この世の中で速いものって何がありますか?

光、音などそれ以外のもので何かありませんか?
ネーミングを考えています。

自然現象とか、できればかっこいい英語(外国語)
がいいですけど。

素晴らしいアイデアお待ちしています!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ネーミングの対象が分からないのでアイデアが湧きません。

自転車?乗用車?飛行機?それともサービス業?

ありふれたものですが思いつくままに10個ほど・・

英語    (スペイン語)  発音     日本語
Echo ( Eco) エコ     こだま
Rocket (Cohete) コエーテ   ロケット
Bullet (Bala) バーラ    銃弾
Lightning (Relampago) レランパゴ  稲妻
Arrow (Saeta) サエータ   矢
Meteor (Meteoro) メテオーロ  流星
Wind (Viento) ビエント   風
Gust (Rafaga) ラファガ   突風
Falcon ( Halcon) アルコン   はやぶさ
Gossip (Rumor) ルモール   うわさ
    • good
    • 1

下の方がおっしゃっている通り、何の名前か書かないとだめですよ。

英語というご依頼なのに、ひねくれていて申し訳ないのですが、仏教用語(つまりサンスクリット語ね)から来た、
「韋駄天」(いだてん)というのがあります。あわないでしょうなあ。一応由来を書いておきます。
____________________________________________
バラモン教の神で、シヴァ神の子とされる。仏教に入って仏法の守護神となり、増長天の八将軍の一。特に、伽藍を守る神とされる。また、小児の病魔を除く神ともいう。捷疾鬼が仏舎利を奪って逃げ去った時、これを追って取り戻したという俗伝から、よく走る神として知られる。
    • good
    • 1

タキオンというのはどうでしょうか?


超光速粒子の総称です。タキオンとはギリシヤ語で「速い」の意。この粒子は常に超光速で動き,止まる事が出来ない。その固有質量(静止質量)は虚数である。エネルギーを失う程速度は増加していき,エネルギー・ゼロで無限大の速度に達する。なお固有質量が実数の粒子の総称はタージオンと呼ばれ,固有質量が零の粒子はルクソンと呼ばれます。
    • good
    • 1

こんにちは。



(1)噂の流れ

(2)悪いニュース

(3)箱入り娘につく虫、、。


後は、他の回答に任せます。
    • good
    • 0

分子レベルでのイオン運動が一番速いかと...

    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q光より早いもの

光より早いものってありますか?

私は人間の「意志・想像力」がこれに当たると思うのですがみなさんはどう思われますか?

また、「意志や想像力」などの「思考」は物理的に解明されているのでしょうか?

どちらか一報でもOKですので回答いただければ幸いです。

Aベストアンサー

意志・想像力は光より速いのではという提案が劣勢なので、そちらの観点から。

まず、物理現象はおそらく宇宙全体で同じ法則になっていると考えられています。
したがって、同じ(条件の閉じた)部分系があれば宇宙のどこでも同じことが起きると考えられます。その意味で私たちは、想像力で見たこともない宇宙の果てのことを時空を超えて(ある範囲で)知っています(あるいはそのつもりです)。
たとえば、ながーい棒が宇宙全体に貫いていて、ある方向に平行に進んでいるとして、
その棒が地球を横切ったときには、
地球を含んだその棒に対して平行な直線上にある場所では
たとえ宇宙の果てでも横切っていると想像できます。
つまり、私が或る人に今日手紙をだしたら(おそらく)
明日とどくだろうとか、その返事も近々返ってくるだろうというのと同じです。
世の中のお約束や習慣的な想像力を使えば、知らないところのことだって、
未来だって予測できます。
そういうことを意志・想像力は光より速いと考えるのであれば速いですし、
局所的にある情報を離れたところに伝えるのは有限の時間が必要だと思います。

意志・想像力は光より速いのではという提案が劣勢なので、そちらの観点から。

まず、物理現象はおそらく宇宙全体で同じ法則になっていると考えられています。
したがって、同じ(条件の閉じた)部分系があれば宇宙のどこでも同じことが起きると考えられます。その意味で私たちは、想像力で見たこともない宇宙の果てのことを時空を超えて(ある範囲で)知っています(あるいはそのつもりです)。
たとえば、ながーい棒が宇宙全体に貫いていて、ある方向に平行に進んでいるとして、
その棒が地球を横切ったと...続きを読む

Q「成長」が早いものといえば、どんなものがありますか?

「成長」が早いものといえば、どんなものがありますか?

Aベストアンサー

子供!!子供の成長は早いっす。。。。。

Q速いイメージのある言葉

パワプロで足の速い選手を作ろうと思います。
そこで、速いイメージの言葉を選手名にしようと思います。

いい案ないですか?

例 ゴキブリ、ニュートリノ など

Aベストアンサー

疾風(しっぷう、はやて)
韋駄天(いだてん)

Q遅いもの・・・

今や何でもスピード化している世の中ですが、それだからこそ、逆に「遅いもの」の価値が上ってくるかもしれません。

で、皆さんは「遅いもの」というと、何を思い浮かべますか?

因みに私が思い浮かべるものは、
・衛星中継での返答・・・科学の先端でのズレが、面白いです。
・ハルウララ・・・遅かったことで、脚光を浴びました。
・由良之助・・・「遅かりし由良之助」って、古過ぎ?
あたりでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

・動く歩道
 普通に歩いたほうが、記者のインタビューから逃げ出し
 やすそうなのにと、おもいます。

・高層ビルのエレベーター
 階の表示がない部分がとくに、もったりと感じます。

・すき焼きで「うどん」をいれるタイミング
 はやくうどんを食べたいのですが、大体は最後ですので
 はやくうどん、うどん、と思いながら鍋をみています。
 実家などで、すき焼きをするときは、「うどん まだ入れない?」
 と、何度も聞くので、家族に嫌がられます・・・。

・雪が降りはじめて、積もるまでの時間
 高速などを走っているときは、なぜかすぐに白くなるくせに
 家で写真を撮ろうとカメラを用意して待っているときには 
 全然白く降り積もらないので、遅いなぁって思います。

Q世界1速い乗り物

最近ふと思ったことなんですが、人類はどれだけ速い乗り物を作ることができるのでしょうか?
そこで世界で速い乗り物のトップ5を教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

一般的な乗り物ではないですが、人が乗って一番早かったのはアポロでしょう。
月に向かうときの速度、約11km/秒ですから。
次はスペースシャトルなどの衛星軌道上の宇宙船でしょう。

Qかっこいい二字熟語は何がありますか?

かっこいい二字熟語は何がありますか?

 どんなのがありますか?
例えば
龍神や稲妻など
かっこいい二字熟語は何がありますか?

Aベストアンサー

『蒼穹』(そうきゅう) =青空
『玲瓏』(れいろう) 美しく澄み切った、の意。
『刹那』(せつな) 一瞬
『泡沫』(うたかた) 儚い、の例え。
『悠久』(ゆうきゅう) 果てしなく続く、の意。
『玉響』(たまゆら) ほんの少し、の意。

……などでしょうか。
よくタイトルや曲名にも使われてます。

Q光より速いもの

光より速い物ってないっのよくいいますよね。そこでどうにか光より速い物を今の人間の技術でつくれないのかと考え、凄くバカみない事を思いついてしまってモヤモヤしてしまったので質問します。
下手な絵を描いたので載せておきます(^^;;
凄く巨大な新幹線が走ってるとします。
その新幹線の上に少し小さな新幹線を走らせるとします。
そしてまた、その上にさらに少し小さな新幹線を走らせるとします。
これを何回も繰り返すと一番上は相当早くなりますよね。
現実には無理だと思うのですが、新幹線を回る円状の物に例えたらどうでしょうか?
回転する円状の物の上に自力で回る円状の物を置き、またその上に自力で回る円状の物を置き………繰り返し。
一番上の物は相当早く回りますよね。これってやっぱり無理ありますかね?
バカみたいな質問で申し訳ないのですが、優しい方回答お願いしますm(__)m

Aベストアンサー

光速より速いものは、タキオン粒子として仮説として語られることがありますね。
でも現時点の物理学では、光速より速いものは存在しないことになっています。

光速度不変の原理
新幹線を光に例えるなら、その光の中を動く物体があれば、それは光より速く動いていることになりますが、現実にはそうなりません。
それを元にして相対性理論があります。
しかし、これらは理論であって、実際に証明されてる訳ではありません。

学問は証明することが出来なければ、推測や仮説です。
証明するには人が目で見る、観察する、もしくは電波や磁気を使って測定した結果が
必要だからです。
そうなると、光速を超えるものは証明が難しいことになります。

Q人間は考える葦である とは?

ふと頭をよぎったのですが、、
「人間は考える葦である」とはどういう意味なのでしょう? また誰の言葉なのでしょう? 簡単な質問ですみません。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去しました。
  
  残された膨大なメモを元に、パスカルが計画していた著作に似たものを編集することも考えられたのですが、とても、それは無理なので、断片集として、計画のまとまりや、内容の関連性などから、おおまかに断片メモを整理してまとめて、一冊の本に編集したのが、『パンセー』です。当然、パスカルの死後出版されましたし、内容は、緩やかなつながりで、長短の断片文章が並んでいる構成です。従って、本のなかの文章はパスカルのものですが、本は、パスカルの「著作」とはちょっと云えないでしょう。ほとんどできあがっていて、足りない部分などを、他の文章で補ったりして、計画通りかそれに近い本を作ったのならともかく、当初の計画とは違う、「箴言集」か「随想集」のような本になってしまっていますから。
  
  それはとまれ、「葦」が弱いものの代表として人間の比喩に取り上げられているのは事実ですが、何故「葦」だったのか、という疑問が起こります。例えば、「人間は考える蟻である」とか、「人間は考える蝶である」とか、また「人間は考えるクローヴァーである」とか、幾らでも考えられます。
  
  これは、誰かの説明であったのか、わたしが勝手に考えたのか記憶がはっきりしないのですが(おそらく誰かの説明です)、人間が「葦」であるということの比喩は、ナイルの河畔に生える葦は、強い風が吹くと、弱いために、すぐしなって曲がってします。風に抵抗できない。いや抵抗せずに、しなって敗北するのである。しかし、その他方で、偉大な樫の樹などは、風が吹くと、しなることはせず、抵抗するので風に勝利するが、しかし、繰り返し風が襲って来た時、何時か強い風に倒され、根元から折れてしまうのです。しかし、賢明に自らの分を知る「葦」は、風が吹くとそれに身をまかせてしなり、逆境のなかで、一見屈服したように見えるが、しかし、風がやむと、徐々に身を起こして行き、再びもとのなにごともない姿に戻って微風に揺れているということが、人間への「比喩」の意味だったはずです。
  
  少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、風が去ると、また元のように立ち上がる。人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、それに従順に従い、そして暴威をくぐり抜けて、また元のように、みずからの姿で立ち上がる。自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。……このような意味の比喩ではなかったかと思います。
  
  この葦の比喩は、パスカルという人がどういう人だったかを知ると、パスカル自身のことのようにも思えて来ます。パスカルは、四十に満たないで亡くなっています。彼は、少年の頃から神童と言われたのですが、病弱で、一生、病気や身体の苦痛とたたかいながら、思索し実験し、研究し、晩年は、修道院に入って信仰生活を送ることを決意して、自分自身でも、そのことについて、悩み考えつつ、世を去りました。パスカルは、自分に襲いかかる不条理な病や、身体の不調などと、「たたかう」というより、それを受けて耐え、病の苦しみのなかで思索や研究を続け、「精神」において、自然が与えた病の暴威などを、乗り越えて生涯を送った人だとも云えるのです。
  
  暖めた流動食でないと、喉を通らないというようなこともしばしばあったということは、解説書などには必ず記されているはずです。弱々しい「葦」のように、襲って来る風に身をまかせつつ、思索した精神、それがパスカルなのでしょう。パスカルは「人間とは、運命に従順であるが、しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」という意味で、この言葉を記したのではないかとも、思えるのです。
  

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去し...続きを読む

Q『サシ』ってなんですか?

関西出身の友人に、
『今、○○君とサシで飲んでる』って言われました。
サシ、ってどういう意味ですか?関西弁ですか??

Aベストアンサー

madoka22さん、こんにちは。

>『今、○○君とサシで飲んでる』って言われました。
サシ、ってどういう意味ですか?関西弁ですか??

サシって、差し向かいで、ということから
1対1で向かい合って、ということですね。
関西弁ということでもなく、全国で使われているんじゃないでしょうか。

ちなみに、国語辞典によると
「さし」=差し
意味は、二人で向かい合っていること。
「差しで話す」「差しで飲む」
となっていました。

Q国民の三大義務と三大権利について

むかしむかし中学で習ったのですが忘れてしまいました。三大義務と三大権利教えて下さい。ちなみに選挙権が入っているのはどちらでしたか?

Aベストアンサー

三大義務は勤労、納税、子供に教育を受けさせることで、三大権利は生存権、教育を受ける権利、参政権です。
選挙権は「権利」になります。(義務だったら、投票率があそこまで低くなることはないかと…)。

参考アドレスも掲載しておきます。

参考URL:http://www.city.miura.kanagawa.jp/index/download/007385;000001.pdf


人気Q&Aランキング