物件を貸出するに当たり、何軒の不動産会社に紹介してもらうのが良いのでしょうか。

一軒家を貸したいのですが、現在1つの不動産会社(全国チェーン)に仲介依頼をかけています。
ネットで私の貸し物件を見ますと、紹介されているサイトがまちまちです。
そのため、何件かの不動産会社に紹介をお願いしようと思っているのですが、
何件にも紹介依頼(仲介依頼)をかけても良いのでしょうか。

当方不動産を貸し出すことが初めてなので、
どなたか教えてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

大家やってます。



最初に頼んだ業者とは専任で頼んでますか?
専任媒介ならば他は不可、一般媒介ならば他にいくつの業者に頼んでもOKです。

ただ、賃貸物件は基本的にレインズという機関に登録されますので、他の業者とも共有されることになっています。
ネットへの掲載は各賃貸情報サイトによって仕組みが違うので、仲介業者を増やしたり変えたからといって大きく変わるものではないと思います。

個人的には、ネットでの情報はあくまで業者とコンタクトを取る入口であって、実際にそこで見た物件が契約に至る確率は少ないかと思います。
それよりも地元に密着した献身的な仲介業者見つけ、仲良くなって多くの借主に紹介してもらう方が成約率は高いと思います。契約後のトラブルも少なく安心して貸し出せますし。

相性もありますので、まずは一般媒介でいくつかの仲介業者とコンタクトを取り、長く付き合っていける業者をさがされてはどうでしょうか。

売買と違って、不動産の賃貸は契約してオシマイではありません。
入居者の入れ替わりや色々なトラブルも常につきまといます。
あちこちに頼んでとにかく露出度を増やしたところで、契約には至ってもその後のトラブルに悩まされる事も多くあります。

一軒家を貸し出す=大家ですよね。
大家として、不動産賃貸に関する知識はもちろん最低限必要ですが、人間力というか信頼関係みたいなモノも大切です。

自身の大切な財産を貸し出す訳ですから、机上でも実地でももう少し知識と経験を増やさないと困った状況に陥る可能性が大な気がします。
頑張ってください。
    • good
    • 1

貸主が頼む不動産屋を元付け不動産屋と言います。

入居者が決まった後で管理や家賃徴収をしてくれる不動産屋です。それと元付け不動産屋に頼まれて入居者を探す客付け不動産屋があります。もちろん貴方が頼んだように全国チェーンの客付け不動産屋に頼むのも間違いではありませんが、素人がやってしまう方法です。
全国チェーンの不動産屋(ほとんどがフランチャイス制)は自分の関連しか情報を流しませんので、逆に入居者をつかめないのです。俗に言う囲い込みをして利益を独占しようとするのです
地元で長くやっている不動産屋に頼むとチェーンがないので広く仲間の不動産屋に頼むのです。その中には全国チェーンの不動産屋たちも含まれるのです。入居者を見つければ入居者が客付け不動産屋に手数料を支払います。昔からやっているその方法が実は一番良いのです。
知らずに頼んだとは言え、その全国チェーンの不動産屋の専任になっているのではありませんか。だったら他の不動産屋を使うことは出来ません。その全国チェーンの不動産屋は手数料の両手取りを考えているはずです。他の不動産屋からの問い合わせがあっても両手取りしたいので断っているかもしれませんよ。
    • good
    • 2

専任媒介契約や管理契約を結んでますか?


契約してれば書類を確認してください。
もし、契約してれば内容次第ですが基本やめたほうがいいと思います。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仲介の不動産屋って賃貸物件を仲介して終わりですか?

賃貸物件の仲介の不動産屋と客の関係って部屋の内覧から契約書の交付で契約成立して鍵を渡して終わりですか?その後は何もかかわりを持たないんでしょうか?管理会社ではないです。

Aベストアンサー

原則、関わりは持ちません。

まあ、大家と管理会社がよほど悪質で違法な値上げをしようとした場合など
「この部屋を紹介したのはあなたのところでしょう。どうにかしてよ!」と言えば、
相談にのってくれるケースも。

Q仲介不動産物件(未公開物件)の売主を特定する方法はありますか?

仲介不動産物件(未公開物件)の売主を特定する方法はありますか?

ある不動産仲介業者さんは不動産業者間のネットワークに公開されていない物件は特定の
仲介業者しか物件を紹介できないとおっしゃっていたのですが、

(1)不動産検索サイトから気になる物件を特定⇒現地で場所・住所を特定⇒
(2)法務局に行き、備え付けのブルーマップ(ちなみにこれも何かわかりません)
を用いて住所ではなく地番を確認⇒
(3)そこであたりをつけ、地番付近の公図を取得し、該当する登記簿謄本から所有者を調査⇒
(4)管轄法務局で売主を特定

という以上の四項目について不動産素人が調査するにはどうしたら良いのか
具体的な方法を教えて頂けないでしょうか

不動産仲介には以前痛い目にあっているので自分で分かる範囲は調べたいのです
何卒お知恵をお貸しください
よろしくお願い申し上げます

Aベストアンサー

1は出来ますか?これが出来なければ以下無理です。(そもそも未公開ということは検索できるのか)

以下は1が可能としてです。
2、法務局にはブルーマップというゼンリンの住宅地図みたいな本が置いてあります(図書館にもあることが多いです)。現地が分かっているなら、そのページを開いてみて、その土地の処に青い数字が書いてあればそれが地番です。

その地番を基に法務局の窓口で「地図」または「地図に準ずる図面」を請求します、500円です(請求の仕方は窓口の、申請用紙が置いてある近くに書き方が書いてあると思います)。
出てきたA3の図面には請求した地番を中心に付近の地番が出てきます。ここでどんな形で登記されているかがわかります。
その「地図」または「地図に準ずる図面」を現地に照らし合わせてみて、必要な地番の「登記事項証明書」を取ります、1000円です。その土地の表題部(地番、地目、地積など書いてあります)と所有者やどのような権利関係が登記されているかが判ります。(表題部しかないことがあります、土地の場合は少ないですが)

基本的には所有者が売主なのでそれで特定したことにはなりますが、いきなり問い合わせると驚くと思いますのでそこはうまくやってください(これが一番難しいと思います)。あと登記した時点での住所しか登記事項証明書には載っていないので引っ越していればお手上げです。

では、頑張ってください。

1は出来ますか?これが出来なければ以下無理です。(そもそも未公開ということは検索できるのか)

以下は1が可能としてです。
2、法務局にはブルーマップというゼンリンの住宅地図みたいな本が置いてあります(図書館にもあることが多いです)。現地が分かっているなら、そのページを開いてみて、その土地の処に青い数字が書いてあればそれが地番です。

その地番を基に法務局の窓口で「地図」または「地図に準ずる図面」を請求します、500円です(請求の仕方は窓口の、申請用紙が置いてある近くに書き方が...続きを読む

Q同じ物件を買う場合に、不動産の仲介業者は途中で変更できる?

ある一戸建中古物件を購入する際にA社へ最初に案内をお願いしていたのですが、途中で、会社の福利厚生で、B社を通じて取引すると、仲介手数料が1%ほど割り引かれるという事実を知りました。

このような場合、既に現地へ見に行っている後からでも、事情を正直に説明(手数料の件)して、
仲介業者をB社へ変更可能なものでしょうか?


因みに、売主側の代理はA社の専売のようなので、
変更後も確実に取引成立した際には顔をあわせる業者です。

また、現段階では、金額の交渉やローンなど細かい話は一切しておらず、内覧のみお願いしている状態です。

内覧のほかには、物件の基礎の部分に関して
A社のおつきあいのある第三者機関に調査をして頂いた段階です。(但し、完全な判断はできなかったので次の判断業者へ連絡をとって頂いてる段階)

上記段階で、変更可能かどうか、教えてください。

A社の方には時間を割いていただいてるのでとても申し訳ないのですが、
仲介手数料の1%はやはかなりな金額なので、変更可能かどうか一度確認してみたいと思った次第です。

よろしくお願いいたします。

ある一戸建中古物件を購入する際にA社へ最初に案内をお願いしていたのですが、途中で、会社の福利厚生で、B社を通じて取引すると、仲介手数料が1%ほど割り引かれるという事実を知りました。

このような場合、既に現地へ見に行っている後からでも、事情を正直に説明(手数料の件)して、
仲介業者をB社へ変更可能なものでしょうか?


因みに、売主側の代理はA社の専売のようなので、
変更後も確実に取引成立した際には顔をあわせる業者です。

また、現段階では、金額の交渉やローンなど細かい話...続きを読む

Aベストアンサー

仲介業者の変更については、私はいつも「消費者に選ぶ権利があります」という回答を、ここでさせていただいています。
ですから基本的には質問者さまがB社に変更されることは不可能ではありません。
でもこのケースでは、それはやらない方がいいと思います。

>事情を正直に説明(手数料の件)して、仲介業者をB社へ変更可能なものでしょうか?

まず、事情を正直に話したら売主側の専売であるA社は、あなたに売ってくれなくなるでしょう。
業者を選ぶのは買主の自由と言っても、一度内覧までさせてもらった業者を断る理由が「手数料の違い」というのは、たいへんまずいです。
何の落ち度もないA社に内覧を依頼しておいて、ありがとご苦労さんと後足で砂をかけることになります。

金額の交渉やローンの話などは関係ないです。
仲介業者と決定的な関係を持つのは「内覧の同行」です。
これは、不動産業界ではそういうルールになっており、売主側もそれを承知しているのです。
もしB社に変更する場合は、またB社とともに内覧をしなければ、売主が承知しません。
で、この売主の専任がA社なんですよね。
だから無理なのです。
仲介業者は仲介手数料が収入源です。
A社は売主、買主両方から手数料を取ることができるように、買主を探してきたのです。
わざわざ客を他の業者に譲ることなんてしません。
私も売主の専任の業者で購入したからわかるのです。
営業ははっきりと「他の業者がどんな好条件の購入希望者を連れてきても譲りません。」と言われました。
売主が買主を選べるという法則からするとおわかりでしょう。
よほど売れ残る物件ならばそのような我侭に応じてくれる場合もあります。
でもどちらにしても仲介を変えたいと言った瞬間に、あなたの信用は崩れ去ります。
契約から決済までの間、あなたの方に様々な面で不利になると思います。
不動産の売買契約は、心象的にも気持ちよくできるようにしたほうがいいですよ。
その方が絶対にお得です。
特にマンションでなく一戸建てならば、契約や重要事項なども複雑になりますから、仲介業者に知恵を借りることも多々あります。
最初から信用をなくすようなことをしては、あなたが損をすると思います。

仲介業者の変更については、私はいつも「消費者に選ぶ権利があります」という回答を、ここでさせていただいています。
ですから基本的には質問者さまがB社に変更されることは不可能ではありません。
でもこのケースでは、それはやらない方がいいと思います。

>事情を正直に説明(手数料の件)して、仲介業者をB社へ変更可能なものでしょうか?

まず、事情を正直に話したら売主側の専売であるA社は、あなたに売ってくれなくなるでしょう。
業者を選ぶのは買主の自由と言っても、一度内覧までさせても...続きを読む

Q不動産で仲介された物件を売主から買いたい

現在一戸建ての物件を探しているところです。

先日探していた土地で数十棟の分譲が完成しました。
買うつもりはあまりなく参考がてら見に行きました。
その時、そこの現場にいたのは仲介業者のA不動産でした。内覧をして、とても気に入ってしまいました。
けれど、金額の面で折り合わなく断りました。

後日、別のB不動産でそこの物件を紹介されました。
でも金額があわないと言ったら、売主に安くするよう交渉する、との話でした。
でもそれからしばらく連絡がありません。

そうこうしているうちに、ここの売主が直接販売して
いることを知ってしまいました。
売主から買えば、手数料がかからないのですよね?
自分が直接売主に値引き交渉をしたいなぁとも
思います。
でも、今更、直接売主と交渉は出来ないのでしょうか?

Aベストアンサー

今回のケースは、あなたが仲介業者に対して、仲介の依頼をしたわけですから、直接売主との交渉に切り替えるのは、商取引上問題がありますね。

まず、A不動産については、現地で販売活動をしていたということは、所有者から正規に販売委託を受けていたと考えられ、その業者からの情報にもかかわず、所有者に直接取引きを持ちかけるのは、極論すれば依頼した業務の対価を払わないことになります。

次に、B不動産には、「安くなるなら」という条件付で仲介を依頼したわけですが、その回答を確認しないで直接売主と交渉するのは、やはり同じことでしょう。回答に期限を切っていなかったのならば、再度確認する必要がありますね。

これらのことは、直接取引きをした後で、業者から対価としての手数料の支払いを要求されることもありえます。

こういう問題が起きるので、通常、売主が直接販売している物件を仲介業者が扱うことは、あまりないですね。
ありえるのは、販売委託という立場で、仲介業者は手数料を買い手からは取らず、売主からのみ取るやり方です。

そうであれば、現実問題として、手数料は不要ですので、条件は変りません。
あとは「値引き交渉」の件になりますが、仲介業者に依頼しても引かなければ、直接交渉でも同じ結果だと思いますよ。
売主も、仲介業者とのトラブルのリスクを負ってまで、値引きして直接に販売するとは思いにくいですね。

再度、A不動産に、手数料の確認と、値引き交渉の要請を、期限付きで申し入れることをお勧めします。

今回のケースは、あなたが仲介業者に対して、仲介の依頼をしたわけですから、直接売主との交渉に切り替えるのは、商取引上問題がありますね。

まず、A不動産については、現地で販売活動をしていたということは、所有者から正規に販売委託を受けていたと考えられ、その業者からの情報にもかかわず、所有者に直接取引きを持ちかけるのは、極論すれば依頼した業務の対価を払わないことになります。

次に、B不動産には、「安くなるなら」という条件付で仲介を依頼したわけですが、その回答を確認しないで直接売...続きを読む

Q自社物件に仲介手数料を取る不動産屋って?

土地を購入しようとしていて、希望の土地が見つかったので、不動産屋に連絡し、資料をもらいました。
資料一式の中には登記簿のコピーがあり、土地の権利者は売主の名義になっていました。
また、資金計画表の購入経費に仲介手数料が3%+6万円含まれていました。

ここまでなら普通なのですが、
念のため自分で登記簿を取ってみたら、権利者が不動産屋に移動していました。それも、私が不動産屋から資料をもらう以前に移動していました。

不動産屋は自社物件であることを伏せて販売しようとしているのですが、このような事はよくあることなのでしょうか?
違法性はないのでしょうか?

Aベストアンサー

土地の真の所有者を隠して偽の所有者を重要事項説明に記載するのは、違法です。また、自社物件で手数料を取るのもそうです。

>資料一式の中には登記簿のコピー
>私が不動産屋から資料をもらう以前に移動していました。
自社物件にして登記したのならば、その新しい登記簿をつけるべきなのに、わざわざ古いのをつけている。明らかに悪意の行為ですね。
たいていの人は不動産屋を信頼して、自分で登記簿を取ることをしませんから、このような事が平然と行なわれるのです。もっとも、売買が履行され登記をする時にどうせバレるのですがね。

しかし、この場合は単に資金計画の段階ですから、一般的な資料として記載しているだけで「所有者」も資料を訂正する前だ、勿論正規の書類は事実どおりにするとして、逃げるでしょう。要するにバレてもともとという考えでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報