最新閲覧日:

 ネットで親が子供を蹴り飛ばしている動画が話題になっているようですけど、正直親として子供にイライラして蹴り飛ばしたくなることって、奇麗事な教育論として否定されますけど、実際はありますよね?

 私はずっと一人身で子育てをしたことがありませんし、まず子育てなんて大変なこと自分にはできないでしょうし、若い頃からあきらめてます。

 先日、そこそこ行列のあるラーメン屋で食事をしていたら、となりにいた家族連れでお母さんが食べるのが遅い子供にすごいイライラしていました。待っているお客さんがたくさんいるのに、子供は麺を一本ずつズルズルと食べ、必要以上に水を飲んいまして、お母さんが「もっと早く食べられるでしょ。そうやって水飲みすぎだから、お腹がふくれて食べられなくなるの」と怒ってました

 子供は自由奔放で周りを気にしない一方で、大人は常にスケジュールで動き、社会人として効率性を求めてしまうのは仕方のないこと。ワイドショーのコメンテーターは「虐待する親は許せませんね」という傾向の発言をすると思いますが、実際育ててる親は仕事と家事・子育てに追われ非効率な出来事に対してイラだってしまうもんじゃないですかね?

 実際子育てに格闘しているヒトからすれば、子供を家畜のように蹴り飛ばしたくなるのも解らなくはないというところありませんかね?

 もちろん自分が子供だったら、体罰は簡便してくれとは思いますし、成長に悪影響が出る可能性もあるので、肯定はもちろんできませんが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

#11です。



やっぱ蹴りだね。
思ったより、綺麗に入っちゃった。みたいな。
(さっき、スマホの小さい画面で見てたのですみません。)

私自身が「蹴り飛ばしたくなるのも解らなくはない。」と思う訳ではありませんが、

「昔から、そういう人は存在する。」と思います。
いや、昔の方がもっと子どもらは、理不尽な目に遭ってたような気がします。


しかし、撮ってた男の警察にとかビデオに撮ったぞとか、、いかにも現代の人というか、東京の人という気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昔はもっとひどかったでしょうね
社会自体も一人一人の言い分よりも社会全体の成長を目指し、そのためには犠牲になる人が出てもしょうがないという風潮すらあったんじゃないかなと勝手な想像で感じてます

映像を見る限り誰も積極的に止めようとしてませんし、
自分がその場にいたとしても、やっぱり関らないようにすると思います

お礼日時:2014/07/04 20:32

どの動画ですか?


母と子の?

あれは蹴りではないですね。
足でこっちに寄せる感じじゃないでしょうか?

残念ながら、あんなもんじゃない蹴りを子どもの頃、
親に食らったことのある人、たくさんいると思いますよ。

食べ方ひとつで、いきなりぶっ叩かれたり。
思い出したくないですねえ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

https://www.facebook.com/photo.php?v=67453890260 …
この動画ですね
これを見る限り蹴りっぽくないですか?
まあ、親も自分の生活と心に余裕がないとやさしさは持てないでしょうから、戦後直後なんてひどいもんだったでしょうね

お礼日時:2014/07/04 13:39

>子供けりたくなることありますよね?



ねーよ。
同意を求める言い回しなのは、あなたにその気が満々だからさ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

暴力はないにこしたことはないでしょう
その方が望ましいです
私はその気がある人です
共感とまではいかないものの、親が子供にイラついているのには、解らないでもないと感じてしまうので、子供を教育する立場に向いてないと思います

お礼日時:2014/07/04 13:21

>子供けりたくなることありますよね?



そういうふうに思っちゃうのと、

実際に行動に移すのとでは、

違います。


正直、子供に対して変なことを思っても、それを行動に起こさなければ良いのです。気持ちを抑えて、隠しておけば良いのです。
それを実際にやった時点でアウトです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

思うのに、
理性で止められる人は教育する側として求められる資質かもしれませんね
私は感情的な人間なので、耐えられないと思います

お礼日時:2014/07/04 13:29

あなたもTVに出てくる視聴率と人気を稼ぎたいだけの評論家と同じで


体罰と暴力と躾の区別が出来ないようですね。

>私はずっと一人身で子育てをしたことがありませんし、まず子育てなんて大変なこと自分にはできないでしょうし、若い頃からあきらめてます。

一生貫いてください。

この回答への補足

「体罰・暴力」と「躾」は別のものとなんとなく理解してるつもりですが
親というのは365日24時間教育者としての倫理をもって、子供には自分のエゴではなく、教育者として接しないといけないとなると、ほんとに大変な苦労する立場ですよね

補足日時:2014/07/04 13:32
    • good
    • 0

わからなくもないですが、逆に子供のそういう天真爛漫さに助けられることもあるんです。


物事がうまくいかなかったときなどイライラしたり落ち込んだりしますが、そういうときに子供の明るさに心が癒されることもあります。
身内が亡くなって悲しみに打ちひしがれているときも子供はお構いなしですが、そのちぐはぐさで心のバランスが取れて救われたこともありました。

子供は親や周囲の大人を手こずらせるもんです。
誰しもが通ってきた道なのに、大人になると忘れてしまうんですよね。

「親は子によって育てられる」とよく言いますが、ほんとにそのとおりだと思います。
子供はその場の空気も読めないですし、時にはわがままを押し通したりしますが、それによって親も我慢強くなりますし、いろんな面で鍛えられます。

子供の存在って有り難いもんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、子供のかわいさは大人の発想ではありえない、無邪気なところですよね
時にかわいく思え、時には憎たらしく思える感じですかね

お礼日時:2014/07/04 13:34

子供は散らかしながら食べ、好きなものから食べ、食べるのは少量だし遅い。



自分は大人だから既に昔の自分を忘れている。もしくは自分を思い出してイラつく。

怒りの根源には期待があるから、その期待は「大人のように静かに早く食べる」だったり自分に都合がいい。

自分の五感を刺激する騒音・振動・光・悪臭などでなければ後は自分で自分の期待と目の前の現状の違いに一人で戸惑っているその困惑の感情が怒りになるに過ぎない。

始めから「この子には5分余計に時間をかけよう」と想定していれば余裕ですよ。計画外だから自分で困惑するのです。

親の暴力はともして自分の思い通りにならない人間を言うことを聞かせる為の恐怖政治と同じ手段です。

教育には相手の能力を読み取ってできることから一段ずつたたみかけて教えて行く我慢許容量が必要ですから、爆発しやすい人間は教育の仕方や人間間のコミュニケーション力の不足です。教育力の不足です。

が、まだ学べます。やる気があれば。けれど親である自分と相手は小さな子供で立場の上下関係にあぐらをかいていると、下の人間は鬱屈します。

結果、鬱屈した人間を作り出していると認識すべきです。その場の気持ちの吐き出しの行き着く先を暴力行使者は見ていません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

より、理想に向かっていける向上心がないと理性的な教育って難しいですね
結局、人間は自分の利益や都合を一番に考える利己主義が一番強いと思うんで、それとは間逆に感じられ貫くのが大変ですね

お礼日時:2014/07/04 13:42

蹴りたくなったことはありません。

人間ですから腹が立つ時はあっても、それが暴力には繋がりません。感情に任せて暴力を振るっていたら、その辺のチンピラと同じですから。子どもを育てると、親の方も凄く成長するものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親の成長というのは
親にならないと実感として理解できない感覚でしょうね
私は損得で考えるんで、辛い想いをして自分の成長と考えられないでしょう

お礼日時:2014/07/04 13:36

父親ですけど・・・・一度も無いなぁ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばらしい父ですね
親子関係も良好なのではないでしょうか

お礼日時:2014/07/04 13:40

こんにちは。



今の世代の親御さん達は、「怒る」ことはできても「叱る」事が苦手なようですね。
おそらく、自分たちが「叱られずに」育てられたためでしょう。

蹴りというのは、たいていの格闘技でも禁止されているほど危険な行為です。
ですので、「蹴りたくなる」時点で、その方は”痛み”を経験せずに育ったと言えるでしょう。

「お尻を叩く」というのがベターな方法でしょうね。
私の時代には「ケツバット」と言って、教師にお尻をバットで叩かれました。
勿論、ボールを打つような力ではありませんよ。
尾てい骨を骨折してしまいますので。

ビンタやお尻を叩くことは、「言って聞かせてもわからない」子供には必要ですよ。まだ人間になりきれていないので、痛みでわからせるほか無いわけです。

怪我をさせない範囲で、「言ってもわからない子供」を躾けることは大切です。
手を上げることの一切を禁じてしまったために、
学級崩壊などという、最低最悪の事態にエスカレートしていったのでしょうね。

本来、躾は親の責務ですが、それを国家公務員である教員に丸投げした時点で、
子供に対する愛情も、同時に捨て去ったことに気が付かないのでしょう。

反感を買うことが怖くて、家では甘やかし放題。
そんな子どもたちが義務で教室に押し込まれるわけですから、
崩壊して当然と言えば当然ですね。

蹴るのは絶対に駄目ですよ。
これは綺麗事でも何でもなく、怪我をさせてしまっては躾も何もありません。
空手道場に一日体験入門為さって、蹴りを喰らってみてください。
子供を蹴ろうなどとは思わなくなりますよ。

ではでは。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【育て方?】大人しい子供とうるさい子供

1人で歩き回れるようになった2~6歳くらいの子供の性格について、昔から気になっていることがあります。
簡単に言うと「大人しい子供」と「うるさい子供」がいると思うんです。
「人見知りで引っ込み思案な子供」と「怖いもの知らずで積極的な子供」とも分類出来ます。
ずばり、これらの子供の性格はどのようなことが要因で別れるのでしょうか?
前者をAタイプ、後者をBタイプとします。
分かりやすく例を出すと、スーパーにお母さんと2人で買い物に来たとします。
お母さんにくっついて、お母さんとしか会話しないのがAタイプ。(家族だけの前ではよく喋る子でもこっち)
スーパーに到着するとお母さんから離れて1人でうろうろ、自分の見たい売り場(お菓子など)に行って、独り言を言ったり、たまには周りにいる他人や知らない子供に話しかけちゃったりする子供がBタイプって感じです。(人目を気にせず地べたに寝っ転がって買って買って~!と泣き喚いてお母さんを困らせてる子もこっち)
もしスーパー内で迷子になったら…、Aタイプは必死に不安を押し殺してとりあえずスーパー内をくまなく探し回ります。
Bタイプはとりあえず大声で「おかぁ~さぁぁ~ん!!どこ~~~!!」と叫ぶことができます。
私自身は完全にAタイプの子供でした。スーパーでお母さんとレジに並んでる最中「キャベツ忘れた!すぐ戻るからこのまま並んでて」と言われても待つことが出来ず、お母さんによく怒られていた記憶があります。
なので、大人になった今、街中でBタイプの子を見かけると不思議で堪らないのです。
先日、スーパーのお菓子売り場でお菓子を選んでいたところ、1人でいた5、6歳の男の子が「あ、それ美味しいやつだ」と私の選んだお菓子にコメントしてくれました笑。
びっくりしながらも「あはは、美味しいよね…」とあしらっていたら、遠くから男の子を呼ぶお母さんの声がして、男の子は「は~い!ここだよ!!」とスーパー内全域に行き届く大きさの声で返事をして走り去って行きました笑。
一体どうしたら、ああいう怖いもの知らずで積極的な子に育つのか…。私もそういう性格に生まれたかったです。
遺伝的なもので持って生まれた性格なのか、それとも2歳までの育て方や周りの環境によるのか、とても気になります。

1人で歩き回れるようになった2~6歳くらいの子供の性格について、昔から気になっていることがあります。
簡単に言うと「大人しい子供」と「うるさい子供」がいると思うんです。
「人見知りで引っ込み思案な子供」と「怖いもの知らずで積極的な子供」とも分類出来ます。
ずばり、これらの子供の性格はどのようなことが要因で別れるのでしょうか?
前者をAタイプ、後者をBタイプとします。
分かりやすく例を出すと、スーパーにお母さんと2人で買い物に来たとします。
お母さんにくっついて、お母さんとしか会話しな...続きを読む

Aベストアンサー

同じ親が育てても、兄弟では生活や行動に明らかな違いが出ます。子供と言えど人間ですよ、人間はこのように環境を整えて、こう育てれば、こうなるというような簡単な存在ではありません。
その子の持って生まれた資質も関係するし、家庭内には様々なパーソナリティが混在している。家族同士の相性というのもあって、親の在り方が子供にどう影響するかは、その時次第ですよ。時代性も多大に影響しますしね。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報