人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

9.6ftが一般的でしょうか?
10ft後半のロッドを使った場合のデメリットを教えていただきたいです。

ちなみに、ジグは30gまでしか投げた経験がありません。
Max80~120gくらいのロッドを購入候補にしております。

※使用頻度が低そうなので、候補としてダイワのジグキャスターを考えています。実売一万程度なので、とりあえず車に乗せておくという使い方です。万一、大きな青物を何度も釣れるようなことがあると、1万のロッドと数万のロッドだと耐久性で差がでますか?

A 回答 (4件)

>大は小を兼ねるで長いロッドを買っておけばまちがいないでしょうか。



だから、現場で聞けって。
魚は壁があれば壁に沿って泳ぐから
かけあがりがポイントになるんです。定置網が成り立つんです。
サーフって言っても場所によって必要な距離が違うでしょう。
魚が入っていなければ幾ら投げても釣れませんし。
今でこそショアジギングロッドなんて売ってますけど
昔は、みんな長いスローテーパーのシーバスロッドでやってたんです。
ジグだからしゃくらなければならないってことでもないですし。
何を対象としてそのロッドを買うんですか?何でもいいんですか?
そのルアーウエイトは必然なんですか?何メートル届けばいいんですか?
使ってみたい、欲しいってだけなら10でも11ftのでも買えばいいでしょう。
使えなければ売り払って次を買えばいいことで。
私は貴方のキャスティングの技術程度も知りませんし
どこで何を目的としているかも知りません。
10ftであれば大丈夫とか無責任な回答が欲しいですか?
地元の現場で情報収集して
どこで何を釣る為のロッドをこういう考え方で買いたいということを
地元のプロショップなどで相談して決めた方がいいと思いますよ。
長いロッドに対してバランスを取るためにはリールも重くしないと
手元に重心位置が来ないのでバランスを見るのに
手持ちのリールを持って買いに行った方がいいと思います。
セットできるリールを置いている店ならいいですが。
耐久性を言うのならキャスティングでは経験上、安物の方が折れません。
それに、車の中に積みっぱなしは論外です。
ガイドが吹っ飛ぶぐらいは覚悟した方がいいでしょう。
wt50g超えればトラブルの次元が違います。
    • good
    • 31

長さはひとまず置いておくとして、重さの話です。



80~120gということは、オモリの号数に換算すると、単純計算で約20~30号強。
これは、本格的な投げ竿に相当します。

いままで30g(約8号)しか投げていないなら、
これで「投げて巻いて」を繰り返すのは相当キツいと思いますが、それは考慮していますか?

以上も考えると、下の方がおっしゃる通り、周囲の意見を聞いてからのほうが無難だと思います。

耐久性ですが、耐用年数にしても、釣魚の引きに対する折れにくさにしても、
「高い竿>安い竿」とは限りません。

高い竿は、大抵は「軽さ」に重点を置いていますが、この手の素材は結構傷に弱いので、ちょっとした傷で簡単に折れます。
また、釣魚に対する折れにくさは、ぶっちゃけ
値段とはあまり関係ありません。

特に、
「普段の保管場所が車の中」
ということなら、繊細な「高い竿」より、コスパの高い竿の方が良いと思いますよ?

高温多湿な「車の中」は、竿の保管場所としては、最悪な場所の一つですしね(^^;)
    • good
    • 22

だから、自分が行く場所に合せて考えなさいという回答ですよ。


場所によって必要な飛距離も違いますし
足場の高さも違うでしょう。
9.6ftを買っても回遊しているポイントまで届かなければ
手前に来るまで
指をくわえていなければなりませんし
足場が高ければ短いロッドでは遠くでジグが浮いてしまうので
追ってきていてもヒットしないでしょう。
足場が低く、手前を回遊しているのなら短くても釣りになるので
現場に行って他の人がどんなロッドを使っているのか見てくれば
ということです。
手前に根があって12ft無いとかわせないなんて
地域事情もあるので
これを買っておけば大丈夫ってことはありませんよ。
買ったロッドが使える場所を探して行くっていうことならいいでしょうが。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

ありがとうございます。
大は小を兼ねるで長いロッドを買っておけばまちがいないでしょうか。
長いロッドを買っても結局、使いこなせず飛距離も出ないのなら後悔しそうです。
サーフでも9.6ftを使っている動画をよく見ます。
何本もロッドを買えないので、1本のみどの長さがよいか検討しております。
長いロッドだとジグをしゃくり続けられず、9.6ftにしているのかなと思っていました。
ただでさえ重いジグですので。

場所は9割サーフになりそうです。
人がいなければ堤防からも投げます。

お礼日時:2014/07/01 18:24

ジギングに限らず


ロッドの選択の要素は
足場の高さ、ルアーの必要な飛距離、使うルアーの比重、重量、
使う本人の体力、対象魚に対するベンディング強度、ヒットしてからの楽しさ

従って9.6ftには何の根拠も無い。
場所によって必要な長さ、硬さを決める。
決まってもそれを本人が振れなければ使えない。
ルアーの飛距離は
ルアー重量が適合範囲にあれば
合理的な硬さのロッドの「長さ」に比例する。

ロッドのルアー重量の許容範囲は
使えるというだけで適しているということではない。
120gが範囲に入るような20Lbクラスのロッドで
30gが快適にキャストできるはずがない。
ロッドに適しているキャスティングのルアー重量は極狭い範囲で
それを見極めないとゴミを買うことになる。

自分で判断できなければ実際の場所に出向いて
他の人が使っているロッドのスペックを聞いて回る。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

ありがとうございます。
30gまでしか投げたことがないのはロッドの制限を超えるからです。(ラテオ100ML)
80~100g程度のジグを投げたいので、9.6ftくらいでないと長すぎると振りきれない人が多いのかなと思いました。購入したいのは重いルアー専用のジギングロッドです。一応下限はラテオとそれほど変わりませんが、ロッドの下限はあてにならず上限は越えても多少は投げられるので、ロッドの長さをどうすればよいか考えております。

お礼日時:2014/07/01 15:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qショアージギングの遠投距離はどの位ですか

こんにちは 
最近防波堤からヤズを釣ってみたいと思っています
40から60グラムのジグを投げていますが、飛んでもせいぜい70M位です。周りの人はもっと遠くまで飛んでいます。
少しでも遠くに飛ばしたほうが、釣れそうな気がして、ネット上で色々探しましたが何M投げているとかはなかなか見つかりませんでした。
現在、道糸はPE3号やテーパーライン3~12号を使っています。
竿は固めのエギング用なので買い替えを検討しています。

皆さんはどの位遠くまで投げているのか教えてください。
また、竿は何フィートを使っているかも教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

70m飛んでいるのならかなり飛んでいると思いますが・・・・
実際に正確な距離で70mでしたらエギングロッドでPE3号をかけてこの距離が出せるのでしたらたいしたものだと思います。
何m飛ばすといっても確実な色分けされたラインで着水時にサミングをしてラインが伸びきった状態で何色というのなら
割と正確な距離ですが目見当で何mというのは相当の個人差があって全く正確ではありません。

ただ質問者さんが他の人より飛ばないのはロッドとラインの太さが全く合っていないからです。
エギングロッドは本来0.6号ぐらいから1号ぐらいまでのPEを設定してガイドの大きさも決めてあります。
実際に斜めに付いたLDBガイドは実質直径2から3mmが良いところです。
これにPE3号ではやはり太すぎてガイドを通過する時の抵抗はかなりのもので、テーパーラインを使っているとなると更にガイド抵抗は増してしまいますね。
PE3号は少々のことでは切れませんからガイド絡みが起きたらエギングロッドなら折れてしまうかもしれないですね。

まずはロッドを買い直すのが一番です。
メジャークラフトの「ソルシア」のショアジギング用962MHか962Hが価格も安くガイドもオールチタンでオススメです。
このくらいの長さが振り切るのには丁度良い長さですね。

http://www.majorcraft.co.jp/

リーダーもテーパーラインではなく8号前後(30lb位)のリーダー専用のものをFGノットなどで結節するようにしましょう。
ラインシステムを完璧に勉強していないと青物なら掛けても結節部で一発で切れてしまいますよ。

70m飛んでいるのならかなり飛んでいると思いますが・・・・
実際に正確な距離で70mでしたらエギングロッドでPE3号をかけてこの距離が出せるのでしたらたいしたものだと思います。
何m飛ばすといっても確実な色分けされたラインで着水時にサミングをしてラインが伸びきった状態で何色というのなら
割と正確な距離ですが目見当で何mというのは相当の個人差があって全く正確ではありません。

ただ質問者さんが他の人より飛ばないのはロッドとラインの太さが全く合っていないからです。
エギングロ...続きを読む

QPEライン1.0号と1.5号で飛距離のちがいは?

買おうと思っているPEラインが、1.0号でも20lbあるようで、最初は1.5号を買おうと思っていたのですが迷っています。1.5号だと30lbあって十分すぎます。
そこでお聞きしたいのですが、号数を低くするメリットは飛距離を稼げるのと風や潮の抵抗を受けないくらいしか思いつきません。飛距離は1.0号と1.5号だとたとえば110cm、20gのミノーを投げたとして、着水地点にどの程度の差が生まれるでしょうか?

Aベストアンサー

まずどんなゲームに使用するかですが、ルアーサイズからしてサーフゲームや通常のシーバスゲームでしょうか。

1号で20lb、1.5号で30lbとなるとDUELのハードコアX8などでしょうか。
このラインは0.8号と1.2号をチヌのトップゲームとサーフのヒラメゲームに使用しています。

まずラインの太さというはおっしゃるように飛距離や潮の抵抗などの軽滅などのメリットがありますが
例えば1.5号などの非常に強いPEライン(通常は青物や大型のヒラスズキ狙いの太さです)で
キャスト時にライントラブルでバックラッシュなどすると、ラインが強すぎるのでキャスト切れせずに
ロッドを破損する可能性があります。

単に飛距離などだけではなくロッドの強さや対象魚と照らし合わせて最適なラインを選ばないといけませんよ。

通常のシーバスやサーフゲームなら8本縒りのPEなら1号で十分な強度があります。
私がサーフで1.2号を使用しているのはヒラメにしたら太すぎですが、その周辺のポイントは
冬場は間違うと20kgオーバーのオオニベが掛かることが良くあるので保険のためです(一度も保険は使ってませんが)

完璧なキャストが出来て20gのミノーを1号と1.5号で飛距離を比べれば実際には10mも違わないでしょうが
1号の方がライン放出の抵抗が少ないのでルアーの姿勢が安定し、平均して安定した距離を出せると思いますが
1.5号だと僅かな風も影響してルアーの姿勢が乱れたりして失速することも多くなるでしょうね。

飛距離はラインも大事ですが、ルアーによるところの方がずっと多くシマノのAR-Cシステムの
ルアーは平均して非常に良く飛びますし、特に熱砂 スピンドリフト AR-C 80HSはジグ並みにかっ飛んで
常時60m以上、フォローなら70m以上飛びます。

私は良く飛ぶミノーも更なる飛距離アップの為にボディ下部の後ろ半分ぐらいに4mm幅ぐらいで
3mm厚の鉛シールでウエイトチューンして、鉛の変色防止にその上からアクセルのホロシールを貼っています。
これで裂波やショアラインシャイナーLD50などは確実に2割近く飛距離が伸びています。
これぐらいのウエイトチューンだとアクションにも影響なく、風でもルアーの姿勢が乱れません。

まずどんなゲームに使用するかですが、ルアーサイズからしてサーフゲームや通常のシーバスゲームでしょうか。

1号で20lb、1.5号で30lbとなるとDUELのハードコアX8などでしょうか。
このラインは0.8号と1.2号をチヌのトップゲームとサーフのヒラメゲームに使用しています。

まずラインの太さというはおっしゃるように飛距離や潮の抵抗などの軽滅などのメリットがありますが
例えば1.5号などの非常に強いPEライン(通常は青物や大型のヒラスズキ狙いの太さです)で
キャスト時にライントラブルでバックラッシュな...続きを読む

Qルアーの飛距離、どれ位が一般的?

一般的な腕の人が投げた場合のルアーの飛距離はどれくらいでしょうか?もちろんたとえ同じ重さでもルアー形状によってかなり差はでそうですが、皆さんの感覚としてどれくらいのフィートの竿でどれ位のウェイトを何メートル程度飛ばせるのが一般的か教えていただけると幸いです。
加えて、よくルアーのパッケージに「実測○m、無風」とかいったように、そのルアーの飛距離を公言しているルアーがありますが、あれは一般人が投げてのモノなのか、いわゆるテスターが投げた(つまり上級者がマックスで出せる)飛距離なのか、どちらととるのがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがかかりますのでいわゆる「力糸」を補っておかないと思い切り振り込んだら バチーン! と破裂するようにラインブレイクします。しかし飛んでしまえばライン抵抗はできるだけ細くしたい、というわけで1号が理想ですがナイロンやフロロだとヒットと同時にラインブレイクしてしまう細さなのでPEを使います。投げ釣り用のラインだと「飛ばす」ための専用コーティングがされているうえ20mごとに色が変わるので何m飛ばしたか一目瞭然です。

さらにキャスト方法を少し変えてみましょう。垂らしを長めにして、ロッドを頭の上で「の」の字を書くように大きく振ってスリークォーター気味に振り込みます。これはバスの村田基さんが得意げにやっていた「スパイラル・キャスト」の応用でやはりバスの田辺哲夫さんがよくやる「オーバーヘッド・ロールキャスト」と呼ばれるキャスト方法です。余談ですが、これをロッドを横にして同じ動作をすればやはりバスの並木敏成さんの「ロール・キャスト」と呼ばれます。
さらにルアーの弾道を水面から見て45度の角度に飛ばすと飛距離は確実に伸びます。これはサーフキャスト(投げ釣り)では基本の角度でこれができれば6色(20m×6=120m)出せると言われています。

話によると80m付近まで飛ばせるようなので、このラインシステムとキャスト方法を試してください。確実に100m飛ばせるようになります。ルアー・コントロールはキャストの際穂先をナブラに向ければ嫌でもナブラを直撃します。

なおUVグルーは力糸とランニングラインの結び目を補強するだけでなく段差をなくして飛距離を妨げることを防ぎます。下記URLは私の通いのフライフィッシング・ショップです(UVグルーは元々フライフィッシング用品として開発された)が、通販で扱っているので紹介しておきます。

参考URL:http://www.bluedun.net/Accessories-UVKnotSense.htm

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがか...続きを読む

Qショックリーダーの長さはいくらが適正ですか

陸からの投げでメタルジグ(50g~120g)を遠投する時、
ショックリーダの「長さ」はどのくらいが適正ですか?
適正が無ければ、どのくらいが多いですか?

因みに、掛ける魚は青物50センチクラス~1メートルクラスがメイン。
PEは1.5~3号、リーダーは20ポンド~40ポンドまで使い分けており
ロッドの長さ、可能ルアー重量もまちまちで複数保有しています。

自分は現在、投げる時に指の所にはPEが来て、
ショックリーダーはトップガイドから50センチくらい入る程度で
使う事が多いです。

目的としてPEの弱点を養う為等の一般的な目的の他
遠投時に思い切り振る時に、トップガイドの部分だけは
太いリーダーのほうが、投げる時に切れたりのトラブルが無い気がするからです。

もしこれが遠投時の指の所まで太いリーダーが来ているほうが良いですか?
それとも、トップガイドより外までPEでも遠投時その瞬間切れたりしないものでしょうか
どちらのほうが良いのでしょう?

過去に一度だけ、青物を掛けた後、遠投したら
リーダーが擦れて切れてジグが飛んで行った事がありましたが
遠投時、リーダーはロッドより外にあったほうがいいのでしょうか
自分は、トップガイドの部分に負荷がかかる気がするので
リーダーがトップガイドに必ずあるようにはしています

アドバイスお願いします
個人的な考えでも何でも結構です
日々の釣りの参考にさせて頂きたいので

陸からの投げでメタルジグ(50g~120g)を遠投する時、
ショックリーダの「長さ」はどのくらいが適正ですか?
適正が無ければ、どのくらいが多いですか?

因みに、掛ける魚は青物50センチクラス~1メートルクラスがメイン。
PEは1.5~3号、リーダーは20ポンド~40ポンドまで使い分けており
ロッドの長さ、可能ルアー重量もまちまちで複数保有しています。

自分は現在、投げる時に指の所にはPEが来て、
ショックリーダーはトップガイドから50センチくらい入る程度で
使う事が多いです。

目的としてPEの弱点...続きを読む

Aベストアンサー

根ズレが多いとか取り込みの仕方とか色々条件もありますし、
人それぞれポリシーもあるので適正値は難しいところですね。

自分は30~60lbのフロロカーボンをリーダーにして主にFGノットで結束。
長さは1ヒロ程度で結束部はガイドの外に出してます。
ジグの位置はバットガイドからリール付近が多く、
リーダーが固く太いほどそう言う感じにしてます。
シーバス釣りはMAX30lbくらいなのでノットの音や擦れは気にしませんが、
ノットがガイドに当って失速しそれが原因で後追いするPEラインが追い越して
ガイド絡みを起こすと言うのを嫌ってると言うのが一番の理由です。
以前友人が投げ竿でPE3号でキャストしていた際にガイド絡みを起こし、
キャスト切れせずガツンと凄い衝撃が来たと言ってました。
PE3号は即切れし難いので横で見ててよくロッドが破損しなかったなと言うぐらいでした。
リールの番手やガイドの大きさにもよるでしょうけど、
リーダーをリールに巻き込むほどの長さは自分的には無いですね。
投げ釣りの様なテーパーラインなら話は別ですけど。
ゆったりキャストするならまだ良いですけど、
大遠投しようとして絡まると・・・自分にはちょっと出来ないかも~

最近リーダーはフロロ一辺倒になってきてショックを吸収するリーダーでは無く、
根や歯に対する防御と言う意味のどちらかと言うとファイティングリーダー
そんな思考に自分はなってます。
ショアジギは掛かったら安全圏まで一気のパワーファイトですからね。

根ズレが多いとか取り込みの仕方とか色々条件もありますし、
人それぞれポリシーもあるので適正値は難しいところですね。

自分は30~60lbのフロロカーボンをリーダーにして主にFGノットで結束。
長さは1ヒロ程度で結束部はガイドの外に出してます。
ジグの位置はバットガイドからリール付近が多く、
リーダーが固く太いほどそう言う感じにしてます。
シーバス釣りはMAX30lbくらいなのでノットの音や擦れは気にしませんが、
ノットがガイドに当って失速しそれが原因で後追いするPEラインが追い...続きを読む

Qサーフでのルアーの飛距離について

去年からサーフでルアー釣りを始めましたが全く釣れずに終わり
個人的に分析すると、飛距離が足りない(30mほどしか飛んで
いません)、ライントラブルが多いのが主な原因かと思いました。

ライントラブルは着水する前にサミングすることで解消できると
アドバイスをもらいましたが、飛距離は60~80m必要でしょうか?

竿は購入するつもりですが9ft程度が良いとアドバイスを頂いています。
(10ftだと初心者では竿が上手く曲がらず扱えないとのことでした)

竿は遊びでするのでお店で購入またはオークション、ネットショッピング
で安価で購入したいのでこれについてもアドバイス頂けると助かります。

現在竿はもらいもので硬くて短い、ラインはナイロン2号、リールは3号?(
セール品)を使用しています。

Aベストアンサー

ルアーにもよりますが、普通は皆さん40~70mほどは飛ばしてます。
総じて飛距離は正義ではあると思いますが、
遠浅な場所でなければ30mの飛距離でも魚は釣れる事があります。
飛距離を出すには、竿をそれなりに長くする、ラインを細くする、重めのルアーを使う、
他にもキャスティングの練習も必要となります。

竿の長さや固さは慣れるまで大変ですし、
10ft超えだとへたすると自分に合わないものとなるかもしれません。
8.6~9.6ftのMLクラスが使いやすいと思います。
ナイロン2号より細くするのは微妙なところなのでおいおいPEライン等にすれば良いでしょう。
リールの番手は2500~3000番くらいのものを使用すると竿とのバランスも取れると思います。
出来ればワゴン等のセール品のリールはライントラブルを起こしやすいので、
シマノだとナスキーやエルフ、ダイワだとレガリスやレブロスクラスが低コスト。

Qショアジギング用のロッドのお勧め

防波堤やサーフからのショアジギング用のロッドのお勧めを教えてください。現在はメインに9ftの固めのシーバスロッドを使っています。MAX60gとなっていますが、実際にはかなり華奢な感じで気持ちよく振り切れるのは、1oz(28g)までです。(これは、たまたまこのロッドがそうなのだと思います。)飛距離は恐らく75m程度です。2ozのジグを100m以上投げられるもので、かつ、コストパフォーマンスの高いものはないでしょうか。(基本的に高価なロッドは買えないので)13ftのロッドもあるのですが、こちらは長過ぎて振り切るのが難しいので、自分では10~11ftくらいがよいと思うのですが。

Aベストアンサー

ショアジギングをやってる者です。

ダイワのシーホークを持ってます。
この中のSJ97MHは結構良いです。
60gをかっ飛ばせますし、長く使えます。
http://fishing.daiwa21.com/index.asp?ItemID=2720

SJ97MHを例にあげると、飛距離は60gのジグ+PE2号で100~120mは飛びます。
(投げ用PEラインで計測しました・・・というか投げ用PEが余ってるのでメインに使ってます)
PE3号だと100m以下に落ちてしまいます。
ヒラマサが釣れなくてハマチを相手にする時にファイヤーライン25lbのリールを使う時もありますが、こちらなら120m以上は飛んでると思われます。

11fの長さのものはMax60g(ジギング用)とMax70g(固めのシーバス用)を持ってますが、フルキャストが難しく、短めに9~10fが丁度良いです。

シーホークSJ80MHも持ってますが、こちらは60gではちと重くてフルキャストはちょっと難しいです。
40~50gだと完全に振り切れます。
こちらも60gのジグ+PE2号で平均80mといったところです。
50g+PE1.5号にすると8fでも確実に100m以上飛ばせると思います。

僕がシーホークを愛用しているのはガイドが大きいので結節が当たりにくい為です。
メジャークラフト(だったと思う)はガイドがシーホークに比べて1回り小さい為、リーダーの結節部分が当たるのが気になり、飛距離が落ちたりロッドが破損しかねないと思っています。
だからフルキャストに自信が無いです。


ちなみに、新しいロッドを買う前に今一度、自身のタックルバランスを見直して下さい。
9f(MAX60g)のロッドなら、
 シマノ4000番のリールにPE1.5号200m
 リーダーをフロロ6~8号
 結節はFGノット
 ジグを40~50g
これで100m以上は飛ばす自信があります。

ショアジギングをやってる者です。

ダイワのシーホークを持ってます。
この中のSJ97MHは結構良いです。
60gをかっ飛ばせますし、長く使えます。
http://fishing.daiwa21.com/index.asp?ItemID=2720

SJ97MHを例にあげると、飛距離は60gのジグ+PE2号で100~120mは飛びます。
(投げ用PEラインで計測しました・・・というか投げ用PEが余ってるのでメインに使ってます)
PE3号だと100m以下に落ちてしまいます。
ヒラマサが釣れなくてハマチを相手にする時にファ...続きを読む

Qジギングロッド購入にあたり、メーカー毎の特徴をおしえてください。

ジギングロッド購入にあたり、各メーカーのカタログ等を見比べていますが、違いがわかりません。
同じ様なスペックでも違いがあると思います。是非ともメーカー毎の特徴をおしえてください。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

メーカーごとと言うか、やはり製品ごとに
良し悪しはあると思いますが。
個人個人の好みもありますしね。

このサイトにすごく詳しく載っているのでもし良かったら
見てみて下さい(^^)
http://jigging-rod.com/

Qショアジギロッドについてアドバイスをお願いします

秋田県への転勤を契機に、海のルアー釣りに嵌った初心者です。
基本はシーバスなんですが、この時期にイナダやワラサがよく釣れるとの情報が入るので
ショアジギロッドを購入しました。
ダイワのSJ106MHです。(ダイワ好きなものでして。)

ところが実釣してみると「重い」「ごつい」で振り切ることができません。
私は、成人男性としては結構小柄な方なので、しまいには手首が痛くて、
釣りを楽しむどころではありません・・・(根性だけは人一倍のつもりですが)
そこで、思い切って現在の竿を売りに出し、体格にあったロッドを新調したいと考えてます。

失敗を繰り返さないためにも実際に手にとって確かめたいのですが、
市内の釣具店は品揃えが少なく、ネットで買うしかありません。

そんな私にベテランの方々から「お奨めのロッド」や適正な「長さ」などを
紹介していただけないでしょうか。
もちろん予算に限りはありますが、多少奮発しても長く愛用できるロッドが欲しいと
思っております。

ちなみにリールはダイワのシーゲートライト3500Hです。
他に、シーバス用ですがアブのレボネオス2500MSHもあります。

アドバイスよろしくお願いします。

秋田県への転勤を契機に、海のルアー釣りに嵌った初心者です。
基本はシーバスなんですが、この時期にイナダやワラサがよく釣れるとの情報が入るので
ショアジギロッドを購入しました。
ダイワのSJ106MHです。(ダイワ好きなものでして。)

ところが実釣してみると「重い」「ごつい」で振り切ることができません。
私は、成人男性としては結構小柄な方なので、しまいには手首が痛くて、
釣りを楽しむどころではありません・・・(根性だけは人一倍のつもりですが)
そこで、思い切って現在の竿を売りに出し、...続きを読む

Aベストアンサー

シーバスと兼ねて、ごくたまにシーズンに青物を釣るのに使える竿なのか
シーバスロッドはすでに持っていて、ショアジギのみの用途なのかが分かりませんが
兼ねられた方が便利ですので、その辺からアドバイスさせていただきます。

やはり買われたSJはヘビー過ぎますよね。
と言っても何Gのジグをキャストするかに寄っては専用のショアジギロッドでないと
無理なシーンも出てきますが、1年を通して何度青物を狙うかですよね。

そう考えると軽くパワーのあるシーバスロッドが一番持ってて便利と言うことになりますね。

シーバスもどれぐらいの重さのルアーを使うのか、青物の時もどれぐらいのジグを
キャストするのかが分かりませんが、そのどちらも兼ねられて非常に軽量で疲れないのは
やはりダイワのラブラックスFだと思います。

現在96MLをヒラメとシーバスに使用していますが、とにかく異常に軽く(135g!)
バットはしっかりしていながらベリーが程よく曲がり、ルアーがとにかく良く飛びます。
80cmオーバーのシーバスもランディングしていますが、まったく問題なしです。

このレングスでもとにかく軽いのでトップルアーもアクションが楽に出来、シーバスや
青物のボイルにも簡単に対応できる操作性の良さがあります。
ヒラメ狙いでは、1oz(28g)前後のバイブレーションや、ヘビーミノーをフルキャストしますが
力も要らず軽く振りきっても非常に飛距離が出ます。

実はこれと96Mを2日ぐらい迷って釣具店で両方をいつまでも振ってみて、28g~30gぐらいの
バイブレーションやヘビーミノーの使用を考えて96Mを購入したのですが、40gぐらいまでは
フルキャストしてもびくともせず、パワーの割りに非常に軽いので重いルアーは良く飛んで
良いのですが、ベリーも比較的硬いので今度は20g以下のルアーがロッドが曲がらず飛びません。

結局1日、4時間ほど使用してヤフオク行きになり(ほぼ買った価格で売れた)96MLにしたのですが
これまでモアザンやダイコーのアルテサーノなども使用してきましたが、ダントツに使いやすいです。

すでにメインのシーバスロッドを持っていてモンスタークラスのシーバス狙いに大型のミノーをキャストしたり
重めのバイブレーションなども使う、青物の時期は40g前後のジグをフルキャストするとなれば
96Mが非常に軽く、専用ショアジギロッドのように汎用性が無いのと違い用途は広いです。
ただ、175cm、75kgでキャスティングパワーも結構あると思う私でも日頃は使いにくいと感じます。

青物と言ってもサーフや護岸から30g前後までのジグを使って、ラインもPE1.2号~1.5号ぐらいまでなら
シーバスやヒラメにもとにかく最高の使い心地の96MLがオススメです。
こちらでも晩秋には河口に5~6kgクラスのブリが入ってきてトップで狙うことがありますが
(ほとんどトップしかヒットしない)このMLクラスで十分に獲れます。

60cm3kg前後なら90Lぐらいでも障害物がなければ問題なくランディング出来ますから
青物、青物と思いこみすぎてオーバースペックになりすぎないことですね。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4449671.html

シーバスと兼ねて、ごくたまにシーズンに青物を釣るのに使える竿なのか
シーバスロッドはすでに持っていて、ショアジギのみの用途なのかが分かりませんが
兼ねられた方が便利ですので、その辺からアドバイスさせていただきます。

やはり買われたSJはヘビー過ぎますよね。
と言っても何Gのジグをキャストするかに寄っては専用のショアジギロッドでないと
無理なシーンも出てきますが、1年を通して何度青物を狙うかですよね。

そう考えると軽くパワーのあるシーバスロッドが一番持ってて便利と言うことになります...続きを読む

Q15ストラディックXGMと13バイオマスター5000XG

15ストラディックXGMか13バイオマスター5000XGの購入を検討しています。
用途はライトショアジギングで、対象はサワラ、メジロ、ブリも出なくも無いです。
カンパチ、マサは居ません。

先日、11フリームスを使っていましたが、恐らくブリがヒットした際にギアが壊れてしまいました。
なので、ほんの少しグレードアップして挑もうと考えています。
強度と軽さを両立して、早巻き且つ安価なモデルを検討していますが、上記2機種に絞りました。
ダイワはマグシールドがメンテの際に邪魔なのでシマノに移行します。

価格的には3000円程度しかかわらないのですが、性能としては如何でしょう?
強度と軽さと価格でストラディックになりそうですが、飛距離に影響が出るスプール径とノブ、ハンドル長が気になります。
カタログを見る限りはストラディックで性能は充分と思いますが、果たしてストラディックとバイオの差はどの程度なのでしょうか?
15ストラと13バイオの2年の開きがどこまで縮まってるかが気になります。
違いはノブとハンドル、スプール径だけ?

私は釣り具の見栄は全く無いので自分のステージに合わせたモデルで充分と考えています。
和歌山地磯や遠征はあまり行きませんし、行くとしても別タックルで行きます。

店に行く時間がなかなか取れないので、アドバイスお願いします

15ストラディックXGMか13バイオマスター5000XGの購入を検討しています。
用途はライトショアジギングで、対象はサワラ、メジロ、ブリも出なくも無いです。
カンパチ、マサは居ません。

先日、11フリームスを使っていましたが、恐らくブリがヒットした際にギアが壊れてしまいました。
なので、ほんの少しグレードアップして挑もうと考えています。
強度と軽さを両立して、早巻き且つ安価なモデルを検討していますが、上記2機種に絞りました。
ダイワはマグシールドがメンテの際に邪魔なのでシマノに移行し...続きを読む

Aベストアンサー

私は断然ストラディックだと思います。

13バイオマスターSWは良いリールではあるものの、そろそろモデルチェンジの雰囲気もありますし、スペックもストラディックに劣ります。
一方15ストラディックは、発売から1年経った今、品質も安定しだしていますし、強度、巻きごこちの点でバイオマスターを凌駕しています。

スペックを比較してみると、

・13バイオマスターSW
X-SHIP、ハガネギア・ボディ、AR-Cスプール、ワンピースベール搭載。

・15ストラディック
X-SHIP、ハガネギア・ボディ、AR-Cスプール、ワンピースベール、コアプロテクト、G-Freeボディ搭載。

スペックを見れば一目瞭然ですが、圧倒的に15ストラディックが機能も充実しています。
13バイオマスターSWでは、シマノとしては少し滑った感が否めなく、少しお金を出してツインパワーSWを買ったほうが良いという意見が多かったのに対し、
15ストラディックは、ヒラスズキゲームやサーフからのヒラメ・マゴチゲームなど、剛性を最優先しなければならないジャンルのユーザーから圧倒的な支持を得ていました。

ライトショアジギングでも同様で、剛性が無いといけない釣りですから、機能的な面でも15ストラディックを買われると良いでしょう。

私は断然ストラディックだと思います。

13バイオマスターSWは良いリールではあるものの、そろそろモデルチェンジの雰囲気もありますし、スペックもストラディックに劣ります。
一方15ストラディックは、発売から1年経った今、品質も安定しだしていますし、強度、巻きごこちの点でバイオマスターを凌駕しています。

スペックを比較してみると、

・13バイオマスターSW
X-SHIP、ハガネギア・ボディ、AR-Cスプール、ワンピースベール搭載。

・15ストラディック
X-SHIP、ハガネギア・ボディ、AR-Cスプ...続きを読む

QリールにPEラインを巻くときの下糸は?

リールにPEラインを巻くときの下糸は?
PE0.8号/150mのリールにラインを巻きたいのですが、購入したPEは100m巻きのものです。
使用している内にだんだんとラインも短くなっていくと思いますが、最初に下糸を巻いてからPEラインを巻くのでしょうか?
また、その際に下糸とPEを結ぶのに最適なノットを教えて下さい。一度結んで見たのですが結び目にラインが引っかかり、キャストしても飛ばなくなってしました。
リールはシャロースプールです。初歩的なことですが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

0.8号を150mとはシマノのシャロースプールなんでしょうね。
まず150mものを買わなかったのが非常にもったいないですね。

100mだと少しづつ結節やトラブルなどで短くなったらそっくり替えないと短くなりすぎて使えないですね。
150m巻いておけばPEは吸水率が0に近いのでスプールに近い部分はほとんど新品状態で
PEは巻き癖も付きませんからまた巻き返しで新品状態からスタート出来ます。

ですから#1さんのPEは海水を吸いやすいという解説は間違っていますね。
http://www.yoz-ami.jp/Line/009.html
PEはソルトにしろエギングにしろ常に巻き返しで使いますからしょっちゅう経験していることですが
反対に巻き返した部分は全く濡れた形跡もなくスプールも完全に乾燥した状態です。

つい最近も昨年秋から今年の春まで使ったよつあみのエギングラインGESO-Xを巻き返して
今シーズン用に備えましたが、使用後は毎回温い水で塩抜きをしてスプールを洗っていたにも
関わらずキャスティングで引き出されていく部分から下はほとんど新品状態で全く濡れていません。

ですから買うときはちょっと高くても2シーズン使うことを考えたら強度もある8本よりの
150m巻きを買っておいた方がずっと得と言うことになりますね。

とは言え買ってしまった物は仕方ありませんから、下記の質問の#1さんの下巻き計算法がベストです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6247039.html
下巻き糸も要らないPEがあればPEで下巻きした方がいいですね。
PEがなければフロロ、なければナイロンでも構いませんがPE以外ならなるべく細い方が最後まで
巻いたときの形がきれいになります。
PE同士でも電車結びの片方のユニノットを4、5回巻けば抜けることはありませんし、結節も小さくなります。

でもすでに結び目にキャストの際にひっかかるというのはすでに長さが足りないということですから
なるべく早めに150m巻きに買い替えた方が無難かもしれませんね。
キャストの度に同じような場所が結び目に引っかかっていたらその部分が一気に弱って最悪その部分で
切れてものすごい超高切れになる可能性もありますよ。

0.8号を150mとはシマノのシャロースプールなんでしょうね。
まず150mものを買わなかったのが非常にもったいないですね。

100mだと少しづつ結節やトラブルなどで短くなったらそっくり替えないと短くなりすぎて使えないですね。
150m巻いておけばPEは吸水率が0に近いのでスプールに近い部分はほとんど新品状態で
PEは巻き癖も付きませんからまた巻き返しで新品状態からスタート出来ます。

ですから#1さんのPEは海水を吸いやすいという解説は間違っていますね。
http://www.yoz-ami.jp/Line/009.html
...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング