『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

日本がコロンビアに1-4で敗退し、日本の2014W杯は1分2敗で終幕しました。

今回の代表チームは史上最強と評されていたにも関わらず、この成績は一体どうしたことでしょうか?

ずばり、今回の敗因を教えて下さい。日本に一番足らなかったものを教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (22件中1~10件)

プラン通りに行かなかっただけだと思います。



あくまで、タラレバですが、初戦コートジボアールに勝っていれば、
決勝トーナメントに行けたと思います。

その他にも、色々とプランが狂いましたよね‥。
本田と香川が、移籍したチームで使ってもらえず試合感が戻らなかったこと
吉田と長谷部と内田が直前まで怪我をしていたこと
そういったことが連鎖して、みんな自信なさげなプレーをしていたように思えます。

そもそも、ザッケローニ監督のチーム プラン自体も、
3バックで攻撃的なサッカー&1トップにどっしりと構える決定力のあるFW
が必要だったにもかかわらず、
3バックでは守備が崩壊するし、高さと決定力を持つ1トップは見つからなかったので、
プランを諦めざるを得ない状況だったと思います。

試合感の無い選手を使わなくても、怪我をしている選手を使わなくても大丈夫な程、
日本の選手層が厚ければ、多少プランが狂っても勝てるかもしれませんが、
今回は無理だったと思います。

それでも、運が味方して、コートジボアールに勝ってさえいれば、
決勝トーナメントに行けたような気がしますけど‥。
    • good
    • 0

9-4-3-1---良いじゃないですか――別に実弾飛んで来る戦争時無いんですからー実戦の負け=死ですからースポーツの勝ち負け何て何でも無いですよ、現実に今現在の紛争地と比べたら天国ですねサッカー試合なんて。



後ジンクスで言ったら日本予選敗退ズバリ的中じゃないですかーゼッケン10番の呪いでジンクス無視して10番使い続けて予選敗退で勝ち点1は良かったじゃないですかー。

ジンクスて言えば戦前の徴兵者に赤紙来て何時何時までに原隊に入れが来た時は入隊する前に地元神社参拝してお守りを貰って出征が普通だったようですがそんなの関係無いって粋がって無視して出征した赤紙兵は未帰還が有ったようですねー聞いた話だと。

日本代表もブラジル遠征前に神社参拝とかしてるのかなー、監督はイタリア人なので分かりませんが、後草加信者選手も居たら分かりませんが、他の大多数の代表選手は、必勝お守り位持って行ってるのかなー。


女子サッカーは多いですねーお守り持っての選手が女子選手は日本の習慣愛してる選手が多いのかは知りませんがでも男子より数倍結果出してるのは事実ですねーーー。
    • good
    • 0

>ずばり、今回の敗因を教えて下さい。

日本に一番足らなかったものを教えて下さい。

基礎・基本的技術ですね。代表選手本人達や、解説者等の言ってる事等、鼻で笑ってしまうほど日本のサッカーレベルは低いですよ!?
みんなその持ち上げやビックマウスに騙されている(鵜呑みにしている)だけです。
史上最強等でも何でもありません。

サポーター?達等もサポーターでは無く、ただワールドカップに便乗して騒ぎたい連中の集まり!
敗北したにも関わらす、スクランブル交差点でハイタッチ等して騒ぎたててるのがその証拠です。
・ハッキリ言います!
・日本はそうとう弱いんですよ!!
    • good
    • 0

それはもう~


個々の技術力と
戦術が

世界に比べて
劣っている証拠です

史上最強?

それは
過去に比べてですよ!

なのに、
結果が出せないと言う事は、

まだまだ
世界レベルまでには
達してないって
言う事です


惨敗して
良かったですよ~

負けて自分らの
実力のなさを
改めて思い知って

反省して
今後の課題に
出来ましたからね~
    • good
    • 0

日本はまだサッカーへの理解が足りないと感じています。



サッカーへの理解が足りないと思う一例として、サッカーがうまいというとどういう人を浮かべますか?すごい足技をしたり、背中にボール載せたりする人を思い浮かべる日本人が多いのではないでしょうか?それは、サッカーではまったく役に立たない技術です。日本人のサッカーへの理解はまだそんなところなのです。

サッカーは、11対11のボールを扱ったゲームです。ゲームというとテレビゲームやボードゲーム、将棋、チェス、オセロとかと同じです。ただし、駒が生身の人間というところがありますが。当然戦略が必要ですし、特に相手があるゲームなので、駆け引きや戦略変更等ゲームをすすめながら考えなければなりません。

日本はいつも相手よりも運動量(走行距離)が多いです。つまり非効率ということになります。ですから相手より疲れていますし、肝心のシュートを外しますし、相手のシュートを防ぐ一歩が遅れるのです。人間は90分走り回ることはできません。ですから、いつ走って、いつ止まるかを常に考え効率的にプレーするようにしなければなりません。
そして、いつ走って、いつ止まるかが11人共通の意識となっていなければチームとしてまとまりません。しかも相手は、こっちの思うようにプレーさせてくれません。
したがって、先に述べたようなゲームプランが必要になりますし、相手に応じて、プランを変更する柔軟性が必要となります。

上記のことから、個人的には、体力や技術、精神力では劣っていると思いません。一番差があると感じるのは、サッカーへの理解を伴った判断力だと思います。

最後にザッケローニですが、残念な監督だったかなと。
アジアカップからほとんど同じ選手のため、やるプレーが決まっていて、全然柔軟性がありませんでした。それが、監督や選手のいう「攻撃的日本のサッカー」でしたが、先のコメントのとおり相手は当然日本のやりたいようにやらせてはくれません。固定メンバーによる固定サッカーを続けたことにより型にはまったサッカーしかできなかったのが直接の敗因かと思います。
それで、本番になって通用しないとわかるとブレまくりです。いきなり呼んだ大久保を使いまくる。終盤に「やらない」と言っていたパワープレイをする。岡崎を左やトップで使うといったところです。

とりあえず、次いい監督が来たら、ベスト8くらいいく実力はあると思います。ですが、優勝を争うレベルになるためには、根本的なサッカーへの理解(ゲーム性とそれに伴う柔軟性を持った判断力)が深まらないと無理かと思います。
    • good
    • 0

まあ、冴えなかったですよね。



全体的な力不足です。


ブラジルに来て「相手と試合はできました」ってレベル。勝ち上がっていく力はなかったですね。


ブラジル、メキシコ、コスタリカ、オランダ、ドイツ、フランス等々、勢いがあるチーム見てごらんなさい。どういったゲーム状況でもチーム全体が連動して機能的に動けてます。

日本はまだまだレベル低いです。


悲観することはないです。もっと上に行きたかったら実力をつける以外にないです。
    • good
    • 0

こんにちは。




史上最強 は、あくまで過去と比較したものであって

現在最強ではない

と、思います。

日本が10年大会のあと、4年あったのと同じように
ほかの国にも4年あったわけですから


現代表は過去の代表と比べても、それほど遜色はないとは思いますが
いくら過去の代表と比べても
いまの大会でいまの他国に勝ち点を取れないと、
無残な形になります。


言葉のあやといいますか、飾りですよね。




一番足りなかったものは、

自分たちのサッカーにこだわったこと


かなと。




言葉を丁寧にすると、
こだわるのは良いけれど、

自分たちの戦いをすれば、それで良いのだ
結果はあとからついてくる
本当にこれしかないんだ!と

なったら、危ない。


それで自分をどんどん追い込めれば
日本人によくありがちな雰囲気にのまれやすい傾向が出てくる
博打的な。。。



周囲も

あぁそうか、将棋で言えば、もう詰みだ

誰を入れても、この局面は打開できないだろうって、
あとからわんさか不満が噴出しがち


自分たちのかたちというのは、
敗退したイングランドも、イタリアも、あのスペインも、
コートジボワールだって、

いま絶好調なオランダもフランスも

綱渡り的なアルゼンチンも
自国大会のブラジルも



みんなとんでもなく迷って、戦ってるんだなと思います

そんなかで答えが出てくる迷宮。



自分を過度に出しすぎていた点が、
今大会の日本代表に一番足らなかった面じゃないか と思います。
    • good
    • 0

mkfdh さん、こんばんわ。



私は今回の代表チームは史上最強と言っていましたが、明らかに初戦でレベルが低いと分かりました。特に攻撃陣などは目を覆うばかりでした。3試合で2点しか取れないということはそういうことでしょう。
攻撃重視になったため、守備がおろそかになったという点でしょうか?それから、明らかに選手の体力が落ちていると思います。これは慣れない環境に適応できなかったということでしょう。
    • good
    • 0

スピードと決定力の差かと。



コロンビア戦ではお互いカウンターのチャンスが結構ありましたが、
相手はピッチの縦方向に一気に攻め立ててました。
日本はサイドに振ったりで、相手ゴールに着くころには殆どの選手が
守備についているような感じ。

あとはゴール前の決定力の違い。
柿谷選手が抜き出た場面がありましたが、なぜかサイドに振れてパス・・・
あの場面は少し強引にでもシュートに持って行って欲しかったです。
コロンビアはチャンスを確実にものにしてましたもんね。
    • good
    • 0

良かれと思ったことがすべて裏目。

監督としては、大久保のメーバー入りで、後輩の柿谷がより生きるはずと思ったが、この「11」番の選手が、大久保先生という態度を露骨に見せてしまっては、もう、ワントップに大久保を据える他ない。弟子ではなく、師匠を使うことになるのは当然のこと。マスコミ、世論の大久保起用すべしの声も多きかったしね。

かつてのバレーボール大松監督の教えに従えば、レギュラーメーバーを固定するのが、日本人には良い。大松は、6人を明確に区別して、それを頑なに固定した。

つまり、日本人気質として、過酷なレギュラー争いは避けたいということになるので、なかなか、露骨に、レギュラーを取りに行くということにはならず、レギュラーかどうか曖昧な立場に置かれた日本選手は、どうしても、練習中からして、どこか、遠慮がちな態度をとる。柿谷がまさにそれ。

「お前がレギュラーだよ。他には誰もいないから、頑張るんだよ」と言われて、初めて力を発揮するのが日本人気質。そういうことを外人監督は理解できず、上層部とか、無責任なファンの声に振り回された結果、一番、面白みに欠けるメーバー選出と戦術に終始。結局、思想哲学の無い監督の真の姿を露呈した。

「11」(または、9、10)番と心中する覚悟が監督には必要。そういう意味では、大久保をメーバーに入れた時点で、日本チームは既に死んでいた。「11」番に不安を与えたり、不信感を与えたりしてはいけなかったということでもある。11番の不安感は周囲の選手に伝わり、すると、なかなか、そこへパスを出そうという選手もいなくなる。そういうことで仕事にならない。

「11」番と心中し、負けたら、即、監督退任表明というのが正しいのだと思う。負けても、なお、留任しようという監督を信じてはいけない。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング