忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

Win7のVAIO使ってます。素朴な疑問ですが、pcをやらない時は、シャットダウンと休止状態のどっちがいいのでしょう?
自分は毎回、シャットダウンしてたのですが、昨日たまたま休止状態で終えてしまったら、次の機動が速かったように思えました。(気のせいでしょうか??)

※OKWaveより補足:「ソニー製品」についての質問です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

こんにちは。



状況によって使い分けます。

長時間の外出前や就寝前→シャットダウン
短時間の外出前→スリープまたは休止状態

「スリープ」と「休止状態」は作業状態の格納場所と電源のオン・オフが異なり、「スリープ」はメモリに格納されて消費電力を少なくした状態に、「休止状態」はハードディスクに格納されて電源が切れた状態になります。

「休止状態」よりも「スリープ」のほうがすぐに復帰して作業の続きができるので、ノートパソコンのディスプレイを閉じた時の設定は、「休止状態」ではなく「スリープ」になっていることが多いかと思います。

以下を参照(Windows Vistaで解説していますが、Windows 7でも同じです)
http://azby.fmworld.net/kids/pc/hontoko/17/

ただ、ハードウェアの性能向上により、シャットダウンしてからの起動スピードがWindows XPの時に比べて格段に早くなっているので、作業を終える都度シャットダウンしたほうがパソコンの為にもいいのかもしれません。
    • good
    • 2

こんにちは



Windows7のVAIOでしたら休止状態が良いです。
シャットダウンと休止状態の違いは
休止状態の場合、例えばインターネットを見ながら休止した場合、
起動したときにインターネットを見ている状態がキープされます。

もしも、使う頻度が多め(3日に1回以上は使用)でしたら休止よりもスリープが良いです。
スリープはWindowsXP以前の物と異なり、ハイブリットスリープという新しい物に変わっており、
起動も速く、停電等でもデータが消えませんので、安心して使用できます。
こちらも状態がキープされます。

ちなみにWindows8のVAIOでしたら起動が格段に速いのでシャットダウンで良いです。
状態をキープしたい場合はスリープがオススメです。休止状態のメリットは殆どないです。
    • good
    • 2

PCを毎日使用したり数日ごとに使用されるのでしたら休止状態で良いと思いますが1か月以上使用しない場合はシャットダウンですね、また休止状態でもシャットダウンでも電力の消費は同じですではなぜ休止状態のほうが起動が早いのか?これは、開いているドキュメントとプログラムをHDDに格納して、コンピューターをオフにするのでシャットダウンした場合より電源ONした際かなり早く起動状態になります。



***但し休止状態で常時OFFした場合メモリデータにカスが溜まります(特にPCに大きな影響を与えるわけではありません)ので出来れば毎月1回のスパンでシャットダウンしてメモリのデータのカスをくりあリセットすればメモリはきれいにリセットされます***
    • good
    • 3

マイクロソフトの記事からの抜粋です。

休止状態からの復帰が何故速いのかの説明がなかったりスリープと混同している回答があります。外付けデバイスを繋いで置く必要もありません。
-------------------------------------------------------------------------------
休止状態は、主としてノート PC 用に設計された省電力の状態のことです。スリープが作業していた内容と設定をメモリに保存し、電力を少量使用するのに対し、休止状態は、開いているドキュメントとプログラムをハード ディスクに格納して、コンピューターをオフにします。Windows のすべての省電力状態の中で、休止状態が最も消費電力が少ないオプションです。ノート PC では、長時間使用せず、その間バッテリを充電できないとわかっているときは、休止状態にすることをお勧めします。
    • good
    • 0

わたしは、XPのころからシャットダウンを使っています。



理由:休止状態、スリープからの復帰時にトラブル( 最悪起動出来なくなる )に遭遇する可能性が増えるため、起動は遅いですがシャットダウンを使っています。
    • good
    • 1

確かに休止状態のほうが早いですが


キャッシュが壊れたりする場合があります

時と場合で使い分ける方が良いかも?
    • good
    • 1

休止状態は作業の中から終了せずに終わることが出来、始められるというメリットがあります。



ただ、休止状態からの復帰の場合、メモリーの搭載量が増えるとシャットダウンからの起動より時間がかかるケースも多々あります。

また、休止状態から復帰した場合、ネットワークに繋がらなかったり、周辺機器が使えない、休止状態からうまく復帰できないケースもあります。

その辺を考えると個人的には最近のPCは起動が速いので都度シャットダウンの方が良いように思えます。
    • good
    • 1

自分はいつも休止状態です。

シャットダウンよりも速いうえに、シャットダウンと同様に、電力消費が無いですから。

速い代償に、以下のリスクもありますので、注意が必要です。

1.休止状態に入った後に、外付け機器の取り外しをしない方が良いでしょう。
  次回電源ON時には、休止状態に入ったときの状態に戻ろうとします。
  その時に、もともと繋がっていた機器が無いと、異常動作を起こす可能性があります。

2.Windows Update の自動更新が行われません。
  シャットダウンであれば、Windows Update の自動更新が行われますが、
  休止状態では行われません。常に休止状態を使っていると、いつまでも
  更新が行われないので、タスクトレイにWindows Update のマークが
  出ているときは、Windows Update の更新を行うようにしましょう。
    • good
    • 0

>自分は毎回、シャットダウンしてたのですが、昨日たまたま休止状態で終えてしまったら、次の機動が速かったように思えました。

(気のせいでしょうか??)

気のせいではありませんよ。
休止状態の方が起動は早いです。

シャットダウンはすべてを停止しますので、再起動はすべて一からスタートします。

休止状態は、いまある状態を保存するだけです。
ですので、休止前の状態に戻すだけですので処理が早くなります。


ただし、そこはマイクロソフトのWindows です。おまけが付いて居ます。
マイクロソフトのWindowsすべてに、どうしても取りきれないプログラムミスがあります。
kのプログラムミスのおかげで、メモリーの中の使えない部分が時間とともに増えていきます。(メモリリークと言われる現象です)
これが限界に達すると、Windowsは、突然停止します。
この時に行って居た作業はすべてパーになります。

シャットダウンを行うと、これらのメモリリークは解放されるので、またゼロからの出発です。
しかし、休止モードは、このメモリリークで、メモリーが使えない状態も保存してくれます(プログラムでメモリリークを認識していないのでこういう状態になるんです。)ので何回も続けていくと、限界に達して停止しやすくなると言う事になる訳です。

スリープモードも同じ内容になります。
まぁ、その辺を考えて選ばれて下さい。


会社などの業務システムにWindowsが使われて居る物もありますが。マイクロソフトのコンピュテンスセンター(業務用の支援センターのような物)からは、どんなに長くても1週間に1度は必ずシャットダウンを行い、再起動をしてください。と言うアナウンスがされて居る位ですからね。

私は、起動に時間がかかっても、休止モードやスリープモードは使いませんけどね。
    • good
    • 0

休止の方が再起動は早いです。

そのための休止なんで。
当然、電力消費も減ります。
サスペンドならさらに早いですが、停止中も電力消費があり、コンセントを抜くとエラーになります。
また、メモリ内のゴミなども残りますので、時によっては不安定になります。
時々、完全にシャットダウンして綺麗にするとよろしいかと。
どうせ、アップデートなどで再起動を余儀なくされますが。
コンパネの電源管理で細かく設定できます。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパソコンの電源は落とすべきでしょうか

私は仕事柄、就寝時以外は常にパソコンに張り付いています。
当然パソコンも動いているのですが、パソコンを長時間起動したままにしておくとメモリにバグが溜まって良くない、という話を聞きました。
睡眠中も急な仕事が入ることがあるのでパソコンは付けっぱなしにしておきたいのですが、仕事中に突然フリーズすると大変な損害を被るので2日に一度、1分程電源を落とすようにしています。
いわゆるスリープやログオフは、アプリケーションを立ち上げてネットに接続しておく必要があるので使えません。
実際、パソコンの電源を落とさないまま使用していると問題が起こるのでしょうか?
デスクトップ型とノート型を両方使っており、OSはどちらもwindows7 64bitです。
また、電源を落とすなら何日おきがよいでしょうか。

Aベストアンサー

会社のIT担当してます。

サーバなどでないならば1~2日に1回程度で全然問題無いですよ。

1.PCは電源入れっぱなしが一番寿命が長い=正しいです。
2.PCは電源を落とさないと調子が悪くなる=これも正しいです。

この2つの要素は矛盾しているように感じるでしょうが、対象がハードとソフト(OS)で分かれています。

電源やHDD等のハードウェアについては、電源投入時が一番電子パーツやモーターに負担がかかりますので、電源入れっぱなしというのが一番寿命は長くなり、電源のON/OFFの仕方が悪いと電子パーツの寿命は落ちていきます。

ただ、この電源OFF→ONの感覚が短くなければ(数分~10分程度空ける)電子パーツへの負担は最小限ですし、もともと電源OFF/ONは繰り返されること前提で作られていますので、極端に寿命が短くなることもありません。大昔のオフコン(大型コンピュータ。でかい)などは大電力を使ってましたし、電子パーツ自体の耐久性も今より低かったので、めったに電源OFFと言うのはしませんでした、OFFしたら立ち上がらないというのも有りましたので(新品とかあまり関係ない。見た目によらず繊細でした)。

現在も会社で使うサーバは基本的に電源を落としません。これはサーバ自体が電源OFF/ONした場合の再起動に時間が掛かる(サーバOSは起動に時間がかかります)等、業務に影響があるためというのが理由としては大きく、PCと違って故障時、復旧に時間や費用がかかるため、不安要素は最小限にする理由もあります。


で次、メモリにバグ云々の話ですが...正確にはメモリにゴミが溜まる、という表現を使うと思います。実際、日常使うPCは電源を落とさないで長期間使い続けるとゴミが増えて不安定になります。再起動すれば治りますが...溜まり過ぎると再起動もできない場合があるので、定期的に再起動するのは大事です。

OSはいろんなソフトを立ち上げたり終了させたりしますが、終了させた時などにいわゆるゴミ(本来は終了させた時に関連のプログラムはすべてメモリから削除されますが、プログラムの作りから不要なプログラムが残ったり、他のソフトと共用してたりしてその時削除できないプログラムが残ったりします。これらをゴミと言ったりします)が残ります。このゴミはシャットダウン・起動時に整理・初期化されるのですが、シャットダウンしないと残り続け、それが積み重なると、ソフトが異常動作したりします。そのため、通常は定期的に再起動したほうがいいのです。

じゃあサーバとかはどうなの?と思うでしょうが、一般的にサーバは起動したら特定のソフトを立ち上げっぱなしで決まった挙動しかさせません。通常のPCのようにいろんなソフトを立ち上げ下げしたりブラウザでネットサーフィンもしませんのでゴミがたまりにくく、また、サーバOSはそのようなゴミを定期的に掃除する機能やソフト(プロセスの初期化ですが)もあったりとゴミ自体が長期間たまりにくくなっています(その代わり、きちんと構築する必要があるし、管理も手間がかかる。OSも高価。普通のソフトはたいていサーバOSはサポートしてません)。また、サーバでも、可能ならば年に1~0.5回程度は再起動しますし、個人用PCと違って維持に工数もかかります。よく、個人運用でも、サーバPCと普通使うPCは分ける、と言うのはそういう理由です。

会社のIT担当してます。

サーバなどでないならば1~2日に1回程度で全然問題無いですよ。

1.PCは電源入れっぱなしが一番寿命が長い=正しいです。
2.PCは電源を落とさないと調子が悪くなる=これも正しいです。

この2つの要素は矛盾しているように感じるでしょうが、対象がハードとソフト(OS)で分かれています。

電源やHDD等のハードウェアについては、電源投入時が一番電子パーツやモーターに負担がかかりますので、電源入れっぱなしというのが一番寿命は長くなり、電源のON/OFFの仕方が悪いと電子パーツの...続きを読む

QPCへの負担を低くする方法(ノートパソコン

ノートパソコンへあまり負担をかけない方法を教えて頂けないでしょうか。

よく言われるPCを使用しない時ですが、
「スリープ」、「休止状態」、「シャットダウン」に関しまして、同様の質問が多数御座いますが、回答も人それぞれとなっており、どれがいいのかと・・・。

世間では省エネや節電等言われてますが、今回はPCへの負担のみの回答をお願いします。

何日間も使用しない場合にはシャットダウンでもいいかと思われますが、仕事中(職場には別PCがある為)や、寝ている間はスリープでもいいんですかね。
処理が重くなったりしたら再起動orシャットダウンをすれば・・・。


また、アダプタに関してですが、挿しっぱなしはアダプタに悪いですかね。
充電完了後も外すのが面倒なのでそのままなんですが、上記スリープを行う際にもそのままにしている為、無駄に電力を消費しているようで・・・。


質問が多く、長々とすみません。
安くはなっていますが、あまり頻繁に購入できる状況ではなく、大切に使いたいので投稿しました。
私個人としては、使ってないのにスリープで電源入れっぱなしとか余計負担をかけているんじゃないか?と感じているのですが、毎回シャットダウンの方がPCにとっては負担なんでしょうか。

ノートパソコンへあまり負担をかけない方法を教えて頂けないでしょうか。

よく言われるPCを使用しない時ですが、
「スリープ」、「休止状態」、「シャットダウン」に関しまして、同様の質問が多数御座いますが、回答も人それぞれとなっており、どれがいいのかと・・・。

世間では省エネや節電等言われてますが、今回はPCへの負担のみの回答をお願いします。

何日間も使用しない場合にはシャットダウンでもいいかと思われますが、仕事中(職場には別PCがある為)や、寝ている間はスリープでもいいんですかね。
...続きを読む

Aベストアンサー

>使ってないのにスリープで電源入れっぱなしとか余計負担をかけているんじゃないか?と感じているのですが、毎回シャットダウンの方がPCにとっては負担なんでしょうか。

スリープ:メモリ上のデータを保持したままCPUやHDDなどの他のパーツへの電力供給をカットする
休止状態:メモリ上のデータをHDD上に退避してから全パーツの電力供給をカットする
電源オフ:OSを終了しメモリ上のデータを全て消してから全パーツの電力供給をカットする

それぞれの状態としては上記のような感じですね。
スリープはメモリには電力供給をしており、他の2つは電力供給無しなので、スリープの方が負担はかかっているはず。
まぁ、メモリなんて永久保証が出来るくらいに寿命が長くて壊れにくいパーツだから、常時通電していても大した影響はありませんけどね。
問題があるとしたら、常に電力供給をしなくてはいけない電源回りの回路かな。
常時電力供給=常時発熱ということなので、熱によって寿命を消耗していると思いますよ。

個人的には、スリープをするよりも休止状態を利用した方がパソコン本体への負担は少ないと思います。
ただし、Cドライブの容量が少ない場合は休止状態用のデータが書き込めない場合もありますし、SSD搭載機種の場合はSSDの寿命に悪影響を与える可能性もあります。
その辺も考慮したうえでスリープにするか休止状態にするか判断した方がいいですね。


>アダプタに関してですが、挿しっぱなしはアダプタに悪いですかね。

アダプタに関してはあまり気にしなくても大丈夫です。
挿しっぱなしで5年とか使っていても壊れることなんて滅多にないですから。
問題は、ノートパソコンの場合だと、常時充電100%の状態が保たれるのでバッテリー寿命がどんどん消耗しているってことかな。
ノートパソコンや携帯電話で採用されることが多いリチウムイオン電池というのは、満充電の状態だと通常よりも速く劣化が進むという特性があるんですよね。
そのため、常にACアダプタを挿して使うだけの据え置きノートの場合、バッテリーの充電率を80%ぐらいにしてから取り外しておいた方がいいです。

ちなみに、休止状態にしていればバッテリーとACアダプタの両方を外しても問題ありません。
バッテリーを付けているときのような電源を入れたままでの移動は出来ませんが、休止状態にしちゃえば自由に移動できますよ。

>使ってないのにスリープで電源入れっぱなしとか余計負担をかけているんじゃないか?と感じているのですが、毎回シャットダウンの方がPCにとっては負担なんでしょうか。

スリープ:メモリ上のデータを保持したままCPUやHDDなどの他のパーツへの電力供給をカットする
休止状態:メモリ上のデータをHDD上に退避してから全パーツの電力供給をカットする
電源オフ:OSを終了しメモリ上のデータを全て消してから全パーツの電力供給をカットする

それぞれの状態としては上記のような感じですね。
スリープはメモリに...続きを読む

Q休止状態を多用するとHDDの寿命が縮まる??

以前休止状態についてここで質問させてもらったのですが、再び疑問点が浮かんだので再度質問させてもらいます。
自分はここ最近シャットダウンはあまりせずに休止状態ばかり使用しています。
休止状態は終了時にメモリにあるデータをHDDに一旦書き込んでおいて、とのことですが、
休止状態を何千回、何万回と繰り返すとHDDの寿命がそれだけ早く縮まるということになるのではないかと思ったのですが、実際の所どうなのでしょうか?(フラッシュメモリ等も書き込み回数が多いとそれだけ寿命が早くなるといいますし)
仮に一年間毎日、休止状態のみを使用した場合と、一年間毎日シャットダウンのみを使用した場合とではそれなりに寿命が違うのではないかと思ったりもしましたが・・・

皆さんの意見を聞かせて下さい。

Aベストアンサー

あまり目に見える違いはないと思いますよ?
休止状態は確かにメモリの内容すべてをHDDに書き込みますが、普通のシャットダウンの際もキャッシュメモリの内容をHDDに書き戻したりはするわけですし、休止状態からの復帰は休止状態のデータを読み出すだけなのに比べて、普通に起動する際はHDDの各所から起動に必要なファイルを読み出す(その分ヘッドの移動も増えると思われる)ことになるわけですから。

システムの安定上はある程度の間隔を空けてきちんと起動・終了をするべきだと思いますが、休止状態を多用したからといってハードウェアレベルで不具合が起きるとは考えにくいように思います。

Qスリープを多用するとSSDは傷むか

 
Windows7はスリープ移行時とスリープからの復帰時にCドライブを激しくアクセスするみたいです。
そこでCドライブをSSD化したとき、スリープを頻繁に行うと節電にはなってもSSDが傷むのではないかって気にしてますがどうでしょうか。
 

Aベストアンサー

文章からこれから新しくSSDを購入されると予想して回答します。

最近のSSDはウェアレベリングなどのNANDコントローラの性能が上がって特に書き込み寿命を気にしなくてもよいほどにまで性能が向上したと思っています。(サーバーとして使えるほどの信頼性はまだ無いとは思いますが)

例えば、私が現在使用しているSSD「Crucial m4 CT128M4SSD2」は、2012年4月に購入したものでほぼ毎日数時間起動させていますが、不良セクタもなくウェアレベリング回数もまだ56回、CristalDiskInfoで表示される「残り寿命」の値は100から1減っただけです。(1518回の起動、2190時間使用しています)

なので、そこまで躍起になって対策する必要はなさそうです。プチフリなんてもう発生するSSDの方が珍しいですし。


ということで、今までの回答者さんの内容から補足する形で1つ情報を書きます。

WindowsVista以降から「スリープ(S3)」「休止(S4)」の他に新しく「ハイブリッド スリープ」という電源状態が追加されました。これはスリープと休止を足して割ったような状態です。

ACPI のスリープ・ステート「S3」である「スリープ」は作業中のデータをメインメモリに保存し、その他の電源を切ります。メモリはHDDやSSD以上の読み込み速度を持つため、スリープ状態のコンピューターは復帰するまでの時間が非常に短く済みます。代わりに、メモリはデータを維持するために多少の電力を必要とするため、スリープ状態では待機電力が少し発生します。また、コンセントから抜いたりバッテリー残量がなくなるとメモリ内の内容は消えるため(揮発性メモリの特徴)停電等に弱い特徴があります。

ACPI のスリープ・ステート「S4」である「休止」は、作業中のデータをハイバネーション ファイル(hiberfil.sys)としてHDD/SSDに書き出して保存します。hiberfil.sysはメモリと同容量のサイズが確保されます。HDDやSSDはデータを維持する際に電力を必要としないので待機電力はなく、また停電等で電源が確保できなくても休止状態から復旧可能です。代わりにスリープより復帰時間が長くなります。


「ハイブリッド スリープ」はこの「スリープ(S3)」「休止(S4)」のいいところをうまく組み合わせた状態を作り出します。つまり、デスクトップの状態をメモリとハード ディスク両方に保存することで、正常に復帰できるときはメモリから、突然電源が落ちた場合はHDD/SSDから読み込むことで復帰率を格段に向上させています。Vista以降のOSは電源から「スリープ」を選択すると標準で「ハイブリッド スリープ」状態になります。

つまり、標準状態のWindows7であれは「スリープ」を選択すると「ハイブリッド スリープ」になるはずなので、SSD内へデータを書き出します。私はずっと有効のままで使用していますが、気になるようなら「電源オプション」から<ハイブリッドスリープを許可する>を「OFF」にすればOKです。こうすると通常のスリープ(S3)に動作が変更されます。

因みに、SSDは書き込みに対しては理論的な寿命がありますが、読み込みに関してはほぼ無視していいので気にしなくてもよいでしょう。というよりそれがSSD最大の利点なのですから気にしながら使うのも何か本末転倒ですしね。

文章からこれから新しくSSDを購入されると予想して回答します。

最近のSSDはウェアレベリングなどのNANDコントローラの性能が上がって特に書き込み寿命を気にしなくてもよいほどにまで性能が向上したと思っています。(サーバーとして使えるほどの信頼性はまだ無いとは思いますが)

例えば、私が現在使用しているSSD「Crucial m4 CT128M4SSD2」は、2012年4月に購入したものでほぼ毎日数時間起動させていますが、不良セクタもなくウェアレベリング回数もまだ56回、CristalDiskInfoで表示される「残り寿命」の値は...続きを読む

Qシャットダウンと休止状態の電気代の比較

windows7のデスクトップを使っています。

そして出来れば24時間起動させておきたい
ツールがあります。

このツールは休止状態でも
稼働する事は確認済みです。

ですが24時間パソコンの電源を
休止状態だとしても付けっ放しにしておく事に
やはり電気代の点で不安があります。

自分で調べたところ、
シャットダウンしている時の待機電力と
休止状態の時の待機電力はほとんど変わらないと
いう見解が載っていました。

http://ameblo.jp/minakiya21/entry-10410470177.html

この待機電力という言葉もイマイチ理解出来ていないんですが、
結局、私が知りたいのは私は寝ている時間以外は
ほとんどパソコンの電源は付けっ放しなのですが、
これを眠る時は私はシャットダウンしてから、
眠っていたのですが休止状態にしても電気代という点で見ると
変わらないのでしょうか?

もしも違いがあるのでしたら、
どれくらいの違いが出るのかも教えて頂けると大変ありがたいです。


PS.

毎日、眠る時にシャットダウンするのと休止状態にするのとでは
パソコンに掛かる負担、パソコンを長く使うという点から見るとどうかも
合わせて教えて頂けると大変ありがたいです。


長文でお手数お掛けして申し訳ありませんが
どうぞよろしくお願い致します。

windows7のデスクトップを使っています。

そして出来れば24時間起動させておきたい
ツールがあります。

このツールは休止状態でも
稼働する事は確認済みです。

ですが24時間パソコンの電源を
休止状態だとしても付けっ放しにしておく事に
やはり電気代の点で不安があります。

自分で調べたところ、
シャットダウンしている時の待機電力と
休止状態の時の待機電力はほとんど変わらないと
いう見解が載っていました。

http://ameblo.jp/minakiya21/entry-10410470177.html

この待機電力という言葉もイマイ...続きを読む

Aベストアンサー

>休止状態にしても電気代という点で見ると変わらないのでしょうか?

ほとんど変わらないと思います。
具体的には以下の資料が参考になると思います。

『シャットダウンvs.スリープ|Windows PC 消費電力検証結果レポート』
http://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/hh146895
※「休止」のデータもあります。

>どれくらいの違いが出るのか

上記資料によるとWindows7のデスクトップの場合、「シャットダウン」と「休止」の消費電力の違いは0.12ワット(Wh)くらいのようです。

「眠る時」=8時間として以下のサイトで電気代を試算すると、1日あたり0.02円、1ヶ月で1円です。

『電気代計算君』 
http://kunisan.jp/denki/

あと、「起動・終了」と「休止・復帰」の消費電力が違いますが、その差が1,352(Ws)になりますのでWhに直すと約0.38円。

1日(1回)あたりの電気代が0.01円、1ヶ月あたりで0円(1円以下)となります。

○以上の2つを合計して1ヶ月あたり約1円、電気代が違うと試算できます。(あくまで上記資料によればです。)

>パソコンに掛かる負担、パソコンを長く使うという点

消費電力が違うのですから「厳密なことを言い出せば」違いはあるでしょう。
しかし、消費電力の違いの小ささから考えて、その影響はほぼ無いに等しいのではないでしょうか?

もしPCの故障などを心配するのであれば、たとえばHDDなどの部品そのものの寿命や壊れやすさのほうがはるかに影響が大きいと思います。

『Googleによると、ハードディスクは温度や使用頻度に関係なく故障する』
http://gigazine.net/news/20070219_disk_failures/
※古い資料ですが参考まで

---------
ちなみに、HDDではなくSSDを搭載している場合は、SSDへのデータ書き込み回数の違いなどを気にされる方もいるでしょう。
ただ、SSDの寿命も長くなりつつありますのでそれほど気にする必要もないような気がします。

『SSDの寿命を知ろう(1/2)』
http://hddnavi.jp/ssd/ssd_life1.html

(参考)

『パソコンや液晶モニタの電気代を待機電力まで試算』
http://bto-pc.jp/btopc-com/repair/pc-lcd-electricity.html

>休止状態にしても電気代という点で見ると変わらないのでしょうか?

ほとんど変わらないと思います。
具体的には以下の資料が参考になると思います。

『シャットダウンvs.スリープ|Windows PC 消費電力検証結果レポート』
http://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/hh146895
※「休止」のデータもあります。

>どれくらいの違いが出るのか

上記資料によるとWindows7のデスクトップの場合、「シャットダウン」と「休止」の消費電力の違いは0.12ワット(Wh)くらいのようです。

「眠る時」=8時間として以...続きを読む

Qハードディスクの電源を切るということの詳細を教えてください

電源オプションのプロパティ→電源設定と進んでいくと、「ハードディスクの電源を切る」という欄があるのですが、これを設定するとどのようになるのでしょうか?
それと、もうひとつ伺いたいのですがHDDの電源を切ったり入れたりするのは負担かけることになり寿命を短くしてしまうことにつながるでしょうか?

Aベストアンサー

>これを設定するとどのようになるのでしょうか?
HDDのモータ回転が止まります。主にノートPCの省電力目的だと思われます。

>負担かけることになり寿命を短くしてしまうことに
この説は有力です。経験的には寿命が短くなったように思われますので、最近は設定していません。

記録円板のモータが止まるので、読み出しなどのアクセスが発生すると、モータ回転(スピンアップ)からはじめ、回転が安定してからヘッドが動き出し、読み出しが始まります。
通常、スピンアップには大電流が必要ですので、度々大電流を流すのと、常時同じ電力で回転しているのとで差が出来ると思います。ので、積み重なっていくと寿命に影響が出るのではないかと思われます(何度もオン/オフする扇風機や換気扇は、付けっぱなしの扇風機などより早く傷みますよね?)

今のWindowsは、放置しててもHDDアクセスを勝手に行いますので、特にデスクトップPCではあまりお勧め出来ないのではないかと思います。

Q常に休止状態でシャットダウンしないことによるデメリットはありますか?

現在、モバイルノートでXPを使っています。外では基本的に、休止状態で使っているのですが、夜、自宅で充電するときにはシャットダウンした方がいいのでしょうか?

ついつい、外出先から戻ったそのまま(つまり休止状態のまま)充電して、朝に持ち出すという使い方になりがちです。

デメリットがあったら、ご教示していただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

>外では基本的に、休止状態で使っているのですが、夜、自宅で充電するときにはシャットダウンした方がいいのでしょうか?

 夜間就寝時に使用しないときは,完全なシャットダウンがよろしいです。その理由は以下の通りです。

>常に休止状態でシャットダウンしないことによるデメリットはありますか?
 
 あります。
 デメリットは,メモリーが解放されず,誤作動が起こることがあることです。

 それは,「スタンバイ」や「休止状態」ではなく,「完全なシャットダウン」をして最初から起動した場合を考えてみると分かります。

 この場合,Windowsの起動時には,スタートアップや常駐ソフト(タスクバー[正式には通知領域という]に表示される),さらにはドライバなどが初めから読み込まれます。つまり,何もメモリーのないきれいな状態から書き込むのです。

 そのため,「完全なシャットダウン」→起動は,パソコンが不安定になることが少ないこと,そして,パソコンを長時間使用するとファイルやソフトのデータがメモリーに残ることがあるので,これを解消することができること,この2つの意味で,「完全なシャットダウン」は重要なのです。

 ですから,就寝時など数時間も使わないときは,Windowsを完全なシャットダウンするようにして,使い分けることをお奨めします。


 ちなみに,Windowsの省電力モード「休止状態」と「スタンバイ」との違いは次のとおりです。
                          
       モード完了時間 復帰時間 電力消費 電源がOFFのデータ保持 

 スタンバイ     ○      ○     △      ×
 休止状態     △      △     ○      ○


 スタンバイは,スタンバイになるのも早く,復帰時間も十数秒で早いのですが,メモリーに絶えず電源を供給しており,メモリーは常にオンの状態です。
 ですから,電源が停電やバッテリー切れでなくなると,最後に使っていた状態のデータはなくなってしまいます。

 一方,休止状態はどうかというと,メモリーにあるデータをすべていったんハードディスクに保存します。その上で,メモリーもオフにします。
 ですから,ハードディスクからメモリーに再びデータを移すまでの時間がかかりますが,停電になってもハードディスクにデータが保存されているわけですから,その点は安心なわけです。

 しかし,これらのモードもいつもいつも使っていいのかというとそうではありません。ちょっと,休養や急用で席を離れるときぐらいにしたほうがいいのです。

 何かのお役に立てば幸いです。

 こんにちは。

>外では基本的に、休止状態で使っているのですが、夜、自宅で充電するときにはシャットダウンした方がいいのでしょうか?

 夜間就寝時に使用しないときは,完全なシャットダウンがよろしいです。その理由は以下の通りです。

>常に休止状態でシャットダウンしないことによるデメリットはありますか?
 
 あります。
 デメリットは,メモリーが解放されず,誤作動が起こることがあることです。

 それは,「スタンバイ」や「休止状態」ではなく,「完全なシャットダウン」をし...続きを読む

Qパソコンは毎日シャットダウンしていますか?

いちいち立ち上げるのが面倒なので、寝るときなどパソコンを長時間使わないときはスリープにしているんですが面倒でも毎回シャットダウンしたほうがよいですか?

Aベストアンサー

常用のパソコンは、24時間に近い稼働状況ですが、1時間触らないとスリープになるように設定しています。寝落ちすると大概スリープになっています(笑)。無駄に稼動していると電気代が馬鹿になりません。

ちゃんと寝る場合は、シャットダウンしています。OS は時折シャットダウンした方が、トラブルが少ないように思います。また、私のパソコンにはリセットスイッチがついていますが、これはトラブル時に使います。極力、電源の強制遮断はしないようにしています。リセットの方が、システム経由での処理ですので、トラブルが少ないと思いますね。

Qメモリは4GBで充分ですか? PC初心者

こんにちは。
タブレットPCまたはノートパソコン(Win8 64bit)の購入を考えている者です。
メモリについて質問があります。

使用目的としてはゲーム(将棋などのボードゲーム) をしながら動画サイトで動画・音楽の視聴などです。
私が購入を考えているPCですと購入後のメモリ増設ができません。
色々と調べてみると「4GBで十分」という意見や「8GBは積んでおいた方が良い」という意見が混在していました。

家族で使っている購入後1年未満のデスクトップPC(Windows7 homepremium 64bit)で試してみました。
ニコニコ動画30分の動画1つ+いつもしているゲームを起動→2.1GB~2.2GB
ニコニコ動画30分の動画×5つのウィンドウで同時再生+いつもしているゲームを起動→2.8GB~3.0GB

これを見てみると4GBで足りているようです。
しかし、PCは数年たつとメモリ不足になり動作が重くなるとよく聞きます。
あとあと増設できない分、「その時のために初めから8GBを積んでおいた方が良いのか」とかなり悩んでいます。

皆さんはどれくらいのメモリを積んでいますか?
また、そのメモリが必要となるような作業とはどのようなものなのでしょうか。

回答よろしくお願いします。

こんにちは。
タブレットPCまたはノートパソコン(Win8 64bit)の購入を考えている者です。
メモリについて質問があります。

使用目的としてはゲーム(将棋などのボードゲーム) をしながら動画サイトで動画・音楽の視聴などです。
私が購入を考えているPCですと購入後のメモリ増設ができません。
色々と調べてみると「4GBで十分」という意見や「8GBは積んでおいた方が良い」という意見が混在していました。

家族で使っている購入後1年未満のデスクトップPC(Windows7 homepremium 64bit)で試してみました。
ニコニ...続きを読む

Aベストアンサー

難しい判断ですね。
通常は4Gで足りると思います。
ただし、これは将来に重くなったときに、入らない常駐ソフトをはずせる
知識がある場合です。
それがなければすなおに8Gにするか、少々遅くなってもがまんするかです。
4Gあれば使えなくなると言うことはないでしょう。


>家族で使っている購入後1年未満のデスクトップPC(Windows7 homepremium 64bit)で試してみました。
>ニコニコ動画30分の動画1つ+いつもしているゲームを起動→2.1GB~2.2GB
>ニコニコ動画30分の動画×5つのウィンドウで同時再生+いつもしているゲームを起動→2.8GB~3.0GB

上記はあくまで目安程度の数字にすぎません。
年収400万円の人と年収800万円の人がハワイ旅行にいったとき、食事やオプションツアーなどが
異なるので、費用総額がかなり変わるはずです。
同様に、Windowsは現有メモリーにオ.維持手メモリーを使います。
ですから、他のマシンでのメモリー占有率はあくまでも目安程度のものです。

Qwindows modules installer worker って何?

WIN8.1 IE11を利用してます。
別にPC重くはないのですが、タスクマネージャーを見たら

windows modules installer worker

とゆうのが、やたらとCPU使用率を使ってるので(50%くらい)
ちょっと心配です。いったいこれは何でしょう? そしてどうしたらいいのでしょう?
誰か教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

windows modules installer workerはWindows8/8.1以降に追加されたプログラムで、
Windows Update後に不要ファイルを削除するためのプログラムです。
環境によってはCPUパワーやメモリをかなり消費することもありますが、時間が経てば静かになるので
タスクキルはしないでそのままにしておいてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング