私の働いている会社では40時間のみなし残業が設定されています。
先月残業はまったくありませんでしたが、その代わり休日出勤が40時間(8時間×5日)ありました。

その休日出勤の分の代休は与えられず、先月の給料が支給されましたが、休日出勤分の給料が加算されていませんでした。
上司に聞くと「休日出勤の40時間は、みなし残業の40時間内だ」と言われました。
休日出勤もみなし残業の時間に含まれるのは納得がいかないのですが、仕方がないのでしょうか?
これが許されると、週6日勤務を今後も続けるのが普通になってしまいます・・・

A 回答 (6件)

みなし残業と言ってしまうと厳密には正しくないのかもしれませんが、要するに、あらかじめ時間分の残業代が賃金に含まれて計算されているという事です。

確かに、見かけ上の賃金額を膨らませるだけにも見えますが。
もちろん、残業しなくても同じ賃金ですが、現実には残業させられるでしょうね。
http://www.jil.go.jp/rodoqa/01_jikan/01-Q09.html
で、重ねますが、法定休日以外は単に週の所定労働時間を超えるから結果として休日になっているだけの事で、法定休日では無い休日、労基法で休ませなければならないとされている休日ではありません。
週40時間労働が基準ですから、1日8時間労働だと5日で上限に達してしまいます。結果として週休2日になっただけの事で、8時間労働でなければ6日出勤でも全く問題ありません。
週40時間を超える部分は時間外労働、つまり残業であり、結果としては休日数が上下しますが、直接の関係はありません。
土曜出勤でも、単なる時間外労働でしかないので残業代を払えば事足ります。

36協定はもちろん必須です。いい加減に扱っている会社も多いですが。
当然に、時間数を超えた時間外労働をした場合は別途支給となります。みなし分を除いた賃金から計算されるのでややこしいですが。
    • good
    • 1

詳しいことは


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
を見て頂きたいのですが、「法律で決められた最低基準」では残業と休日出勤では割増率が違います (25% / 35%)。頭から同一視する上司の発言は少し説明不足かも知れませんが、会社の就業規則が最低基準と比較してどうなっているかです。

残業してもしなくてもみなしで残業代が出ているとすると貴方としてはある月には少し損をしても通年で損していなければよいわけで、貴方の場合はどうなるか検討されてみたら如何でしょうか。

大企業ですと課長はみなしで一般社員よりも給料が多いのですが、残業と休日出勤をあらわに命ぜられることは滅多にありません。貴社のように具体的に命じられるとなると形ばかりの課長職みたいな印象もありますね。嫌われても困りますので、作戦を立ててアプローチして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ITですが、みなし残業がないと月20万を切るのでどうしても求人の際の額面を底上げして見た目をよくするためにみなし残業をつけたという悪印象しかありません。

お礼日時:2014/06/18 22:26

>会社では40時間のみなし残業が設定されています



「みなし残業」は、制度として存在しない言葉です


故に、「休日出勤の40時間は、みなし残業の40時間内だ」というやり取りは成立しません

ので、納得がいかないのは、至極当然です


しかし、あなたが会社からある地位に設定されている場合は、その限りではありません

http://www.kisoku.jp/zangyou/tekiyoujogai.html


特別な肩書も地位もない普通の社員でしたら、社会保険労務士に相談されるべきだと思います


※経営者や担当者に法律の知識がない場合が、多いです

参考URL:http://zangyou.org/information/servicezangyou/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私はただの契約社員で地位等はありません。
ここのご回答でも意見が様々なので、労務士に相談を検討します。

お礼日時:2014/06/18 22:24

法定休日以外の休日に出勤するのは普通に残業なのです。

正確には時間外労働。残ではなく、単なる時間外の労働なので休日も同じです。法定休日は割増率が違うのでアレですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
1~3の片の回答を見る限り、納得できなくても仕方がないという感じでしょうか

お礼日時:2014/06/18 22:22

休日出勤というのは


週に一回の法定休日に勤務することです。
法定外休日に勤務しても時間外労働(残業)に変わりありません。
従って週休二日制の場合に
連続7日の勤務をした場合、
法定休日に関しては勤務した時間に対して1.35倍の割増賃金、
もう一日の法定外休日に勤務した時間が
みなし残業の40時間以内であればみなし残業で支給されているので
別に支給することはありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
連続7日も一度ありましたが、割増賃金等はありませんでした。

お礼日時:2014/06/18 22:21

法定休日は週1日ですから、36協定が締結されていれば違法性はありませんね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
36協定について調べてみます。

お礼日時:2014/06/18 22:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【労働時間】休日出勤と週40h超で残業した場合の割増について

私の会社では、祝日が法定外休日、日曜日が法定休日と就業規則に定められています。

勤務時間はAM9:00~18:00(実働8h)です。
(1)月~土まで週6日出勤し、月曜日が祝日で土曜日に残業2時間した場合、
給与の計算方法はどうなるのかあやふやになりました。

私としては
祝日の月曜(25%割増) 火~金(通常) 土(週40h超で25%割増)ここまでは分かるのですが、 

土曜残業分は、8h超+週40h超で(50%割増)となるのか、
または(25%割増)のままなのかあやふやです。
土曜日が法定外休日とされていれば8h超分も(25%割増)のままですよね?
土曜が法定外休日としていされていない場合はどうなるのでしょう?

どうかご教授下さい。
※月曜が祝日なのはあまり関係ないですね・・・書いた後気づきました。

Aベストアンサー

>月~土まで週6日出勤し、月曜日が祝日で土曜日に残業2時間した場合、
この週の労働時間は8時間労働X6日出勤+残業2時間なので、50時間になりますよね。この場合、週法定労働時間の40時間を越えた10時間に2割5分以上の割増賃金を払えばよいということになります。

>祝日の月曜(25%割増) 火~金(通常) 土(週40h超で25%割増)ここまでは分かるのですが
ここでの考え方として、まず1日の法定労働時間(8時間)を超えている日はあるかを考えます。今回は土曜日の2時間がこれにあたります。それでとりあえず、この2時間は除外して置いておきます。そして、1週間の法定労働時間を超えているかどうか考えます。今回は8時間勤務で6日出勤なので48時間(実際は50時間ですが、さっき2時間を除外したので)となり8時間が割増賃金の対象になります。これにさっきの2時間を加えて8+2時間で10時間が今回の割増賃金の対象になります。

>土曜が法定外休日としていされていない場合はどうなるのでしょう?
>月曜が祝日なのはあまり関係ないですね・・・書いた後気づきましたその通りです。法定休日かどうかで区別してください。法定休日以外は上記の計算で。

>月~土まで週6日出勤し、月曜日が祝日で土曜日に残業2時間した場合、
この週の労働時間は8時間労働X6日出勤+残業2時間なので、50時間になりますよね。この場合、週法定労働時間の40時間を越えた10時間に2割5分以上の割増賃金を払えばよいということになります。

>祝日の月曜(25%割増) 火~金(通常) 土(週40h超で25%割増)ここまでは分かるのですが
ここでの考え方として、まず1日の法定労働時間(8時間)を超えている日はあるかを考えます。今回は土曜日の2時間がこれにあたります。それでと...続きを読む

Q週40時間以下の勤務なら、休日出勤も時間外労働とみなされない?

週40時間以下の勤務なら、休日出勤も時間外労働とみなされない?

時間外労働は月40時間までと36協定で締結しています。
弊社は9:00-18:00休憩1時間の勤務時間で、
週5日出勤(土日休み)になっています。

今回、会社カレンダーで夏季連休が10日間ありました。
そのうち、土日が2回合計4日ありました。
土日4日間はお休みしましたが、残りの月火水木金月曜日の
6日間全て休日出勤をしました(6日*8時間=48時間)。

上司より、労働基準法の時間外労働の計算方法は、
週40時間越える労働にかかってくるものであり、
会社カレンダーが休日としても、週40時間を越えない
休日出勤の場合は、36協定上の時間外労働時間に
含まれないから48時間やろうと、時間外は0なので、
OKと言っていましたが、本当でしょうか?

※1日8時間を越えない、週40時間を越えない場合は、
 時間外労働にはならず、法律違反にならないかと言う点です。
 (上記のように月48時間休日出勤しても、時間外労働は
  0時間で合ってますでしょうか?)
※休出手当はついています。

Aベストアンサー

ご質問からして上司の回答はあっています。

1週:月火水木金→40時間
2週:月→8時間

という分け方になります。週40時間を超過した部分がありません。

会社の休日に出勤したとしても、法の定める週1日の休日(法定休日)はすでに各週の日曜日で満たしています。

Q週40時間越えの残業時間と休日割増について

週40時間越えをした場合の残業割増と法定休日割増について教えて下さい。

<1日7時間労働が週6日間の場合>
合計42時間のうち2時間が残業割増(0.25)されるというのはすんなり理解できるのですが

<1日7時間労働が週7日間の場合>
合計49時間となり、そのうち7時間は休日割増(0.35)となりますよね?
週40時間を超えているので、残業割増と休日割増はどのように取り扱えば良いのでしょうか?

1.9時間分残業割増 + 7時間分休日割増

2.2時間分残業割増 + 7時間分休日割増

また、休日割増の中には残業割増が含まれているのでしょうか?
それによって上記1か?2か?が分かれるような…

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他の方の回答文を読んでいないので、重複していたらお許し下さい。

法により、1週間に1日の休日を与える必要があり、それを与える事が不能となった最後の労働日が「休日労働」となるという考えに基づけは、今回の休日労働は7時間。
すると、
週の総労働時間49H-休日労働7H-法定労働時間40H=時間外労働2H
よって、法条文及びここでは紹介していない通達を根拠として会社に有利な解釈で行えば、2番が正しい。

一方、就業規則や賃金規定で仮に「週の起算は日曜日とする。日曜日及び土曜日を会社の休日とする。会社の休日に労働させた場合には法に定めた割合で割増賃金を支払う」と定めているのであれば、それに従う必要があるので、14時間の休日労働となります。

> また、休日割増の中には残業割増が含まれているのでしょうか?
割増率の考え方は、次の2つなので
・時間外労働(25%) OR 休日労働(35%)
・深夜労働(25%)の加算の有無
法定労働時間を超過した労働時間が次のいずれに該当するのかを個別に考える事となります。
・時間外労働
・時間外労働+深夜労働
・休日労働
・休日労働+深夜労働
よって、1時間の超過労働が「時間外労働+休日労働」となることは有りません。

他の方の回答文を読んでいないので、重複していたらお許し下さい。

法により、1週間に1日の休日を与える必要があり、それを与える事が不能となった最後の労働日が「休日労働」となるという考えに基づけは、今回の休日労働は7時間。
すると、
週の総労働時間49H-休日労働7H-法定労働時間40H=時間外労働2H
よって、法条文及びここでは紹介していない通達を根拠として会社に有利な解釈で行えば、2番が正しい。

一方、就業規則や賃金規定で仮に「週の起算は日曜日とする。日曜日及び土曜日を会社の...続きを読む

Q休日出勤した後に、強制的に代休取らせるのは合法?

いつもお世話になります。

うちの会社の規約には、「休日出勤した場合、代休を取ることができる」とあります。
去年までは、みんな普通に残業時間として申請していました。
有給休暇も殆どの人が流す状況で、代休をとるメリットは全く無いからです。

ところが最近、昨今の不況を受けて人事部から、
「過酷な労働をさせる訳にはいかないので、休日出勤した場合はこうやって代休を取りましょう^0^ノ」
みたいな啓蒙メールが来て、うちの事業所では残業をゼロにすべく管理職が血眼になって、部下に無理矢理代休を取らせています。

そこで質問なのですが、
残業を強制的に代休で消化させるのは合法なのでしょうか?
これは社則にある場合と無い場合、両方で教えて頂きたいです。

なお、残業時間は36協定を遵守している状態とします。


人が減って仕事は増えるのに残業はさせない。
仕事が消化出来ていないと考課を下げる。
結局サービス残業をせざるを得なくなり、会社はニンマリ。

どこもそうでしょうが、労働者を家畜程度にしか考えていない会社にうんざりします。

いつもお世話になります。

うちの会社の規約には、「休日出勤した場合、代休を取ることができる」とあります。
去年までは、みんな普通に残業時間として申請していました。
有給休暇も殆どの人が流す状況で、代休をとるメリットは全く無いからです。

ところが最近、昨今の不況を受けて人事部から、
「過酷な労働をさせる訳にはいかないので、休日出勤した場合はこうやって代休を取りましょう^0^ノ」
みたいな啓蒙メールが来て、うちの事業所では残業をゼロにすべく管理職が血眼になって、部下に無理...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ、dkazさん。
>「過酷な労働をさせる訳にはいかないので、休日出勤した場合はこうやって代休を取りましょう^0^ノ」
どこの会社でもやっている手段でしょう。弊社でもやっています。

>部下に無理矢理代休を取らせています。
強制的に取らせることは出来ません。強制労働の逆のパターンといえるでしょう。

>残業を強制的に代休で消化させるのは合法なのでしょうか?
労使間の合意の基に執行される場合は合理的と言えます。
労働時間の相殺。
但し、手当をどう扱うかに由ります。
休日出勤:単価×1.25
休日出勤残業:単価×1.50
普通残業:深夜勤務を除く延長勤務 単価×1.25
深夜残業:午後10:00~翌午前5:00間の残業時間 単価×1.50

割り増し賃金まで相殺することは出来ません。

>社則にある場合と無い場合、両方で教えて頂きたいです。
・社則にある場合:代休制度がある場合は、そのまま代休を取得することができます。
        :割増賃金に定めがある場合も同様に社則に遵守。

・労協にある場合:社則と同様

・社則にない場合:元々「無い」と言うことは無いと思います。
休日・賃金について曖昧なものは労働基準監督署が改善を求め受け取らないはず。

・社則そのものが元々無い場合:従業員10名未満の会社・個人企業にはありえることですが経営者との協議になります。それは賃金に元々含まれている可能性があるからです。「みなし賃金」といいます。

・弊社では、
(1)例えば休日出勤8時間した場合、そのまま別の出勤日に振替えて貰って労働時間の相殺します。但し、割増賃金分だけは別途支払います。

(2)通常残業の合計が8時間を越えた時点で本人に残業時間を相殺するかどうかを判断してもらいます。労働時間を相殺しても割増賃金分だけは別途支払います。

どちらにしても強制はしていません。
経営者側にとっても、残業・休出代をまるまる支払わなくても良いというメリットと
労働者側にとっても、公休と別に休暇を取れるメリットがあります。プラス割増賃金分だけはもらえます。

需要と供給のバランスをとらないと会社がバラバラになるのでご注意を!不平不満が充満します。残業や休出を御願いしたいときに御願いできなくなります。

>労働者を家畜程度にしか考えていない
おっしゃるとおりですね。私も中間管理職としてつらい立場です。
もし、dkazさんが中間管理職・組合の執行委員ならば提案してはいかがでしょうか?弊社のようなパターンも世の中には実際に存在します。

では、

こんばんわ、dkazさん。
>「過酷な労働をさせる訳にはいかないので、休日出勤した場合はこうやって代休を取りましょう^0^ノ」
どこの会社でもやっている手段でしょう。弊社でもやっています。

>部下に無理矢理代休を取らせています。
強制的に取らせることは出来ません。強制労働の逆のパターンといえるでしょう。

>残業を強制的に代休で消化させるのは合法なのでしょうか?
労使間の合意の基に執行される場合は合理的と言えます。
労働時間の相殺。
但し、手当をどう扱うかに由ります。
休日...続きを読む

Q定額残業代分を休日に出勤しろと言われてます。

現在勤務している会社とは一日2時間、月間22日分の定額残業で雇用契約を結んでいます。
雇用契約書に勤務時間は午前9時から午後9時30分までで休憩2時間30分の勤務になっていますが、それほど忙しくないので残業をせず勤務8時間休憩1時間で18時に退社しています。

以前は忙しくて23時近くまで業務を行っていた事もあったのですが、20時を過ぎた部分の残業代は「管理職にある」という理由で支払われた事はありません。

現在、やらなければいけない業務も滞りなくやっていたんですが、突然社長から「定額残業代を一日あたり2時間分支払っているのに残業せずに帰宅してるから、その分を休日出てこいって言う事もできる。4日間定時で帰宅していたら8時間分をたとえ公休日であっても勤務しなきゃいけないんだからな。法律にも問題ないって書いてあるんだ。文句があるなら調べてみろ。」と言われました。


これって本当に合法なんでしょうか? もちろん定額残業分はたとえ残業しなくても支払われるって事で残業をせずに帰ってもきちんと支払われていました。

現在の給与は基本給が東京都の最低賃金である時給821円×8時間×22日の144,496円、それに定額残業代が821円×1.25×2時間×22日の45,155円です。

現在勤務している会社とは一日2時間、月間22日分の定額残業で雇用契約を結んでいます。
雇用契約書に勤務時間は午前9時から午後9時30分までで休憩2時間30分の勤務になっていますが、それほど忙しくないので残業をせず勤務8時間休憩1時間で18時に退社しています。

以前は忙しくて23時近くまで業務を行っていた事もあったのですが、20時を過ぎた部分の残業代は「管理職にある」という理由で支払われた事はありません。

現在、やらなければいけない業務も滞りなくやっていたんですが、突然社長から「定額残業代を一...続きを読む

Aベストアンサー

おはようございます、素人です。

法律的には1週間の勤務時間が決められている(1週間40時間)だ
けで、残業(や休日出勤)は会社が決めるようになっています。そ
の限界は決められていませんが、あくまで双方納得の上、というの
が前提になります。

していない残業手当を支払っている場合なんて法規的に決まってい
ないと思いますが、常識的に、受け取らない(返却する)という行
動も出来るのに受け取っているのですから、双方の納得は成り立っ
ていると考えられ、会社には働かせる権利はあるんじゃないでしょ
うか。

ただしあくまで残業なので労働者には断る権利があり、端的には労
働者の権利の方が上だと思います。ただし拒否した場合、その人の
評価が下がる事は十分考えられます。働かなかった事で給料支払わ
れなくても評価は下がる事が多々ありますので、それに加えてお金
が支払われている事を考えると更に評価はマイナスになる傾向があ
るんじゃないでしょうか。

>その分を休日出てこいって言う事もできる

社長はやれとは言っていないのではないでしょうか。その心構えで
働けと言っているように感じます。

とやかく言われたく無かったら、返す方が良いんじゃないでしょう
か。勿体ないとは思いますがあくまで働いていないお金なんですか
ら。もしくは「では残業しますので仕事を指示して下さい」と言う
とか。自分的に問題なくても社長的には100点満点じゃないんでしょ
うから、仕事はあると思います。

おはようございます、素人です。

法律的には1週間の勤務時間が決められている(1週間40時間)だ
けで、残業(や休日出勤)は会社が決めるようになっています。そ
の限界は決められていませんが、あくまで双方納得の上、というの
が前提になります。

していない残業手当を支払っている場合なんて法規的に決まってい
ないと思いますが、常識的に、受け取らない(返却する)という行
動も出来るのに受け取っているのですから、双方の納得は成り立っ
ていると考えられ、会社には働かせる権利はあるんじゃないでし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報