アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

昨今、大容量のHDDの登場でフォーマットにMBRとGPTがある事について記載のあるブログなどをよく見るのですが、この点について質問です。

GPTにより大容量HDDを使える様になった事は分かりました。
しかし、どこのサイトも「少ない容量のHDDをGPTにしてもメリットがありません」という様な記述ばかりで、デメリットについては書かれていません。
唯一、GPTで見つけたデメリットとしては、古いOSでは読み込めない事、システムには使えない事でした。

その他にもGPTにはデメリットがあるのでしょうか?

例えば、正確には忘れてしまったのですが、一部のフォーマットでは一つのデータが極端に小さくても、最低サイズがでかいので、場合によっては多く容量を消費してしまう。

みたいなそういう話です。
例えば、GPTでフォーマットすると読み込みに時間がかかるとか、デフラグがうまくできないとか、そういう事があるのでしょうか?

それと今回の質問で、最も重要なのがエラーをはくHDDをMBRからGPTに変える事で、エラーを回避できる可能性はないか?
という部分です。
HDDメーカーが稀にやらかしたHDDを販売してしまい、ファームウェア更新などで修正できると記載のある物がありますが、うちにもまさにそういうHDDがあります。
ファームウェア更新はしましたが、やはり定期的にエラーを出します。
主に「フォーマットが必要です」みたいなものです。
MBRとGPTで仕組みが全く異なるのであれば、MBRでエラー回避を想定していたファームウェアで回避できない問題でも、GPTにする事で正常に使える様になったりはしないものでしょうか?
2TBのHDDなので、諦めて捨てるにはちょっと惜しいので、どうにか使える様にしたいのです。
ちなみにHDDは海門のものです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>エラーをはくHDDをMBRからGPTに変える事で、エラーを回避できる可能性はないか?



FORMATを変えたからと言ってエラーの回避には繋がりません。

昔有った、根底からのFORMATをすれば(今はそう言ったFORMAT方式は出来なくなった)不良箇所に×を付けて使用しない(または代替セクターに変更)出来たのですが、残念ながら今は(チェックデスクで)見かけ上不良箇所を回避するしか有りません。←不良箇所が少しづつ増えて来るようでしたら、HDDの寿命です。
----
GPTの効用
2TB以上、ZBまで(理屈上無限に近いですが)もうすぐ、HDDは(ZByt)←が常識の時代に成ると言われています。

今、GPTの効用は、昨今(win8系)←は起動が早いと言われていますが、GPT(HDDでもSSDでも)に依るUEFIの完全早期起動が利用出来ているからです。

win8.1でもMBRのHDDで、マザーボードのUEFIの中を(GPT扱いとして設定しても)早期起動は成立しません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはり、8.1では起動が早くなるというのがあるのですね。
その部分は全く知りませんでした。
しかし、やはりHDDは寿命なのですね。今回のドライブは諦めるとしても、勉強になって良かったです^^

お礼日時:2014/07/07 23:52

>最も重要なのがエラーをはくHDDをMBRからGPTに変える事で、エラーを回避できる可能性はないか?


捨てましょう。
今時2TのHDDだって一万を確実に切ってます。
無理矢理延命させようとしてもっと大被害を招くだけです。


MBRからGPTにはFATからNTFSへの時のように「変換」はサポートされてませんから一度外部に追い出してから形式を買えて書き戻す必要が有ります。
外部に追い出せるなら、そのまま、そのドライブを使いましょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
幸い、外部のHDDケースで運用もする事は可能ですが、それでは外に出して使うとして、
それこそ、exFATなどにして使えばまだまだ使えるという事になるのでしょうか?

お礼日時:2014/07/07 23:50

GPTとMBRはどちらもパーティションの位置や大きさを格納するためのもので、


パーティションの中身(ファイルシステムなど)には関与しません。

そのため、
> 一部のフォーマットでは一つのデータが極端に小さくても、最低サイズがでかいので、場合によっては多く容量を消費してしまう。
> 例えば、GPTでフォーマットすると読み込みに時間がかかるとか、デフラグがうまくできないとか、そういう事があるのでしょうか?
のようなことは、どれもありえません。

GPTのMBRに対するメリットとしては、
・2TiBを超える大きな領域を扱える
・GPTはHDDの先頭と最後部に書き込まれているため冗長性がある
・128個までのパーティションを扱える
(MBRでは4個。それ以上必要なら拡張パーティションを使う必要があった。)
などで、デメリットはシステムによっては(特に起動ドライブに)使用できないことです。


> MBRとGPTで仕組みが全く異なるのであれば
パーティションの位置などを格納しているという点では
MBRとGPTに違いはありません。
格納の仕方(格納する場所やその大きさ)が違うだけです。
なので、GPTにしたから何かが変わるなんてことは(上で挙げたメリットなどをのぞき)基本的にあり得ません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
かなり詳細な仕様まで教えて頂いて納得できました。
ありがとうございます。

お礼日時:2014/07/07 23:47

No.3です。


2番目のWindows8.1 pro 64bit SSD1台、HDD3台 すべてMBR。
Windows8.1 pro 32bitの間違いでした。
    • good
    • 0

GPTフォーマットにしても、HDDの不具合は直りません。


GPTフォーマットのメリットは、Windows8&8.1 64bitでの高速起動と3TBなどのHDDを使えるってことですよね。
メインの自作PC3台でGPTフォーマットにしてるのは、Windows8.1 pro 64bitのPCだけです。
Windows8.1 pro 64bit SSD1台、HDD3台 すべてGPTフォーマット
Windows8.1 pro 64bit SSD1台、HDD3台 すべてMBRフォーマット
Windows7 Home 64bit SSD1台、HDD2台 すべてMBRフォーマット

8.1 pro 64bitだけは元々8のアップグレード版なので、8.1のISOファイルをダウンロードして8.1をクリーンインストールしました。そのときに、SSDをGPTフォーマットにしてます。
他のHDD3台はGPTだったり、MBRだったりしていたので、パーティション管理の有料ソフト(フリー版もあり)でMBRをGPTに初期化することなく変換しました。
3台とも2TB、1TBですが、フォーマットは統一したいので。
大容量でない1TB、2TBのHDDのGPTでも、デメリットはないです。メリットもわからないですけど。

http://www.forest.impress.co.jp/library/software …
このフリーソフトの有料版(4000円ぐらい)を使ってます。
フリー版だと起動ドライブをMBRからGPTに変換できないのですが、有料版だと初期化することなく、データを保存したままMBRからGPTに変換可能です。
ただ、Windows8.1 64bitの起動ドライブをMBRで使っていた場合、このソフトでGPTフォーマットしても無意味で、高速起動のためにはUEFIによるクリーンインストールしかありません。
また、フリー版でもデータドライブはMBRからGPTに、初期化しないで変換可能です。
どうしても試してみたいなら、このようなソフトで簡単に検証できます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そんなソフトもあるのですね。
今回はクリーンインストールを考えていて、それでの質問でした。
GPTでの高速起動というのは知りませんでした。
システムは128GB程度のSSDなので、それならGPTというのにしてみて、他のドライブもGPTにしてみますかね。

お礼日時:2014/07/07 22:22

機械やシステムは、動いているものは触らない。

という経験則が広く知られています。

MBRでいいものを、GPTに変えたら
どんなデメリットが生じるのか?

それを検証したり、心配すること自体がばからしいデメリットです。

言い換えれば、そんな検証を本格的にやった人なんかいないと思いますよ。
だから、デメリットのすべては、まだ発見すらされていないのかもしれません。

言い換えれば、気にしなければ良いんじゃないかと思います。

XPみたいな古いものを使わなければ
GPT不可ということにもならないわけですから
そこにあるのが、MBRでもGPTでも、どうでもいいんです。

PCユーザーのほとんどは、そういうノリで使っているはずですよ。
    • good
    • 1

>それと今回の質問で、最も重要なのがエラーをはくHDDをMBRからGPTに変える事で、エラーを回避できる可能性はないか?



そのような可能性はありません。
MBRとGPTはパーティションの管理方法が異なるだけであって、
その差でHDDのハードウェア的故障が発生したり治ったりはしません。

上手い例えではないですけど
坪で管理していた土地が地盤沈下したからといって
メートル法で管理するようにしたら地盤沈下が治ると思いますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
坪とメートルの話、分かりやすいですw
MBRとGPTってその程度の話しなのですね。
NTFSとexFATくらいの違いがあるのかと思ってました。

お礼日時:2014/07/07 22:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIntel Management Engine Interfaceとは何でしょうか?

こちらにならってOSをインストしなおそうと思ってるのですが、
http://www.daw-pc.info/windows/inst.htm
http://www.intel.com/jp/support/motherboards/desktop/inffirst.htm

1.Management Engine Interfaceは何番目に
  インストしなおしたほうがいいのでしょうか?
2.そもそもManagement Engine Interfaceとは何をするもの?
  (googleとyahooで調べてもわかりませんでした)
3.自分の環境でアプリケーション・アクセラレーターは
  インストしたほうがいいのでしょうか?
  インストするなら何番目?
4.Intel Matrix Storage ManagerはRAID関係のようですが
  RAIDを構築してない場合でも入れたほうがいいのでしょうか?

ご回答よろしくお願いいたします。
OS:XP pro
MB:DG965RY
CPU:Core 2 duo 6300E

こちらにならってOSをインストしなおそうと思ってるのですが、
http://www.daw-pc.info/windows/inst.htm
http://www.intel.com/jp/support/motherboards/desktop/inffirst.htm

1.Management Engine Interfaceは何番目に
  インストしなおしたほうがいいのでしょうか?
2.そもそもManagement Engine Interfaceとは何をするもの?
  (googleとyahooで調べてもわかりませんでした)
3.自分の環境でアプリケーション・アクセラレーターは
  インストしたほうがいいのでしょうか?
  イン...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
いま再セットアップを考えておられるのですね。
今ホームページで検索しましたが日立FLORA 350Wのドライバーでヒットしました。
お仕事で使っておられるのでしょうか?(違っていたらすみません)
何か不具合があるためインストールのしなおしを考えているのですね。
インテルマネジメントエンジンインターフェイスはシステムデバイスです。(マザーボードに関するシステムデバイス・グラフィック等)
ですからパソコンにとって一番大事ところになります。
普通、リカバリーCDでウィンドウズを再インスト(HDDを再フォーマットするか新たにHDDを入れ替えた場合)すると自動的にシステムデバイスドライバーもインストールされます。ですからいつシステムデバイスが入ったのかきづきません。
今回のタイプはXPproということで基本的に企業向けのパソコンだと思われます。
実は私も中古でXPproのノートパソコンを買い再インストールしたことがあります。(hpコンパックnx9400)
そのときはまずウィンドウズをインストールします。その際インターネット環境も設定しときます。それが終わってからユーティリティーソフト(インテルのドライバーはここで一番最初にインストールされます)
私の場合ウインドウズのインストールではグラフィックドライバーが標準のためVGA表示でしたがインテルのドライバーがインストールされるとSVGAに変わりノートパソコンで見やすい表示に換わりました。
後は順番に他のアプリケーションをインストールしました。
ですから結論として
1.2番目:ウインドウズをインストール後一番にインテルのシステムドライバーをインストールしてください。
2.システムデバイス(マイコンピュータのプロパティーのデバイスマネージャーでわかります)
3.一番最後でよいかと
4.2台いじょうのシリアルATAを使う場合で、あるため構築していなければ必要ないと思います。ボードが入っている場合はインストールか必要かも知れません。
何事も経験、一度やってみてはどうでしょう。

はじめまして。
いま再セットアップを考えておられるのですね。
今ホームページで検索しましたが日立FLORA 350Wのドライバーでヒットしました。
お仕事で使っておられるのでしょうか?(違っていたらすみません)
何か不具合があるためインストールのしなおしを考えているのですね。
インテルマネジメントエンジンインターフェイスはシステムデバイスです。(マザーボードに関するシステムデバイス・グラフィック等)
ですからパソコンにとって一番大事ところになります。
普通、リカバリーCDでウィンド...続きを読む

QexFATに欠点はありますか?

 自分はwindowsとmacの両方で使えるように
外付けHDDケースをexFATにしたのですが、win mac共に
標準な形式ではないので不安があります。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

exFATは、File Allowcation Tableを利用する古典的なファイルシステムで、標準的と言えば標準的なファイルシステムです。ただ、これは最新のPC向けOSの付加機能に最適化されたものではなく、主に外部ストレージ向けとなっています。

それは、その構造が単純であることが理由です。
ファイルシステムは、FAT12/16/32の延長線上にあります。

そのため、ジャーナル管理やメタデータの管理機能はなく、ファイルインデックスの作成に必要な検索情報のリンク作成、ファイルシステムによる高度な欠陥管理がない、ファイルに対する追加情報の収録などができない、その他ACLのような所有者情報やアクセス権などを示す情報が記録できない。ファイルシステムレベルでの暗号化に対応しないという欠点があります。
また、これに付随するOS提供のサービスの一部も利用が制限されることがあります。(ファイルの自動<バックグラウンド>検索、バックグラウンドメタデータ保存、ボリュームシャドウコピーなど)

即ち、あくまで特定の用途としてデジタルカメラ、携帯情報端末やスマートフォンなどにおける外部ストレージとして使うには、価値があるが、それ以外だと例えば沢山の種類名称のフォルダやファイルが混在した中から、テスト1というファイルを検索するときに、時間が掛かる。

アクセス権を設定できないため、このファイルはAユーザーには触らせたくない(変更や消去されると困る)といった場合に、アクセス制限を加えることができないといった点が生じます。


これらが可能なのは、NTFS、HFSなどの高度なメタデータ管理とセキュリティ管理の概念を持つファイルシステムとなります。ということになります。

まあ、取り立てて危険性や欠点があるわけではないです。
むしろ、今不便を感じないならよいでしょう。ただし、それぞれのファイルに対してアクセス権を付与したいといった場合には、不向きです。

即ち、互換性と軽量性(仕組みとして単純)であるというだけの話です。

exFATは、File Allowcation Tableを利用する古典的なファイルシステムで、標準的と言えば標準的なファイルシステムです。ただ、これは最新のPC向けOSの付加機能に最適化されたものではなく、主に外部ストレージ向けとなっています。

それは、その構造が単純であることが理由です。
ファイルシステムは、FAT12/16/32の延長線上にあります。

そのため、ジャーナル管理やメタデータの管理機能はなく、ファイルインデックスの作成に必要な検索情報のリンク作成、ファイルシステムによる高度な欠陥管理がない、ファイ...続きを読む

Qダイナミックディスクとベーシックディスクのメリット・デメリット

ダイナミックディスクとベーシックディスクの違いや利点などを教えてください。
ダイナミックディスクにパーティションという概念はないのですか?

Aベストアンサー

>全ディスク10GBのうちの6GBなど、一部の空き領域を使用することができますか?

a.可能です。ただし、何となく怖いので、私は実際に試したことはありません。

それから「論理ディスク」とは何ですか?
用語辞典を探しましたが、見つかりませんでした・・・。
察するに物理ディスクを更に区分けしたものでしょうか。

a.そうです。表現がややこしくてすいません。要は、物理的なハードディスク当を物理ディスク(ドライブ)と言い、その中をパーティションやボリュームで区切った一つ一つを論理ディスク(ドライブ)と言います。

QSSDのフォーマット形式について

新しく外付け用にSSDを買ったのですが
MBRかGPTのどちらでやればいいのかわかりません。
ちなみにSSDはインテルの520シリーズ120Gです。
使っているPCはXP・Vista・7の3つともあります。
USB接続で2,0・3,0両方使います。

この条件でこのSSDに最適な設定を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

MBR:Vista以前のOSでも使用できるフォーマット。

Vista以前のOSでも使用できるドライブになるが、OS起動に使う場合は物理ドライブのサイズは2TBまでに制限される。

GPT:2TB以上のドライブでも起動可能にする為のフォーマット。

GPTフォーマットのドライブをOS起動に使うにはWindowsの64bitでVista か7のOSでEFIの環境が必要。

-----

XPでも読めるドライブとしてフォーマットするのであれば、MBRでフォーマットすること。

と言うか、幾つかのOSで繋ぎ変えて使用するなら「最もバージョンが古いOSでフォーマット」しないと、古いバージョンで読めないHDDにフォーマットされちゃう危険性があるので、最もバージョンが古いOSでフォーマットすること。

そうすれば、新しいOSは古いOSの上位互換になっている筈なので、問題無く読み書き出来る筈。

下手に最新のOSでフォーマットすると、古いOSではアクセス出来ない(か、アクセス出来たフリをしてディスク内をグチャグチャに壊してしまう)ので、異なるバージョンで共用する場合は、最も古いOS以外ではフォーマットしちゃ駄目です。

XPの事は忘れて、XPで使えなくても構わないなら、新しいOSで新しいフォーマット、つまり、GPTでフォーマットしても構いません。

なお、3つのOSで繋ぎ変えて使用する場合、中身のファイルやフォルダは「everyoneユーザーでフルコントロール」にしておく事。

3つのOSそれぞれに、同名のアカウントIDを作って、そのアカウントを使用していたとしても「OSごとに、アカウントの内部識別固有IDが違っている」ので、OSは、3つのアカウントを「別人」として扱います。

なので、3つのOSで繋ぎ変える(1台のPCでマルチブートにしてOSを3つ入れた場合も含む)場合には「誰でも読み書き可能」つまり「overyoneでフルコントロール」にしておかないとなりません。

MBR:Vista以前のOSでも使用できるフォーマット。

Vista以前のOSでも使用できるドライブになるが、OS起動に使う場合は物理ドライブのサイズは2TBまでに制限される。

GPT:2TB以上のドライブでも起動可能にする為のフォーマット。

GPTフォーマットのドライブをOS起動に使うにはWindowsの64bitでVista か7のOSでEFIの環境が必要。

-----

XPでも読めるドライブとしてフォーマットするのであれば、MBRでフォーマットすること。

と言うか、幾つかのOSで繋ぎ変えて使用するなら「最もバージョンが古いOSでフォー...続きを読む

Q【代替処理済のセクタ数】 を回復させるフリーソフト

【質問(1)】

現在、CrystalDiskInfo(クリスタルディスクインフォ)で健康状態が【異常】と出ております。

HDD→ TOSHIBA MK6465GSXN 640.1GB  使用時間10936時間


●(赤) 代替処理済のセクタ数 <現在値1> <最悪値1> <生の値 0000000007FE>

●(黄) 代替処理保留中のセクタ数 <現在値100> <最悪値100> <生の値 000000000001>

●(青) 回復不可能セクタ数<現在値100> < 最悪値100> <生の値 000000000000>


【代替処理済のセクタ数】 を、【回復させるフリーソフト】などは存在しないのでしょうか?




【質問(2)】
現在の状況はどんな状況??とてもヤバイ状況なの?詳しく知りたいです。





優しい方からの回答お待ちしております。
できましたら、リンクとかナシで回答くださるとたすかります。





※使用OSは、Win7

Aベストアンサー

>【代替処理済のセクタ数】 を、【回復させるフリーソフト】などは存在しないのでしょうか?

そんなものは存在しません。
"代替処理済のセクタ数"が増えたということは、HDDの一部の領域が物理的に死んだということです。
それをソフトで修復するなんてことは無理です。
物理的にどうにかなっているものをソフトで修復できるんだとしたらノーベル賞ものの大発明でしょうね。


>現在の状況はどんな状況??とてもヤバイ状況なの?詳しく知りたいです。

最悪の事態にはなっていませんが、代替処理済のセクタが大量発生していますので危険な状態です。
重要なデータのバックアップを取り、なるべく早くHDD交換を行いましょう。

ちなみに、本当にヤバイのは"回復不可能セクタ数"の数です。
これが1個でもあるということは、HDD内に保存されているデータが壊れている可能性があるってこと。
しかも、本当にデータが壊れているのか?壊れたデータがどれなのか?ということが特定不可能なので、いつの間にか重要なデータが壊れていたなんてことも十分に考えられます。
"回復不可能セクタ数"が1つでも出たら、すぐに重要なデータのバックアップを取り、HDD交換を行いましょう。

>【代替処理済のセクタ数】 を、【回復させるフリーソフト】などは存在しないのでしょうか?

そんなものは存在しません。
"代替処理済のセクタ数"が増えたということは、HDDの一部の領域が物理的に死んだということです。
それをソフトで修復するなんてことは無理です。
物理的にどうにかなっているものをソフトで修復できるんだとしたらノーベル賞ものの大発明でしょうね。


>現在の状況はどんな状況??とてもヤバイ状況なの?詳しく知りたいです。

最悪の事態にはなっていませんが、代替処理済のセクタが大...続きを読む

QSSDはフォーマット必要ですか?

インテルのSSDは、
最初にフォーマットしないとダメなのですか?

Win7 64bitで使います。

Aベストアンサー

紙一枚のマニュアルがあるはずです。
よーーくみると日本語の説明もあり、URLが書いてあります。
そこを開くと、ソフトのダウンロード画面が開きます。
英語ですが、japanese の文字を探して、その右にあるdownloadボタンを押せばダウンロードできます。

ダウンロードしたらそれを実行してインストールします。これは日本語です。

インストールしたらアイコンがデスクトップに出てきますので、それを実行します。

すると右上に「開始」ボタンが見えますのでそれをクリック、自動か手動か聞いてきますが、自動をクリック。

その後再起動すると、起動時にコピーしてくれます。元とサイズが違っても自動で合わせてくれます。

私も事前に調べて面倒だと思っていたのですが、インテルだと専用ソフトが使えるのでとっても簡単でした。
偶然にも実は昨日やりまして、今快適に使えてます。

QWindows7 システムで予約済みとは?

Windows7をインストールしました。コンピューターを開くと、ハードディスクドライブ(2)に、"ローカルディスク(C:) 空き領域 42.5GB/74.4GB" と、"システムで予約済み(E:) 空き領域37.1MB/99.9MB"と書かれた二つのHDDが、あるように見えるのですが、この"システムで予約済み(E:) 空き領域37.1MB/99.9MB"のディスクは、一体何の為に存在し、必要不可欠なモノなのでしょうか?削除出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

<一体何の為に存在し>
Windows 7 で新しく作成されるようになった、この小さなパーティションには、2 つの機能があります。
1 つは、ブート マネージャー コードとブート構成データベースを格納することです。
もう 1 つは、BitLocker ドライブ暗号化の機能で必要なスタートアップ ファイル用の領域を予約することです。
詳細は下記参照してください。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/win7_tips65.aspx
出来ればこちらも
http://hrn25.sakura.ne.jp/win/system-reserved/system-reserved.html

<必要不可欠なモノなのか>
人それぞれ

<削除出来るのでしょうか>
削除は可能。 
私的な注文ですが、たいした容量ではないので、出来たら弄らないほうが・・・。

Q【液晶テレビのIPSパネルについて】IPS系のADSパネルのADSってなんですか? ランク的にはど

【液晶テレビのIPSパネルについて】IPS系のADSパネルのADSってなんですか?

ランク的にはどの程度の立ち位置ですか?

IPS ADSパネルとAH-IPSパネルならどちらの方がランクは上ですか?

AH-IPSパネルのAHってなんですか?

一般的にIPSパネルを使用している液晶とはどのパネルを使っているのでしょうか?

2つとも次世代液晶パネルですか?旧型の廉価版ですか?

Aベストアンサー

・AH-IPS(Advanced High performance IPS):
LG Display社製のIPS液晶パネル

・ADS(Advanced super Dimension switch):
中国BOE社製のIPS液晶パネル

IPSというのはジャパンディスプレイ社及びLG Display社の商標なので、
その他の液晶パネルメーカーが生産するIPS方式の液晶パネルはIPSという表記で
販売することができません。
本当に細かい事を言わなければ、AH-IPSもADSも同じ構造と駆動方式であるため
どちらも同じ広視野角特性を持っていると言えるでしょう。

QHDDクローン作成、CドライブがBになり、起動無理

こんばんは。

HDDをクローンさせて、新しいHDDに交換しようと思い、Easeus Todo Backup Freeを使いました。
クローンは成功したのですが、HDDを交換しても起動しません。ブートしません。

いろいろ自分でも調べてみたのですが、たぶん新しいHDDのパーティションの文字が(C)ではなく、(B)になっているから?のではないかと思っていますが、正しいでしょうか?

以前の入っていたHDDが(C)で、新しくクローンしたHDDが(B)になっているので、システムがブートしない と考えてよいのでしょうか?

また、このとき、どうすれば起動するようになるのでしょうか?
ご返答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ドライブ名がAやBだろうがCだろうがBootローダーがあれば関係なくBootします、Windows起動時にBootしたHDDにCが割り当てられ、CドライブのBと言う名前のHDDとなるだけです。
状態から考えて、パーテーションのみをクーロン化したのではないでしょうか?パーテーション外にあるBoot関連のファイルや設定はクーロンされませんから、当然ながらそのHDDはブート出来ません。
やり方
http://www.pc-master.jp/blog/freesoft/3887.html
もう一度HDDをクーロンコピーするしかありません。
HDDを自分でブートできるようにした場合、全て消してからになるので、再度クーロンしても同じだけ以上に手間がかかります。

QHDDを少量SSDにクローンする方法

HDDのSSD化をするのにクローンをとる方法を聞きたいです。
クローン用HDD台を持っています。クローンの元データのHDDからそれと同量かそれ以上のHDDの容量のものにしかクローンは取れないと思います。
HDDより容量の小さいSSDへデータ移行する方法がわかれば教えてください。
もちろん元のHDDの実際に入っているデータ量はSSDより少なくなくてはならないと思います。

もとのHDDの全体の容量を小さく見せる方法など目的が達成できるようご指導お願いいたします。

Aベストアンサー

自作PC、BTOなどならクローンは大して難しいものではないですよ。
ノートの場合は、SSDは最低限256GB、コスト無視なら512GBのSSDにするしかないですね。

Windows8.1 pro 64bit&32bitの自作PC2台は、128GBのSSDを使ってます。
HDDからSSDにクローンするときは、起動HDDの使用容量を128GB以下にするだけです。
データは他の内蔵HDDに移し、ゲームとかは他の内蔵HDDにインストールします。
そして、パーティション管理フリーソフトで、HDDの使用容量を100GB程度に変更するだけです。
それから、バックアップ用フリーソフトでクローンします。
8.1 pro 64bitのSSDの使用領域はたったの41GBしかありません。
Windows7 64bit、Windows8.1 32bitならば、クローンはとても簡単です。
面倒なのは、Windows8.1 64bitの場合です。
UEFIでインストール、高速起動ならば、ソフトで未対応だったりします。
8.1 pro 64bitのSSDをプレクスターから東芝に交換するときは、最初使ったAOMEI Backupperが8.1未対応で見事に失敗。それから、EaseUS Todo Backup Freeで成功してます。
そして、2日前にAOMEI Backupperが正式に8.1対応になりました。
また、EaseUS Todo Backup Freeでクローン成功後、アンインストールしたらスタート画面からいくつかアイコンが消滅。ちょっと前に、バグ修正されたバージョンになってます。

パーティション管理ソフト
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20140411_644012.html
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/aomeiparti/
どちらも日本語化されてます。
8.1 pro 64bitでAOMEI Partition Assistant の有料版(4000円ほど)、7と8.1 pro 32bitでフリー版を使ってます。
Windows7、8 32bitならば、どちらのソフトにもあるOSを新しいSSD、HDDにコピーするで簡単に起動ドライブを交換できるようになってます。
8.1 pro 32bitは、AOMEI Partition Assistantで500GBのHDDから128GBのSSDにコピーして、起動ドライブをSSDに変更してます。
でも、8.1 pro 64bitのUEFIインストールだと、AOMEI Partition Assistant(有料版)でも失敗してます。

クローンソフト
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/easeustodobu/
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20140409_643534.html
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20140410_643802.html
AOMEI Backupper Standardでバックアップを使ってます。前バージョンで8.1 pro 64bitのクローン失敗もありましたが、気にせずにこのソフトをインストールしてます。
一般的には、日本語化されてるEaseUS Todo Backupの方が人気があります。

自作PC、BTOなどならクローンは大して難しいものではないですよ。
ノートの場合は、SSDは最低限256GB、コスト無視なら512GBのSSDにするしかないですね。

Windows8.1 pro 64bit&32bitの自作PC2台は、128GBのSSDを使ってます。
HDDからSSDにクローンするときは、起動HDDの使用容量を128GB以下にするだけです。
データは他の内蔵HDDに移し、ゲームとかは他の内蔵HDDにインストールします。
そして、パーティション管理フリーソフトで、HDDの使用容量を100GB程度に変更するだけです。
それから、バックアップ用フリー...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報