ウェブサイトでコスメ関係を売っています。

商品ページ毎にSEO対策をしたいのですが、商品の販売ページなので、そんなにみんなにリンクしてもらえるような面白いページを作るのはなかなか難しいと思ってます。

なので、私のサイトにリンクを張ってくれるようなサービスはないかなと探していますが、良さそうなものがうまくみつかりません。

そこで、SEOの技術的なことに詳しい方に、何かよいサービスがないか教えてもらえたら嬉しいです。もちろん無料のサービスが一番嬉しいですが、月に何万円かくらいであれば有料も仕方ないと思ってます。

よろしくおねがいします☆

このQ&Aに関連する最新のQ&A

検索エンジン グーグル」に関するQ&A: 日本で作成した掲示板のサイトは、アメリカのグーグル検索エンジンに登録できますか?(サーバーは日本)

A 回答 (10件)

アフィリ歴7年です。



photoshopherさんが、

>>Googleの基準でサイトの順位を決められ、Googleがそのサイトに広告を出す、と言うインターネットの一社独占形式はどう考えてもおかしいと思いますけど…
>>Googleに検索順位決められて、Googleにお金を払って集客してもらうとか…あり得ないでしょ。異常ですもんね。今のネット。

とおっしゃるのに、僕も賛成です。前はヤフーとグーグルとその他諸々の検索エンジンがそれなりに群雄割拠で戦っていたのに、今やグーグルがやりたい放題です。あんたらは神様か、と。社是は「Don't Be Evel. (邪悪になるな)」だそうですが、今のグーグルは、かつてのマイクロソフトよりも、ずっと邪悪じゃないですかね。少なくともマイクロソフトは特定の会社のビジネスの息を止めるようなことをしなかったですし。

もっとも、ネット上にはそんなグーグルを神として崇める思考停止の方々も多いようです。そんな方々のいうことを聞いていては、彼らの思うツボ。あなたのビジネスの成功は、むしろ遠のくと思っていいと思いますよ。だって、ご質問者様の言うとおり、「商品の販売ページなので、そんなにみんなにリンクしてもらえるような面白いページを作るのはなかなか難しい」のは確かにその通りですから。


そこで、われわれのような零細ビジネスマンは競争原理に則り、知恵を振り絞って、彼らのいうところの「ブラックハット」まがいの施策で戦うわけです。でも、ブラックなんかじゃないんですよ。彼らのレッテル貼りに惑わされないことです。スローガンとレッテル貼りを多用する者こそ注意すべき存在です。

最後になりますが、キーワードごとにページを作り、それぞれにSEOを仕掛けるのであれば、アフィリエイトと同じです。以下の方法が、極めて有効です。ミドルワードであれば、余裕で一位をとれると思いますよ。たくさんのページで一位を取ってくださいね。


まず最初にすべきなのは、自動かつ無料でずっと増えていく自然リンクの確保をする。これは、「被リンクZ」が代表的です。以前は、「被リンク増やす君」として絶大な人気を博していましたが、リニューアルされて自然被リンク色がさらに強化されたようです。

→被リンクZ http://www.netcom-ir.com/


次に、中小の検索エンジンへの登録。1ページに対して、10程度ずつ登録してください。その程度の数であれば、検索エンジンへの自動登録ツールを用いてもスパム判定される危険はありません。私が使っているのは、「一発太郎」ですが、GODその他なんでもいいと思います。手間のことを考えると、このソフト代をケチるべきではないと思いますよ。

→一発太郎 http://ippatsu.net/TARO/


そこまで出来たら、次は相互リンクです。これも1ページに対して10程度までです。そこまでなら有効なリンクとして機能します。それ以上やるとかえって悪影響があると思います。相互リンクの申請は手間と暇と気力がいるので、これこそツールに任せるべきです。私が使っているのは、ダイレクトオファーです。一回について200申請ぐらいすれば、10程度の相互リンクが得られます。同様のソフトであれば、これも何でも良いと思います。ほかのは使ってないので知りませんが。くれぐれもソフト代を出し惜しみしてはダメですよ。一番高価なのはあなたの大切な時間です。

→ダイレクトオファー http://affiliate.xxxflagsxxx.com/entry26.html


最後に必ずやるべきなのは、無料ブログからの自作自演被リンクです。多くの無料ブログサイトで、大量のブログを作り、それぞれのブログに20~30の記事を入れてください。一記事の文字数は400~600くらいでよいです。ここでも大事なのは、とにかくそのページに貼られるブログを分散させること。ある程度アンカーテキストを分散させること、無料ブログのテーマをきちんと決め、そのブログ内では一貫させることです。間違ってもすべてアメブロから、とかすべてFC2ブログから、とかはダメです。また、無料ブログの作成も、記事の作成も、投稿も、全て外注化し、組織化することです。はじめのうちは売上の大半をここに投資すべきです。そうすれば半年後にはあなたのためにブログの量産+リンク付けを行ってくれる外注チームが出来ます。利益が出るのはその後からですが、一線を越えれば急激に大きくなります。コストはそんなに増え続けないですが、売上が急激に上がるからです。外注はランサーズで見つければ十分です。

→ランサーズ http://www.lancers.jp/


ともに零細事業者として、巨大資本の意のままに操られないように、地に足をつけて頑張っていきましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

実は私もコスメ販売はアフィリエイトでやっています。自分で仕入れてるわけじゃないんです。
なので、自演リンクが実際に効果があることは、自分の経験でも実感はあります。

ですが、kenkenjijijiさんがおっしゃるように、大規模にとか、組織的にはやったことなかったので、どこまでやればアウトで、どこまではセーフだな、とかいうラインがヒントとしてもらえて、とてもありがたいです。

使うソフトはちょっといろいろ調べてみます。確かに相互リンク依頼とか検索エンジン登録とか、以前に手でやったことありますけど、きついですよね(笑)。

被リンクZも知らなかったし、バックリンクサイトの作り方もとても参考になりました。

実際私が知りたかったのは、こういう具体的なノウハウについての情報だったので、もちろん色んなご意見があるのだとは思いますが、ベストアンサーとさせていただきます。

それから色々試してみて、うまく行ったら(行かなくても)どこかでまた報告したいです。

お礼日時:2014/07/12 11:16

それはかみつきますよ。


私を出汁に、スパムメールソフト、一六八〇〇円ですか?
そんなもん紹介されたら。ビックリします。逆にこっちが。

絶対仲間とは思われたくないです。犯罪か犯罪じゃないかの人と。

後は、リンクジュース?でしたっけ? 何年か前に流行った。ビックリするぐらい古いSEOの方法ページ紹介されますね。驚きます。
あなたは、Google批判するとか以前の人です。人を騙して儲けようとしてるわけですから。
リンクジュースのページに登録もやめておいた方が無難です。スパムサイトに認定されかねません。

質問者様もそうですが、このページにくるSEO初心者もおられると思いますので、これはかなりあり難い教材になってくれたという感じもしなくはないですが。騙されないようにと言う。

こういう感じで騙そうとしてくるわけです。という教材です。今度は私を悪者にして、あわよくば商材なりスパムメールソフトなりを売ろうとするわけですね。
流石鏡です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ああぁ~。

しばらく見てないうちに、なんか、喧嘩になってしまってて、すみません。

色々教えて頂いて、ありがとうございます。

サイトの記事内容は、しっかりいいものをつくろうと思います。

それはもちろん、前提ですよね。

お礼日時:2014/07/12 11:07

なんでそんなに噛み付くか、不思議な気はしますが、まぁ、僕も少し言葉が過ぎたので謝ります。



ただ、回答したのは、同じ境遇で頑張っている方が目に止まったので、少しでも役に立てればいいと思って、自分のビジネスに差し支えない範囲でヒントをさし上げたまでですよ。

アフィリと言っても大半が物販で、情報商材もエグくてあまり好きではないので殆ど出を出してませんよ。楽天やアマゾンで色んな物を売るから、たくさんのページを作って、それぞれにSEOをする必要がある、ただそれだけです。だから、恐らくは同じ方向性を持っているご質問者さんに少し知識を分けてあげたつもりでした。自分が起業した時のことを思い出して。

質問サイトへの回答は初めての経験ですが、正直いきなりこんなに批判されるとは思いませんでした。面食らいましたよ。でも、いい勉強になりました。一つの事象を見て、思いがけないような見方をする人がいるものだなぁと。だからこそ、人間社会は面白いのかもしれませんが。
    • good
    • 1

そりゃ、「アフィリ歴7年です」さんは儲かってるでしょう。


SEOを知らない個人商店なんかにもっともらしいこと言って商材を売っているわけでしょ?

で、この質問者様からもお金を取って、あなたは儲かって、質問者様をカモる。

質問者様は、結局妙なSEOを施され、或いはほとんど何も施されないまま結果検索順位が下がるとか、たいした価値のない情報を買わされるとか、変な被リンクつけられてドメイン価値がなくなるとか。
質問者様の弱みにつけ込むような回答をしてはいけませんよ。

リンクを多数羅列したのは、goo質問の規約に引っかかるからですよね?
複数掲示すれば、誘導リンクと見なされない可能性もある。どれか一つが「アフィリ歴7年」さんのウェブサイトでしょ?
goo質問から一つでも被リンクを得られれば、「アフィリ歴7年」さんのウェブサイトの価値を上げられるかもしれないし、誘導リンクで人が来て騙されてくれるかもしれないし、一石二鳥で「アフィリ歴七年」さんだけが儲かる感じですよね?

質問者様、SEO業者って、或いはアフィリサイトって、なんでアダルト同様隔離されるか知ってますか?
トラブルが多発するカテゴリだからです。

こういうおいしい話、もっともらしい話を持ってきて、質問者様のように、カモれる可能性がある人を探し回ってますよ。
    • good
    • 0

photoshopher さん、私はアフィリエイト「業者」ではありますが、いわゆるSEO「業者」じゃありませんよ。

まして、ソフト販売業者でもありません。というか、そんなものを作る能力はありません(笑)。

私が薦めた方法は、私自身がいろんな失敗を繰り返しながら行き着いた方法であり、これによってきちんと金を稼いでいる方法です。中小検索エンジンについても、相当にいろんな失敗をしながら現実的な方法を組み上げているわけです。時代錯誤であろうとなかろうと、現実はどうか、だけを見て行動しているということです。

あなたや、その他大勢の方のように、どこかで聞きかじった薄い知識で抽象的な批判や批評をしているわけではないのですよ。

もちろんあなたが言われている内容は、正論ですよ。googleが言っているとおりです。ですので、あなたはずっと正論でやっていかれればいいと思いますよ。安心でしょうし。

でも、儲かりませんよ。というか、今現時点で儲かってないのでしょうし。
    • good
    • 0

一つ前の「アフィリ歴7年です。

」という回答、これぞ、業者の鏡という感じです。
こういう感じの回答こそが、前回言っていた

「 もしそれらしいことを教えてくれたとしたら、その情報は………という感じではないかと。」

の一例です。
検索エンジン掲載依頼など、時代錯誤も甚だしいですよ。
既にインデックスされているなら、全くの不要です。ほぼ意味はありません。
スパムメール送信システムに何万とか、「自社のイメージ、或いは自社サイトの信用を悪化させる商材を、お金を出して買う」と言う感じでしょうか。

ここにお金払うぐらいなら、ドブに捨てた方がマシという代物です。
    • good
    • 0

難しいと思いますよ、そんな裏技を知っている人が居たとしても、ここでは教えてくれないかと思います…。


なにせ、こんなところで裏技公開したら、それは裏技じゃなくなってしまいますからね。

もしそれらしいことを教えてくれたとしたら、その情報は………という感じではないかと。

個人的にはGoogleの基準でサイトの順位を決められ、Googleがそのサイトに広告を出す、と言うインターネットの一社独占形式はどう考えてもおかしいと思いますけど…
Googleに検索順位決められて、Googleにお金を払って集客してもらうとか…あり得ないでしょ。異常ですもんね。今のネット。

是非がんばって検索結果を大いに狂わして欲しいです。
    • good
    • 0

皆さんおっしゃられるようにやめた方が良いですね。

特にお金のやりとりで被リンクをするページをGoogleは極端に嫌います。というか、ばれたら即座にペナルティです。
今はYahooも実質Googleエンジンを利用しているので、Googleに嫌われたりペナルティを受けるようなことがあれば、日本語で検索からの集客はほとんど不可能になります。

月に何万円か出すのであれば、YahooかGoogleに広告を出稿することをお勧めします。
ここからの被リンクであれば、Googleは全く文句を言いません。何せ、自社のアフィリエイト広告サービスなので。Yahooも同業です。GoogleはYahooからリンクされたという理由でページの評価を下げることもありません。これをやったらGoogleは信用問題に関わるので。

ちゃんとしたページを作れば、Googleの基準で評価されますが、それ以上にも以下にも出来ない。というか、Googleの評価をどうこうすることは現時点では不可能です。Googleに逆らったり、Google基準の違反行為をした場合、WEBサイトでどうにかすると言うことは現時点では不可能に近いです。今の日本のウェブは、完全にGoogleが支配しています。
そして、この先もGoogleはさらに検索結果の精度を上げていくので、ますます裏技的な手法はペナルティの危険性が増していきます。

ただひたすらきちんとサイトを作って、かすかに他のページと差をつけたいなら自分のサイトの最適化をがんばる。そして、自然にブックマークされたり、自然にリンクされるような面白いコンテンツを無料放出する、ゴミやスパムと判断されない有益なページをたくさん更新する。品揃えを差別化したり、使い勝手などでお客の心を掴む努力をする。などなど、こういう正当な方法以外は、めちゃくちゃリスクが高いですよ。

今現在リンク販売業者にお金を払うのは、お金をどぶに捨て、さらに自社ウェブサイトの評価を下げペナルティのリスクを高めるという最悪の方法ですよ。
お金があるなら人雇ってウェブサイトの強化をした方が良いかと。
或いはGoogleにお金を払うかですね。ページの評価は変わりませんけど、人は来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

いや、本当にそのとおりだとは思ってるんです。原則としては。

でも、月に数万円のアドワーズではアクセスが全く足りませんので、

セミロングテールで、多数ページ展開をしようということなのです。

実際、あちこちのサイトを見ていると、遠い将来は別として、まだまだ「原則」どおりには

なっていないなーって思ってます。

なので、ちょっとグレーでもいいので、なんとかうまくやりたいなーって考えているわけです。

同じような考えで色々工夫していらっしゃる方、なにかよいご意見はございませんでしょうか?

お礼日時:2014/07/01 17:45

ありません。


 SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、日本語に訳すと[検索エンジン最適化]ですから、本来の意味は検索エンジンにそのページの内容が正確に理解できるようマークアップするみとなのです。その結果、あるテーマ・キーワードで検索した時に、そのページが最も要望あっていると判断できるから、結果として検索順位トップに表示されるのですよ。
 それが転じて、検索エンジンで上位に表示させることを目的としてSEOという作業があるのです。
 この大原則を間違うと、トンデモ業者に引っかかる。

>そんなにみんなにリンクしてもらえるような面白いページを作るのはなかなか難しいと思ってます。
 でしょうね。
 それでも、どこに何が書かれているかが検索エンジンに理解できる適切なマークアップと共に、資料などの内容の充実を図る以外に手はありません。一時的に上位に表示されても、ユーザーがすぐに引き返して他のサイトに移動するようでは、どんどんと下がっていきます。
 
>私のサイトにリンクを張ってくれるようなサービスはないかなと探していますが、
 誰かがあなたのサイトに気がついて、自主的にリンクをしてくれるのが一番です。そのサイトがやはり秀逸と認知されているならなおさら・・

 マークアップ
HTML5“とか”アプリ開発入門(1):Webの3つの問題を解決する「HTML5」とは何なのか (2/2) - @IT( http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1008/30/n … )
 の上から1/4あたりの「文書内に埋め込まれた「意味」が不明確」以降を読まれると分かる。
 従来のHTMLもclass名やidを使用して文書構造を示してきました。
⇒「DIV要素とSPAN要素は、id属性及び class属性と併用することで、文書に構造を付加するための一般機構を提供する。( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html4 … )」
 実際にgoogleは、class名がsectionだと本文、headerだと文書のヘッダと理解していますが、巷のHTMLでは、<div class="wrapper">とか、<div class="left">とかが氾濫している。
 こんなマークアップの仕方一つでも変わります。

一度。
ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) - ウェブマスター ツール ヘルプ( https://support.google.com/webmasters/answer/357 … )
わ読んでおくこと。それを頭に入れてサイト作りをすること。特に三項目目の「品質に関するガイドライン」

 私は一切のサービス受けていませんが、多くは常に最初のページの最初あたりに表示されますが、いわゆる小細工は一切してません。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

マークアップについては独学ですが、それなりにきちんとやっているつもりです。

ですが、これで順位が上がっている実感はないような気がするのです。

お礼日時:2014/07/01 17:38

そう考える人がいるので、SEO業者のよいカモになるのです。



被リンクで検索順を上げようと考えるのは、完全に間違っているとはいいませんが、錯覚です。

SEOにかかわる手品をひとつご紹介しましょう。

あなたの会社が「とんちき」だとします。売っているのが「コノヤローパンパシフィック」という商品だとしましょうか。
無料サイトでかまわないのでホームページを作ってください。主力商品がコノヤローパンパシフィックで、会社はとんちきです。

検索画面で、「コノヤローパンパシフィック とんちき」とやってみてください。
必ず先頭に表示されています。検索エンジン表示1位です。
ここで私がこういいます。私はSEOのプロです。コンサル料10万円ください。
うちのSEO会社で、とんちきとコノヤローパンパシフィックに対し、1万リンクを貼っていたのです。

これが手品です。
もちろん、1万リンク貼ったなんて嘘です。そんなことしないでもトップになるのです。
なぜトップになったかわかりますよね。そんな名前の会社でその商品名のものをやっているところが他にないからです。
唯一だからトップです。「オンリーワンイズナンバーワン」ということばのまんまです。

で、マジックはいいとして、このホームページ何か売上になると思いますか。なるわけないですね。
コノヤローパンパシフィック、っていったいなんですか。誰か欲しい人がいるのですか。
そもそも、検索エンジンで「とんちき コノヤローパンパシフィック」とタイプしなければ、このリンクがトップになっている表示を誰も見ません。
誰もページをおとずれないでしょうね。

SEO業者のやるトリックがこれです。
お客様の社名は、似たスペルの会社が大量にない限りひとつかそこらです。
製品名も、商標登録をしたら唯一に決まっています。
この二つを合わせて作ったページが検索先頭付近にくるのは当たりまえなのです。
それを自分の手柄にしてコンサル料金を取ろうということをしているのです。
先に払えとはいいません、効果があったらください、というような一見非詐欺と見える文言もよく使います。
しかし、何もしなくてもその検索キーワードでやったら上位なのです。だったら効果があったのだという詭弁にひっかかります。

検索エンジンの上位にこさせたいというのはその意味ではないはずです。

たとえば「コスメ」と入れたら自分がトップに来たいのですね。
コスメがほしい人は全部自分のとこで買ってほしいのですね。

これは単純には無理です。

こういうのを「ビッグキーワード」と言います。
「ダイエット」「リバウンド」「小悪魔」なんていうのがビッグキーワードの有名なところです。
コスメなんて小悪魔という用語と双子みたいなものです。

こういうものを扱う場合、キーワードを組みわせるのです。
これをニッチ化と言います。

「ダイエット失敗 悩む私の思い出集」とやったら、すでにビッグキーではなくなっています。
ユーザーが何を悩んで、あるいは何がほしくてタイプするだろうというところを予測してこういうものを考えるのです。
いいでしょうか。
ダイエットだったら、おそらく痩せたい、痩せなければいけないと思っているひとがタイプすることばでしょう。
そしてその通りにならないことに悩んでいるでしょう。
解決したいと心底思ってはいるけど、なかなかうまくいかない。
努力なしに成功できいか、と思っているのではないか、というように本人に成り代わって考えるのです。
そして、
「失敗できないダイエット」とか「ダイエット失敗例」をタイプすると思いませんか。
「成人病とダイエットの切れない関係」なんて、恐ろしくてクリックしたくなる用語です。
「剛力彩芽になるダイエット」なら割合ヒットできるかもしれない。
誰一人として「ダイエット」という一語で検索するとは思えません。

注意しなければならないのは、たとえば「剛力彩芽になるダイエット」はタイプするだろうと思っても、それですぐに作らないこと。
その用語で検索してみましょう。
剛力彩芽というキーワードでおそらく大量の記事があり、その記事の中にダイエットという用語が入っていたらそれを抜くことは不可能です。
タイトルではなく、そういう記事が何件あるか、を調べる必要があります。

こういう考え方をしてみるのです。
ムダな費用はかけないように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ビッグワードを狙っているわけではなく、おっしゃるところのニッチ化をしたワードを狙うつもりです。

でも、あまりにもニッチなのは狙っても意味が無いので、

月間検索数が2000位以上はほしいと思ってます。

お礼日時:2014/07/01 17:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社のホームページでSEO対策をする際に役立つSEOツールを教えてくだ

会社のホームページでSEO対策をする際に役立つSEOツールを教えてください。

Aベストアンサー

さっとサイト全体のSEO状況を確認するなら以下の2つがおすすめです。

・itomakihitode.jp http://itomakihitode.jp/

・ピタゴラス http://www.pythagoras.bz/

・SEOチェキ http://seocheki.net/


キーワードの調整はキーワード出現率チェックツールをよく使います。

・キーワード出現率チェック http://ohotuku.jp/keyword_ratio/

参考URL:http://itomakihitode.jp/

QSEOに関してです。サイト内でのリンクは、URLでのリンクとファイル名

SEOに関してです。サイト内でのリンクは、URLでのリンクとファイル名だけでのリンクはどちらの方がSEO的によいでしょうか?
以前、SEO会社さんから、看板にTOPページのリンクを外部リンクと同じようにURLで貼ってaltにキーワードを入れた方がよいと言われました。 
私現在、サイト内でのリンクはすべてファイル名でリンクを貼っております。
その会社さんの言うのは、サイト内リンクの場合、TOPページへのリンクは、URLの方がいいのか? すべての内部リンクがURLがいいのか?看板からのリンクはURLがいいのか?URLじゃない方がいいのか?まったくわかりません。 その当時にその会社さんに質問すればよかったのですが・・・・

どなた様か、お詳しい方がおりましたら教えて頂ければ幸いでございます。

Aベストアンサー

No1さんのおっしゃられている「相対パス」と「絶対パス」ですか?
どちらかといえば、絶対パスでかいたほうが良い部分もありますが、
SEO効果としては、どっちでもいいですよ。
トップページに戻るリンクは、看板となるタイトル画像にきちんと入れておきましょう。
これは、SEO以前の問題としてユーザービリティの問題です。

QいまどきのSEO対策・SEO無双・インゴットSEO

一回払いで半永久的に被リンクを付けてくれる被リンク業者を利用しようと思っています。
この手の被リンクサービスはかなり多いのですが詳細に検討を重ねたところ、いまどきのSEO対策・SEO対策無双・インゴットSEOの3つの業者が一回払いの大手であることが分かりました。この3つの業者に絞って比較検討しています。

いまどきのSEO対策
http://imadokiseo.com/
・5万円
・検索エンジン100+独自ドメインからの被リンク10
・SEOコンサルティング、アドバイス

SEO対策無双
http://seo.seo-miu.com/news/twitter/blog/musou/seo%E5%AF%BE%E7%AD%96.html
・料金:3~6万3000円
・無料ブログ200+α

インゴットSEO
http://millionmobile.biz/
・料金:4万9800円
・独自ドメインのブログから50

料金と提供被リンク数は明確ですが被リンクの効果がはっきりしません。この中でどの業者が上位表示の効果が高いと思いますか?

一回払いで半永久的に被リンクを付けてくれる被リンク業者を利用しようと思っています。
この手の被リンクサービスはかなり多いのですが詳細に検討を重ねたところ、いまどきのSEO対策・SEO対策無双・インゴットSEOの3つの業者が一回払いの大手であることが分かりました。この3つの業者に絞って比較検討しています。

いまどきのSEO対策
http://imadokiseo.com/
・5万円
・検索エンジン100+独自ドメインからの被リンク10
・SEOコンサルティング、アドバイス

SEO対策無双
http://seo.seo-miu.com/news/t...続きを読む

Aベストアンサー

業者を選ぶ場合の目安の一つとしてはその業者のホームページが重要なキーワー
ドで上位表示されているかどうかです。

いまどきのSEO対策はかつて激戦のキーワード「SEO対策」で上位表示されていま
した。しかし今では100位以内にすら表示されていません。 SEO対策無双は被リ
ンク提供専門なので「被リンク」が重要なキーワードですが、現在2位となって
います。インゴットSEOも「SEO対策」、 「被リンク」で100位以内に表示されて
いません。

更に重要なのは費用対効果です。被リンク1本あたりの単価を比べると圧倒的に
SEO対策無双が安いことがわかります。効果に関しては被リンクの数 に比例する
と考えられます。

被リンクは質より数だと言われていて、Googleも被リンクのペナルティを強化し
ていることはわかっていますが、それはGoogleが不自然な リンクと判断した場
合に限られます。自然なリンクと判断した場合は検索順位に大きな影響があるこ
とには変わりがありません。

もしGoogleが順位付けの要素から被リンクを外すのであれば、わざわざペナル
ティの強化はしません。だから被リンクはこれからも効果があると 考えるのが
自然です。

その点で3社を比較すると絶対的なリンク数が多いSEO対策無双が最も有利です、

最後に安全性の比較ですが、コンサルティングをしているからGoogleのガイドラ
インに違反しないという理由にはなりません。リンク売買と Googleが判断すれ
ばペナルティを受けるというのは3社共に同じリスクです。むしろ自社サイトを
上位表示し続けているSEO対策無双はペナル ティ回避の方法にも熟知していると
考えられます。

リンク付の作業には手を抜くといった余地はありません。特にリンク付けした
ページのURLを作業終了後に提出しているSEO対策無双は信用できると思いま
す。リンクURLのリストを提出しない業者は逆に信用できません。

トータルで考えても個別に検証してもSEO対策無双が最も効果が高く費用対効果
に優れていると判断できます。

業者を選ぶ場合の目安の一つとしてはその業者のホームページが重要なキーワー
ドで上位表示されているかどうかです。

いまどきのSEO対策はかつて激戦のキーワード「SEO対策」で上位表示されていま
した。しかし今では100位以内にすら表示されていません。 SEO対策無双は被リ
ンク提供専門なので「被リンク」が重要なキーワードですが、現在2位となって
います。インゴットSEOも「SEO対策」、 「被リンク」で100位以内に表示されて
いません。

更に重要なのは費用対効果です。被リンク1本あたりの単価を比べると...続きを読む

QSEO対策に被リンクは必要?

弊社のホームページにSEO対策を施すことで検索順位を上げようと考えています。その際に被リンクについてどうすればいいのか悩んでいます。被リンクについてかなり多くの疑問点があります。

■今は被リンクはSEO効果がないと聞きますが本当ですか?今でも被リンクはSEO効果がありますか?

被リンクにSEO効果があるのなら
・自分で人工リンクを付けなければ検索順位は上がりませんか?
・被リンクを付ける専門のSEO業者に依頼したほうがいいですか?

しかし、自作自演の被リンクを付けるとgoogleからペナルティと受けると聞いて困っています。
https://support.google.com/webmasters/answer/66356?hl=ja
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2015/09/repeated-violations-of-webmaster-guidelines.html

・ペナルティを受けずにSEO効果が高い被リンクを付けるためにはどうしたらいいですか?

■もし被リンクが原因でペナルティを受けた場合はどうすればいいですか?
・Google Search Consoleにペナルティを受けた原因になっている被リンクを否認すればいいですか?
・ペナルティを受けた原因になっている被リンクを外したうえでGoogle Search Consoleで被リンクを否認すればいいですか?
・何もしなくても時間が立てばペナルティは回復しますか?

■Google Search Consoleに登録すると芋づる式を受けると聞きました。登録しないほうがいいですか?

Google Search Console
https://www.google.com/webmasters/tools/home

■ナチュラルリンクの獲得を目指すべきですか?
・自作自演の被リンクを付けるとペナルティを受けるのでやめたほうがいいですか?コンテンツを充実させてナチュラルリンクを得るようにがんばったほうがいいですか?
・SEO効果があるナチュラルリンクとSEO効果がないナチュラルリンクは何が違いますか?

■コンテンツさえ充実させれば被リンクは不要ですか?
・順位が上がるコンテンツとはどういうコンテンツを作ればいいですか?


質問が多くなってしまい申し訳ありません。
回答者様は答えきれる質問だけ答えていただければ幸いです。

弊社のホームページにSEO対策を施すことで検索順位を上げようと考えています。その際に被リンクについてどうすればいいのか悩んでいます。被リンクについてかなり多くの疑問点があります。

■今は被リンクはSEO効果がないと聞きますが本当ですか?今でも被リンクはSEO効果がありますか?

被リンクにSEO効果があるのなら
・自分で人工リンクを付けなければ検索順位は上がりませんか?
・被リンクを付ける専門のSEO業者に依頼したほうがいいですか?

しかし、自作自演の被リンクを付けるとgoogleからペナ...続きを読む

Aベストアンサー

■今は被リンクはSEO効果がないと聞きますが本当ですか?今でも被リンクはSEO効果がありますか?

被リンクに対してGoogleが厳しくなったのは確かです。明らかに自作自演の被リンクや一度に大量の被リンクを付けるとペナルティを受けてサイトが圏外に飛ぶようになりました。

以前のGoogleはどんなに被リンクを付けても、それが原因でサイトの順位が下がることはなく、むしろ付けるほど順位が上がっていったものです。その当時のSEO対策はイコール被リンク対策でした。

それではなぜGoogleが順位を上げる目的の被リンクに対して厳しいペナルティを与えるようになったのでしょうか?それは依然として被リンクの効果が高いからです。

ただし、単純にSEO対策=被リンク対策という時代は終わったといえるでしょう。今のSEO対策は閲覧者に有益な情報を与えるコンテンツを作り、それによってナチュラルリンクを獲得するという考えが主流のようです。


ナチュラルリンクが付くためにはある程度人目に止まらなければなりません。そのためにはペナルティを受けない程度の人工リンクは必要かもしれません。

業者に依頼するのも一つの方法ですが、SEO対策業者は以前と比べると数が減っていて、特に被リンク対策をメインに行っている業者は少なくなりました。やはりペナルティが厳しくなったことが原因でしょう。


効果の高い被リンクに関しては下記のサイトを参考にしてください。

http://seosearch.php.xdomain.jp/seo/main/entry2.html


Googleがペナルティを科すのはナチュラルリンクではない(自作自演)と判断した場合です。通常は目視でリンクを確認するわけではなく、アルゴリズムによって判断しています。そのため本当にナチュラルリンクであってもペナルティの対象になるケースもあるようです。

一般的に同じIPアドレスやドメインから大量にリンクを受けていると明らかにペナルティの対象となります。それ以外でもリンクの組み合わせが一定というような不自然な被リンクにはペナルティが科されます。

ナチュラルリンクではたまたま同じブログサービスから複数のリンクが張られることはあるでしょうが、すべて同じドメインというのは不自然です。こうしたことを考慮してサテライトサイトを作り被リンクを構築することが望ましいのですが、これにはかなり手間がかかることも事実です。


■もし被リンクが原因でペナルティを受けた場合はどうすればいいですか?

ペナルティを受けたということは、Googleが不自然な被リンクであると判断したことになります。つまりSEO対策が間違っていたという証拠です。この場合被リンクの削除や否認をして、ペナルティ解除の申請をするという方法があります。

手間を考えると削除よりは否認をしたほうが早いですが、それによってペナルティ解除されても元の順位に戻る可能性は低いでしょう。なぜならペナルティ対象となった被リンクのおかげで一時的に以前の順位になった可能性が高いからです。

どうしてもドメインを捨てることができない場合は別ですが、もともと間違ったSEO対策でペナルティを受けたのですから、ドメインを変えてもう一度やり直すのが最も手っ取り早いと思います。

ペナルティを受けた経験を生かして次のサイトを運営するのです。コンテンツに関してペナルティを受けていないのであれば、コンテンツも生かすことができます。



■Google Search Consoleに登録すると芋づる式を受けると聞きました。登録しないほうがいいですか?

Google Search Consoleは以前のウェブマスターツールですが、複数のサイトを登録して管理することができます。Googleが提供するこうしたサービスは複数ありますが、Googleではそれぞれ独立していて検索システムとは連動していないとしています。

ただし、それはシステム的に連動していないという意味です。被リンクのペナルティを受けるケースでは手動でペナルティを受けるケースもあるようです。この場合はGoogleの担当者がペナルティを受けたサイトの管理者の他のサイトを重点的にチェックするということは十分に考えられます。

実際4つのサイトのうち2つを登録していたケースでは、登録していた2つだけがペナルティを受けたという実例もあるようです。同じSEO対策をしている複数のサイトがあるのであれば、すべて登録するのは避けるというのも一つの方法です。

ただし、Google Search Consoleに登録していなくても、ペナルティを受ける可能性は常にあります。問題はGoogle Search Consoleへの登録ではなくSEO対策のやり方にあると認識しておきましょう。

Google Search Consoleに登録しない場合、どのような理由でペナルティを受けたかはわかりません。突然ある日順位が下がったり、検索圏外に飛ばされたりします。理由もわからずに不安な状態が続くことになります。

理由が明確になるという点を考えるとGoogle Search Consoleに登録しておくこともメリットがあります。芋づる式が不安であれば同じSEO対策をしていて、重要度が低いサイトを一つでも登録しておけばいいでしょう。


■ナチュラルリンクの獲得を目指すべきですか?

最終的に目指すのはナチュラルリンクであることは間違いありません。自作自演の被リンクは多く張るほどペナルティの対象になるリスクが高くなります。

人工的な被リンクはいくらナチュラルリンクに近づけたとしても、数が多くなるほど共通点が生じてきてGoogleに見破られる可能性が高くなります。つまりGoogleに情報を渡しすぎないことが重要です。

人工リンクを使うときはあくまでナチュラルリンクを獲得するためのきっかけにするというのがいいでしょう。順位を上昇させるというよりは、より人目に付くようにするという目的で使用するほうが無難です。

ただ、ナチュラルリンクを獲得するためにはコンテンツの充実という点が欠かせません。内容も人を惹きつけるものではいけませんし、文章量もそれなりに必要です。文章量が多いというのは情報量が多いということにつながります。

最近のSEO対策ではコンテンツの長文化や追記が重要だという傾向にあります。SEO対策だけを考えると、ひたすら文章を長くするといいということになりますが、閲覧者にとっては煩わしいことになります。

長文化する場合でも見出しや目次などを活用して読みやすく、必要な情報だけを拾えるようにしたほうがいいでしょう。SEO対策の目的は上位表示ですが、サイトの目的は最終的には売り上げに結び付けることだということを忘れてはいけません。


ナチュラルリンクといってもすべてが同じ条件でリンクが張られているわけではありません。開設したばかりのブログから張られたリンクと数年間定期的に更新されているブログからのリンクでは効果が違うのは想像できると思います。

また、上位表示したいサイトとの関連性も重要です。日記や雑文からのリンクとブログ全体が関連性の高く、コンテンツも関連性のある記事からのリンクではおのずと効果に差が出るのは間違いないでしょう。

ナチュラルリンク出るがゆえにリンク元を選べないのはしょうがないことですが、人工リンクをうまく使えばこの点は解決できるでしょう。



■コンテンツさえ充実させれば被リンクは不要ですか?

充実したコンテンツというのはサイト作りの基本であって、SEO対策以前の問題と考えるほうがいいでしょう。コンテンツの目的はあくまで売り上げに結び付けることで、そのために訪問者を惹きつけてサービスや商品の購入の動機付けを行うものです。

前にも書きましたが、人の目に触れることがなければ充実したコンテンツも宝の持ち腐れになります。SEO対策の中でも効果が高い被リンク獲得を目指す必要があります。

サイトで本来の目的である売り上げ獲得を目指すのであれば、コンテンツの充実と被リンクは両輪であってどちらが欠けてもうまくいかないと考えましょう。

コンテンツはSEO対策以前の問題と書きましたが、最近のSEO対策では長文化と追記が効果的であるという意見が増えてきました。実際に上位表示されているサイトがその傾向にあるからでしょう。

長文であることは情報量が多いということなので、Googleが閲覧者に対して有益なコンテンツであると判断する要素になります。実際に有益かどうかはアルゴリズムでは判断が付きません。

判断できるのは狙っているキーワードに関連が高い内容であるかどうかという点でしょう。情報量の多さに加えてキーワードや関連語句が含まれている必要があります。もちろん詰め込みすぎは逆効果になります。

追記が効果があるというのは更新頻度が高いかという点にあると思われます。以前はページ数を増やすことで更新頻度を高くすることがSEO対策に効果的と言われていました。現在は既存のコンテンツに追記をすることで、更新頻度を高めかつ長文化を行うのが効果的と言われています。



最後に、記述したSEO対策はあくまで今現在効果的と言われているだけで、今後も効果が続くかどうかはわかりません。数年前はもちろん数か月前まで効果があったものが無力になるというのがSEO対策の常識です。

しかし、その中で被リンクの効果だけは別格で、SEO対策の要素としてなくなることはないというのが私の考えです。長文失礼。

■今は被リンクはSEO効果がないと聞きますが本当ですか?今でも被リンクはSEO効果がありますか?

被リンクに対してGoogleが厳しくなったのは確かです。明らかに自作自演の被リンクや一度に大量の被リンクを付けるとペナルティを受けてサイトが圏外に飛ぶようになりました。

以前のGoogleはどんなに被リンクを付けても、それが原因でサイトの順位が下がることはなく、むしろ付けるほど順位が上がっていったものです。その当時のSEO対策はイコール被リンク対策でした。

それではなぜGoogleが順位を上げる目的の被...続きを読む

QSEO対策でのリンクスパムについて教えて下さい。

悪質なSEO業者などが、SEO対策に自動リンク登録ソフトを使って、何万のリンクを張って、あげく、そのサイトがスパムサイトと判定されてしまうと言う話があります。
スパムには他にもいろいろなはやり方があり、確かに悪質な物がありますが、
果たして、単にリンクを沢山登録したと言うだけで、スパムと判定される物でしょうか?
それでスパムに判定されてしまうのであれば、気に入らない会社や、ライバルのホームページなどいくらでもスパムに陥れる事ができてしまうと思うのですが・・・他にも要因があって・・・と言う事でしょうか?
良くご存知の方がいらっしゃればご意見を聞かせてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#1です。
判定する人にそう断定させる事ができれば可能でしょう。

なお、忘れてましたが、
被リンクに関してはソフトで簡単に貼れるようなリンクは価値が非常に低いとか、一定数以上は無効などとも言われていますので実態としてはなかなかspam判定・認定はされないかのかも。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報