准看護の勉強をしている学生です。
テストで「誤嚥によって起こるのは院内肺炎である」という問題がありました。

私は医療介護関連肺炎(以下:医)だと思い×にしたのですが、
クラスメイトが言うには(医)は院内肺炎に含まれるから○だと言っていました。

教科書には(医)は市中肺炎や院内肺炎でみられる菌が関与とは書いてありますが
(医)が含まれるとはかかれていません。
また、院内肺炎のところに誤嚥に関することは書かれていませんでした。

授業を聞いていなかったわけではないのですが、
プリントにもそういったことをメモっていませんでした。
どう分類されるのかがわからなくなってしまいました。

クラスメートの説明で考えたところ、
自宅で食事をしていて誤嚥して肺炎になってしまった場合は?
と疑問に思いました。(問題には場所は書かれていないため)

二つの肺炎は違うものなのか、
院内肺炎の中の一つなのか、詳しく教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

院内肺炎の定義は


入院後48時間以降に発症した肺炎

医療介護関連肺炎の定義は
以下の(1)―(4)のいずれかに当てはまる肺炎をNHCAPとする
(1)長期療養型病床群もしくは介護施設に入所している
(2)90日以内に病院を退院した
(3)介護を必要とする高齢者・身障者
(4)通院にて継続的に血管内治療(透析,抗菌薬,化学療法,免疫抑制薬等による治療)を受けている

問題の答えに関してはあなたの考えが正しいと思います。
どちらにも当てはまる場合もありますが、どちらか一方だけのこともありますし、どちらにも属さない市中肺炎もあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

医療介護関連肺炎の定義、とてもわかりやすくて助かります。

お礼日時:2014/06/13 01:25

・肺炎は従来、発症場所別に市中肺炎(CAP)と院内肺炎(HAP)の2つのカテゴリーに分けられ、日本呼吸器学会でもそれぞれに対応するガイドラインを作ってきたが、これだけはカバーしきれない新しいカテゴリーとして医療・介護関連肺炎(NHCAP)を定めた。


・NHCAPの議論の始まったきっかけは、2005年に医療ケア関連肺炎(HCAP)という新たなカテゴリーが米国胸部学会と米国感染症学会が合同で作成した院内肺炎ガイドラインのなかで提唱されたことだ。
・日本の場合、米国でHCAPとされる肺炎の発症時点ではまだ入院していることが多くHAPと扱われるため、どこで区切るかが課題だった。結局、長期療養型病床群や介護施設の入院患者も含めることとなり、特に介護を重視した形でカテゴライズした。

<NHCAPの定義>
(1)長期療養型病床群もしくは介護施設に入所している(注1)
(2)90日以内に病院を退院した
(3)介護(注2)を必要とする高齢者・身障者
(4)通院にて継続的に血管内治療(透析、抗菌薬、化学療法、免疫抑制薬等による治療)を受けている
以上の、(1)-(4)のいずれかに当てはまる肺炎をNHCAPとする。
(注1)精神科病棟も含む
(注2)介護の基準:PS3(限られた自分の身の回りのことしかできない。日中の50%以上をベッドか椅子で過ごす)以上をめどとする

門田純一(大分大学教授・日本老年医学会)を参照した。


【参考】

<院内肺炎>
院内感染による肺炎とは、なんらかの病気のため入院中に、病気の原因となる微生物が肺の中に侵入しておこった肺炎のすべてをいいます。

<市中肺炎>
市中肺炎とは病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎で、肺結核、院内肺炎、日和見肺炎、閉塞性肺炎、大量誤嚥(胃酸)による肺炎、慢性下気道感染症の急性憎悪などを充分に鑑別する必要がある。


<参考URL>
第2章 図2-3 5ページ参照

参考URL:http://minds4.jcqhc.or.jp/minds/NHCAP/CPGs2011_N …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

医療介護関連肺炎は新しいカテゴリーであるということでスッキリしました。
含まれるものではないんですね。

お礼日時:2014/06/13 01:34

×でいいと思いますが、難しく考えすぎではないでしょうか。



誤嚥によって起こる肺炎は?という問題があるとしたら、
答えは誤嚥性肺炎で、これ以外の答えはないでしょう。
問題文が本当にそのままの文章であるならば、単に言葉の定義をきいているだけの問題だと思います。

誤嚥性肺炎と院内肺炎(あるいは医療介護関連肺炎)というのを並列に考えてはいけません。
前者は起こった原因のことを言っていて、後者は起こった場所のことを言っています。
両方を満たす肺炎もあるし、そうではない場合もあります。
イコールで結ばれるような関係ではありません。

逆に、院内肺炎は誤嚥によって起こる。という問題があったとしても
×でしょうね。正確には△なんでしょうが、問題としては×です。

>自宅で食事をしていて誤嚥して肺炎になってしまった場合は?
誤嚥性肺炎でしょう。これが例えば在宅介護・経鼻経管栄養の患者であれば、医療介護関連肺炎であるとも言えましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

誤嚥性肺炎は知ってはいましたが、授業の中では取り扱われていませんでした。
なので「誤嚥」と場所を結び付けようとしてどんどん混乱していったのかもしれないです。

お礼日時:2014/06/13 01:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q視床が関与する特殊感覚経路と非特殊感覚経路とはどういうものなのか、教えてください。

視床が関与する特殊感覚経路と非特殊感覚経路とはどういうものなのか、教えてください。

Aベストアンサー

難しい事を聞きますね。概略は以下。

特殊感覚とは嗅覚・味覚・視覚・聴覚・平衡感覚。
この内、嗅覚は視床を経由しないでダイレクトに嗅覚野へ伝達。

視床が関与する特殊感覚経路は、味覚・視覚・聴覚・平衡感覚がどういう神経経路で大脳へ伝わるかを言ったもの。
・味覚
舌神経→顔面神経→鼓索神経→孤束核
舌咽神経→孤束核
孤束核→視床→大脳皮質味覚中枢
・視覚
網膜の杆体細胞と錘体細胞→視神経→視床→大脳後頭葉の一次視覚野
・聴覚
蝸牛→聴神経→視床→大脳側頭葉の聴覚野
・平衡感覚
平衡感覚器(耳石器・半規管)→内耳神経→視床→大脳・小脳→筋肉や眼筋

非特殊感覚とは大脳皮質全体の興奮性を高め,覚醒,意識水準の維持にはらく機能を言う

非特殊感覚経路
感覚刺激→脳幹網様体→小脳(非特殊感覚経路)→大脳皮質全体→覚醒・意識水準の維持など

Qマイコプラズマ肺炎のCRP

マイコプラズマ肺炎に罹患しているのに、CRPが上昇しない例があると聞きました。それはなぜですか?

Aベストアンサー

臓器の障害というより細胞が壊死に陥るというような事だろうと思います。感染症でなくても心筋梗塞などでもCRPが上昇しませんか。

Q有機溶剤に含まれる物質がBBBを通過した後

BBBを通過した後の有機溶剤に含まれる物質はどうなりますか?
蓄積されるのか、
異物としてマクロファージのような免疫系が働き、駆除されるのか、
それとも脳細胞にくっ付いてその物質と共に破壊されるのか、ご存知の方いらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

たとえばトルエンは脳や脂肪の脂質にくっつきますが、基本的には脂質への親
和性はそう高くないので血中濃度が下がればどんどん脂質から遊離していきます。
血中濃度の低下は肝臓での代謝・分解でもたらされ、最終産物として馬尿酸が
生成され尿から体外に排出されます。よって、普通の肝機能であれば脳内の
トルエンの濃度もどんどん低下します。

ただし、長期暴露するとトルエンによる脳内物質(ノルアド、ドーパミン)
の生成・代謝に不可逆的な影響がおこります。それによって身体的依存が
生じます。すわわち、身体的依存はトルエンが脳の残っていることによって
起こるのではなく、トルエンによる脳内物質代謝の永続的な破壊によっておこ
るという事です。

Q外科医の方に質問です。

手術中、糸を結ぶ時に、手袋は切れていないのに手が切れていたという経験はありますか?
また、そのような事があり得ると思いますか?

Aベストアンサー

 >手術中、糸を結ぶ時に、手袋は切れていないのに手が切れていたという経験はありますか?

 外科医ではありませんが、回答します。
 そのような経験は、ない。


 >また、そのような事があり得ると思いますか?

 可能性はあるかもしれないが、あり得るとは言い切れない。

Q医大学生向けの中古参考書の売却

どんな古本屋さんが買ってくれるのでしょうか?
やっぱり二束三文でしょうか?

Aベストアンサー

book offに持って行きました。どうやって本の価値を評価しているのか全く不明ですが、半分以上は0円でした。残りも数十円で総額10万円位の本が全部で200円程度でした。労賃にもなりませんでした。ちり紙交換のほうが簡単でよいかもしれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報