ニュース英語内のリポーターのコメントらしいのですが、よく解りません。
難しい単語があるわけではないのですが、意味が全然わかりません。
どなたかお助けください。

They’ll compare notes on how maybe this could be brought about.

です。They は‘かれら’、this は‘このこと’でお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

前後のコメントが知りたいです。


これでは、断定的な事がいえないのですが、
「compare notes」は通常、「意見交換する」という日本語に置き換えられる事が多いです。イデオムと考えてイイです。
そんで「bring about(ここでは、be brought aboutと受身だが)」
は、「起きる、引き起こす、」という意味の他に、特に時事英語では、
「やり遂げる、何とか上手く事に当たる」と言う意味もあります。
ただ、どちらの解釈を採用するかは、前後を聞かなければ、なんとも言えません。

「彼らは、このことがどうすれば上手く行くかについて、意見交換するだろう。」

とも訳せます。(学校英語的な訳だけれど)
 ご参考になれば、幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yukimaru2001さんの訳でよかったようです。有難うございました。

お礼日時:2001/06/08 10:42

大学で講座を聞いている時、勉強のためにノートを取りますよね。

(take notes)。そして、テストの前にノートを比べますよね。(書き落としがあったり、教授の言葉を誤解していたり、重要なポイントをつかんでなかったりするから)

例えば、日本の首相と東京都知事が、どちらも憂国論をぶって、日本再建のアイデアがあるとします。 どちらもそのテーマについていろいろ今までいろいろな人から意見を聞いたり、資料を集めて独自に研究していたわけです。("they" had been taking notes)
そして、首相も知事もその再建の必要性に関しては意見が一致しているとします。ところが、具体的にどのような過程を辿って、それをどのような形で、具体的に何を再建させるかとかは、まだまだあいまいなわけです。だから、レポーターもあいまいな漠然とした表現の仕方をしますね。(ハッキリとしたネタがないから)
だから、how maybe this could be brought about と云う表現.

そういうわけで、まずは首相と知事がそれぞれのノート(研究資料、・思想)を見せ合って比べてみるわけです。(compare notes)

compare notes には、過去から勉強していた・調べていたと言う意味が入っています。単なる意見を交わす(exchange ideas)だけではなくて。


そういうわけで、

(彼等は)これをいかにしてを実現させるか、共に今までの資料・ノートを見せ合うことにした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

時間的にfarsideさんの回答、間に合わなかったのですが、詳しい解説
有難うございました。

お礼日時:2001/06/08 10:44

これは、例えばそのニュースのイベントがAだとすると…



彼らは、Aがどのように解決(またはアプローチ)できるか、ノート(メモ、資料、とにかく書き物)を見比べるだろう。

みたいなカンジ。
それにしても、通訳ってすごくむつかしくない?
    • good
    • 0

このことが起こる場合、どのように起こるのかについて、彼らはnotes(参考資料とかでも当てはまりそうですね)を比較するつもりである。


周辺の文がないとどうも推測が先に立ってしまいますが。
    • good
    • 0

かれらは、これがどれくらい恐らく引き起こされるかもしれないかに


関する注釈を比較します。

直訳ですが・・・。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q― ; : ‘’ ‘‘’’等の記号について

(1)―
(2);
(3):
(4)‘’
(5)‘‘’’
これらの記号の意味について教えて下さい。
4番は特に5番との違いについて教えて下さい。
5番は会話文などでよく見ますから大体分かるのですが…。

Aベストアンサー

へいっ まいどっ(笑)


そうですか。ダッシュでしたか。
では、こちらをご覧ください。

日本語で説明
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5_%28%E8%A8%98%E5%8F%B7%29

英語で説明
http://en.wikipedia.org/wiki/Dash

Q。.:*:・'゜。.:*:・'゜。.:*:・'゜。.:*:・'゜東亜航空。.:*:・'゜。.:*:・'゜。.:*:・'゜。.:*:・'゜

ただいま大学のレポートを作成しております。

『東亜空港』の3レターコードをご存知の方いらっしゃいますか?
(ex; 全日空 ANA )
その当時は3レターコードはなかったのでしょうか・・・

もし3レターコードでなくとも英語での言い方を知りたいです。

ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください♪d(´▽`)b♪

Aベストアンサー

質問のタイトルが東亜航空で内容では東亜空港になっていますが・・・
東亜航空は合併により東亜国内航空になり(TDA)その後日本エアシステム(JAS)そして今は日本航空グループに再編され(JAL)になっていますよ。
東亜航空時代はTAW(TOA AIR WAYS)という略号もあったみたいですがこれは3レターコードには該当しないと思います。いかがでしょう??

Q英語の’私’、’俺’、’僕’について。

 英語の一人称について疑問に思っています。
英語は自分の事は、’I’だけなんですか?
他の言語は知らないので。

何かで、日ごと使うものはニュアンスの違う単語が多いと聞きました。
日本で’水’に関しての表現が多いし。
では、なぜ英語では自分の事は’I’だけなのでしょうか?

それと英語で、
「それは、私のものだ。」
「それは、俺のものだ。」
「それは、僕のものだ。」
「それは、ワイのものや。」
は、個人によって多少印象は違いますが、微妙なニュアンスの違いがありますよね?
英語では、その違いを表すにはどう表現するのですか?
「知的に言った。」とか「西部なまりに言った。」とかの形容されるんでしょうか?
素朴な疑問です。

Aベストアンサー

#2さんが後半でお書きになっていることを文字にすると、こんな感じですね。

●それは、私のものだ:That is mine.
●それは、俺のものだ:That's mine, man.
●それは、僕のものだ:That's mine, dude.
●それは、ワイのものや:That 'ere is mine, y'all.

逆に、上記のような英文を見た場合、私は左記の和文のように訳しています。

「That's mine.」という一文だけを見て「僕」と訳すべきか「俺」にすべきか「私」にすべきか判断するのは、かなり難しいのですが、例えば30分のインタビューをずっと聞くなり読むなりしていると、「この話し手は、どう考えても『俺』が似合う人だな」というのは、話す内容や口調からわかってきます。

Q'What it's about'に関して

こんにちは。

久しぶりにHarry Potter and the Goblet of Fire[UK adult版]に関して質問させてください。

p. 483の下のほうのハリーのセリフに関してです。
’ホグスミートに行く’というハリーにハーマイオニーが’皆がいなくて談話室が静かなときに卵(第2の課題)の謎を解かなくていいのか?’と聞かれハリーが

’Oh, I - I reckon I've got a pretty good idea what it's about now’

と言っています。質問は2つです。

1. "what it's about"とはどういう意味でしょうか?
直訳は”それ(卵のことですよね?)が何についてであるか”になるかと思うのですがどうもしっくりきません。

2.'idea'と'what'の間には何かが省略されているような気がするのですが何が省略されているのでしょうか?
同格の"that"でも関係代名詞の"which"でもないと思うのですが。


教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

about はもともと、「付近」から「まわり、およそ」さらには「~について」の意味になります。
「まわり」だから、そのもの、というのでなく、「関すること」
卵の謎が何なのかしりませんが、it は卵のことというより、その謎であったり、
謎の答えであったり、今謎がある、解かなければいけない、という状況であったり、
のことで、「(それって)何のことなのか」で「何をしないといけないのか、何が答えにつながるのか」という感じだと思います。

簡潔には「卵の謎は何のことなのか」ということでいいと思います。

確かに idea という動詞と what とのつながりがあいまいですが、
ここでよくなされる説明としては have an idea = know という動詞みたいなものなので、
what ~という間接疑問文がその目的語になっている。

文法に忠実にいくと、これはおかしいので、そういう人に対しては
idea と what ~の間に同格の of、あるいは「~について」(の考え、感じ)で
of/about/as to のような前置詞の省略と説明します。
疑問詞節の前の前置詞はしばしば省略されます。

実質的には idea という名詞と what ~節が同格、という説明もできます。
同格の that 節があるように、疑問詞節で同格。
間接疑問の疑問詞を接続詞とするのがネイティブ的発想でもあります。

about はもともと、「付近」から「まわり、およそ」さらには「~について」の意味になります。
「まわり」だから、そのもの、というのでなく、「関すること」
卵の謎が何なのかしりませんが、it は卵のことというより、その謎であったり、
謎の答えであったり、今謎がある、解かなければいけない、という状況であったり、
のことで、「(それって)何のことなのか」で「何をしないといけないのか、何が答えにつながるのか」という感じだと思います。

簡潔には「卵の謎は何のことなのか」ということでいいと思いま...続きを読む

Q自然科学 ’physical science’ ’natural science’ 違い

’自然科学’で検索すると、英訳としては natural scienceで出てきます。
しかし、現在、読んでいる英文にはphysical scienceという項目が出てきたので、英訳ソフトで調べるとこれも’自然科学’と出ます。

「同意義で考えてもいいかな?」とも思ったのですが、
,,,, whether physical,natural, social, or medical..
とあったので、physicalとnaturalがわざわざ分けられているので、違う意味として書いているようにも思えます。

’physical science’と ’natural science’ の違いを教えてください。

Aベストアンサー

physical science(物理科学)とnatural science (自然科学)は対等ではなくphysical science はnatural scienceの一部門です。 physical scienceは物理、化学、数学などです。 natural science のもう一つの部門がlife science (生命科学)であり、文字通り生命に関する科学です。医学、精神学、動物学などです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報