アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

最近ポンド円の、1時間足以上の長足にトレンドライン(レジ・サポ)を引いてトレードしておりますが、さすが長足ですね。
ほとんどは引いたラインで見事に跳ねて20Pips~100Pipsは取れるなーと感心しております。
実際に取れることの方が多いです。
よってこれからは「トレンドライン」に主眼を置いたトレードをしたいと思うのですが、
トレンドラインが破られた時の新たなトレンドラインを引くタイミングはいつなのかなー?と迷ってしまいます。
また、破られてしまったラインが再度 機能することもあるので、古いラインは残したまま新たに付け加える形で引いても構わないのかなー?とか、でも線が増えて訳が分からなくなるなー?とか、イマイチ考えがまとまりません。 
そこで皆さんに下記の2点をお伺いしたいのです。

(質問)
(1)レジ・サポなどのトレンドラインが破られた時に、新たなラインを引くタイミングを教えて下さい。
  (その都度すぐに引くや、まとめて週の始めに引く・・・等々)

(2)新たなラインを引く時には、今までのラインは消して新たなものだけを書いて表示させますか?
 それとも(古いラインも機能することもあるので)そのまま残した形で新しいラインを付け加えますか?

トレンドラインの弾き方は10人10色で決まりはないと思うのですが、私自身がライン引きに色々と戸惑いがあるので、皆さんのトレンドラインの弾き方を参考にさせていただければ!と思います。
引き方はトレードのチャート時間枠によっても違うと思いますが、私は1時間足・4時間足・日足にトレンドラインを引いてそのラインが反映した1時間チャートを見てデイトレをしております。
何卒宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 


1時間足を使うなら毎時引き直します
 
日足なら毎日
分足なら毎分
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

明解なご回答ありがとうございました!
かなりすっきりしました。

お礼日時:2014/06/10 10:53

ユーロ円5分足でデイトレというか、おそらく質問者さんから見たらスキャルしてます。


1回の利益も損切りも、5~20pipくらい。


(1)レジ・サポなどのトレンドラインが破られた時に、新たなラインを引くタイミングを教えて下さい。

ブレイクしたら新しいラインをすぐに引いてみます。
古いラインは参考にすることが多いので残します。
1日分なら見にくいということはあまりありません。

次の日は今までのラインは消して新しく書き直します。

この回答への補足

具体的な説明ありがとうございます!
1日分というのがいいですね。
次の日にまた新たに書き直すのですね。
では、あくまでも5分チャート上のみのレジサポなのでしょうか?
スキャルで5~20Pipsということはあまり長足までのレジサポを引く必要はないかもしれませんね。

補足日時:2014/06/05 22:48
    • good
    • 0

トレンドライン、レジ サポ いずれも結果から、あとづけで、やっぱりな~では? レジサポがきちんと予測できないからfxでパンクする人が多いのでしょうから。

少ない勝ち組の「秘密」は出てこない可能性は高い。 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトレンドラインは有用か

こんばんは。

いろいろな本を読んでいるのですが、
疑問が解決しないので質問する事にしました。


私が理解しているトレンドラインとは

- 強気 弱気といった相場の方向目安としてチャート上に引く線
- 高値-安値を結ぶ線だが明確な定義はない
- 多くの人がそこに売買ポイントを設置しているであろうと想定される心理的な支持抵抗ポイント

です。
私の疑問ですが、

トレンドラインは後付け論という気がするんです。


たとえばAを最安値とみてトレンドラインA1を引き、ブレークアウトポイントA2を設定、価格A3で買ったとしても、そのあと価格が最安値を更新すればトレンドラインとブレークアウトも動きます。

ということは、正しいブレークアウトポイントにたどり着くまで、何度もトレンドラインを引かなければならず、結果として錯誤と訂正を繰り返すことになると思うのです。


私の考えが間違っているのかもしれませんが...
どうも不思議で。

それでも有効なんでしょうか。
実際に使っている方のご意見など伺えれば幸いです。
よろしくお願いします。

こんばんは。

いろいろな本を読んでいるのですが、
疑問が解決しないので質問する事にしました。


私が理解しているトレンドラインとは

- 強気 弱気といった相場の方向目安としてチャート上に引く線
- 高値-安値を結ぶ線だが明確な定義はない
- 多くの人がそこに売買ポイントを設置しているであろうと想定される心理的な支持抵抗ポイント

です。
私の疑問ですが、

トレンドラインは後付け論という気がするんです。


たとえばAを最安値とみてトレンドラインA1を引き、ブレークアウトポ...続きを読む

Aベストアンサー

トレンド・ラインの信憑性について

 三つの原則

  (1)接触した回数が多ければ多い程、そのトレンド・ラインの信憑性が高まり、
    また同時にその重要性が増す。

    説明
                D
         B

                    E
             C
      A

       株価がC点で反騰、D点へ向かうケースと、株価がE点から反騰するケースでは、
       後者の方がトレンド・ラインの信憑性が高い、また、そのラインを
       ブレイク・アウトした時の重要度も増す。
       世間用語で言えば、『場数を踏んだ』数が多いほうが信頼できる、重要である、
       って感じでごわす。


  (2)トレンド・ラインをブレイク・アウトするまでの期間が長い程、その重要性が増す。

    説明

       A点-C点-E点と、期間の長いトレンド・ラインの方が。期間の短いものより、
       信憑性が増し、またそのブレイク・アウトは大きな株価波動の変化として
       重要性が増す。特に、C点でA-C間がごく短期間の場合、まだ信憑性が低く、これを
       うっかり利用すると、危険である。これは、トレンド・ラインが、その本質で
       あるところの独立した波動を構成するまでには、十分に”距離と変動”が必要
       であるという意味でごわす。
       世間用語で言えば、『長期間修行を積んだ』ほうが信頼できる、重要である、
       って感じでごわす。


  (3)トレンド・ラインの角度は、その持続性と関係がある。

    説明

       例えば、あまりに急な短期間の上昇に対して、トレンド・ラインを引くと、
       すぐさま反落によってそのトレンド・ラインは破られてしまいます。
       すなわち、”『一般的に』”急角度のトレンド・ラインは、その持続性が
       短く、角度の緩やかな、または、平坦なトレンド・ラインは、
       その持続性が長い、と言えます。但し、これは、相対的な見方であり、
       相場の環境、個々の銘柄の特性や習性によって、変わってきます。
       世間用語で言えば、『一足飛びに行くと、すぐ息切れしてしまう』、
       って感じでごわす。


 以上を、整理しますと、「緩やかに、長期間、修羅場をくぐったトレンド・ライン」
 ほど、信憑性があり、ブレイク・アウトの重要性が増し、
 「急激に、短期間、試練も受けずに、にわかじたてのトレンド・ライン」
 ほど、信憑性がなく、ブレイク・アウトの重要性が低い、
 となり申す。

 さて、ご指摘のように、トレンド・ラインは、”後付”、”ダマシ”が付きまといます。
 しかし、いかなるチャート分析・理論にも、限界と特性が付きまといます。
 その限界と特性を良く把握し、他のチャート分析も併用しながら、上手に付き合う、
 ことが大事と考えます。トレンド・ラインは好むと好まざるとにかかわりなく、
 チャートを見たとき、誰もが、直感的に意識してしまうものです。
 従って、道具として積極的に利用するのであれば、その道具の特性を良くわきまえて
 いないと、怪我をしてしまいます。
 上記3点は、トレンド・ラインと上手に付き合うための、
 方法を記しました、gingakenしゃんのご参考・考えるヒントになれば、
 幸いと存じます。


  ∧,,∧    では、では、がんばって下さい。
 ( ´^ー^)つ 教えてgoo!に「図解ツールを要求する会」を創りたいでごわす。

トレンド・ラインの信憑性について

 三つの原則

  (1)接触した回数が多ければ多い程、そのトレンド・ラインの信憑性が高まり、
    また同時にその重要性が増す。

    説明
                D
         B

                    E
             C
      A

       株価がC点で反騰、D点へ向かうケースと、株価がE点から反騰するケースでは、
       後者の方がトレンド・ラインの信憑性が高い、また...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報