位置情報で子どもの居場所をお知らせ

普通預金と1年以内に満期になる定期預金と債権の合計が約3000万円あります。
今すぐ使う予定はないのですが、どう管理するのが賢いでしょうか?

数ヶ月~数年の定期預金のキャンペーンを満期になったら入り直す、というのを繰り返していますが、面倒なうえに金利が下がる一方です。

証券会社の口座は持っていますが、投資信託は信託報酬を考えると無駄な気がしたのと、株は値下がりが心配で、債券投資しかしたことがありません。
でも、最近は債権商品もほとんど無くなってしまいました。

これ以外の資産は、5年以内満期の定期預金が2500万、債権が1100万、養老保険が500万です。

女性、40代前半、持家なし、結婚予定あり、子育て予定なし。
結婚相手の資産・収入はゼロ(考慮しない)、現在の手取年収600万は近い将来、無くなるかもしれないという前提で、今後、どのように資産を管理したらよいか、アドバイスいただけないでしょうか?

自分としては、個人年金を買ってみる、気に入ったマンションがあれば買う(でも、よほど気に入らない限り、賃貸でいいかな? と思っています)、くらいしか思いつきません。

元本割れが怖くてリスク資産に手を出せないのですが、銀行口座に1000万ずつ寝かせておくのはバカでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

現時点での資産合計が7100万円になりますね。


文面から推測するにリスク資産に抵抗があるようなので、
株、投資信託、外貨預金などは控えた方が良いでしょう。

ただ、資産の保険と言われているゴールドを少し購入
される事をお勧めします。
総資産の10%ぐらいが欧米では一般的です。
10%は、紙幣や株、債券など全てのペーパーマネーが
紙くずになっても、資産を守れる割合と考えられています。
興味があるようなら、一度調べてみてください。

今後も日本に住み続ける予定であれば、残りは銀行預金が
良いと思います。
キャンペーンなど不定期に預け入れるのではく、12等分して
毎月預け入れるのが良いのではないでしょうか。
今はデフレですが、いずれ悪性インフレになる可能性が高く、
その際の金利上昇にも対処しやすいと思われます。
1銀行に1000万円以下は厳守してください。

また、自宅は賃貸の方が良い気がします。
日本の未来が明るくないと予想しているので、足が軽い
状態をキープされる事が、自己防衛に繋がると思います。
それから質問者さんの給与水準、現在の資産を考えると、
個人年金は必要ないと思われます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ゴールドは買ったことがなく知識ゼロですが、検討してみたいと思いました。
値下がりリスクはありますが、株と違ってゼロになることは無いですしね?
長い目で見たら少し持っていても良い気がしました。
(ちょっと前に、知り合いのインド人が「We Looove Gold!」と言ってたのを思い出し、地球上にインド人がいる限り、ゴールドが無価値になることな無いかなと(笑))

でも、ゴールドって自宅保管するわけじゃないでしょうから、預託するってことですよね? …ちょっと調べてみます。


毎月、預け入れですね。
確かにこれまではキャンペーンの渡り歩きをしていましたが、今の金利では手間の方が大きいし、期間も無計画なので満期が同時に来てしまったりして良くなかったです。
ちょっとくらいならいいか~と思って、1000万超えてる口座もあるので、見直します。

ご回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/06/18 00:58

ソーシャルレンディングというのをご存知ですか?


いわゆる債券です。

maneoは担保なしのモノが多いのでお勧めできませんが、
SBIのものは担保ありの債券で年利2%~4%です。
特に不動産担保ローンファンドがオススメです。

https://www.sbi-sociallending.jp/
https://www.maneo.jp/
https://crowdbank.jp/
https://www.aqush.jp/
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2014/06/24 23:28

30代半ばの二人子どもがいる主婦です。


これからご結婚されるということで、資産運用とは違った視点から書きます。

住宅の事はお相手とよく話し合われた方がいいです。
購入となったら頭金は出しあうようになるとおもいます。
結婚前の資産なので、夫婦の共有財産ではないですが、実際住宅資金、教育資金など大きな額だとお金を出したりしますよ。

あなたは、余程気に入った所でないと購入したくないみたいですが、お相手の意向も尊重してあげる必要があります。
あなたが気に入っても、先方が気に入るとは限りません。
結婚すると、自分のしたいようにばかりは色々と出来ませんよ。

あと子どものいない夫婦だと、どこに住むかという問題は結構難しい気がします。

私の叔父夫婦は60代で退職し、都会から四国に帰ってきました。それぞれ90過ぎの母親がこちらにいるから、面倒みたいからです。叔母の母親は前から時々入院していたので、都会から時々帰ってきてました。

子どもがいなくて裕福で、高級なマンションに住んでます。親がいる間は四国にいたらいいです。しかし叔父の親族はこちらだけど、叔母の親族は東京大阪にいます。
叔父が先に亡くなったら、叔母はこちらにいる理由はあまりないように思います。

40代になると、そろそろ親が病気したり要介護になったりそういう事も出てくる年代です。結婚すると義両親も出来ますし、同居する人もいます。

私にもあなた程ではないけど、自分の貯金やら親が遺してくれるお金があります。
老後資金◯円、住宅資金◯円と、名目別に考えてます。
教育資金は夫の収入で貯金してますが、私が働きに出るようになったらそこからも出します。

私ならその3000万は老後資金にします。
住宅資金、教育資金、老後資金を3大資金と言いますが、教育資金が不要なんだから楽ですね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

他の方とはちょっと違った視点でのご意見、参考になりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/06/24 23:28

>錬金術が実現したら暴落でしょうねぇ。


>でも、すぐには考えにくい話だと思いますが。
直ぐがどのくらいの期間か分かりませんが、ナノグラムオーダーで生成できていた物が、ミリグラムオーダーになっていますのでこの調子で技術が3桁ずつ進歩すれば意外と早い気がしています。

インフレについてゆっくりであれば、過去のデータによると、定期預金を繰り返すことでインフレ率以上をキープできたと筈です。もちろん、これから先もと言うわけではありませんが。どちらかというと、国債の累積債務問題や恐慌などによる、急激なインフレ対策です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/06/24 23:27

ゴールドについて検討されているようですが、実は、私も気になっていました。


ただ、ペーパーマネー同様、いくらでも作れるようになると暴落しますので、
昔と比較してその絶対的な価値は下がる傾向にあるのではないかと思っています。
もちろん、量産が出来なければそんなことは起こりませんけどね。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8602652.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8602654.html
また、インフレ対策にこれという物はなかなか思い浮かびませんが、各国のETF(恐らく最も手数料が安い指数投資)などが良いと思います。会社を持っているわけですから、会社はその経済によって変動しますし、ある程度インフレ対策になるのではないかと思います。逆説的ではありますが、値下がりリスクを取ることでインフレリスクを減らすという感じでしょうか・・・
なお、個人年金は営利企業が行っている為、国保などと比べて、保険会社の人件費が引かれる為、基本的には期待値(還元率)は1未満になるのではないでしょうか?(詳しくは調べて居ません。想像です。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

錬金術が実現したら暴落でしょうねぇ。
でも、すぐには考えにくい話だと思いますが。

給付付保険は家族が病気したときに仮計算してみましたが、今の状態で貯金を続けていけば保険料払うよりも無駄がなさそうと思ってやめました。
年金もそういう意味では同じことかなぁ・・・。

今まではデフレだったので良かったけど、インフレになると銀行貯金だともったいないですね。
でも、インフレで確実に少額ずつ負けていくほうが、勝つかもしれないけれど大損するかもしれないリスクを取るよりは自分の性格には合ってるのかなと思いました。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/20 22:26

まあ、手堅く社債と1年おきの定期でいいと思うんですよね。


なんで1年おきかというと、大手だと新規での定期で1年間の利率アップのキャンペーンやってるからです。
この新規に当てはめるために1年おきというわけで。

あと、金ですけど、2003年ごろは1g1200円とかだったんですよね。
言い換えればそこまで下げることがありますよと。

投資信託が信託報酬が馬鹿らしい
まあ、たいていの信託はそうなんだけど。
中には日経連動投信があって、配当でる奴もあるんです。
あとインデックス連動投信。これも上と同じような感じ。
まあ、日経連動、インデックス連動なんで基本指数だけみときゃいいという気の楽な投信。
この先10年で日経平均が上がるか下がるかの判断さえできれば10年放置でもいいと思うんです。
ということで投信は日経連動インデックス連動だけはお勧め。

外債投信とかもありますね

まあ、定期と普通国債、社債で結婚まで手堅く行くのが一番いいんじゃないですか?
株でも少し持っとけばいいかもしれませんけど。
ちなみに株でおすすめといえば、

あなたが女であるということで
シーボン ファンケル ハーバー ノエビア Drシーラボ。
ここは化粧品くれるので、値下がりも優待商品と配当でカバーできそうかなということでお勧めしときます。

結婚式もまだなようなので
エスクリ ノバレーゼ テイクアンドギブニーズ 
この辺で割引あるものをww
ちなみにこの業界は値動き荒いのでお気に召さないでしょうけど。

マンションは、急いで買う必要はないと思いますね。見えがなければ中古物件で十分だと思いますよ。

定期債券で2000万
流動性に500万くらい
(ちょっとお小遣いを増やそうというのではなく、上記のような優待でもしもの損をカバーしていく方法。意外に堅実に増えていってます。今のところは)
直近で必要になるであろう資金が500万(普通預金)

たぶんこれくらいでいいかと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
優待付の株はちょっと検討してみたことがあるのですが、なかなかコレというものが見つからなかったんですよね。。
頻繁に利用できるものとか、純粋に応援したい会社とかあれば購入してみてもいいんですが。

とりあえず、一部、追加で定期預金に入れました。
あとは1000万超えちゃうので、普通預金に残して検討中です。

お礼日時:2014/06/20 22:16

>結婚婚相手の資産・収入はゼロ(考慮しない)、現在の手取年収600万は近い将来、無くなるかもしれないという前提で、


手取り年収600万円て、すごいですね。
なお、誰も将来どうなるかなんてわかりません。
先のことなど、神様以外に人間誰もわかりません。
なので、あまり慎重に考えすぎてもどうかなとは思います。

>元本割れが怖くてリスク資産に手を出せないのですが、
今、それだけの金融資産があれば、少しは株(配当目的で持つ、配当利回りがいいものは3%くらいあります)や投資信託に分散投資しそれを楽しむのもいいと思いますが、まあ、それは貴方の考えですから。

>銀行口座に1000万ずつ寝かせておくのはバカでしょうか?
いいえ。
貴方の考えなら、それ以外にありません。
あとは、国債を買うかですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

確かに慎重すぎるかもしれませんね。
臆病な性格なので、もう少し大胆に行ければ良いのですが。

国債はリスクフリーレートでありながら、今の日本を考えると、正直リスキーな気がして…。
以前はギフトカード目当てで購入したこともあったのですけれど。

しばらく銀行預金メインで様子見して、ゴールドあたり調べてみようと思いました。

ご回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/06/18 00:40

凄いですね。

40代前半の女性で資産が7000万円以上あるのですね。

まず、元本割れが怖ければ、株式や投資信託などに投資すべきではありません。個人年金の返戻率も、私が加入した20数年前に比べると微々たるものですから、お勧めは出来ませんね。
リスクが無く3000万円を管理するのであれば、銀行の定期預金、普通預金、そしてタンス預金の三つです。ご承知のように今の日本はデフレから完全に脱却していない状況ですから、まだまだお金の価値が高いと言えますので、投資には向かないということです。投資するならインフレに向いてからの方が良いでしょうね。

そういう意味で言えば、一生住みたいと思えるマンションを現金で買うのは有りだと思います。ローンを組めば、借金ということになりますから、デフレ時は借金の負担が大きくなることは言うまでもないことです。
ですから、銀行に1000万円ずつ預けておくことは、バカではなく賢明な選択です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

バカではないと言っていただけて、嬉しかったです。

この先、ホントにインフレ2%とかいくんでしょうかね~? …と思ってるうちに、実際ちょっと上がってきましたよね?
でも、今後のことは予測できないし、日本の将来はホントに心配です。

マイホーム願望は低いので、本当に住みたいマンションが見つかった場合に真剣に考えることにして、もうしばらく預金メインで様子見してみようかと思いました。

ご回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/06/18 00:33

不動産、金・プラチナなどの貴金属、養老保険各1000万づつで、どうでしょうか。


しんぞうをみていると、先行きかなりやばいと思いませんか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やっぱりちょっと心配になりますよね。 おっしゃる通りです。

ゴールドを検討してみたいと思いました。

ご回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/06/18 00:21

1000万は外貨預金お勧めします。


アベノミクスはいつまでも続きません。
日本は衰退の一歩を歩むと考えています。

私は外貨と金(ゴールド)に資産を分散しています。

この国は沈みます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

外貨預金もすべきかもしれませんが(若いころ、外国行きすぎた反動か?)、もう今後は日本に落ち着きたくなってしまい、そうなると特に欲しい外貨もないのですよね…。

ゴールドはちょっと検討してみたいと思いました。

ご回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/06/18 00:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1000万以上預金ある人、ペイオフ対策どうされてます?

1000万以上預金ある人、ペイオフ対策どうされてます?

普通預金→当座預金

にすれば絶対必ず100%安心・安全というのは本当だと思いますか?

各銀行に1000万ずつ分けるってのも面倒なんだよね。

といって株や投資信託や金銀でハイリスクハイリターンに挑む気もまったくしない。

タンス預金も火事や泥棒で万一のことがある。。。

結局当座しかないのかな?

みなさんどんな工夫されてますか?

Aベストアンサー

国内の銀行格付けNo.1の地方銀行に、1000万円を少し超えて預金してます。
そこがつぶれるなら、その前に他の日本の銀行すべてなくなっているでしょう。

あとは、ゆうちょ、農協、ネットバンク、労働金庫などに、1000万円以下で分散させてます。
どこも家から近くにありますし、別に面倒ではありませんが…。

>結局当座しかないのかな?
いくら低金利とはいえ、当座では利息0ですからもったいないですよね。

Q貯金が2000万円!どうしたら?

不幸があり相続で2000万円の現金が口座にあります。

どのようにしたら有効活用できるのでしょうか?

みなさまのアイデアを下さい。

FX、株取引などは何もわかりません、、、。

Aベストアンサー

 
銀行の定期預金 !!

少ないが、必ず毎年利子が付いて増えます。

 

Q3000万円を元手に資産運用したいのですが…

30台前半の独身♀です。
今手元に3500万円ほどの余裕資金があるのですが、このお金を60歳までに6000万円ぐらいに増やしたいと考えています。
(もしくは、私が60歳になった時に、金利だけで食べていける状況になれるのが理想です。)

元本割れが怖いので、現在は手堅くネット銀行の定期預金(金利1%程度)に預けているのですが、もっと効率の良い、賢い運用方法はないものでしょうか…?
このままでは、到底目標金額までには及びそうにありません(汗)

土地を買う、骨董品を買う、金を買う etc.…
株は身近で成功している人が少ないため、正直怖い印象があります。

全くのノーリスクは皆無だとは思いますが、『長い目で見れば必ず増える』という資産運用方法がありましたら、教えて頂けると嬉しいです。

…余談です。
将来、結婚→離婚した場合。
私のこの財産は夫婦共同の財産として、財産分与の中に含まれてしまいますか…?
結婚前にコツコツ貯めたお金なので、なるべく旦那には秘密にしておきたいのですが…。(´・ω・`)

Aベストアンサー

> 今手元に3500万円ほどの余裕資金があるのですが、
> このお金を60歳までに6000万円ぐらいに増やしたいと
> 考えています。
 25年後に目標額達成する為の平均金利は?
 6千万円÷3千500万円≒1.71倍
 1.71=X^25
 終価係数表から 約2.18%でのポートフォリオを組めば可能。
そうすると、リスクに関する許容の内容で投資する物が見えてきます。仮に、失敗のリスク率が高くても良く、為替リスクと国際リスクを許容するのであれば「外国国債(長期)」か「外国国債のファンド」で十分可能。
⇒米国国債「ゼロクーポン債」
 http://www.daiwa.jp/products/bond/afr/tzr/index.html

> 全くのノーリスクは皆無だとは思いますが、『長い目で見れば
> 必ず増える』という資産運用方法がありましたら、
> 教えて頂けると嬉しいです。
・必ず増える物は無い。過去の実績は将来の約束ではない。
・企業が儲かれば株価は上がるが、物価も上がるので、実質的価値は下がり易い。
・貴金属やモノは原則として金利を生まないが、実質的価値は維持される。

> 今手元に3500万円ほどの余裕資金があるのですが、
> このお金を60歳までに6000万円ぐらいに増やしたいと
> 考えています。
 25年後に目標額達成する為の平均金利は?
 6千万円÷3千500万円≒1.71倍
 1.71=X^25
 終価係数表から 約2.18%でのポートフォリオを組めば可能。
そうすると、リスクに関する許容の内容で投資する物が見えてきます。仮に、失敗のリスク率が高くても良く、為替リスクと国際リスクを許容するのであれば「外国国債(長期)」か「外国国債のファンド」で十分可...続きを読む

Q2千万円を定期預金すると1年で、利息はいくらになり

2千万円を定期預金すると利息は年いくらになりますか?
定期預金したことないので、種類もシステムもわかりません。

Aベストアンサー

これは算数の宿題か何か?
あなたがどこの定期に入るのか知らんが
0.03%のに加入したとして
税抜きで年6千円です
税引き後で5千円位かなw
彼女と回転寿司に1回行ったら終わっちゃうね☆

Q銀行への貯金は1000万円までは安全?

現在1つの銀行に1000万円位貯金してます。
ある方に1つの銀行に貯金するなら1000万円までにし、複数の銀行に分けた方が良いとアドバイスを受けました。
理由はもし銀行が潰れた場合、1000万円までは保証されるとのことです。

本当なんでしょうか?
1億円ある場合は、10銀行の口座が必要になり、管理が面倒のような気がしますが。

ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ハイ。建前上は、そのようになっています。
大半は保全されるでしょう。そう信じたいし、そうあらなければなりません。
さて一つ疑問です。あなたが銀行からお金を借りようとします。
貸してもらえるでしょうか?長年の付き合い以外は、きっとノーです。
仮に担保を差し入れて借りれたとしても、よくわからない貸出先はリスクが伴います。
だから金利は高く設定されます。
さて、あなたが預金を仮に1000万定期に入れたとしましょう。
仮に銀行が破綻した場合、あなたは担保を取ってますか?
破綻予測があるならリスクが伴いますがリスク相応に見合った高金利預金をを設定されてますか?
預金保険機構のペイオフ、これは個別銀行が破綻した場合です。
一度に何十も連鎖的に破綻した場合、さて?誰がこれを保障するんでしょう?
法的云々以前に、保障する資金を考えてみると良いでしょう。
一行二行程度の破綻なら保障される確率は高いでしょう。
しかし、一度に何十件が破綻するような場合はペイオフ過信は禁物です。
何故なら、無担保で銀行に低金利で貸し出したと同じ預金をした自己責任ですから。

Qみずほ銀行の大口定期預金について。1000万を大口定期預金に1ヶ月預け

みずほ銀行の大口定期預金について。1000万を大口定期預金に1ヶ月預けたとして
金利が0.05%つくということは、一ヵ月後には1050万円になっているということでしょうか?
全く無知ですので、ほんまにそんなうまい話があるんかいな?と思って質問させていただきます。

それから、あなたなら自由にできる1000万があったら、やっぱり定期預金しますか?
普通預金にしとくのは勿体でしょうか???
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

年利0.05%とは、1万円を1年間預けて5円の利子が付く事を意味します。
ですから1000万円を1ヶ月ですと、5000÷12で416円(実際には1年を365日とする日割計算)になり、更にこれから税金を2割差し引くので、330円程度です。
私なら、1000万円を外債投信に信託し、年間平均で3~4%の利回りを目指します。(円高差損に備え責任準備も積みます)

Q銀行の普通預金にはいくらまで預金できるのですか?

銀行の普通預金にはいくらまで預金できるのでしょうか。
数千万円・数百億円入れておいてもいいのでしょうか。
ある金額まで入れると税金のようなモノが取られ、少なくなってしまうのでしょうか。

Aベストアンサー

普通預金に預け入れ制限はありません。
(あるのは、キャンペーン金利が適用される定期預金ぐらい)

ただしペイオフが解禁されているため、
もしも銀行が破綻した場合は非決済専用預金(普通預金、定期預金含む)場合は、1000万円までの元本と利息のみしか確実には保証されません。

管理さえ面倒でなければ、1000万ずつ多数の銀行に預けておくのが一番安全です。(ただし、利息受け取りにより1000万を超えることになりますので利息の利息は安全圏からはみ出します。)

また、決済用預金はいくらでも元本保証される代わりに無利息です。
増やさなくてもいいなら一番だと思います。

預金に対する税金は利息に対して20%ですので、0.01%の表示金利なら0.008%が実質金利ということになります。税金をどれくらいというよりも、表示金利から実質金利を考えるほうが簡単です。

ところで、定期預金は窓口までいけば普通預金より少し悪い金利でいつでも解約できます。すぐに必要なお金でないなら短期の定期預金を組んでおき、必要なときに解約するのがよいのではないでしょうか?
(途中解約時に元本割する特約付定期預金もあるのでご注意を)

最後に、多額の預金をすると銀行担当者がつき、あれこれ金融商品を購入させようとがんばってこられるのでがんばってください。

普通預金に預け入れ制限はありません。
(あるのは、キャンペーン金利が適用される定期預金ぐらい)

ただしペイオフが解禁されているため、
もしも銀行が破綻した場合は非決済専用預金(普通預金、定期預金含む)場合は、1000万円までの元本と利息のみしか確実には保証されません。

管理さえ面倒でなければ、1000万ずつ多数の銀行に預けておくのが一番安全です。(ただし、利息受け取りにより1000万を超えることになりますので利息の利息は安全圏からはみ出します。)

また、決済用預金はいくらでも元...続きを読む

Q「預金を全て解約するわ」と言って銀行員が慌てふためく預金額は・・・?

「預金を全て解約するわ」と言って銀行員が慌てふためく預金額は・・・?

くだらない質問ですみません。
とあるタレントの著書の内容です。
そのタレントの実家は大金持ちだったのだが母親はケチでいつもみすぼらしい格好をしていた。
銀行に行った際、銀行員はみすぼらしい母親にぞんざいな扱いをし
お金持ちそうな客を優先的に扱ったことに頭にきたので
「もうこんな銀行は使わない!私の預金を全部解約して!!」と言った。
銀行員は「あぁそうですか」と鼻で笑って解約の手続きをしようとしたところ
預金額を見てびっくり!
支店長までやってきて、母親に平謝り。でも母親はゆるさなかった・・・
というような内容が書いていました。

銀行に詳しい方へ質問です。
一体預金がいくらくらいあれば
「預金を今すぐ全部解約する」と言われて、銀行員があわてふためき
支店長まで出てきて平謝りするのでしょうか?
そしてそういうことは本当にあるものなのでしょうか?

銀行員の友人に聞くと
「そういう場面に遭遇したことがないのでわからない」
と言っていました。

ちなみに私は「全額解約する」と言っても「はーい」と銀行員に言われるくらいの
預金しかありません。

よろしくおねがいします。

「預金を全て解約するわ」と言って銀行員が慌てふためく預金額は・・・?

くだらない質問ですみません。
とあるタレントの著書の内容です。
そのタレントの実家は大金持ちだったのだが母親はケチでいつもみすぼらしい格好をしていた。
銀行に行った際、銀行員はみすぼらしい母親にぞんざいな扱いをし
お金持ちそうな客を優先的に扱ったことに頭にきたので
「もうこんな銀行は使わない!私の預金を全部解約して!!」と言った。
銀行員は「あぁそうですか」と鼻で笑って解約の手続きをしようとしたところ
預金額を...続きを読む

Aベストアンサー

あわてる度合いによりますが、基本的に預金を解約されると上司に理由を訊かれる事が多いはずなので、金額以前に「不手際で解約」を避けたいのが普通です。

金額的には数十万でも痛いはずですが、物理的な部分でいえば銀行に現金はあまりおかないのでキャッシュで急に1千万とか用意しろと言われると現物が極端に減るので困りますね。
ただしこれは支店長が出てあやまるとかそういう性質の「困る」ではないです。

実際のところだと500万あたりで課長クラス、1千万超で課長、副支店長、2千万、3千万あたりになると場合によっては支店長あたりが対応することもあります。ただし、クレーム対応の悪さが原因と言う事になると、ケースバイケースですかね。

「支店長が平謝り」については支店長の性格にもよるのでなんともいえませんが、対応に問題があって支店長があわててくるということになると個人預金だけなら1億前後、また揉めた相手が法人取引で優良融資先の役員クラスなどの場合でしょうか。

Q現在の銀行に預け入れ金額の最高限度額1000万円ですか?

現在の銀行に預け入れ金額の最高限度額1000万円ですか?


現在の郵貯の預け入れ最高限度額1000万円を2000万円にと議論されていますが

郵貯銀行以外の銀行の現在の最高限度額は有るのですか?

Aベストアンサー

> 現在の銀行に預け入れ金額の最高限度額1000万円ですか?
> 郵貯銀行以外の銀行の現在の最高限度額は有るのですか?
預け入れ限度額はありません。
何億円でも、何百億円でもどうぞお預けください。

また、「貯金」と「預金」という括りで捉えますと、「貯金」という呼称は、ゆうちょ銀行のほかに、農協(JA)と漁協(JF)においては使われていますが、農協と漁協には、郵貯のような預け入れ限度額は設定されていません。
銀行等民間金融機関と同じく、いくらでも預けられます。

ただし、既回答者さまがお答えのとおり、「万が一、預金先・貯金先の金融機関等の経営が破綻した場合」、法律によって保護される額が決まっています。
多くの預貯金が1,000万円までの元本とその利息部分について保護されますが、全く保護されないものもありますし、全額保護されるものもあります。

これは、預けるのが「個人」であっても、「団体」であっても、「企業等法人」であっても同じです。

Q別の口座に貯金を移すには

別の銀行に貯金を移す方法について教えてください。
ある地方銀行にこれまでためてきた貯金があるのですが、引越しに伴いゆうちょ銀行にお金を移したいなとおもっています。
ただ、振り込みで移すと結構な手数料を取られるし、銀行の窓口でお金を引き出して、それをゆうちょ銀行に持っていけばいいのかなとも思うのですが、それだと大金を持っている移動中は危険だし、引き出すときに店員さんにいろいろ言われそうでなんとなく気が引けます。
オレオレ詐欺のためATMでは50万円までしか引き出せません。
これまでためるだけで貯金をさわったことがないので、どうして良いのか良くわかりません。どうするのが一番良いのでしょうか?

Aベストアンサー

手数料の低い順に手段を挙げますので、お好みの方法で…

1) あくまで手数料は0円で
 ・ やはり、地方銀行の窓口で通帳+印鑑で必要額全額を下ろして、ゆうちょ銀行まで持参し、ゆうちょ銀行の口座へ入金する。
   リスク面は質問文にあるとおりですが、家族の付添いがあるだけでもリスクはかなり減らす事が出来ます。地方銀行の支店からゆうちょ銀行の支店まで出来るだけ短距離になる様に組み合わせれば、よりリスクは減らせます。

 ・ 数日掛かりますが、地方銀行のATMでキャッシュカードで50万円ずつ下ろして即ゆうちょ銀行のATMで口座へ入金する。
   移したい金額にもよりますが、まずもって面倒くさい。500万円で10日も掛かるし…1000万円なら………



2) 多少は手数料が掛かっても…
 ・ 回答者#1さんの案2に準じてゆうちょ銀行のATMで地方銀行のキャッシュカードで50万円ずつ下ろして、即ゆうちょ銀行のキャッシュカードで入金。
   1日あたり50万円ずつしか移せないのがネックですし、50万円毎に105円掛かる手数料も500万円移動しようとすると1050円掛かります…
   250万円以上預金を移動したい場合は、次の案をお勧めします。

 ・ 地方銀行の窓口で、自己宛小切手(銀行渡り)を振り出してもらう。
   自己宛小切手とは、自己資金(この場合は、地方銀行に預けてある預金)を元に銀行が振り出す小切手で、持参人もしくは特定の者(この場合はあなた)で無いと現金化出来ず、また、銀行渡りにすることにより金融機関の窓口でしか換金出来ません。更に、紛失・盗難時に警察および振り出した金融機関 更に、裁判所に届け出ることにより、事故小切手となり、その情報が他の金融機関にも通知されて、その後の換金化が阻止されます。
手数料は、1通 525円程度ですので、250万円以上の預金移動の場合は、ATMで50万円ずつ移動する場合の他行引き出し手数料(525円)と同等もしくはそれ以下になります。次に挙げる振込手数料(窓口他行宛 840円)と比べても手数料が安く済みます。


3) 手数料に糸目は付けない場合…
 ・ やはり、振込みでしょう。
   ATMの振込みは、1日あたり150万円までの制限が掛かると共に、他行3万円以上では、銀行にもよりますが、420円~630円程度の手数料が掛かります。
   窓口なら、1度の振込みで移動したい預金全額が処理出来ますが、他行3万円以上では、銀行にもよりますが、630円~840円程度の手数料が掛かります。



手数料は、高額な資金の移動に伴う安心料と考えれば、決して高いとは言い切れません。
この場合私なら、自己宛小切手を振り出して、小切手の内容・発行番号・発行支店等をメモに記入してから、ゆうちょ銀行の窓口に駆け込んで入金します。


自己宛小切手について
http://www3.ueda.ne.jp/~motomura/kogitte.jikoatekogitte.htm

手形・小切手のはなし
http://www3.ueda.ne.jp/~motomura/tegatanohanasi.htm

参考URL:http://www3.ueda.ne.jp/~motomura/

手数料の低い順に手段を挙げますので、お好みの方法で…

1) あくまで手数料は0円で
 ・ やはり、地方銀行の窓口で通帳+印鑑で必要額全額を下ろして、ゆうちょ銀行まで持参し、ゆうちょ銀行の口座へ入金する。
   リスク面は質問文にあるとおりですが、家族の付添いがあるだけでもリスクはかなり減らす事が出来ます。地方銀行の支店からゆうちょ銀行の支店まで出来るだけ短距離になる様に組み合わせれば、よりリスクは減らせます。

 ・ 数日掛かりますが、地方銀行のATMでキャッシュカードで50万円...続きを読む


人気Q&Aランキング