こんにちは。
昨日ニュースでHONDA製の車とバイクに多数欠陥があり、
リコールされると言っているのをニュースで観ました。
12種類くらいの車種と言っていたのですが、
詳細は最近販売された「ストリーム」しかわかりませんでした。
知りたいのは、「オルティア」(平成9年式)がその欠陥車に入っているのか知りたいのです。
最近販売された新車のみかも知れませんけど、リコール対象の車を買った方には連絡が行くそうなのですが、「オルティア」は中古で買ったので、連絡がくるか解りません。
もし、「オルティア」(平成9年式)が対象に入っているかご存じの方がいらっしゃいましたら、教えて下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ホンダ車リコール改善、対策のHPを


見つけました。
「オルティア」平成9年式は含まれていないようですが。
念のために問い合わせをされてみては。

参考URL:http://www.honda.co.jp/recall/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。
早速、ご回答ありがとうございます。
参考URL拝見させていただきました。
どうやら、9年式はリコール対象となっていないみたいですが、
本当、念の為、HPに相談室の電話番号が記載されていましたので、
連絡してみたいと思います。
☆☆☆本当にありがとうございました。☆☆☆

お礼日時:2001/06/07 12:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトヨタリコール問題はアメリカの陰謀でしょうか?

トヨタリコール問題はアメリカの陰謀でしょうか?

ほんの二年前つまりリーマンショック前までは
トヨタはアメリカ市場で絶好調でした。

しかしアメリカ自動車のビッグ3のうち2社(GMとクライスラー)が破綻しました。
その時私はこれからアメリカによる日本車たたきが起きると胸騒ぎがしました。

その悪い予想は的中しました。

やはり今回のトヨタの騒動はアメリカの陰謀でしょうか?

Aベストアンサー

トヨタのペダルメーカー、米CTSが矢面に-リコール拡大で
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=a8wZGugKBu3c

今回の話,アメリカの部品メーカーが不具合のある部品を作っていたのが原因.そもそも日本企業はアメリカに「アメリカで車売りたいなら,現地の人を雇え,現地の部品を使用しろ」と圧力をかけ続けられてきた.そこでトヨタとかは無理をしてまでそれを推し進めてきた.それで今回アメリカの部品メーカーが失敗した部品作りました,もちろんぜ~~んぶトヨタの責任ですね,はちょっとひどいかもしれません.(アメリカの部品使えっていってきたのはアメリカですからね)
これを踏まえるとやはり「陰謀」とやらを感じざるを得ないです.



これだとトヨタに肩を持つことになるから反対意見も….このCTSという部品メーカーの部品はほかの日本企業でも使われているのですが特に問題は起こしていないのです.

日産自COO:CTSペダルだが材料、構造違う-問題ない
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aErXEMYVL_qo

さらにCTSの部品を使っていない中国や欧州でも同じような問題を起こしているのです.
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20100130-OYT1T01105.htm
>>。欧州や中国でも、あわせて約190万台のリコールが行われる見通しだ。
(↑ソース見つけるの飽きたので適当なやつになっちゃった…)

となるとやっぱりトヨタ自身の体質の問題で,たたかれているのは当然とも考えられます.最近のトヨタは同じ車を何度も何度もリコール対象にしていますし,安全・品質を軽視しすぎでしょう.

トヨタ:米で230万台リコール-昨年から続く安全問題 (Update2)
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920009&sid=aoHEXZbDmjx8
>>トヨタは昨年11月、フロアマットが外れてアクセルペダルにひっかかり事故を起こす可能性があるとして、420万台のリコールを行っているが、このうち170万台は今回発表のリコール対象車と重複しているという。


さらには下請け会社をコストカットし始めていますしね….粗悪部品でリコール起こっているのなら,こんなことせずに資金をたくさん与えてもおかしくないかと.
トヨタ、部品価格3割引き下げ要請 系列に10年ぶり
http://www.asahi.com/business/update/1222/NGY200912210025.html


とまあニュースソースを列挙しながら材料を提供しました.どうお考えになるかは自由だと思います.
ちなみに私の見解は今回の件アメリカの陰謀ではなく「トヨタの陰謀」だと考えてますけどね.まあどういう展開になるのか生暖かく見守りましょうか.

トヨタのペダルメーカー、米CTSが矢面に-リコール拡大で
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=a8wZGugKBu3c

今回の話,アメリカの部品メーカーが不具合のある部品を作っていたのが原因.そもそも日本企業はアメリカに「アメリカで車売りたいなら,現地の人を雇え,現地の部品を使用しろ」と圧力をかけ続けられてきた.そこでトヨタとかは無理をしてまでそれを推し進めてきた.それで今回アメリカの部品メーカーが失敗した部品作りました,もちろんぜ~~んぶトヨタの責任ですね,...続きを読む

Q車を持っていればNHK受信料の支払い対象?

NHKの受信料は放送の映像や音声を受信できる機器を所有していれば支払いの対象になる とあります。
と 言う事はです 車にはカーラジオが付いてます
仮にテレビやラジオを所有していなくても、車そのものがラジオを受信できる機器となり得るので車を所有している人はNHKの受信料の支払い対象となるのでしょうか?

Aベストアンサー

ラジオは受信料の対象になりません。

昔は、ラジオからもとっていましたが
TVの普及と伴に廃止されました。

【放送法第64条(受信契約及び受信料) 】

第1項  協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、
協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。
ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送
(音声その他の音響を送る放送であつて、
テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。
第126条第1項において同じ。)
若しくは多重放送に限り受信することのできる
受信設備のみを設置した者については、この限りでない。


カーTVは取る、ということです。

Qトヨタリコールについてですが、18系マジェスタのハンドル制御がきかなく

トヨタリコールについてですが、18系マジェスタのハンドル制御がきかなくなる症状でリコールがかかっているのは前期限定ですか?

Aベストアンサー

http://toyota.jp/recall/2010/0705.html

前期後期の区別は私にはつきませんので、車台番号で判断してください。
よくわからなければ、購入店舗で確認してください。
(電話でも確認取れるはずです)

Q今、学校の授業で気になるニュースを書くというやつをやっています。ニュースの演題がなかなか決まりません

今、学校の授業で気になるニュースを書くというやつをやっています。ニュースの演題がなかなか決まりません。あと、作文の書き方も分からないので分かる方だけ教えて下さい

Aベストアンサー

今一番のニュースは北朝鮮とアメリカの関係が一番書きやすいのでは?

作文の書き方としては
起承転結。
起:なぜこの話題を取り上げたか。
承:このニュースのあらすじ(北朝鮮とアメリカの関係性など)
転:上記北朝鮮とアメリカ以外の国(中国やロシアがどう北朝鮮とかかわろうとしているかなど。)
結:自分の考えとまとめ

という具合にまとめていけば400~800字くらいの作文はできるのではないでしょうか。材料はネットを調べればいくらでも出てきますよ。
頑張ってくださいね。\(^o^)/

Q車のリコールについて トヨタ ヴィッツ

私の母がトヨタのヴィッツ13年式を購入し、乗り始めて2週間程になります。

本日、ヴィッツを購入した車屋より「リコールがあったので点検するため車を持ってきてください」みたいな感じで言われたそうです。
なんとはなしにヴィッツのリコールで色々検索(色々といっても車に関してかなりの素人なので限界がありました・・)してみて、年式によって何回かリコールされているのが目に止まりました。

リコールについても完全に理解はできていないのですが、リコールとは各年式ごとに一回はあってもおかしくないものなのでしょうか?と同時に13年式で今現在になってリコールが起こるものなのでしょうか?
購入してすぐにリコールと言われて親子してなにやらもやもやしたものがありまして質問にいたりました。

読みにくく分かりにくい質問になっているかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

車のリコールについては下記で理解しましょう

http://www.mlit.go.jp/jidosha/carinf/rcl/index.html

リコールはメーカーが発表するものです。
購入後にリコールが発表されても別に不思議でもないです。

リコールにも種類があります。
緊急性のあるものや点検時に対応するものなど。

Q憲法前文・9条このままで良いとの意見理由とは? 9条に付加えるべき、取外すべき文言とは?

憲法前文 1部抜粋
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、『平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、』われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。 

日本国憲法 第2章 戦争の放棄
第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


『平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、』に関して
他国を侵略しまくる中国のような平和を愛さない諸国民に公正
など有りえないのだが、憲法には、平和を愛さない諸国民への
対応が書かれていないのが多くの日本人の疑問や恐怖感を
煽る結果になっていると考えられる。
そこで、日本人の生命財産安全・日本国の主権を守る為に
この中国共産党日本支部の日本共産党が大好きな条文を
どの様に変えるべき?
いいや、このままで良いと言われる方は、なぜ?

憲法前文 1部抜粋
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、『平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、』われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。 

日本国憲法 第2章 戦争の放棄
第...続きを読む

Aベストアンサー

1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持する。

自衛権はあるけど自衛手段がない、「矛盾」を解消。

民事には介入しないけど、刑事には介入する。
世界に警察をめざす。
まずは、自警団。

Qトヨタ自動車のリコール問題、なぜマスコミは報道するのか?

トヨタ自動車のリコール問題が報道されています。

今まで、マスコミ(ここではNHK以外の民放テレビラジオ、新聞社)は「報道の自由」を錦の御旗として掲げながら、実はタブーがありました。
1 皇室タブー
2 宗教タブー(特に多数の国会議員を送り込んでいるアノ宗教)
3 ヤクザタブー
そして実は最大のタブーが「スポンサータブー」です。
民放、新聞社にとって多額の広告宣伝費をつぎ込んでくれるスポンサーさまはある意味、購読者や視聴者以上に大切なお客様。そしてトヨタ自動車は日本で群を抜く最大額の広告宣伝費をマスコミにじゃんじゃんばら撒いています。
 そのおかげでいわばマスコミはトヨタ自動車から給料をいただいているようなもの。トヨタの悪口なんて絶対言えません。

しかし、今回は連日トヨタのリコール隠しを報道し、アメリカ議会で追及される豊田社長、果ては従業員を前にして涙ぐむ姿まで報道しています。
今までの慣例から行けばトヨタの不祥事など報道せず、関知せず、という姿勢を貫いてもよさそうなものですが、なぜ報道・放送するのでしょうか? 「男らしく」ありませんね。

 それとももうトヨタなんて怖くない、ってこと?

トヨタ自動車のリコール問題が報道されています。

今まで、マスコミ(ここではNHK以外の民放テレビラジオ、新聞社)は「報道の自由」を錦の御旗として掲げながら、実はタブーがありました。
1 皇室タブー
2 宗教タブー(特に多数の国会議員を送り込んでいるアノ宗教)
3 ヤクザタブー
そして実は最大のタブーが「スポンサータブー」です。
民放、新聞社にとって多額の広告宣伝費をつぎ込んでくれるスポンサーさまはある意味、購読者や視聴者以上に大切なお客様。そしてトヨタ自動車は日本で群を抜く最...続きを読む

Aベストアンサー

報道の自由というか、報道の勝手。
自由と勝手がその時々の都合のいいように解釈して、今の報道は
タブーどころか、わざと真実を捻じ曲げたりと何でもありです。
これは、アメロカだけでなく日本も同じです。
マスコミは真実の報道、検察は国民のための正義、官僚は国家・
国民の公僕として、建前はそうですが実態は皆腐っています。
日本社会自体自己利権のために義を捨て腐りきっているのに
マスコミだけに求めるのも・・・

マスコミはマッチポンプで視聴率のためにネタ話題つくり、
針小棒大にことを荒立て、国民に真実を捻じ曲げたことですら
そのためには、公然とやってのけます。それぞれの個々人見識
がないと真相を誤って判断してしまう時世ですね。

小沢事件も現金で不動産買ったことをもって怪しいとあちこちに
ガサを入れ何か犯罪者の様に仕上げられましたしね。
そんな世界ならだれもキャッシュで不動産を買うことすら適わなく
なるほどバカバカしい事件です。
検察の黒い動きと、マスコミのチンドン屋ぶりを鵜呑みにする国民、
日本のレベルが低すぎることに情けなくなる。

報道の自由というか、報道の勝手。
自由と勝手がその時々の都合のいいように解釈して、今の報道は
タブーどころか、わざと真実を捻じ曲げたりと何でもありです。
これは、アメロカだけでなく日本も同じです。
マスコミは真実の報道、検察は国民のための正義、官僚は国家・
国民の公僕として、建前はそうですが実態は皆腐っています。
日本社会自体自己利権のために義を捨て腐りきっているのに
マスコミだけに求めるのも・・・

マスコミはマッチポンプで視聴率のためにネタ話題つくり、
針小棒大にこと...続きを読む

Qリコール

日産自動車が25車種102万台をリコールするそうです。しかし、最近やたらと各メーカーがリコールをかけていますが、なぜ、こんなにリコールが増えたのでしょうか?

Aベストアンサー

Q/こんなにリコールが増えたのでしょうか?

A/増えた?かどうかはよく分かりませんが、まあ増えたとすれば原因は結構ある。既にモラルやコストの問題は書かれていますが技術的な面も多いですよ。

今回の場合は、パーツが多様化しハイテク化していることが大きいですね。車は既に自動車の機械部品だけで構成されるものではなく、デジタルな回路も複数制御に使われています。
これは、安全対策や燃費対策が複雑化し人間の運転技術や開発技術だけでまかなえない細かな制御をコンピュータに任せる傾向が出ているため、その結果としてリコールが増加する場合がある。
今回の日産はそれに該当するはずです。
http://www.mlit.go.jp/jidosha/recall/recall03/10/recall10-302.html

ちなみに、17日のスズキ及びシボレーもそうですね。
http://www.mlit.go.jp/jidosha/recall/recall03/10/recall10-17.html
http://www.mlit.go.jp/jidosha/recall/recall03/10/recall10-17-2.html

後は、昔より車の製造台数が増えたこともある。大量生産が当たり前になり、昔の手作り率が高かった時より同じものを大量に作る力は付き、価格は安くなったが、その反面、一度に製造数台数が増えたことで、一度のリコールで大量の車が対象になるようになった。

また、同じパーツを他の車とも共通化する率が増えたことで、1つに欠陥があると数万台単位でリコールが必要になり、以前は回収を定期の点検程度でもでき、かくしてきた場合もあったかもしれないが、今はそれが出来ない状況になったこともあるでしょう。

他にも考えられる要因は多々あります。法律面でも長い目で見れば違いが出ているはずですしね。



まあ、同じプラットフォームでずっと同じ車を作っていれば別ですが、毎年モデルを更新し、新しい技術を入れており、その上年々複雑な技術を入れて購買意欲をかき立てようとすれば、徐々にこういう問題も増えてきます。これは、車に限らずコンピュータでもテレビでもゲームなどのソフトに至ってもバグが複雑になれば必ず増えてきます。まあ、見つからない場合も多いですが・・・人間である以上、複雑なものを求め続ければこのような不具合の修正は、作る側は今以上にそのような問題を回避しようと努力するようにならない限り増え続けるでしょう。

ちなみに、公開されているリコールは参考をご覧下さい。テレビ等で大々的に放送されるリコールは一部だったりする。(ニュース番組によっては全てをニュースにしている場合もあるかも、新聞はほぼ全てが書かれているはず、全紙・全車種かは不明)

13年から書かれていますが、リコールの数自体は、それほど変わらないかと思いますよ。ただ、台数比で考えると、統一パーツに欠陥があれば増えますから、年によって上下することになるでしょう。

参考URL:http://www.mlit.go.jp/jidosha/recall/recall03/recall_.html

Q/こんなにリコールが増えたのでしょうか?

A/増えた?かどうかはよく分かりませんが、まあ増えたとすれば原因は結構ある。既にモラルやコストの問題は書かれていますが技術的な面も多いですよ。

今回の場合は、パーツが多様化しハイテク化していることが大きいですね。車は既に自動車の機械部品だけで構成されるものではなく、デジタルな回路も複数制御に使われています。
これは、安全対策や燃費対策が複雑化し人間の運転技術や開発技術だけでまかなえない細かな制御をコンピュータに任せる傾向が出...続きを読む

Q今、トヨタ自動車がリコール問題で対応の遅れが批判されております。しかし

今、トヨタ自動車がリコール問題で対応の遅れが批判されております。しかし「対応が遅かった」と幾度も言われておりますが、具体的に「どのように対応が遅かった」のでしょうか?また、どのようであれば「対応が早かった」ということになるのでしょうか?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

プリウスの話ではなくアメリカで確認されたアクセルが戻らないことですよね。

これは最初のリコールの原因である、フロアマットに引っかかりアクセルが戻らなくなることで中には市販の厚いマットが一要因なこともあり今ほど大騒ぎの要因になるものでした。しかしリコールを認めるまで時間が掛かったのも事実です。(多分トヨタの標準のマットなら問題ないので完全不具合とは認めたくない気持ちはわかります)
それが’09年11月426万台リコール


その後もう1つのアクセルの支持部分が長時間の使用で磨り減り、湿気など条件が加わると今まであった隙間がなくなり渋い状態になってアクセルが戻らなくなる問題です。
これは特定の条件が揃わないと出ないので簡単に原因究明できなかったかなと思います。また前のフロアーマットの事象に隠れて見えなかった可能性もあります。(アクセルの不具合はフロアマットだけだと思い易い)
それが’10年1月で230万台です。

しかしこれを消費者の立場で見るとフロアマットで他社の車は問題になっていないとか、同じアクセルの問題で短期間に2回リコールは隠していたが追求され出したみたいな印象を受けます。
それも何百万台もあれば印象として今までの品質神話は隠蔽によるものかとい疑いたくなります。

私も製造業で客先対応していたのでトヨタの陥ったトラブルの経過は正解ではないが陥り易い落とし穴であることも理解もできます。



ブレーキオーバーライドシステムは今回の様にアクセルが戻らない場合にブレーキを優先すると考えるといいと思います。
また今回の様に物理的に戻らない場合もですが最近電子制御の場合も有効な設計の指針だと思います。
ただある自動車評論家が左足ブレーキの人が交差点で待っている時などでアクセルが吹き上がらない問題も可能性としてあるので味付けというかセッティングは注意が必要だと言ってました。

プリウスの話ではなくアメリカで確認されたアクセルが戻らないことですよね。

これは最初のリコールの原因である、フロアマットに引っかかりアクセルが戻らなくなることで中には市販の厚いマットが一要因なこともあり今ほど大騒ぎの要因になるものでした。しかしリコールを認めるまで時間が掛かったのも事実です。(多分トヨタの標準のマットなら問題ないので完全不具合とは認めたくない気持ちはわかります)
それが’09年11月426万台リコール


その後もう1つのアクセルの支持部分が長時間の使用で...続きを読む

Qリコールについて教えてください

明らかに商品に欠陥が見られ、不具合製品だとメーカーも認めている場合、当然リコール商品だと思うのですが、その商品が一般消費者向けではない為、事実が公にならない場合、リコール商品ではないかという事を公に投げかけるにはどういう方法がありますか?
欠陥品を認める書類は存在します。

Aベストアンサー

No2です。
言い忘れましたが、リコールの判断はメーカですので、今メーカは
リコール公表しないのは納入先が全て把握できているか、一過性で拡大
しないと判断している可能性があります。
もし、大企業相手なら歩が悪いと思いますね。
大企業は用意周到ですから、絶対に損害賠償には応じません。
1件認めたら全て認めることになり会社存続の危機は建前で、自分が
役員時代に汚点を付けたくないのが正直な所でしょう。

でも、メーカで一番怖いことは何か教えましょう。
人伝えでの悪い噂と製品を一切取り扱わないことです。
貴方と同じ思いの人が多ければそのメーカの製品は全て扱わなくなりますので、
改善するか倒産するかとなります。
多くは改善し信頼を得たいと思うでしょうね。
その反面、貴方だけの意見の時は批判が一挙に来ますので、精神的に耐えることができるかとなります。
嫌がらせは有りとあらゆる手段できますから、相当きついようですよ。
メーカと戦うのは相当な覚悟と精神力がないとできませんから、一個人では到底太刀打ちできません。
良い例が、松○製のTV焼損訴訟ではPL法がなかったため、当初は立証が出来ず原告の敗訴が濃厚でしたが、
PL法が施行されて逆転し原告が勝訴しました。

現代ではメーカより損害分の賠償を払うかどうかが焦点となりますので、
貴方のようにリコール公表するかどうかについては判例がないでしょうね。
仮に訴訟を起こしたとしても貴方に何の得がありますか?
メーカへの名誉毀損や営業妨害などで逆提訴され損害賠償の餌食になりかねませんよ。
世直し隊も良いですが、自分の身だけでなく家族のことも考えるべきでしょうね。
告発は良いことでも辛いですよ。
昨日も社保庁の元課長と言う人が顔出しでTVに出ていましたが、
裏では嫌がらせや脅迫などの電話などで悩んでいると思いますよ。
告発するにも大きなリスクがあり相当の覚悟がないと出来ません。
それでは、ご健闘をお祈り致します。

No2です。
言い忘れましたが、リコールの判断はメーカですので、今メーカは
リコール公表しないのは納入先が全て把握できているか、一過性で拡大
しないと判断している可能性があります。
もし、大企業相手なら歩が悪いと思いますね。
大企業は用意周到ですから、絶対に損害賠償には応じません。
1件認めたら全て認めることになり会社存続の危機は建前で、自分が
役員時代に汚点を付けたくないのが正直な所でしょう。

でも、メーカで一番怖いことは何か教えましょう。
人伝えでの悪い噂と製品を一...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報