アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

新人賞の表紙にいくつか各項目があって
メールアドレスの事がよく分からないのです

メールアドレスというのはパソコンのアドレスなのでしょうか
パソコンのメールはほとんど使いませんし、不慣れです

もし連絡があっても気付かないという可能性もあります

それであるなら携帯のアドレスの方が私としては助かるのですが
パソコンのアドレスであるのに携帯だと勘違いしたくないので

どちらであるか教えてほしいです

又、第○回新人賞と最初に表記しますが
それは黒字で印刷する、で間違いないでしょうか

赤字で印刷することもあるようなのでその事も教えてほしいです

よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

小説の新人賞だから、ということでなく一般的な解釈ですが、



ただ「メールアドレス」とあったら、やはりPC用が基本だと思います。

でも何かシステム的な制限があるときは、「携帯アドレスは避けてください」とか、「パソコンからメールをお送りするので携帯アドレスの方は受信できるよう設定をしてください」など、注釈があるのが一般的ですから、特にないんだったら、携帯アドレスでも良いのかもしれません。

小説を書きたいんだったら、今時はパソコンでのメールのやり取りにも慣れておいたほうが良いですけどね。必要になってから覚えるのでも間に合いますが。

パソコンからのメールの受信
たとえばドコモの場合。
https://www.nttdocomo.co.jp/info/spam_mail/measu …
iPhoneの場合(au、ソフトバンクなど)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …


>又、第○回新人賞と最初に表記しますが
それは黒字で印刷する、で間違いないでしょうか

赤字でと指定がないなら普通に黒字で良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やりとりに慣れておくというのには同意です
これからもいくつか出すつもりですし

パソコンのアドレスにし、黒字で印刷することにしました
回答してくださってありがとう御座います

お礼日時:2014/06/25 08:41

ぼくなら、単にメールアドレスと書いてあるときは、パソコン用と解釈します。



携帯への新着通知ができるフリーメールを取得して、それを記入する方法もあります。Yahooメールとエキサイトメールにその機能があります。


「第○回新人賞」の記入は、募集要項に何とかいてあるのでしょうか? 単に記入せよと書いてあるのなら、黒で構わないと思います。そもそも必要事項に入っていないのなら、書かなくても差し支えないような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドレスはPCのを書きました

記入は書くことにして黒字で印刷する事としました

ご回答、ありがとう御座います

お礼日時:2014/06/25 08:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小説原稿の冒頭に……

小説を応募したいのですが、
学校の作文みたいに本文原稿の一行目にタイトル・名前をつけるべきか、
別に表紙を作ってタイトル・名前を書くべきか、どちらのほうが一般的ですか?
(それについての記述は応募要項にはありませんでしたので)

また、そういうのがわかりやすく書かれている本があれば
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本文にタイトル・ペンネームがいりますし、表紙にもタイトル・ペンネームがいります。
表紙をつけるから、本文原稿にタイトル・ペンネームがいらないというものではありません。
#1さんの書かれているのは、小説を書き上げてからの作業ということになります。

小説の書き方
http://www.osaka-c.ed.jp/matsubara/KADAI/28KI/Kadair14.htm
作家でごはん!執筆の基礎
http://sakka.org/lesson/
小説の書き方講座
http://www.feel-stylia.com/rc/creative/

上記サイトを見ていただくと判るように、本文原稿を書くにもルールがあります。
1行あけて、2行目に上から3マスあけてタイトルを書き、次の行に下1~3マスあくように名前(ここはペンネームで良い)を入れ、数行(だいたい3行くらい)あけて1マス下げて本文を書き始める。
というのが、小説を書き始める1枚目の正しい原稿用紙の使い方になります。
書き上がったら、表紙とあらすじを書き、表紙には、タイトルと本名とペンネームに出版社の応募要項に書くように指示されているもの(略歴など)を書かなくてはなりません。
そして、表紙・あらすじ・本文原稿を綴じて応募となります。
上記サイトで、大体のことが判るかと思いますが、サイト上に参考文献なども紹介されていますので、それを入手して読むのも良いかもしれません。

蛇足として、女の子向けライトノベル雑誌のコバルトにて、昔、原稿用紙での小説の書き方講座の特集があった時は、
1行あけて2行目を上から5マス目からタイトル。1行あけて、4行目に下1マスあくように名前を入れ、3行あけて8行目に上1マスあけて本文を書き出す。
という解説をしていたことがありましたが、ちょっとイレギュラーな感じなので、あくまでも参考に。

本文にタイトル・ペンネームがいりますし、表紙にもタイトル・ペンネームがいります。
表紙をつけるから、本文原稿にタイトル・ペンネームがいらないというものではありません。
#1さんの書かれているのは、小説を書き上げてからの作業ということになります。

小説の書き方
http://www.osaka-c.ed.jp/matsubara/KADAI/28KI/Kadair14.htm
作家でごはん!執筆の基礎
http://sakka.org/lesson/
小説の書き方講座
http://www.feel-stylia.com/rc/creative/

上記サイトを見ていただくと判るように、本文...続きを読む

Q400字詰め原稿用紙換算とページ設定について

小説の公募に応募しようと考えているのですが、400字詰め原稿用紙換算というのがよくわからないでいます。
今までは、単純に書いた文字数(余白は含まない)を400で割っていたのですが、どうもそうではないらしい・・・?ということに気づき、今頃になって慌てています。

400字詰め原稿用紙換算というのは、ワードだと、行数・文字数を「20、20」に設定して、そのとき何ページにわたって書かれているか、という枚数を言うのでしょうか?
そうなると、余白分も文字数としてカウントされている、という状態になるかと思うのですが、その考え方であってますか?
それとももっとややこしい計算をして換算するのでしょうか?

また、応募原稿を郵送するときは、読みやすい設定に直して印刷してしまってもよいものでしょうか?
「20、20」の設定だと読みにくい表示になってしまうのですが・・・。

それと、ワードのページ設定を開くと、「文字数と行数の指定」というところに、「行数と文字数を指定する」「原稿用紙の設定にする」があると思うんですが、どちらを選択した方がよいのでしょうか?
やはり原稿用紙の設定にした方がいいのかとも思うのですが、この二つの違いがよくわからないため不安です。

いろいろと質問してしまいましたが、教えていただけるとありがたく思います。

小説の公募に応募しようと考えているのですが、400字詰め原稿用紙換算というのがよくわからないでいます。
今までは、単純に書いた文字数(余白は含まない)を400で割っていたのですが、どうもそうではないらしい・・・?ということに気づき、今頃になって慌てています。

400字詰め原稿用紙換算というのは、ワードだと、行数・文字数を「20、20」に設定して、そのとき何ページにわたって書かれているか、という枚数を言うのでしょうか?
そうなると、余白分も文字数としてカウントされている、という状態にな...続きを読む

Aベストアンサー

400字詰め原稿用紙換算というのは例えば「400字詰め原稿用紙10枚程度」として説明しますが、単純に400×10=4000文字と考えればいいようですが、実際に原稿用紙に書き込まれる分にはそれ以上も以下もありません。

が、これだけワープロなどが普及した現代では「換算」としないと書き込める条件に個人差=不平等が生じかねないのです。

実際に以下のことを実験としてやってみて下さい。
どこでも文字が沢山あるサイトからでも多量の文字をカット→貼り付けでワープロ画面に取り込んでください。
それを文字数、行数とも20文字×20行とした場合のページ数がちょうど10ページ最終行で終わる文章であったとして、今度はその文字列を40文字×10行に切り替えてみてください。同じく最終行で終わりましたか?

両者とも一枚400文字の用紙に書かれたものでありながら、結果は違ってくるはずです。何が起きたのかと言いますと、「。」句読点のあとは改行する小説等の文章スタイルの場合、その句読点のあとに残る空きマスの数が原稿スタイルによって違ってくるからなのです。

つまり文字数、行数の設定によっては沢山の文字数を書き込めもすれば、逆に少なくしか書き込めない場合もあり得るのです。
先の説明は4000文字程度のわずかな文字数での実験ですが、これが原稿用紙何十枚、何百枚という量でとなりますと設定次第では原稿用紙10数枚の違いとなって出てもおかしくはないでしょう。
極端な話が、1文字×400行を10枚なんて文章を書けば句読点であろうが1文字以上の空白行は一切発生せず、目一杯4000文字の文章を書き上げることが出来るわけです。
ワープロですと小さな文字で見栄え良くかける分、1行の文字数も多く設定できますよね?となると句読点以降の空きマスも多くなりがちとなります。

そこで公募、コンテストなど一定の条件の下で競い合っていただく場合、その辺の不平等感をなくすために、どんな設定で書こうとも総量として「400字詰め原稿用紙換算で何枚程度」とするのだと思います。

ましていずれプロの執筆家となられた際には、お仕事の出版社からは具体的に一冊の書籍や雑誌の中の「○ページ分」が今回の依頼、なんて場面も多々あるのだと思います。
ある程度の求められる文字総量を意識した執筆も求められるのではありませんか?

400字詰め原稿用紙換算というのは例えば「400字詰め原稿用紙10枚程度」として説明しますが、単純に400×10=4000文字と考えればいいようですが、実際に原稿用紙に書き込まれる分にはそれ以上も以下もありません。

が、これだけワープロなどが普及した現代では「換算」としないと書き込める条件に個人差=不平等が生じかねないのです。

実際に以下のことを実験としてやってみて下さい。
どこでも文字が沢山あるサイトからでも多量の文字をカット→貼り付けでワープロ画面に取り込んでください。
それを文字...続きを読む

Qレターパック 小説 郵送

レターパックで新人賞に小説を応募します。

封筒であれば赤字で
小説応募原稿在中
と書くのでしょうが
レターパックにも中身の名称を書くところがあるので、そこに赤字で書くべきでしょうか?
それとも普通に黒字の方が良いでしょうか?

アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

赤でも黒でもどちらでも構いません

Q400字詰め換算枚数とは?

文学賞などに小説を応募する際の質問です。
多くの賞の応募規定に「ワープロ原稿は400字詰め原稿換算枚数を明記」とあるのですが、この正確な意味とは何でしょうか?

質問集を検索してみたところ、http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1722848.html
が最も私の質問の答えに近かったのですが、ここでも最終的に意見が分かれています。
つまり
(1)ワープロで20×20字の書式で書いたときの枚数(この場合、改行したときの空白スペースも原稿量に含まれます)
それとも
(2)ワードの機能の「文字カウント」などを使って算出した総文字数を400で割ったもの(例えば90,000文字なら225枚)なのか。
どちらが正しいのでしょうか。
文学賞によって違うのでしょうか。

他のサイトを見てみると(2)の方法は「タブー」との回答もありましたが、正確なところがわかりません。(ちなみに私はこれまでずっと(2)の方法をとってきました)
どうか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

既に回答が出ていますが。
(1)の方法で計算するのが正しいと思います。

その理由としては、応募規定に、
「ワープロ原稿は400字詰め原稿換算枚数を明記」
とあることからも分かると思います。
わざわざ、「原稿用紙に書いた場合の枚数に換算して、その枚数を書け」と言っているわけですから。
先の回答にもありますが、単なる文字の羅列ではなく、空白も含めての作品ですから、原稿用紙の枚数に換算せよということになるのだと思います。

(2)の方式、つまり何文字書いたかを問題にするのであれば、「文字カウントによって算出された総文字数を明記せよ」という規定になっているはずです。

Q新人賞のあらすじはオチまで書かなければいけない?

小説の新人賞(小説すばる新人賞、小説現代長編新人賞など)に応募しようと考えています。

応募要項には、原稿用紙数枚のあらすじ(梗概)をつけるように書かれています。

私はミステリー (推理小説)で挑戦しようと思っており、作品のラストシーンで、犯人の正体、トリックのネタばらし、どんでん返しの結末などを用意しているのですが、これらも全部あらすじに書かなければいけないのでしょうか。

できれば、審査員の方にも、あらすじでなく小説として読みながら、その意外性や驚きを体感して欲しいと思っているのですが・・・。

あるいは内容を具体的な正体でなく、「~という事で犯人が暴かれる」といったようにぼかして書くのは、ダメなのでしょうか。

よろしく、お願いします。

Aベストアンサー

しっかりと犯人の名前まで明記してください。
そうしないと損だと思います。

まず、新人賞を応募する側は1つの賞に1編程度でしょうが、審査する側は一人で数十もの応募作を読むことになります。すると、読み方そのものが、普通の読者のそれとは異ならざるを得ません。
こういっては何ですが、新人賞に送られてくる作品の多くは、文章力がダメとか、まともに伏線の処理すら出来ていない、とか、そういうものです。1次選考なんていうのは、そういう段階でふるいにかけられます。そのときに、ネタバレまで含んだあらすじが利用されるわけです。
ミステリー小説であれば、あらすじを読み、こことここが犯人特定のヒントになっている、と言うのを知り、犯人が誰なのか、トリックがどうなのかを知ります。そして、それを知った上で実際に読んで、応募した人が書いたヒント部分がしっかりと伏線として機能しているのかどうか、とか、そういうのを確認します。小説としての味わい、などについては、最終選考などになってから、です。そして、最終選考に関しては、その出版社の編集者などではなく、外部の小説家とか、評論家などに一任ということになります。
もし、オチとか、そういう部分がかかれていなかった場合、審査する側の心象は非常に悪くなります。最悪、そういうことすらかけない奴は面倒くさいから落選、で済まされる危険性すらあります(1次選考くらいですと、一人の審査員の独断で決められることも多いです)

せっかく書いたのに、まともに読んですらもらえずに落選。
そういうリスクを回避するためにも、ネタバレ込みで書くことをお勧めします。

しっかりと犯人の名前まで明記してください。
そうしないと損だと思います。

まず、新人賞を応募する側は1つの賞に1編程度でしょうが、審査する側は一人で数十もの応募作を読むことになります。すると、読み方そのものが、普通の読者のそれとは異ならざるを得ません。
こういっては何ですが、新人賞に送られてくる作品の多くは、文章力がダメとか、まともに伏線の処理すら出来ていない、とか、そういうものです。1次選考なんていうのは、そういう段階でふるいにかけられます。そのときに、ネタバレまで含んだ...続きを読む

Q文学賞応募時の経歴とは・・・?

文学賞応募の際、応募要綱に
「簡単な経歴を記入」というようなことが書かれていますが
この、簡単な経歴とは今までの受賞歴、のような意味でしょうか?

ご存知の方、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今月の公募ガイドに文学賞応募時の見本みたいなのが載っていたのですが、経歴とは

1.生年月日と出身地(現在の年齢)
2.最終学歴
3.(あれば)受賞歴

でした。

Q現代詩を投稿できる本、賞を教えてください。

メルヘンチックな詩ではなく、恋愛や生活する中の目線で感じた事を
現代詩として書いています。他ジャンルで文屋をやっているのですが、
転向をまじめに考えている者です。
公募ガイドは購読していましたが、あんまり現代詩を投稿できる賞が
掲載されないので(俳句や川柳が多い)もっといろんな賞等の場を
知りたいと思っています。現代詩が投稿できる専門の本や出版社が
やっている賞などについて教えて下さい。職業柄、周りに投稿や
賞への応募をしていることを知られたくないのでこちらに質問しました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「公募ガイド」はご覧になっているとのことで,参考 URL のウェブサイト「登竜門」はご覧になっていますでしょうか。「公募ガイド」にない公募も多数掲載されています(ジャンルによっては公募ガイドより多いものもあります)。

参考URL:http://compe.japandesign.ne.jp/

Q新人賞のワープロ原稿について

私は今回初めて新人賞に投稿しようと思うのですが、その際のワープロでの原稿体裁のスタイル設定法がよく分かりません。

投稿を考えている賞の応募規定には「400字詰め換算枚数明記」とのことなので、「20字×20字」のフォーマットで印字すればよいのか、とも思うのですが、なにせ新人賞の応募はこれが初めてで周囲にそういったことに詳しい人もおりません。


とにかくワープロ原稿の応募方法やスタイル設定法が理解できないのでご存じの方はぜひ詳しくお聞かせください。お願いします。

Aベストアンサー

応募規定に指定がない場合は20×20ではすきすきになって読みづらい場合が多いので、やめておいたほうがいいかと思います。40×30、30×40などが一般的です(なお、原稿用紙への印字は非常に読みづらいため厳禁ですよ)
下記に、「下読みの鉄人」という、作家志望はほとんどの方が読んでいるというサイトを紹介しておきます。(下読みとは、新人賞の1次選考を担当する方々です)
一読してみては?

http://www.sky.sannet.ne.jp/shitayomi/

Q新人賞に応募する際の原稿用紙の綴じ方について

今回新人賞に応募しようと思っています。

応募する賞は文学界新人賞です。

募集要項に、
必ず右肩を綴じること
とありますが、どういった綴じ方をすればよいのでしょうか。

(1)右上をパンチで穴を開け、穴に紐を入れ結んで。
(2)右上をパンチで穴を開け、穴に紐に丸い金属のようなものを入れ綴じる。
(3)その他の方法

どういった方法がよろしいでしょうか。
教えていただけると助かります。

また、話が変わりますが、文学界新人賞の枚数は、
100枚程度とありますが、120枚でも大丈夫でしょうか。


教えていただけると助かります。

宜しくお願いします

Aベストアンサー

原稿の閉じ方は下記のページを参考にしてください。

草一屋 執筆支援室「原稿の綴じ方」
http://homepage3.nifty.com/sou1ya/guide/b006_tojikata.htm


文學界新人賞に応募する作品の枚数は、120枚でも何ら問題はありません。過去の受賞作でも、120枚を超えているものがあるぐらいです。規定枚数は「100枚程度」という曖昧なものです。100枚ちょうどの作品を求められているわけでありませんから、無理に20枚削ろうとしないでください。

Qあらすじ(梗概)の書き方について

自分で書いた小説を応募したいのですが、あらすじ(梗概)の書き方で悩んでいます。経験のある方、詳しい方に教えていただきたいです。

ネットで色々なページを拝見すると「本文で書いていないことは書いてはいけない」とありました。これはどれくらい厳密なものなのでしょうか?次の[1],[2],[3]はダメなのでしょうか?

[1]本文で間接的に説明している行動を、直接的な言葉に置き換えて説明
Ex)太郎が花子に厳しい言葉を浴びせると、花子は肩を震わせ部屋を飛び出した。そして戻って来た時には、目を赤く腫らしていた。⇒これを「太郎は花子を泣かせた」と、本文で「泣いた」と一言も出てきていないのに梗概で書くのはダメなのでしょうか?

[2]後で分かることを最初に書いてしまう
Ex)高所恐怖症の主人公が、色々な経験を通して、最後には高所恐怖症を克服する物語だったとします。本文では、主人公の登場シーンで高所恐怖症であることは触れられていません。中盤で初めて説明されます。⇒これを「高所恐怖症の主人公が……」というように最初に書いてしまっても構わないのでしょうか?

難しく考えず、ストーリーがわかりやすくまとめられていれば良いのかとも思いますが、ルールがあるのであれば、守りたいと思っています。

自分で書いた小説を応募したいのですが、あらすじ(梗概)の書き方で悩んでいます。経験のある方、詳しい方に教えていただきたいです。

ネットで色々なページを拝見すると「本文で書いていないことは書いてはいけない」とありました。これはどれくらい厳密なものなのでしょうか?次の[1],[2],[3]はダメなのでしょうか?

[1]本文で間接的に説明している行動を、直接的な言葉に置き換えて説明
Ex)太郎が花子に厳しい言葉を浴びせると、花子は肩を震わせ部屋を飛び出した。そして戻って来た時には、目を赤く腫...続きを読む

Aベストアンサー

別に、中身を正確に要約することよりも、「中身を全部読んでみたくなる」ように書いた方がよいのではありませんか?
一種の「キャッチコピー」と考えればよろしいのでは? 

作者であるあなたには、原文をどのように取り扱い加工する権利(二次著作権)も確保されているのですから。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報