日本の報道機関による、スペインの減税の報道がありません。

これは、消費税増税に賛成するマスコミの偏向報道、情報操作だと思うのですが、皆さんはどう思いますか?

(注:消費税増税によって、景気が減速し、税収は減少すると言われています。)
-----
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4 …
スペインは20日、構造改革の一環として税制改革案を発表した。所得税減税を実施するほか、2016年までに大企業に対する法人税を現行の30%から25%に引き下げる。

過去3年に実施した増税・歳出削減などの一連の緊縮財政策から減税へと舵を切り、ようやくプラス成長へと回帰した経済の回復を加速したい考え。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

> 日本の報道機関による、スペインの減税の報道がありません。



そんなニッチな情報の需要なんてどのくらいあるんでしょう?
例えば昨年のオランダの税制改正や中国が現在進めている税制改正にしたって日本の報道機関は扱っていません。
日本と関係の深いアメリカの税制改正もです。

情報操作云々ではなく、日本の主要な報道機関が省庁等の発表を伝える以上の能力を持っていない(伝達時に欠けたり歪んだりするのが欠点)という問題のように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いいえ。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0E9 …
小売業販売額4月反動減大きく、97年上回る落ち込みに

この記事も、大新聞社は扱いが極端に小さく、消費税における偏向報道の可能性が私は高いと思っています。97年とか昔は、マスコミは消費税アップの是非で大騒ぎしていたわけですから、そうした問題提起、感知能力が単に失われたのではなく、不健全な意味で意図的で、政治からの圧力に負けていることがあると思います。

ちなみに、アメリカは多少話題になったような気がしますが、これは高額所得者の「増税」であり、景気がかなり回復してからのはなしで、筋がまったく違いますね。

お礼日時:2014/06/22 02:11

考えてみると、特派員って山ほどいるけど、日本メディアの直接ニュースって無いと思います。



共同通信社からして海外メディアで出ないと配信しないしね。
ま~そんなもんです。
    • good
    • 0

嫌いだから取ってないけど、朝日新聞は掲載しているようだよ?



■スペインが所得税・大手法人税引き下げ案、成長支援へ
http://www.asahi.com/business/reuters/CRBKBN0EV2 …

ま~ロイターの記事まんまだけどww
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。私が調べた辞典ではグーグルニュースで引っかかって来なかったのですが。
よく注意してみていてください。「朝日、日経はとくに消費税賛成なので、こういう記事はすぐ目立たないところに引っ込められる場合が多い」です。

お礼日時:2014/06/21 21:08

これもメディアの魔法で、情報選択でしょうか。

今の時代何処まで効き目があるか、疑問ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。いや、単なる偏向報道で、自分たちに有利だからだと思います。

>今の時代何処まで効き目があるか、疑問ですが。

これなんですが、ここでも、世間でも、国のために消費税は仕方がないというひとが非常に多いので、大問題です。
「消費税増税によって、景気が減速し、税収は減少すると言われています。」というのが、よく分かっていないのでしょう。

以下も参照
---
面白い点は、財務省は、「予算」を通して、「公正取引委員会、国税庁、内閣府」の三つの官庁を完全に、「植民地」にしているという点です。

特に、「植民地」の一つの「公正取引委員会」が、「出版物の再販売価格維持制度」で、出版物の価格を下げないで済むように、独占禁止法の適用外にしている事情から、「マスメディアが財務省を批判できない構造になっている!」と指摘しています。http://www.amazon.co.jp/%E8%B2%A1%E5%8B%99%E7%9C …

財務省の逆襲: 誰のための消費税増税だったのか [単行本] >2014年4月、消費税が5%から8%に引き上げられます。「日本経済は15年に及ぶデフレからようやく脱出しようとしている『病み上がり』の状態であり、ここで増税するのは、経済に悪影響を与える」という反対の声を押し切っての消費税増税です。財務省はなぜ、これほどまで強固な「増税路線」を進めるこ とができたのか。ほとんどのマスコミも経済学者も増税翼賛路線に乗せられているのはなぜなのか。それは、財務省支配が政界やマスコミは言うに及ばず、学界 にまで浸透しているからです。
しかも財務省は、決して財政再建のために消費税を増税したいわけではありません。財務省にとって関心があるのは、ただ「歳出権の拡大」です。財務省は、財政再建にも、日本経済のデフレ脱却にも関心はなく、ただ自分たちの権益を最大化することだけに邁進している集団だと、高橋氏は断言します。

お礼日時:2014/06/21 21:02

ロイター・ジャパンやウォールストリートジャーナル日本語版じゃだめ?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

いや、あの、、、ロイター・ジャパンやウォールストリートジャーナルは外国系報道機関という意味です。(笑い)つまり、3大新聞社、日●経済新聞とかが取り上げていない、ということです。

お礼日時:2014/06/21 20:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q消費税増税前にやること。

既定路線の通り、
出来レースで消費税率が上がることになりました。
あ、まだ確定ではないですけどね。
ただ、どうやら庶民の中にも消費税率が上がることはやむなしと感じてる方も相当数いらっしゃるようですね。
ちょっと思ったんですけどね、
消費増税前にやってみること、あったんじゃありませんかね。
税金の使い道の問題もぶん投げちゃったじゃないですか。
そのうえ、東電に税金投入して国営化してしまうそうですが、
これも問題があるそうですよ。
生活保護の不正受給問題も特段の解決策もないじゃありませんか。
税金垂れ流しのままですよ。
ところで僕が思うのは、
お金が足りないなら消費税じゃなくてほかの所から取れよっていうことなんですよ。
例えば、
たばこ。
たばこ一箱千円なんて話もちょっと前に出てましたが、
結局うやむやのままですね。
今タバコって四百円くらいするんですよね。
安すぎませんか。
街中でくさい煙をまき散らす公害ですよ。
個人の趣味嗜好品で、
くさい煙をまき散らすようなもの、ほかにありますか?
こうやって書くと禁煙ファシズムとか言って反発しますけどね。
たばこ吸いの人たちは、吸いたくない人にも無理やり煙を吸わせてるんだから、
やっぱり負担するべきじゃないんですか。
たばこによる火事だってたくさん起きてるんだから、
やっぱり煙草の必要性より害悪のほうが大きいと思うんですよ。
そういうものからは税金をたんまり取ったほうがいいと思うんです。
生活する上でどうしても何かを消費しなくてはいけないわけですから、
そんなものに重税かけられちゃかないませんよ。
なくてもいいもの、ないほうがいいものに重い税金をかけたほうがよっぽどいいと思うんですけどね。
もう一つは、ギャンブルの勝金の税金。
競馬などの公営競技では大きく勝つと税金取られる仕組みになってるようですけど、
例えばパチンコ。
勝った場合でも無税で金を手にできますね。
法律上はどうなるんでしょうか。
雑所得でしょうか。
本当は税金がかかるんですよね。
ギャンブルの勝った金。
でもほとんどの人が脱税してます。
どうですか。
こういうあぶく銭から重税を取ったら。
まじめに働いてる人が、昼飯買うのに重税かけられて、
朝から並んでギャンブルやるような非生産的な奴らの、
あぶく銭が無税っておかしくないですか。
取れるところから取らずに、
消費税の増税なんかするべきではないと思うのですよ。
あと、宗教法人に対するきちんとした課税も必要だと思います。

既定路線の通り、
出来レースで消費税率が上がることになりました。
あ、まだ確定ではないですけどね。
ただ、どうやら庶民の中にも消費税率が上がることはやむなしと感じてる方も相当数いらっしゃるようですね。
ちょっと思ったんですけどね、
消費増税前にやってみること、あったんじゃありませんかね。
税金の使い道の問題もぶん投げちゃったじゃないですか。
そのうえ、東電に税金投入して国営化してしまうそうですが、
これも問題があるそうですよ。
生活保護の不正受給問題も特段の解決策もないじゃありませ...続きを読む

Aベストアンサー

ギャンブルや趣向品から取ればいいという意見なんでしょうが、法人税を払っていない大企業からきちんと払ってもらえるよう制度改革をしたほうがいい。

簡単に言うと、今の法人税は赤字になったら支払わなくていいことになっています。

大企業と言われているところの7割は法人税を払っていません。
利益に対して課税しているからそうなるのですが、売上に対して課税するようにすれば法人税収入は今の数倍になるはずです。
で、節税対策として連結決算とか色々とセコいことをやっているんですよ。


そして個人的希望ですが、国家公務員の人件費を税収から固定割合で按分するというのもやってほしいと思います。
民間企業では、売上がなければ給料が出ないことも普通なのに、公務員は税収が減っても給料が減ることはありませんからね。
政治家も「身を切る」と言いながら自己保身だけはきっちりやってますよね。議員定数削減も当初予定の半分。天下り撲滅も有名無実で、警察関連で過去最大規模の天下り先を作ってしまいましたしね。

事業仕分けで廃止になった事業がいくつあるのか。廃止になったとしても特別会計で予算だけはしっかり確保しているかもしれない。
そういう詐欺のようなことを許さないチェック機能と権限を持った組織が必要だと思うんてすけど、そういうのを官僚は絶対に許さない。



つまり、霞が関や永田町の内部改革を実行すれば増税なんてしなくてもいいかもしれないんです。
増税が必要とまくし立てているのは、国家財政を資金源にして権力ゲームを続けていたい官僚たちなんです。
政治家はその尻馬にのっているだけ。
今回の消費税増税は、財務省が他の省庁に対しての権限を拡大するための壮大な謀略の一つ。
この増税が実現したら、増えた税収を元に天下りの斡旋とか他省庁に好き勝手させないようにするための布石です。
国民のことなんてこれっぽっちも考えていないのが実情。政治家は国民のためとか行っていますが、これはカモフラージュ。官僚が用意した原稿を読み上げているだけ。政治家というのは実務知識とか学歴なんてなくてもやっていけるんです。
官僚の操り人形なんですからね。
操ることが出来ない政治家はスキャンダルなどをネタに更迭に追い込まれてしまいます。

官僚は政治家を操って、自分たちに都合のいいように法律をどんどん改悪しています。
そういう人達を排除しない限り税金はいくらあっても足りません。

ギャンブルや趣向品から取ればいいという意見なんでしょうが、法人税を払っていない大企業からきちんと払ってもらえるよう制度改革をしたほうがいい。

簡単に言うと、今の法人税は赤字になったら支払わなくていいことになっています。

大企業と言われているところの7割は法人税を払っていません。
利益に対して課税しているからそうなるのですが、売上に対して課税するようにすれば法人税収入は今の数倍になるはずです。
で、節税対策として連結決算とか色々とセコいことをやっているんですよ。


そして個人的...続きを読む

Q消費税増税について

毎年社会保障費が増え、その財源に消費税を増税してまかなおうという議論があります。
財源を確保するには消費税を増税しなければいけないのでしょうか?他に財源を確保するための手段はないのでしょうか?
悩んでいます。教えていただきたいです。

Aベストアンサー

消費税増税問題は悩ましいことですよね。選挙も近いことですし…
>毎年社会保障費が増え、その財源に消費税を増税してまかなおうという議論があります。
社会保障の費用と負担に関しては以下のURLで大まかなことがわかりましたが…
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BF%9D%E9%9A%9C#.E7.A4.BE.E4.BC.9A.E4.BF.9D.E9.9A.9C.E3.81.AE.E5.9B.BD.E9.9A.9B.E6.AF.94.E8.BC.83.E3.83.BB.E5.88.86.E9.A1.9E
>財源を確保するには消費税を増税しなければいけないのでしょうか?
経済成長を実現して国民や企業が社会保障費を上回る所得税、法人税を納税すれば、増税の議論もおこらないように思います。でも、現実は逆なので落としどころとしては消費税増税は有力のようですね。ちなみに1989年までは消費税のかわりに物品税(宝石、毛皮、電機製品、乗用車などに課税)というのがありましたが執行困難であったそうです。

>他に財源を確保するための手段はないのでしょうか?
いろいろあると思いますけど…特定の税控除を廃止したり、優遇税制を廃止したり、歳出を削減したり…と。実際に議論も実行もされておりますが、それなりに(削られたところでは節約することになり、経済活動が収縮するなど)二次的な影響もあるようです。あと、社会保障料負担を増やすという財源確保の方法は人気がないみたいですけど…北欧諸国ではやっているようです。
>悩んでいます。教えていただきたいです。
あんまり悩まないで健康に留意なさって将来できるだけ社会福祉のお世話にならないように(つまり社会保障費抑制効果あり)心がけるという財源確保の手段もありだと思います。

消費税増税問題は悩ましいことですよね。選挙も近いことですし…
>毎年社会保障費が増え、その財源に消費税を増税してまかなおうという議論があります。
社会保障の費用と負担に関しては以下のURLで大まかなことがわかりましたが…
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BF%9D%E9%9A%9C#.E7.A4.BE.E4.BC.9A.E4.BF.9D.E9.9A.9C.E3.81.AE.E5.9B.BD.E9.9A.9B.E6.AF.94.E8.BC.83.E3.83.BB.E5.88.86.E9.A1.9E
>財源を確保するには消費税を増税しなければいけないのでしょうか?
経済成長を実現して...続きを読む

Qそれでも消費税増税ですか!?

年収500万円家族父母、子供2人小・中学生の4人家族の例
子供手当て減額3,000×2×12=72,000円負担増
扶養控除なくなり⇒所得税39,700円負担増
住民税66,000円負担増
さらに「復興増税」として所得税と住民税3,119円負担増
10月からは環境税が新しく徴収される。
社会保障の改革がされなかったため、厚生年金保険料が
0.177%ずつ引き上げされる=毎年8,000~10,000円負担増
東京電力が8月から電気料金値上げ=1,300円負担増
ここまででざっと年間20万円負担増です!

ところが収入の方はここ10年で50万円は減ってきている。
(国税庁の平均給与の数字)
こんな時に消費税5%から10%になると16万円の負担増
(総務省の家計の消費額より)

このような試算がなされてますが・・・このような状況では
ますますデフレが続き、「消費税倒産」などが増えるのでは?
結局夏のボーナスも貯金しかないのでは?
(一部の車の買い替え・エコカー減税による需要は除きますが)

Aベストアンサー

 基本的にわたしは今回の消費税の増税は仕方ないと賛成しています。しかし、これはまさに「仕方ない」のであって、消費税の増税はまちがいなく質問者様の懸念が現実化するでしょう。

 消費税の最大の問題はその逆進性で、年収400万円の世帯では消費に収入の80%をあてている(あてざるをえない)のですから、負担する消費税は収入の4%にあたります。それに対して、年収1000万円の世帯では3%にしかなりません。これで「公平な税制」は片腹痛いというものです。
 おまけに、質問者様の言うとおりこの10年で年収はおよそ10%減ったのですから、消費税を5%上げるということは10年前と比べて15%の増税になります。これで影響がないわけないですね。
 にもかかわらず、税収を確保する実現可能な手段が消費税しかないのなら、目下の状況では致し方ないでしょう。しかし、税収を確保する手段は本来これしかないわけではありません。

 バブル崩壊前、まだ消費税がなかったころと比べると、日本のGDPはおよそ25%増加しましたが、税収は逆に25%も減少しています。「不景気だから」はそのとおりなのですが、年収5000万円以上の世帯が3倍以上に増えているとか、企業の内部留保は250兆円に達している、などの話を聞くと、どこが「不景気」なのかと言いたくなります。
 これはただの偶然ではなく、まさしく日本がこの四半世紀資産家や大企業を対象とした減税と、中低所得者に対する増税をくり返してきた結果でもあります。
 金持ち天国のようにいわれるアメリカと比べてさえ、わが国の高額所得者の実際の負担率は下まわっています。また、わが国の法人税は高いといわれますが、社会保険料と各種の優遇措置を加味すると、実際の負担率は先進国の中でも低いと指摘されています。
 わたしは努力した人、天分に恵まれた人が人より高い報酬を得ることは当然と考えますが、物には限度があります。

 P.クルーグマンをはじめ多くの論者が分析するとおり、累進課税を強化すると所得の再分配が進み、国内市場が活性化し、結果的に国全体の経済活動が盛んになると考えます。貿易立国といわれる日本ですが、貿易がGDPに占める割合は10%にすぎず、日本企業にとって最大の取引先は日本の国内市場です。そして、この市場はいまなお世界第三位の規模を誇っています。
 ならば、ほんとうは消費税を上げてさらに国内市場を冷えこませることは自殺行為にしかなりません。資産家や企業にとってもいいことはないはずです。いまやらなければならないことはお金持ちをもっとお金持ちにすることではなく、日本が豊かになる方法でしょう。

 かく考える者からすると、いまやらなければならないことは租税制度をバブル期に戻すこと(消費税は据えおいたまま)だとなります。これで税収を確保したら、社会保障の充実、なかでも少子化対策、若年世帯への支援にとり組んでほしいです。わたしは現在のデフレの最大の原因が旺盛な消費活動を行なう生産年齢人口の減少にあると考えますので、国の未来をにらんでもこれは死活問題と判断します。
 昨今では、1億円以上の資産を持つ人に1~2%程度の富裕税を課そうという主張もあります。わずか1%でも20兆円の税収になるそうですから、消費税を上げているよりじつは効果的だといわれています。

 ただ、こういう政策を求めると、「それは社会主義だ」と言いだす人がいるものですが、はっきりいって「○○主義」はこの際どうでもいいです。日本経済が立ち直るなら、なんだって良いでしょう。こういう人たちはバブル期の日本が社会主義だったとでも言うのでしょうか。

 基本的にわたしは今回の消費税の増税は仕方ないと賛成しています。しかし、これはまさに「仕方ない」のであって、消費税の増税はまちがいなく質問者様の懸念が現実化するでしょう。

 消費税の最大の問題はその逆進性で、年収400万円の世帯では消費に収入の80%をあてている(あてざるをえない)のですから、負担する消費税は収入の4%にあたります。それに対して、年収1000万円の世帯では3%にしかなりません。これで「公平な税制」は片腹痛いというものです。
 おまけに、質問者様の言うとおりこの10年で年...続きを読む

Q消費税増税据置で景気回復するのか?

選挙後のイフの世界で更に踏み込んで5%に減税しても「回復の実感が無い」という方々は減らない気がしてます。
また公共事業という注射打つのでしょうか? そもそもケインズなんちゃらを唱える方々からの論法からすると700億近くかかる選挙費用も穴掘って埋めるだけと同義ではないのでしょうか?
印刷屋が儲かるとか・・

空洞化が戻らないのだから「総中流」という夢は再現されないわけで高所得者のおこぼれが落ちていくのを待たせるより年収150万で食えるように施す方向に注力してはいかがかと思います、軽減税率の導入など最悪の方向を検討しているとの報道がされてまた白アリの食い扶持確保かと呆れています。

既に増税論者を公認しないような恣意的報道がされていますが選挙後の景気について教えてください。

Aベストアンサー

今の状況で10%にするのは難しかろうと思いますね。もし予定通りに10%にするのが決まったら、来年1月か2月あたりのタイミングで株価が下がる可能性があります。そうなってしまうと、その株価が低迷して景気が悪い感のまま消費税が値上げで一気に景気に冷水がかけられ、会社やお店の各種支払いも全部上がるわけですから、それに耐えられない会社やお店が続出して「増税不況」になるという最悪のシナリオが現実化する可能性が出てきます。しかも日銀は「さらなる金融緩和」というジョーカーを切った後ですから、もう打つ手がなくなってしまいます。

しかしかといって5%に戻すのも反対ですねー。また値札をぜんぶ直さないといけないじゃないですか。さらにそれをまた10%にいつ増税するのかが難しくなります。結局「5%論」は小手先にしかすぎないのは明らかです。
そんな「小手先の戦術」が堂々と語られているというのは逆に「これといった妙案が思い浮かばない」ことの証左だと思います。

思えばデフレ不況の真っただ中にいたときに、盛んに「とにかくお金を刷りまくれ」と主張する人たちがいました。お金を刷りまくれば強引でもインフレになるからです。
そんで、結局そうしたわけですけど、結局それは解決には全くなってなかったわけです。とりあえずデフレスパイラルは止まったという点では評価できるとは思いますけどね。
質問者さんも年収150万円で食えるように施すというけれど、じゃあそれはどういう政策をするか、となるとちょいと妙案は浮かばないのではないでしょうか。あるとしたら、医療費などの自己負担率を減らす代わりに所得税などをがっぽり取ることくらいですかね。手取りを減らして、社会保障を増やす。社会主義政策ですね・笑。個人的に嫌いではないですが、時代にはそぐわないでしょう。

ま、外交をここまでこじらせてしまったのもあるし、結局安倍首相がやりたかったのはアベノミクスの実現じゃなくて、集団的自衛権がなんたらかんたらだったわけですから、首はすげ替えたほうがいいと思いますけどね。
対中、対韓関係をこじらせただけならまだしも、対米関係だって冷やしちゃったんだからあのお坊ちゃんもどうしようもない。挙句に北朝鮮にいいように翻弄されるんですから。家族が拉致されなければ単なる田舎のおじちゃんおばちゃんで終わっていた家族会の人たちのほうが見抜いていたのは苦笑せざるをえないですね。
ただ、かといって誰が相応しいのかといわれても思い浮かばない辺りがこの国の八方塞がりっぷりを現しているのかもしれません。

今の状況で10%にするのは難しかろうと思いますね。もし予定通りに10%にするのが決まったら、来年1月か2月あたりのタイミングで株価が下がる可能性があります。そうなってしまうと、その株価が低迷して景気が悪い感のまま消費税が値上げで一気に景気に冷水がかけられ、会社やお店の各種支払いも全部上がるわけですから、それに耐えられない会社やお店が続出して「増税不況」になるという最悪のシナリオが現実化する可能性が出てきます。しかも日銀は「さらなる金融緩和」というジョーカーを切った後ですから、も...続きを読む

Q家電量販店は、消費税増税の前に価格を釣り上げてませ

家電量販店は、消費税増税の前に価格を釣り上げてませんか?

HPのプリンターが4000円代だったクラスのものが6000円代になってるんですけど・・・・ どういうことですか?

増税前に価格変更ってセコくないですか?増税前に安く買おうと思ったら、増税前に値上げしてるとか意味不明なんですけど!!!

Aベストアンサー

> 4000円代だったクラスのものが6000円代になってるんですけど・・・・ どういうことですか?

社会科(経済)の授業でならいませんでしたか?需要と供給、一時的にせよ、みんなが買い替えにはしれば、値段は上がる、みなが見向きもしなければ、値段は下がる。


> 増税前に安く買おうと思った

あなたの経済予測がはずれただけ。増税後にみなが買いにいかなくなれば、値段は下がる、という予測をしてみましょう。まあ、4月はまだ需要があり、ゴールデンウィーク明けでしょうかね、値崩れするのは。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報