個人事業種として靴修理業を始めました。
お客様に仕入れた物をそのまま販売することはほぼありあせん。
修理に使用する部材はやはり「仕入れ」になるのでしょうか?
全て「消耗品」ではいけないのでしょうか?
直接的ではなくても修理に使用するもの、たとえばウエスや綿棒、キッチンペーパー等も全て「仕入れ」になるのでしょうか?
修理には使用しない事務用品は「消耗品」となると思いますが、たとえば修理伝票等の一般的な事務用品でないものはどちらになるのでしょうか?

全て「消耗品」では問題ある場合、「仕入れ」と「消耗品」の区別はどのようにするべきでしょうか。
すごく当たり前のことなのかもしれませんが、経理経験がなく良くわかりません。

助言頂ける方いましたらよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

本来、靴修理業には工業簿記の手法が採用されるべきものと考えます。

しかし、工業簿記は「簿記二級」以上の知識を要し、「簿記三級」以下の商業簿記の知識では処理できません。ですから、経理経験のない方に説明するのは非常に困惑します。

で、商業簿記の範囲内で勘定科目を工夫することによって解決できないかと、次のように考えました。

・販売する目的で靴を仕入れたとき:「商品仕入高」

・靴の修理に直接的に使用する部材を仕入れたとき:「修理部材仕入高」

・靴の修理に間接的に使用する消耗品を仕入れたとき:「修理消耗品費」
※ウエス、綿棒、キッチンペーパー等

・靴の修理に使用しない消耗品を仕入れたとき:「消耗品費」
※事務用品など

そして、決算のとき、在庫がある場合は、棚卸計上しなくてはなりません。
・販売する目的で靴を仕入れた商品を棚卸計上する科目:「商品」
・靴の修理に直接的に使用する部材を棚卸計上する科目:「修理部材」
・靴の修理に間接的に使用する消耗品を棚卸計上する科目:「修理貯蔵品」
・靴の修理に使用しない消耗品を棚卸計上する科目:「貯蔵品」

以上で解決する思います。
    • good
    • 0

会計上、科目名はあまり重要ではありません。

その科目の属する区分こそが重要です。
企業会計では、支出は大きく原価、販売費、管理費、損失に区分されます。ご質問の支出は原価に分類される内容ですから、「材料仕入」とするのが一般的です。原価の場合、売り上げに直接使用した分だけが費用となりますから(費用収益対応の原則)、売り上げのために使われない材料は棚卸資産として支出から減産する必要があります。
また、「消耗品費」という科目は、通常は管理費に使われるものですから、ご質問のものにはそぐわないと思います。
いずれにせよ、名称にあまりこだわるべきではありません。どんな科目名かよりも、それを決算書上のどこの区分に計上するかが重要です。
    • good
    • 0

>修理に使用する部材はやはり「仕入れ」になるのでしょうか?


>全て「消耗品」ではいけないのでしょうか?

別に「消耗品」でいけないということはないでしょう。
消耗品は10万円未満の物品に対しての科目なので、一度にまとめ買いして領収書も一枚、だとわけないといけないでしょうが。

あとは、消耗品に入れる場合、その業務内容だと支出のほとんどが消耗品になるかと思います。
そこにツッコミが入る可能性は少しあるかもしれませんね。
ただ、ちゃんと説明できれば問題はありませんし、逆にではどの科目で扱えばいいですかと聞けば良いと思います。

勘定科目というのは、絶対のものじゃありません。
個人事業主で確定申告に行くとわかりますが、支出の項に、空欄がいくつか用意されています。
ここには、自分で設定した勘定科目を書きいれてもいいのです。

だから別途管理したい場合、固定で発生する支出をまとめて「修理材料費」などと設定するのもありです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q消耗品 消耗品費 簿記仕訳

決算整理前の合計試算表には
消耗品 借方13 貸方13
消耗品費 借方60

損益勘定の借方に消耗品費50
繰越試算表の借方に消耗品10

とあります。どのような仕訳でこうなるのか教えてください。
ちなみに問題では、決算整理前の合計試算表の消耗品の貸方と消耗品費の借方が、空白になっていて、そこを答える問題です
お願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。

本問は、期中には消耗品費勘定を用いて記帳し、期末に未使用分を消耗品勘定に振替えるという決算整理の方法を取っているものと考えられます。

消耗品勘定借方13は前期末の未使用分として当期に繰り越された分です。これを先ず期首に、

消耗品費 13  /消耗品 13

という仕訳を行なって消耗品費勘定へ組入れています。これが、
決算整理前合計試算表における
消耗品 借方13 貸方13
という意味です。

期首のこの振替の結果消耗品費勘定には13が計上されていますが、更に期中に消耗品を購入しています。金額は60-13=47です。
消耗品費  47  /現金など  47

これで期中における消耗品費勘定の合計額が60になります。

ここまでが期中、すなわち決算整理前合計試算表に計上されている金額です。


ここから、

損益勘定の借方に消耗品費50
繰越試算表の借方に消耗品10

を用いて、決算整理仕訳、つまり

消耗品 xx  / 消耗品費 xx

と言う仕訳を作成します。今分かっているのはこの決算整理仕訳を行なった後の消耗品勘定及び消耗品費勘定の残額です。それが損益勘定と繰越資産勘定に計上されています。つまり、

消耗品 10  / 消耗品費 10

が求める決算整理仕訳です。


ところで、

>ちなみに問題では、決算整理前の合計試算表の消耗品の貸方と消耗品費の借方が、空白になっていて、そこを答える問題です//

答えさせる試算表は決算整理後残高試算表ではないですか?決算整理前合計試算表だったら、既に

>消耗品 借方13 貸方13
消耗品費 借方60//

と出ているはずですから。私の指摘通り決算整理後残高試算表でしたら、問題として理屈が分かります。
そして、その問題を解答するヒントとして、損益勘定と繰越試算表は決算整理後残高試算表の金額を基に作成されるという事を付け加えておきます。

こんにちは。

本問は、期中には消耗品費勘定を用いて記帳し、期末に未使用分を消耗品勘定に振替えるという決算整理の方法を取っているものと考えられます。

消耗品勘定借方13は前期末の未使用分として当期に繰り越された分です。これを先ず期首に、

消耗品費 13  /消耗品 13

という仕訳を行なって消耗品費勘定へ組入れています。これが、
決算整理前合計試算表における
消耗品 借方13 貸方13
という意味です。

期首のこの振替の結果消耗品費勘定には13が計上されていますが、更に期中に消耗品を購入して...続きを読む

QOA用紙→事務用品費、インク→消耗品費

引き継いだときから、
プリンタの用紙は事務用品費で、
インクは消耗品費でした。
(用紙はFAXやコピー機などにも流用している)

途中で変えるのもなんなので、そのまま続行しています。
同じプリンタの補給品なのに変なのって思っています。

皆さんの会社ではどうですか?

Aベストアンサー

はじめまして、零細企業で経理を主に総務関係全般をしている者です。
よくこういった質問に答えさせて頂いておりますが勘定科目はこれは
絶対にこの勘定科目でって決まりはないのです。
あまりにかけ離れた科目は問題がありますが正直分かれば何でも
良いっていう事になります。税法上も特に問題はありませんしね。
今まで使っていた科目を変える事はあまり好ましくないと思います
のでそのままで良いかと思います。

因みに弊社では用紙もインクも事務用品費で統一しております。
これも以前からこの科目で処理されておりましたので一貫して
使っております。

Q消耗品費と事務用品費について

会計処理のお手伝いをしているのですが、いつも消耗品費と事務用品費の区別がはっきりとつかず、どちらで仕訳すればよいのか悩んでしまいます。消耗品費と事務用品費の明確な区別の仕方とかってあるのでしょうか?どなたか教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

企業会計上、仕訳の科目名に明確な区別の方法はありません。分かれば何でもいいのです。

ある程度の基準(税法とか)によって科目名が決まることもあるのですが、その場合でも具体的な科目名までは指定されていません。
つまり、「備品」でも「器具備品」でも「事務用備品」でもどれでもOKとされるわけです。
ですので、同じものを買っても会社ごと全く違う科目を使っていることがあります。
その上で、消耗品費と事務用品費の二つが用意されているということは、使い分けがgagagakobeさんの会社で決めごとがあるということです。それに従うのが○だと思います。

Q勘定科目使い分け 備品費・消耗備品費・事務消耗品費

勘定科目の使い分けについて教えてください!!
会計ソフトを使って入力をしています。その際にタイトルの

備品費
消耗備品費
事務消耗品費
消耗品

が勘定科目にあり使い分けに悩んでいます。
前任の経理担当者からも教えてもらったのですが、いまいち基準が分からなくて…

何人か会計に詳しい人に聞いて、上記の4つを今期からは

消耗品(10万円未満のもの)
事務消耗品費(消耗品の中でも事務で使うもの)

という使い分け方をして、二つに絞ることになりそうです。

そこでいまさら調べる必要はないのですが、あえて上記4つの勘定科目を使うなら、みなさんはどう使い分けますか?
もしくはどのように使い分けるのが一般的だと思われますか?

結局備品費って何!?消耗備品費との違いは!?事務消耗品費、消耗品とは…というもやもやをすっきりさせたいです。

Aベストアンサー

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備品○○/現金○○

と仕訳します。


◆「消耗備品費」という勘定科目もほとんど見かけません。「消耗性備品費」が正しい。

器具・備品のうち少額のもので、税法が「費用」に計上することを認めるもの(※)。

税法が「費用」に計上することを認める:
(1)法人税法では、少額の資産は損金算入を認めます。
(2)所得税法では、少額の資産は必要経費算入を認めます。


※ちなみに、会計では「消耗品」という科目は存在しません。会計では、
消耗品費:洗剤、モップ、箒、灯油、お盆、湯のみ・・
貯蔵品:期中に消耗品費または事務消耗品費または通信費などに費用計上したもののうち期末時点で未使用のものは、「貯蔵品」という資産科目に振り替えます。「消耗品」という科目は使わない。

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備...続きを読む

Q消耗品費・消耗備品費の違いを教えてください

経理をしているのですが、
いつも消耗品費・消耗備品費の違いが分からず、仕訳に困っています。
明確な基準がありましたら、教えてください。
ちなみに、この二つ以外に事務用品費の科目も使っていて、こちらは文具やコピー機の使用料として使っています(これは問題ないでしょうか?)

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>消耗品費・消耗備品費の違いが分からず
本質的には、違いは有りません。
消耗品費だけでは都合が悪いので、会社が分類したはずです。
なぜ分類する必要が有ったのかが判れば良いのですが、
特に必要なければ、消耗備品費はなくしても良いと思います。

>明確な基準
これは会社等勘定科目を使う人が決めればOKです。

会計基準では一部の勘定科目を除き、明確に勘定科目とその使用方法が
定まっているわけではなく、一般に誤解を生まない名称によって
勘定科目を決めれば良い事になっています。(つまり勝手に勘定科目作っても良い)

ですから、消耗品費・消耗備品費・事務用品費と別れているなら、
より明確な勘定科目名を使っているものから、文字通り
事務用品費は、一般に事務用品店で販売しているノート・ボールペン・伝票など
消耗備品費は、金額が10万円以上となれば減価償却による費用計上を要するもの等
消耗品費は、金額が10万円以上となっても資産計上を要せず、貯蔵品となるものや
その他事務用品費や消耗備品費以外の消耗品。具体的には日用雑貨・トイレタリー等
でしょうね。

10万円は税法上の決まりでそうなっています。

ただしあくまで一般的な話ですので、会社でこの勘定科目の使い方はこうと決め
一度決めた勘定科目の性質は、みだりに変更しなければ問題なしです。

>消耗品費・消耗備品費の違いが分からず
本質的には、違いは有りません。
消耗品費だけでは都合が悪いので、会社が分類したはずです。
なぜ分類する必要が有ったのかが判れば良いのですが、
特に必要なければ、消耗備品費はなくしても良いと思います。

>明確な基準
これは会社等勘定科目を使う人が決めればOKです。

会計基準では一部の勘定科目を除き、明確に勘定科目とその使用方法が
定まっているわけではなく、一般に誤解を生まない名称によって
勘定科目を決めれば良い事になっています。(つ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報