これからの季節に親子でハイキング! >>

結婚して23年になる妻が亡くなって、1ヶ月になります。

妻は7年前に乳がんになり、4年前に背骨や肺、肝臓に転移しました。転移してからは通院や入院も増え、入院時はできるだけ付添うようにしていました。有休だけでは足らず仕事に支障も出ましたが、仕事より妻を最優先にすると決めていましたので苦労はありませんでした。

病気になる前も夫婦円満でしたが、妻が病気になってからは一層、結びつきが強くなり、出かけることが不自由になっても2人で楽しめることを見つけて、「おいしいね」「おもしろいね」「楽しいね」と言いあい、妻が亡くなる直前まで本当に楽しく過ごしていました。

それが9回目の入院で、具合が悪くなってから3日ほどであっけなく逝ってしまいました。私も妻も、もう少し時間がある、まだがんばれると思っていましたので心の準備ができておらず、1ヶ月経っても妻が亡くなったことをうまく受け入れることができません。

これからは妻がいない、独りで生きねばならない、田舎にいる80歳を過ぎた母を残してはいけないと頭では考えるのですが、どうしても心がついていきません。もう2度と会うことはできないとわかってはいるのですが、妻に会いたいという気持ちが抑えられず、さびしくてつらくて、毎日声を出して泣いてしまいます(子供はおりませんので家では独りです)。

妻は人からも頼られるしっかり者でしたが、内心さみしがり屋で、抗がん剤の副作用がきつかった頃、「一緒に死んでくれる?」と漏らしたことがあります(独りで死ぬことを怖がっていました)。妻の後を追っても妻に会えるとは思いませんが、私自身にとっても、妻との幸せな想い出が心の中に熱くあるうちに行くことが、一番幸せな終わり方ではないかと思っています。

母がいますので頭ではがんばらねばと考えますが、妻がいないつらさと共に、妻と過ごした23年は十分に幸せだった、私も50を過ぎもう十分生きたとも思います。

2週間後が妻の納骨で、来月は妻の54回目の誕生日です。これからどうするかまだわかりませんが、自分の気持ちの整理のつもりで書かせていただきました。アドバイスでなくても、感想などをいただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

ラーメン 健康」に関するQ&A: ラーメン 健康

A 回答 (4件)

1961aug さまへ



心よりお悔やみ申し上げます。

私は昨年3月に自分で乳癌を見つけ、5月に手術しました。ここでどなたかの質問に答えさせて頂いた時、1961augさまも、奥様が乳癌の治療中とのことで、お答えを読ませて頂いた記憶があります。私の夫が1961年生まれなので記憶に残っていました。

確か奥様は、複数のお医者様から誤診されて、乳癌であることがわかったときはかなり進んでしまっていて、転移再発した時には「よけいな手術をしたことさえ後悔した」と書かれていましたよね。
今、とても他人事とは思えず、涙が止まりません。

奥様もご主人様も、7年間の闘病生活、本当にお疲れ様でした。お金も、体力も、気力も、消耗してしまいましたね。
具合が悪くなって3日間で亡くなられたことは、予期しなかったことだけに、ショックが大きかったでしょうね。(私の父は、ある日突然心臓病で亡くなりましたので、その分悲しみが大きかったです。)
ただ、慰めにはならないかもしれませんが、苦しい時間が3日だったということは、最後に神様が奥様に味方をしてくれたのかもしれません。

私たち夫婦も子供がいません。
夫は、私が先に逝くことは「契約違反だ」と申しますが、どちらが先に死んでも、残されたものは深い悲しみと寂しさに包まれるだろうと予想しています。
奥様は、幸せな最期だったのではないでしょうか。
旦那さまから限りない愛情を沢山いただいて、死の直前まで楽しく二人で過ごすことができて、すてきな人生でしたね。

私がもし奥様のような最期を迎えられた暁には、夫にも、私と同じように最後まで幸せな人生を送ってもらいたいです。
夫は私がいなければ、毎日インスタントラーメンばかり食べる生活になりそうなので、ちゃんと夫の健康を考えてくれる、優しい奥さんを見つけられたなら、是非再婚して幸せな人生を送ってほしいです。
器用な夫ではないので、簡単に軌道修正することができないかもしれませんが、新しい人生を早く見つけて、私がいなくても強く生きていく力を探してもらいたいです。

抗がん剤治療の副作用で辛かったとき「一緒に死んでくれる?」と言われた奥様は、あなたをおいて、安らかに一人で旅立たれてしまったのですね。でも、いつの日かきっと、奥様はあなたをお迎えにくると思います。
その日まで、あなたの幸せを望んでいるに違いないです。沢山の幸せをあなたから頂いた分、あなたにももっと幸せな時間を残したかったのでしょう。

寂しい時間と悲しみがあなたさまを苦しめると思いますが、奥様との幸せだった時間を振り返りながら、ゆっくりと新しい人生に向かって歩み出せる日がくることを心より願っています。
私には何もできませんが、あなたを苦しめる全てのものから守ってもらえるように、そして、心穏やかな時間が再びやってくるように、天国に旅立たれた奥様と一緒にお祈りいたします。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

去年の10月に回答したときの回答者の方ですか。
回答した頃のことを思い出して、思わず泣いてしまいました。

azumatokyo様とは年齢も家族構成よく似ていますね。
――「夫は、私が先に逝くことは「契約違反だ」と申しますが」
私もよく言っていました。
――「器用な夫ではないので、簡単に軌道修正することができないかもしれませんが」
これもよく言われていました。

ただ妻はazumatokyo様ほどしっかりしてなかったので、私の再婚とかは望んでいませんでした。
むしろ「再婚したら化けて出てやる」方だったとに思いますが、それはそれで可愛く、愛しく思っていました。
治療が長くなるにつれ、相互依存が強くなったのかもしれませんが・・・

妻が手術した時に同室だった方は今も元気で、仕事もしておられます。
妻は肝臓の転移が急に悪化してしまいましたが、これからもどんどん新しい薬や治療法が開発されてきますので、azumatokyo様はきっと大丈夫です。

ご主人のためにも、病気に負けないようこれからも頑張ってください。

お礼日時:2014/06/17 22:27

自分の最愛の方をなくなるのは辛いものなんですね。

私の母親が自殺しました。私は今年短大を卒業しました。卒業間近でした。屍を第一発見しました。父親は単身赴任、兄は独り暮らし、姉は昼夜不規則の仕事で私と母親は二人で家にいました。私含めた三兄弟は、ケンカしました。今でも謝りたいです。特にいちばん近くにいた私は母親の自殺に気づきませんでした。止められなかったことが心残りです。
父親はいちばん悲しみました。聞いた話で、父親と母親は結婚が難しかったです。気難しい親戚たちで、ましてや父親は高校生で留年もしてました。しかも父親と母親は婚約もしていないし、母親の方が年上です。そんな時に母親は妊娠しました。親戚たちから受けた圧力は想像も出来ません。しかし妊娠した母親は子どもを生むことしか考えませんし、父親は退学願いを書いていたそうです。それらにより父親と母親の愛は本物だとも言い、父親は祖父に母親を一生守ると言ったそうです。もちろんこのとき父親の高校卒業、父親は就職がしっかりしてからしか子どもに会わさないことを条件しました。なのに結果、母親は自殺しました。父親は母親のことを後悔しても仕方がないと私に言います。しかし、父の涙は私たちには見せません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

確かに妻は最愛の妻でした。私達は子供に恵まれず二人だけでしたので、妻は私のことを誰よりも1番大事に思ってくれ、私も妻のことを1番大事に思っていました。

長く一緒に暮らしていると互いの好みもわかりますので、二人とも気に入るようなドラマや料理があれば「おもしろいね」「おいしいね」と言いあい、妻も喜んでいると思うと、私も心の底から嬉しくなりました。

そういう妻がいなくなり、1ヶ月経ってもつらいばかりです。

お礼日時:2014/06/17 21:58

こんにちは



人は悪い思い出よりもいい思い出の方が心にいつまでも
残っていると思います。

何よりも奥様を優先して、楽しい時間を過ごしてきたのですから
人一倍その気持ちも強いのだと思います。

人それぞれ考え方が違うので、
早く忘れたほうがいいとか、楽しかったはずだからとか
周囲は勝手な判断を下しがちですが、
本当の心根は本人でしか判りえません。

同じ気持ちを共有したもの同士にしか判るはずはありません。
外野はしょせん外野です。

1か月なんて23年に比べれば経ったの276分の1です。

これから先、同じ気持ちや感情を共有する方が現れるかどうかは
判りません。

でも、人は記憶が薄れていきます。
これは大なり小なりありますが、誰にも訪れることです。
その記憶が薄れるのを怖がっているのは自分の気持ちの変化を
恐れているからではないでしょうか?

今はまだ泣いていいと思います。
一人の時は、声を上げてもいいと思います。
泣いたら泣いただけ、少し心が洗われると思います。

入院して短くして逝ってしまったのは、楽しいまま旅立ちたかったのかも知れませんね。

沢山沢山泣いてください。
それも、明日には陽が昇りまた沈みます。

周囲で起こることは変わらず、そこにあるものがいないという辛さは
本人にしかわかりません。

今のお気持ちを大切になさってくださいね。

奥様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

――「記憶が薄れるのを怖がっているのは自分の気持ちの変化を恐れているからでは」

おっしゃる通りです。幸せだった妻との23年が、「あの頃は幸せだった」と言うような過去の記憶になることが耐えられないと思っています。

「妻に励ましてもらえている」と思えるような、新しいことにチャレンジできるならまだよいのですが、もう若くもなく、がんばる張り合いもない今は、その自信もありません。
「妻に会いたい、そばにいてほしい」と、叶わないことを毎日何度も思ってしまうことが苦しいだけです。

お礼日時:2014/06/17 21:20

貴方と奥様の幸せは見えるように伝わってきます


1人が不安で寂しくて辛くて、でも頑張らないとって
気持ちが独りでに交差すると
1人では中々整理つきませんよね。
でも貴方の心の中で奥様は生きていますよ。
奥様は残りの人生を楽しく貴方らしく生きて欲しい
そう思っているのでないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

妻はよく「がんばじゃ!」と励ましてくれていました。
生活にしろ仕事にしろ色々チャレンジしたいこともあったので、妻がいればまだがんばれると思うのですが、今はもう、一人でがんばる自信がありません。

生きる張り合い、がんばる支えがないことが日に日に重くなっています。

お礼日時:2014/06/17 21:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q妻との死別と性欲

3月に妻と死別しました。

付き合ってから21年、結婚して18年でした。
悲しかったし、寂しいですし、そして私や子供達の為に前向きに病気と闘ってした妻の気持ちを考えると悔しいです。

ただ本当に妻には申し訳ないと思うのですが・・・
性欲の方が・・・
まぁ歳も歳ですので(40半ば)、若い頃のようにと言う訳ではないのですが。

病気が分かって、約2年半。
それまではそこそこ夫婦の営みはありましたが、病気が分かってからは治療も副作用などもありましたし、
病巣が子宮でもあったので、当たり前?ですが、関係はありませんでした。

ふと、先日このまましないで死んで行くのかなぁと・・・(苦笑)

お金を払ってと言うところはあまり行きたくないですし、じゃあナンパでもしてと言う外見でも口達者でもないですし、かと言ってまぁまだ約3カ月と言うのもありますが、誰かと交際してと言う気にもなりません。

じゃあ我慢するしかないという結論になりますが・・・

こんな事を考えるのは本当に妻に申し訳ないのですが・・・

私は薄情者でしょうか?

Aベストアンサー

30代既婚女性です。

妻の病死と貴方の身体の事とは、別次元なことなので、気にすることはないと思います。

貴方の身体が、まだ生殖能力がある若い証拠だと思います。

こういう場合に、お金を払って・・という手段は、大いにありだと思いますけどね。

性欲を満たす目的で新たに素人の誰かを探すよりは、マシだと思います。その方が失礼だと感じます。

私が奥様の立場だったら、夫に我慢しないでね。と声をかけると思います。夫は、独身時代の話を聞くと

マスターベイションで終わらせるタイプかもしれませんが、私はお店で処理してくれても、全然

構わないと思っています。こればかりは、生理現象ですから。

死別した後も、誰か共に生きれるパートナーを見つけて欲しいなとは、思いますが、それはそんなに

簡単な話でもないでしょうからね。

Q伴侶の死後、前向きになれる人となれない人の違いは?

妻の死後、悲しみを癒すため色々やって来ました。不幸な人のために尽くせば、それが喜びになり癒しになると言う人が多くて、視覚障害者のため音訳ボランティアをやって来ました。少数民族を救うための活動もやって来ました。しかし、自分の悲しみを軽減する力にはならないと感じました。

最近同じ苦しみを抱えた方、数人とメールを交換するようになりました。彼女たちは海外のメル友を訪ねたり、あるいはジムに通ったり、わざと自分を忙しくしていると言っております。夫の分まで、前向きに生きて行きたいと言います。時々は夫を思い出して悲しくなり、思いっ切り泣くとも言います。

共通しているのは、前向きな姿勢です。翻って自分なんですが、基本的な気持ちは「何もやりたくない」のです。で、無理にやっている音訳ボランティアその他の活動も重荷に感じます。
彼女たちは一人閉じこもらず、外に出て人と接することで、悲しみを忘れているようですが、私の場合は外に出て人に接しようという気が土台起こらない。ムリにやると非常な負担になる。

で、家に一人居て、音訳録音の準備作業とか、やることは一杯あります。しかし、妻のことを時々思い出すというよりも、頭にこびり付いていて24時間悲しい重苦しい気分に支配されているという状態です。

メル友からのメールを読んでいる時と、返信を書いている時だけは、明るい気分になり妻のことはほとんど忘れていますが、送信完了した途端、更に以前にも増して悲しみが襲って来ます。そしてそれがいつまでも続きます。
妻の分まで生きたいとは思えず、出来るだけ早く妻の元は行きたいという思いしか持てません。

前向きに活動できる彼女たちと、私との違いは何でしょうか?
私は男性ですが、男と女の違いでしょうか?
妻を亡くしてまだ1年を過ぎたばかりですから、もっともっと年数が必要ということでしょうか?
個人差があって、自分の場合は一生前向きになれないということでしょうか?

経験された方、あるいは何かヒントになるものがあれば、教えていただきたいと思います。
宜しくお願いします。

妻の死後、悲しみを癒すため色々やって来ました。不幸な人のために尽くせば、それが喜びになり癒しになると言う人が多くて、視覚障害者のため音訳ボランティアをやって来ました。少数民族を救うための活動もやって来ました。しかし、自分の悲しみを軽減する力にはならないと感じました。

最近同じ苦しみを抱えた方、数人とメールを交換するようになりました。彼女たちは海外のメル友を訪ねたり、あるいはジムに通ったり、わざと自分を忙しくしていると言っております。夫の分まで、前向きに生きて行きたいと言い...続きを読む

Aベストアンサー

>>生きててもたいして意味ないとは思いますが
>そうですね。妻がいた時は意味を感じてやっていたことが、妻が死んだ途端、何の意味も感じなくなっ
>てしまいました。
この件で思うのは、ボランティア趣味もいいのかもしれませんが、それより、少しでも働かれることを
お勧めしたいですね。
働くというのは、いい加減な仕事はできませんから、働くことで、物事への集中力がでますし、
なにがしかの小遣いを得ることは、少しの喜びにもなると思うのです。
昔の人も同じように伴侶と死に別れてるのですが、みんな働かないと生きていけない時代ですから、
働くことで生きていけ、また元気になっていったのではないかと思います。
たとえば農家からなにがしか仕入れて行商人みたいに売ってまわり、薄利でしょうけど、そこになにか
生き甲斐も出てくると思うのです。僕は働くことは祈りのようなものと信じています。
働くことで悲しみを忘れている時間の出来るし、体も元気になり、後追い誘惑もなくなると思います。
僕は幸い自営業ですので、いつも働いていないとダメです。そのことが、同じ死別者仲間より早く立ち直れた気がします。


>>帰りの電車の中で涙がボロボロで、家に帰ってずっと嗚咽
>これ凄く興味がありますね。何故悲しくなるのでしょうね。

この答えはまだ出せないでいます。
妻に対する悪い気持ちが起きたか、目の前の女性が妻だったらいいのにと思ったか、
目の前の女性へ愛情を感じたことで、忘れていた妻への愛情を思い出したか・・・。
私達の心は暗闇で解明されてない部分すこぶる多いと言われています。
多分、何故悲しくなるかはわからないような気がします。

この件があって、今お付き合いの方と、いつか愛し合うことになると思うのですが、その最中に嗚咽するのではないかと思ったりします。これ引かれてしまいますよね。君の美しさに感動したんだと言ってごまかしましょうか(笑)。

>>死別者が嫌われるとこなんだなと
>死別者が敬遠されているとは知りませんでした。それで貴殿は離別だと嘘を付いたんですね。その後そ
>の問題は解決出来ましたか?
誤って別れました。酷すぎるとかなりのお叱りを受けました。

.

>>生きててもたいして意味ないとは思いますが
>そうですね。妻がいた時は意味を感じてやっていたことが、妻が死んだ途端、何の意味も感じなくなっ
>てしまいました。
この件で思うのは、ボランティア趣味もいいのかもしれませんが、それより、少しでも働かれることを
お勧めしたいですね。
働くというのは、いい加減な仕事はできませんから、働くことで、物事への集中力がでますし、
なにがしかの小遣いを得ることは、少しの喜びにもなると思うのです。
昔の人も同じように伴侶と死に別れてるのですが、みんな働か...続きを読む

Q最愛の妻の死

 私は40歳の会社員です。子供はいません。妻は同じ歳の看護師で今日病気にて39歳の若さで死去しました。くも膜化出血で、あまりの突然の死により何をこれからの目標、励みにしていけば良いか分かりません。
 妻とは紹介で知り合いましたが、お互い一目ぼれで7ヶ月で結婚しました。その間、結婚式の前日のみ別々に暮らした以外は毎晩少しでも時間があれば遭っていました。それほど仲が良かったのです。もちろん結婚後もけんかはするものの、すぐに仲直りして夜は手をつないで休み、お互いいろんな過去もすべて話し合える親友のような夫婦でした。何をするのも一緒でした。お互い仕事が忙しく休みも同じになることが少なく、今回たまたま連休が同じになって、温泉へ旅行に行きこのような事になってしまいました。
 まさか自分達にこんな悲劇が待っていようとは夢にも思ってなかったので、私自身心の大きな穴があいて、何してもあの時こうしていれば妻は助かったのではないか、自分自身がいやになります。妻とは生前から死ぬ時も一緒に死のうといってたので正直本当に妻について行きたいです。 今頑張って働いて定年になれば趣味の旅行や、家の新築をしようと二人で夢を語りあっていたものがすべて消え去りました。一般に時間がたてば思い出に変わるということは解ってます。時間がもどせるなら本当にもどしたいです。同じような事を経験した方アドバイスをよろしくお願いします。乱文で失礼しました。

 私は40歳の会社員です。子供はいません。妻は同じ歳の看護師で今日病気にて39歳の若さで死去しました。くも膜化出血で、あまりの突然の死により何をこれからの目標、励みにしていけば良いか分かりません。
 妻とは紹介で知り合いましたが、お互い一目ぼれで7ヶ月で結婚しました。その間、結婚式の前日のみ別々に暮らした以外は毎晩少しでも時間があれば遭っていました。それほど仲が良かったのです。もちろん結婚後もけんかはするものの、すぐに仲直りして夜は手をつないで休み、お互いいろんな過去もすべて話...続きを読む

Aベストアンサー

まずは、お悔やみ申し上げます。
奥様がいかに素晴らしい方かということが、文章からヒシヒシと伝わってきます。
そのような素晴らしい方と縁があったということは、最大級に誇りに想うべきことだと想います。
奥さんのことも、ご自身のことも誇りに想ってください。

ご存知かも知れませんが、全国にはいろいろな自助グループ(自助会 / セルフ・ヘルプ・グループ)というのがあります。
自主的にやっている会もあれば、NPO法人もあるかも知れません。いろいろありますので、調べてみてください。
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20050429sw92.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~KX5N-KGYM/links.htm

同じような境遇の人達が、お互いの意見交換をしていきながら分かち合っていこうという会です。


あと、私は伝統的な仏教である南方アジア圏に伝わる上座部仏教(テーラーワーダ仏教)の勉強をしてますが、仏教の教えというのは、まさに、この世のすべては無常であるという「移ろい」という真実を説いていて、実際に瞑想をして、心を成長させようというものです。

仏教の導きに従った瞑想をすることにより、いろいろなことへの執着がなくなり、束縛から逃れ、真の意味での「自由」を獲得できるようになるんです。

それは奥様を忘れるという意味ではなく、愛着する心(執着)を成長させるという方向で進むと想います。
もし、よかったら勉強してみてください。
何かのお役に立てれば幸いです。

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20050429sw92.htmhttp://www.asahi-net.or.jp/~KX5N-KGYM/links.htm,

まずは、お悔やみ申し上げます。
奥様がいかに素晴らしい方かということが、文章からヒシヒシと伝わってきます。
そのような素晴らしい方と縁があったということは、最大級に誇りに想うべきことだと想います。
奥さんのことも、ご自身のことも誇りに想ってください。

ご存知かも知れませんが、全国にはいろいろな自助グループ(自助会 / セルフ・ヘルプ・グループ)というのがあります。
自主的にやっている会もあれば、NPO法人もあるかも知れません。いろいろありますので、調べてみてください。
ht...続きを読む

Q奥様と死別された男性の心の内、また同じような体験をされた方お聞かせ下さ

奥様と死別された男性の心の内、また同じような体験をされた方お聞かせ下さい。
彼曰く、
炊事・洗濯・掃除等、お風呂に入れて体を洗ってあげる、体を拭いて髪を乾かして。。。当たり前のようにやってきた・・・
二十歳の時に奥様は悪性リンパ腫を宣告され、彼も時間の許す限り癌センターに通い続け。幸いに、病院を出られ24歳になる歳に結婚。医者からは子供は期待しないでと言われ(かなりの放射線治療の影響で。。)でも可愛い一人娘を授かりました。その後悪性リンパ腫の転位、再発はないと言われたもののしばらくして乳癌の診断を受け右胸を切除、そしてまた放射線治療、もうそんなに対して放射線治療にも耐えることが出来なくなりつつ幸いにして乳癌はなりを潜めたものの長年にわたる放射線治療の影響で肺機能が低下して結果逝かれたそうです。奥様とは小学校4年生から一緒で、それ以降は何らかの形でお互い関与しながらの結婚ですね。半世紀も近くも奥様と居られたんですよね
そして奥様と死別されて今度の11月で1周忌を迎えようとしています。

あるネットのサイトで知り合った彼は40代後半私と同じ年齢です。
プロフィールにこの胸にあいた大きな穴を埋めて下さる方とありました(一部抜粋)
知り合った頃は1日何度もメールのやり取りをして、初めて電話をしたらとても私の声が可愛いと気に入ってくれました。
2カ月目で初めての対面をして、お互いに気持の確認はとれました。
彼は感情で行動する性格でなく長い目で見てるのか、結婚するにあたりどうしても心の中に壁があるみたいな。人を好きになるという感情が思い出せないとも言われました。あれだけ愛した奥様がいなくなられて心に穴が開くのは当たり前だと認識はしています。彼の中ではまず一周忌を迎えて、大学生の娘さんに話してととても慎重です。私はそんな彼をとても大きな愛で包み幸せにしてあげたいという使命感と私も今まで苦労続きだったので甘えたいというのと、とにかくこれから先安らげる時間過ごしたい。ただそれだけなのです。その気持ちが通じたのか一緒に過ごした時間がとても心地よかったと思ってくれたようで、今一人の時間が無償に寂しく重症とも言われました。これからただ一緒に居たいだけなのにそれでも私は待つしかないのでしょうか。焦りは禁物なのかと。同じような体験をされた方やご意見をお聞かせ下さい。

奥様と死別された男性の心の内、また同じような体験をされた方お聞かせ下さい。
彼曰く、
炊事・洗濯・掃除等、お風呂に入れて体を洗ってあげる、体を拭いて髪を乾かして。。。当たり前のようにやってきた・・・
二十歳の時に奥様は悪性リンパ腫を宣告され、彼も時間の許す限り癌センターに通い続け。幸いに、病院を出られ24歳になる歳に結婚。医者からは子供は期待しないでと言われ(かなりの放射線治療の影響で。。)でも可愛い一人娘を授かりました。その後悪性リンパ腫の転位、再発はないと言われたもののしばら...続きを読む

Aベストアンサー

全く同じ経験ではありませんが、少しでもお役に立てればと思い回答とは言いませんが
参考になればと思います。

私の話しを簡単にお話ししてからと思います。
私の場合、3年前に婚約者を肝臓がんで亡くしました。
入院して4ヶ月、あっという間の出来事でしたが、貴女の彼のように長い間ではありませんでしたが、
私にとっては非常に辛い経験でした。
遣り切れない日も続きましたし、死ぬ事さえ考えました。
ただ、ある女性と出会い、支えられ前を向く事も出来るようになりました。

私個人の意見としては、焦らないで欲しいと思います。
彼自身の本当の気持ちはわかりませんが、恐らく怖いというのもあるのでは無いでしょうか。
一生懸命愛した女性を亡くした事で、また自分一人になってしまうのでは無いか。
そんな気持ちが心の中のどこかにあるのでは無いでしょうか。
また、お子さんも大学生である事、奥様が亡くなられてまだ間もない事など。

彼の気持ちも「今一人の時間が無償に寂しく重症とも言われました。」と言うように
彼も貴女が必要な存在になっているように感じます。
決して後ろ向きになっている訳でもないと思いますし、
彼自身少しずつ前を向いて行こうと思っているはずです。

そこには貴女は彼にとって必要な人だと思います。
そんな貴女が自分の気持ちを優先して焦ってしまったら、彼は離れてしまうのでは無いですか。

私自身、今の彼女は、私の気持ちを理解してくれ、ゆっくりと歩調を合わせてくれました。
凄く安心し、支えになってくれました。

必ず良い方向に向いていくと思いますので、相手の気持ちを理解し焦らず歩調合わせてあげて下さい。

上手く表現が出来なくて申し訳ありませんが、お二人のお幸せを祈っています。
頑張って下さい。

全く同じ経験ではありませんが、少しでもお役に立てればと思い回答とは言いませんが
参考になればと思います。

私の話しを簡単にお話ししてからと思います。
私の場合、3年前に婚約者を肝臓がんで亡くしました。
入院して4ヶ月、あっという間の出来事でしたが、貴女の彼のように長い間ではありませんでしたが、
私にとっては非常に辛い経験でした。
遣り切れない日も続きましたし、死ぬ事さえ考えました。
ただ、ある女性と出会い、支えられ前を向く事も出来るようになりました。

私個人の意見としては、焦らな...続きを読む

Q乳癌が5箇所ほど骨転移しています〈30代)

5年前に左乳房全摘後ホルモン療法を中心に治療し、1年程前に骨転移し始めてからは放射線治療、最近抗癌剤もしています。でも、かなり元気なんです〈普通に歩いて家事もすべてやっています。)自分ではまだまだ大丈夫だと思っているのですが、親戚や友人の夫など、あまり親しくない人にかぎって、「残り少ない人生なんだから、子どもと沢山過ごすべきだ」とか、「骨にまでいってるんだからいずれ、歩けなくなる。風呂にも一人じゃ入れなくる。」と、もうすぐ寝たきりになるような、あと1~2年以内には死んでしまうようなことをいいます。気にしない!と思っても、若いから進行が早いのかな・・ある日突然ガクッとくるものなのかな・・と不安にもなります。癌が骨転移している30代の方の色々な状況を聞かせていただければ幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは、お元気に過ごしているとのこと、なによりです。私自身ではありませんが、妻が31才で同じように左乳房全摘し、3年半前から再発治療を受けています。最初は骨転移でしたが、1年ほど前に肝転移と肺転移が見つかっています。
ですが、元気にしてますよ。自分ひとりで全ての家事ができるほどの状態ではありませんが、週に2回ほど親に家事を手伝ってもらいながらも、元気に毎日過ごしてます。ぜんぜん寝たきりなどではありません。
骨転移は比較的進行が遅いですし、何よりもポジティブな気持ちでいると進行も遅くなるそうですよ。乳がんの進行は、非常に個人差のあるもののようですから生存率何パーセントだとか、一般論は妻も全く気にしてません。
ちょっと痛みがあるので激しく体を動かしたり、掃除機のような重いものを運べないだけで、お出かけもしますし、海外旅行にも行きます。
先のことは分かりませんが、できるだけのことはしていますし、何より毎日を二人(と一匹)で楽しく過ごしています。今の医学では根治は難しいのかもしれませんが、このまま癌と共存しながら、あともう少し長く頑張っていれば、医学も発達して根治できる技術が生まれる日が来るかもしれない、と期待してます。
一般論や周りの人の意見は、気にしなくて良いのではないでしょうか。自分の気持ちが一番大事です。毎日の生活が楽しいのであれば、それがなにより一番大事な事だと思います。がんばってくださいね。私と妻もがんばります。

こんにちは、お元気に過ごしているとのこと、なによりです。私自身ではありませんが、妻が31才で同じように左乳房全摘し、3年半前から再発治療を受けています。最初は骨転移でしたが、1年ほど前に肝転移と肺転移が見つかっています。
ですが、元気にしてますよ。自分ひとりで全ての家事ができるほどの状態ではありませんが、週に2回ほど親に家事を手伝ってもらいながらも、元気に毎日過ごしてます。ぜんぜん寝たきりなどではありません。
骨転移は比較的進行が遅いですし、何よりもポジティブな気持ちでいると進...続きを読む

Q癌の末期症状を教えてください。

義母が末期癌です。大腸から頚部のリンパ節に転移し、肺にも影がみられるそうです。

自宅で疼痛のコントロールは何とかできてきていたのですが、足がむくんで歩くことができなくなり入院しました。
入院後は足のむくみは取れたのですが、足がほとんど動かなくなり寝たきりになってしまいました。
2週間ほど前から下血が見られるようになり、たびたび輸血をおこなっています。食事はほとんど取れていません。薬を飲むために数口食べるのがやっとです。
いびきをかいて眠る時間が多くなり(昼夜逆転している感じです)せん妄らしき意識障害もしばしばみられます。微熱も続いています。
数日前からは痰がよくからむようになってきました。息苦しい時もあるようです。目も見えにくくなっているようです。

このような病状なのですが、どういう状況にあると考えればいいのでしょうか。主治医の先生に聞いても的を得た答えを得られずにいます。
また今後はどういう状態に気をつければいいのでしょうか。
少しでも楽になるように、私たち家族は何をしてあげればよいのでしょうか。
どんな小さなことでもいいです。ご存知のことがあれば教えていただけないでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

義母が末期癌です。大腸から頚部のリンパ節に転移し、肺にも影がみられるそうです。

自宅で疼痛のコントロールは何とかできてきていたのですが、足がむくんで歩くことができなくなり入院しました。
入院後は足のむくみは取れたのですが、足がほとんど動かなくなり寝たきりになってしまいました。
2週間ほど前から下血が見られるようになり、たびたび輸血をおこなっています。食事はほとんど取れていません。薬を飲むために数口食べるのがやっとです。
いびきをかいて眠る時間が多くなり(昼夜逆転している...続きを読む

Aベストアンサー

各症状について、可能性のあることを書きます。
足のむくみについては、心機能や腎機能などの臓器機能の低下や血流障害(これには、末梢の循環障害のほかに腹腔内のリンパ節転移などの圧迫による静脈還流の低下などが含まれます)、栄養状態が不良のため血液中の蛋白濃度が低下した場合など。
足が動かなくなったことについては、廃用性の筋萎縮に伴う筋力の低下や神経障害(両側の場合は脊髄への転移などの可能性)に伴うものなど。
下血は消化管からの出血を示しますが、可能性としては原発巣からの出血が最も考えられますが他の場所への転移、浸潤、潰瘍形成などによる出血の可能性もあります。 
せん妄、抑うつ、不安等などの精神症状は癌の末期にはしばしば出現します。疼痛コントロールがうまくいっていないときは出現の頻度も当然高くなります。
熱については、一般的に感染に伴うものと癌による腫瘍熱の二つが最も考えられます。
痰や呼吸困難は、呼吸器感染症の合併もしくは心不全徴候などの可能性があります。

この状態であれば御本人の苦痛をいかに取り除くかは、ご家族ばかりでなく医療側の比重が大きくなると思います。
まずは、御本人の意識を保った状態で苦痛を取り除くことが目標ですが、それが困難になればある程度鎮静させ意識レベルを落とすことも必要になります。肺に転移しているようですが、呼吸不全が進行してくると酸素投与だけでは呼吸困難が改善されないこともあり、そのような場合は体力の消耗がはげしく悪循環に陥りますから、積極的に鎮静させます。結果的に、ご家族との直接の会話はなくなることも多いですが、話すことができなくても完全に意識をなくしているとは限りませんから、気持ちの平安のためにも御本人に話しかけてあげることが大切だと思います。
最終的な症状は、血圧が下がる、尿の出が悪くなる、呼吸が浅くなるなどです。自分で痰を出すことができなくなると、常に痰が詰まることによる窒息が心配になります。喘鳴が強くなったときは、すぐに痰の吸引をしてもらうようにして下さい。

各症状について、可能性のあることを書きます。
足のむくみについては、心機能や腎機能などの臓器機能の低下や血流障害(これには、末梢の循環障害のほかに腹腔内のリンパ節転移などの圧迫による静脈還流の低下などが含まれます)、栄養状態が不良のため血液中の蛋白濃度が低下した場合など。
足が動かなくなったことについては、廃用性の筋萎縮に伴う筋力の低下や神経障害(両側の場合は脊髄への転移などの可能性)に伴うものなど。
下血は消化管からの出血を示しますが、可能性としては原発巣からの出血が最...続きを読む

Q奥さんと死別した男性との結婚で悩んでいます

奥さんと死別して1年が経つ男性との結婚です。私は初婚ですが、相手は私との再婚までの間に元奥さんの家族と2泊3日の旅行をしようとしています。1度お互いに相談して行かないと決めたのですが、最近引き出しの中に手配済みの旅行のチケットを見つけてしまいました。結納を1ヵ月後に控えていますが、今までの言動で彼が信じられません。同棲して2ヶ月経ちますが、籍もまだ入れていません。居間には最近まで(私が言うまで)元奥さんの遺影も飾られていました。精神的に本当に困っています。私が深く考え過ぎなのでしょうか? どんな言葉でも結構ですので助言をお願いします。

Aベストアンサー

そのかたは奥さん(あなた)思いの良いかたになって、あなたの家族を大切にされるようになってくると思いますょ(*^_ ’)

再婚早くするのは寂しがりやだと思いますので、好きなら労ってあげてください。

Q母の死

4/17 夕方、最愛の母が永眠しました。

昨年の10月に膵臓がんが見つかり、約半年の闘病をしていました。私は小さい時から母が大好きで、この世で絶対に起って欲しくないことは「母の死」でした。

母が死ぬくらいなら、自分が死にたい、死んだ後、精神的に耐えられないと思ってました。ですから、昨年夏頃から調子が悪く、行きつけの病院に行っても原因が分からないとの事で、地域の大病院で精密検査した結果、家族が先生に呼ばれ「病気と治療方針」について病院で説明がしたいと連絡を受けた時は、非常に嫌な予感がしました。

その日の朝は朝一番で近くの神社に行き、神主さんに祈祷をして頂きました。家族と病院に向かう途中「痛いのは胃だと言っていたので、最悪胃がんかも知れない、しかし、胃がんであれば手術が間に合うかもしれないし、今日はその説明かも知れない」とそれだけが頭の中にこだましていました。

しかし、医師から出てきた言葉は「膵臓にがんがある、進行がんでステージ4a、がん摘出手術は出来ない、バイパス手術も出来ない、ステント挿入手術をしたいがそれも成功するか分からない」との事でした。母はその時点でも毎日の様に嘔吐していましたので、元々小太りだった体型はかなり痩せてしまっておりました。

涙がボロボロと流れて止まりませんでした。医師からは具体的な余命は告げられませんでしたが、事の深刻さは分かりました。

それから母は放射線治療と抗癌剤治療を受けることを選択し、3週間後に退院してからは自宅からの通院治療を続けました。

退院後も母は前向きに生きていました。それは恐らく、がんになっても何年も生きている人が居ると言う事や治療の効果を期待していたんだと思いますが、私はネットや本、がん患者の家族会に参加したりして聞こえてくる手術が適応出来なかった場合の末期すい臓がんの現実を知ると1年は持たないだろうとは思っていました。

ただ、その時は現実には母は生きているし、同じ家に住んで話もしたり、TVを一緒に見たりしていたので絶望と言う気持ちではなかったのです。ただ、今年の正月の時に家族が集った時に全員で迎える正月は最後だろうなと思って凄く寂しくなりました。

今年の2月に主治医から「検査の結果、抗癌剤治療は中止し、今後は緩和ケアに移行したい」と説明を受けたと母が言いました。その時に母は非常に不安になり初めて弱気になりました。

母、そして家族と相談し、病院が斡旋する在宅看護を受けつつ、他の治療法を探す事にしました。
そこで、4月の初めにセカンドオピニオンとして国立がんセンターに資料を提出し、見解を聞きました。当初、母も同行する予定でしたが、すでに家から外出するだけの体力も無くなっており、私一人で訪問しました。

そこの先生の話では「データを見る限り、早ければ2週間後、長くても一ヶ月持たないでしょう」と言われました。私は久々に大泣きしました。

家に帰ると母は「どうだった?何か他の治療とか紹介された?」と聞いてきました。
私は本当の事は言えずに「先生は、薬は無い訳じゃないけれど、今は体力が落ちているので、その薬が飲めるようになるまで体力を戻す事が先決だと言っていたよ」と伝えました。

母は久々に嬉しそうな顔をして「じゃ、お母さん頑張って食事取るね」と言いました。私は自分の部屋でわんわん泣きました。

実はもう一つ、母には隠していた事がありました。3月一杯で10数年務めた会社を辞めていました。
退職は会社から解雇通告されたからです。解雇理由は「ここ一年の仕事のパフォーマンスが低い」からとの事でした。

私の会社は外資(アメリカ)で確かに成果に厳しく、社員の出入りは激しいです。自分自身良くこんな自分でも10年以上居れたなと思っていました。パフォーマンスの低下は精神的な影響は多分にあったと思います。会社からはパッケージの提案があり、私はそれを承諾しましたが、1つお願いをしました。

それは退職時期を1、2ヶ月遅らせて欲しいと言う事です。理由は、母は私が働く姿を喜んで居てくれていて、このタイミングで自分が無職になったら母に余計な精神的ストレスを与えてしまう、それで死期を早めるような事があっては絶対にならないと考えたからです。

会社が提示した退職は3月末でしたが、自分は母の状況の事を説明し、4月若しくは5月まで延期してくれないか。3月一杯で社員待遇は終わり、身分はバイトでも何で良いから、そして約束の時期がきたら必ず退社すると必死に食い下がりました。上司は一旦は懐柔を見せ、マネージャー会で検討させてくれと言ってきました。

1週間後に上司に呼ばれ「検討したが、決定は変更できない」と言われ3月退職が決まりました。
その時点で私は会社には完全に愛想が尽きていたので、すぐにパッケージにサインし、4月からは「会社からは家族の状況を相談したら介護休暇と言うのをもらえた、だから、当分は自分が母さんの身の回りの世話をする」と家族に説明しました。母は喜んでいました。

母が「あんたは良い会社に入っているね」と喜んでいるのを凄く苦々しく感じましたが、一方これで一緒に入られると嬉しかったです。

在宅でしたので、自力ではトイレも行けなくなっていて、おむつの交換、座薬を入れるなど私と家族で行いました。母は「男の子にこんな事してもらうの恥ずかしい」と嫌がっていましたが、私は「そんな事気にするな、恥ずかしがっている場合ではない」と言いました。確かにおむつの交換、座薬などは最愛の母とは言え、きついです。でも他人に任せたくなった。そう言う汚い部分だけ人に任せて、臨終の時に「お母さん」って泣くのは嫌だったからです。

そして、4/17 夕方母は家族全員に看取られて、最後は私の手を握って、痛みに苦しみながら、荒い呼吸が段々と小さくなって呼吸が完全に停止し、永眠しました。

そして、その日のうちに葬儀会社が来て、葬式が終わり今日に至るのです。

なんかだらだらと長くなってすみません。何が質問かと言うと私は母が死んでから、殆ど泣かないのです。がん告知を受けた時やがんセンターで余命を聞いた時はあれほど取り乱したのに今は何故か冷静なのです。一方、母の葬儀以降、毎日空虚で無気力になってしまい、無職だし、仕事探すとかしなければとは思うのですが、やる気が起きず、母の写真を見たりして過ごしています。

感情が消えたみたいです。抜け殻の様な感じです。
同じような経験をお持ちの方アドバイス頂けたら幸いです。
宜しくお願いします。

4/17 夕方、最愛の母が永眠しました。

昨年の10月に膵臓がんが見つかり、約半年の闘病をしていました。私は小さい時から母が大好きで、この世で絶対に起って欲しくないことは「母の死」でした。

母が死ぬくらいなら、自分が死にたい、死んだ後、精神的に耐えられないと思ってました。ですから、昨年夏頃から調子が悪く、行きつけの病院に行っても原因が分からないとの事で、地域の大病院で精密検査した結果、家族が先生に呼ばれ「病気と治療方針」について病院で説明がしたいと連絡を受けた時は、非常に嫌な予...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

今あなたの文章を読んで泣いてしまいました。

私のお父さんも膵臓ガンでした。
あれから約3年経ちましたが、記憶の中のお父さんと被って、久々に泣きました。

私のときは、お父さんが発病したのは、私が中学二年のときでした。
三人家族で私がまだ精神的に幼いと両親は考えたのか、お父さんの病気のことをまだ受け止められないと思い病気のことは黙っていました。

何時間にも及ぶ手術に集まる親戚、心配そうなお母さんの顔…
今思えば自分は本当に幼かった
そんな空気の中でさえ、事の異常に気付かず、盲腸の手術程度に思ってました。
その後の抗がん剤治療も順調に進み、やっとガンだったのかと知りました。

でも中学三年の秋、突然お母さんに涙目で一言
「パパ後3ヶ月しかもたないって…」

頭が真っ白でした。
ガンを克服し会社にまで復活して頑張ってたのに…
この世に神様はいないのかと本気で思いました。
夜一人部屋の中で色んな思いが溢れて泣きました。
私は身近な人で死んだ人がいなかったので、お父さんの死ということがあまり上手く理解できませんでした。
でも、ふとある時、よぎったのは
3ヶ月後は自分の誕生日……
ということ。
なんだか急に現実味がまして怖くなり、これからの人生の色々な思い出のなかにお父さんはあといくつ居られるのだろう…そう思うようになった。

それからお父さんは余命宣告よりも5か月も長く生きました。
でも、みるみる痩せていく体、何度も繰り返す嘔吐…色々なことが私には死が迫ってくるようで怖くて怖くて耳を塞ぎ目を閉じ、この世現実が夢だったらと願いました。
今までずっとお父さんを支えていたのはお母さんだったので、当時の私には一緒に支える方法を知りませんでした。
支えようとするどころか、部屋で一人で泣くことしか出来ませんでした。
だからお父さんはお母さんの前でしか泣きません。
それを見て、私は二人を困らせてはいけないと、泣いてはいけないと誓いました。

高校一年になってすぐ、お父さんは病気と闘いながら死にました。
今でも、お父さんが焼かれて骨になった姿は焼き付いて消えません。

お父さんが死んだあと、家は母子家庭になり、お母さんは自分が守らなくてはと思うようになりました。
当時私は私立の女子高に通っていました。
親の死は女子には格好の話のネタなのは以前別の人がそうだったので黙ってもらってました。
可哀想だとか惨めだと思われたくなくて、学校ではバカみたいにテンションをあげてましたが、家では、部屋で泣きながら勉強してました。
というのも、私立は学費が高かったので、あまり成績はよくありませんでしたが、奨学金を目指し必死で頑張りました。
そのお陰か、高一は奨学金ももらえ、クラスでも1位の成績でした。
でももう心はギリギリで高二の夏に精神を病み学校へは行けなくなりました。
半年ほど、何もやる気がせずただ泣いたり、今の自分に失望したり…
こんなんじゃ、お父さんより私が死んだ方が…なんてことを永遠と考えてました。

だけどある時、自分が心から楽しめるものを見つけ、その時からこんなんじゃダメだと思いました。
もう一度高二からやり直すために転入しました。
今私は一年遅れの高校三年生です。
やっとお父さんの死から立ち直ることができたんです。

私はあなたの文を読んで、隣でお母さんをずっと支えていたあなたを心から尊敬します。
私が目をそむけ、現実逃避しようとした現実から最後まで逃げなかったあなたは誰よりも強いと思います。
今まであなたもずっと闘ってきたのだから、何もやる気がしなかったり、脱け殻のような状態から無理に抜け出そうとしないでください。
そんないまを悲観しないでください。
今は少し心が疲れてるんです。

こんな私が言うのはなんですが、今はあなたのやりたいように、好きなだけ休ませてあげてください。
そうすれば、ある時からきっと生きる気力が湧いてきて前向きにいまを考えることができると思います。
私がそうだったように。

人にはいつか自力で乗り越えなければならないとてつもなく高くて厚い壁が一度は来ると思います。
それを乗り越えたらのなら、私は、あなたは人の痛みや苦しみを、人よりなん十倍も身に染みて理解し、やさしくなれるんです。

壁は逃げれば自分についてきてどんどん高く厚くなります。
だから、たまには外にも出て、壊そうとする努力をしてください。
努力なしに得られるものなんてたかが知れてます。

最後にあなたは一人ではありません。
苦しくなったら、こうやって、いまみたいな場で良いから、吐き出して見てください。

そうすればあなたが一人ではないことに気がつくでしょう。
だから、いまのこの自分をどうか否定しないであげてください。
長文失礼しました。

はじめまして。

今あなたの文章を読んで泣いてしまいました。

私のお父さんも膵臓ガンでした。
あれから約3年経ちましたが、記憶の中のお父さんと被って、久々に泣きました。

私のときは、お父さんが発病したのは、私が中学二年のときでした。
三人家族で私がまだ精神的に幼いと両親は考えたのか、お父さんの病気のことをまだ受け止められないと思い病気のことは黙っていました。

何時間にも及ぶ手術に集まる親戚、心配そうなお母さんの顔…
今思えば自分は本当に幼かった
そんな空気の中でさえ、事の異常に気...続きを読む

Q彼氏が自殺しました。

彼氏が一カ月前に自殺していました
原因は私にあるとおもいます。

彼はとても一途で そしてすこし心が脆かったし
二年間の付き合いで 別れようとか別れたいとかいう言葉を口にしたことはありませんでした。
毎日大すき!っと言ってくれていました

私たちは車で二時間かかる距離で 遊ぶ回数は私は仕事であり、彼は学生であり
私の休みは土日は確実にないので あまり時間があわなくて
月一で彼の家にとまりに行く程度でした

彼と付き合ってくうちに 私は何度か別れたいとおもうときがありました
その時は 彼氏がバイトもしないで奨学金で専門学校に通ってることに無償にいらいらしてたり
彼氏の恰好が v系寄りで少々派手だったり 彼の愛情が重く感じたり
そんな理由でした。

一度本気で別れようといって連絡をとらなくしました
そしたら 着信が90くらい来たり メールのあらしが来て
最後のメールで

俺はお前がいなきゃ生きてけない ごめん 死にます
という文面で 首吊りのロープの写真がはられてました

私は怖くなって 怖くなって警察に連絡しました

警察から後ほど連絡きたら そのときは大丈夫だったそうでした


それから話し合うことになって 会って話し合いました
その時も彼の部屋で話し合ったのですが、
私は命をかけごとに使うことはおかしい と言いました 彼は別れたくないし 俺が死んだってお前には連絡いかないから大丈夫だよ^^
言ってました・・

それからまた寄りを戻すことにしました
そのころは、ただ死なれるのが怖かったんです 本当に死なれる気がしてどうしょうもなかったのです。

一回目の自殺予告のまえに
ミクシーのほうで 死にたいとか もとから身長175cmで体重45キロくらいのかなり細身な体だったのに 首をつって余計なものが出ないように断食をする!って書いてあり その結果40キロまで落としてました その様子で 家族に精神病院にまでつれていかれたそうです。


正直自分でも ただの死なれるからどうしよう という思いで付き合っていても
連絡は取る気になれなくなって めーるの文面もつめたい雰囲気になり
どうしてつめたいの?
俺なんかしたかな?

などと聞かれるのも億劫になって

私は寄りを戻した後 また別れたいと メールを送りました

どうして?俺お前がいなきゃ生きていけないよ?
どうして?

メールをシカトして逃げると

また逃げるの?臭いものには蓋?
会って話し合おう

けれど 会って話し合っても変わらないのはわかってて
私は逃げてメールをシカトして ミクシーのつぶやきもみたくなくて
マイミクをはずして
なにもかも逃げました



そして彼は前見たくは メールも着信もなくて 
ミクシーのにっきでは
最初は死にたいっておもったけど いまおもったらあんなやつのために死ぬのはもったいないわwwwwwwwwwwwwwwwwクリスマスは長門だなwwwwwwwwwwww
って書いてあり 安心しました

けれど二日後 彼氏の友達から 相談のってたんだけど 昨日の深夜に死ぬっていってて ありがとうってメールが来た後 連絡がつかない 俺はいま東京にいるしどうもしてられないから 頼むから探してくれ
というめーるが仕事の休憩中にきました
休憩が終わる五分前で
家族の電話番号もしらないし どうしようとおもって
けれど仕事にもどって けど不安になってどうしようもなくて 一時間後にロッカーにもどって
携帯をひらいたら彼氏からメールがきていました




○○が自殺しました

遺言のほうに伝えてほしい方が書いてあったのでその方に連絡します

兄より



でした 私は彼氏の携帯に電話して そしたらお兄さんがでて
現実を知り泣き崩れました。






私には何も遺言はありませんでした
ただ 遺体には ポケットに私とのプリクラを入れて
手にはペアリング
それだけの持ち物でこんな寒い深夜に山で首をつりました


そしてミクシーのにっきに 
彼女を責めないでください すべて弱い自分に原因がある
お酒のせいですこし気がらくだ
やっぱり世界一かわいい さすが俺が愛した人だ



それだけ書いてありました


後悔しかありません
そして今ではこんなにも引きずって
なぜ振ってしまったのか こんなに自分を愛してくれてた人を どうして捨てたのか
どうして救ってあげられなかったのか
後悔だらけです
そしてできればあとをおいたい。
会いたい
ただそれだけです

これからさき一生このきもちをひきずっていくかとおもうと もう人生を終わりにしてもいいかなと思います


だれかのアドバイスをききたいです
また同じような経験をして今 どうやって暮らしているのか・・

できるかぎり質問にもこたえます
よろしくお願いします

彼氏が一カ月前に自殺していました
原因は私にあるとおもいます。

彼はとても一途で そしてすこし心が脆かったし
二年間の付き合いで 別れようとか別れたいとかいう言葉を口にしたことはありませんでした。
毎日大すき!っと言ってくれていました

私たちは車で二時間かかる距離で 遊ぶ回数は私は仕事であり、彼は学生であり
私の休みは土日は確実にないので あまり時間があわなくて
月一で彼の家にとまりに行く程度でした

彼と付き合ってくうちに 私は何度か別れたいとおもうときがありました
その時は ...続きを読む

Aベストアンサー

度々すみません。
誰かを愛したら、誰かの優しさに縋り付くのではなく、自ら愛を与えなさい。

あなたはできる事は全てしました。
彼との交際中に、彼に愛を与えたじゃないですか?
それは彼にとっては宝でかけがえの無いものです。

あなたが自我を堪えて、彼に嘘の愛を与える事が全て解決できたと思いますか?

私はそうは思えませんよ。

彼は自分の問題に彼自信が立ち向かうべきだった。
人を巻き込み、人の人生をうばってまで成せる事は、決して彼の力とは言えません。

あなたは幸せになりなさい。
辛さを経験しただけ、大きくなりなさい。
人の弱さや辛さがわかった今回を、忘れろとは言いません。

バネにして、誰かを愛した時、その人をありのままあなたの綺麗な目で見て、尊重してあげてください。

甘やかす事がすべてではありませんよ。

時には厳しく突き放す事が愛でもあります。

あなたは、この事を彼にしましたよね?

今は辛い、自分を責めるのも理解できます。
でも、あなたの人生はあなたが創るべきです。
厳しく書きましたね。ごめんなさい。
ただ命を粗末にして、後悔しているのは彼自身でしょう。
あなたまで悩むと、彼はますます辛くなりますよ。
彼への供養は、あなたらしく生きること。

度々すみません。
誰かを愛したら、誰かの優しさに縋り付くのではなく、自ら愛を与えなさい。

あなたはできる事は全てしました。
彼との交際中に、彼に愛を与えたじゃないですか?
それは彼にとっては宝でかけがえの無いものです。

あなたが自我を堪えて、彼に嘘の愛を与える事が全て解決できたと思いますか?

私はそうは思えませんよ。

彼は自分の問題に彼自信が立ち向かうべきだった。
人を巻き込み、人の人生をうばってまで成せる事は、決して彼の力とは言えません。

あなたは幸せになりな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング