親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

会社員が会社をやめて、何らかのかたちで収入があるのに

失業保険を貰ったらどうなりますか?

アルバイトで収入があったらばれますか?
株の配当や、土地の賃貸収入など何らかの権利収入があった場合は?
確定申告すればばれるのですか?

教えてください。宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

失業保険は


雇用保険の失業給付ですね。

失業給付は失業している人に給付されます。
失業とはすぐ働ける状態にあるのに職がないことです。

>株の配当や、土地の賃貸収入など何らかの権利収入があった場合は?

雇われていませんし、自らの労働によって得た収入ではないので問題ありませんが
賃貸を事業として青色申告の特別控除65万円を使っていれば
失業ということにはなりません。
株取引や賃貸を業として行えば自営の開業なので
失業給付自体が打ち切られます。
業として賃貸をしている人は失業者ではないので
不正受給以前に失業給付を受ける権利がありません。

業の判断基準としては

独立家屋の数が5棟以上
独立家屋以外の建物の賃貸が10室以上
土地の賃貸件数が10件以上
建築物である駐車場または機械設備を設けた駐車場
駐車台数が10台以上
不動産または駐車場の賃貸に係る賃貸料収入の額が年額500万円以上
 
このどれかに該当すれば業として賃貸業をやっていることになって
失業給付は受けられません。

>アルバイトで収入があったらばれますか?

ばれますかではなく、
受給期間中に自らの労働によって収入を得た場合は
申告することになっています。
一日4時間を越える労働をすればその日の基本手当は不支給となって
日数が後ろに足されます。
4時間までの内職、手伝いに関しては受け取った収入と
貴方の賃金日額によって基本手当の減額等があります。

それらを申告せずに基本手当を受け取れば不正受給ということになります。
その賃金を払った会社の全従業員、社長、役員、
自分の家族全員に口止めできなければ
どこから漏れるかわかりません。
飲み屋で今働きに来ているアルバイトの○○さんと紹介されたときに
関係者がその場にいたとか
子供が友達の家でしゃべったとか
そんなことからの通報で見つかるんです。
見つかった不正受給の8割以上は
就職がきまったのに黙っていたということなので
不正にもらった額は20万円未満が大多数です。
これは雇用保険に加入するので
雇われた企業がグルでないと必ずばれます。
そんなことをするのはアホです。

不正に手当を受け取った事が確認されれば
支給が停止され
受け取った基本手当の返還と不正に受け取った額の2倍の額の納付命令なので
俗に言う3倍返しということになります。
返還請求権の時効は2年ですが、
ハローワークがその記録を残すことは禁じられていません。
    • good
    • 11

1週間で20時間以上働いた収入の場合は失業保険は支給されないと聞いています。

それ以外、家賃収入、配当、懸賞金の当選金、顧問料等は問題はありません。
    • good
    • 9

>株の配当や、土地の賃貸収入など何らかの権利収入があった場合は?


 ・問題なし
 ・普通に失業給付を受給して下さい
>アルバイトで収入があったらばれますか?
  1.失業給付の手続きの前にアルバイトをしていて、その給与の支払いが手続き後に有った場合
    ・・これは問題有りません・・普通に失業給付を受給して下さい
  2.失業給付の手続き後にアルバイトをした場合
    1)給付制限期間の3ヶ月にアルバイトをした場合
      給付制限間ならアルバイト収入があっても問題なし(但し雇用保険に加入しない働き方限定)
    2) 失業給付の給付期間にアルバイトをした場合
     給付期間にアルバイトをする場合、働き方に制限があります、その制限内でアルバイトをして
      認定日に所定の申告(記載)をすれば問題なし
     ・・上記の正規の手順にしたがわず、アルバイトをして、無申告の場合
       不正に失業給付を受給したことになるので、不正受給扱いで処分を受ける可能性あり
(支給停止、返還(受給した失業給付金の返還)、納付(罰金として返還金額の2倍相当が請求される)
    • good
    • 7

株などの収入は問題になりません。

賃貸は事業的規模だとまずいですが、あくまで求職、つまり失業状態で職を探しているかどうかが問題になります。
バイトなどなら申告すれば減額なり先送りなりになるだけで問題ありませんが、申告せずにばれた場合はそれまでの給付額の3~4倍を返す事になります。
ばれるのはたいていたれこみみたいですけどね。
宝くじ3億円当たっても、失業給付には問題ありません。
逆に、会社を設立した場合は、たとえ売上げがゼロだろうが持ち出しだろうがダメです。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家賃収入があります。失業保険もらえますか。

3月末で自己都合退職します。再就職先はまだ決まらず、退職後に就職活動を本格的にしたいと思っています。
じつは小さなアパートを所有し、わずかですが家賃収入があり、確定申告(青色申告)もしています。
就職先が決まるまで、失業保険が給付されると生活費としては、とても助かるのですが、受給資格はあるでしょうか。

Aベストアンサー

問題はありませんから、ハローワークで失業給付の申請を行なって下さい
必要書類等は下記を参照
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_procedure.html

Q家賃収入有りで、失業保険はもらえますか?

宜しくお願いします。
会社都合(人員整理)で退職となります。
自分に家賃収入がある場合は、失業手当がもらえないと聞きました。
家賃収入がある場合の、失業保険給付条件について、教えていただきたく、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

収支表? 離職票-2のことですか?
収入に応じてというのは離職の日以前に「自己の労働」で得た収入のことです。「基本手当日額」は原則として離職した日の直前の6か月に毎月きまって支払われた賃金(つまり、賞与等は除きます。)の合計を180で割って算出した金額(これを「賃金日額」といいます。)を計算します。
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_basicbenefit.html

ただし、No.2にもあるように、アパート経営を個人事業主として届出していると受け取れません。不動産会社に委託していてもそれは無関係です。

不正受給の典型例
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_dishonesty.html

Q失業保険貰いながら個人事業の立ち上げ

失業保険を貰いながら個人事業の立ち上げの準備(資料集めや資金集め)をしたいと考えています。

ハローワークに、無収入であることは間違いないのでそのように報告して、満期まで失業保険を貰って、給付終了と同時に個人事業の立ち上げ(正式営業のための申請)をすることは出来ますか?

またはフライングで先に申請をしてしまうことは出来ますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 Uragimielさん こんばんは

 失業保険を受給出来る条件は、就職活動している人(つまりUragimielさん以外が起業した企業に就職する意志がある人)と言う事になります。その間の就職活動資金や生活費の足し前として受給されるのが失業保険の保険金です。ですから失業保険を貰いながら個人事業の立ち上げの準備をする事は違法になります。
 もし本当に「失業保険を貰いながら個人事業の立ち上げの準備」(違法と解った上でも)をしたいなら、どこかの企業に就職の為の訪問をしたと言う実績を作って下さい。(もちろん友人が経営している企業に就職活動をしたと言う事にしてもらって口裏を合わせるでも良いです。)それか職業訓練学校に通って下さい。以上の事をしない限り、途中で給付カットになる可能性が有ります。
 私が失業保険の受給した時では、どこでどんな就職活動または職業訓練学校に通ったかの確認が有った後に給付となりました。私の場合は、父が病気になって父のしていた商売を手伝う為に今まで勤めていた薬局を退職して受給していました。父の死が近い事も解っていましたので、父が亡くなった後の店舗を薬局にする予定での退職でしたから、どこにも就職するつもりは一切有りませんでした。それでは受給出来ない事が解っていますから、端から友人の薬局に就職の面談に行った事にして口裏を合わせてもらっていました。そう言う形で9ヶ月間失業保険を貰っていました。ですから、何らかの形で就職活動をするか友人の企業に口裏を合わせてもらうかしないと満期まで貰う事は出来ません。

 以上が法律上の正しい解釈と正しい(ある意味裏技を含みますが・・・)処理方法です。ところ失業保険を貰っていながらフライングで個人事業主の登録をしても、縦割り行政の悪い点で多分見つからないだろうと思います。これは「だろう」であって、「見つからない」と言う断定ではない訳です。ですから、本当に満期まで受給したいと考えているなら、絶対にフライングしない事です。例えば国金等の公的機関からの資金集めだとそこから漏れて事業の資金集めしていると言う事がばれないとも限らないので、絶対に受給期間中は公的機関からの資金集めはしない事です。そこまでしないと、どこからバレルか解らないですし、正確には失業保険を貰いながら個人事業の立ち上げの準備をする事自体が法律違反なんですから満額受給することは難しいと考えた方が良いでしょう。

 Uragimielさん こんばんは

 失業保険を受給出来る条件は、就職活動している人(つまりUragimielさん以外が起業した企業に就職する意志がある人)と言う事になります。その間の就職活動資金や生活費の足し前として受給されるのが失業保険の保険金です。ですから失業保険を貰いながら個人事業の立ち上げの準備をする事は違法になります。
 もし本当に「失業保険を貰いながら個人事業の立ち上げの準備」(違法と解った上でも)をしたいなら、どこかの企業に就職の為の訪問をしたと言う実績を作って下さい。...続きを読む

Q失業保険を受ける場合、株の取引はできますか。

現在、失業中です。
雇用保険の、失業給付を受けたいと思っています。
失業前から、株取引を、特定口座を使って行っています。
株取引は、違法でしょうか。

Aベストアンサー

株式の「売買を職業とする」ならば失業の状態では無くなる為失業給付金を受ける事は出来なくなりますが、この基準は所謂「20万株以上かつ年間50回以上」の取引を行う場合に限られます(旧所得税課税基準)。つまり日々取引しても小口ならセーフ、大口を週1ペースにこなすなら職業と見做すのです。
但し20万株は売買合計です。小口でも売り買い交錯すれば届く可能性はあります。甘く見ないように。

Q給付制限期間中にアルバイトをした場合、給付額はどうなりますか?

先日、自己都合退職をし、職安から認定を受けた者です。
給付制限期間が3ヶ月ありますが、この間、求職活動をしている間にアルバイトをした場合、3ヶ月後に給付される失業保険額はどのようになりますか?
当座の生活の為にはアルバイトをせざるを得ないので…。

御教授くださいませ。

Aベストアンサー

snakemenさん、はじめまして。

私も就職活動のため、職安に通っている者です。

回答としては、給付制限中にいくらアルバイトをしても、給付制限期間後の給付額には影響しません。

基本的に職安ではアルバイトを禁止している訳ではありませんよ。
ただ、仕事をしたら (その収入の大小に関係なく) 申告をしなさい、という事です。
(ですから、No.2 の方のご回答には、誤解があると思います。)

給付制限中は、第1回目の認定日の後は、給付制限が終わるまで認定日はありません。
ですから、給付制限終了後の最初の認定日の時に、給付制限期間中の就業状況を申告することになります。

この時に、給付制限期間が満了した日以後もアルバイトをしていると、その仕事をした日については、給付の繰り越しではなく、基本手当の替わりに 『就業手当』 として支給されることになります。
(支給要件に該当しないアルバイトの場合は、ただの繰り越しになります。)

就業手当 (or 早期就業支援金) は、基本手当日額の 30% (早期就業支援金の場合は 40%) しか支給されません。
就業手当の支給要件に該当するアルバイトでは、本人の意思に関係なく就業手当が支給されてしまいますので、意図的な繰り越しはできないようになっています。

また、そのアルバイトが継続的なものである場合、就職したと見なされ、基本手当の給付自体がストップする場合もあります。
(一般に、週20時間以上のアルバイトを 2週間以上継続していると、就職したと見なされるようです。ただし、職安によっても判断が違うようですが。)

給付制限中にまとまったアルバイトをしていた場合は、そのアルバイトが今後も継続するものかどうか、職安での審議の対象になります。
その場合は、行っていたアルバイトが終了したものであることを証明するために、『退職証明書』 の提出を求められることがあります。
退職証明書の書式は、『受給資格者のしおり』 に添付されていると思いますので、会社の担当者に書いてもらっておくといいでしょう。

なお、給付制限中のアルバイト自体が就職したと見なされた場合 (第1回目の認定日が来る前に、アルバイトを開始した場合などは、その時点で就職と見なされることがあります。) は、アルバイトを辞めた後で、再度求職申込みの手続きが必要になります。
その場合でも、給付制限は、当初の期間が満了すれば終了しますので (就職の扱いになっても、給付制限期間はそのまま進行します。)、給付制限の期間が過ぎていれば、改めて手続きをした時点から、直ぐに給付を再開できます。

snakemenさん、はじめまして。

私も就職活動のため、職安に通っている者です。

回答としては、給付制限中にいくらアルバイトをしても、給付制限期間後の給付額には影響しません。

基本的に職安ではアルバイトを禁止している訳ではありませんよ。
ただ、仕事をしたら (その収入の大小に関係なく) 申告をしなさい、という事です。
(ですから、No.2 の方のご回答には、誤解があると思います。)

給付制限中は、第1回目の認定日の後は、給付制限が終わるまで認定日はありません。
ですから、給付制...続きを読む

Q副業で個人事業主(青色申告)している場合の失業保険

現在、サラリーマン(主収入・雇用保険加入)をしつつ、
細々とアフィリエイトを行い、個人事業主として開業届をだして青色申告をしています。

ただし、副収入については年間数万円で、サーバー代やドメイン費用を経費で差し引くと
決算はマイナスになっており、まだまだ趣味の領域をでておりません。

(1)この状態で8月に主収入のある会社を自己都合で退職した場合、
失業手当の支給を受けることはできるのでしょうか?

(2)開業届をだし個人事業主になっている時点で、利益がマイナスだとしても
失業手当の受給資格はないという認識でいますが、それであれば
個人事業の廃業(または停止)届を出せば、失業手当は受給可能でしょうか?

(3)廃業(または停止)する場合、主収入のある会社を退職するよりも前に
手続きを完了しておく必要があるのでしょうか?
(退職後、失業手当の受給待機期間が終わるころ(12~1月頃?)に届けを出しては遅い?)

副収入のほうは利益がぜんぜん出せておらず、今後も再就職を予定しております。

開業届については、屋号を付けてみたいという自己満足で届けをだしましたが、
失業手当がもらえなくなるのであれば一度廃業届をだそうかと検討しています。

できれば今後も屋号を使いたく、将来的には副業として利益をだし青色申告をしたいため
廃業届などを出さずに失業保険が受給できる方法があれば幸いなのですが。。

現在、サラリーマン(主収入・雇用保険加入)をしつつ、
細々とアフィリエイトを行い、個人事業主として開業届をだして青色申告をしています。

ただし、副収入については年間数万円で、サーバー代やドメイン費用を経費で差し引くと
決算はマイナスになっており、まだまだ趣味の領域をでておりません。

(1)この状態で8月に主収入のある会社を自己都合で退職した場合、
失業手当の支給を受けることはできるのでしょうか?

(2)開業届をだし個人事業主になっている時点で、利益がマイナスだとしても
失業手当の受...続きを読む

Aベストアンサー

一応開業状態が続いていれば「失業の状態」では無い為(現に職業に就いている為)失業給付金の申請自体が却下されます。
廃業届を税務署に提出後、受理印のある副本を添付する必要があります。
尚廃業当日迄の経費は税務上必要経費として尚認められますから青色申告は継続し、失業給付金を受給終了(又は再就職)した時点で再度開業届を提出します。

Q雇用保険は収入になりますか?

今年の2月末まで会社で働き、
その後、会社都合で退職しました。
そして、3月から雇用保険を貰っていました。
今は短期の派遣社員として働いております。
今年の8月頃に入籍予定で、彼の扶養なります。
この場合の雇用保険は収入としてみなされるのでしょうか?
収入とみなされるのであれば、103万円をこえてしまい、扶養には入れないですよね?
現在同様、今年いっぱいは国民年金や健康保険を自分で払わなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

皆さん書かれているように、
・扶養には2種類あること
(税金関係と、社会保険関係)
・その2種類について、それぞれ、もらった失業給付の扱いが違うこと
がポイントです。

税金関係については、失業給付は収入に入れません。
収入では103万円、所得だと38万円までです。(収入から、必要経費とか給与所得控除とかって言われるのを引き算したのが、所得です。給与所得の場合、年収103万円と、年間所得38万円は、同じことを言います)
1月1日から計算を始め、12月31日までの累計で考えます。

社会保険については、失業給付も金額に入れます。
130万円までです。
いつからいつまで、という期間ではなくて、向こう1年間の収入見込みが130万円までです。

このシステムの違いにより、「税金上は扶養になれるのに、社会保険上は扶養になれない」「税金上は扶養になれないのに、社会保険上は扶養になれる」という、まったく逆の状態になることもあります。

たとえば、12月31日締めの年収が103万円以下なので、税金上は扶養に入れる。ところが、12月から何らかの事情で多い収入をもらうことになって(勤務日数が増えたなど)、向こう1年間の収入見込みが130万円を超えそうなので、社会保険上は扶養になれない。

また、11月までは正社員をやっていたので、12月31日締めの年収は103万円をパーンと超えていて、税金上は扶養になれない。ところが、12月から専業主婦になったため、向こう1年間の収入見込みが0円なので、社会保険上は12月から扶養に入れる。

あなたの場合の具体的な予想です。
失業給付は、税金上の扶養になるかどうかの計算には入れませんので、単純に「2月まで働いていた会社でもらった給与・賞与」「短期の派遣社員の給与」「今後、他にも給与所得などあったら、それも」を合計して、103万円を超えなければ、税金上は未来のご主人の扶養になれます。

社会保険上の扶養ですが、過去の分は考えなくても大丈夫です。
入籍の時点で失業給付をもらい終わってるなら、その支給額も考えなくていいです。そして、入籍の段階で「向こう1年間の収入見込み」=派遣社員のお仕事を続けるなら、その給与の見込みで考えて大丈夫と思います。

失業給付のように、日額いくらという支給額が決まっている場合は、日額が基準以上だと社会保険上の扶養に入れないっていうのがあります。
月給制の場合、月額いくらって感じです。
なお、社会保険上の扶養は(しつこいようですが)向こう1年間……ということで、税金上の扶養のように「1月1日になって年収計算をリセットする」わけではないです。

皆さん書かれているように、
・扶養には2種類あること
(税金関係と、社会保険関係)
・その2種類について、それぞれ、もらった失業給付の扱いが違うこと
がポイントです。

税金関係については、失業給付は収入に入れません。
収入では103万円、所得だと38万円までです。(収入から、必要経費とか給与所得控除とかって言われるのを引き算したのが、所得です。給与所得の場合、年収103万円と、年間所得38万円は、同じことを言います)
1月1日から計算を始め、12月31日までの累計で考え...続きを読む

Q個人事業主は失業保険をもらえる資格はありますか?

個人事業を始めてやっと約1年。
準備などに殆ど明け暮れ、去年は利益は0。今年に入ってようやく少しお客様がついたぐらいなのですが、定収入にはまだまだ程遠く、派遣の仕事をしていました。ですが、今回、健康の理由でどうしても退社しなくてはならず、定額の収入がなくなるので、失業保険を申請したいのですが、個人事業主になっている場合は、個人事業での利益がなくても、もらえる資格はないのでしょうか。 どなたか、出来れば専門家の方、アドバイスをお願いできれば幸いです。

Aベストアンサー

ちょっと失礼します。
 
http://www.hellowork-sapporo.go.jp/koyouhoken/koyo_a01.html
このWeb頁の下の方を読めば、個人事業主が失業保険を受給出来るかどうか、よく分かります。

http://yamashiro.web.infoseek.co.jp/jouken.html
このWeb頁の下1/3辺りには、
<blockquote>
受給中に心境の変化があった場合、たとえば「最初は就職するつもりで給付を受けていたが、途中でラーメン屋をやることにした」というケースでは、不動産屋で物件の契約をした日であるとか、セミナーの受講手続きをした日など「具体的な準備を始めたとき」からが不正受給の対象となる場合が多いようです。
</blockquote>
と有ります。

なかなか御苦労が多い様ですが、「事業主」となったからには「個人」で頑張らねばならない、
と云うのが実情です。世知辛い世の中です。状況が好転する様に電線の向こうから、御祈り致します。
 
まずは御話まで。御役に立てれば幸いです。

<img height="6" alt="" src="images/dot.gif" width="1">

ちょっと失礼します。
 
http://www.hellowork-sapporo.go.jp/koyouhoken/koyo_a01.html
このWeb頁の下の方を読めば、個人事業主が失業保険を受給出来るかどうか、よく分かります。

http://yamashiro.web.infoseek.co.jp/jouken.html
このWeb頁の下1/3辺りには、
<blockquote>
受給中に心境の変化があった場合、たとえば「最初は就職するつもりで給付を受けていたが、途中でラーメン屋をやることにした」というケースでは、不動産屋で物件の契約をした日であるとか、セミナーの受講手続きをした日など「...続きを読む

Q失業保険受給待機中にしてはいけない事は?

こんにちは。よろしくお願いします。

出産のため会社を退職し、育児後再就職するため失業保険の受給延長手続き中です。

まだ生まれていないのですが、生まれてから1年後くらいから就職活動しようと思っているので、その頃から失業保険を受給しようと思っています。

今してはいけない事(すると失業保険が受給できなくなる)ことは何ですか?

・サイト立ち上げ→広告バナーによる副収入。
・アンケートモニター応募、参加により謝礼受取り。
・治験モニター参加(妊娠に影響のない物)、謝礼受取。
・小遣い稼ぎサイト(ポイント集め→現金や図書券受取)
・株、FX取引により収入を得る。

等、やってみたいのですが、失業保険が受け取れなくなるならやめようと思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問者様が挙げている例は不労所得ですね。

家賃収入などの就労しての所得ではなく、不労所得は給付制限および支給期間両方とも制限はされませんし申請は不要です。(議員などの役職手当は申請が必要)
ですから不労所得は何の影響も無いですので、詳細は職安で伺われると宜しいですよ。

蛇足ですが給付制限中の労働も報告すれば支給開始日にも支給日数や金額にも何の影響もありません。(就労手当を請求してしまうとその日数は削られます)

Q失業保険給付中のFX収入について

失業保険給付中にFXの収入がかなりあった場合、問題になるのでしょうか?

例えば6ヶ月給付期間があるとして、FXで毎月30万×6 180万あった場合など

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

Moryouyouと申します。よろしくお願いします。

結論から言うと、問題ありません。

雇用保険の受給は就労があったかどうかが問題となるのです。
FXでの収益は一般的には不労所得と呼ばれます。
(私はこの言い方あまり好みませんが…)
就労によって収入があったわけではなく、一時所得として
ハローワークへの申告さえ必要ありません。
私も失業中も投信の分配金がかなりありました。A^^;)

しかし、あなたが投資に目覚め、個人事業主となり、
投資顧問や投資アドバイザーとして開業するんだと準備を
始めたら、収入がなくても、雇用保険の受給は停止となります。

不思議ですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング