人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

A 回答 (3件)

パセドウ病とは 


甲状腺ホルモンが過剰に作られる病気、すなわち甲状腺機能亢進症を起こす代表的な病気です。
男性と比べると女性の方が発病しやすく年齢層は20-30代の若年層に多いです。

簡単にいえば、ホルモン分泌に異常が発生して新陳代謝が過剰に活発になるので
・常に汗をかく(=疲れやすい)
・微熱がある
・過剰な興奮状態が続くので 目などがギラつく、落ちつきがなく集中力が低下する
不眠症状がみられることもあり、イライラ感が抜けないこともあります。
その他、動悸や息切れ・むくみ
女性であれば月経不順などが起きます。

また、見た目には甲状腺(首まわりなど)が異常に腫れ上がります。

最近では歌手の絢香さんが同じ症状で休業されていました。

参考意見

参考URL:http://www.kanaji.jp/koujyousen/basedou/p1.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/06/15 18:51

No.2の方の補足になります(経験者)


甲状腺ホルモンは食事のカロリー消化を補助するのが本来の役割ですが
症状が悪化すると消化が良くなり過ぎてすぐに空腹感に襲われます。体重も減少します。
他には心臓の鼓動がバラバラになる不整脈や
心臓から全身に血が上手く送れない「心房細動(しんぼうさいどう)」
心房細動で心臓に血のかたまりが出来て、このかたまりが脳に回ると死に至る場合もあります。
    • good
    • 0

バセドウ病(Basedow-Krankheit甲状腺機能亢進症)


甲状腺ホルモンの分泌が進みすぎることで、
動悸、手指のふるえ、多汗、疲れやすい などの症状があらわれる病気ですが

パセドウ病は知りません
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング