人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

画像編集アプリで画像を編集した場合、
編集した画像には編集アプリ作成者の著作権も適応されるのでしょうか?
例えば、編集アプリで編集した画像をブログにアップロードすることは、
編集アプリ製作者の許可がなければ著作権侵害に当たるのでしょうか?
ここでの画像とは、ブログにアップロードすることは著作権的に問題ない画像とします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

画像編集アプリは、画像を編集できる道具です。


著作権には関係ありません。

問題なのは、編集してブログにアップすることです。

編集するだけで、個人的に自分だけで楽しむのなら良いのですが、それをブログにアップすれば、他の人が見るわけですから、個人の楽しみではなくなってしまいます。
元画像は良くても改変してしまうのですから。
アウトです。

ただし、元の画像の著作権者に、ブログにアップすることを前提に編集することの許可を得ているのであればセーフですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/06/13 20:42

されません。

それがされるならWindows自体の作成者の著作権も適用されることになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/06/13 20:41

あくまで編集アプリですから著作権は関係ありません。


ただ、そのアプリオリジナルで著作権を持ったスタンプなどがあればそれに対しては許可が必要ですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/06/13 20:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフォントに著作権は・・・

質問させて頂きます。
今度同人でゲームを制作する事になったのですが
フォントに著作権ってあるんですよね。
でも確かどこかの記事で著作権は存在しないと言うのも聞いた事あります。

フォントのプログラムを無断で配布したり売ったりするのはNGで
例えばペイントソフトでそのフォントの文字を打ち込んで
その文字を画像ソフトで編集するのは著作権法違反になるのでしょうか?
って事は実際同人ゲームなどで売っている文字やロゴは一体どうしているのでしょう?

具体的にフォント問題で訴えられた例や逮捕された例などはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

現在の判例をもとに回答します。

フォントそれ自体には、原則として著作権は認められません。#1の方の回答にあるように、よほどデザイン性の高いものでなければフォントが著作物として認められることはありません。

しかし、実際には、フォントの著作権侵害事件というのは発生しています。それはなぜか?

ここにはからくりがありまして、たしかにフォント自体には著作権は認められていませんが、実際に販売されているフォントというのは、その形状をプログラムデータとして記述しているものがあるので、そのデータはプログラムの著作物として保護されるのです。したがって、市販されているフォントデータをそのまま複製・販売したような場合は、フォントプログラムの著作権侵害として訴えの対象となるのです。

http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/ADC04D23E1CE042949256F17003B0ACD.pdf(フォントプログラムの著作権を元にモリサワが訴えて勝訴した事件)

ただ、この判例に従った場合でも、有効にライセンスを得て(正規に購入して)いるフォントデータを使用している限りにおいては、そのデータを使用して作成された出力物にはフォントプログラムの著作権は及びません。

したがって、質問者さんが「3Dソフトで数字を打ち込んで、そのフォントを3Dにして使用」する行為は、元になるフォントが正規のものである限り、著作権法的には問題ないと言えそうにも思います。

ただし、実際の世界ではもう一つ、契約の問題というものがあります。著作権では許される行為であっても契約でそれを制限するということも、強行法規に違反しない限りはできますので、フォントを販売あるいは配布している人が、使用に対して一定の制限をしていた場合は、その条件に従うことに同意してフォントを手に入れたわけですから、それに従わなければなりません。

で、MSフォントの場合は「各フォントベンダーに直接お問い合わせください」だそうです。個人的に使用する限りでは文句を言う会社はないと思いますが。

http://www.microsoft.com/japan/legal/permission/copyright.mspx#EXE

無論、今後、法律が改正されてフォントが著作物として認められるようにならないとも限りません。

なお、質問者さんが例に出した「ミッキーマウスのタイトルフォント風」については、フォント自体には著作権は発生しないとすれば、問題にはできない、ということになりますね。もっとも、そのフォントを使用して作成されたものがディズニーのものに似ていたら、また別の問題になりますが。。。

現在の判例をもとに回答します。

フォントそれ自体には、原則として著作権は認められません。#1の方の回答にあるように、よほどデザイン性の高いものでなければフォントが著作物として認められることはありません。

しかし、実際には、フォントの著作権侵害事件というのは発生しています。それはなぜか?

ここにはからくりがありまして、たしかにフォント自体には著作権は認められていませんが、実際に販売されているフォントというのは、その形状をプログラムデータとして記述しているものがあるので...続きを読む

Q写真を元にしたイラストは著作権侵害になるのでしょうか?

はじめまして、趣味でイラストを描いて、Webで公開している者です。
この度、写真を参考に描いたイラストをサイトに掲載するにあたり、著作権について確認したく書き込ませて頂きました。

回答をお願いしたい点は、以下の通りです。
(1)市販の写真集の構図やポーズを参考に、トレース無しでディフォルメして描いた場合も「模写」にあたるのでしょうか?
(2)写真集(ポーズ集ではない)の写真の構図(人物のデッサンや服の皺のつき方(服や背景・人物の顔や表情は変えています))を参考にイラストを描いた場合は「著作権侵害」になるのでしょうか?
(3)「花札」や「トランプの絵札」などを模写して、イラストの背景などに使うのもやはり「著作権侵害」になるのでしょうか?

「著作権」について気になってしまったので、どうか回答の程、宜しくお願いします!

Aベストアンサー

度々投稿ですみませんがNo1llamaです。
2つの回答の補足と言うか詳しい解説と訂正をかねて
書かせていただきます。

まず著作権侵害の前提ですが親告罪であるということ、
つまり著作権を持っている人が告訴することを
前提にしてはじめて問われるものであること
著作物であるかどうかの判断は作者や権利者ではなく
第三者つまり裁判所であるということの説明が抜けて
いました。
つぎに著作物の定義ですが思想や感情を創作的に表現した
文芸、学術、美術、音楽とありますから
作品の雰囲気やペンタッチなどは含まれないようです。
しかし全体の構図と作品の内容物や文字などは注意した
ほうがいいでしょう。

つぎに新著作物というものについての説明がありません
でした。
過去に発表された著作物から影響を受け新たに創作された
ものについては新たに創作されたものの権利を新たに
創作した者が権利を持つというものです。
この視点からいえば最初の質問1と2は模倣の域を超えて
創作していればOKとなるようです。
申し訳ありませんでした。

模倣、複製については機械でコピーしようが、手で複製
しようが複製には変わらないとの判断なので、トレース
しようが、目でみて模写しようが変わらないようです。
著作物をもとに新たに創作したか、模倣して一部分
変えたのかの判断がここでは重要といえるのですが、
写真家と裁判所の判断に任せるしかないようです。
私個人の意見は写真を漫画イラストのような表現に還元
しているので影響を受けての創作ととれるのではないかと
思います。

漫画などでどこまで利用してよいか著作権について説明して
くれているサイトがありました。
参考URLとして貼っておきます。

http://www.linkclub.or.jp/~yoo/copyright/idx.html

度々投稿ですみませんがNo1llamaです。
2つの回答の補足と言うか詳しい解説と訂正をかねて
書かせていただきます。

まず著作権侵害の前提ですが親告罪であるということ、
つまり著作権を持っている人が告訴することを
前提にしてはじめて問われるものであること
著作物であるかどうかの判断は作者や権利者ではなく
第三者つまり裁判所であるということの説明が抜けて
いました。
つぎに著作物の定義ですが思想や感情を創作的に表現した
文芸、学術、美術、音楽とありますから
作品の雰囲気やペンタ...続きを読む

Qコラージュと著作権について

私は個人の趣味で、雑誌や自分の撮影した写真を切り抜いて、折り紙、リボンなども一緒に貼付けて一枚の絵にして「コラージュ」というのを作っています。
そのコラージュなんですが、自分のブログで作品として発表することは可能なのでしょうか?
またはメールで、コラージュしたものの画像を誰かに送信することも可能でしょうか?
最後に、そのコラージュの作品をコピーして(原版ではなく)、
友達に郵送するというのは可能でしょうか?
著作権で調べたのですが、よくわからなくてこちらで質問させていただきました。
ぜひ、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.そのコラージュなんですが、自分のブログで作品として発表することは可能なのでしょうか?

コラージュの質によります。これは最高裁判例が出ておりまして、他人の作品を「許諾なく利用できるのは、他人の著作物の表現形式上の本質的な特徴を直接感得させないような態様において利用する場合に限られる」

つまり、あなたの作ったコラージュが、他人のパクリだと思われない程度に、オリジナルなものになっていれば、これはもう自分の著作物ですから、いくらでも発表できます。
ただ、その「他人のパクリだと思われない」のガイドラインはありません。個別具体的に作品を見て判断するしかないので、常に著作権違反の危険と隣り合わせであることは事実です。


2.またはメールで、コラージュしたものの画像を誰かに送信することも可能でしょうか?
3.最後に、そのコラージュの作品をコピーして(原版ではなく)、
友達に郵送するというのは可能でしょうか?

どちらも私的複製と特定少数への伝達ですから、何の問題もありません。ただし、特定(つまり範囲が友人・知人=無差別は駄目)であること。それから少数(30人程度まで)であることが条件です。

これは、子どもがドラえもんを自由帳に書いて、それを友達や家族に見せても何の問題もないのと同じ事です。

1.そのコラージュなんですが、自分のブログで作品として発表することは可能なのでしょうか?

コラージュの質によります。これは最高裁判例が出ておりまして、他人の作品を「許諾なく利用できるのは、他人の著作物の表現形式上の本質的な特徴を直接感得させないような態様において利用する場合に限られる」

つまり、あなたの作ったコラージュが、他人のパクリだと思われない程度に、オリジナルなものになっていれば、これはもう自分の著作物ですから、いくらでも発表できます。
ただ、その「他人のパクリ...続きを読む

Qフォントの著作権 フォトショップ かなり初心者です

友人にオープンする飲食店のメニュー表を頼まれました。
親しいので、今回は無料で協力します。
本業はイラストレーターなので、文字を打ったりはした事がなく、初心者でして、是非教えて頂きたいです。
フォトショップCS3を使用しておりますが、その中で出てくるフォントを使用してメニュー表を作っても、フォントの著作権は大丈夫なのでしょうか?

今までのお仕事のイラスト中に出て来る文字は全て手描きなので、今回少々不安になりお伺いさせて頂きました。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

皆さんのご意見に補足させていただきます。
フォントの利用は単純に商用利用というだけでなく、個人利用でも、利用目的によっては、制限される場合があり、印刷物で利用する、Webで利用する、映像で利用する、など目的によって、細かく規定を設けられている場合があります。

たとえば、印刷物では商用でも利用できるが、友達の結婚式のビデオの字幕にフォントを使い、DVDとして配布する場合は、別途料金が必要とか。また、メニューなどの場合も印刷物ならOKだが、Webに掲載する場合は、別途料金が発生するとか。

Adobe Systems社の製品に付属しているフォント、Mac OS Xに付属しているフォントのライセンス条件には成果物に対する制限は設けられていないので、印刷物、Web、映像で使用できます。成果物(ロゴなど)の商標登録については明記されていませんが、フォントの著作権があるので登録できないと思います(著作権とライセンス条件は別物です)。なお、Mac OS Xに付属しているヒラギノについては、同じフォントなのですが、大日本スクリーンで販売しているヒラギノとはライセンス条件が異なりますので注意しましょう。

そのほか、インターネットからダウンロードしたフリーフォントなども、商用利用を制限しているものが多数があります。

少しでも不安を感じたら、メーカーや制作者に問い合わせて、利用規約を確認することをおすすめします。

皆さんのご意見に補足させていただきます。
フォントの利用は単純に商用利用というだけでなく、個人利用でも、利用目的によっては、制限される場合があり、印刷物で利用する、Webで利用する、映像で利用する、など目的によって、細かく規定を設けられている場合があります。

たとえば、印刷物では商用でも利用できるが、友達の結婚式のビデオの字幕にフォントを使い、DVDとして配布する場合は、別途料金が必要とか。また、メニューなどの場合も印刷物ならOKだが、Webに掲載する場合は、別途料金が発生するとか...続きを読む

Q私的利用の範囲について

著作物は私的利用の範囲において複製が許されていますが、私的利用の範囲とはどこまでなのですか?
個人または家族内での利用ということでしたが、個人的に楽しむのであれば何をしてもいいのですか?

たとえば、ネット上のイラストをパソコンやスマホに保存することは合法ですが、その画像をプリントしたTシャツやマグカップを作ることは違法なのですか?
(使用するのは自分で、販売目的ではありません。)

教えてください。

Aベストアンサー

>著作物は私的利用の範囲において複製が許されています

この前提は著作権法第30条(私的使用のための複製)のことと思われます。
しかし、正確には「使用」であって「利用」ではありません。著作権法では「使用」と「利用」は別であることを知ってください。

第30条では「 著作権の目的となつている著作物(以下この款において単に「著作物」という。)は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる。 」

つまり、平たく言うと、私的使用を「目的」とした複製が許諾無しにできるということです。イラストや画像を見るのは「使用」で、複製するのは「利用」です。
さて、上の「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的」についてですが、「家庭内」というのは「同一家計で同居している人間関係」が想定されています。「これに準ずる限られた範囲」というのは、構成メンバー間に強い密接な個人的結合があることが想定されています。

ご質問のように、家庭内(家族内ではなく)で個人的に著作物を「使用」することは許可無しにできるということです。音楽をダウンロードすることは個人でも違法のことが多い(対象による)ですが、イラストや画像をダウンロードしてパソコンやスマホに保存することは、おっしゃるように可能です。

しかし、その画像をプリントしたTシャツやマグカップを作り家庭内でのみ使用することはできますが、たとえば、家庭外に持ち出して第三者の目に触れた(公衆に提示した)とたんに、違法に複製したということになります。販売しなくても著作権侵害となります。

>著作物は私的利用の範囲において複製が許されています

この前提は著作権法第30条(私的使用のための複製)のことと思われます。
しかし、正確には「使用」であって「利用」ではありません。著作権法では「使用」と「利用」は別であることを知ってください。

第30条では「 著作権の目的となつている著作物(以下この款において単に「著作物」という。)は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その...続きを読む


人気Q&Aランキング