一、大名・小名在江戸交替相定ムル所ナリ。毎歳夏四月中、参勤致スベシ。従者ノ員数近来甚ダ多シ、且ハ国郡ノ費、且ハ人民ノ労ナリ。向後ソノ相応ヲ以テコレヲ減少スベシ。但シ上洛ノ節ハ、教令ニ任セ、公役ハ分限ニ随フベキ事。 (wikiからコピー )

この中の「但シ上洛ノ節ハ、教令ニ任セ、公役ハ分限ニ随フベキ事。」とは、上洛の際に何をどうせよと命じているのですか、教えて下さい。
参勤交代とは、どんなつながりがあるのですか。
また、ここで言う上洛とは、二条城へ入ることですか。

よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

kouki-koureisyaさん、こんばんわ。



おそらく参勤交代のときの供揃えの人数のことを言っているのだと思います。家光の頃は将軍宣下などは都で行っていたので、将軍は大行列を引き連れて都に上っていました。だから、大名も将軍に従い、行列を引き連れて都へ上ったのでしょう。
その時は軍役規定に従い正規の人数を出しなさいということでしょう。
京都に将軍上洛した時の供揃えは定めてある通り、 治めている領地の石高の大きさに相応しくすることという意味でしょうね。

詳細は下記のURLを参照ください。

武家諸法度
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E5%AE%B6% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なるほど、分かりました。
「但シ上洛ノ節ハ、…」とありますから、参勤交代は従者の人数を減らせよ、しかし将軍上洛時は軍役規定を守れ、ということになりますね。
将軍の威光を京の人々に見せ付ける狙いがあったのでしょうか。
そんな気がします。

お礼日時:2014/06/15 20:47

ただし、京に立ち寄る際には、規則に従い、役職の有無によってふるまうように



と指示したものですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/15 17:22

前例に従えということ



平安京である洛中には、
京都所司代・二条城代など勤める一部の譜代大名のみ、
立ち入り許され、
外様など他の大名は、朝廷と結びつくこと恐れ
公には将軍上洛の、随行ぐらいしか京都に入れず、、
京都洛中に公式の屋敷持てず
参勤交代時も大名行列は、公式には、入れませんでした。
伏見で幕府の検査受け、滋賀の草津へ回り、江戸に向かいます。
現在は、同じ京都市ですが、伏見まで、です。、
お忍びの京都見物や、毛利、島津、徳川御三家などの公家から奥方迎えた大名の親類訪問は許されましたが\(^^;)。
幕末史に出てくる京屋敷、京都藩邸といっても、薩摩も長州も伏見に、ありますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
その前例がどんなものか、分かりませんでした。

お礼日時:2014/06/15 17:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニ・ニ六事件で・・・

なぜ当初「決起部隊」などと美化したのですか??
そして、なぜ4日目に彼らは雪の中に涙を流して突っ伏したのですか??

Aベストアンサー

当時の陸軍内部は皇道派と統制派の二つに分かれて勢力争いを繰り返していました。
皇道派の青年将校らが「昭和維新」を唱えて決起したのがこの事件です。
しかし陸相に突きつけた「決起趣意書」の内容は統制派の弾圧という派閥争いに終始したものでした。

結果蔵相、内大臣が殺され、鈴木侍従長が重傷など重臣が殺傷された事に昭和天皇が激怒し、直ちに反乱部隊の鎮圧を命じました。 近衛師団を自ら率いて鎮圧するとさえいわれたといいます。

しかし皇道派の幹部らは決起部隊に同情的であり、戒厳司令官に皇道派を任命したので決起部隊を戒厳部隊に編入する始末でした。

一方統制派は力を取り戻し奉勅命令を出して天皇の命令であると鎮圧を開始したのです。
当時天皇の命令は軍人にとって絶対的なものでした。
決起部隊の兵士らも上官の命令に従っただけで、その上の天皇の命令には絶対服従でしたから抵抗なく鎮圧されました。

この結果以後は統制派が陸軍の主導権を握りました。

Q参勤交代について

津軽(弘前)藩の参勤交代は、江戸に到着するまで何日間必要としたのか?また、いくらぐらいの費用を必要としたのか?

Aベストアンサー

日数は
→碇ヶ関→つづれこ→盛岡→湊→かりかわ→湯沢→金山→尾花沢→山形→湯の原→郡→本宮→須加川→芦野→宇治江→小山→糟ヶ部→江戸
で、18日目に江戸に到着します。

人員は当初5万石、高直しで10万石ですから250人ほどの移動になるかと。

Q参勤交代

参勤交代は、大名が一年に一回、江戸と領地を往復することだということはよく知られています。
例外もあったようなので二点ほどお尋ねします。
1.半年に一回の参勤交代をしていた大名がいる?
本当だとしたら、なぜ、一年ではなく半年なのでしょうか
2.一万石未満の旗本でも参勤交代を義務づけられていた旗本がいたのは知っていましたが、旗本でも参勤交代をしなければいけない旗本とその他の旗本の違いはなんでしょうか?

Aベストアンサー

1について
関東周辺の大名は二月と八月の半年交代でした。これは遠方より来る場合に比べかかる費用が少ないためと思われます。参勤交代は,大名に出費させることにより,謀反を起こす力を削ぐことも目的の一つとしているためです。
なお,蝦夷の松前家は六年に一度だったそうです。

2について
旗本は原則的に江戸定府ですが,無役の大身の旗本で、大名の領地を分け与えられ(つまりは江戸以外に居住地を持つ)て幕府に取り立てられた者など由緒ある家柄を持つ者
が参勤交代を行い,これを「交代寄合」と言います。

Q参勤交代について

江戸幕府が主催する参勤交代に行かなかった、もしくは行けなかった、理由をつけて断固として行かなかった、そうした特異な大名例があれば教えてください。また、そうなった場合やはり名代が代わりに行ってたのでしょうか?

理由もなし、理由があったとしても行かなかった場合、その後の処断はどのようなものが下されたのでしょうか?合わせてお願い致します。

Aベストアンサー

老中や大阪城代などの要職を務める譜代大名は、在任中は参勤交代が免除されていました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%9C%E4%BB%A3%E5%A4%A7%E5%90%8D

水戸徳川家や親藩、殆どの旗本は江戸に近いので参勤交代はありませんでした

更に居城の火災、領地の天災・飢饉、藩主の病気、代替わりなどの理由で参勤交代が免除されることもあります。

Q武田信玄の上洛戦について

武田信玄の上洛の道筋を見ると、三河を進軍しています。何故、三河を通る必要があったのでしょうか?地図をみると信濃から木曽路を通り、美濃を攻めても良かったのでは?しかも信玄は木曽路から美濃に秋山信友の別働隊を派遣しているので、木曽路が行軍できなかったわけではないはずです。何故、信玄はわざわざ三河を進軍したのでしょう?ご教授ねがいます。

Aベストアンサー

当時の武田軍の軍制では農民兵と軍役衆という半農の兵が主力で農繁期に出兵するとその年の収穫に差し支える為、長く本国をあけて遠征することはできませんでした。

これは織田信長のように兵農分離を断行していない所は共通した悩みでした。
従って信玄としては京都まで漸進策をとらざるを得なかったと思います。

木曽から美濃を攻めたのは信長を牽制する為で、本命の目標は三河の制圧、徳川軍の分断と、次の段階の準備であったと思われます。
信玄は決して無理な戦争をしない人で、作戦も十分な準備(敵の後方攪乱、調略など)を行っています。

徳川軍の団結は他にぬきんでていましたが武田軍の無敵振りを見せつけられて内応者も出る期待もありました。  三河を制圧すれば甲斐、信濃は安泰となり、米作地帯を手に入れ、次の進撃に有利となるのです。

あえて上京を唱えたのは近畿地方などの反信長勢力を励ます為です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報