閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払ってる人がいるようです。

国民年金が全国一律15240円だったと思います、年間約18万円
国民健康保険が私の市だと、月16000円くらいで、年間約19万円

この2つだけで年間37万円も払わなければならないです。

住民税というのが、いくらかかるのか全くわからず
ネット上では年間10万以上は払うように書かれているのですが

ということは、年金、健康保険、住民税を合計すると年間50万以上
必要のように思えてしまうのですが、これは本当なのでしょうか?

私は年収200~230万位で 
年金は銀行引き落とし、健康保険は払い込み用紙で毎月払う形
住民税は毎月払うのでしょうか?

毎月払えれは、楽なのかと思いきや、年収200万くらいで
年間10万~30万 高い人は50万くらいだそうなんですけど

自由になるお金減りすぎますよね。

あと40歳になると、介護保険料 というのが発生するみたいなんですが・・

年収からこれらを全部引いてしまうと、手取り150万くらいになってしまうのですが
こんなんで、ひとり暮らしは可能なのでしょうか?

月の収入で見ると

月給 180,000円
年金  -15,000円くらい
健康保険-16,000円くらい
所得税 -7000円くらい
住民税 -???円(仮に10,000円として)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄手取り 132,000円 

醜い数値が出ました。

ひとり暮らしをしたら

知人の話では家賃4万円で光熱費いれるとトータル6万円くらいだそうです。
食費が、節約を常に考えても、1日1000円でも月3万円
この時点ですでに9万円です。 
残りは42000円、これで生活できるのでしょうか・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

年収210万円とした場合の住民税


住民税は「所得割」と「均等割」の2つの課税があります。
所得割
1360000円(所得)-370000円(社会保険料控除)-330000円(基礎控除)=660000円(課税所得)
660000円(課税所得)×10%(税率)=66000円
これに、均等割5000円がプラスされ71000円が税額です。
なお、給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。

71000円÷12=5900円/月
が、毎月の給料から天引きされます。

なお、所得税は7000円も引かれません。
4000円くらいですし、最終的には引かれた所得税の一部が年末調整で還付されます。
年末調整のとき、1年間に払った年金と国保の保険料申告することを忘れないですることです。
    • good
    • 95
この回答へのお礼

ご返事ありがとうございました。

所得税7000円は月給26万円位のときのでした、失礼しました。

今は4、5千円です。

住民税 5900円ですか?!
思ったより安い感じですね。
ですが今まで、住民税を納めたこともなければ
給料から天引きになったこともない上、
払い込み用紙が届いたこともないので
給料から引かれるのか気になりますが

年収210万円の住民税は約6000円と。

とても参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/08 20:04

お住まいの自治体によって、所得そしていろいろな控除によって住民税の額は違ってきます。

下記で計算できますよ。http://www.zeikin5.com/calc/
    • good
    • 1

専門家紹介

専門家プロファイル_宮里恵

職業:ファイナンシャルプランナー

主婦や女性の方が気兼ねなく相談できる、生活密着型の「家計アドバイザー」です。家計の見直しの入り口として、等身大の目線で保険の見直しのご提案をさせて頂きます。

詳しくはこちら

専門家

月収18万×12か月で年収を216万円とした場合の住民税の計算をします。

まず、所得ですが216万(収入)-216万円×30%+18万円=81万円(給与所得控除)=約133万円(所得)となります。また支払った社会保険料は、「15000円(年金保険料)+16000円(健康保険料)」×12か月=約37万円(社会保険料)として計算します。課税所得は1330000円(所得)-370000円(社会保険料控除)-330000円(基礎控除)=630000円(課税所得)となります。次に630000円(総課税所得)×5%(税率)=31500円を超える場合です。医療費控除も検討しましょう!仮に総医療費等-「高額療養費分+保険金受領分」を除いた医療費+諸費用「タクシー代等」より31500を控除しても尚残額があれば医療費控除は所得控除でもあり、所得税並びに住民税も安くなります。
    • good
    • 2

専門家紹介

木村正人

職業:ファイナンシャルプランナー

FP1-オフイス21 代表
[ エフピ-ワン-オフイスニジュウイチ ]
あなたの人生のアドバイザーFP1!
家庭のいち専業主婦から世界のトップ企業様までアドバイス!
これが誰にもひらかれたエフピーワンの心意気です!

詳しくはこちら

お問い合わせ先

073-402-5035

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

バイトや正社員という言葉に法的定義はありませんので、呼び方自体に意味はありません。


会社が社会保険の強制適用事業所で、短期間でなく、一般の労働者の所定労働時間の3/4以上の所定労働時間かほぼ常にその時間以上の労働時間であれば社会保険の強制適用になりますので、選択はありません。もちろん、法律を無視するなら別ですが。

で、課税される基礎はあくまで控除後の課税所得ですから、高額の医療費などを払った場合は別途確定申告すれば所得税も住民税も減ります。もっとも、年12万程度ではいくらも減りませんが。
国民年金の減額措置などもありますが、170万は高額と見なされるので確か減額は無いかあってもわずかでしょう。年金機構のページに詳しく書いてあります。申告必須です。
で、会社に将来性が無いなら転職するしかありませんが、そもそも入ったばかりなのでしょ?賃金は承知の上で入ったのでは無いのですか?額を決めないで入社するなんて有り得ませんよ。
また、日本は資本主義国家なので、原則、働かざる者は食うべからず。病気で働けなければ生活保護か死ぬしかありません。
革命だぁ~w

ps
フルタイム就労、1人暮らしで光熱費2万は多目ですよ。プロバイダなんて月2千円ちょいで済むし(光とか贅沢言うなら別)
携帯なんかPHSならやはり2千円以下で済みます。
原付の維持費なんてガソリン代だけじゃないですか?
きっちり切り詰めれば13万で充分やっていけますよ。将来はしらんけど。
    • good
    • 33
この回答へのお礼

ご教示ありがとうございました。

将来はしらんけど っていう最後の言葉、笑いました。
自分のことなのに。。

燃費の悪い原付(2st)なので燃費が月5000円ほどかかります。
プロバイダはマンションなどの集合住宅は一軒家より安いんでしたねそういえば。

労働状況は、今 入社してから10ヶ月経っています。
勤務時間は正社員と同じで基本1日8時間。
繁忙期は土日出勤で残業もあり。
残業手当もあり、有給休暇もありますが
社会保険はありません。

社長に加入したいと申し出ても、
「不景気やから」と断られます。
社会保険事務所に訴えればいいのでしょうが
それはあまりやりたくないです。

やりがいのある仕事なので転職も微妙で
似た業種なら と日々求人サイトとにらめっこしてますが
一向に。

生活保護はなにかと規制があるので最後の手段ですね。

税金なんて年収500万円以下の人は無い という法律にしてほしいです

お礼日時:2014/06/08 14:54

住民税は前年の所得の10%です。

不動産などを持っていればそれにもかかる場合もあります。

で、月給とありますが、会社員か何かなのでしょうか?その収入の種類によって課税所得も変わってきますし、年金も国民年金ではなく厚生年金へ、健康保険も国保ではなく、社会保険の健康保険になります。
また、住民税も通常は給料から天引きになりますね。

でも、あなたの概算でおおむね合っていると思います。厚生年金と健保がもうちょい安くなるんじゃないかなと思いますが、自動計算や一覧表はネットにいくらでもあるので自分で計算してみて下さい。
で、手取り13万で暮らせない事はありません。食えればそれで暮らせるという意味です。その上4万も残れば、毎年40万は貯金が増える事になります。10年もすれば500万以上の貯金があるはずですね。その間にはちょっとは昇給もするだろうし、何の問題もありません。
40になっても昇給もなにもゼロだったら苦しいですけどね。初任給なら充分過ぎるくらいです。
    • good
    • 19
この回答へのお礼

ご返事ありがとうございました。

私はアルバイトと同じ雇用ですが
アルバイトでも社員でもないのです。
アルバイトでも社会保険に加入してる人もいれば
10年以上働いてる正社員も社会保険に加入してない人もいます。零細企業と呼ばれる部類にあてはまる会社だと思います。

なので私は社会保険ではなく、国民年金と国保になります。

前年の所得の10%ですか。

収入ではなく所得なのですね。

ということは私の場合、年10万円前後になるのでしょうか。

40歳になってもほぼ100%の確率で今と収入変わりません。今は会社が赤字経営になっていて
とはいえ、破産するほどではないと思えますが、
社長がお年なので、10年後どころか5年後があるかもわかりません。

そういえば、生活保護受給額も12、3万円ですよね

なんだか泣けてきました。
私の上司も私と同じ収入で社会保険ありでひとり暮らし
してるので、そうとう切り詰めてるいるのだろうなと、
今あらためて思いました。

月4万円たまるとしたら毎年40万以上は貯金できるというのは可能性です。

私は持病と、まだ解明されていない病気があるので
毎月1万円以上医療費で使用します。
通勤に使っている原付の維持費や
ネットのプロバイダなどがあるので、貯金はむずかしいと思います。

どうしたらいいのでしょう。

住民税は年金などと同様に免除制度はあるのでしょうか・・

お礼日時:2014/06/08 12:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住民税と所得税の計算方法

住民税と所得税の計算方法について質問なのですが、
以下の計算方法で正しいでしょうか。

例:
収入 300万円
経費 100万円

------------
住民税
------------
(収入 - 経費 - 基礎控除) x 10% + 均等割
(300 - 100 - 33) x 10% + 0.4 = 17.1

------------
所得税
------------
(収入 - 経費 - 基礎控除) x 10% - 控除
(300 - 100 - 38) x 10% - 9.75 = 6.45

ちなみに、所得税は最後に 97,500円引かれると思いますが
住民税はこういったものは無いのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.1です。

>結果としてこの金額となるようですが、97,500円の控除は無いということで住民税は所得税の2倍以上となるんですね...
そのとおりです。

>地震保険の控除については 「地震保険料控除証明書」というハガキが送られてきたのですが、
そうそう、地震保険も控除されます。

>医療費についてはそういった証明書が送られてきていないので、病院に行った時の領収書を提出すれば良いのでしょうか。
そのとおりです。
医療費控除は、かかった医療費が10万円を越えていれば受けられます。
生命保険などで補てんされた額は引かなくてはいけません。

参考
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/pdf/09.pdf

あと、「医療費控の明細書」を作成しておきます。

参考
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki02/pdf/003.pdf#search='%E5%8C%BB%E7%99%82%E8%B2%BB%E3%81%AE%E6%98%8E%E7%B4%B0%E6%9B%B8'

No.1です。

>結果としてこの金額となるようですが、97,500円の控除は無いということで住民税は所得税の2倍以上となるんですね...
そのとおりです。

>地震保険の控除については 「地震保険料控除証明書」というハガキが送られてきたのですが、
そうそう、地震保険も控除されます。

>医療費についてはそういった証明書が送られてきていないので、病院に行った時の領収書を提出すれば良いのでしょうか。
そのとおりです。
医療費控除は、かかった医療費が10万円を越えていれば受けられます。
生命保険な...続きを読む

Q収入がいくらまでなら所得税・住民税がかからないのか、それぞれ教えて下さ

収入がいくらまでなら所得税・住民税がかからないのか、それぞれ教えて下さい。

離婚をして、扶養する子供(小学生)が一人、社会保険料は年24万です。
働いて収入を得る場合、いくらまでなら所得税がかかりませんか。
また、住民税はいくらまでならかからないですか。


それぞれについて、どのように計算するのか、計算方法から教えていただきたいです。


よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

先の回答をした者ですが、計算方法からということでしたので補足いたします。

http://www.nta.go.jp/webtaxtv/200902b/pdf/01_21.pdf
1年古い資料ですが変更はありませんのでこのまま適用できます。

3ページに給与収入を給与所得に直す計算式が載っています。
ただ、これでは所得から収入を逆算するのは面倒なので、4ページ以降の表で確認するのが簡単です。

Q住民税の計算方法が??

住民税の計算方法が??
住民税の計算方法は自治体によって違うと思うのですが、二年前は前年に8ヶ月仕事をして23000円、今年は前年に3ヶ月しか働いてないのに18000円でした。
単純に年収から考えると今年はかなり上がっているように思いました。
扶養状況などは全く変わっていません。。

やはり今年は急激に上がっているのでしょうか?
よろしくお願いします<m(__)m>

Aベストアンサー

住民税額の計算のうち、「所得割」と呼ばれる部分は、課税総所得金額×10% で求められます。
 (課税総所得=総所得金額-所得控除合計額)

ですから、2年前のほうが去年よりも年収が高くとも、2年前のほうが「所得控除額」が多いと「課税総所得」が低くなり、住民税額が2年前のほうが少ないこともあります。

>去年は毎月収入よりも高めに設定された社会保険や厚生年金料を払っていました。
これが本当だとすると、控除額が多くなり、やはり今回のほうが住民税が少なくなる可能性が高くなります。

住民税の納付書のほかに、「住民税額の決定通知書」という書類があるはずです。
先回と今回の2つを見比べてみて、「所得控除」の欄で、例えば先回は医療費を多く支払っていたというようなことはありませんか。あるいは今回はなにかのミスで社会保険料の控除が0になっていたなど。

年収だけでなく、年ごとの「所得控除」という欄の数字の違い、そして「課税総所得」という数字の違いに注意してください。

Q【住民税】東京と大阪と神戸と名古屋と福岡の住民税と日本で1番安い住民税の都道府県を教えてください。

【住民税】東京と大阪と神戸と名古屋と福岡の住民税と日本で1番安い住民税の都道府県を教えてください。

Aベストアンサー

№1です。

追加です。

東京 均等割  5000円
大阪 均等割  5300円
神戸 均等割  5800円
福岡 均等割  5500円

所得割はどこも10%です。

Q住民税の計算方法について

いつもお世話になっています。28歳サラリーマン独身です。

住民税の計算方法について教えて下さい。
 ・年収:約380万(給与所得)
 ・会社の社会保険完備
 ・扶養親族なし
 ・障害、医療費控除、寄付、控除などは何もありません
上記条件で、大阪市在住だとどのくらいの住民税になるのでしょうか?

計算方法等を探してみましたが、難しくてよくわかりませんでした・・・
住んでいる場所によって住民税は大きく変わるのでしょうか・・・

Aベストアンサー

御参考まで。

http://www.city.osaka.lg.jp/zaisei/page/0000383147.html

Q健康保険、国民年金、住民税、所得税・・一体いくら払うの?

20代自営業、年収360万(前年も本年も同じと仮定)、豊島区在住と仮定して、健康保険、年金、住民税、所得税の金額を算出したいのですが・・

経費として引けるもの 月1万円の交通費のみ

これで計算した場合、いくらくらいになるのでしょう?
国民年金は14,100円固定でしたよね?
住民税は10%だから32万くらいでしょうか??
所得税は・・?健康保険は?

何か物凄い額になりそうな気がするのですが・・・・・。

Aベストアンサー

所得税と住民税を算出するには、社会保険控除をしなければいけません・・「現在の健康保険の年額はいくらですか:今年の健康保険料(年額)」
それがわかれば(社会保険控除:国民年金保険料+国民健康保険保険料)
1.今年の所得税を算出(社会保険の金額が確定しないと計算不能)
2.来年の住民税を算出(社会保険の金額が確定しないと計算不能)
3.来年の国民健康保険の算出(東京の場合、今年の住民税がわからないと計算できない:他の県の様に所得から計算しない為)
上記の計算が可能です

東京都の場合は、質問の条件では正確な計算は不能なので
下記のモデルケース計算で概算すると
○モデルケースの計算:東京都主税局(社会保険控除:419000円と仮設定)
 ・個人事業主の場合
   平成18年年収・・・360万
   平成18年経費・・・ 1万
   配偶者、扶養者・・共になし
  で概算で 住民税(所得割+均等割)・・285600円
       所得税(平成19年:収入360万の場合)・・181600円
  平成19年の税額は、467200円
  国民健康保険料: 389244円(年額)
  国民年金保険料: 169200円(年額)
になります

東京都主税局
http://www.tax.metro.tokyo.jp/zeigen/shisan/zei_shisan_02.html
豊島区健康保険料計算
http://www.city.toshima.tokyo.jp/kokuho/03-kimekata/03-01kimekata.html

所得税と住民税を算出するには、社会保険控除をしなければいけません・・「現在の健康保険の年額はいくらですか:今年の健康保険料(年額)」
それがわかれば(社会保険控除:国民年金保険料+国民健康保険保険料)
1.今年の所得税を算出(社会保険の金額が確定しないと計算不能)
2.来年の住民税を算出(社会保険の金額が確定しないと計算不能)
3.来年の国民健康保険の算出(東京の場合、今年の住民税がわからないと計算できない:他の県の様に所得から計算しない為)
上記の計算が可能です

東京都の場...続きを読む

Q福岡市における独身の場合の住民税の計算方法は?

現在、福岡市内で勤務しておりますが
去年の税率変更の時期から住民税を毎月約14,000円ほど
給料から天引きされています。

2年ほど前に引越し、去年住民票を移しましたが、
住民税の計算方法は福岡市に変わっているのかよくわかりません。
とても高くなったので違和感があるのですが、自分の住民税を
確かめる方法はあるのでしょうか?
(勤務は転勤前2年、転勤後現在3年目になります)

北海道や福島県のサイトでシミュレーションしようと試みましたが、
基礎控除や所得割額など、専門用語ばかりでよく理解できません。

年間総所得が400万程度で独身なら大体このくらい、という
計算方法はないのでしょうか?
そもそも源泉徴収の額や基礎控除など、すべて調べないと計算できないものですか?

市役所に行くほどでもないと思っていますが、ずっと気になっています。
どなたか目安となる計算方法でも良いので、教えていただけませんか?
よろしくお願いします。><

Aベストアンサー

・住民税は現在、全国どこでも計算方法は一緒です
 一部、均等割(市町村3000円+都道府県1000円)が割増されて高くなっている地方もありますが、基本的には同じです
・1.前年の総収入-給与所得控除=給与所得(所得)
 2..給与所得-所得控除(基礎・配偶者・扶養・社会保険料・生命保険等の控除)=課税所得
 3.課税所得×税率(一律10%)-調整額=住民税の所得割
 4.住民税の均等割=市町村3000円+都道府県1000円=4000円
 5.(所得割+均等割=住民税)
・下記、一応福岡市のHPより・・2.の所に計算方法があります
http://www.city.fukuoka.lg.jp/zaisei/zeisei/life/kojinshiminkenminzei/Index.html

参考:源泉徴収票(平成19年度)がありましたら
 1.給与所得控除後の金額が「所得:給与所得」です
 2.所得控除の額の合計額が、所得税の各種控除の合計額です
  独身の場合なら、基礎控除が住民税だと33万ですから(所得税は38万)合計額から5万を引いて下さい・・その金額が住民税の所得控除額にになります
 3.「給与所得:所得」-「所得控除・・上記の修正額」=課税所得(住民税の)
 4.以下、計算すると、今年の6月以降の住民税の金額が出ます(年額)
以上、独身で配偶者・扶養控除等が無い場合です

・住民税は現在、全国どこでも計算方法は一緒です
 一部、均等割(市町村3000円+都道府県1000円)が割増されて高くなっている地方もありますが、基本的には同じです
・1.前年の総収入-給与所得控除=給与所得(所得)
 2..給与所得-所得控除(基礎・配偶者・扶養・社会保険料・生命保険等の控除)=課税所得
 3.課税所得×税率(一律10%)-調整額=住民税の所得割
 4.住民税の均等割=市町村3000円+都道府県1000円=4000円
 5.(所得割+均等割=住民税)
・下記、一応福岡市のHPより・・2.の所...続きを読む

Q月収25万円で、所得税、住民税、健康保険、厚生年金いくら差し引かれ、実

月収25万円で、所得税、住民税、健康保険、厚生年金いくら差し引かれ、実質の手取り額はいくらになりますでしょうか?
昨年の収入は、約350万。44歳。妻はパート(年間60万) 中学生一人の3人家族です。

ざっくりでもいいのでわかる方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ざっくりですが(厚生年金、協会けんぽ(東京都)加入の場合で)
・月の収入(25万)から社会保険料を引く
 雇用保険(4/1000):1000円、厚生年金保険料:20415円、健康保険保険料:12181円
 250000-(1000+20415+12181)=216404
 (厚生年金は1.の16等級、健康保険は2.の20等級介護保険含む、より)
・上記の金額を、3.の表の扶養親族2人に当て嵌めると、月の源泉所得税は2060円になります
 (月の源泉分の所得税は仮徴収なので、正確なこの年の所得税額ではありません・・年末調整時で正確な所得税額に確定します)
・ここまでで、250000-33596-2060=214344円の手取り
・あとこれから、住民税の天引き分(特別徴収)を引きます
  (税額は計算のしようがないので:データ不足、該当額を引いて下さい・・引いた金額が実質の手取金額になります)

1.厚生年金保険(保険料額表):社会保険庁
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/ryogaku2109/ryogaku01.pdf
2.協会けんぽ保険料(東京都):全国健康保険協会
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/resources/content/4378/20090916-120659.pdf
3.源泉徴収税額票(月額):国税庁
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2008/data/02.pdf
※厚生年金基金に加入の場合は保険料は違う
 健康保険組合の健康保険に加入の場合は保険料は違う
 ・・ので参考程度にご覧下さい
 (通勤交通費は非課税の場合は手取額にそのまま足して下さい)

ざっくりですが(厚生年金、協会けんぽ(東京都)加入の場合で)
・月の収入(25万)から社会保険料を引く
 雇用保険(4/1000):1000円、厚生年金保険料:20415円、健康保険保険料:12181円
 250000-(1000+20415+12181)=216404
 (厚生年金は1.の16等級、健康保険は2.の20等級介護保険含む、より)
・上記の金額を、3.の表の扶養親族2人に当て嵌めると、月の源泉所得税は2060円になります
 (月の源泉分の所得税は仮徴収なので、正確なこの年の所得税額ではありません・・年末調整時で正確な所得...続きを読む

Q住民税、健康保険料の計算方法を教えてください(^^

正社員の頃は住民税や健康保険料は
勝手に引かれていたので計算方法に
ついてはぜんぜん気にしていなかったんですけど、
今回、フリーになって初めて確定申告をしますが
所得300万くらいに対しての住民税と健康保険料って
だいたいいくらぐらいになりますか?
住民税は地域によって違いが出るかと思いますけど・・・。

ざっくり教えてくださ~い(^^

Aベストアンサー

所得や収入の額を聞いただけでは計算は無理です。
個々人によって控除対象の扶養者や社会保険料の額等、控除額はさまざまですから。
住民税は全国一律ですので、下記URLなど利用して計算できるかと思います。
国保は自治体によって計算が違いますし、年齢により介護料を含むと額にかなり差がでてきますので、ご自分の御住まいの役所の国保の係に問い合わせされるのが一番です。

参考URL:http://www.pref.hokkaido.jp/soumu/sm-zeimu/tax_sim/sim_001.html

Q住民税についての質問です。 1度同じような質問をしましたがなかなか解決とまでは行かなかったのでもっと

住民税についての質問です。
1度同じような質問をしましたがなかなか解決とまでは行かなかったのでもっと詳しく現状を書いて質問します。
現在私は21歳で、今年で22歳になります。
四日市市に住んでいて、最近になって住民税が未払の通知が来てるのを知りました。
そこで、金額がなかなかに高く本当にこの金額なのかと疑問に思い投稿しています。
昨年の年収は約200万と言ったところだと思います。全てバイトでかせいだものです。
扶養からも外れているので保険などの支払いもしてないです。
日雇いのバイトなので社会保険にも入れません。

去年の七月頃にその日雇いバイトはやめていて、そこから1、2ヵ月ほど収入はほとんどありません。
その後別の日雇いバイトをやっています。

滞納は4回分延滞金もあるようです。

以上のことを踏まえて、4回の合計が6万を超えている現状は妥当なんでしょうか?

わかりにくい文で申し訳ないですが助言頂きたいです。

Aベストアンサー

地方税は、年間課税所得に対してですか、徴収は翌年度(6月から)です。
なので、去年の収入に対する徴収は次の6月からなので、
まだ徴収額は決定されていません。
「4回の合計が6万を超えている現状」は、前前年に対するものでしょう。
それでも、「年収は約200万」に対して「6万超」は安いか妥当でしょう。

下記により、試算してみて下さい。
聞いているばっかりでは納得できるはずがありません。
http://juuminzei.com/html/keisan.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報