『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

私は千葉県に住んでいます。数年前、TV では多くの漫才、コントが放送されていました。エンタの神様、爆笑レッドカーペット、などです。しかし、さいきんになって次々と終了してしまい、NHK の爆笑オンエアバトルだけが放送を続けていました。しかし、それも2014年4月に終了し、ついに漫才、コントの番組は関東全域で 0件になってしまいました。

質問です。漫才、コントの TV番組を教えてください。また、もし存在しないのであれば、なぜ漫才・コントの TV番組が 0件になってしまったのか、理由を教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

1分程度のネタ番組が飽きられてきたからでしょう。


出演者も同じ顔ぶれになりつつありますから。

それと、不景気な時にはお笑いが流行る、というのもあります。
関東だけ景気が上向いてるのかもしれませんね。

全国ネットでのネタ番組となると、特番ですが、年2回程度放送の
北野演芸館じゃないですか?

関西では、ちょこちょこネタ番組ありますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。飽きられたのですね。だからといって、全部の TVきょくで いっせいに放送ちゅうしにして、番組0個にしなくてもいいと思うのですが。

お礼日時:2014/06/27 20:30

 関西ではなんとかかなぁ。

吉本が強いから。

 やはりブームが終わったと考えるべきでしょう。いいともも終わりましたから。

 それと、AKBなどがコントをしたりするのも悪い。活躍の場所が減ってきていますから。ネットとかにあるのかなぁ。
 舞台などでは活動はされています。関東では吉本以外のプロダクションで、実力のある若手も居なかったかな。

 お笑いは基本的にテレビサイズに成っているので、本当に面白さというのが伝わりませんからね。落語も時間が長いものは出来ないし、コントとかも短い物が多くなってしまった。舞台とかはM-1などでつかったネタももっと長い形ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。また流行が訪れてほしいですが、しばらく あとに なるのでしょうね。残念です。

お礼日時:2014/06/27 20:29

THE MANZAI


キングオブコント
R-1グランプリ
爆笑ヒットパレード
上方漫才大賞
検索ちゃんネタ祭り

みんな特番ですけどね。レッドカーペットも正月ぐらいに、エンタもぐるナイの面白荘も不定期でやってます。毎日新聞欄をチェックするしかないでしょうね。概ね番組改編期の3・4月、9・10月、そして年末年始が多いでしょう。

笑点も大喜利だけではなく、毎回1組参加しています。

理由というか、ブームが過ぎ去っただけの話でしょう。昭和の漫才ブームも多くの番組がありましたが、ブームが終わってすべてなくなりました。今回もそんな感じでしょう。ブームが終わったから「正常」の状態になっただけのことです。特に民放は数字がすべてですから、数字が取れなくなったらやめるしかありません。単にネタを披露するだけの番組なんて、すぐマンネリ化しますからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。やはり一過性の流行なのですね。それにしても、1つくらい番組が残ってもいいと思うのですが。

お礼日時:2014/06/27 20:28

漫才ブームの終焉によるものでしょう


それに最近は芸人はバラエティー番組に出まくりで漫才やコントをしなくなりました

舞台ではネタをやってるのでしょうが
さすがにそこまで放送はしませんしね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。私がどれだけ見たくても、「見たくない人」が多ければ、当然 放送されませんよね。残念です。

お礼日時:2014/06/27 20:27

劇場の舞台でやるコントではありませんが


『LIFE!~人生に捧げるコント~』
http://www.nhk.or.jp/life/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。早速視聴してみました。コントというより、ドラマでした。

お礼日時:2014/06/27 20:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング