以前「マンションの非常階段への柵の設置」という質問ではお世話になりました。

隣に新築予定のマンションの非常階段が私のマンションの窓と同じ位置に作られる予定で、
階段側に目隠しや柵の設置の要望を出していますが、設置できないという回答が続いています。

最初の回答では「建築基準法等」により設置できないとの回答でしたが、具体的にどの
条文が該当するのか再度質問したところ「消防法」により設置できないと回答の法律が変わりました。(なんだか適当ですよね。)

「周囲の1/2以上外気に開放されるため開口しなければならず、避難階段として法的に認可
されない場合は内部階段と同じ扱いになり別の避難経路を設ける必要があるから無理」だそうです。

これは、消防法ではなく、以前の質問で回答いただい内部階段=床面積に含まれるため
建ぺい率にひっかかるというのが本当は正しいという理解でよいでしょうか。

とにかく普段はエレベータを使うんだから階段は利用されないから覗かれない、下手な目隠しを
設置するより開放しておいた方が覗きづらい等なにも対策をとらないような回答しか返ってきません。

できればルーバー、または柵か目隠しを設置するようにもっていきたいのですが、
よい案はないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

避難階段の設置は建築基準法第35条、その構造は建築基準法施行令第123条に定められていますが、開口については特に記載がないようです。



参考URL(PDFファイルです)は大阪市の建築基準法取扱い要領ですが、33ページを見ていただくと「屋外階段は外気に有効に開放されている長さ(煙突状の吹抜きに面する部分を除く)が、当該階段の周長の1/2以上であるとともに、少なくとも1辺以上は外気(敷地内の建築物に面せず、かつ敷地境界線より有効0.5m以上の空地をいう)に面すること。 」という記載があります。

自治体レベルでこのような細則を定めている可能性があるので、まずはお住まいの自治体の担当部署に、同様のルールがあるか尋ねられてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.city.osaka.lg.jp/toshikeikaku/cmsfile …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そうですね。自治体に確認してみます。

このような要望に対し、今回のように何も配慮してもらえないことが多いものなのでしょうか。
採光などはマンションが建てられる場所なので仕方ないと思っていますが、
先に建っている建物の方が優先されるとはいっても聞いてもらえそうな要望は非常階段の照明が
直接窓を照らさないように配慮することだけでした。

お礼日時:2014/07/04 09:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマンションの非常階段への柵の設置

隣に新しくマンションが建つことになりました。お互いの建物は1m離れる予定です。

私の部屋の窓の横に非常階段がくるそうなのですが、この非常階段に目隠しや天井までの
柵を設けてもらうことは建築基準法上不可能なのでしょうか。

1mしか離れていないため、簡単に乗り越えて侵入されそうで怖いです。
(マンションの住人というより、外部の悪意の第三者に侵入されることを危惧しています。)
こちらのマンションには侵入防止用に非常階段の天井まで柵が設けられていますが、
現在の法律では天井までの柵を設けることは不可能になったのでしょうか。

また、目隠し、柵を設置していただく以外になにか安心できるような対策は
ありますでしょうか。
例えば法律上非常階段側の対策が無理ならば、こちらの窓に格子を付ける費用を出して
いただく等の交渉は可能なのでしょうか。

Aベストアンサー

>てっきり法改正があって天井までの柵は設置できなくなったのかと
>思いました。そのような回答が新築マンション側からきているのですが、根拠となる条文が
>見つからず、本当に柵も目隠しも設置できないのか疑問に思っていました。

法的な問題で柵やスクリーンが設置できないとしたら「床面積の問題」だと思います。

非常階段(屋外階段)は

イ) 外気に有効に開放されている部分の長さが、その階段の周長の1/2以上ある場合。

ロ) 外気に有効に開放されている部分の高さが、1.1m以上でその階段の天井の高さの1/2以上ある場合。

の両方を満たしていると、床面積には算入しません。

柵やスクリーンを設置した事により、この条件を満たさなくなった場合は、階段部分が床面積に算入されてしまいます。

床面積が増えると、建ぺい率などが変わります。もし、建ぺい率が変わってしまい「その土地に建てられる建ぺい率の基準を超える」と、建築基準法に違反する事になり、建物を削る、減らすなどして、建ぺい率が基準に収まるようにしないといけません。

もし、新築物件が「建ぺい率ギリギリ」だった場合、非常階段に覆いを付けるのは不可能になります(その分、設計変更して、床面積を減らさないといけない)

相手の業者が「建築基準法でダメ」って言っているのは、この「建ぺい率問題」だと思われます。

>てっきり法改正があって天井までの柵は設置できなくなったのかと
>思いました。そのような回答が新築マンション側からきているのですが、根拠となる条文が
>見つからず、本当に柵も目隠しも設置できないのか疑問に思っていました。

法的な問題で柵やスクリーンが設置できないとしたら「床面積の問題」だと思います。

非常階段(屋外階段)は

イ) 外気に有効に開放されている部分の長さが、その階段の周長の1/2以上ある場合。

ロ) 外気に有効に開放されている部分の高さが、1.1m以上でその階段の天井...続きを読む

Qマンションの避難階段踊り場への防犯扉の新設の是非について教えてください

オートロックのあるマンションですが、
マンションへの部外者の侵入を防ぐ防犯上の必要性から、裏側の避難階段の壁を乗り越えて泥棒等が入るのを防ぐため、避難階段から2階へ登る踊り場に
鍵のかかるドアを設置しようと管理組合で考えております。
一階には住居はありません。
災害時のことを考え、内側からは鍵がなくとも開くようにする予定ですが、外側からは鍵がなければ入れないようにするつもりです。
泥棒が入れなくなるのは良いのですが、火災時等に
避難階段を使って消防隊の方々等が突入して消火活動をする等が困難になったり、消防法、建築基準法等の各種法令等に違反するのではないかと心配です。
法令上、実務上、どのような問題点があるか、また、防犯扉の設置の是非等に付き教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

消防署へ行って聞くと教えてくれます
(事務所のある消防署)
誰に聞いたか記録しておけば
消防の査察にもOKか?

Q非常階段を常用的に使うことの罰則

私の会社では屋内に顧客用の階段とエレベータ、従業員用の人荷用エレベータが有り、外に非常階段があります。

社屋は8階建てで、専ら移動には非常階段を利用するように社内で決められています。特に3階層以内の移動は非常階段を利用しなくてはいけません。
ただ、大雨や雪の降る日などは雨で濡れたり雪が積もったりして階段の床が滑りやすくなり、転倒する恐れもあります。また、3階以上のその階段は手すりの他は申し訳程度の落下防止用の網しかなく、非常に危ない状態です。

ネットで調べはしたのですが、「非常階段を常用するのは問題があり、厳罰がある」とだけしか分からず、消防法や建築基準法等に(厳罰であるという)罰則があるらしいのですが、詳しいことは分からずじまいです。

このまま、非常階段を常用するのは法に抵触しないのでしょうか。

Aベストアンサー

屋内階段があるなら、屋内階段を使用すべきです。屋外非常階段は、非常時に使用する目的で作られてるのですから、利用の仕方が、無茶です。
どんな商売か、書かれていませんが、エレベーターを従業員に使わせたくない、意地悪としか思えません。
移動手段として、緊急時に使うのは当然として、エレベーターも屋内階段も使用させないなんて、何ともセコイ会社ですね。収益が予定通りいかないから、苦肉の策の、経費削減でしょうが、会談を使う労力と時間のロスは、どのような計算をされてるか、上司にお尋ねになられたらいかがですか?ただ単に、意地悪でやってるようですね。
非常階段の常時使用は、何の法規にも違反しておりません。但し、危険を感じるような作りは改善すべきでしょう。

Qビルの二つの避難階段をつなぐ廊下なし、法的にOK?

私の勤め先の15階建てのビルですが、階段は二つあるけれど、その二つの階段を結ぶ廊下がありません。これって法的にOKなのでしょうか?

階段はビルの西と東にひとつずつあります。(階段はこの二つのみです)
二つの階段は両方とも防火扉の中に設置された階段で、東の階段の防火扉は常に施錠されておらず、西の階段の防火扉は常に施錠されている状態です。

普段は、主としてエレベーターを使っており、副で東階段を使っています。

西階段について詳しく書くと、防火扉の鍵は、階段内へ入る時は扉についている鍵をひねると入れますが、階段から防火扉の外へ出る鍵を開けることはできません。ただし、1階だけは階段から防火扉の外へ出る鍵を開けることはできますので、外への非難は可能です。
●2階~15階の西側防火扉の鍵は、フロアから階段側へのロック解除は可能ですが、階段からフロア側へのロック解除はできません。
●1階の西側防火扉の鍵は、階段からフロア側へのロック解除は可能ですが、フロアから階段へのロック解除はできません。
(つまり、例えば、10階から西階段を使って外へ非難をしようと下へ駆け下りていったが、下階の西側が被災していた場合、途中のフロアで東階段へ向かわなければならないことになりますが、それが不可能に思えます。)

また、このビルの西と東の階段の間のスペースは、賃貸スペースとなっており、ワンフロアすべてを一つの会社に貸している階では、セキュリティカードが無いと西と東の階段を行き来することができません。

実際に行き来できないフロアは2・4・6・7・8・9・10・11・14・15階となっています。

ビル管理会社の説明では、これでOKとのことなのですが、法律的に本当にこれでOKなのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

私の勤め先の15階建てのビルですが、階段は二つあるけれど、その二つの階段を結ぶ廊下がありません。これって法的にOKなのでしょうか?

階段はビルの西と東にひとつずつあります。(階段はこの二つのみです)
二つの階段は両方とも防火扉の中に設置された階段で、東の階段の防火扉は常に施錠されておらず、西の階段の防火扉は常に施錠されている状態です。

普段は、主としてエレベーターを使っており、副で東階段を使っています。

西階段について詳しく書くと、防火扉の鍵は、階段内へ入る時は扉についてい...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。お礼有難うございました。
ちょっと補足です。

>避難の考え方に
>>途中で別の階段に移るということは想定していません
>というのは、私としては驚きでした。 Σ(・口・)
>私の中では、「避難通路は複数無ければならないのが常識」と思っていましたもので・・

ちょっと説明が足りなかったですね。
原則として避難経路は複数用意することになっています。細かい規定がありますので、割愛しますが、素人目には「え、このぐらいの規模で」というぐらい小さな建物でも複数の避難経路を用意する必要があるのです。

ただし、一旦、避難経路に入ったら、別の避難経路に移動する、ということは原則的に考えられていません。それは、2次災害が起こりやすくなるからです。
ご質問の中のビルも東西に避難経路がありますね。これは見た目には判りませんが、防火区画という仕切りでほぼ完全に他の場所から延焼しないように区切られているのです。ですから一度避難階段にたどり着いて階段が安全ならば、それ以上安全な場所はその建物にはないのです。

建物というのは、以外に縦にも横にも穴が開いていて、たとえば3階で火災が起きたときに4・5・6は大丈夫なのに7階に飛び火するというようなことも起こりえます。
そうなると、一度安全な避難通路(階段)に入ったのに、そこを出て危ないかもしれないビルの中を通り、別の避難階段に移動する、ということは全く想定していないというのが実際のところです。

たとえ、避難経路が何系統あろうが、それを途中で移動して別の避難経路にわざわざ移るということは、リスク管理上やってはいけないことなのです。

また、質問者様のビルのように一つのフロアを2つ以上のテナントが入居し、東西の出入りが出来なくなっている場合については、収容人数の考え方が必要になります。
先ほど書いた基準の中に収容人数という基準があり、同じ建物(面積)でも収容人数が多くなると、避難経路を増やす必要がでてくるのです。
私も5階建てぐらいのビルで2箇所の階段がある建物で、新しいテナントが学習塾で収容人数が多くなる為に、階段とは別に避難用器具をつけたことがあります。

10階以上の高層ビルは新たに避難器具をつけることは出来ませんので、収容人数を算定して、必要なら東西通路をつけているはずですし、消防が査察で現場チェックもしているはずです。
だから、ビル管理を信用できるなら、大丈夫なはずということになります。心配なら近く消防に相談するのが一番いいです。

また特別避難階段は、避難階段の手前に防火扉を用意して、階段が混雑していても階段手前で火災の侵入を食い止める広場ができるようになっている階段通路のことをいいます。
非常用エレベーターは荷物用エレベーターに「1次消防」「2次消防」という鍵を差し込める場所があれば、非常用エレベーターとして機能するものになります。

#1です。お礼有難うございました。
ちょっと補足です。

>避難の考え方に
>>途中で別の階段に移るということは想定していません
>というのは、私としては驚きでした。 Σ(・口・)
>私の中では、「避難通路は複数無ければならないのが常識」と思っていましたもので・・

ちょっと説明が足りなかったですね。
原則として避難経路は複数用意することになっています。細かい規定がありますので、割愛しますが、素人目には「え、このぐらいの規模で」というぐらい小さな建物でも複数の避難経路を用意する必要が...続きを読む

Q建築基準法について質問です。令第123条第2項の屋外避難階段から2メートル以

建築基準法について質問です。令第123条第2項の屋外避難階段から2メートル以内は開口等は設けることができませんが、例えば共同住宅の開放廊下の手摺りも開口とみなし、壁で作る必要があるのですか?
ご教示をお願いします。

Aベストアンサー

「開放廊下」としての基準を満たしていれば
開放廊下は外部としてみなされますので開口部扱いにはなりません。

「開放廊下」の基準は隣地との空き1m、相対する建物との空き2m。
天井高さの1/2が開放されているもの
等の細かな基準があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報