最新閲覧日:

今年、会社に勤めながら警察官の採用試験を受けましたが、
独学での勉強では充分でなかったように感じています。
来年度の受験を目指し、
参考書や、学校を探しています。
受験経験者の方や、在職者の方で
良い参考書・学校を知っている方いましたら
アドバイスをください。
よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

 私は以前、ある資格試験受験予備校で、公務員試験受験講座(法律系科目、経済原論、一般知能)の講師を務めておりました。



 警察官採用試験の場合、自治体によって試験内容が若干異なります。
 しかし、共通して言えることは、「一般教養」の中でも「一般知識」と「一般知能」とに分けて考えた場合、「一般知識」分野の試験はほぼ必ずあるということと、合格ラインはおよそ6割程度と予想されるということです。

 公務員試験受験においては、ご存知かもしれませんが『実務教育出版』が定評があります。
(ちなみに私が講師を務めていたのは『実務教育出版』ではありません)

 書店に行かれれば、実務教育出版の『警察官試験』対策用の問題集も置いてあると思いますが、あくまでもこれは問題集であって、本格的に勉強をするためには、国家1種受験対策用または国家2種受験対策用の『一般教養受験対策講座(確かこんな名前だったと思います)』のテキストがお勧めです。
 この一般知識分野(および一般知能分野)のテキストは、各科目が約20ページほどにまとめられていて、警察官採用試験対策としてはもちろんのこと、国家2種・地方上級試験受験対策用としても、この分量で必要にして十分です。

 この講座の申し込み先については、『実務教育出版』の月刊誌『受験ジャーナル』に載っているはずです。
 また、この『受験ジャーナル』も、各種公務員試験受験のためには大変参考になりますので、なるだけならば定期的にお読みになられた方が宜しいと思います。

 是非合格を勝ち取って下さい。ご健闘をお祈り致します。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ