うつ病が病院で治るならこのカテゴリの存在理由はないはずです。
全ての回答は医者に行けで済むはずですから。

薬を飲んでも治らないなら、うつ病の原因は心理的なものだと考えるのは妥当な考えだと思われないでしょうか。
ある日突然うつ病になったわけではなく、心理的なストレスと不安の蓄積が今のうつ病と診断されるにいたる経緯ではないでしょうか。
学者の言う脳内のセロトニンがどうのと言うのは結果論であって、始めは心理的な要因だったはずです。
ですから、薬でストレスや不安をどうにかしようというのは極限状態にある人に対しては良しとしても、通常の治療方法として正しいとは思えません。

うつ病の原因は自分自身ひいては人という生き物に対する無理解と思います。
同じストレスを感じても人によってその受け止め方が違います。
受け止め方が下手な人がうつ病患者には多いだろうと思います。
極端に自分を責めるのは正しい思考とは言えません。
そういう自分自身の思考を自覚し修正する作業が必要なのではないでしょうか。
これはうつ病に限らず、どんな人にも言えることです。
自分自身を理解するために必要な道具が宗教と哲学だと思います。
宗教的視点と哲学的思考が生きる上でどんな人にも必要なのではないでしょうか。
古い手法ではありますが、今のところ宗教的と哲学的がうつ病を治す唯一の方法だと思います。

宗教的視点と哲学的思考なんてうつ病患者には無理だという意見もあるでしょうが、
他人が治せる病気ではないのは明らかです。
自分を理解することに遅いは無いはずです。

現代人はまるでゲームのルールを知らずに参加しているプレイヤーの様ではないでしょうか。
数千年前から人の基本は変わってはいません。
痛み止めにしかならない薬を飲んでその場をしのぐのではなく、人生を通して全的に考えるべき事柄ではないでしょうか。
当事者の皆さんはどう考えるでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

質問者さんはうつ病ですか?


こんな小難しいことを考えられるのだから、うつ病なわけはないと思うのですが…
鬱でないとしたら、何を目指してますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

こんな質問を立てる人間がうつ病のわけがないですよね。
このカテゴリの問題は病人が質問し病人が回答することだと思います。
あなたは同じ病気の人にアドバイスがほしいと思いますか?

目指すというたいそうなものはないです。
ただ、彼らの現状を説明しているだけです。
そうすればにおのずとやるべきことが見えるだろうと思うからです。

お礼日時:2014/06/09 23:41

うつ病の原因は心理的なものでしょう。


そして、それ以前につらい現実という何らかの事実というきっかけがあったから病んだ。

あたりまえのことですね。
つらいことがないのに、いきなりうつなんてことはないでしょうし。
(うつの定義から外れてるし)

したがって、いちばんの解決方法は心理、哲学、宗教みたいな観念ではなく、
問題を解決することではないでしょうか。

殴られてるのに、「悟り」だの「感謝しろ」だの「相手のいい部分を探せ」だの
「薬のめ」だの意味がわかりません。
返り討ちにするか逃げるしかない。
ごくごくあたりまえのことです。

人間を完全に理解するのが大事と言えど、ぼくは理解していません。
そうなると「問題は解決する、処理する、逃げる」という行動によって変えるしかない。
というのがぼくの考え。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/09 23:26

自分の意思と現状が離れている場合にバランスを崩すと思えます。



自分のしたい方向、こうありたいという期待、なのに思うようにいかない。周りの期待、期待に応えたい、こうあるべき、なのにそうならない。

体が悲鳴を上げるときは具合が悪くなったり痛みで知らせてきます。精神が悲鳴を上げるときにはどうなるのでしょう。

やる気が無くなり喜怒哀楽の感情が消えて行くのでしょうか。

ストレスからの解放、自分を偽ることからの解放、時間と空間からの解放、食欲生存欲を満たして休息に身を委ねる、こんな全てからの撤退が必要な時があるのだと思います。

戦い疲れ、ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/09 23:26

宗教と哲学、に限らず


たとえば鬱の治療では認知行動療法というのがあります。
ストレスを感じやすい原因となる物事のとらえ方、考え方を
修正していく方法です。

http://www.ncnp.go.jp/cbt/about.html

薬だけで、という治療も今は減ってきていると思います
痛みどめにしかならない、といっても
今日をやり過ごすために痛み止めは必要です。

たとえば喘息の発作なら、その時死なないため楽になるために
気管支拡張剤を使ったり粘膜に働きかける薬を使う対症療法をしながら
環境の改善を指導したり、アレルギーを調べたりします。
体質ですから根治はしませんが、発症を抑える努力はできます。

鬱も治らなくとも、また根本的なものの考え方を完全には直せなくても
ストレスに感じる考え方を減らしたり
どうしてもという状況を乗り越えるために薬を使ったりはします。

宗教的なもの、絶対的な価値観の安堵、必要性は理解します。
ただ宗教という形をとる場合運用するのが人間ですから
そこでやはり、支配、抑圧、歪みが出てくるのは歴史でも見られるかと思います
宗教があれば救われるかといえばそうでもなく
そのもとでうまくいかなかった人たちもたくさんいますね
今ほど個人が尊重されない時代は、それで死んでも仕方ないという面もあったかと思います。

今朝ドラで注目を浴びる赤毛のアンですが
その作者の夫は、牧師さんでした。
牧師さんですが実は鬱でした。
それを支え続けた作者も、最後には大量に睡眠薬を服薬して亡くなっています。

また哲学的にものをとらえることで
現実や、物事に対して難しく考えすぎてしまう人も
鬱になりやすいのではと思います
深く考えず現場主義、現実的にパキパキと折り合いをつけていく人のほうが
案外うまく生きている場合もあるかと。

今の時代のように思考せよ、でもよりどころがない、ということでの
迷い子たちは確かにたくさんいるとは思いますが…。
それで解決できるとも思えません。
もちろん、それが合う、解決に向かう人はそうすればいいと思います。

>始めは心理的な要因だったはずです。
しかしそれは「落ち込み」です
そのため脳の機能が不具合を起こしてるから「病気」でしょうね。
落ち込みと鬱はちがう、と医師も言っていますし
最近は自分自身の行動や思考を記録して、論理療法、認知療法していく方向が増えていると思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/09 23:25

shift-2007さんが書いていることはその通りだと思います。


私も若い頃から鬱の人たちに寄り添ってきました。
鬱になる人の原因はほとんど同じです。
それは人に弱いことです。
森林や草原、川面、海原のような自然を見て鬱になる人はいません。
つまり、いろんな人と違う意見を云い合ったり、議論することが苦手です。
それは病気というよりも人間のタイプです。
鬱の投薬は治療のためではありません。
それは症状を抑えるだけが目的です。
ところで、shift-2007さんは
「宗教的と哲学的がうつ病を治す唯一の方法だと思います」
と書いていますね。
もちろん、それもいいでしょうね。
しかし、それだけが唯一ということはありません。
人生や社会について客観的に思考する方法は他にもいくらでもありますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/09 23:24

自分の心が原因で自分の心を病んでいるならば、その心を悪循環から取り戻すための手段が必要ですよね。



それに一時的に処方薬を用い、カウンセリングや作業療法などのコミュニケーションによる心への作用も含め、

それで、心が好循環に回るようになったら、処方薬にも頼らずにすむよう、完治する、ということです。

処方薬を否定するのも意味がありませんし、このようなQ&Aサイトでのコミュニケーションを否定するのも意味がありません。それは、病院に行くことを勧めるという行為(コミュニケーション)、そして適切な処方薬とのつきあい方を、病める人の心に届けるのに有意義だからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/09 23:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【医学】「うつ病はオナニー出来ないはず」と自説を言ったら、 「 理論上は、うつ病だと性欲も湧かなくな

【医学】「うつ病はオナニー出来ないはず」と自説を言ったら、



理論上は、うつ病だと性欲も湧かなくなってくるので、間違ってはないかも。



という回答を頂きました。

その理論って何の理論ですか?

Aベストアンサー

「精神神経科学」の「うつ病の定義」です。

Qうつ病と自称うつ病(擬態うつ病)

義理の母(60代・専業主婦)の話です。診察を受けさせる前に、予備知識として知りたいと思っています。

実家は自営業で、昨年秋ごろから仕事が減り収入が半減しているのですが、義母はそのことが原因で
「このままでは、うつになりそうだ」と言っています。
詳しくは次のような内容・症状(?)です。
 ・専業主婦のため家にいる時間が長く、いつもお金のことを考えてしまう
 ・お金のやりくりが大変で、うつになりそう
 ・将来のことを考えると不安で、うつになりそう
 ・以前にもうつ病になったことがある、このままでは再発してしまう
 ・最近は死ぬことも考えいてる
 ・食欲が無い。体重は一ヶ月で10kg減った(ふっくらした体型でしたが、確かに最近痩せたようです)
 ・便秘がひどくなった
  (元々便秘症で下剤を常用。先日、内科で摘便&薬を処方してもらった)

このようなことを言い出したのはここ一ヶ月くらいです。
本やネットで得た浅はかな知識ですが、本当にうつ病を患っている人とは少し違う気がしました。
でも、収入が安定しない&以前と同じくらいまで増える見込みが無いことは確かなので、落ち込んだ気分の
うつ状態ではあると思います。
心配なのは、実際にはうつ病じゃないのにうつ病と診断されることで、うつじゃない人が抗うつ剤を飲むことの
リスクを考えると不安です。

そこで、専門家の方や経験者の方にお聞きしたいのですが
 1.上記のような状態でも、心の安定のために病院に行った方が良いですか?
   その場合、受診科目は心療内科で構わないですか?
 2.「うつ病」と「自称うつ」は見分けが付くものなのですか?
   また、見分けが微妙なときに処方するお薬はどのようなものですか?
 2.患者がうつ病と診断して欲しがっていることは、考慮されますか?
   考慮される場合、実際に処方するお薬は抗うつ剤ではないものになるのでしょうか?

お医者様によって対応が違うということは重々承知していますので、「私の場合は」という内容で構いません。
お医者様選びの参考にもさせて頂きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

義理の母(60代・専業主婦)の話です。診察を受けさせる前に、予備知識として知りたいと思っています。

実家は自営業で、昨年秋ごろから仕事が減り収入が半減しているのですが、義母はそのことが原因で
「このままでは、うつになりそうだ」と言っています。
詳しくは次のような内容・症状(?)です。
 ・専業主婦のため家にいる時間が長く、いつもお金のことを考えてしまう
 ・お金のやりくりが大変で、うつになりそう
 ・将来のことを考えると不安で、うつになりそう
 ・以前にもうつ病になったこ...続きを読む

Aベストアンサー

>1.上記のような状態でも、心の安定のために病院に行った方が良いですか?

心療内科かメンタルクリニックです。
心の安定というよりも、正確には病気の診断が目的となります。
病気でなければ特に治療が必要ではありませんが、病気と診断されるようであれば早期治療をした方がよい結果が期待できます。気の持ちようで説明できるものではありませんので医師の診断に従いましょう。。

> 2.「うつ病」と「自称うつ」は見分けが付くものなのですか?
経験が豊富な医師なら見分けはつきます。また、診断の指標もあるはずです。
ただし、客観的に計測できる方法は今のところ存在しないため、医師の腕に依存するところが大きいのが実情です。受診する側が巧妙に鬱の症状を演出すればうつ病の診断を受けてしまうこともあります。
ただし、抗うつ薬は健康な人が飲んでも危機的な副作用はでません。
種類にもよりますが、のどが渇いたり排尿が出にくくなったり太ったりと、何らかの症状を伴います。副作用が出ない薬は今のところ存在しません。


> 2.患者がうつ病と診断して欲しがっていることは、考慮されますか?
   考慮される場合、実際に処方するお薬は抗うつ剤ではないものになるのでしょうか?

不安感を感じる対策として軽度の抗うつ薬を服用するケースは割と一般的に存在します。
抗うつ薬ではなくて睡眠薬だったりすることもあり、診断結果から判断されます。
ただ、うつ病と診断されることを希望して抗うつ薬の処方箋を書くと、昨今事件になっていますから医師の側はわりと慎重になると思われます。


どうも質問文の様子からだと、相当ストレスを抱え込んでいるようです。
長期にわたって過剰なストレスを抱え込むとうつ病などの精神疾患にかかります。
現状、あなたがネットから得たうつ病の症状と違うからと言っても、うつ病なのかもしれませんし、一歩手前の危険な状態なのかもしれません。
まずは医師の診断を受けることをおすすめします。
未病のうちに手を打てるならそれに越したことはありません。

また、うつ病かどうかは結果でしか無く、根本的な解決方法は、本人が家計のやりくりで執着的に問題を抱えこんでしまっていることのようですので、このストレスから解放させてあげる必要があります。

何が原因で何が結果なのか一度整理すると本人もあなたも落ち着くんじゃないでしょうか?
医師やカウンセラーは病気そのものの対処は出来ますが、根本的な原因となっている家庭の問題はが踏み込めない領域です。

>1.上記のような状態でも、心の安定のために病院に行った方が良いですか?

心療内科かメンタルクリニックです。
心の安定というよりも、正確には病気の診断が目的となります。
病気でなければ特に治療が必要ではありませんが、病気と診断されるようであれば早期治療をした方がよい結果が期待できます。気の持ちようで説明できるものではありませんので医師の診断に従いましょう。。

> 2.「うつ病」と「自称うつ」は見分けが付くものなのですか?
経験が豊富な医師なら見分けはつきます。また、診...続きを読む

Qうつ病と保険についての質問です。うつ病では医療保険や生命保険に加入でき

うつ病と保険についての質問です。うつ病では医療保険や生命保険に加入できないことをこのサイトで学びました。また完治しても5年以上経過しないと、保険に加入できない事を知りました。そこで質問です。

(1)うつ病と診断される前に医療保険に加入していれば保障は受けられたのでしょうか?
(私は今年の3月にうつ病と診断されました。たとえば2月に医療保険に加入していたら、毎月保険の支払いをして、病気にかかった時は保険金を受け取る事ができたのでしょうか?)

(2)うつ病にかかって、医療保険に加入していなかった方が「がん」などにかかった場合、高額な治療費を
自分で払えなかったらどうされているのでしょうか?

以上です。27歳の女性ですが、ただでさえうつ病で将来の不安を抱えている時に、「保険に加入できない」と聞いて悩みが増えました。5年以内に大病にかかったり、交通事故にあったりしたら、どうすればいいのだろうか、家族への負担が増えてしまうのではないかと不安が募ります。
親は地方で、私は一人東京に出て働いています。親も50代後半で、あと数年で退職です。老後にもお金がかかるのでえ不安です。(ちなみに一人娘なので老後は私が責任を持つ必要があります。)

周りに相談できる人が誰もいません。どなたか教えて下されば幸いです。よろしくお願いします。

うつ病と保険についての質問です。うつ病では医療保険や生命保険に加入できないことをこのサイトで学びました。また完治しても5年以上経過しないと、保険に加入できない事を知りました。そこで質問です。

(1)うつ病と診断される前に医療保険に加入していれば保障は受けられたのでしょうか?
(私は今年の3月にうつ病と診断されました。たとえば2月に医療保険に加入していたら、毎月保険の支払いをして、病気にかかった時は保険金を受け取る事ができたのでしょうか?)

(2)うつ病にかかって、医療保険に加入して...続きを読む

Aベストアンサー

(1)どんな保険でもそうですが、『責任開始日』というものがあります。お金を払っていても、責任開始日以前に起きた事故(病気)には保険金は降りません。詳しくは、約款を確認された方がいいかと思います。
(2)『高額療養費』という制度があり、一定額以上に支払った医療費は、申請すれば戻ってきます。これも少しややこしいので、保健所に行かれた時に相談してみてください。

ここの回答は(私の回答も含めて)絶対確実ではありません(と書くと余計に不安にさせてしまうかも知れませんが)。
いろいろ気になるとは思いますが、夜はしっかり寝て、日中に確実な問合せ先に確認された方が良いのでは、と思いますよ。

Q【うつ病と地黒の関係性】すぐに日焼けする色黒の人はうつ病になりにくいそうです。昔はうつ病=色白=

【うつ病と地黒の関係性】すぐに日焼けする色黒の人はうつ病になりにくいそうです。

昔はうつ病=色白=日に当たってないからという図式だったと思うのですが、最近の研究によると地黒の人はそもそもうつ病になりにくい性質なのだそうです。

うつ病だから色白じゃなくて、色黒はうつ病になりにくい。

この研究結果はどこが出典なのでしょうか?

これは本当ですか?

Aベストアンサー

違うと思います。色が黒いと言うことは太陽の下で働く人が多いという意味でしょう。
農業、建設業そんな人たちは肉体的には疲れるけど、精神的には疲れないので鬱病などになりにくいのだと思います。
 当然鬱病の人たちのデータを取ったらあまり日焼けしていない人が多いのだと思います。

Q【医学】「うつ病」と「適用障害」 適用障害はうつ病の中に含まれますか? うつ病と適用障害はまた別物で

【医学】「うつ病」と「適用障害」


適用障害はうつ病の中に含まれますか?

うつ病と適用障害はまた別物ですか?

適用障害って治る病気なんですか?

タダのバカってこと?

バカだから仕事を全う出来ない。

適用障害はバカっていう産まれつき運がない頭が悪く産まれてきたので諦めるしかない?

Aベストアンサー

「適用」障害ではなく「適応」障害です。確かに遺伝的になり易い人となりにくい人が居ますが、それは巨大な脳の能力のほんの一部で、人間の能力全体から見ると些細すぎる。なお適応障害は「対人障害」ですので、あなたの周囲に「原因が居ます」。そいつを潰すか自分が逃げるかすると治ります。配偶者だと悲惨だなー。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報