出してありますので間違いないはずです。もし疑問が有るようでしたら前回同様調査事務所に確認して下さい。

Q交通事故後遺障害認定申請したところ非該当となってしまいました。

お世話になります。

頚椎捻挫で180日余り通院し、症状固定となり、被害者請求にて後遺障害認定申請を行ったのですが、「非該当」
の結果が送られてきました。

私としては、少なくとも14級が妥当と考えており(決して感情的になって決めつけているわけではなく、諸条件や他の方の情報から考えて)、まずは異議申し立てを行おうと思っています。

そこで質問なのですが、

(1)異議申し立て書にはどのようなことを書くのが効果的でしょうか??(もちろん結果通知書に書かれた非該当の理由に反論する医証も用意するつもりです)

(2)仮に異議申し立てを行っても結果が変わらなかった場合、何度も異議申し立てを行っても現実的に難しくなってくると思うのですが、最終手段として裁判で判断してもらうことは可能でしょうか?

(3)裁判を起こすことが可能ならば、裁判での非該当→14級認定はどのくらいの割合でしょうか??


ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)意義申立書に、1万人が泣けるような内容を書いた所でまったく意味を持ちません。
 すべて現実的な資料が必要になります。
 つまり、14級が妥当であると言う根拠(医者が14級だと言うのは駄目。)が必要で、その根拠としては、レントゲン、各種測定結果の客観的な内容が必要になります。
 まぁ、医証が用意出来るようですので、上記のような結果などを準備される事です。
 ただし、上にも書きましたが、医者が単純に「後遺障害が残ってる、14級が相当だ」は、まったく意味を成さないと言う事は覚えて置かれてください。

(2)裁判で判断してもらうなど更に難しい事ですよ。
 裁判官は後遺障害の認定基準なんて知りません。
 あなたのほうで後遺障害の基準の資料を用意し、「あなたの症状がこうであるから14級が妥当である」と言う事を主張できなければ、裁判官は、根拠不足として却下する事になります。
 逆に言うと、裁判官が認められるだけの資料があれば、自賠責保険では認められます。

(3)(2)で書いたとおりです。
  裁判所では、後遺障害の等級の内容について判断する事はまずありません。
  自賠責で審理をしているときなどは、自賠責の結果が出るまで、裁判を停止して、結果が出てから進めましょう。などと、自賠責の判断を待つくらいです。

(1)意義申立書に、1万人が泣けるような内容を書いた所でまったく意味を持ちません。
 すべて現実的な資料が必要になります。
 つまり、14級が妥当であると言う根拠(医者が14級だと言うのは駄目。)が必要で、その根拠としては、レントゲン、各種測定結果の客観的な内容が必要になります。
 まぁ、医証が用意出来るようですので、上記のような結果などを準備される事です。
 ただし、上にも書きましたが、医者が単純に「後遺障害が残ってる、14級が相当だ」は、まったく意味を成さないと言う事は覚え...続きを読む

Q事故後の損害保険料率算出機構からの送付物の書き方について

先日損保算出機構から、昨年の事故の件で手紙が届きました。

事故は昨年11月17日に発生し、人身事故であり、(当方)1.5:8.5(相手)の割合です。
双方車両修理代の示談がやっと先月完了しました。

示談が成立し、やっと終わったと思ったところに通知がきました。
正直あまり意味がわかりません。

(1)保険会社(弁護士特約使用)を通して示談は終了していると思うのですが、それは車両保険だけの話で、人身の医療費についても別途示談交渉が必要なんでしょうか?

(2)この損保率機構からの文書はどのような意味があるのでしょうか?
(相手方の医療費を自賠責保険で払うための同意書のような物?)

(3)回答書の一文に、示談交渉は成立していますか?との内容があり、項目が2つにわかれていて、人身示談と車両損害示談となっています。
普通、弁護士などを通し示談が終了したら、完全にその事故の事は終わりなのではないのでしょうか?

以上回答いただけたら幸いです。

Aベストアンサー

損害保険料率算出機構は自賠責の支払いに関する調査をしています。

今回の事故で相手方が怪我をしており、ご質問者の加入している自賠責保険が使われるわけですが、怪我をしている方に過失が大きい場合は自賠責保険からの保険金が減額されたりするケースがありますので、その判断材料としてご質問者に事故状況の確認や示談の成立の有無を確認しているわけです。
おそらく相手方の保険会社から相手方の主張のみの事前認定書類が送られているので、損害保険料率算出機構としては、適正に減額のケースに合致するかを判断するために、事故の相手方であるご質問者の意見も聞こうということです。

面倒なら無視してもいいと思いますが、そうなると相手方の一方的な主張のみで、ご質問者が加入している自賠責保険から支出されるというだけです。

Q損害保険料率算出機構から事故状況の照会が来ました。

数ヶ月前事故にあったのですが、私の怪我の治療のめども付いたため被害者請求を行ったのですが、回答書1、2の提出を求められました。
既に被害者請求で色々と骨を追折っていたので追加の資料提出に驚きました。
これは私の思ったとおりのことを記載しても宜しいのでしょうか?
事故は私の車の損傷はたいしたことが無く、タイヤについていたスリップ保険で
直す事が出来たのと、相手方が一切の過失を認めずもめるのが嫌だったため
保険屋と相談、了承の上こちらの全過失を認めました。正直動いている車同士の事故だったため納得行かなかったのですが
相手が悪かったため諦めた次第です。
任意の話とことなることになりますが、自分の主張を通しても宜しいのでしょうか?
自分はむちうちになり20日ほど通院し、治療の終わったのは最近であります。

Aベストアンサー

>自分の主張を通しても宜しいのでしょうか?
当然です。任意対物賠償については、示談のためやむを得ず譲歩されたのでしょうが、自賠責ではあなたの主張どおりの思いを書き込んでも問題はありません。

最高減額されても20%です。また認められなければ、任意保険自損事故傷害補償の対象になります。
自賠責適用外の場合はこの定額補償が機能しますので、どちらにころんでもなんらかの補償はあります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報