「遺留分減殺請求権は、形成権で減殺の意思表示のみにによってその効果を生じ、その権利は、その意思表示が到達した時点から、遺留分権利者に帰属する」ということだと思います。

また、弁護士さんが言うには、「遺言によって割合的包括遺贈がなされる場合、遺留分権利者が遺留分減殺請求権の行使をした時には、遺産共有の状態になり、権利取得の効果発生要件として、遺産分割協議が必要」としています。学説の記されたコピーをもらいました。

一方で、民法第909条では、「遺産の分割は、相続開始の時にさかのぼってその効力を生ずる。」と定めています。

分割的包括遺贈がなされて、遺留分減殺請求権を行使した場合、分割協議を経て分割された遺産の帰属は、いつからなのでしょうか?形成権であれば、意思表示の到達した時点からということになり、分割協議を経た場合は、相続開始時に遡ってだと思いますし、どう解釈すればよいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

遺留分」に関するQ&A: 相続遺留分

A 回答 (1件)

 相続開始時になります。



 全部包括遺贈の遺言であれば、遺産に含まれる個々の財産は、すべて受贈者に帰属して、遺産分割の余地はありませんが、割合的包括遺贈の場合には、遺留分減殺請求権を行使してもしなくても、遺産共有状態が残りますので、分割協議対象となり、その結果、遺産に含まれる財産の全体が、相続開始時に遡って、分割の効力を受けることになります。

 確かに、遺留分減殺請求権の行使の効果は、意思表示の時から将来に向かって生じますが、それは、特定遺贈や全部包括遺贈を念頭に置いたもので、この場合には、民法上(財産法上)の共有となりますので、共有物分割の対象となりますが、割合的包括遺贈の場合には、遺産共有が残りますので、遺産分割の法理が優先的に適用されることは、やむを得ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/17 05:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

遺留分」に関するQ&A: 相続の遺留分について

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺留分減殺請求権者の減殺の意思表示後の権利

遺留分権利者Aが内容証明郵便で減殺の意思表示を行った後、遺留分侵害者Bに元々B所有の不動産X(遺留分相当)の取得を求めることは可能でしょうか。こうした場合の法律関係を教えて下さい。

遺留分権利者Aは、遺留分侵害を確認後直ちに内容証明郵便で減殺の意思表示を行いました。Aは、遺留分侵害者Bから元々B所有の不動産Xを借りていました。しかし、Aが減殺の意思表示を行ったために、Bは憤慨してAに不動産Xの返還を求めてきました。AはBに、遺留分相当である不動産Xの取得を求めていますが、Bは不動産Xは遺産ではないとして話し合いに応じようとしません。Aは、この協議が解決するまでの間、不動産Xの返還には応じないつもりです。
Aが減殺の意思表示を行う以前に、Bは遺言公正証書により全ての遺産の名義を自分に書換えていました。こうした場合には、Aの持つ請求権がBの現に所有する資産(書換えられた遺産含む)の全体に及ぶと聞いています。もしそうであれば、AはBに遺留分相当として不動産Xの取得を求める事が可能ではないかと思われます。

また、ある本の解説では「債権債務の関係にあれば留置権は当事者の意思にかかわらず法律上生じるもの」とされています。Aの持つ請求権により、Aは債権者として債務者Bの所有権侵害に対抗して、不動産Xの留置権を行使することも可能でしょうか。

遺留分権利者Aが内容証明郵便で減殺の意思表示を行った後、遺留分侵害者Bに元々B所有の不動産X(遺留分相当)の取得を求めることは可能でしょうか。こうした場合の法律関係を教えて下さい。

遺留分権利者Aは、遺留分侵害を確認後直ちに内容証明郵便で減殺の意思表示を行いました。Aは、遺留分侵害者Bから元々B所有の不動産Xを借りていました。しかし、Aが減殺の意思表示を行ったために、Bは憤慨してAに不動産Xの返還を求めてきました。AはBに、遺留分相当である不動産Xの取得を求めていますが...続きを読む

Aベストアンサー

留置権は発生しません。 その物に関する債権ではない。

原則は、相続した財産

Q遺産相続・名義変更・遺留分・遺産分割協議 など困ってますゞ

遺産相続・名義変更・遺留分・遺産分割協議 など困ってますゞ
長文ですみません!
祖父(3年半前他界)→福岡県の土地・建物(合わせて1000万相当評価格)
     →大阪府の土地(1000万相当評価格)
1、祖母(85)→福岡県の祖父名義の所に在住
2、叔母(63)→祖父の長女・嫁いでおり山口県在住
3、父(63)→祖父と養子縁組・土地が祖父名義の大阪府に在住
   →建物は父名義
4、母(9年前他界)→祖父の次女
5、長女(36)→嫁いでいます。
6、次女(32)→私・来月入籍予定・父と婚約者は養子縁組はしません。
7、三女(29)→嫁いでいます。

法定相続人は上記の7人です。
三姉妹の為、名前を残す為に跡取りとして私にと皆、賛成してくれています。
いろんな経過がありましたので、私だけがなぜ!?と言う批判のお言葉は控えて頂くと助かります。
生前祖父が公正証書を作成しており、全て(土地・建物・預金等)は私にと書いてありました。
上記7名も誰も反対していませんでした。
実際は預金等(500万ほど)は祖母に全て渡しています。
ですが姉の旦那があちら系の人で姉自身、公正証書があることを旦那に言えないので、
旦那にバレずに名義変更の手続きは進めて欲しいと言います。
印鑑証明・実印などは旦那が管理しており、持ち出せないと言います。
姉の旦那が母が亡くなった時に「俺らの取り分は?」と私達の前で言った時に「はい?!」と
同時に早めに手を打たなければと祖父も、公正証書を作ったそうです。

そこで質問です・・・
(1)公正証書があり土地・建物は私にとなっていますが
 名義変更の際、姉の遺留分放棄と印鑑証明を添付
 しなければ名義変更は出来ないのですか? (司法書士に言われました)
(2)別に遺留分の放棄をしてくれなくても、姉が遺留分の請求を
 するなら構わないと思っています。
 姉の遺留分は幾らくらいになりますか?
(3)私は名義変更さえ出来ればいいです。
 姉の旦那に知られず名義変更は可能ですか?
(4)他に方法はありますか?
 法定相続人が亡くなったりすると更に複雑になるのが嫌ですゞ

以上アドバイス宜しくお願いします!

遺産相続・名義変更・遺留分・遺産分割協議 など困ってますゞ
長文ですみません!
祖父(3年半前他界)→福岡県の土地・建物(合わせて1000万相当評価格)
     →大阪府の土地(1000万相当評価格)
1、祖母(85)→福岡県の祖父名義の所に在住
2、叔母(63)→祖父の長女・嫁いでおり山口県在住
3、父(63)→祖父と養子縁組・土地が祖父名義の大阪府に在住
   →建物は父名義
4、母(9年前他界)→祖父の次女
5、長女(36)→嫁いでいます。
6、次女(32)→私・来月入籍予定・父と婚約者は養子縁組はしません。
7、三女(29...続きを読む

Aベストアンサー

1.遺言での登記では、遺留分放棄証書は不要です。 その司法書士は誤りです。
  遺留分の請求期限は1年間なので、その間登記できないことになる。
  他の司法書士に相談を。

  遺言での登記は、遺留分のないものとして登記申請できます。

3,遺言書の内容よりましては、他の人に知れずに登記できます。

Q遺産分割協議中に相続人が死亡のときの相続財産の帰属

被相続人Xについての遺産分割協議を相続人A,B,Cでしている最中に相続人Aがなくなりました。この場合、まずはXについて遺産分割をしてからAについての遺産分割をするべきなのでしょうか?

Aについての相続税にかかる相続財産というのは、例えばXの不動産ならその不動産をAが相続して、さらにその後その相続人が相続することになる場合、Aの相続財産にはXからの不動産も算入して計算するのでしょうか?

相続人Aの相続税にかかる相続財産の範囲について、被相続人Xとの関係においてどのようになるのか教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Xの遺産は Aにも相続されています(この時点ではAの相続人(配偶者や子)は関与しません)
遺産分割の協議中にAが亡くなれば、Aの相続人がその地位を受け継ぎます

X--A --Aの配偶者・子  全員でBおよびCと対等
   B
   C

>Aについての相続税にかかる相続財産というのは、例えばXの不動産ならその不動産をAが相続して、さらにその後その相続人が相続することになる場合、Aの相続財産にはXからの不動産も算入して計算するのでしょうか?

その通りです

相続は X→A→Aの相続人 になります、相続税は 相続毎に計算します(X→Aと  A→Aの相続人 の2回)
 
不動産の登記は X→Aの相続人 で可能です

Q遺留分を侵害されていない状態で遺留分減殺請求の意思表示がありましたが、

遺留分を侵害されていない状態で遺留分減殺請求の意思表示がありましたが、意思表示の本人は遺留分だけでいいと(それ以上は不要)判断して対応していいのでしょうか。通常は侵害されていることを知ってから意思表示をするのではないかと思いますがいかがでしょうか。

Aベストアンサー

 まあ,そんなムシのいい話にはならないでしょうね。

 遺留分減殺請求権の行使には消滅時効がありますので,遺産総額が分からなくても,ある程度の見通しで行使せざるを得ないという実情があります。それで,調べてみたら,遺言にない財産が出てきて,結果的に遺留分の侵害がなかったということも,ままあることです。

 そのような状況で,遺留分減殺請求権が行使されたからといって,それが遺留分だけあればいいなどという気持ちで行使されたことにならないのは,人の考えとして,当たり前のことだと思います。

Q遺留分減殺請求と、遺贈以外による遺言処分

遺言で「甲を相続人Aに相続させる」と書くと、判例によれば「遺産分割方法の指定」となって、遺言者が死亡すると、執行の必要もなく直ちに、甲の所有権がAに移るということです。

ところで、遺留分減殺請求の条文や文献を見るに、対象は「贈与」と「遺贈」のようです。ということは、全財産が不動産甲乙丙のみだという事例で、「甲乙丙を相続人Aに相続させる」と遺言すると、他の相続人は遺留分減殺請求できないのですか?あるいは、こうした遺産分割方法の指定や相続分の指定も、遺留分の条文における「遺贈」に含まれるのでしょうか?

ご存知の方、ご説明下さい。

Aベストアンサー

実務、裁判などでは、 遺言書の相続で承継した財産も当然遺留分減殺の対象になります。

これは、確定した取り扱いとされています。 変更されることはないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報