今年、会社に勤めながら警察官の採用試験を受けましたが、
独学での勉強では充分でなかったように感じています。
来年度の受験を目指し、
参考書や、学校を探しています。
受験経験者の方や、在職者の方で
良い参考書・学校を知っている方いましたら
アドバイスをください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 私は以前、ある資格試験受験予備校で、公務員試験受験講座(法律系科目、経済原論、一般知能)の講師を務めておりました。



 警察官採用試験の場合、自治体によって試験内容が若干異なります。
 しかし、共通して言えることは、「一般教養」の中でも「一般知識」と「一般知能」とに分けて考えた場合、「一般知識」分野の試験はほぼ必ずあるということと、合格ラインはおよそ6割程度と予想されるということです。

 公務員試験受験においては、ご存知かもしれませんが『実務教育出版』が定評があります。
(ちなみに私が講師を務めていたのは『実務教育出版』ではありません)

 書店に行かれれば、実務教育出版の『警察官試験』対策用の問題集も置いてあると思いますが、あくまでもこれは問題集であって、本格的に勉強をするためには、国家1種受験対策用または国家2種受験対策用の『一般教養受験対策講座(確かこんな名前だったと思います)』のテキストがお勧めです。
 この一般知識分野(および一般知能分野)のテキストは、各科目が約20ページほどにまとめられていて、警察官採用試験対策としてはもちろんのこと、国家2種・地方上級試験受験対策用としても、この分量で必要にして十分です。

 この講座の申し込み先については、『実務教育出版』の月刊誌『受験ジャーナル』に載っているはずです。
 また、この『受験ジャーナル』も、各種公務員試験受験のためには大変参考になりますので、なるだけならば定期的にお読みになられた方が宜しいと思います。

 是非合格を勝ち取って下さい。ご健闘をお祈り致します。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『初級公務員』受験  独学大丈夫ですか?

現在OLをしている22歳女性です。

今まで夢がなかった私なんですが、5月頃から「消防士」になることを決意し勉強を始めました。

高校時代は部活動に明け暮れ、勉強がおろそかだったため基礎からのやり直しです(泣)

今年の試験までは3ヶ月しかないので今年は記念受験に過ぎないと思うのですが一応やってみるつもりです。

数的推理などは基礎がなっていないためとても独学では厳しい気がしています。

平日は会社から帰宅後8時~12時まで、休日は一日中図書館にて勉強しています。

「独学でok」なのか「公務員学校に行った方が良い」のかをこちらの過去ログや色んなサイトで調べてみましたが、公務員関係の質問をされている大半の人が大卒の方で納得のいく回答を見つけることができませんでした。

そこで再度自分で質問をしているのですが、
“高卒程度の試験なら独学でも十分”とか、
“専門学校へ行った方が効率が良い”とか・・・

どうなんでしょうか。

自分次第だということは承知しておりますが、今の会社も求職活動の際10社近く受けてやっとの思いで受かった会社なので身内からは“辞めずに独学したら?”と言われ迷っています。


全日制の学校へ行くとなると・・・
・80万程の学費
・保険代・国民年金
・通学費(学校が近くにはありません)

と金銭的にも親にお世話になることになります。

高校でもっと勉強していれば・・・と悔やんでも仕方がないですが、勉強していてはかどらずイライラします。

でも私自身初めて見つけた夢なので、何としてでも地方の消防士になりたいと強く思っています。

どなたかアドバイスをください。

現在OLをしている22歳女性です。

今まで夢がなかった私なんですが、5月頃から「消防士」になることを決意し勉強を始めました。

高校時代は部活動に明け暮れ、勉強がおろそかだったため基礎からのやり直しです(泣)

今年の試験までは3ヶ月しかないので今年は記念受験に過ぎないと思うのですが一応やってみるつもりです。

数的推理などは基礎がなっていないためとても独学では厳しい気がしています。

平日は会社から帰宅後8時~12時まで、休日は一日中図書館にて勉強しています。

「独...続きを読む

Aベストアンサー

時代、職種が違うのですが普通高卒独学で合格しました。

確かに専門学校では受験のコツ等教えてもらえ楽かと思います。
また独学は寂しく不安になりがちです。それがストレスになってしまうくらいなら専門学校に入ったほうが良いかもしれませんが今度は周りにいるのがすべてライバルとなるのがストレスになるかもしれません。

結局は本人の考え次第、努力次第だと思います。

Q甲種危険物取扱者の参考書

来年の前半で甲種危険物取扱者を取ろうと思っています。
参考書は中古のものを買おうと思うんですが、何年前に出版されたものまで使えますか?

特に試験範囲の変更や法令の改正が気になります。

Aベストアンサー

こんにちは。
質問の回答ではありませんが
参考までに回答させて頂きます。

今年甲種に合格しました。
参考書は最新のものを1冊何度か繰り返しました。
最新のものを利用するのが間違いないと思います。

>何年前に出版されたものまで使えますか?
これは答えるのが難しいですね。
危険物取扱者の試験は、自治体によって問題も違いますし
問題冊子も回収されてしまいますので。

今書店に並んでいる参考書であれば
どれでも信用できるレベルものだと思います。
どれも大差ないように感じました。

合格するといいですね。
老婆心ながら、ご検討お祈りしております。

では。

Q危険物乙4種のおすすめ参考書!

このたび、危険物乙四種を受験するのですが、今まで経験してきた分野と違うので危険物の分野に関しては全くの初心者です。

そんな私にでもわかりやすく学習できる、おすすめの参考書を教えていただきたいと思って質問しました。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、梧桐書院の「らくらくクリア乙種第4類危険物取扱者試験」で勉強し昨年取得しました。
乙4類は60%正答すれば合格できますし、「基礎的な物理学・化学」では高校の授業で習った程度の内容ですから、全てを覚えようとせずに、的を絞って勉強すれば多分大丈夫と思います。
ばんがってください。

Q乙四類危険物取扱者の参考書について

危険物乙四類の試験を受けようと思うのですが、向学院発行の
「乙四類危険物取扱者受験教科書+カセットテープ」で勉強する
か、危険物安全協会が発行するテキストと問題集+土日の講習
で勉強する方がよいか、どちらが良いでしょうか?

また、向学院のカセットテープで勉強された方がおりましたら、感
想をお聞かせいただけないでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

乙四類危険物取扱者受験教科書だけで充分かと思われます。わたしはそれ一冊だけで一発合格でした。

Q危険物取扱者の参考書&問題集

危険物取扱者の資格を取得した方へご質問いたします。
今年試験を受ける事になったのですが、お勧めの参考書と問題集を教えてください。
ユーキャンのような通信講座についてもご意見ありましたらよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

危険物=乙4と勝手に思い込んでいました、ゴメンナサイ。

試験内容は、以下の3部構成になっています。
(1)基礎的な物理学・化学
(2)危険物の性質と消火方法
(3)危険物に関する法令
このうち(1)と(3)は、他の乙種と共通です。
既に、いずれかの乙種の免状を持っていれば、(2)の性質と消火方法の科目のみ受験すればよいことになっています。

5類の危険物は「自己反応性物質」ですね。
TNTや、ニトログリセリン、ピクリン酸など、聞いたことありますよね。
テキストに詳しく書いてありますが、物自体に酸素を含み、金属と作用して爆発性の金属塩を形成します。
大量の注水で冷却消火か泡消火剤を使用(酸素を含む物質なので窒息効果の消火は不適当)
爆発的燃焼をする

こんな感じの物質です。
何となく、イメージ湧きますか?

5類の危険物の数自体は少ないので、暗記で大丈夫だと思います。
ポイントは、「消火方法」「硝酸エステル類」「ニトロ化合物」「セルロイド類」。消火方法は、おそらく出題されます。

(↓勉強ノートに、異例なものとして赤ペンでチェックした個所がありました)
・メチルエチルケトンパーオキサイド・・・保存は密栓禁止。市販品はフタル酸ジメチルで希釈してある
・アジ化ナトリウム・・・注水厳禁。酸により有毒で爆発性のアジ化水素酸を生成

性質よりも、法令がなかなか覚えにくいので、落とす方が多いみたいですよ。
物理・化学は、高校程度の化学の基礎が理解できていれば、大丈夫だと思います。

何度も、スミマセン。
頑張ってください!

危険物=乙4と勝手に思い込んでいました、ゴメンナサイ。

試験内容は、以下の3部構成になっています。
(1)基礎的な物理学・化学
(2)危険物の性質と消火方法
(3)危険物に関する法令
このうち(1)と(3)は、他の乙種と共通です。
既に、いずれかの乙種の免状を持っていれば、(2)の性質と消火方法の科目のみ受験すればよいことになっています。

5類の危険物は「自己反応性物質」ですね。
TNTや、ニトログリセリン、ピクリン酸など、聞いたことありますよね。
テキストに詳しく書いてあります...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報