昔(ホントに昔)、白泉社の少年向けの雑誌(創刊号か、2・3号目)で新人さんのデビュー作が載っていました。
背中に大きな剣を下げ小さな妖精を連れた体格のいい男性が、旅の途中で暴漢に襲われそうになっている少女を助けるのです。彼の母親は人間だけど父親は魔物らしく、彼は母親に無理やり自分を孕ませた父親を憎み、父を倒すために旅している…という内容でした。
新人さんなので絵は粗く技術もそれなりだったけど、不思議なパワーがあり、記憶に残っています。
その後「ベルセルク」という漫画が人気が出て、たまたま読む機会があったのですが、私の記憶の中の漫画に似ている気がして…。もしかしたら、連載になる前のベルセルクだったのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 ベルセルクの原点となった、という漫画は「ベルセルク14巻」巻末に載っています。

1988年、月刊コミコミ11月号に当時大学生だった作者の投稿作品として掲載されたそうです。
 共通点(妖精をつれている、体格が良い剣士が暴漢に襲われている少女を助ける、父親が魔物らしい)もあるのですが、すこし違うような気も。
 その主人公は黒髪で隻眼、眼帯をつけていて、その眼帯を少女にプレゼントしましたか?そして、少女を生贄として要求した領主(化け物)と戦ったでしょうか。また父親の名前が「ヴァナ」であるなら、仰っているまんがである可能性があると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです、月刊コミコミに載っていました。
(懐かしい…)
ベルセルク14巻を見たところ、私の探していた漫画だとわかりました。
KINGBIRDさま、情報ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/08 21:15

連載前の話は14巻の巻末に・・・と、ここまではKINGBIRDさんのおっしゃる


通りです。

で、ただいま手元にある14巻を確認したところ、MSHIMODAさんのお話との
共通点(背中に大きな剣、小さな妖精を連れている、体格のいい男性、少女を
暴漢から助ける)も確かにありました。
彼の母親はヴァナと呼ばれる暗黒神の生贄として殺されており、彼はその復讐
のために旅をしている・・・というストーリーです。

ディティールに違いはありますが、「背中に大きな剣」というのが他にあまり
ないと思いますので、おそらくこれのことではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コミックスを読んで、自分の探していた作品だとわかりました。
ちょっと内容を勘違いして覚えていたみたいです。
ずっと気になっていたので、これですっきりしました。
hero1000さま、情報ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/08 21:19

その話はベルセルクの単行本の中にありましたよ。

たしか14~16巻位に載ってましたねぇ。私が見てなんとなく憶えているストーリーは確かガッツの肉親が化け物にガッツの目の前で喰われてしまいそれで復讐の旅にでる、ってやつだったような・・・。まぁ、それはご自身で確かめてみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コミックスを読んで、私の探していた作品だとわかりました。
jeffさま、情報ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/08 21:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアニメ版のベルセルクの続き、原作で言うと何巻から?

アニメ版の「ベルセルク」はグリフィスが魔王に生まれ変わりガッツがキャスカを取り戻す為に再び旅立つ?というような所で終わってしまったのですがその続きは原作のコミックスでいうと何巻から描かれているんでしょうか?

Aベストアンサー

アニメ版だとグリフィスが「フェムト」に転生。蝕により鷹の団はガッツとキャスカを残し全員死亡したところくらいまでだったと思いますので13巻までの内容ですね。
ですから14巻以降ということになります。

Qベルセルクの神

ベルセルクの「神」とは何なんですか? また、ゴッドハンド、天使長ボイドとは何なんでしょうか?

Aベストアンサー

「ネタバレ」、ってぇヤツでもよろしいでしょうか?ならば載ってた本を丸々でこそないものの、切り取ってた(スクラップ)俺が答えましょうか。
削除された回は、ニコ動にもアップロードされてますがね。

「神」の正体は、「人間の集合意識、の『暗黒面』」自体が一個の人格化したもので、多くの人間の「(理不尽な)死・苦しみの理由を求め続けた」精神エネルギーの、「はけ口」とでもいうものでしょうか。

「創られた」シロモノですが、「存在意義に従って活動する」ために、
人間の方でもそれに「振り回されるようになった」というトコでしょうか。=「集合意識」てぇコトは、個々人の「一部」でもあるので影響を与えるのは容易いこと、というワケなのか・・・・・

さて、ゴッドハンド(リーダー格はボイド)とは、「(その前の降魔の儀も)そもそも何か」ですが、どう答えたらいいものやら・・・
「死・苦しみ」の理由を求めたからといって、「嫌なもの」の理由を知りたかったからというには、「わざとそうなるようにしてる」としか
解釈しにくいし、生贄ささげて使徒になる、てのも不自然なような気がしますね。
それでも解釈をするとなれば、「死・苦しみ」の理由は「それをもたらす根源・存在がある」からとなれば論理的には=詭弁にすぎないでしょうが=矛盾は無い、ということにはなりますかね。

「元々そうなることで、理由の無い」ものに理由を求めたら、「それらしいもの」がデッチアゲられて、「結果論的なもの」自体が「原因にとって変わった」、というのが近いでしょうか?
「降魔の儀(一発で変換されません、何回やっても)と使徒とその王者ゴッドハンド」も「それっぽくする」ための「舞台の道具・装置」
てぇとこでしょうか。

「ネタバレ」、ってぇヤツでもよろしいでしょうか?ならば載ってた本を丸々でこそないものの、切り取ってた(スクラップ)俺が答えましょうか。
削除された回は、ニコ動にもアップロードされてますがね。

「神」の正体は、「人間の集合意識、の『暗黒面』」自体が一個の人格化したもので、多くの人間の「(理不尽な)死・苦しみの理由を求め続けた」精神エネルギーの、「はけ口」とでもいうものでしょうか。

「創られた」シロモノですが、「存在意義に従って活動する」ために、
人間の方でもそれに「振り...続きを読む

Qアニメ ベルセルク

宣伝で、「ベルセルク 映画化」と書いてあって、アニメ版を見てみたくなりました。
そして、そのアニメは今やっているのか分かりません。今やっているのであれば、放送時間も教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ANIMAX(アニマックス)で放送中ですね。
http://www.animax.co.jp/program/NN10000449
放送時間もリンク先で見れます。

視聴するには、こちら↓。
http://www.animax.co.jp/howto

Qベルセルク 深淵の神(2)

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=933730
にもあったようですが内容が書いてあるものがなかったのでどなたか内容を教えて下さい!ネットでも探せなかったので皆さんの記憶だけが頼りだと思います。よろしくです・・・

Aベストアンサー

以前の質問でも答えたモノですが、グリフィスがフェムトに転生する時に神?のような存在と語らうといった内容です。
つまりゴッドハンドよりも上の存在があるということを示したんだと思います。
しかし、ゴッドハンド以上の存在を読者にまだ知らせたくないと作者が思い直したのでカットされたんだと思います。
構想は作者の頭にあるわけですから、いずれゴッドハンドを生み出した神?が漫画でも描かれることになると思います。
それまで地道に待ちましょう。

Qアニメのベルセルク

アニメでベルセルクを観ました。漫画の方は読んだことがありません。
アニメは大変面白く、次のストーリーがどう展開してゆくのかとても気になりドキドキしました。
しかし全部見終わって、ちゃぶ台を返しました。
あれで終わりなんですか。
あれで終了なんですか。
あれで最後なのですか。
続編とか予定はないのですかーっっっっ!

漫画を読まれた方のご意見もお聞きしたいです。
画版下痢音と同じような訳のわからない最後・・・。

Aベストアンサー

みなさんおっしゃられているように、今現在もマンガは連載中です。
白泉社刊ヤングアニマル(隔週金曜発売)にて、連載中です。
http://www.younganimal.com/
ただ一話ごと時間をかけられているので、月一連載状態になっていますね。最近はわかりませんが、以前は独りで細かい部分まで仕上げていたとか。

そしてアニメでは、ガッツとグリフィスが出会って破滅までの青年編がメインで取り上げられています。
マンガでは3~14巻あたりでしたか。ガッツにとっては過去の話であり、今現在も戦いは続いています。
アニメの続編は、NO2さんもおっしゃられていますが、少し難しいでしょうね。内臓飛び散るきわどい描写ですから。

マンガは現行29巻まで出ており、未だ終わる気配ありません。アニメでは登場していない新キャラクターもたくさんいますし、話は混沌としてきています。
機会があればマンガ版も読んでみてください。面白いですよ。

Q白泉社のコミック刊行間隔について

白泉社のコミック刊行間隔について

白泉社のコミック作品を集めているのですが、他社の漫画よりも単行本刊行の間隔(期間)が長い気がします。
他社(例:集英社のコミックス)などと比較しても、厚さ(ページ数)などはさほど変わらないように思うのですが、何か理由があるのでしょうか?

Aベストアンサー

例えば主力であろう「花とゆめ」は月2回刊で
ペースが週刊誌の半分以下だからなのでは。
http://www.hanayume.com/hanayume/now.html
たしか昔でも隔週だったと思いますが、更に遅くなってたのですね。

LaLa も月刊だし。
http://www.hakusensha.co.jp/lala/la1009.html

Qアニメ、ベルセルクのキャスカとのラブシーンの挿入歌の曲名

アニメのベルセルクの21話だったと思います。
キャスカとガッツが初めて結ばれるシーンで、

大樹の前でキスする2人の情景も、とても綺麗で感動しましたが、
その時の音楽もとても綺麗で、忘れられないのですが、
曲名が分かりません・・・

出来れば購入したいので、曲名教えてください。
平沢進さんのFORCESは、すぐに検索して分かりましたが、
この2人のラブシーンの曲名がどうしても分かりません・・・
もしかしたら、CDになってないのでしょうか?

Aベストアンサー

「剣風伝奇 ベルセルク」オリジナルサウンドトラック(VAP)の、
8曲目に収録されている「EARTH」という曲ではないかと思います。
ケルティックのような旋律に、女性のキャストが入っている曲ですよね?
「EARTH」の前半部分が使われていると思いますが。
探してみは?

Q白泉社でデビューしたマンガ家について

白泉社でデビューした「二郷朔美」という名のマンガ家さんを探しています!

7~8年前にデビュー作が「花とゆめ」本誌に載って、その後『家族のゴタゴタ』『暗い人々』というようなタイトルの読みきり作品を増刊号(?)などで描いていると思うのですが・・・。

途中でペンネームを変更したようなのですが、変えた後の名前がわかりません(>_<)

あまり詳しくはないですが、昔読んだその作家さんの描いた漫画がとっても面白かったので、ぜひまた読みたいです☆

白泉社のHPで、「二郷朔美」の作家名で検索しても出てこないので、もし変更後のペンネームでコミックを出していたり、現在活動している雑誌などをどなたかご存知でしたらぜひ教えてください!

Aベストアンサー

「内田渦子」さんへと名前を変更されたようです。

参考URL:http://www.hmx-12.net/nac/gcom/db_mag/db_bhan_2002.html

Qベルセルクの曲について

アニメのベルセルクのOPとEDの歌の名前とアーティスト名を教えて下さい。
OPは、テル ミー ワイでしたっけ?

Aベストアンサー

たびたびこんばんは

「TELL ME WHY」 
の方は、ペンパルズのセカンドアルバム「AMERICAMAN」に、

「Waiting So Long」
の方は、アルバムには入って無いようで、
マキシシングルとして出てます。

一応、「剣風伝奇ベルセルク オリジナルサウンドトラック」
というCDも出ていて、2曲とも収録されてはいるのですが、
TVバージョンなので、短縮されてます。

でわ

Q那須雪絵さんの白泉社以外の本

最近、古本屋で那須雪絵さんの本を買いました。ところが、その本は白泉社からではなく、新書館から出ているものでした。え?あれ??ねぇ、那須雪絵さんって白泉社じゃなかったの???・・・という素朴な疑問が生まれました。しかも買った本もボーイズラブと、内容も、絵柄も白泉社で出した本とはだいぶ違うのですが・・・・。この新書館から出版された本は、本当にあの、那須雪絵さんが著者なんですか?それとも同姓同名の違う作家さんが描かれたものなんですか?
友達にも話したのですが「レベルアップしたんじゃない?」と言われたのですが、未だに納得できません。

どなたか、教えてください。

Aベストアンサー

那州雪絵さんの作品でしたら
参考URLで見ることが出来ます。

#maikoさんへの質問

下記に書いた白泉社のホームページで検索すると
「ボーイズラブ」の著者は金沢有倖さんとなっているのですが、
ひょっとして、那州雪絵さんと金沢有倖さんは同一人物でペンネームが違う?!
すいません、教えて下さい。

参考URL:http://www.hechima.co.jp/~jsakai/room6/sakusya/Y-nasu.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報