ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

脱法ハーブのことをテレビで言っていました。確か、類似物質を含めた包括規制を行ったと聞いたことがあるのですが、なぜいまだに脱法ハーブと言っているのですか。今の包括規制では取締りができないのですか。
 アメリカではかなり前から包括規制をしていると書いてありましたが、もしそれが効果がないなら、アメリカでもいまだに脱法ハーブが横行しているのですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>似た分子構造を包括的に規制しているのになぜ範疇からもれるのかが、分かりません。



規制されてない分子構造にするのは簡単だそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>規制されてない分子構造にするのは簡単だそうです。

そうなのですか。なるほど。よくわかりました。

お礼日時:2014/06/30 02:39

> 類似物質を含めた包括規制を行ったと聞いたことがある



今年4月1日から禁止とされていますが、今回の事故で禁止薬物が使用されたかどうかは不明です。
また、開始から2月半なので、問題が解決するにはまだ時間がかかると思われます。


> アメリカでもいまだに脱法ハーブが横行しているのですか。

普通にマリファナ、覚せい剤などの違法なドラッグが横行していますが。


> 6/24日の暴走致死事件も警察は危険運転致死傷の疑いで捜査を進めていますが、覚せい剤取締り法でとは言っていませんでした。

それはそうでしょう。脱法ハーブの規制は薬事法ですからね。
    • good
    • 0

>今の包括規制では取締りができないのですか。



 下記URLによると
(※読みづらいHPです。)
http://www.permission-music.com/pg118.html

 「包括規制」
似ている成分で作られている物は、すべてまとめて規制の対象

 分子構造を少しいじり
新たな成分になると規制は、難しいようです。

 

この回答への補足

回答ありがとうございます。紹介されたサイトを見ましたが、包括規制でも規制は困難と書かれています。似た分子構造を包括的に規制しているのになぜ範疇からもれるのかが、分かりません。

補足日時:2014/06/27 11:25
    • good
    • 0

今ではすべて違法です。

この回答への補足

6/24日の暴走致死事件も警察は危険運転致死傷の疑いで捜査を進めていますが、覚せい剤取締り法でとは言っていませんでした。

補足日時:2014/06/26 00:11
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング