カラーセラピストって、どういうお仕事ですか?
収入はどれくらいですか?最近興味がいるのですが、
あまりくわしく仕事の内容がのっていないので、誰か教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんわ まずカラ-セラピストというのは、カラ-セラピ-をする人の事を言います。

文字どおり、色彩の心理療法のことをいいます。ちょっと難しい言葉だと思いますが、アロマセラピ-やアニマルセラピ-と同じようなことです。いろいろありますが、2層に分かれたカラ-ボトルを使って、(人によって異なりますが、100本や108本とかあります。)まず、そのボトルをみて、4本選んでもらい、心理状況をくみ取って、アドバイスをして上げる人の事をいいます。独学でも勉強できますが、本をみたり、(泉 智子さんの 色の暗号 とか、オ-ラソ-マとかあります。)学校で習ったり出来ます。収入と言うのは、だいたい単発が多いと思います。1回いくらとか。一人のお客さんに継続するのは、難しいと思いますが、やり方次第だとおもいます。だいだい1回3500円位でセラピ-をしていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。
とても詳しい説明をありがとうございます。
心理療法のことなんですね。おもしろそうですね。
学校などもあるようなので、探してみようとおもいます。

お礼日時:2001/06/11 10:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私は今26歳です。今の仕事はあまりお金が安定しなく

私は今26歳です。今の仕事はあまりお金が安定しなく
どうせなら資格とって二つ働きたいなぁって思っています。
そこで医療事務は大変ですか?
スポーツジムのアルバイトも考えてます。
皆さんの意見きかせて下さい

Aベストアンサー

今の仕事でお金を安定させる事は考えた事ありますか?
安定させてる人はいませんか?
効率化を徹底する事で実現できませんか?

二つ働いても先は見えないと思います。
あと資格よりスキルだと思います、コミュニケーション力とか、
指導力とかは、どこに行ってもお金になるとおもいますよ。

Qカラーの仕事をする為に

アドバイスお願いします。
長い間カラーとは関わりのない事務職をしていました。
退職と同時に以前より興味のあったカラーの勉強をして
今夢中で勉強してます。 スクールにも通っていて
楽しいです。 とりあえずは資格を取ろうとAFTの試験に向けてがんばっていますが 将来カラーの仕事をしたい・・ と漠然と考えていますが 少しでもカラーと関係するアルバイトをしていた方がいいと思うのです。
色彩は幅広いですが どんなものが役に立つでしょうか?
どんな事でもよいので アドバイスください。
今は テーブルコーディネータフェアを見に行ったり楽しんでします。 分野はパーソナルカラーに興味があります。

Aベストアンサー

東商カラーコーディネーター1級(商品)です。
将来カラーと関係する仕事をしたいのなら
はっきりとした目標を持ったほうが良いです。
カラーの資格オンリーで仕事をするのは、ほぼ不可能です。
アパレルの販売員などは別ですが…。
インテリア関係なら、建築士・インテリアプランナー、インテリアコーディネーターなどの資格とのダブルライセンス。
デザイン関係ならPCソフトの知識は必須です。フォトショゥプ、イラストレーター、クオーク、デザインするものによってはCADなどの知識も必要でしょう。
開業になると、かなりの実力、コネクション、が必要になります。
講師という道もありますが難しいです。カラーの資格1級ぐらいではなかなか難しいのではないかと思います。大学などで専門的に勉強された方などもかなりいらっしゃるので…。私の先生も大学で専門的に勉強され留学しアメリカで色彩を学んだ方でした。

-私の就職活動-

私は東商の1級に合格しカラーと関係のある仕事に就き
A,F,Tの1級も取得しようという目標を持って勉強し始めました。
猛勉強の末、東商の1級を取得した私はさっそく就職活動を始めました。
これからが勝負だ!と思いながら。
でも心の中では少し自信がありました。
「自分は1級のカラーコーディネーターなんだ!」

数十社受けましたが結果は…
惨敗…。
インテリア関係を10社ほど・・
デザイン関係が10社ほど・・
すべてダメでした。

-そしてわかったこと-


※カラーの資格だけで働けるところは逆に言えばカラーの資格がなくても働ける。
(すべてがすべてというわけではありませんが)
※カラーの資格は日本ではほとんど認知されていない。
デザイン事務所に面接に行ったとき
「カラーコーディネーター1級って難しいの?」とかそんなレベルでした。
(悲しいことに…)

まずやりたい職業を決めてその勉強をしながら
カラーの勉強をするのが良いです。

メイクならカラーだけでなくメイクの知識。
インテリアならカラーだけでなく建築の知識。
デザインならカラーだけでなくPCソフトの知識。
フラワーデザイナーなら花の知識。などなど。
すべてがそうだと思います。カラーの資格・知識は+α。

パーソナルカラーというのもかなり難しいです。
一度、就職情報誌や学校でカラー関係の仕事を探してみてはいかがでしょうか?
皆無に等しいです。「理想」と「現実」はかなりかけ離れたものです。

ときびしいことばかり書きましたがこれはカラーの資格のみでの場合です。
本体となる知識とカラーの知識をプラスした場合には素晴らしい未来が待っている
のではないでしょうか。

それではがんばって下さい。

東商カラーコーディネーター1級(商品)です。
将来カラーと関係する仕事をしたいのなら
はっきりとした目標を持ったほうが良いです。
カラーの資格オンリーで仕事をするのは、ほぼ不可能です。
アパレルの販売員などは別ですが…。
インテリア関係なら、建築士・インテリアプランナー、インテリアコーディネーターなどの資格とのダブルライセンス。
デザイン関係ならPCソフトの知識は必須です。フォトショゥプ、イラストレーター、クオーク、デザインするものによってはCADなどの知識も必要でしょう。
開業に...続きを読む

Qホスピスケア、セラピストに関する資格は?

最近、ホスピス、セラピストに興味を持っています。
私は何も資格を持っていないのですが、そんな私でもホスピスに関係した有効な資格はとれますか?
知識が全くないので詳しく知りたいです。

Aベストアンサー

お勧めといえば、下の回答にあるように看護師だと思うのですが、他の資格としては、
直接接する:医師、介護士、看護助手(MCW)
相談面:SW,MSW
その他:薬剤師、栄養士
などでしょうか。
その他、仕事とするのではなく、ボランティアとして触れることも可能ですね。行事や外出の付き添いや、日々の話し相手、ピアノの演奏(堅苦しく言うと音楽セラピー的なこと)、美容師などの資格をお持ちなら美容ボラなど。

資格を取得してホスピスで職員として働くのであれば、上記のような資格がお勧めです。看護助手以外は国家資格です。
ただ、ご存じだと思いますが、ホスピスの対象者やその性質から、いろいろな意味でとても大変な仕事です。興味があって知りたいだけなのか、実際に本気で働きたいのか、何か役に立てればと思うのか、今答えを出せというのではなく、いろいろ考えてみることも大切なことだと思います。

Qベビーセラピスト

ベビーセラピストに興味があります。
今後その資格を活用して需要ってあるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

セラピストと言いますけど、カウセリングの仕事では無いです。
http://www.ltm.sakura.ne.jp/bcc/200905/babytherapist.htmlベビーマッサージの方にシフトしますけど・・・
 ベビーマッサージの資格で赤ちゃんの全身をマッサージする仕事をする方は知って居ますけど・・・・
 名前が違うだけでは無いですか?

Qアメリカで日本人でも通用する資格(セラピスト等)

アメリカで勉強をして、最終的にはアメリカでの就職を希望しています。日本ではリラクゼーション施設で整体師として働いていました。しかし整体の仕事はこれ以上望んでいません。
日本人向けのセラピーの仕事など考えていますが、アメリカで需要があるのか疑問です。
また、漠然としていますがどんな仕事が通用するか知りたいです。医者や弁護士は完全に無理なので、なにかご存知の資格があればぜひ教えてください。

Aベストアンサー

弁護士資格は米国では簡単ですよ。
私の知っているアメリカ人は高卒ですが会社に入ってから夜学に通って資格を取りました。
ただしこんなに簡単に取れる資格なので、簡単に開業や就職というわけにはいきませんが。

英語はどの程度ですか?
基本的に英語ができないと就職は難しいです。
それに資格よりもなにか特殊技能がないと就業ビザがとれません。

日本人の技能として認められるのは寿司職人とかの需要は高いですね。
資格はないので日本で寿司学校に行って修了証書があればどこでも勤められるでしょう。
後は植木職人、書道家、柔道家、禅を教える人なんかが今は需要が高いと思います。
米国では日本人相手ではたぶん暮らしていけません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報