人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

 先日、右手首が痛いために整形外科で検査したところ、「三角線維軟骨に傷がついている」とのことでサポーターで保護をして様子を見ることになりました。

 「症状が治まらないようであれば他の治療法をする」とのことだったのですが、三角線維軟骨の治療にはどのようなものがあるのでしょうか?

 昔、右手首で同じような症状のため、検査をした後にギプスで固定したことがあるのですが、三角線維軟骨に傷が付いた状態でもギプスで固定することがあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

尺骨」に関するQ&A: 左尺骨の読み方

A 回答 (1件)

三角線維軟骨と橈骨尺骨靱帯、尺骨手根靭帯などを合わせて三角線維軟骨複合体と言います。

靱帯損傷などを伴っていることが多いので、サポーターやギプスで固定します。
保存療法で軽快しなければ、三角線維軟骨のデブリドマンや縫合を行ったり、尺骨突き上げ症候群を伴っていれば、尺骨の短縮や橈骨の延長を行うことがあります。

お大事にして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
様子を見て痛みがあるようだったら病院へ行って相談してみます。

お礼日時:2014/06/06 06:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング