一、大名・小名在江戸交替相定ムル所ナリ。毎歳夏四月中、参勤致スベシ。従者ノ員数近来甚ダ多シ、且ハ国郡ノ費、且ハ人民ノ労ナリ。向後ソノ相応ヲ以テコレヲ減少スベシ。但シ上洛ノ節ハ、教令ニ任セ、公役ハ分限ニ随フベキ事。 (wikiからコピー )

この中の「但シ上洛ノ節ハ、教令ニ任セ、公役ハ分限ニ随フベキ事。」とは、上洛の際に何をどうせよと命じているのですか、教えて下さい。
参勤交代とは、どんなつながりがあるのですか。
また、ここで言う上洛とは、二条城へ入ることですか。

よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

kouki-koureisyaさん、こんばんわ。



おそらく参勤交代のときの供揃えの人数のことを言っているのだと思います。家光の頃は将軍宣下などは都で行っていたので、将軍は大行列を引き連れて都に上っていました。だから、大名も将軍に従い、行列を引き連れて都へ上ったのでしょう。
その時は軍役規定に従い正規の人数を出しなさいということでしょう。
京都に将軍上洛した時の供揃えは定めてある通り、 治めている領地の石高の大きさに相応しくすることという意味でしょうね。

詳細は下記のURLを参照ください。

武家諸法度
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E5%AE%B6% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なるほど、分かりました。
「但シ上洛ノ節ハ、…」とありますから、参勤交代は従者の人数を減らせよ、しかし将軍上洛時は軍役規定を守れ、ということになりますね。
将軍の威光を京の人々に見せ付ける狙いがあったのでしょうか。
そんな気がします。

お礼日時:2014/06/15 20:47

ただし、京に立ち寄る際には、規則に従い、役職の有無によってふるまうように



と指示したものですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/15 17:22

前例に従えということ



平安京である洛中には、
京都所司代・二条城代など勤める一部の譜代大名のみ、
立ち入り許され、
外様など他の大名は、朝廷と結びつくこと恐れ
公には将軍上洛の、随行ぐらいしか京都に入れず、、
京都洛中に公式の屋敷持てず
参勤交代時も大名行列は、公式には、入れませんでした。
伏見で幕府の検査受け、滋賀の草津へ回り、江戸に向かいます。
現在は、同じ京都市ですが、伏見まで、です。、
お忍びの京都見物や、毛利、島津、徳川御三家などの公家から奥方迎えた大名の親類訪問は許されましたが\(^^;)。
幕末史に出てくる京屋敷、京都藩邸といっても、薩摩も長州も伏見に、ありますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
その前例がどんなものか、分かりませんでした。

お礼日時:2014/06/15 17:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学習指導案について

大学のレポートで新学習指導案と、旧学習指導案の違いを述べよと、学習指導案の作成(具体例をあげて説明せよ)というものが出ました。参考資料はあるのですが、なかなかうまくかけません。締め切りもせまってちょっとやばいです。なんでもいいので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

高校の数学教師です。MANIFESTさんの質問分野からすると、数学がご専門なのではないかと思いましたので、そのつもりで回答いたします。

参考資料はあると言われたので、新旧の内容の一覧はお持ちなのですね?私は教員なので、教科書を出している各出版社が編集してくれた「小中高から削減される内容と移行される内容一覧」を貰って、大変わかりやすかったです。問い合わせてみたらもしかして送ってもらえるかもしれません(将来の教員と思えば親切にしてくれると思います)。

数学に関して言えば、旧指導要領では繰り返し同じ内容が出てきたものを、新指導要領では一度きりサラっと教える程度になることが大きいと思います。
例えば、二次方程式の解の公式は中学で習わずに高校に入学してから習い、それを使って二次方程式・不等式さらに三次方程式などへと発展させていきます。使いこなすまでの練習が足りないままで、応用へと進んでしまうのは無茶ではないかと私は思います。現在の旧指導要領では中学で習い、高校1年でも数学Aで習いますから、解の公式があいまいだった生徒も確認できるのですが…。結局のところ、少ない時間数で同じようなことをやらざるを得ないのではないかと心配しています。

参考URLの他に、下記のとあるメールマガジンの記事も興味深いです。
http://www.crt.or.jp/~mmdnosr/Gakuryokuhoukai.html

参考URL:http://www.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/newcurriculum.html,http://skk.math.hc.keio.ac.jp/edu/usa.htm

高校の数学教師です。MANIFESTさんの質問分野からすると、数学がご専門なのではないかと思いましたので、そのつもりで回答いたします。

参考資料はあると言われたので、新旧の内容の一覧はお持ちなのですね?私は教員なので、教科書を出している各出版社が編集してくれた「小中高から削減される内容と移行される内容一覧」を貰って、大変わかりやすかったです。問い合わせてみたらもしかして送ってもらえるかもしれません(将来の教員と思えば親切にしてくれると思います)。

数学に関して言えば、旧指導要...続きを読む

Q幕末の武家諸法度の影響力

学校で幕末の事について調べています。
幕末は若い武士が倒幕運動を起こしましたよね。
その時って武家諸法度の影響力は低かったんですか?
学校で発表するので、出来れば資料等もあるとうれしいです。

Aベストアンサー

専門家ではないので参考意見です。

武家諸法度が作られたのは3代家光の時代ですよね。
徳川の初代3代は大変権力も権威もありました。
しかし、戦乱のない世の中で武家の威光は変化していきました。
それから400年近く経った幕末、
15代慶喜の頃まで影響力が持続したとは思えません。

それと、ひとつ付け加えるなら
幕末に倒幕運動を起こした主な人々は
浪人と呼ばれる、非武士階級が多く含まれています。
彼らにとっては、(勿論武士になりたいという憧れがあったので
法度を順守した人もいると思いますが)
武家諸法度も何もないのではないでしょうか?
そういう意味では、影響力が薄いと言えるはずです。

倒幕派の中にも、
幕府に対立したい人、天皇を擁立したい人、
開国に反対の人、開国に賛成の人と、様々な人がおり
思想が微妙に違います。

そのあたりを斟酌しないと
武家諸法度の影響力も一概に言えないと思いますよ。

Q単元指導計画と学習指導案の違い

導入・展開・まとめがあるのは学習指導案でしょうか?
単元指導と学習指導の違いがそもそも分かりません。
教育実習にたくさん書くには学習指導案でしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

学習指導案は、「どうやって授業をやるか」というシナリオです。
(子どもの反応によってその通りにならないことも多いですが)

1時間の授業を行うのにも、単元全体でどう指導するかを見通して、その流れの中で計画する必要があります。

単元全体の計画を含む指導案を「細案(さいあん)」と言います。

しかし、細案を作成するのはなかなか大変なことです。
参観する人が、少ししか授業を見ないことがわかっている場合などは、単元全体の計画などは省略して、1時間だけの授業の流れを書いてよしにするということも多々あります。

このようなコンパクトな指導案を「略案(りゃくあん)」と言います。

略案の学習過程を「導入・展開・まとめ」と区切る学校も多いと思いますが、その形にこだわらない学校もあります。

教育実習は、指導の基本を一通り勉強する必要がありますから、「単元指導計画」を含む「細案」を書かされることが多いと思います。

通常は、実習の初日に教務主任や研修主任または指導教官からその学校の形式が示されると思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E5%B0%8E%E6%A1%88

学習指導案は、「どうやって授業をやるか」というシナリオです。
(子どもの反応によってその通りにならないことも多いですが)

1時間の授業を行うのにも、単元全体でどう指導するかを見通して、その流れの中で計画する必要があります。

単元全体の計画を含む指導案を「細案(さいあん)」と言います。

しかし、細案を作成するのはなかなか大変なことです。
参観する人が、少ししか授業を見ないことがわかっている場合などは、単元全体の計画などは省略して、1時間だけの授業の流れを書いてよしにすると...続きを読む

Q大名ってなんですか? また、諸大名と大名の違いとは⁇

大名ってなんですか?
また、諸大名と大名の違いとは⁇

Aベストアンサー

時代によって意味が違うけど、多分、江戸幕府時代での大名の事を言ってると思うので、江戸時代について。

江戸幕府(将軍)から任命されて、主に石高(こくだか)1万石以上の領地(藩)を幕府から禄(ろく:給料)として与えられ、その領地を治めた藩主。

諸大名は2人以上の大名を纏めて言う時の言い方。

日本には、領地が250以上に細分されていたから、藩主も250人以上いた。

実際には藩と言う呼び名は、明治政府が付けた。
明治政府が「県」と言う行政区分を整理する際、それまでの行政区分を便宜的に「藩」と名付けた。

だから江戸時代には藩、藩主と言う言い方は無かった。

Q教育実習で、研究授業の指導案を間違えてしまったとき

明日、研究授業があります。昨日指導案を作成し、全員の先生の机に配布しました。昨日の時点で指導教諭と何度も見直しをしたのですが、今日、指導案に間違いを発見してしまいました。

研究授業の指導案を既に先生方に配布した後に間違いが見つかった場合、どうすればよいのでしょうか?もう一度回収し、修正すべきですか?ただ、明日の1時間目に研究授業なので、回収し修正するとしたら明日の朝になります。それに、回収できない先生もいるかもしれません。

どなたか経験のある方お願いいたします。

Aベストアンサー

 間違いの種類にもよると思うのですが、以下のように考えてはどうでしょうか。
(1)展開上の問題ならば、あくまでも「指導案」は「案=プラン」ですから、授業中に変更してはいけないということはありません。授業の展開はむしろ、児童・生徒の応答に応じて変更し、臨機応変に対応することが望ましいと考えます。指導案通り授業が進めば、それはそれで素晴らしい授業ですが、指導案を金科玉条の如く固定的に捉えるのは如何なものかと思います。
(2)誤植、明らかな誤りの場合は、できれば訂正版を配布した方がよいと思います。その場合、回収するのが困難であればせず、破棄してもらうよう依頼し、新しいものを「訂正版」として全職員に配布すればよいと考えます。明日は指導教官にお願いして早めに出勤して、印刷をする位の態度は必要だと思います。そのくらいのことは、指導教諭ならばOKしてくれると思いますよ。
とにかく、明日の研究授業自信をもって頑張ってください。

Q公家衆法度と禁中並公家諸法度

公家衆法度と禁中並公家諸法度
の内容と作った理由を一言か二言のような短文で教えて下さい。


公家衆法度
内容 武士の統制
理由 武士が荒れてたから

禁中並公家諸法度
内容 農民のルール決め
理由 農民のルールがなかったから

的な感じでお願いします。
私は理解してないので2つともの説明はあってないですが、書式としては上の例でお願いします!

Aベストアンサー

Erdbeerkegels さん、こんばんわ。


公家衆法度
内容 朝廷内の廷臣や女官の進退について一定の
幕府の干渉が可能になった。
理由 猪熊事件において女官と廷臣の風儀が乱れていたためその矯正のため。



禁中並公家諸法度
内容 天皇や朝廷に対する行動の制約
理由 朝廷や天皇の公家の行動に対する干渉、内部統制を強めるため。

詳細は下記のURLを参照ください。
禁中並公家諸法度
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%81%E4%B8%AD%E4%B8%A6%E5%85%AC%E5%AE%B6%E8%AB%B8%E6%B3%95%E5%BA%A6

公家衆法度五ヵ条
http://kotobank.jp/word/%E5%85%AC%E5%AE%B6%E8%A1%86%E6%B3%95%E5%BA%A6%E4%BA%94%E3%83%B5%E6%9D%A1



猪熊事件

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8C%AA%E7%86%8A%E4%BA%8B%E4%BB%B6

Q新任の先生も指導案を全部作るのですか?

ご回答者さま こんばんわ。

タイトルの件について、質問をさせてください。

現在、小学校教員を目指しております。

試験に合格し教壇に立った場合、
いきなり全教科、全コマ数の指導案を作成するのでしょうか。

それとも、指導案は予め用意されており、
数年の経験を経て自作の指導案を作成するのでしょうか。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひお教えください。

Aベストアンサー

作りません。そんな暇はありませんから。
ただし、「週案」という一週間の授業予定を書いた(大型の予定表のような)ものを毎週書きます。ここに、教科名と大まかな授業の内容を書きます。で、週末にその週の授業の反省というか実際にやった授業内容を赤ペンなどで記載し、予定と実際のズレを修正します。

それに合わせてて翌週の予定を書き込むわけです。それ以外に、児童の反応ですとか生活指導上の様子など特記事項もメモするのが普通です。人によっては、配布したプリントなどを貼っている事もあります。

これは、通常週末に管理職に提出します。その時、新卒の人はそれなりに細かく見られ、「指導」が入るものです。

指導案は、人に公開する授業の場合に書きます。通常ですと、研究授業ですとか公開授業(学校公開=授業参観も含む)くらいしか書く機会はありませんが、新卒の場合ですと、初任研がありますから、人に授業を公開する機会は年に数回あります。その都度授業案は必要となりますから、ベテランよりは書く機会は多くなるでしょう。

日常の授業自体は、通常、教科書の他に教師用指導書、赤本(教科書に赤字でポイントが書いてある本)を使って「教材研究」をした上でノートや先ほどの週案簿にメモ書きをする程度の場合が多いですね。

作りません。そんな暇はありませんから。
ただし、「週案」という一週間の授業予定を書いた(大型の予定表のような)ものを毎週書きます。ここに、教科名と大まかな授業の内容を書きます。で、週末にその週の授業の反省というか実際にやった授業内容を赤ペンなどで記載し、予定と実際のズレを修正します。

それに合わせてて翌週の予定を書き込むわけです。それ以外に、児童の反応ですとか生活指導上の様子など特記事項もメモするのが普通です。人によっては、配布したプリントなどを貼っている事もあります。

こ...続きを読む

Q諸宗諸本山法度

質問1:1601年にだされた諸宗諸本山法度とは、
 本山・末寺を整備して、宗派ごとに組織化がなされ たという解釈でいいでしょうか?

質問2:1665年にだされた諸宗寺院法度の内容って具体的に何ですか?友人が「活動を宗教のみに限定した」んだよ、とか言ってましたが、怪しいので、教えてください!



 

Aベストアンサー

 昨日は、お説教をして、気を悪くされたかもしれません。ごめんね。お説教は済んだので、質問に答えましょう。1601年に(この年に全て出されたのではありません。この年最初に出されたのは高野山=真言宗に対してで、1616年の身延山久遠寺=日蓮宗宛が最後)出されたのは、各宗派の大寺院にそれぞれ下した寺院法度で、1665年に出されたものは、各宗共通のものであるというのが違いです(これを「諸国寺院御掟」といいます)。これを制定したのは、まだ宗派全体宛の法度が制定されていない宗派があったからです。両者に内容において本質的な違いがあるというわけではありません。ただ、全寺院が個別ではなく画一的に統制されたという意味があるでしょう。
 寺院法度には、僧侶の学問奨励、本末関係の確立、僧侶の階級厳守、悪党徒党の庇護禁止、僧侶の任命法、新義・異解の禁止、紫衣・上人号の勅許制限などが記されています。
 その狙いは、表向きは大寺院を保護するように見せながら、これを幕府の封建的統制下に組み込もうというものです。
 なお、歴史に興味があるなら、歴史辞典・日本史辞典を手に入れることをお勧めします。
 私は、日本史専攻ですが、宗教史にはそれほど詳しくないので、「一般人」とさせていただきました。

 昨日は、お説教をして、気を悪くされたかもしれません。ごめんね。お説教は済んだので、質問に答えましょう。1601年に(この年に全て出されたのではありません。この年最初に出されたのは高野山=真言宗に対してで、1616年の身延山久遠寺=日蓮宗宛が最後)出されたのは、各宗派の大寺院にそれぞれ下した寺院法度で、1665年に出されたものは、各宗共通のものであるというのが違いです(これを「諸国寺院御掟」といいます)。これを制定したのは、まだ宗派全体宛の法度が制定されていない宗派があったからです。...続きを読む

Q学習指導案の書き方

私は来月、英語科の教育実習にいくのですが、学習指導案の書き方、何を、どう書けばよいのかが、よくわからなくて困っています。大学では指導案の書き方の指導がなく、本や参考書を読んでもいまいちわかりません。実際に自分で書いてみましたが、独善的な気がします。例えば、単元の目標等はあらかじめ設定されているのでしょうか。それとも、自分で設定して決めるものなのでしょうか?わからないことが多くて困っています。

Aベストアンサー

あくまでもうちの小学校の例なのですが・・・。

まず、タイトル(○年○組 英語指導案)、指導者の名前、日時、単元名、小単元名などを書きます。
そして『単元目標』これは、教本にあらかじめ設定されています。私は英語の教本は見たことがないので、具体的なことは分かりません、すみません。
それから『本時の目標』。この時間で勉強することのポイントを具体的に書きます。

書き口調は、主語が生徒になります。なので、『~させる』『~を教える』ではなく、『~を覚える』『発表する』等等。実際『生徒は』とはつけなくていいです。

それから『学習過程』。ここでは1時間の授業で実際なにをするか、時間のわりふりも含め、表で書きます。
表の項目は、『学習内容(先週までの復習・Lesson5・等小タイトルを書く)』、『学習活動(生徒が具体的に何をするか、生徒主語で書く)』、そして『支援と評価』ここでは考えられる支援と評価を具体的に書きます。たとえば英語だったら『朗読させ、よく読めた生徒をほめる』『文法が飲み込めていない生徒には、このようにアドバイスする』などです。これを授業の『導入』『展開』『まとめ』に区切って、わりふっていきます。

長くなってしまいましたね。さらに、分かりにくいかも・・・。この指導案はあらかじめ作っていかなくてはならないものなのでしょうか? 研修をしてから作っていいものであれば、教習先の担任の先生に相談してもいいかと思います。

あくまでもうちの小学校の例なのですが・・・。

まず、タイトル(○年○組 英語指導案)、指導者の名前、日時、単元名、小単元名などを書きます。
そして『単元目標』これは、教本にあらかじめ設定されています。私は英語の教本は見たことがないので、具体的なことは分かりません、すみません。
それから『本時の目標』。この時間で勉強することのポイントを具体的に書きます。

書き口調は、主語が生徒になります。なので、『~させる』『~を教える』ではなく、『~を覚える』『発表する』等等。実際『生...続きを読む

Q御成敗式目・建武式目・武家諸法度 どうちがうの?

はじめまして。

日本史を本格的に勉強し始めたのですが、
御成敗式目・建武式目・武家諸法度と、時代は異なりますが色々な法令(?)が出てきました。
これらはそれぞれ、
(1)どのような目的で
(2)どういう内容のもので
(3)結果どうなった
のでしょうか?

それぞれ端的に、簡単にでいいのでご説明いただけると助かります。

Aベストアンサー

続きで~す!

最後は武家諸法度を見ていきましょう。

<武家諸法度>
これは「江戸幕府」の基本法典と考えていいでしょう。まず、時代背景はどうだったか?
1605年に、家康はこう思っていました。

「う~ん・・・わしが引退したら、もしかしたら次に将軍になるのは・・・秀吉の子の豊臣秀頼になってしまかもしれんの~・・・」

というのは、当時まだ「世襲」という感覚がなかったのです。政治のトップに立つのはもっとも有力な人物であるべき!そこに血縁など関係ない!まだ江戸幕府の出来立てだった時代は、まだ少しだけ「下克上」の風潮がかすかに残っていたんですね。
そのため、家康はみんなを驚かすようなことをします。それは・・・まだ生きている間に子供である「徳川秀忠」に将軍職を譲ること。こうすることで、「将軍を代々受け継ぐのは、徳川家なんだぞ!」というのを世に知らしめて、「世襲」を印象付けたのです。
当然、これに猛反発したのは「豊臣家」です。特に、秀吉の妻である「淀殿」が猛反発しました。

「次の将軍になるのは、かの有名な秀吉様の息子の秀頼でありざます!あんな血を受け継いだだけの役立たずじゃないでざます!」

みたいな感じですかね?そこで家康は当然「うぜ~・・・」って思ったはずです。でも、同時に「チャンス」とも思ったのです。というのは、前々から家康は「豊臣家」を滅ぼそうとたくらんでいたのです。そこで、その口実にしたのが・・・「方広寺鐘名問題」。これは何なのかというと、まぁぶっちゃけ言えば家康のあてつけみたいなもの。「方広寺」の鐘に「国家安康」「君臣豊楽」という文字が彫られていて、これを家康が「家“康”が安らかに死ねば、“国”も“安”らかになり、“豊”“臣”家が“君”臨すれば家“臣”も“楽”しく過ごせるよ?」みたいに解釈したのです。とんでもない難癖ですよね?
そして家康は難癖をつけて、豊臣家を挑発します。怒った豊臣家は挑発にのり、家康と対立します。これが、「大阪の陣」とよばれるやつです。

さて、結果は知っているとおり、家康の勝利となりました。ここからがポイントです。家康はもう豊臣家を滅ぼしたんだから、これ以上「豊臣家」のようにいちいちたてついてくる家臣を作りたくないと考えたのです。そこで、あの1615年に「武家諸法度」を定め、家康の配下にいる大名たちを厳しく統制しようと考えたわけです。そのため、「一つの藩は一つに城!」といった内容の「一国一条令」を発布したり、徳川秀忠の時代には「福島正則」という人物を武家諸法度違反で大名をクビにします。この「福島正則」はあの「関が原の戦い」のときにとても活躍してくれた、徳川家にとっての重臣だったのにもかかわらず、秀忠は処罰をした。つまり「武家諸法度に例外はないぞ!」という風に世に知らしめて、より統制を強くしました。この結果、三代将軍「徳川家光」の時代には「江戸幕府」というのは250年以上も続く政治機関へと上り詰めたのです。

武家諸法度においては将軍によって、内容が少しずつ修正されるのですが・・・特に五代将軍「徳川綱吉」の時代になるとその厳しさが一気にガクンと下がります。これにはいろいろと時代背景があるのですが・・・それは勉強していけば分かると思いますよ。

ってな感じです。長くなりましたが、以上で解説を終わります。

続きで~す!

最後は武家諸法度を見ていきましょう。

<武家諸法度>
これは「江戸幕府」の基本法典と考えていいでしょう。まず、時代背景はどうだったか?
1605年に、家康はこう思っていました。

「う~ん・・・わしが引退したら、もしかしたら次に将軍になるのは・・・秀吉の子の豊臣秀頼になってしまかもしれんの~・・・」

というのは、当時まだ「世襲」という感覚がなかったのです。政治のトップに立つのはもっとも有力な人物であるべき!そこに血縁など関係ない!まだ江戸幕府の出来立てだった時代...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報