form fllows functionについて教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

日本語で言うと、「形態は機能に従う」ですね。

建築家フランク・ロイド・ライトの師匠であるサリバンの言葉です。それまでの建築のデザインは、機能とは無関係な装飾(レリーフなど)で埋め尽くされていました。それに対してサリバンが提唱したのは、無駄な装飾は取り除き、必要から生まれた形態は美しいという考え方でした。現代ではふつうに使われている「機能美」という概念を最初に唱えたという意味で、近代デザインの先駆けといえるでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバッハとピアノの関係のついて

『バッハとピアノの関係』についてレポートを書かなければならないのですが、何を書いたらいいのかわかりません(;_;)助けてください。お願いしますm(._.)m

Aベストアンサー

どのようなアプローチでかけばよいのかわかりませんが。。。

歴史的事実として、バッハの時代に、まだピアノはありませんでした。
ピアノのかわりにあったのは、チェンバロです。
ピアノができたのは、モーツアルトからベートーベンの時代、現代のような
ピアノがほぼ出来あがったのが、ショパンの時代です。
また、鍵盤楽器では、教会のパイプオルガンとチェンバロが主流であり
バッハは特にオルガンの名手でした。
したがって、バッハがチェンバロ用に作曲した曲を、今日ピアノで
弾くということは大変多いわけです。

ですから、「バッハとピアノの関係」というと、私個人の意見ですが、
チェンバロ用に作曲された曲をピアノで弾く場合どう言う風に弾くか
という議論ができると思います。
おそらく傾向としては2つあって、
1.ピアノでもチェンバロのような音になるように弾く。たとえば、音の強弱などはなるべく抑える。
2.現代ピアノの特性を生かして弾く。バッハの時代にはチェンバロという機能の限定された楽器をつかっていたから、強弱記号が楽譜に少ないだけで、そう言うものは演奏家が補って弾くべきである。
これが、主な2つの傾向で、これについて思うところを論ずればよいのではないでしょうか?
また極端な意見として、
3.バッハの曲は、チェンバロ用に作曲されたのだから、必ずチェンバロで弾くべきでピアノで弾くべきではないという意見もあるかもしれません。。。

「バッハとピアノの関係」というと、以上のように、演奏法について思い浮かびます。
それ以外では、バッハは先輩作曲家、たとえばビバルディの協奏曲を大変たくさん
チェンバロで演奏できるように編曲しているのも特徴です。
これが「バッハと鍵盤楽器の関係」なら、バッハとオルガンの関係など、いろいろ
書くことがたくさんありますが。
いかがでしょうか。

どのようなアプローチでかけばよいのかわかりませんが。。。

歴史的事実として、バッハの時代に、まだピアノはありませんでした。
ピアノのかわりにあったのは、チェンバロです。
ピアノができたのは、モーツアルトからベートーベンの時代、現代のような
ピアノがほぼ出来あがったのが、ショパンの時代です。
また、鍵盤楽器では、教会のパイプオルガンとチェンバロが主流であり
バッハは特にオルガンの名手でした。
したがって、バッハがチェンバロ用に作曲した曲を、今日ピアノで
弾くということは大...続きを読む

Qグレード試験のついて

YAMAHA演奏グレード4級を目指し試験受験中ですが、いつも本番で失敗してなかなか思うように点数が取れません。自由曲は合格点のため、追試しています。
今は即興Aを15点、即興Bを16点目標でいます。

ちなみにもうすでに3回も不合格になっていて、自分の実力のなさ・本番の弱さに落ち込んでいます。

何かアドバイスがあれば宜しくお願いします。

合格している人は1回でも合格できると思うのですが、ちなみに4回以上試験に挑戦した方っていますか?
やはりそんなのは私ぐらいなものでしょうか・・・(泣)

Aベストアンサー

本番の弱さについてはアドバイスできます。
試験でもなんでも、ちゃんと曲を纏わないとダメです。

テストだからかっこよくやってやろう。
テストだから失敗は絶対に許されない。
即興と言えど理論に逆らってはならない。

こういった意識はすべて敵です。実技はすべて楽しむこと・・・
楽しくなくてもノリをつかみ、曲を体に纏うように演奏することです。
ステージに立てば泣いても笑っても一回限り。ならば、自分のできることを目いっぱいやってやればいいのです。

頭の固い先生がどんな文句を言おうとも、演奏が終わって「ずいぶん楽しませてもらった。満足のいく演奏だった。」と思えたならば、誰がなんと言おうが合格です。

そんなつもりでやっていたらうっかりコンテストで優勝しちゃった。
と言うのがほとんどのパターンです。
私は音楽に優劣や基準を設けることを嫌うタイプなので、試験攻略法はさっぱりわかりませんが、専門学校時代は得てしてこの方法ですべての試験で成績、名誉を総なめにしてきました・・・。

一番の自慢は「コンテストの審査員をサポートするための補助」と言う名目で、生徒がいちいち出演者を評価して提出すると言うのがあったのですが、私の評価(順位付け及び優勝者)がプロの審査員と見事一致したそうです。(賞品は金メッキの音叉『まったくもって役に立たない』)

このときも単にいいなぁと思った正直な気持ちを書いたにすぎません。
発明家のエジソンは、一からスタートして大企業にまで成長させておきながら「私は一生涯、労働をしなかった」と話したそうです。
不合格を悔しがるよりも、試験という言葉を忘れて楽しむことが実力を最大限に発揮する方法です。

本番の弱さについてはアドバイスできます。
試験でもなんでも、ちゃんと曲を纏わないとダメです。

テストだからかっこよくやってやろう。
テストだから失敗は絶対に許されない。
即興と言えど理論に逆らってはならない。

こういった意識はすべて敵です。実技はすべて楽しむこと・・・
楽しくなくてもノリをつかみ、曲を体に纏うように演奏することです。
ステージに立てば泣いても笑っても一回限り。ならば、自分のできることを目いっぱいやってやればいいのです。

頭の固い先生がどんな文句を言お...続きを読む

Qグランドピアノ購入ついて

グランドピアノって必要なのでしょうか?
よく、こんな質問をサイトで目にします。
するとピアニスト擬きさんが「必ず必要です」とか「アップライトは楽器じゃない」とか、色々いいますよね。
アップライトも楽器ですのに…
中にはグランドより優れたアップライトも有ります。逆を言えばアップライトより劣るグランドも有ります。 構造が違うから
音質を探求するには、等の理由でグランドを持ち上げる方々が多数いらっしゃいますが、アップライト弾きこなせない方が、グランドを弾きこなせる訳が無いと私はそう思っています。
現在ピアノの先生方や楽器店さんは「いやーアップライトよりグランドですよ!」なんて言いますが、それはつまりビジネストーク。
小学生にグランドピアノ買い与えるお母様方も居ますが、聴き分けられる耳が無ければ無用のモノになるし、
さて、本題が最後になってしまいましたが10年以上前に音大を出て、(その時一度グランドピアノは処分しました)既婚した私。これから再度コンクールへ出ようと思いますが、グランドピアノは本当に必要なのでしょうか?悩むばかりです。

Aベストアンサー

>「この世に同じ楽器は二つ無い」訳ですので、当日あたふたするのは同じですよね(^_^;)

その辺は本当に特殊だと思います。ただ、その辺の微妙な差の近さとかはあると思いますね
あとは弦が長いほどダイナミクスは取れると思いますので
その表現の幅というのですかね。

音程やメンテナンスもプロに丸投げなのも楽器として特殊だなと思います。
一方で持てる楽器の差がダイレクトに出ないっていうのもあるかもしれませんが。
ショパンコンクールとかだとピアノ選んだりはできますが。普通ないですよね。

それで、先の目標がコンクールだけなのかと前の回答でも書きましたが
その先に仕事につなげる気があるのかどうかも重要だと思います。
たとえばお教室を開くとか。そうなるとグランドを置くと防音とかも手がいるかとは思いますが
アップライトでもお教室できますし、それはそれで良いのですが
置ける環境なら、置いた方がいいっていうのはあると思いますし
たとえば譜面立てもコンクールは基本暗譜ですが
お仕事をするつもりなら、リサイタル、コンサートクラスでの演目なら暗譜だとしても
ちょっとした慰問やサロンコンサート、イベントでの演奏や伴奏、といった場合なら
楽譜を見ての演奏もあり得るのではと思います。

補足を見た上でご主人がそこまで必要なの?って思ってて
あなたもそこまで必要なの?って思うなら
アップライトから初めて、必要になってからっていうのもいいとは思います
もしこれからお子さんとか考えているなら、産んでみないと
どうやって続けていけるか未知な部分もありますしね。
逆にお子さんが弾くようになったら二人分のコストだと思って購入することもできるかもしれませんし。

>「この世に同じ楽器は二つ無い」訳ですので、当日あたふたするのは同じですよね(^_^;)

その辺は本当に特殊だと思います。ただ、その辺の微妙な差の近さとかはあると思いますね
あとは弦が長いほどダイナミクスは取れると思いますので
その表現の幅というのですかね。

音程やメンテナンスもプロに丸投げなのも楽器として特殊だなと思います。
一方で持てる楽器の差がダイレクトに出ないっていうのもあるかもしれませんが。
ショパンコンクールとかだとピアノ選んだりはできますが。普通ないですよね。
...続きを読む

Q困っています。どんな情報でもかまいません。ゴレゴリ-・コルベールについて教えてください。

先月の5/24日の“NEWS23”の特集で紹介された『グレゴリ-・コルベール』というアーティストに関する情報が頂きたいです。
視聴者センターに問い合わせてもアーティスト名(しかもカタカナ)しかわからず、本当に困っています。
せめて名前の綴りか過去の作品名などがわかれば幸いなのですが...。
何でもいいので情報をください。お願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

 
Gregory Colbert は、名前からするとフランス人のようですが、カナダ人の写真家です。どういう経歴の人かよく分かりません。

参考URLには、彼が、かなり著名な写真家であったが、展覧会に出品することなく、個展もなく、「秘密の作家」として知られ、その作品は、裕福な一部コレクターだけがプライヴェートに持っていたと言うようです。またそれらの人が、彼を支援して来たようです。

今回、「Ashes and snow」がイタリアのヴェネツィアで開かれ、検索すると、そればかり出てきます。以下の参考URLは、別の観点からコルベールを取り上げています。彼は、野生動物保護に関心があるようで、「人間と動物の神秘的関係」を求め、世界中を旅し、27回に及ぶ旅を通じて、動物の写真を撮影したとされます。

彼は、支援者によって、壮大な航海を試み、海の生物との交流を計ったとされます。それには巨額の費用がかかったとされます。

42歳にして、9年余の旅行の後で、ヴェネツィアにて、最初の展覧会を彼は開くことになったようです。それは、ヴェネツィア・ビエナーレが所有する、ルネッサンス期の造船所「Arsenale」を会場とし、広大な空間に、彼の巨大な作品が展示されています。

鯨、象、マナティー、帝王鷲、その他、多数の生物の生態を示した、多数の写真が、公開されているということです。

Gregory Colbert で検索すると、たくさん出てきますが、今回の展覧会のことを取り上げた記事がほとんどのようです。過去の作品等はよく分かりません。「秘密の作家」ですから、いままで知られていなかったのでしょう。

>IHT: Making the world of animals come alive
>http://www.iht.com/articles/55689.htm
 

参考URL:http://www.iht.com/articles/55689.htm

 
Gregory Colbert は、名前からするとフランス人のようですが、カナダ人の写真家です。どういう経歴の人かよく分かりません。

参考URLには、彼が、かなり著名な写真家であったが、展覧会に出品することなく、個展もなく、「秘密の作家」として知られ、その作品は、裕福な一部コレクターだけがプライヴェートに持っていたと言うようです。またそれらの人が、彼を支援して来たようです。

今回、「Ashes and snow」がイタリアのヴェネツィアで開かれ、検索すると、そればかり出てきます。以下の参考UR...続きを読む

Q群馬県でリトグラフを教えてくれる良い教室を教えてください。

群馬県でリトグラフを教えてくれる良い教室を教えてください。


私は渋川市にすんでいます。

Aベストアンサー

こちらの一番下の方に問い合わせてみたらいかがでしょう…

http://www2.ttcn.ne.jp/~gunhanga/

参考URL:http://www2.ttcn.ne.jp/~gunhanga/


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報