造園業です。

顧客の家の木に使用する肥料や農薬、土は「原材料仕入れ」にしていますが
うちで、販売用として管理する木(作庭を依頼されたときに使います)に使用する場合も
原材料としていいのでしょうか?

農業用の経理だと、農薬費、肥料費が勘定科目にあるようですが
そこまで頻繁に使わないのであえて科目を作るほどでもないです。

庭作り、また庭管理のために使用するものを原材料と考えていますが、
消耗品との区別がつきにくくて・・・。
釘や麻縄などは消耗品費にしていますが現場でも使う、というように、あいまいなものが多くあります。

経費とした方がいい、原材料仕入れとした方がいい、とかありますか?
記入するときは「売上原価」と「経費」に分かれますよね。
最終的に出る金額は一緒ですが
どっちが多いほうがいい、とかあるのでしょうか?

どのようにわけていますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

歯科医師です。

開業して数年後に税務署が張ったときにいろいろと教わりました。それによると、
歯の詰め物やかぶせ物などの治療を行ったときに、最終的に相手に渡るものが仕入原価で、相手に渡らないものが消耗品である、のだそうです。

たとえば、詰め物の金属は相手に渡りますし、その詰め物を歯につけるときの接着剤も、歯の内部に入って相手に渡ります。したがって仕入れです。
これに対して、詰め物を作るときに歯の型を取るための材料は、最終的にはこちらで処分してしまい相手には渡らないので消耗品です。また、歯の中に詰め物をするときに歯の中を消毒するための薬剤も、最終的には洗い流してしまうので相手には渡りません。したがって消耗品です。

この考え方から類推すると、肥料は根から吸収されて植物の中に入り、その植物を庭に植えるので肥料の成分は相手に渡ります。したがって仕入れと考えられます。
一方殺虫剤は、植物の表面について害虫を殺しますが、最終的には雨などで洗い流されてしまい相手には渡りません。したがって消耗品であると考えられます。

ここまで書いてから、ちゃぶ台返しのようなことを書きますが、企業会計原則の中に「重要性の原則」というルールがあります。これは、「会計処理を行ううえで、さほど重要でない項目については厳密にルールにのっとった会計処理をしなくても良い。」という意味です。
というわけで、金額があまり大きくないのであるなら、どちらでもかまわないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼、おそくなって申し訳ありません。

>最終的に相手に渡るものが仕入原価で、相手に渡らないものが消耗品である

解りやすい説明ありがとうございました。
これを基準に判断していこうと思います。

でも結局「重要性の原則」で、厳密にしなくてもいいということで、気が楽になりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/07/23 15:39

造園業や農業のことは、よくわからないのですが、


製造業などの工業簿記的な意見を回答しますので、
参考にしていただければ幸いです。

まず販売用として管理する木とは、例えば桜1本1万円みたいに販売されているのであれば、
管理されている木は商品と言うことになると思います。

ということは、決算時に売れ残っている販売用の木にかかった商品原価は、売上に対する原価ではないので、資産の部に商品勘定として計上されることになります。

商品の原価は、苗木の他に、土や肥料、農薬、人件費など販売用の木を育てるのにかかった費用で構成されます。

ということで、厳密に計算しますと、売上原価でも経費でもないので、最終的に出る金額も変わってきます。

しかし、木を育てるのに年数がかかりますし、個人の造園業の方でしたら、今さら販売用の木にいくらかかったか管理されていない可能性もありますよね

判断はかなり難しいですが、私の個人的な意見で無責任ではありますが、最終的に庭を造る材料として植えられる木なので、経費より売上原価の方が良いのではないかと思います。

本当は、販売用の木、1本毎に幾らかかったか管理して、売れ残ったものは商品として資産に計上していただいた方が、当期にかかった売上に対する原価を正確に計上することができます。

つたない説明で、分かりにくかったらごめんなさい
参考にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼、遅くなって申し訳ありません。

商品の原価について、よく解りました。
はじめたばかりで経理の知識が浅く、
どんぶり勘定でやってきたので詳細な売上、経費、原価、利益が解りませんでした。

これからは、木1本に対するコストも含めて管理できるようにしていこうと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/07/23 15:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q勘定科目使い分け 備品費・消耗備品費・事務消耗品費

勘定科目の使い分けについて教えてください!!
会計ソフトを使って入力をしています。その際にタイトルの

備品費
消耗備品費
事務消耗品費
消耗品

が勘定科目にあり使い分けに悩んでいます。
前任の経理担当者からも教えてもらったのですが、いまいち基準が分からなくて…

何人か会計に詳しい人に聞いて、上記の4つを今期からは

消耗品(10万円未満のもの)
事務消耗品費(消耗品の中でも事務で使うもの)

という使い分け方をして、二つに絞ることになりそうです。

そこでいまさら調べる必要はないのですが、あえて上記4つの勘定科目を使うなら、みなさんはどう使い分けますか?
もしくはどのように使い分けるのが一般的だと思われますか?

結局備品費って何!?消耗備品費との違いは!?事務消耗品費、消耗品とは…というもやもやをすっきりさせたいです。

Aベストアンサー

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備品○○/現金○○

と仕訳します。


◆「消耗備品費」という勘定科目もほとんど見かけません。「消耗性備品費」が正しい。

器具・備品のうち少額のもので、税法が「費用」に計上することを認めるもの(※)。

税法が「費用」に計上することを認める:
(1)法人税法では、少額の資産は損金算入を認めます。
(2)所得税法では、少額の資産は必要経費算入を認めます。


※ちなみに、会計では「消耗品」という科目は存在しません。会計では、
消耗品費:洗剤、モップ、箒、灯油、お盆、湯のみ・・
貯蔵品:期中に消耗品費または事務消耗品費または通信費などに費用計上したもののうち期末時点で未使用のものは、「貯蔵品」という資産科目に振り替えます。「消耗品」という科目は使わない。

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備...続きを読む

Q飲食店の消耗品の経費について

飲食店の経理を手伝うようになりました。
今まで経理をやっていた方はお店で使うティッシュ・容器・灰皿・洗剤・フィルター・ゴミ袋・洗剤など日常品は「仕入れ」で扱っていたようなのですが、消耗品費か雑費で扱うのが妥当ではないかと思っております。
企業の経理はやっておりましたが、飲食店の経理は初めてなのでこの点が分かりません。
3月で決算となるので4月からは正当な仕訳で処理をしたいと思います。
どうぞご教示いただけますようお願い致します。

Aベストアンサー

厨房で使用するものについては、売上原価と考えて「仕入」で計上するのも間違いではないと思いますが。

Qパソコンを購入予定、経費処理についてお教え下さいませ(減価償却?消耗品?)

個人事業者で、青色申告です。
独学で頑張って自力申告3年目です。
先日17年度分をクリア、来年用の質問となります。

今週末、パソコンを購入予定なのですが、
10万~30万未満の経費処理について分からなくなってしまいました。
お詳しい方、どうか御教授お願いします。

購入予定PCは本体約18万です。
メモリを増設予定で20万を超えそうなのです。
あと、無線ルーターや周辺機器を同時に購入予定ですが、
合計で30万は超えないと思います。

で、この場合、何も考えずに一気に買ってしまっていいのか、
記帳時にはどうなるんだろう、とか、
そういったことで悩んでいます。

減価償却処理が必須?
それとも消耗品費で簡単に処理してしまっていいの?
同じ日に買った、PC本体と関係ない周辺機器は、別の物と考えていいの?
クレジットカードで一括購入予定だけど、
PCと周辺機器を分けるなら、どうやって処理したら??
未払金処理と減価償却の関係って??
などなど、どうにも理解能力の範疇を超えてしまいました…。

---
パソコンは本体だけでなく、
ディスプレイやキーボードなどを含めて1つのパソコンセットして判定する。
---
過去質問なども検索して、上記のような文章を見つけました。

メモリは例え購入日を分けても、1つのPCとなるので、
「20万以上」になるのではないかと思うのですが、
その場合、どういった記帳処理、または届出や書類が必要になるのでしょうか。
節税の観点から周辺機器は後で買い足した方がいいのでは、
などといったアドバイスも嬉しいです。

今回の申告時に、税務署の方にお聞きするつもりだったのですが、
身内に不幸があったため〆切ギリギリの申告になってしまい、
とても「来年の話なのですが」なんて聞けなかったので、
ここでおすがりすることとなりました。
どうぞよろしくお願いします。

個人事業者で、青色申告です。
独学で頑張って自力申告3年目です。
先日17年度分をクリア、来年用の質問となります。

今週末、パソコンを購入予定なのですが、
10万~30万未満の経費処理について分からなくなってしまいました。
お詳しい方、どうか御教授お願いします。

購入予定PCは本体約18万です。
メモリを増設予定で20万を超えそうなのです。
あと、無線ルーターや周辺機器を同時に購入予定ですが、
合計で30万は超えないと思います。

で、この場合、何も考えずに一気に買ってしまっていいの...続きを読む

Aベストアンサー

30万円を超えないのであれば、すべて一括購入して資産計上しておいたほうが良いでしょう。
備品/現預金

決算時に利益が出そうであれば、即時償却し、そうでなければ通常の減価償却する。NO1の方の回答と同じです。
節税の観点から考えれば、これがベストです。
決算時に
減価償却/備品
の仕訳をするときに、全額にするか、通常の仕訳をするかという違いです。

Q消耗品費と経費について

零細企業です。
年間で消耗品費が300万もいくわけないのですが
たとえば、15万円の電動自転車や25万円のパソコンを買ったとして
全額を消耗品費として一括経費にできますよね?
300万以内であれば、30万までできたと思うのですが・・

領収証など添付して一覧に挙げて申告さえすれば問題ないですよね?

一般的には10万まで消耗品費、10万から20万まで3年償却、20万以上は耐用年数で償却なのでしょうか?

Aベストアンサー

10万円以上のものは償却資産ですから、減価償却費としてしか計上出来ません。(消耗品ではありません)

Qクレジットカードで仕入れする際の科目について

商品や消耗品などの経費で購入するものを、クレジットカードを使って支払う際に、買掛金で処理するのか未払金で処理するのか悩んでいます。

決済日には消えてしまう金額かもしれませんが、会計ソフトで処理する際に、どのように処理すればよいのか悩みます。
ひとつにまとめておいて良いのか、別々に管理するのか、良いアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

まず、未払金か買掛金かについてですが、どちらでも良いと思います。通常の営業取引により生じた未払金を買掛金といいますが、クレジットカードの場合、通常の取引により生じたともいえますし、仕入先への債務はないわけですから(クレジットカード会社への債務のみ残っている状況)、通常の営業取引は完結したとも考えられます。どちらの考え方が良いとか悪いとかいえる問題でもないので、どちらでも良いのではないでしょうか?(科目の違いだけなのでたいした問題ではありません)
感覚としてはクレジットの債務合計が多額の場合は買掛金、小額の場合は未払金という感じがします。仕入れて売る商売で、買掛ゼロで未払金がいっぱいでは見た人が状況判断できないですから。
会計ソフトの処理ですが、カード仕入れの分は一括してクレジット会社ごとの補助コードで管理すれば良いのではないでしょうか。債務の管理は支払いもれを防いだり、将来のキャッシュアウトを把握し資金繰りに役立てることが目的で、クレジット会社への債務はそれ以上細かく管理する意味はないと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報