ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

債権回収を弁護士に依頼しいと考えております。

地名は伏せますが、相手方の業者所在地は少し遠く、電車新幹線で3~4時間程の場所にあります。

この場合、債権回収を弁護士に依頼するのに、自分の地元弁護士がいいのか、または相手方地域弁護士がいいのか悩んでおります。

地元弁護士に依頼の場合のメリットとして、面会しての相談が容易、必要があればいつでも面会できる安心、があります。デメリットは、裁判等で相手方地域に出向かなければならない場合の出張費がかさむ事等でしょうか。

相手方地域の弁護士に依頼の場合、上記メリット、デメリットが逆になるかと思いますが,それに加え,今回私が気にしているコトがあります。今回,相手方の情報が、携帯番号、名前、引っ越し前の会社所在地、程度しか無いため、相手の情報を入手するのが困難な可能性が高いという事です。そのため相手方地域の弁護士の方が、土地勘やコネクションの関係から,小回りが利くと言うか、相手方情報を得るのにその辺が有利に働きそうな気がします。

実際はどちらもそんなにやる事は変わらないかもしれませんが、知識のある皆さんだったらどちらに依頼しますでしょうか?

下記は、今回の債権回収の件に関して私がここで質問したページのリンクです。詳細や流れが分かるかと思います。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8636384.html

ヨロシクお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

法律事務員をしております。



私が依頼を希望される方に言うこととしては、近くの弁護士の方が不便は少ない、
ということです。
(時折、同様の質問をされることがあるもので・・・)

契約書の取り交わし、内容の説明、相談、方針等・・・
もちろん遠方の方とは郵送でのやり取りも可能ですが、弁護士と依頼者とは信頼関係
を築く必要があるため、うちの弁護士は最低でも1度は直接面談をしています。
その方が、お互い顔を知れるし、いきやすい距離等で信頼を置きやすいそうです。

交渉にせよ裁判にせよ、相手の住所地を調査することはできます。
現地へ行ってきちんと所在確認をすることもありますが、郵便物や(内容証明等)登記簿
などから調査することもできますので、うちでは現地確認は今のところ例がないです。
その他、弁護士法で調査はある程度まではできるはずです。

メリット・デメリットは仰る通りだと思います。
その辺りは良く考えて納得できる弁護士に依頼するのが一番だと思います。

また、
>土地勘やコネクションの関係から,小回りが利くと言うか、相手方情報を
得るのにその辺が有利

これはちょっと違います。
もしその弁護士が相手の業者(?)と何らかのコネクションがあったならば、利害関係
になる可能性もあるため、依頼を引き受ない、ということも有り得ます。
(顧問になっていたり、同じ会合仲間だったり・・・等)

弁護士によっても、または事務所によってもやり方も方針も違うでしょうから、いくつか
相談にまわってみることも一つだと思いますよ。

参考までに^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

信頼関係はやはり大事ですね。
相手方地域の弁護士にお願いするとしても、初回はもちろん面談するつもりですが、案件が長引くことを考えると,いつでも会える状況の方が好ましい気がしてきました。おっしゃる通りですね。

相手の所在が分からないので,現地確認なども場合によってはあるのかなと想像していましたが,そう言ったことは基本的にはなさそうですね。

色々教えて頂きありがとうございます!

お礼日時:2014/06/17 12:10

相手側の土地の弁護士さんでしょうね。


そうしないと、出張費が嵩みます。

折衷案として、こちらの弁護士さんに依頼、相手側の土地近くの弁護士さんに丸投げしてもらうという手も。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。
そういう事も出来るのですね。
近くの弁護士に相談してみます/
有り難うございました!

お礼日時:2014/07/07 13:55

>結果的に差し押さえ行程が入ってくるのなら、預金先の銀行や,不動産がある場所の弁護士が適任、つまり相手方の地域の弁護士にお願いした方がいいという事でしょうか?



そのとおりですが、預金の差押(債権差押)でも不動産の差押えでも、全て、郵便でできます。
ですから、どちらでもいいです。
ただ、相手方の土地の弁護士に依頼する場合は、1度や2度の面会は必要です。
そう言うことから言えば、pohsekasさんの近くの弁護士の方がいいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご返答有り難うございます。
近くの弁護士にしてみようかと思っております。
有り難うございました!

お礼日時:2014/07/07 13:55

>・・・そのため相手方地域の弁護士の方が、土地勘やコネクションの関係から,小回りが利くと言うか、相手方情報を得るのにその辺が有利に働きそうな気がします。



と言うことならば相手方の土地の弁護士がいいと思いますが、弁護士は、そのようなことは受任しないかも知れません。
本来、債権回収と言っても、債務者の何処にある何を差し押さえるのか等々に関することは、弁護士の仕事ではなく、債権者本人の仕事です。
例えば、債務者所有の不動産が当該地にあり、その不動産の差押えをするならば(このように具体的にする必要があります。)その土地を管轄する裁判所に近い弁護士が、適切と思います。
また、債務者の預金等の差押えで、その銀行が債権者の近くならば、その近くの弁護士が適当と思います。
何しろ「債権回収をお願いします。」と言うだけでは何処の弁護士も受任しないと思います。
なお、強制執行に関する手続きは、口頭弁論がないので、全て郵便でできます。その意味では、債権者に近い方がいいです。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

相手に支払う意思が殆ど感じられないので,
相手の預金や,相手業者への他社からの支払があるなら、そのあたりの差し押さえができればいいなと考えております。tk-kubotaさんのお話では結果的に差し押さえ行程が入ってくるのなら、預金先の銀行や,不動産がある場所の弁護士が適任、つまり相手方の地域の弁護士にお願いした方がいいという事でしょうか?

ヨロシクお願い致します。

補足日時:2014/06/17 15:25
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング