教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

ミケランジェロの「アダムの創造」は、旧約聖書における創世記の一部の場面を描いた絵ですが、これに思いっきり「神」の顔が描いてあります。白髪で髭を蓄えた男性です。

旧約聖書・新約聖書関係の絵画では、神の意志は天使を通して伝えたりするものだと思っており、神は直接登場しないものだと思っておりました。
ですが、少なくともミケランジェロの作品では、創世記の他の場面で同じ顔つきの「神」が登場します。

他の年代や別の作家でも、「神」が登場する絵画はあるのでしょうか?

そもそも、「神」を描いてよいのでしょうか?

gooドクター

A 回答 (3件)

「神は自分になぞらえて人の形をつくった」と創世記にあるのを描いたのですから間違いとは言えないでしょう。


特定の個人を描いたとして削除依頼は出ていないと思います。
たまたま似ている人は居るかもしれませんけど。

ルネッサンスの時代はギリシャ・ローマ時代の美術の見直しでもあったので人体を美とする表現も積極的に肯定されたし、ギリシャ時代のエロな神の姿も復活しています。
キリスト教美術には詳しくないので他の人の意見を待ちます。

神を描いていいかどうかはそれぞれの宗教の中の問題だと思います。
ただし神を姿の無いものと考えるのは実は日本の神道が徹底しています。例えば御神体というのがありますけれど、岩とか自然の泉とかの自然物であったり鏡などであったり、それは偶像ではなくて精神的に象徴する事物であることが多いのです。神道の中でも国家神道の系統の神様は具体的に名前のある人物である事が多いのですが、そうではない神様もたくさんあります。具体的に人物を祀った神様であってもその肖像を拝むということはほとんど無く、神様は形の無いもの・精神というのは今の日本の一般的認識なのではないでしょうか。ともかく今の神社でこれが神様だと像を飾ってるところは意外と無いように思います。天狗・猿田彦とか修験道・神仏習合の仏像とかぐらいでは。
    • good
    • 0

1です。


英語版Wikiにちょっと記述があります。もちろんWikiなのでどこまで信用できるのかは自分で判断する必要がありますが、西洋でどう見られているかの参考のひとつにはなりそうに思います。

http://en.wikipedia.org/wiki/God_the_Father_in_W …

これによると「神を見たものは居ない」のでそれをあたかも見てきたように描くことはできない、というのがキリスト教とその母体であったユダヤ教の宗教的な立場で、代わりとして神の「手」だけとか雲とかを描いていたらしいです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Hand_of_God_%28art%29
↓こちらは描かれている例
http://en.wikipedia.org/wiki/Burning_bush
たぶん19世紀ぐらい(教会ができたのが19世紀なので)

http://worldvisitguide.com/oeuvre/O0031148.html
15世紀の絵、ミケランジェロより前。左上にいるのが神様(Yahweh、Jehovah)

(キリストやマリアは実在の人物なので描いても良いという理屈のようです。イコンも同様。
衆生にキリスト教を広めて権威につかせるためには宗教画は大事だったのでキリストやマリアや聖書の物語の絵・絵解きは必要だった。)

神として人物の姿を描いたのはこれによるとルネッサンス以降らしい。
それと「父なる神」と言うので「父」らしい姿を描くのがお約束のようです。

以下は自説ですけどルネッサンスの時代には美術がキリスト教会に従う度合いが弱まったのだと思われます。むしろ美術のできや美術家の力が尊重されたからこういう表現が赦されたのでは。
それとルネッサンス時代には人体(肉体)の美を肯定的に捉えて、肉体にも理想美がありうると考えたからでしょう。

美術にもなまじリアルに描かないで象徴的な事物や抽象に置き換えた方が想像力を使わせて幅広い奥深い表現ができるとする考え方はあります。
キリスト教の神様本体を描かないというルールもそういう知見にもとづくものではないでしょうか。

以上はキリスト教の神本体を描くのはルネッサンス特有と考えた上での自説ですので、それ以前からあったけれどプロテスタント以降に消されたのが実際でしたら無効な論です。
    • good
    • 1

イエスがヨハネから洗礼を受ける場面の絵だと、指や手が描かれていたと思います。



・・・・と思って探してみたら、人の姿(神様ぽくないんですけど)で描かれているのがありました。
鳩のように天から下りてくるものは「聖霊」であって、神そのものではありませんが、、
http://blog.goo.ne.jp/powerful_mom/e/7b37eec173a …

こちらは神様らしき姿があります。ジョヴァンニ・ベッリーニという人の作品。エル・グレコも神様らしき白髪の老人を描いています。
http://www.emimatsui.com/subject/new_testament/n …

描いてはいけないわけではなかったのでしょう。※こういうキリスト教美術はカトリックです。
でもイエスが地上に現れた神の子で肉体があったので、そちらの姿をメインに描いたのでしょうかね?


ユダヤ教、イスラム教、キリスト教は本来は偶像崇拝禁止で、ユダヤ教はよく知りませんが(まあ他もよくは知らないのですが)、イスラム教が偶像崇拝禁止なのは有名です。たとえばムハンマドを描くと怒られてしまう・・・
なのでモスクには絵画や彫刻がありません。美しいアラベスク模様が発達しました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%B6%E5%83%8F% …

キリスト教は宗派によって緩さが違いまして、カトリックはイエスやマリアの絵や彫刻をたくさん持っております。思いっきり偶像では、と思うのですが・・・・。「ピエタ」など有名。
(海外旅行でカトリックの教会を見に行くのは好きですが)
※言葉が通じない人とか字を読めない人のために、絵や像で見せるという理由もあったとのこと。
http://kirisuto1225.com/art/prosperity.html

プロテスタントはカトリックに反対して偶像崇拝なしに立ち戻ったため、カトリックの教会のようには飾り物が無いようです。
ロシア正教などの東方教会は彫像など形にしたものは置きませんが、絵はオーケーとしています。聖像、イコンと言います。

参考URL:http://kirisuto1225.com/art/protestant.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング