「遺留分減殺請求権は、形成権で減殺の意思表示のみにによってその効果を生じ、その権利は、その意思表示が到達した時点から、遺留分権利者に帰属する」ということだと思います。

また、弁護士さんが言うには、「遺言によって割合的包括遺贈がなされる場合、遺留分権利者が遺留分減殺請求権の行使をした時には、遺産共有の状態になり、権利取得の効果発生要件として、遺産分割協議が必要」としています。学説の記されたコピーをもらいました。

一方で、民法第909条では、「遺産の分割は、相続開始の時にさかのぼってその効力を生ずる。」と定めています。

分割的包括遺贈がなされて、遺留分減殺請求権を行使した場合、分割協議を経て分割された遺産の帰属は、いつからなのでしょうか?形成権であれば、意思表示の到達した時点からということになり、分割協議を経た場合は、相続開始時に遡ってだと思いますし、どう解釈すればよいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

遺留分」に関するQ&A: 相続遺留分

A 回答 (1件)

 相続開始時になります。



 全部包括遺贈の遺言であれば、遺産に含まれる個々の財産は、すべて受贈者に帰属して、遺産分割の余地はありませんが、割合的包括遺贈の場合には、遺留分減殺請求権を行使してもしなくても、遺産共有状態が残りますので、分割協議対象となり、その結果、遺産に含まれる財産の全体が、相続開始時に遡って、分割の効力を受けることになります。

 確かに、遺留分減殺請求権の行使の効果は、意思表示の時から将来に向かって生じますが、それは、特定遺贈や全部包括遺贈を念頭に置いたもので、この場合には、民法上(財産法上)の共有となりますので、共有物分割の対象となりますが、割合的包括遺贈の場合には、遺産共有が残りますので、遺産分割の法理が優先的に適用されることは、やむを得ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/17 05:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

遺留分」に関するQ&A: 相続の遺留分について

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアニメのフォトフレームを使った写真のUPと著作権

カテ違いならすみません。
どうかご存知の方がいらっしゃいましたらお教え下さい。

私はある有料の携帯アニメサイトで配布しているフォトフレームを使って
花や風景をデコレーションした写真を作りました。(人物は入ってません)
そのアニメはよく問題になるディズニーやサンリオやポケモンではなく
ごく普通のTVアニメのサイトのものですが
フォトフレームにはそのアニメの登場キャラクターが入っていて
元々は写メでプリクラのように飾るためのものです。
携帯内機能での文字や絵文字入れもでき、メール添付で送る事もできるものなのですが
この編集した画像をブログ上などへUPするのは著作権法に触れるのでしょうか?
同じアニメのPC用のはがきやカレンダー作成ソフトには
強制的に著作権クレジットが必ず入るようになっていますが
このフォトフレームには入っていません。
配布サイト内には細かい注意書きも無く
運営サイトへ問い合わせメールを送りましたが
休日と重なったためかまだ返事が来ないままです。
せっかく撮った花の時期がずれると気を揉んでいるのですが
あまりにもそのフレームの画像と写真がマッチしているので
できれば・・・と思ったのですが、法に触れるなら使いたくないのです。
どうか詳しい方、よろしくお願いします。

カテ違いならすみません。
どうかご存知の方がいらっしゃいましたらお教え下さい。

私はある有料の携帯アニメサイトで配布しているフォトフレームを使って
花や風景をデコレーションした写真を作りました。(人物は入ってません)
そのアニメはよく問題になるディズニーやサンリオやポケモンではなく
ごく普通のTVアニメのサイトのものですが
フォトフレームにはそのアニメの登場キャラクターが入っていて
元々は写メでプリクラのように飾るためのものです。
携帯内機能での文字や絵文字入れもでき、メ...続きを読む

Aベストアンサー

携帯用の画像なんで一般的に携帯で使用するしか認められていません、だからそれをHPに用いれば著作権違反です、使ったほうが咎められます。

ごく普通のアニメでも著作権は作者や製作会社にあります、ディズニーやポケモンなどと同等です。

Q遺留分減殺請求権者の減殺の意思表示後の権利

遺留分権利者Aが内容証明郵便で減殺の意思表示を行った後、遺留分侵害者Bに元々B所有の不動産X(遺留分相当)の取得を求めることは可能でしょうか。こうした場合の法律関係を教えて下さい。

遺留分権利者Aは、遺留分侵害を確認後直ちに内容証明郵便で減殺の意思表示を行いました。Aは、遺留分侵害者Bから元々B所有の不動産Xを借りていました。しかし、Aが減殺の意思表示を行ったために、Bは憤慨してAに不動産Xの返還を求めてきました。AはBに、遺留分相当である不動産Xの取得を求めていますが、Bは不動産Xは遺産ではないとして話し合いに応じようとしません。Aは、この協議が解決するまでの間、不動産Xの返還には応じないつもりです。
Aが減殺の意思表示を行う以前に、Bは遺言公正証書により全ての遺産の名義を自分に書換えていました。こうした場合には、Aの持つ請求権がBの現に所有する資産(書換えられた遺産含む)の全体に及ぶと聞いています。もしそうであれば、AはBに遺留分相当として不動産Xの取得を求める事が可能ではないかと思われます。

また、ある本の解説では「債権債務の関係にあれば留置権は当事者の意思にかかわらず法律上生じるもの」とされています。Aの持つ請求権により、Aは債権者として債務者Bの所有権侵害に対抗して、不動産Xの留置権を行使することも可能でしょうか。

遺留分権利者Aが内容証明郵便で減殺の意思表示を行った後、遺留分侵害者Bに元々B所有の不動産X(遺留分相当)の取得を求めることは可能でしょうか。こうした場合の法律関係を教えて下さい。

遺留分権利者Aは、遺留分侵害を確認後直ちに内容証明郵便で減殺の意思表示を行いました。Aは、遺留分侵害者Bから元々B所有の不動産Xを借りていました。しかし、Aが減殺の意思表示を行ったために、Bは憤慨してAに不動産Xの返還を求めてきました。AはBに、遺留分相当である不動産Xの取得を求めていますが...続きを読む

Aベストアンサー

留置権は発生しません。 その物に関する債権ではない。

原則は、相続した財産

QHP・ブログやミクシーに著作権(コピーライト)を使った作品を載せたい。

いままではコンビニなどでフリーターでしたが、1ヶ月ほど前から頼み込んで広告会社に弟子入りしました。
フォトショップやイラストレーターの勉強をしていて、徐々に作品が出来るようになってきたので、成長過程を載せて自分の気分を盛り上げたいと思っているのですが。

主にパチンコ屋のチラシなので、日付・店名・コピーライトを載せています。


もちろんチラシ折込日以降の出回った後に載せるつもりですが
著作権はチラシの場合は宣伝になるので、そのままホームーページやブログ・ミクシーに載せても大丈夫なのではないかな?と思ったのですが。どうなのでしょうか?

著作権云々で駄目なようでしたら、ミクシーの画像アルバムにパスワードをかけて友達だけにすれば大丈夫ですか?

詳しくないので教えていただければ嬉しいです♪
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>著作権はチラシの場合は宣伝になるので、そのままホームーページやブログ・ミクシーに載せても大丈夫なのではないかな?と思ったのですが。どうなのでしょうか?

それを決めるのは貴方ではありません。
著作権を持っている広告主等正当な権利者です。

広告・宣伝をどのように行うか等についても広告主が決める権利です。
広告主等の権利者に書面による許可を取ってください。
それが出来ないなら止めることです。

又貴方が勝手に載せて何か問題となった時真っ先に批難・糾弾されるのは広告主です。
(特にパチンコ屋等世間によく見られていない業種はなおさらです)

問題になった時貴方がどのように責任取れるんですか?
mixi退会やブログ削除なんて甘い考えしていないでしょうね?
そういうことが何にもならない(返って悪化する)事は過去の幾多の炎上事件が証明しています。
世間等を甘く考えてはいけません。

Q遺留分を侵害されていない状態で遺留分減殺請求の意思表示がありましたが、

遺留分を侵害されていない状態で遺留分減殺請求の意思表示がありましたが、意思表示の本人は遺留分だけでいいと(それ以上は不要)判断して対応していいのでしょうか。通常は侵害されていることを知ってから意思表示をするのではないかと思いますがいかがでしょうか。

Aベストアンサー

 まあ,そんなムシのいい話にはならないでしょうね。

 遺留分減殺請求権の行使には消滅時効がありますので,遺産総額が分からなくても,ある程度の見通しで行使せざるを得ないという実情があります。それで,調べてみたら,遺言にない財産が出てきて,結果的に遺留分の侵害がなかったということも,ままあることです。

 そのような状況で,遺留分減殺請求権が行使されたからといって,それが遺留分だけあればいいなどという気持ちで行使されたことにならないのは,人の考えとして,当たり前のことだと思います。

Qよくある名称を一部に使った商標の商標権侵害について

知人に商標権の侵害について悩んでいる人がいて、ここで質問をさせていただけましたら幸いです。

現在、会社を経営してある製品(雑貨)を販売していますが、その製品には商標登録した固有の名前(例えば「ABC」とします。これは登録済み)に、一般的な外来語のカタカナの名称を付けています。(例えば「ブックス」、「ジャズ」、「ギター」、「ロック」など。)

そして、ABC・ブックス、ABC・ジャズ、ABC・ギター、といった製品名になります。(ABCのみを登録で、下の言葉を含めた全体は登録していないです。)

その場合、下の「ブックス」という一般的な名称を同じ雑貨のカテゴリーで取得している商標登録している会社に対して、商標権の侵害になってしまうのでしょうか?

「ブックス」や「ジャズ」、「ギター」はその会社が既にそのカテゴリーで商標登録しているので、その言葉を使うなという請求はされてしまいますでしょうか?下の言葉をすでに同じカテゴリーで登録しているので、製品名の一部であってもその言葉の使用の中止を求められ、返答に困っているとのことです。

請求をしてきている会社の製品とは、ブックス、ジャズ、ギターといった名称ですが、製品は本やレコード、ギターなどではありません。ただ名前のみの使用です。

知り合いの方も、製品は本やレコード、ギターではないですが、こちらは本やレコードやギターのデザインをしています。

素人としては、(1)下の言葉はごく一般的な呼び方であること、(2)下の一般名称を単独使用しておらず、ABCと一体につづけて使用している点、(3)言葉としては一緒だが、その会社に不利益はないと思うこと、から商標権の侵害にはならないのでは、と考えております。

お力をいただけましたら幸いです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

知人に商標権の侵害について悩んでいる人がいて、ここで質問をさせていただけましたら幸いです。

現在、会社を経営してある製品(雑貨)を販売していますが、その製品には商標登録した固有の名前(例えば「ABC」とします。これは登録済み)に、一般的な外来語のカタカナの名称を付けています。(例えば「ブックス」、「ジャズ」、「ギター」、「ロック」など。)

そして、ABC・ブックス、ABC・ジャズ、ABC・ギター、といった製品名になります。(ABCのみを登録で、下の言葉を含めた全体は登録していないです。)...続きを読む

Aベストアンサー

相手方の請求を受け容れられる状態にあるのなら、
もちろん、受け容れた方が安全です。

実際に使用している態様が判らないので
断言はできませんが、
商標として同一ではないので、
相手方も類似するとの確信を持ってはいないと思われます。

「明らかに類似する」とはいえない場合、
「類似しないと判断するがこれからの使用はやめる」
との態度で、
今まで生産した分までは売らせてもらうよう
交渉するのが一般的です。
(つまり新たには作らないが
作ってしまった分は売る)

一般論として、
「A+B」の結合商標は
省略して呼ばれるなら「B」部分が省略される場合が多いので、
商標「A+B」が商標「B」と類似するケースは稀です。

但し、請求を拒絶するにはそれなりの理論武装が必要で、
それができないのなら、受け入れもやむをえないでしょう。
(代理人の力関係で決まる部分もあります)

Q相続時精算課税精度で贈与された遺産の遺留分減殺請求

相続人が2人(AとB)いる場合で、被相続人が生前に相続時精算課税精度を利用して家屋と土地を相続人Aに名義変更し、被相続人はすべての資産を相続人Aに譲るという遺言書を書きました。
被相続人の死亡後、相続人BはAがもらい受けた家屋と土地の遺留分減殺請求をAに請求できますか?

Aベストアンサー

>相続人BはAがもらい受けた家屋と土地の遺留分減殺請求をAに…

その贈与が 5年以内であれば可能です。
5年以上前だと、贈与が完結していますので無理です。

Qウィンドウズやユニックス系OSを使ったプログラムの著作権について

同じようなプログラムを作った場合ウィンドウズOSを使った場合よりユニックスを使った方が著作権を取りやすいって本当ですか?それはなぜですか?

Aベストアンサー

著作権は、どんな言語、OSだろうが、プログラムを作った時点で、
他になにもしなくても発生するものですが・・・

それとも、特許のことを言っていますか?
特許だとしても、普通は、アルゴリズムで特許をとりますね。
OSや言語を指定して特許をとっても、その他の言語などの場合まで権利が及ばないでしょうし。

Q遺留分減殺請求権とは?

こんばんは。遺留分減殺請求権はどういう権利なのかよく分かりません。教えてください。。

具体的に説明してくださったら幸いです。よろしくお願いします涙。

Aベストアンサー

簡単に言うと被相続人(死んだ人)が、相続人(子、兄弟姉妹等)以外の人に遺産を譲渡した時に、遺産の一部を相続人以外の人(受贈者)から裁判で取り戻す権利のことです。

QWordpressのタグを使ったPHPで著作権表示

Wordpress でオリジナルテーマを作っています。
footer.php に著作権の年度表示をしようと思い、以下のように記述しました。

<?php $oldest = get_posts( 'numberposts=1&orderby=post_date&order=ASC' ); ?>
<?php foreach( $oldest as $post ) : setup_postdata( $post ); endforeach; ?>
<?php $oldest = the_date( 'Y' ); $latest = date( 'Y' ); ?>
<?php if ( $oldest == $latest ) : echo $latest;
else : echo $oldest.'-'.$latest;
endif; ?>

最古記事の年を取得し、「最古記事年-最新記事年」というふうに出力します。
最古記事の年が最新記事の年と同じなら最新記事の年のみを出力、というようにしたかったのですが、
2008年や2009年の記事がある場合はちゃんと「2008-2010」と表示されるのですが、2010年の記事しかなかった場合「2010」とのみ表示されるはずが「2010-2010」となってしまいます。

どうか皆さんの知恵をお貸しください。よろしくお願いいたします。

Wordpress でオリジナルテーマを作っています。
footer.php に著作権の年度表示をしようと思い、以下のように記述しました。

<?php $oldest = get_posts( 'numberposts=1&orderby=post_date&order=ASC' ); ?>
<?php foreach( $oldest as $post ) : setup_postdata( $post ); endforeach; ?>
<?php $oldest = the_date( 'Y' ); $latest = date( 'Y' ); ?>
<?php if ( $oldest == $latest ) : echo $latest;
else : echo $oldest.'-'.$latest;
endif; ?>

最古記事の年を取得し、「最古記事年-最新記事年」というふ...続きを読む

Aベストアンサー

Wordpressは使用したことがないので想像になってしまいますが・・・

the_date()というものを調べると、第4パラメータがtrueである場合はページに出力
falseである場合はPHPで使用できる値として日付を返す、とありました。
そしてデフォルト(指定なし)はtrueであるようです。

そのため
(1)<?php $oldest = the_date( 'Y' ); $latest = date( 'Y' ); ?>では
$oldestには何も設定されず、記事の年が出力される。

(2)<?php if ( $oldest == $latest ) : echo $latest;
else : echo $oldest.'-'.$latest;
endif; ?>
では、$oldestになにも設定されていないので必ず偽となり
「'-'.$latest」が出力される。

(1)と(2)の出力がくっついて「2008-2010」「2010-2010」となっているのではないでしょうか?

<?php $oldest = the_date( 'Y', '' ,'' , false ); $latest = date( 'Y' ); ?>と変更して確かめてみてください。

参考URL:http://wpdocs.sourceforge.jp/%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%BF%E3%82%B0/the_date

Wordpressは使用したことがないので想像になってしまいますが・・・

the_date()というものを調べると、第4パラメータがtrueである場合はページに出力
falseである場合はPHPで使用できる値として日付を返す、とありました。
そしてデフォルト(指定なし)はtrueであるようです。

そのため
(1)<?php $oldest = the_date( 'Y' ); $latest = date( 'Y' ); ?>では
$oldestには何も設定されず、記事の年が出力される。

(2)<?php if ( $oldest == $latest ) : echo $latest;
else : echo $oldest.'-'.$latest;
end...続きを読む

Q遺留分の減殺請求権の時効について

遺留分の減殺請求権の時効について教えてください。
ネットで調べると
 『遺留分の減殺請求は、遺留分権利者が相続の開始を知り、被相続人の財産の贈与又は遺贈があった事実を知ったことに加えて、その贈与又は遺贈が遺留分を侵害していることを知った時から1年以内にしなければなりません。また、相続の開始の時から10年を経過したときに消滅します。』
この文章が見つかります。ただ
分かる人が読めば分かるのかもしれませんが、私には細かいニュアンスが良く分かりません。
次の場合、まだ請求が出来るか教えてください。


I、「遺留分を侵害していることを知った時から1年以内」とは
  1年以内の相続財産の分配の話し合いの時点では、
  財産分配を仕切っている者がどうやら隠した遺産がありそうだと、
  うすうす感じながらもその時は追求しなくて、
  5年後に隠している財産を知った場合。

II、うすうす知っていたと言う所が、完全な額は知らないが
  概ねの金額を知っていた場合

III、知っていたけど見過ごしてあげた。遺産分割協議書にも書いていない場合。

IV、知っていた。遺産分割協議書は印鑑を渡していて書かれているか見ていない場合。

宜しくお願いいたします。

遺留分の減殺請求権の時効について教えてください。
ネットで調べると
 『遺留分の減殺請求は、遺留分権利者が相続の開始を知り、被相続人の財産の贈与又は遺贈があった事実を知ったことに加えて、その贈与又は遺贈が遺留分を侵害していることを知った時から1年以内にしなければなりません。また、相続の開始の時から10年を経過したときに消滅します。』
この文章が見つかります。ただ
分かる人が読めば分かるのかもしれませんが、私には細かいニュアンスが良く分かりません。
次の場合、まだ請求が出来る...続きを読む

Aベストアンサー

遺留分減殺請求とは、そもそも相続財産が全て明らかになっており、
その相続財産が遺留分を侵害している時に発生する権利です。

隠し財産は遺留分減殺請求の対象ではありませんので明らかになった時点で新たに遺産分割を請求すれば良いかと。
しかしすでに誰かの名義になるなど、財産的な侵害が発生しているのであれば、相続回復請求の対象になると考えます。

相続回復請求権は侵害の事実を知ったときから5年、相続から20年内に行使しない場合、時効消滅します。ただしこの時効については侵害者が悪意の場合、厳しく解釈する判例が出ていますので、時効の判定については法律家への相談をお勧めします。
また、第三者へ譲渡などで既に相続財産が処分されている場合は相続回復請求権は第三者へ及ばないとされています。この場合、さらにいろいろな事象を検討する必要があります。(第三者及び侵害された方の善意・悪意など)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報