あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

私は、世代的に「日本は戦時中自国民にも他国にも酷い事したし、アメリカからも攻撃された。戦争は悪い事です。」
と「罪を憎んで人を憎まず」論が学校で一般的でした。
GHQ監修の賜物ですね。

が、事実はもっと複雑で、欧米は未だに植民地を持ち他国の政治をめちゃくちゃにするのに加担。
韓中が日本に苦言を漏らせば、欧米も「それは許されない事だね。」と。

アメリカ兵が日本兵の頭蓋骨を土産品に持って行った事や、現代も続く海外赴任のアメリカ兵犯罪も無い事の様にあの国は振る舞っています。

アメリカは中東の虐待事件で”同性愛行為”を強要したという情報もある。
イスラム圏では同性愛は罪なので、それを人前で強要されるという事は、背景を考えてかなりの苦痛でしょう。キリスト教原理主義に同じ事させる様な物です。

人の国どーの言う前にお前の国どうだみたいな国も「日本は、戦時中の罪を忘れてはならない!」

わかりますよ。当時の日本軍は酷い奴もいた。
でも、人道的戦争なんてないんです。どの国も暗黒面があります。

日本はけなしやすいのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

アメリカも日本もただ神の前で罪人であります


みな悔い改めればいいだけです
その時は、あいつはどうこう、こいつはどうこうではなく、自民族のために悔い改めるべきです。
    • good
    • 0

何故かって簡単です。



日本は政治的に言えば、国際社会ではいまだに「敗戦国」だからです。
国連は英語では「戦勝国連合」と呼びます。つまり国連の目的は、戦勝国が敗戦国を縛り付けるのが目的です。

国連が中立で、公正公平な機関だと思っている日本人は、それは間違いだと言う認識を持つべきでしょう。



そして、国際社会は弱肉強食です。弱点を突くのが国際常識です。敗戦国は敗戦の歴史が弱点なのでそこを付いて実りを得ようとする連中が出てきます。

ドイツなんかはその弱点をスルーする処世術を持っていましたので、今ではそんな弱点克服していますが、日本は朝日新聞などのマスコミ一連がかすり傷を化膿させるくらい騒ぐので、日本はその弱点が効果的になっています。効果がある事は敵国はやってくるので、韓国や中国は積極的にやっています(最近はそれしかやる事がなくなっているともいえますが。)


日本が未だに歴史認識で騒がれるのは、その弱点がいまだに効果的だからです。
効果のない事は、相手は馬鹿じゃないのでやりません。(賢いとは言っていない。馬鹿じゃないと言っている。)
    • good
    • 3

 旧日本軍は、大正時代まで極めて統制のとれた、レベルの高い軍隊でした。



 1900年の義和団事件では、北京を占領した各国軍隊が民間人に暴行などを加えたのに対して、日本軍占領地域は民間人も安全で治安が良かったようです。


 また、第一次世界大戦では、捕虜の扱いも極めて人道的でした。

 坂東俘虜収容所
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BF%E6%9D%B1% …

 中国戦線の上級指揮官であった岡村寧次大将資料からは、統制のとれていた日本陸軍の綱紀が乱れていく様子がうかがえます。
 http://www.geocities.jp/yu77799/okamura.html

 
    • good
    • 0

世界は強敵日本をいやというほど


味わいました。

アメリカだけでなくイギリス、中国、オランダなどを相手に三年も戦えた底力は驚異です
しかも、兵隊さんは みな一様に責任感あり、死ぬのをおそれずに任務を全うしようとします。

中国もロシアも
相手が弱い時なら果敢に攻めてきますが反撃された途端、逃げ出します。責任感などないのです。敵前逃亡になろうが自分の命優先です

アメリカもイギリスも軍備は日本以上のものがありましたが、死ぬのが怖いので日本人の死をおそれずに立ち向かう戦闘能力に驚きました

いつかは日本に
天下をとられてしまう

アメリカもイギリスもロシアも中国もそう考えています

そこでてっとり早く日本を無力化するために戦争の放棄を含む憲法を制定し

戦略政策において日本軍の悪行を
あることないこといっしょくたんにして日本人に自虐思想をうえつけました

こうすれば
日本軍は再編されません

日本を悪者扱いにするのは、なおも日本人に自虐思想を植え付けさせるためです

日本の平和憲法てのは
戦争は他国任せということです

日本のために
アメリカ人が
戦い戦死したと
しても日本は
戦わないという
宣言ともとれます
日本人は驚異なんですよ

東日本大震災で
配給を割り込みもなしに待っている姿がうつしだされましたけど
他国ではみられない現象です

自分勝手は慎む、みんなのために
なるように生きる
このような是を
日本人は心底から持っているので
死をおそれずに
国を守るために
戦えるのです

中国やロシアは
戦争の時
どうしました?
ドイツに押し込まれたロシアは撤退、撤退
日本に押し込まれた中国も撤退、撤退
逃げることしかしないんです
国土が広く、相手が補給できなくなって負けなかっただけで実に無責任な軍隊なんです
だから日清、日露は日本が勝って当たり前だったわけ
中国やロシアは自分の命を投げ打ってまで任務遂行しないんです
そのくせ相手が弱いとみるや
めちゃくちゃに
いびる
そんな軍隊なんです

フランスもドイツの電撃戦にあっというまに
破れましたし
イギリスも島国だったから助かったようなものです

アメリカもその国力からすれば簡単に日本を倒せる実力がありながら
日本軍の任務遂行能力の高さと責任感の強さに苦戦して最後は見境もなく民間人殺戮の
原爆投下や空襲ですが日本人に驚異を感じたからでしょう

さて世界はそのような強い日本軍が復活されると困るので日本人を悪者にし自虐思想を植え付けてるんですけど

日本は悪いことをしたといいますがその当時の世界情勢からして、仕方ない対応でもあったのです

中国は欧米列強に侵食されね力を失い内戦状態で国として成立していませんでした

そこで日本が治安をおさめるために動いたら

アメリカがやめろとなったわけ

やめないと
石油を売らないとなりました

これは石油算出国でない日本に対しての死刑宣告

そこで日本は石油があるインドネシアを奪うために東南アジアを占拠した

中国から退散する選択肢もありました
でも、それはもう事実上不可能だったのです

自衛のためにアメリカと戦うしか
日本の生きる道はなかったとするのが当時の人の考え方

ですから生きるために必死に勇敢に戦って史上まれにみる強敵だったんですね

だからあそこまで領土拡大しました
ですが補給がきかなくなり
そもそも地下資源に乏しいので
勝ち目はなかった
というわけでね
覇権主義時代と
いう強いものが
勝ちの時代に

弱い日本が強いアメリカに睨まれて仕方なく生きるために戦争したんですね

すると覇権主義というものの考え方がそもそも悪かったにいきつくんだけど

そうなるとイギリスやアメリカが最大の悪者になるから

日本にぬれぎぬをきせているんですよ
    • good
    • 2

”何故、いつも日本は悪者なんでしょう。


   ↑
そう思っているのは、中国人、韓国人、そして
日本人だけです。

何時、どのような調査をしても、日本は世界で
トップクラスに尊敬されている国だ、という
結果が出ています。

それを面白く無い、と感じているのが中韓と
日本人です。


「日本は戦時中自国民にも他国にも酷い事したし、アメリカからも攻撃された。
 戦争は悪い事です。」
   ↑
31代大統領フーバーは、ルーズベルトを、日本を戦争に
引きずり込んだ狂気の男、という書見を残しています。
マッカーサーは、日本は自衛戦争をしただけだ、と
議会で証言しています。
悪い事をした、なんて言っているのは中韓と日本人だけです。


”日本はけなしやすいのですか?”
   ↑
物理的占領が終わると、次は心理的占領をやります。
日本も同じで、これを
ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム
(War Guilt Information Program)
といいます。
つまりあの戦争で悪いのは日本だ、という洗脳工作です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9% …

日本の左側の人がこれに乗り、マスコミを使って日本悪玉論を盛んに
宣伝したためです。

つまり、
日本は負けたから悪者にされただけです。
勝利していたら、英米や中国が悪者になっていたでしょう。
    • good
    • 1

単に、敗戦国だからです 「勝てば官軍、負ければ賊軍」です

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦争のとき日本はアジアでひどいことしてたのですか?

天皇陛下がパラオを訪問するにあったってのお言葉に、私はとても感動しました。
私は、謙虚で優しくて親しみのある天皇陛下と皇后陛下が、とても好きです。

「終戦の前年には,これらの地域で激しい戦闘が行われ,幾つもの島で日本軍が玉砕しました。この度訪れるペリリュー島もその一つで,この戦いにおいて日本軍は約1万人,米軍は約1,700人の戦死者を出しています。太平洋に浮かぶ美しい島々で,このような悲しい歴史があったことを,私どもは決して忘れてはならないと思います。」

テレビで観ているとパラオの多くの人々は、今回の天皇陛下と皇后陛下を好意的に迎えてくれたように感じました。

でも、内田洋行のサイトの中の「海外の教科書は、日本をどのように教えているか? 」を読むと、日本がアジアで行ったことが下のように書いてあります。

日本は戦争中、本当にアジアでこのような残虐なことを行ったのでしょうか?
真実を知るには、これから私はどのような勉強をしたらよいのでしょうか?
大人は右翼とか左翼とか言いますが、私は今のところどちらでもないです。
すみませんが、お教えいただけましたら助かります。
よろしくお願いいたします。

■インドネシア
「1942年3月、オランダが日本に降伏すると、民衆はいたるところで歓呼して日本軍を迎えた。日本もまたアジアの諸民族を白人の支配から解放するために進撃してきたことを宣伝し、インドネシア人は兄弟として日本と協力すべきだと主張したのである。
 日本は検閲を強化し、オランダ語と英語の使用を禁止し、インドネシア語を統一語として使用させた。しかし同時に日本語の普及にもつとめた。
 やがて日本の軍政は、インドネシア人の民族精神への干渉にまで及んだ。日本の天皇をマハ・デワとしてあがめさせ、その居住する東京に向かって頭を下げることを強制した」。
(中学3年生用『インドネシア史』1974)

■マレーシア
「日本は、マレー人の解放獲得への期待を裏切った。日本人はマラヤを、まるで自分たちの植民地であるかのように支配した。今度は彼らがイギリス人の座を奪ったのだ。日本人の支配はイギリスよりずっとひどかった」。
(中学2年生用『歴史の中のマレー』1988)

■フィリピン
「フィリピンの歴史における暗い時代は私たちの国を日本国が占領した時です。日本軍は、来たばかりの頃は、自分たちはフィリピン人の友達だといい、フィリピン人と日本人を結びつけるためアメリカを敵としました。彼らは、人々の食料や家財道具をはじめ、乗り物や大きな家々も取り上げました。彼らはまた、とらえた人々を拷問し、殺しました」。
(小学校4年生用『歴史』1977)

 さらに、日本がこれらの国を占領していたときの、日本軍の残虐行為についての記述も多い。
■マレーシア
「憲兵隊は一般の人々にとても恐れられた組織だった。憲兵隊は疑わしい人を犯罪が立証された罪人のように扱った。罪のない人間を罪人だと自白させるため、さまざまな残酷な拷問が行われた。彼らは、手や足のツメを抜いた」。
(中学2年生用『歴史の中のマレー』1988)

天皇陛下がパラオを訪問するにあったってのお言葉に、私はとても感動しました。
私は、謙虚で優しくて親しみのある天皇陛下と皇后陛下が、とても好きです。

「終戦の前年には,これらの地域で激しい戦闘が行われ,幾つもの島で日本軍が玉砕しました。この度訪れるペリリュー島もその一つで,この戦いにおいて日本軍は約1万人,米軍は約1,700人の戦死者を出しています。太平洋に浮かぶ美しい島々で,このような悲しい歴史があったことを,私どもは決して忘れてはならないと思います。」

テレビで観ていると...続きを読む

Aベストアンサー

日本人だから、ということではなく、今後の世界を見て、当時の状況を俯瞰的に説明したいと思います。

当時の世界的状況
 第2次世界大戦の当時は、世界中のあらゆる国が西欧諸国の植民地になっていました。その中で独立を保っていたといえるは、アジアの国では日本とタイ、状況的には中国・朝鮮ぐらいなものでした。
 ただし、タイは世界的な発言力は弱く自国の独立を維持するのがやっと、中国は清が弱体化しすぎて国民党や共産党などが抗日運動を起こしているぐらいの状態で、国歌として安定していたのは日本ぐらいです。

当時の日本を取り巻く状況
 日本は日清・日露と勝ち、第一次世界大戦でも犠牲は少なかったのに戦勝国になり、発言権を増している状態でした。またアジア大陸は朝鮮半島併合に始まり満州まで進出、太平洋は日付変更線の西半分はほぼ日本の委託統治である状態でした(この状態が今年のパラオ来訪につながります)
 
 つまり日本は西洋諸国同様、帝国主義国家であったということです。

もちろん、日本にも言い分はあります。
まず、朝鮮半島については日清戦争後の下関条約の第1条目に「中国(清)からの完全自主の独立をすること」と記載しています。次のロシアとの戦争も旅順という、朝鮮とロシアの領土を結ぶ場所が最大の戦闘地になりました。

日本にとって、今でも同じですが、朝鮮半島に「日本を攻撃したい」という勢力がやってくると、すごく困るからです。これは元寇の時代から変わりません。

そのため、膨張意思のロシア(革命後のソ連も同じ)、中国(当時は清がガタガタでいろいろな勢力が争っていた)などが朝鮮を奪おうとしていたのです。

肝心の朝鮮は清に助けを求めたり、ロシアに助けを求めたりで、日本としては「自主独立の気運がない」と考え、朝鮮併合に動いたともいえます。

またその先の満州国は、ロシアと中国が朝鮮半島に入ってくるのをちょうど邪魔する位置に設立され、本国日本の安全に寄与したといえます。

あ、日本からの視点から見てしまいましたので、これを外国の立場から見てみましょう。

朝鮮からの視点
朝鮮としては清にたすけを求めたいが、何を要求されるかわからない、ロシアは西洋人だからもっと怖い、でも倭国に助けを求めるのはプライドが許さない、と政府や貴族の多くは考えていたのだが、一部の親日派が一時的に政権をとったことにより、日本に併合されることになった。

ロシアからの視点
日本は明治以降(正確には江戸末期以降)、われわれが不凍港目指して南下するのを邪魔する。ソ連になったので、シンパを増やしてじっくり行こう

中国からの視点
国民党や共産党、抗日独立運動が主たる目的なのに、なんで内戦になるんだろうか、内戦しながら日本と戦うのは困難だし、他の西洋国にもつけ入れられてしまう。

西洋国の視点
日本は第1次大戦で、ずいぶんおおきくなったけど、最近満州国とか太平洋とか膨張主義じゃね?アメリカ「ちょっとヤバメ」ソ連「あいつらヤバい」

そうこうしているうちに、満州国から盧溝橋事件が起き「日本は膨張主義である」ということになっていくわけです。これが戦後「日本は侵略国家である」というイメージの発端であるといえます。

そして、ABCD包囲網からリットン調査団など、日本の「膨張主義」に対して警告が発せられ、日本はそれに対して抗議しますが、結局ハルノートの交渉が決裂し、戦争になります。

戦争になると日本二つの作戦をすぐに実行に移しました。
・太平洋上の主な敵はアメリカ軍なので、太平洋を日本の支配下に置くように攻撃をする
 まずは米軍太平洋艦隊の最大の基地、真珠湾を攻撃すること
・大陸においては、満州国と協力し、ソ連の南下を防ぎ(日ソ中立条約でしばらく防げた)、ABCD包囲網以来欠乏している石油を確保するために、インドシナ方面まで資源確保に侵攻する。

ということです。これは(当時としては)戦争を行っている国として当然の行動ですから、東京裁判でマッカーサーが「日本は防衛戦争を行った」と評することになるのです。

さて、ここからは主にアジアの視点が重要になってきます。戦争中から戦後にかけてです。
まず、最初にも書いたようにアジアの諸国はほぼすべて、植民地化されていました。日本が侵略したと言っても、相手は「西洋国」だったわけです。これは一つ重要なポイントです。
参考:大戦前地図 http://twitpic.com/aj4uyg
これを見ると清とタイ以外アジアのすべてが植民地であったことが分かります。(満州がないですけどね)

アジア人からすれば、日本軍が破竹の勢いでやってきて、白人達をバッタバッタとなぎ倒して侵攻していく様子は、確かに胸がすくような気持ちよさがあったでしょう。
その点からすれば、たしかに「アジア人は日本により解放の気分を味わった」のです。

しかし、当時は独立したアジア人国家があったわけではありません。結局のところ、西洋人の統治から日本軍による統治に変わっただけで、軍統治は常に緻密さに欠けますから(ずっとその土地で政府を維持していくわけではないし、主目的は戦争だから)、占領下の人々を虐殺したり、乱暴したりした、のも事実です。
 一例をあげると、事実かどうか疑われている南京大虐殺です。そもそも虐殺をするには「理由」があります。南京の場合は、便衣兵と言って市民と同じ服装でゲリラ的に戦う国民党兵などがたくさんいて、日本軍も取り締まりを強化していたのです。
 便衣兵は市民と見分けがつきませんから、一般市民も大量に連行されて拷問を受けたことでしょう。現代でもアメリカ軍のアブグレイブ刑務所のように同じ問題が起きています。
(このとき、客観的にみるためには「便衣兵はジュネーブ条約などの戦時国際法に明らかに違反している、ということも知っておく必要があるでしょう。あ、フェアにいえば日本も守っていた、とは言い切れません)

ココでは、南京大虐殺があったかなかったは論じませんが、具体的な事実と認定されていることに
・中国共産党政府は、南京大虐殺の被害者は20万人である、と公式に表明している。
・日本軍が攻め入る前の南京市人口は20万人、虐殺があったとされる時期の3か月後の人口は25万人と国際的な委員会が発表している。
・20万人という死者の埋葬場所などに論争がある。
ちなみに、20万人というのがどれくらいの規模かというと、昔GLAYが幕張で行ったコンサートが20万人でメッセの駐車場を全部使ってやりました。立っている人のスペースでこれぐらいですから、埋葬するために寝かせたら、相当なスペースを必要とするのは理解できるでしょう。
火葬をすれば灰になるので、処分スペースは小さいですが、燃やすための燃料と時間がかかります。
灯油だと一人あたり70リットルらしいので、20万人分だとタンクローリーで1000台近い燃料が必要です。これだけの燃料が集められるなら、その証拠(帳簿や資金調達や命令書など)があってもいいでしょう。
南京大虐殺が無かった、とは言いませんが中国の公式数字20万人には疑問が残る資料がいくつもあります。

後から戦争を検討する、というのは惑わされない数字をきちんと確かめながら、確認していくことが必要で、そうしないと「誰かの思惑」によって書かれた歴史を信じることになりかねません。

さて、話を戻しますが、日本の侵略をアジア人の視点からみれば、西洋が統治していたのが日本の統治に変わっただけです。統治はある民族が他の民族を支配するという形になるのが普通ですので、不満がでるのは当然です。日本人である私たちは、歴史上異民族に支配されたことがありません。つまり「多民族に支配される心の苦しみ」は経験したことがないのです。「アジアでひどいことをしたのか」というテーマで考える時にはぜひ心に留めておいてほしい、日本人の特徴であると思います。

台湾は日本びいきである、といわれます。日本の統治が良かったから、ではありません。日本の統治はやはり異民族の統治であり、それなりだったのですが、その後にきた自国民である国民党の統治があまりにもひどかったため「日本を懐かしむ」という空気が生まれました。韓国がそうならなかったのは、日本の統治後独立を果たしたからで、また他のアジアの国とちがいそもそも日本は朝鮮にとって中国・ロシアとならぶ侵略国家であった、ということです。

日本は「侵略統治を受けたことがない」と書きましたが、日本以外のほとんどの国は異民族の侵略を受けた経験を有しています。ですので「国の発展」とか「国家の躍進」には外国との戦争から学び、改革するのは当たり前であったといえます。

アジア人からすれば、西洋の支配をうけたのは「自分たちよりも強かったから」です。ですから、ドライな国際感情からすれば弱い者が強い者の支配を受けるのは当然なのです。滅ぼされるよりはまし、ということです。

日本に関して彼らが思うのは「それにしても、アジア人が白人をやっつけられるとは思わなかった」ということです。事実、戦前の日本にはインドのボーズ博士など「アジア自主独立」のための人材が豊富におり、いわばアジアの松下村塾のような具合があったのです。

そのような評価を振り返ってみれば「アジア独立の切っ掛けを作った日本軍」といういい方もできますし「日本軍統治は西洋と同様に過酷であった」ともいえます。

内田洋行のサイトを示されていますが、これ西洋の支配はどのように書いているんですかね?それを比較しないとフェアではない、と思いますがいかがでしょうか。

日本人だから、ということではなく、今後の世界を見て、当時の状況を俯瞰的に説明したいと思います。

当時の世界的状況
 第2次世界大戦の当時は、世界中のあらゆる国が西欧諸国の植民地になっていました。その中で独立を保っていたといえるは、アジアの国では日本とタイ、状況的には中国・朝鮮ぐらいなものでした。
 ただし、タイは世界的な発言力は弱く自国の独立を維持するのがやっと、中国は清が弱体化しすぎて国民党や共産党などが抗日運動を起こしているぐらいの状態で、国歌として安定していたのは...続きを読む

Q日本が韓国の援助をやめたらどうなりますか?

日本が韓国経済が危なくなった時に備えて
多額の債務保証をしてあげています。

しかし韓国人は、日本人に感謝をしていません。

ならばもし日本が通貨ウオンの後ろ盾の保証をやめたら
韓国経済及び社会はどうなるのでしょうか?(●^o^●)

国際経済及び国際社会に精通しているからの
真摯かつ真実のご意見アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

1900年代初頭に、朝鮮人から日韓併合をお願いされて以来、100年以上にわたって日本人は韓国・朝鮮のために色々な支援、投資、指導などを実施してまりいました。
しばしば日本国内の納税者利益は後回して、日本国内よりも立派なインフラ設備への投資を実施したほどです。
韓国・朝鮮を含むアジア各国が欧米列強に支配されない強い国になって欲しいからでした。

100年後の現在、その目的は見事に達成され、いまやアジア各国が世界経済の中心となり、白人どもが大金を払ってアジアの食文化やアジアの工業製品を買い求めるまでになりました。

誰のお蔭かは於いておき、韓国、朝鮮でも今や鉄道が走り、近代的医療施設があり、文字を読める国民が多く居る国になったのです。もう、日本からの特別の援助は必要ありません。

日本人は”足長おじさん”の役割を終了して良いのです。

これからは、日本と大韓民国は対等な隣国として、互いの経済力、政治力、防衛力を駆使して、自国民の利益を最大化するよう切磋琢磨するべき時代なのです。

領海が審判されたときには、互いに防衛力を駆使してその侵犯を排除する。
これが国際法のルールです。普通の関係です。

大韓民国の三軍の司令官(=大統領)が日本の領土に土足で上陸するなら、平和憲法の下で可能な経済制裁を実施し、このような暴挙は許されないことを教える必要があります。

韓国では、すでに経済崩壊寸前ですが、脱韓国に成功したサムスン電子などの一部の多国籍企業が韓国全体を代表するかのごときイメージを持たれております。
サムスン電子は本当にそれほど強い企業でしょうか?
日本政府は半導体製造に必須であり、100%日本からの輸入に依存しているレア・ガスの対韓国輸出関税をかけるべきです。
経済制裁によって、領土を侵犯し、天皇陛下を侮辱し、野田首相の親書を突き返すという暴挙の当然の結果を教えるためです。

日本がレア・ガスの対韓輸出関税を掛け、サムスン電子の調達価格が上がったとしても、サムスンは韓国以外の国の工場に生産を移管すれば、そこでは今まで通りの条件で日本製のレア・ガスを輸入できるわけです。
また、サムスン電子の利益率が減少しても、韓国国民が飢えるという程の事でもありません。
人道を踏み外さない範囲での経済制裁に過ぎないのです。
敵の大統領(=三軍の司令官)が不法に領土を侵犯した状態とは、「安全保障上、相当の措置を行うべき状況」ですから、韓国向けだけ輸出関税を掛けたとしてもWTO違反にはなりません。
これが国際交渉の実際です。

日本の政府・納税者が今まで対韓国に実施してきた援助や経済協力の特別待遇を、台湾を始めとし、フィリピンやインドやタイ、マレーシアなど、歴史を正しく認識し、日本が欧米列強と戦うことでアジアの独立を確保した事実を認める国家に振り向けましょう。

韓国は韓国の道を進めば良いでしょう。
日清戦争に勝利した日本が、下関条約で韓国の独立を認めさせたことが気に入らないなら、また清国(=現在は共産中国)の属国に戻るのも自由です。

日本は韓国のような反日途上国に振り回されることなく、ドイツ、カナダと”非核先進国同盟”を結び、核の力で世界を支配しようとするアメリカやイギリスや中国に対する対抗勢力を形成し、人類の非核化、人類の平和と福祉の向上に貢献するべきです。

日本の納税者に余裕があるときは、ニューギニアやミャンマー、ラオス、バングラディシュなどの新興国のインフラ整備、識字率向上に一肌脱いでも良いでしょう。
韓国以外では、日本の援助を正しく理解し、国民にも事実を開示し、日本との二国関係を良い物にしてゆこうというマトモな精神をもった人が大半です。

韓国への援助、韓国とのかかわりを減らし、その分、先進国から途上国まで世界のまともな国々との相互協力、支援を充実させることが日本の未来を明るいものにします。

さようなら韓国!、さようなら朝鮮!

1900年代初頭に、朝鮮人から日韓併合をお願いされて以来、100年以上にわたって日本人は韓国・朝鮮のために色々な支援、投資、指導などを実施してまりいました。
しばしば日本国内の納税者利益は後回して、日本国内よりも立派なインフラ設備への投資を実施したほどです。
韓国・朝鮮を含むアジア各国が欧米列強に支配されない強い国になって欲しいからでした。

100年後の現在、その目的は見事に達成され、いまやアジア各国が世界経済の中心となり、白人どもが大金を払ってアジアの食文化やアジアの工業製品を買い...続きを読む

Q「バカにされた」って、なぜか勘違いする人って・・・

病気なんでしょうか?
ネッツでも実生活でも、たまに見かけるんで・・・
たまに出会って立腹された場合、失礼な見解に対して、こっちが腹立って来るんですが・・・こういう方って、病気って事で、相手にせずに聞き流す方が無難なんでしょうか?

伝達物質が変わってるんですかね?
学術的に教えて下さい。こういう方って、食生活で改善される事はないんでしょうか?ひたすら相手にしない事しか、手立てはないんでしょうか?(影でカルシウム摂取させるとかって有効ですか?)

Aベストアンサー

 こんばんは。確かに喧嘩を売っているかのような物言いの方もいますよね。自己啓発セミナーみたいな講演で聞いたのですが、はっきりとした記憶ではないんで、自信がないです。すみません。伝達物質のような化学的回答ではないので、質問の意図に添えてないかもしれません。

 すぐにバカにされたと思う、何を言っても悪い方にとるというのは、一つの思考パターンだそうです。
 自分に自信がないと思っている人などに見られる傾向だそうです。自信がないから長点だと言われても信じられないし、特に意図してないのに、自分の欠点を言われてるのだと感じてしまう。また、悪い方(最悪なパターン)に考えておけば、予想と違った場合でも「思ったより悪くなかった」と安心できる(それ以上傷つかないですむ)などの理由で無意識の内にそういう思考になってしまうそうです。
 一種の防衛本能だそうですが、あまり前向きではないですよね?相手も嫌な思いをするわけですし。食事などで改善というのは、聞いたことがないです。本人が自分の思考パターンがこうだと気づいて、改善していくのが良いようです。けれど、自分が変えたいわけじゃないから改善させるのは難しいかもしれません。 ただ、そのような思考全てが、決して病気というわけではないです。決して悪気があるわけではなく、あくまで心理的ストレスから守るために、そういう思考になってしまうし、気づかない内に誰でも経験してると思います。いきすぎればなんらかの精神障害に入るかもしれませんが。(例えば、落ち込むことは誰にでもあるけれど、病気じゃない。でも、落ち込みが過ぎれば鬱病という領域になってしまうというように)
 でも、言われるこっちも腹が立ちますよね。けれど、そういう思考パターンがあるんだと知ってることで、結構イライラはおさまりますよ? 

 こんばんは。確かに喧嘩を売っているかのような物言いの方もいますよね。自己啓発セミナーみたいな講演で聞いたのですが、はっきりとした記憶ではないんで、自信がないです。すみません。伝達物質のような化学的回答ではないので、質問の意図に添えてないかもしれません。

 すぐにバカにされたと思う、何を言っても悪い方にとるというのは、一つの思考パターンだそうです。
 自分に自信がないと思っている人などに見られる傾向だそうです。自信がないから長点だと言われても信じられないし、特に意図して...続きを読む

Q北朝鮮を完全無視したら

北朝鮮はアメリカ等に構ってほしくて仕方ないようですが、
アメリカ、韓国、日本がミサイル実験などをしても全く無視し、
反応しなければ奴らはどうすると思いますか。
各国のマスゴミ向けには「あえて反応しません」という
事前説明をしたうえです。

どんどんエスカレートするか、無駄と思って止めるか・・・

Aベストアンサー

こんにちは!
2つの点から考える必要があります。
1 米国の軍需産業は,一応の敵がないと兵器の製造継続上困ります。北朝鮮による極東の緊張がないと米国が困るので,ほどほどの対応をすることになります。日本も米国に追従してますので,防衛庁から防衛省に昇格しました。
2 北朝鮮に何も援助をしないと,急速に内部崩壊するおそれがあります。統制の取れない北朝鮮国民が飢えを逃れようと,中国,韓国,日本の大量の難民が押し寄せます。その対応はただごとではないでしょう。
それで,時間を稼いで,ゆっくり崩壊させつために,多少構ってやることが必要でしょう。
 日本は極東の中国,ロシアの近くにあり,歴史的にも軍事上の要衝の地であり,したがって,安全と水はタダでないことを国民は認識すべき場所にあります。

Q高校受験 校長推薦は簡単にもらえないもの?

高校受験を控えている娘の保護者です。初歩的な質問なのですが、教えてください。

今まで、推薦基準に達していれば、誰でも「校長推薦」をもらえると
勝手に思いこんでいたのですが、違うのでしょうか?
数字だけクリアしていても、生徒によってもらえなかったりとかあるんですか?
「他の子はもらえたのに、うちはもらえなかった」などという書き込み
を見つけたので、「あれ!?」と思ってしまいました。

例えば、基準を超えたのに推薦がもらえないというのは、

(1) 普段の態度が悪く推薦に値しない
(2) 基準には辛うじて達しているが、学力的に無理とみなされる
(3) 推薦する生徒数が決まっている(定員)

などのような理由からなんでしょうか?

推薦にこだわらず、一般で勝負すればいいと言われると思うのですが、
まずきちんとした情報を知りたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして、私も受験生の親です

>今まで、推薦基準に達していれば、誰でも「校長推薦」をもらえると
>勝手に思いこんでいたのですが、違うのでしょうか?

単純に成績のみを参考にするというのでしたら、違うと思います
No.2さんの答えにあるような生徒だと、一般的に推薦は難しいと思います。
「校長推薦」というのは、学校として太鼓判を押すわけですから
もし生活態度などが推薦に相応しくない人物でしたら、校長や
学校の信用に関わって来ます

>「勉強もいいけど、体育祭や合唱祭などの行事にも力を入れて・・・」

最もな話だと思います
積極性、協調性・・・勉強を教えるだけが学校の役割では無いです
進学先の高校も、成績が優秀なのと同等に、特に推薦枠ではリーダー
シップや生活面の優れた生徒を望んでいるはずで、そのため、
生徒会活動をしていた生徒などは、有利だといわれています

> 話はだいぶそれてしまいましたが、担任に嫌われて推薦をもらえないとかはないんでしょうか?

最終判断は、校長先生でしょうから、そんなことはないと思いますよ
担任の先生だって、最後まで進路が決まらないより、推薦で合格して
貰った方が、ずっと楽なはずです

>真面目にコツコツやっていても報われないことってあるんでしょうかね

そんなことないですよ。例えば、大学受験には必ず役に立ちます

私のところは、二人目なので少しは余裕もありますが、一人目の時を
思えば、いろいろと心配しました。今は親子共々、勉強にばかり
目が行っているようですが、残りの中学生活を楽しむことも
大切だと思います。受験生のバックアップ頑張って下さい

はじめまして、私も受験生の親です

>今まで、推薦基準に達していれば、誰でも「校長推薦」をもらえると
>勝手に思いこんでいたのですが、違うのでしょうか?

単純に成績のみを参考にするというのでしたら、違うと思います
No.2さんの答えにあるような生徒だと、一般的に推薦は難しいと思います。
「校長推薦」というのは、学校として太鼓判を押すわけですから
もし生活態度などが推薦に相応しくない人物でしたら、校長や
学校の信用に関わって来ます

>「勉強もいいけど、体育祭や合唱祭などの行事に...続きを読む


人気Q&Aランキング