質問欄は文字数が限られており意図が伝わらないので再度説明させていただきます。

予測していたことに反した事態を生む、という意味に近い言葉として「裏切り」という言葉があると思います。予測していたことが裏切られることで予期せぬ事態が起きると言った具合です。

ここで「裏切り」はネガティブなものを生み出したり、良くないイメージを与える言葉ですが、
逆に「意に反して突然幸福に出会う」もしくは「予期せぬ幸福を生み出す」といった意味にあたる言葉はありませんか?

自分が調べた限りだと、「僥倖(思いがけない幸い)」といった言葉がありました。しかしこれは、名詞となっておりできれば動詞のものを探しております。
それか「裏切り」のように、名詞から「裏切る」といった動詞に変形できる言葉が好ましいです。

予測していた物がいい方向に裏切られる、そういった言葉はないでしょうか?
何卒ご回答ほほうよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

すでに学会などで決まった「専門用語」があるのなら別ですが。


論文だったら、既存の言葉に拘ることもないようにも思います。
下手に選ぶと、誤解のもとになるのでは。
今回「裏切り」を例にしたことで、あなたの求める回答から遠ざかってしまったように。
    • good
    • 0

耳慣れない表現ではありますが、「僥倖する」という動詞もあるようですね。


必ずしも名詞と限ったわけでもないようです。
下記辞書では、
「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉
という例文が挙がっています。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/56207/m1u/% …
  
  
    • good
    • 0

 この質問のしかたでは、わかりにくい面もありますが。


 ことわざ的なものなら「瓢箪から駒」だと思います。
 予想を「裏切る」という意味を加味するのはむずかしいような……。
 ほかのかたとのやり取りを拝見するに、「偶然の産物」あたりではいかかでしょうか。
 おそらく「裏切る」という言葉がマズいのでは。「裏切る」といってしまうと、誰か故意にすることででしょう。
 ご質問の場合は、「裏切る」と言うより「想定外の好結果」ではないかと。
 もう少しヒントをいただけませんか。


 以下はやや蛇足。
 近年「いい意味で予想を裏切る」なんて言い方も流行っているようですが、ちょっと疑問です。これが「いい意味で期待を裏切る」までいくと誤用だと思います。
【「いい意味で世渡り上手」ってどういう意味?】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1383. …
 以下は一部の抜粋(重言)。 
================引用開始
 元々天海が長澤を「世渡り上手」と評したそうな。それを長澤がよくない意味にとった。「世渡り上手」って否定的な意味があるのかな? それを曲解されて「いい意味です」って……これって会話はちゃんと成立しているのかな。
「いい意味で」って言うんだから、この後ろには悪いニュアンスの言葉が来なければ話にならない。
 例をあげようか。

 いい意味で常軌を逸している=常識では判断できない魅力などを秘めている
 いい意味で常識がない=斬新な発想ができる
 いい意味でバカ=常人とは違う能力をもっている

 さすがに「いい意味でバカ」は言いすぎか(笑)。
「いい意味で世渡り上手」は単なる「世渡り上手」だろう。これが「いい意味で八方美人」が成り立つか否かはけっこう微妙。

 あとよくある言い回しに「いい意味で期待を裏切る」ってのがある。これは誤用だと思う。いい意味であっても「期待を裏切」ってはダメだろ。単に「期待を上回る」ならわかる。
「いい意味で」を使うなら「いい意味で予想を裏切る(=予想をはるかに上回る成果を上げる」。この論理だと「いい意味で期待を裏切る」もアリの気がしてくる。
 このあたりは考えはじめるとけっこう微妙な例も出てくる。課題にしたい。
================引用終了
    • good
    • 0

「よい機会・境遇・才能などが運よく与えられる。

」という意味でしたら、月並みな言葉ですが、「恵まれる」がそれに当たるようです。行動するのでなく受け身、受け取る姿勢な感じがしますが。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/217215/m0u/ …

儲ける、というのも「思いがけない得をする。」の意味があります。もうけもの、とか言う時の。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/218457/m0u/ …


予期せぬ・・・という考え方がどちらかというと日本語的でない、外来語的な雰囲気を感じるのですが。unexpectedみたいな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

知らない言葉にばかり意識が向いていましたが、
簡単な言葉に同様の意味を見いだすのは考えていませんでした。
予期せぬ、といった意味合いを含むような容易な言葉はないのでしょうね。

お礼日時:2014/06/24 17:41

>:「予期せぬ幸福」という意味にあたる言葉は何ですか?



「勿怪(もっけ)の幸い」でしょう。

参照)日本語俗語辞典: http://zokugo-dict.com/35mo/mokenosaiwai.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

タイトルには
>:「予期せぬ幸福」という意味にあたる言葉は何ですか?
と記載しましたが、それは文字数の関係上すこし意味が異なる質問となってしまいました。

実際は
予測していた物がいい方向に裏切られる、予期せぬ幸せが起こる、(他者のために)僥倖を生む、
そういった文章に変わる短い言葉を探しています。

お礼日時:2014/06/24 17:03

追記。



>実は論文上で重要なキーワードとして何度も登場させる予定

だったら「論文で語ろうとしている理論そのものが破綻している」って事ですね。

論文で語ろうとする理論そのものを、根底から見直す必要があるでしょう。

さもないと、某S細胞の論文みたいに「ごめんなさい嘘書きました撤回します」って事になりますよ。
    • good
    • 1

>予測していたことに反した事態を生む、という意味に近い言葉として「裏切り」という言葉があると思います。



「裏切り」は、行為者が居て、故意に発生させる事が出来ます。

なので「裏切る」と言う動詞が存在します。

>しかしこれは、名詞となっておりできれば動詞のものを探しております。

しかし「僥倖」は「故意に発生させる事は出来ない」ので、これに類する言葉、このような意味を持つ「動詞」は存在出来ません。

存在が不可能な単語をいくら探しても、永久に見付かりません。

例え、動詞的に使ったとしても「故意に起こせない事を故意に起こす事になる」ので、日本語として破綻します。

貴方は「無い物ねだりしている」と言うのを自覚すべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

まず裏切りという言葉には裏切る側と裏切られる側が存在し、
故に動詞になり得るという意味合いはわかりました。

では単なる現象として「起こる」という意味合いならばどうでしょうか。
「予期せぬ幸福が起こる」といった具合です。

また論文上で「論文で語ろうとしている理論そのものが破綻している」というご指摘感謝いたします。
理論事態は破綻しておらず、質問している言葉については論上の展開をスムーズに促すキーワードのようなものでう。
また「予期せぬ幸福が起こる」といった現象に近い短い言葉があるのであれば、
論文上ではその言葉に「予期せぬ幸福が起こる」といった意味を再定義し、論の展開を行う予定ですのでその点は大丈夫です。

お礼日時:2014/06/24 17:00

「僥倖に恵まれる」では駄目なのですか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

出来ればコンパクトな単語(動詞に変形可能な)が良いのです。
実は論文上で重要なキーワードとして何度も登場させる予定で、
その際一言で先に説明したような状態を示せないかと検討している所なのです。

お礼日時:2014/06/24 16:11

棚からぼたもち

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
慣用句やことわざの部類も調べていて行き当たったのですが、
出来ればコンパクトな単語(動詞に変形可能な)が良いのです。

補足日時:2014/06/24 16:10
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q名詞や動詞や形容詞のテキストが大量にほしいです

日常よく使われる名詞や動詞や形容詞を大量にダウンロード(というかコピペというか)できるサイトをご存じの方いないですか?
とにかく、大量にほしいです。

※ここでいう名詞とは、できれば「佐藤さん」とか「熊本県」とかの固有名詞ではなく、「塾」「海外」「ホームラン」「携帯」「トランプ」「FX取引」「インターネット」「公園」とかの一般名詞が望ましいです

動詞は、食べる、読む、踏む、かき回す・・・・・・何でもいいです

形容詞は、「かわいい」「楽しい」などの厳密な日本語の意味での形容詞のほか、「全自動」であったり「ふわふわの」であったり、名詞を修飾する言葉ならなんでもいいです

Aベストアンサー

http://dictionary.goo.ne.jp/jn/

辞書サイト

Q「僥倖」の対義語を教えて下さい。

質問事項は、タイトル通りの内容です。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 手元の辞書では、
「奇禍」が反対語になっていますね。

Q可能動詞とラ抜き言葉の関連性について

5段活用の「書ける」「読める」は可能動詞と呼ばれる可能専用表現ですが、上一段・下一段で「着れる」「食べれる」と言うと、ラ抜き言葉と言われ否定される場合が多いようです。
しかし、5段動詞だけに可能専用表現が許されているのはおかしいと思います。

また、可能動詞は正確には能力可能動詞と状況可能動詞に区別して使うのが妥当ではないでしょうか。
「彼は目が良いので遠くの字も読める」「彼は胃が丈夫なので、いくらでも食べれる」は能力可能動詞。
「読める(YOMERU)」を能力可能動詞とする理由は、読み得る(YOMI+ERU)から変化したものという捉え方です。
「この拡大鏡を使うと小さな字も読まれる」「今日は体調が良いので、いくらでも食べられる」は状況可能動詞。
「読まれる」を状況可能動詞とする理由ですが、「れる」は、元来、自発用法から発しているはずなので、何らかの状況が前提となって自然に可能になる、といった意味に捉える、というわけです。
このようにシチュエーションに応じて使い分けるのが良いと思います。
ただし、これらの状況可能動詞の場合、「拡大鏡を使う」「今日は体調が良い」といった状況に重点を置いた場合の話です。
『「拡大鏡を使う」「今日は体調が良い」という状況に触発されて高まった能力』に重点を置いて話す場合は、「この拡大鏡を使うと小さな字も読める」「今日は体調が良いので、いくらでも食べれる」と表現すべきでしょう。

シチュエーションに応じず、無差別に能力可能動詞と状況可能動詞を使ってしまうために不自然になる場合が出現し、ラ抜き言葉といったいわれのない非難を受けることになるのではないか、という気がします。
要するに、ラ抜き言葉は正しく使えば決して間違いではない、とわたしは思うのですが、みなさんはどう思われますか。
  

5段活用の「書ける」「読める」は可能動詞と呼ばれる可能専用表現ですが、上一段・下一段で「着れる」「食べれる」と言うと、ラ抜き言葉と言われ否定される場合が多いようです。
しかし、5段動詞だけに可能専用表現が許されているのはおかしいと思います。

また、可能動詞は正確には能力可能動詞と状況可能動詞に区別して使うのが妥当ではないでしょうか。
「彼は目が良いので遠くの字も読める」「彼は胃が丈夫なので、いくらでも食べれる」は能力可能動詞。
「読める(YOMERU)」を能力可能動詞とする理由は、...続きを読む

Aベストアンサー

ら抜き言葉はどんどん使えばいいと思っています。
私も普段から使っています。
書き言葉の「地の文」、つまり会話体でない文に使うのだけはちょっと抵抗がありますが、「ちょっと気色悪い」という感覚的なもので、文法的に間違っているとは思いません。そのうち慣れてしまって抵抗は無くなるもしれません。
No2さんがおっしゃっているように、ら抜き言葉は明確に可能の意味を表すので合理的だと思います。

しかし、

>シチュエーションに応じず、無差別に能力可能動詞と状況可能動詞を使ってしまうために不自然になる場合が出現し、ラ抜き言葉といったいわれのない非難を受けることになるのではないか、という気がします。

このお説には賛同いたしかねます。
そもそも日本語に「能力可能動詞」と「状況可能動詞」の区別なんかあるのか、疑問に思います。

質問者様のお説通りの使い分けが一般になされているのなら、
「今日は体調が良いので、いくらでも食べられる。」
「今日は体調が良いので、いくらでも食べれる。」
はそれぞれ背景の説明や文脈のつながりなしにこの文だけを読んで「能力的に可能」と「状況的に可能」という二つのニュアンスの違いが読み取れるはずです。
しかし、そんな人は果たしているのでしょうか?
少なくとも私にはそのようなニュアンスの違いはわかりません。

余談っぽくなりますが、このお説を読んで中国語の可能の助動詞を勉強した時のことを思い出しました。
中国語で主に使われる可能表現の助動詞は三つありますが、その中に「能力的に可能」なときにしか使えないものがあります。
使い分けを覚えるのがめんどくさいなあ、と感じたのをよく覚えています。
そう感じたということは、日本語には「能力的に可能」と「状況的に可能」を一語で区別する表現はない、そもそも日本語話者はそんなことはあまり気にしていない、ということではないかなと思ったりします。

ら抜き言葉はどんどん使えばいいと思っています。
私も普段から使っています。
書き言葉の「地の文」、つまり会話体でない文に使うのだけはちょっと抵抗がありますが、「ちょっと気色悪い」という感覚的なもので、文法的に間違っているとは思いません。そのうち慣れてしまって抵抗は無くなるもしれません。
No2さんがおっしゃっているように、ら抜き言葉は明確に可能の意味を表すので合理的だと思います。

しかし、

>シチュエーションに応じず、無差別に能力可能動詞と状況可能動詞を使ってしまうために不自然に...続きを読む

Q動詞・形容詞・形容動詞 活用

こんにちは.
古文の動詞・形容詞・形容動詞活用の仕方でわからない問題がありました.解説よろしくお願い致します.

(1)「をさなけれ」ば→形容動詞のク活用でしょうか.
(2)「見つけ」て→ 動詞の終止形がわからず困りました.
(3)「豊かに」→形容動詞のナリ活用 なら-なり,に-なり-なる-なれ-なれ
(4)「大きに」→どうやればよいのかわかりませんでした。

どうぞ,よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

>(1)「をさなけれ」ば→形容動詞のク活用でしょうか.
「形容動詞」ではなく「形容詞」です。
「ク活用」か「シク活用」かは、連体形にしてみればすぐわかります。その場合、わかりやすく口語に直して考えてもかまいません。
例A「おさなけれ」→連体形は「おさなき」、口語は「おさない」
例B「美しければ」→連体形は「美しき」、口語は「美しい」
活用語尾が文語で「き」、口語に直して「い」ならばク活用、
活用語尾が文語で「しき」、口語に直して「しい」ならばシク活用、
となります。先日、次のようにご説明しましたが、わかりづらかったでしょうか。
>最近、次のようにご説明したはずですが……わかりづらかったかな。
> 形容詞の活用形の種類は「ク活用」と「シク活用」しかありません。
まずク活用の活用形「から/かり・く/し/かる・き/けれ/かれ」を暗記しましょう。「シク活用」の場合は、終止形は「し」で、あとはク活用の上に「し」を付ければよいのです。「しから/しかり・しく/し/しかる・しき/しけれ/しかれ」
形容動詞の場合も活用の種類は「ナリ活用」と「タリ活用」だけです。まずナリ活用の「なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ」を暗記します。タリ活用は「な」を「た」に変えればいいのです。

>(2)「見つけ」て→ 動詞の終止形がわからず困りました.
口語で言えば下一段の「見つける」ですが、文語の下一段活用動詞は「蹴る」だけです。よって、口語で下一は文語の下二、と覚えましょう。「見つけ」は下二段活用「見つく」の連用形です。

>(3)「豊かに」→形容動詞のナリ活用 なら-なり,に-なり-なる-なれ-なれ
もちろんナリ活用の形容動詞「豊かなり」の連用形です。これは簡単です。どこがおわかりにならないのかがわかりません(嫌みをいってごめんね)。

>(4)「大きに」→どうやればよいのかわかりませんでした。
これは難しいかもしれませんね。というか、これだけでは答えが決まりません。次のような可能性があります。
A「大き○○に」の略(「○○」は体言)、「大き」は形容詞連体形で、「に」は格助詞。
B形容動詞「大きなり」の連用形。
口語では「大きい」という形容詞と「大きな」という連体詞(非活用語)しか用いられませんが、文語では形容動詞「大きなり」が主流でした。形容詞「大し」もありましたが、「大き○○」という連体形でしか用いられなかったようです。

>(1)「をさなけれ」ば→形容動詞のク活用でしょうか.
「形容動詞」ではなく「形容詞」です。
「ク活用」か「シク活用」かは、連体形にしてみればすぐわかります。その場合、わかりやすく口語に直して考えてもかまいません。
例A「おさなけれ」→連体形は「おさなき」、口語は「おさない」
例B「美しければ」→連体形は「美しき」、口語は「美しい」
活用語尾が文語で「き」、口語に直して「い」ならばク活用、
活用語尾が文語で「しき」、口語に直して「しい」ならばシク活用、
となります。先日、次のよ...続きを読む

Q名詞+による 名詞+によって

の使い方の違いってなんでしょうか?

両方 理由・原因の意味での使い方で悩んでいます。

タバコの火によって家が全焼した。
家が全焼したのはタバコの火によるものだ。

これって両方正しいでしょうか?

~によって と ~による
の使い方の正しい使い方がわかる人いましたら、教えてください
お願いします。

Aベストアンサー

>タバコの火によって家が全焼した。
>家が全焼したのはタバコの火によるものだ。

主語、述語がちがうので、若干意味合いが異なります


人気Q&Aランキング

おすすめ情報