母(65歳)についてお伺いします。
未破裂の脳動脈瘤が見つかりました。
4~5ミリほどの大きさだそうです。
もう少し正確に判断するため、もっと大きな病院で再検査する予定です。
主治医の話では、
「私は3ミリ以上は外科的手術(クリッピング術)を勧める」
また、別の病院の先生は、
「大きさと危険性にはそんなに関係はないと思った方が良い」
・・・等々、さまざまな意見があります。
また、私も色々と調べてみると、
「5ミリ以下は様子見」
「新生時期が無事過ぎれば破れないのではないだろうか(仮説)」
・・・等々、調べれば調べるほど、今後の対処に迷ってしまいます。
もし、ほとんど破れないのに、危険を冒してまで治療するようなこと
だったら馬鹿みたいだし、でも危険性は現状では誰にもわからない。

こういった状況ですが、何かいいアドバイス・注意すべき点や、
手術の経験談など、今後決断する上でのよきお話、
何でもいいですから是非お聞かせていただければと思います。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

他の方のように詳しいことはわかりませんが・・・



私の父は3年前(54歳)脳出血で倒れました。
仕事中、誰もいない倉庫で倒れていたそうです。
幸い、命に別状はありませんでしたが左半身に麻痺が残りました。
その時に初めて脳の血管に奇形がありそれが原因であったと知らされ、脳出血での血とその奇形部分を取る手術を受けました。

myeyesonlyさんの言われた通り「爆弾」を抱えていることに気が付かず最悪の事態になる可能性があった親を見た娘としては不安材料は取り除くに越したことはないと思います。
父は事前に「爆弾」を発見できませんでした。
発見できたことを良かったと考えてみてはいかがでしょうか。

私の場合はなってしまってからの事なのでtsutさんの立場とはだいぶ違うかもしれませんが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まずはお見舞い申し上げます。
お元気になられることを願っています。

母のことは、事前に「爆弾」が見つかってよかったと
考えるべきなんでしょうかね。
なかなか前向きに考えることが出来ない現状ではありますが、
batumaruさんに勇気をいただいた気がします。
経験談お話いただいてありがとうございます。

お礼日時:2001/06/07 16:36

現役の脳神経外科医で、ある病院の脳神経外科の長をつとめております。


AKasama58先生のご回答でほとんどすべてが言い尽くされていると思います。
ただ一点付け加えさせていただきますと、未破裂脳動脈瘤の予後に関して大規模に「前向き調査(未破裂動脈瘤が新たに発見された時点で新規登録し、その予後をプロトコールに則って調査検討する)」がなされたことは未だかつてなく、AKasama58先生があげておられる(1)の調査も「後ろ向き調査(過去の症例を検討してまとめたもの)」であり、様々なバイアスがかかったものです。
日本では今年(2001年)1月1日から「日本未破裂脳動脈瘤悉皆調査」がスタートしたばかりであり、これは世界でも初めての大規模な「前向き調査」です。この結果がある程度出そろうには今後3年から6年程度かかる予定です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「様々なバイアスがかかったもの」
なんですよね。
大体の現状が分かった様な気がします。
後は、どういう決断をするか。主治医と再度お話して、
今後の方向を見出したいと思います。

お礼日時:2001/06/07 06:23

診察時に2人の先生が言われたコメントは、どちらも正しいと思います。


 すなわち、どちらが正しいのか結論が出ていないのです。

 私は元脳神経外科医です(今も脳神経外科専門医の資格は持っています)が、一応脳ドック学会では毎年「演者」として発表しているため、最新情報は持っているつもりです。
 以下に私が知っている情報を列記します。読んでも結局迷われるとは思うのですが、参考になれば幸いです。

(1)頭蓋内の未破裂動脈瘤一破裂のリスクと外科的介入のリスク(参考文献:平成10年12月10日号 N Engl J Med l998;339(24):l725-33:Orginal Article ◎l998
Massachusetts Medical Society.)(最新医療情報:第32ページ)
 直径10mm未満の動脈瘤の累積破裂率は、0.05%/年未満!
 手術の罹患率(合併症発生率)および死亡率の総発生率は、術後1か月目では13.6%~17.5%!

(2)脳動脈瘤の疫学(参考文献:平成11年6月号 CLINICAL NEUROSCIENCE P610
~615)
 最近の日本の統計では人口10万人あたりのSAHの発症は20人,死亡は10人!
 即死に近い発症が15%,外科的適応とならない重症例が27%!
 死亡率:発症30日目でのoverallの死亡は47%,1年後は56%,5年後は59%!
 「未破裂動脈瘤のスクリーニングとその積極的治療がSAHのoverall resultを改善する」という仮説を証明した疫学的検討は現在までのところ得られていない!
 剖検での発見率:Mayo Clinic1268例の報告では、未破裂動脈瘤の頻度は0.6%!

(3)第8回脳ドック学会総会・学会記(平成11年6月26日 アップロード)
 未破裂脳動脈瘤の予防的手術(直達手術)の後遺症発生率は、最新成績では、最低の施設(新さっぽろ脳神経外科病院)が2%、最大で7%なので、2~7%である!

(4)脳動脈瘤破裂率は年1.5%(参考文献:平成12年6月号 Nikkei Medical 6月号)
 国内の前向き調査で判明!?

 私自身の意見を述べますと、現在多くの脳神経外科医(私自身は脳神経外科医を引退して既に10年経ちます)が、小さな脳動脈瘤の破裂率は「0.05%/年未満」と従来の定説よりかなり少ないという発表があってから動揺しているものの、最近になって再び「脳動脈瘤破裂率は年1.5%」という発表もあり、どちらが正しいのか迷っているのが現状であると思います。
 この辺りの数字をきちんと紹介して手術の説明をして頂ける脳神経外科医ならお任せしても良いと思います。ただし、最終的に手術するかどうかは、医師と相談のうえで患者さん本人・ご家族が決定するものだと思います。

 以上です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とっても詳しいご回答ありがとうございます。
内容が、私にはちょっとだけ難しいですけど、
「小さな脳動脈瘤の破裂率は「0.05%/年未満」」
という情報は私も色々と調べているうちに目にしました。
これが最新の、現状の状況を表しているんだと勝手に思い込んでいたため、
「最近になって再び「脳動脈瘤破裂率は年1.5%」」
という情報にはちょっとだけがっかりです。
確かに、主治医からの、
「私の経験では1%は超える感じ」
というお話が重く感じられます。
後遺症発生率での最大7%に賭ける勇気、今は必要な気がしています。

お礼日時:2001/06/07 06:07

脳動脈流は、近年の検査技術の発達によってかなり小さなものまで見つかるようになりました。



脳動脈瘤をクリッピングする必要があるかということに関して、一概には言えないと思います。まず、できた部位(好発する部位はだいたい決まっているのですが)によってオペが難しくなります。うまくクリッピングができればいいのですが、失敗して破裂してしまうという危険とも背中合わせです。最近は脳ドックなども行われて早期に動脈瘤が発見されていますが、果たして破裂の危険を冒してまでクリッピングをする意味があるのかは論議の最中です。しかも、5人に1人は脳動脈を潜在的に抱えていて、死ぬまで無症状なのです。

(私は脳外科医ではないのですが)医師としてもこればっかりはどうしたらよいということは言えないと思います。脳外科の先生も、考えがそれぞれ違うと思います。ちなみに学会レベルでも、脳ドックで発見された脳動脈をどうするかを議論しているくらいなのですから。納得のいく説明をしてくれる先生を捜し、その先生の方針を参考になさるといいでしょう。決断するのはあくまで患者さん自身です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
手術については、部位は難しいところではないと言うことです。
「5人に1人は脳動脈を潜在的に抱えていて、死ぬまで無症状なのです。」
ですか。
・・・難しいです。ますます迷ってしまいます。
こういったデータも踏まえ、再度医師と話し合ってみたいと思います。

お礼日時:2001/06/07 05:45

確かに心配ですね。


私の知り合いは、まだその時20代でしたが、すぐに手術をしました。
ただ、それは脳外科の専門医のアドバイスに従ってのことです。
最近は脳ドッグといってその名の通り、脳血管を詳しく検査できるようです。
「大きな病院で検査」の予定とのことですが、やはりその結果をみてから、専門医に相談されてもよろしいと思います。
まずは医師を信用して相談されることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうですね、年齢的なことも考慮しています。
主治医は、「70歳を過ぎた人なら手術は勧めない」
ともおっしゃってました。
65歳は迷うところなんですよね・・・。

お礼日時:2001/06/07 05:36

動脈瘤だけでは直ちに云々というのはないのですが、おっしゃるように破裂が怖いのです。

極端な事いえば、(私としては極端じゃなく当然と思うけど)それは爆弾を抱えてるわけであり、直せるものなら破裂前に直しちゃった方が、手術の安全性なども、もちろん予後も桁違いにいいのです。

これ以上は、ご本人とご家族の意思に任せるしかないのですが、何より、先生のお話、十分理解できるまで説明を求めましょう。

私は検査をする人なので、多少の医学知識があるのですが、もし自分、もしくは身内にそういう状態が発見されたのなら、間違いなくすぐにクリッピングを含めた早急な処置を希望するでしょう。

危険性ですが、脳動脈の異常は、くも膜下出血などの原因になる事は知られており、動脈瘤であれば、動脈硬化が進んでいるわけですから、破裂の危険性は一層高いと考えるのが妥当ではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
そうですか、前向きに手術をお選びになるんですね。
確かに、毎日不安を抱えて生活するよりも、勇気をもって
この状況を終わらせ、安心できる日々を送ることが出来れば
家族としても、安心なんですよね。
ちょっとだけ勇気をいただきました。
前向きに考えたいと思います。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/06/07 05:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脳動脈瘤と無精子症について

質問させてください。
主人が、以前脳動脈瘤を患ったことがあります。
今はとても元気なのですが、どうしても子供ができません。
調べたら、主人の方に障害があり、主人は無精子症だと言われました。
結婚するときにもそんなことを言われたことはなく、今とてもショックで立ち直れません。
脳動脈瘤が原因で無精子症になることがあるのでしょうか。それとも遺伝ですか?
主人の家系で、無精子症の人は居ないと聞いたのですが…

Aベストアンサー

こんにちは。
その二つは医学的に全く関係ありません。
無精子症は別の原因でなったのでしょう。

ケースとしては大変稀だと思いますけど、脳動脈瘤の時に感染症などを併発したり、場所が悪くて体温中枢に影響が出たりして長期間高熱を発したような場合には起こり得ます。

Q様子見入院の費用って2万もかかるものですか?

今日、甥が入院しました。
姉から連絡があり、連帯保証人が必要だというので、私が保証人になることにしました。
その病院には、甥の検査ができる設備がなく、明日の朝、別の病院に
移されることが決まっています。
家に帰ってもいいけれど、その間に何かあったら困るので入院するよう言われたそうです。
契約書の書類を見てみると、病院側の指示に従うことと、入院費や
入院中にかかった費用は全額支払います。というような内容で
患者と保護者、それから連帯保証人の住所と記名捺印欄がありました。
たった1日の様子見入院で、そんな書類を書かされることに対しても
ものすごく疑惑を持ちました。
患者本人はピンピンしてるのに、上等な個室に入院させられてることも
かなり疑問です。

私は、なんだか納得できなくて金額の提示がなければサインできないといいました。
しばらくして、メモに入院費 約2万円と書かれた紙を看護婦さんが持ってきました。
明細は?と聞くと、それは明日にしか出ないといいます。
じゃあ、2万という数字は、一体どこから出たのかと聞くと
定められた入院費用と、その他の処置代だとの返事。
なら、その金額明細を出すのが普通なのではないでしょうか。

納得できないけれど、姉が困ると気の毒なので、とりあえずサインして
2万円以上は払わないように言って帰ってきました。
(何か特別な処置が追加されたなら別ですが)

そこで質問なのですが、とくに何の対処もできない病院での様子見入院で
1日2万もかかるものですか?
明日の朝、退院が決まっていて、契約書へのサインは明日でも良いとのことなのに
入院費さえ払えば、そんな書類は必要ないのではないですか?

こちらの希望でもないのに、個室病棟に入院したために、そんな高い入院費を
払わなければいけないとしたら、それも納得いきません。

普通、そんなものでしょうか。
お時間があるときにでも、ご回答いただければ幸いです。
よろしくお願いします。

今日、甥が入院しました。
姉から連絡があり、連帯保証人が必要だというので、私が保証人になることにしました。
その病院には、甥の検査ができる設備がなく、明日の朝、別の病院に
移されることが決まっています。
家に帰ってもいいけれど、その間に何かあったら困るので入院するよう言われたそうです。
契約書の書類を見てみると、病院側の指示に従うことと、入院費や
入院中にかかった費用は全額支払います。というような内容で
患者と保護者、それから連帯保証人の住所と記名捺印欄がありました。
た...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは お怒り御もっとも 私の経験を少し
入院には入院するだけで取られる 入院手数料が有ります
これは1日でも30日でも同額 病院によって違いますが6000~8000円
差額ベットが 4人部屋で 3000円位(個室は12000円位)
通常入院の場合 検査中は個室か 2人部屋です これは検査中は同室の方々への配慮です
自力歩行 食事が出来るように成ると 8人部屋(無料)になります

本来検査入院が一番高いです 高いって言うよりも 入院の手続き料が高いのです
手数料6000~8000円+3000円+(検査12000円+画像処理代35000円+処置料&食事 5000円/三割=15600円)=24600円 
手数料の大小で変わりますが 一泊二日でこれけ掛かります
どうせ入院するのなら 一週間はいないと毎回毎回取られます

私の母は医者嫌いで 体調が悪くなると入院しますが 次の日にタクシーで逃げて来ます その度に30000円払ってます
リゾートホテルのセミスイートですよ! 
現行の医療制度は保険三割って言いますが 病気に成ったら 病人抱えたら入院保険にしっかり入って置かなければ破産しますね
長くなってすみません  入院費 約2万円・・・高いけど相場なんでしょうね 

こんばんは お怒り御もっとも 私の経験を少し
入院には入院するだけで取られる 入院手数料が有ります
これは1日でも30日でも同額 病院によって違いますが6000~8000円
差額ベットが 4人部屋で 3000円位(個室は12000円位)
通常入院の場合 検査中は個室か 2人部屋です これは検査中は同室の方々への配慮です
自力歩行 食事が出来るように成ると 8人部屋(無料)になります

本来検査入院が一番高いです 高いって言うよりも 入院の手続き料が高いのです
手数料6000~8000円+3000円+(検査12...続きを読む

Q脳動脈瘤(破裂前)の手術と保険

脳動脈瘤(破裂前)の手術と保険

知人が脳動脈瘤の手術を行うことになりました。
このような場合、手術前に保険会社に通知するものなのでしょうか?

知人に質問を受け、私も知識がないため、ここに投稿させて
頂いています。

ここに質問した内容以外にもアドバイスを頂けることが
ありましたら是非よろしくお願いします。

Aベストアンサー

退院してからで十分ですよ

Q胸部CTで右肺下に5ミリの塊

うちの母なんですが、職場の健康診断(9月上旬に受けた)の胸部レントゲンの結果が、右肺下に浸潤影がありとの事で、先週近くの病院にてもう一度レントゲンを受け、やはり影があるのでCT検査を今週受けました。
本日その結果が出まして、右肺下に5ミリ位の塊が見えるが、そのお医者さんは呼吸器が専門ではないそうで、良くわからない、今はなんとも言えないとおっしゃっていて、結局、腫瘍マーカーの検査をし、2週間後にもう一度レントゲンを撮りにきて下さいとのことでした。
母は健康診断前に、結構ひどい風邪をひいており、肺炎であった可能性もあるそうですが、本人はCTの結果を受けて、がんではないかと疑い、かなり落ち込んでいます。
そこで質問なのですが、こういう結果が出た場合、これからどういう検査を受けたら、はっきりと診断がつくのでしょうか?呼吸器の専門がある大病院へ行って、もう一度検査をした方が良いのでしょうか?
すみませんが、回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

5mmでは診断しがたいというのは、呼吸器専門医でも同じではないかと思います。
他院にかかるより、同じ病院でしばらく(3ヶ月程度)後に、再度CTを撮って大きさの変化を確認するほうがよいと思います。
PETをすれば・・・と思われるかもしれませんが、炎症病変でもPET陽性となりますので、絶対視も出来ませんし、お金がかかりますから、メリットは少ないように思います。

Qバスの車内事故で右側頭部打撲から脳動脈瘤が見つかった 

バスの車内事故で右側頭部打撲から脳動脈瘤が見つかった 
バス車内事故で右側頭部打撲しました.最初の病院では異常なしと診断されましたが,そのとき医師が興奮して立ち上がり見たところ異常ないと言いました.私はやっとの思いで右側頭部のレントゲン写真を撮らせましたが、左側の写真を拒否されたため比較することが出来ません。2度目の病院で脳動脈瘤が見つかり手術は終わりましたが、原因となったバス会社から(保険会社から)の損害賠償および慰謝料は一銭も出ません。それどころか動脈瘤が見つかってよかったねと言われました.事故直後、右まぶたが垂れ下がる感覚、言葉が出てこない等の症状を訴えましたが、年末だったためなぜすぐに病院に行かなかったのかと(病院に行ったのは事故から13日経っていました。私は頭をちょっと打ったくらいに考えていましたのでこれが交通事故だなんて思ってもいませんでした)逆に疑われ、13日空いたことから2度目の病院の診断書は無効となりました.結局事故との関連性は無しとなりました。私は1度目の病院で撮ったレントゲン写真が正常なものかどうか知りたいと思っています.これから保険での最後の話し合いになりますが、何が請求出来るでしょうか?因に,事故以降私は物忘れ等の症状が少し出ていて心配です.宜しくお願いします.

バスの車内事故で右側頭部打撲から脳動脈瘤が見つかった 
バス車内事故で右側頭部打撲しました.最初の病院では異常なしと診断されましたが,そのとき医師が興奮して立ち上がり見たところ異常ないと言いました.私はやっとの思いで右側頭部のレントゲン写真を撮らせましたが、左側の写真を拒否されたため比較することが出来ません。2度目の病院で脳動脈瘤が見つかり手術は終わりましたが、原因となったバス会社から(保険会社から)の損害賠償および慰謝料は一銭も出ません。それどころか動脈瘤が見つかってよ...続きを読む

Aベストアンサー

jf2kguです
私が医師でそれだけの症状がが出ていたら最初の病院で脳神経に転送するかCTが有ったら最低でもCTだけでもかけたでしょうでも今となっては後の祭りです前にも事故に会っていたら今回での事故との因果関係は一層難しくなります前にも書きましたが脳動脈瘤は症状が出にくいので出来た場所にもよりますが一概にあなたの言っていた症状と言い切れませんのでリハビリとか記憶を良くする努力をしてください先を考えたり記憶を良くする方法として詰将棋がお勧めです脳の活性化につながると思います

Qはじめましてこんにちは! 陰部の近くに粉瘤ができ、 化膿して破れました。 擦れて痛いです。 札幌に住

はじめましてこんにちは!
陰部の近くに粉瘤ができ、
化膿して破れました。
擦れて痛いです。
札幌に住んでいるので近くで
皮膚科、形成外科を探しています。
できれば傷も残したくないです。
女医さん希望です。
場所が場所なので..........。
やっぱり大学病院の方がキレイに手術してくれるのでしょうか?
皆さんのおすすめはどちらでしょうか?
長々すみません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

女医さんて言う事は、貴方が女性ですよね。貴女の地域で皮膚科で検索してみては?

Q脳動脈瘤の形成について

くも膜出血の原因のひとつに脳動脈瘤の破裂がありますが

この破裂するほどの塊りが形成される期間はどのくらいの時間なんでしょうか?

数年かけて形成?或いは、場合によっては3日間で形成されて破裂もありうるのでしょうか?

本格出血の前段階として数日前に偏頭痛のような症状が見られることもあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正しくお答えします。

くも膜下出血は脳動脈瘤の破裂によるものなのですが、その動脈瘤がいつ作られ、どのくらいの速度で大きくなるのか、については全くわかっていません。

同様に次のような疑問が出てきますが、これもわかっていません。
脳動脈瘤ができるためには「脳の動脈に生まれつき弱い部分があって、そこからできるのか」「正常な動脈でも、高血圧や動脈硬化によって弱い部分ができてしまい、そこに動脈瘤ができるのか」?

けれども、20歳台で脳血管撮影を行っても脳動脈瘤はほとんど検出されないのに、60歳台以上での検査をするとある頻度で脳動脈瘤がみつかる。脳動脈瘤の破裂は40-50歳代でも生じる。

という事実から、おそらく30台くらいから徐々に大きくなってくるのであろう、という推測は一応、理屈としては考えられます。そうすると5-10年単位で形成される、くらいでしょう。
少なくとも風船が膨らむように、数日で「プ~ーっ、パン!」と破裂するのではありません。

本格出血の前兆での頭痛は、ネットでの検索や家庭の医学書に書かれていることがありますが、破裂をする人は高血圧の合併が高頻度なので、出血に関係したものか、高血圧に関係した頭痛なのか、実際には区別することはできません。くも膜下出血の頭痛は小さいものでも「表現できない、これまでに経験したことのない(激しい)頭痛」と言う患者さんが多く、偏頭痛とは基本的に異なるようです。

くも膜下出血ではない脳内出血は微小動脈硬化による血管の破綻と考えられていますので、くも膜下出血よりも先天性の要素(=生まれつき弱いところがある)は少なく、破裂までの期間が短いと考えられています。けれども、これも証明されていません。

いずれの脳出血も、高血圧が合併することで生じやすくなります。というより高血圧が無ければ脳出血をおこす確率はずっと低くなります。

本気で脳出血を事前に防ぐには:

(1)20歳台に1度、脳血管MRI検査をうけて、生まれつきの血管奇形が無いことを確かめる。
(2)その後は、高血圧と糖尿病にならないよう、なっても治療を受けて体調管理をすること。

この2つで(少なくとも老化で血管が弱くなる75歳くらいの年齢までは)ほとんどの脳出血は予防可能です。
「脳梗塞」はこれに該当しませんので、お間違い無いように。

これでよくわかりましたね。

正しくお答えします。

くも膜下出血は脳動脈瘤の破裂によるものなのですが、その動脈瘤がいつ作られ、どのくらいの速度で大きくなるのか、については全くわかっていません。

同様に次のような疑問が出てきますが、これもわかっていません。
脳動脈瘤ができるためには「脳の動脈に生まれつき弱い部分があって、そこからできるのか」「正常な動脈でも、高血圧や動脈硬化によって弱い部分ができてしまい、そこに動脈瘤ができるのか」?

けれども、20歳台で脳血管撮影を行っても脳動脈瘤はほとんど検出されないのに...続きを読む

Qコントミン12.5ミリを減薬するのに 薬局で聞いたら 粉にして販売されてないそうです。離脱症状が恐い

コントミン12.5ミリを減薬するのに 薬局で聞いたら 粉にして販売されてないそうです。離脱症状が恐いので 先生に、少しづつ減らしてもらおうと思ってますが、先生は一気に断薬するとおもいます。フェノバールも、少しづつではなく半分て言われてびっくりしました。五ミリ減薬にしてもらいました。コントミン12.5みりを減薬されたかたいらしたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

コントミン12.5mgは、0.5錠にする事が出来ます。

ただし、条件がいくつかあります。

・主治医の同意・指示
・調剤薬局に、糖衣錠を半分に割る機械がある事
・調剤薬局に、半錠にした薬を分包する機械がある事
・遮光が出来る袋がある事

上記条件を満たせば、処方箋が(おそらく)出ます。

主治医の指示に、従って下さい。

注:コントミンは、ものすごく苦いので、気を付けて服用して下さい。

お身体、大切に。

Q1週間後に、脳動脈瘤手術前の検査入院なのですが、ヘアカラーしても大丈夫でしょうか??心配が1つ…入院

1週間後に、脳動脈瘤手術前の検査入院なのですが、ヘアカラーしても大丈夫でしょうか??心配が1つ…入院前入院中生理が来ても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

検査は、どのような方法ですか?足の血管から、細い管を入れて、脳まで届かせる方法ですか?
それとも、脳のMRIかCTですか?

ヘアカラーは大丈夫でしょう。
生理も、他の回答者さまがおっしゃるように、看護師さんがお世話してくださいます。

まだお若いようですね。

私の母は、高齢で、痩せていたので、血管からはカテーテルを通すことができず、本番の手術では、頭のてっぺんにドリルで穴を開けて、頭がい骨も丸く切り、そこから脳動脈瘤の手術(クリップで止める)をしました。
よって、術後はしばらく、そこだけが禿げていた気がしますが、すぐに元に戻りました。

手術が成功なさるよう、お祈りしています。

Q頭にMRIで1ミリほどの静脈瘤が見つかりましたが、造影剤検査を、、

頭にMRIで1ミリほどの静脈瘤が見つかりましたが、造影剤検査をしてもしなくてもいいと言われました。治療法も無いそうですし、検査どうしようか悩んでいます。
70歳の女性ですが、、、今後、どうなるんでしょうか?急に大きくなって破裂するんでしょうか?

Aベストアンサー

質問内容からたぶん参考URLの疾患だと思います。

血管造影検査は侵襲があり,合併症の可能性がある検査です。検査すれば確定しますが現段階では決定ではない。総じて治療を要する可能性は小さいですね。
私見を述べさせていただきますと,
予防のための治療で合併症をきたす可能性だってあるのです。破裂するかもしれないという可能性もわずかながらあるのですが,その予防が安全確実にできるかというと100%ではないのです。合併症がゼッタイ嫌,と思われるのでしたら(ここらへんはある程度医学ではなく哲学の問題です)安全なMRI検査に留め,大きさなどが変化したら対策を再検討という程度に考えてはいかがでしょう。
治療しないのなら,なにもしないしできないのですから悩むだけ損だとおもいます。

なお静脈性血管腫と似た名前で海綿状血管腫というのもあります。場所(脳と一口に言ってもいろいろあります)・疾患・大きさ・石灰化や出血の痕の有る無しなどでぜんぜん結論が違ってきますので是非一度正確な病名も把握されてください。そういうわけで自信なし。

参考URL:http://health.nifty.com/i-idai/qa.jsp?QANO=4877

質問内容からたぶん参考URLの疾患だと思います。

血管造影検査は侵襲があり,合併症の可能性がある検査です。検査すれば確定しますが現段階では決定ではない。総じて治療を要する可能性は小さいですね。
私見を述べさせていただきますと,
予防のための治療で合併症をきたす可能性だってあるのです。破裂するかもしれないという可能性もわずかながらあるのですが,その予防が安全確実にできるかというと100%ではないのです。合併症がゼッタイ嫌,と思われるのでしたら(ここらへんはある程度医学ではなく...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報