以前「マンションの非常階段への柵の設置」という質問ではお世話になりました。

隣に新築予定のマンションの非常階段が私のマンションの窓と同じ位置に作られる予定で、
階段側に目隠しや柵の設置の要望を出していますが、設置できないという回答が続いています。

最初の回答では「建築基準法等」により設置できないとの回答でしたが、具体的にどの
条文が該当するのか再度質問したところ「消防法」により設置できないと回答の法律が変わりました。(なんだか適当ですよね。)

「周囲の1/2以上外気に開放されるため開口しなければならず、避難階段として法的に認可
されない場合は内部階段と同じ扱いになり別の避難経路を設ける必要があるから無理」だそうです。

これは、消防法ではなく、以前の質問で回答いただい内部階段=床面積に含まれるため
建ぺい率にひっかかるというのが本当は正しいという理解でよいでしょうか。

とにかく普段はエレベータを使うんだから階段は利用されないから覗かれない、下手な目隠しを
設置するより開放しておいた方が覗きづらい等なにも対策をとらないような回答しか返ってきません。

できればルーバー、または柵か目隠しを設置するようにもっていきたいのですが、
よい案はないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

避難階段の設置は建築基準法第35条、その構造は建築基準法施行令第123条に定められていますが、開口については特に記載がないようです。



参考URL(PDFファイルです)は大阪市の建築基準法取扱い要領ですが、33ページを見ていただくと「屋外階段は外気に有効に開放されている長さ(煙突状の吹抜きに面する部分を除く)が、当該階段の周長の1/2以上であるとともに、少なくとも1辺以上は外気(敷地内の建築物に面せず、かつ敷地境界線より有効0.5m以上の空地をいう)に面すること。 」という記載があります。

自治体レベルでこのような細則を定めている可能性があるので、まずはお住まいの自治体の担当部署に、同様のルールがあるか尋ねられてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.city.osaka.lg.jp/toshikeikaku/cmsfile …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そうですね。自治体に確認してみます。

このような要望に対し、今回のように何も配慮してもらえないことが多いものなのでしょうか。
採光などはマンションが建てられる場所なので仕方ないと思っていますが、
先に建っている建物の方が優先されるとはいっても聞いてもらえそうな要望は非常階段の照明が
直接窓を照らさないように配慮することだけでした。

お礼日時:2014/07/04 09:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q消防法の危険物(指定数量以上)に関して

消防法の危険物(指定数量以上)に関してですが、貯蔵施設(設備にて使用)が複数ある場合は指定数量は累計するのでしょうか?
たとえば「第3石油類 非水溶性液体」は2000Lが指定数量となってます。
使用設備1機で油量は800Lの場合、3機以上になると800*3=2400L>2000L(指定数量)となるのですが、累計するのか否か、、、教えてください。

また、指定数量の範囲は設備単体でしょうか?それとも管理区域(土地)でしょうか?
管理区域を2つに分ければ、累計油量を2分できるのですか?

Aベストアンサー

施設ごとの累計です。
少ない場合も少量危険物として、同等に近い施設が必要です。

Qマンションの非常階段への柵の設置

隣に新しくマンションが建つことになりました。お互いの建物は1m離れる予定です。

私の部屋の窓の横に非常階段がくるそうなのですが、この非常階段に目隠しや天井までの
柵を設けてもらうことは建築基準法上不可能なのでしょうか。

1mしか離れていないため、簡単に乗り越えて侵入されそうで怖いです。
(マンションの住人というより、外部の悪意の第三者に侵入されることを危惧しています。)
こちらのマンションには侵入防止用に非常階段の天井まで柵が設けられていますが、
現在の法律では天井までの柵を設けることは不可能になったのでしょうか。

また、目隠し、柵を設置していただく以外になにか安心できるような対策は
ありますでしょうか。
例えば法律上非常階段側の対策が無理ならば、こちらの窓に格子を付ける費用を出して
いただく等の交渉は可能なのでしょうか。

Aベストアンサー

>てっきり法改正があって天井までの柵は設置できなくなったのかと
>思いました。そのような回答が新築マンション側からきているのですが、根拠となる条文が
>見つからず、本当に柵も目隠しも設置できないのか疑問に思っていました。

法的な問題で柵やスクリーンが設置できないとしたら「床面積の問題」だと思います。

非常階段(屋外階段)は

イ) 外気に有効に開放されている部分の長さが、その階段の周長の1/2以上ある場合。

ロ) 外気に有効に開放されている部分の高さが、1.1m以上でその階段の天井の高さの1/2以上ある場合。

の両方を満たしていると、床面積には算入しません。

柵やスクリーンを設置した事により、この条件を満たさなくなった場合は、階段部分が床面積に算入されてしまいます。

床面積が増えると、建ぺい率などが変わります。もし、建ぺい率が変わってしまい「その土地に建てられる建ぺい率の基準を超える」と、建築基準法に違反する事になり、建物を削る、減らすなどして、建ぺい率が基準に収まるようにしないといけません。

もし、新築物件が「建ぺい率ギリギリ」だった場合、非常階段に覆いを付けるのは不可能になります(その分、設計変更して、床面積を減らさないといけない)

相手の業者が「建築基準法でダメ」って言っているのは、この「建ぺい率問題」だと思われます。

>てっきり法改正があって天井までの柵は設置できなくなったのかと
>思いました。そのような回答が新築マンション側からきているのですが、根拠となる条文が
>見つからず、本当に柵も目隠しも設置できないのか疑問に思っていました。

法的な問題で柵やスクリーンが設置できないとしたら「床面積の問題」だと思います。

非常階段(屋外階段)は

イ) 外気に有効に開放されている部分の長さが、その階段の周長の1/2以上ある場合。

ロ) 外気に有効に開放されている部分の高さが、1.1m以上でその階段の天井...続きを読む

Q消防法の「指定数量」の区切りの単位は?

消防法9条の3や10条にある「指定数量」の区切りの単位は、どのように定義されているのでしょうか?
敷地単位・建築物単位・防火区画単位・部屋単位のどれかだと思うのですが、私の持ってる解説書やネットで検索しても明文化されていないようで結局よくわかりません。申し訳ありませんが根拠と共に回答お願いします。

Aベストアンサー

再々お礼の補足について
>法の解釈の仕方ていう不思議な言葉で「部屋単位」で0.2以下にして申請しないのが正解ということでいいですか?
貼り付けURLを見させていただきました。
火災予防条例の範囲ですね。
それによる判定は
貴研究施設では
0.2以上で少量危険物貯蔵所の届出が必要となります。
0.2未満の時は必要無しと判断します。

>これだけ調べて明記がないのはぶっちゃけるとみんなあいまいにしておきたいということなのだということなんでしょうか?
あんまり厳しくすると、一般の方の生活上困るからでしょう。
北国においては、雪降る前に地元の消防署員さんが各屋やを訪問してストーブの置いている部屋に灯油缶を3つ(60リットル)置いていた方にしかめっ面して置き場所を指導して帰ったという話を聞いています。
屋外の灯油タンクでも容量の大きな物については、防油堤の設備を指導されます。
ちなみに
一般住宅における危険物取扱主任技術者の資格はいりませんが、容量400リットルの屋外タンク場合は、少量危険物貯蔵所の届出しなくてはならないのです。
と私の地元の火災予防条例には書いています。
ご参考まで

再々お礼の補足について
>法の解釈の仕方ていう不思議な言葉で「部屋単位」で0.2以下にして申請しないのが正解ということでいいですか?
貼り付けURLを見させていただきました。
火災予防条例の範囲ですね。
それによる判定は
貴研究施設では
0.2以上で少量危険物貯蔵所の届出が必要となります。
0.2未満の時は必要無しと判断します。

>これだけ調べて明記がないのはぶっちゃけるとみんなあいまいにしておきたいということなのだということなんでしょうか?
あんまり厳しくすると、一般の方...続きを読む

Q集合住宅の非常階段は

集合住宅内の非常階段について、専門家の方のご助言をお願いできますでしょうか。
地上部分23階建ての集合住宅に屋内非常階段が2ヶ所あります。
その1つの階段を法面半分程度をスロープ化し、車椅子走行対応できないかと考えました。多分、消防法で、階段の幅も規定されているのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。拡大解釈で、階段状ではなく、スロープ状であっても非常階段として認められれば幸いなのですが。その場合、スロープと階段の境に床面から立ち上がり部分を設け、脱輪を防ぎたいとも考えています。また、その立ち上がりを利用して手すりをつける事で居住者の便を図れます。片手が不自由な居住者が現在ついている片側だけの手すりでは反対方向に進む場合、手すりに頼ることができないことが解消されます。
できれば元となる法律もご紹介していただければ幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

 通常の階段をスロープにしても,あまりにも勾配がきつすぎて,車椅子は走行できませんよ。自力走行はおろか,介助者が付いていても,そのような勾配は危なすぎます。
 スロープを降りる時の車椅子介助の基本は,車椅子に乗っている人が上り方向を向いて,介助者がバックして降ります。車椅子に乗っている人が転落しないようにするためです。
 通常の階段をスロープにした急勾配を介助者がバックで降りるのは至難の業です。
 
 非常用非難施設は,階段でなければならないとは定められておらず,スロープでもOKの筈です。2階建てや3階建て程度であれば,幼稚園や保育所のように滑り台を設けても良いのですが,23階建てとなるとそうも行かないでしょう。
 うろ覚えですが,車椅子用のスロープは勾配が3%以下で,何メートルかおきに平坦部を設けなければならなかった筈です。法律ではなく,各自治体の条例で定められていたように思います。私の住んでいるところでは「人にやさしい街づくり条例」だったかな?

Q【化学法律】航空ガソリンが消防法の危険物に当たらないのはなぜですか? ガソリンは3種類に分けられてお

【化学法律】航空ガソリンが消防法の危険物に当たらないのはなぜですか?


ガソリンは3種類に分けられており、自動車ガソリン、航空ガソリン、工業ガソリンがあります。

しかし、消防法には自動車ガソリンと工業ガソリンしか記載されていません。

どうして航空ガソリンは危険物ではないのでしょう?

Aベストアンサー

>しかし、消防法には自動車ガソリンと工業ガソリンしか記載されていません。
消防法に自動車ガソリン、工業ガソリンの文言は有りません。
ガソリンについても
別表第1 備考第12号に「第一石油類とは、アセトン、ガソリンその他一気圧において引火点が二一度未満のものをいう。」としているのみです。

危険物の規制に関する政令も「ガソリン」のみです。
危険物の規制に関する規則には「自動車用ガソリン」の文言も出現しますが給油機の表示、ノズルの色を定めているだけです。

Q非常階段を常用的に使うことの罰則

私の会社では屋内に顧客用の階段とエレベータ、従業員用の人荷用エレベータが有り、外に非常階段があります。

社屋は8階建てで、専ら移動には非常階段を利用するように社内で決められています。特に3階層以内の移動は非常階段を利用しなくてはいけません。
ただ、大雨や雪の降る日などは雨で濡れたり雪が積もったりして階段の床が滑りやすくなり、転倒する恐れもあります。また、3階以上のその階段は手すりの他は申し訳程度の落下防止用の網しかなく、非常に危ない状態です。

ネットで調べはしたのですが、「非常階段を常用するのは問題があり、厳罰がある」とだけしか分からず、消防法や建築基準法等に(厳罰であるという)罰則があるらしいのですが、詳しいことは分からずじまいです。

このまま、非常階段を常用するのは法に抵触しないのでしょうか。

Aベストアンサー

屋内階段があるなら、屋内階段を使用すべきです。屋外非常階段は、非常時に使用する目的で作られてるのですから、利用の仕方が、無茶です。
どんな商売か、書かれていませんが、エレベーターを従業員に使わせたくない、意地悪としか思えません。
移動手段として、緊急時に使うのは当然として、エレベーターも屋内階段も使用させないなんて、何ともセコイ会社ですね。収益が予定通りいかないから、苦肉の策の、経費削減でしょうが、会談を使う労力と時間のロスは、どのような計算をされてるか、上司にお尋ねになられたらいかがですか?ただ単に、意地悪でやってるようですね。
非常階段の常時使用は、何の法規にも違反しておりません。但し、危険を感じるような作りは改善すべきでしょう。

Q危険物倉庫の指定数量について

危険物倉庫に保管できる指定数量を増やしたいのですが、
何か明確な基準はあるのでしょうか?
倉庫の大きさ等何か条件があれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

危険物の届出は、指定数量の倍数によって届出の種類が変わります。
危険物の建物の構造・規模は、屋内貯蔵所の場合、
立地条件の規定
危険物の規制に関する政令第9条の各号に規定されています。
建物の規模及び構造の規定
危険物の規制に関する政令第10条の各号に規定されています。
種類の違う危険物を扱う場合は、各々の種類によって倍率を計算して、その合計の倍率となります。
計算例
危険物の種類
四類第1石油類 ガソリン 180リットル 指定数量200リットル
四類第2石油類 軽油  180リットル 指定数量1000リットル
180/200+180/1000=0.9+0.18=1.08
例の場合は、1.0以上で危険物取扱所の届出が必要となります。
倍率が0.2~1.0の場合は、少量危険物取扱所の届出が必要となります。
ご参考まで

Q祖父の時代に自分の土地に隣と共用で掘った井戸を隣が引っ越した後、隣の土

祖父の時代に自分の土地に隣と共用で掘った井戸を隣が引っ越した後、隣の土地を買取った業者が使う権利はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、「共用」とは如何なる(法律上の)権利を設定したのか、確定して下さい。それがはっきりしないと、「業者に使う権利」があるのか無いのか、確定できません。契約書があれば、それを見て下さい。無ければ、裁判になった場合に、その点(「如何なる権利を設定したのか」)から争うことになります。

 文面からは、「隣の土地の人が、お祖父さんの土地の井戸を使う権利を設定する契約をした」と読めますので、恐らくは地役権(民法280条)を設定したのではないかと考えられます。そこで、以下は地役権であると仮定してお話します。
 地役権の場合、随伴性があります(281条1項本文)。つまり、要役地(隣の土地)が売却されると、地役権も土地所有権に付いて、買った人のものになるということです。したがって、「隣の土地を買った業者」が使う権利はあるということになります。
 ただし、随伴性は任意規定(契約で排除できる)なので(281条1項但書)、お祖父さんが「随伴しない」という内容で契約していれば、使う権利はないことになります。

Q[危険物乙四]消防法別表に入る危険物とは?

危険物乙四を受けます。消防法別表に入る危険物とは一言で言うとどんなものですか?

Aベストアンサー

> 消防法別表に入る危険物
私が勉強した時には必ず夫々の類の特性を覚えましたけれど、↓このような表は見たことが無いですか?
http://www16.ocn.ne.jp/~fd.to-ka/yobou/kikenbutuitiran.html
http://www.e-kikenbutu.com/what/index2.html
第4類はどんな性質を持つ物質が指定されていますか?『引火性液体』ですよね。
『引火性液体』の定義は、第4類の更に細かい区分けである「第1石油類」などの定義を見れば理解できると思います。

イヤイヤ、そういう意味の質問ではなく、『別表に指定されている危険物の全てを一言で』というのであれば、「火災を発生させる危険性及び消化が困難なもの」と解しております。

Q喫煙所の設置に関する消防法について

野球場やサッカー場などの施設で、
喫煙所を新たに設置する場合、設置場所やその他について
消防法をクリアしないといけないと思いますが、
その条件とは具体的にどのようなものなのでしょうか?
返答お願いいたします。

Aベストアンサー

最終的には所轄の都道府県市町村の条例に従うこととなりますので,所轄の消防署に問い合わせなければならないのですが,基本的には「劇場等」の中の観覧場における喫煙所の規定に該当することとなるでしょうネ(これも,都道府県市町村によって若干の差があるでしょうけど)。
観覧場床面積の1/30以下でならないとか,
所定の大きさの「喫煙所」と書いた表示を掲げるとか,
客席や廊下以外の場所(但し,通行に使わない廊下は無関係)に設置しなければならないとか,
火災発生時に人命に危険がない場所であるとか,
消火器や防火砂の設置とか,
こういった規定を満たし,所轄の消防署長が認めた場所であれば,設置できるということになっていたと思います。
いずれにせよ,先に述べましたように地域によっての基準に多少の違いがありますし,書式なども統一されているかどうかという問題もありますので,所轄の消防署にお尋ねくださいネ。
一応,防火管理者でもありますが,一般人として。
以上kawakawaでした


人気Q&Aランキング

おすすめ情報