私はすでに30を過ぎており、会社で仕事をしており、海外の人と英語でメールのやり取りをしてますが、最終学歴は高卒でアメリカの4年制大学に留学を考えております。現在、TOEFL ibt の勉強をしておりますが、レベルの高い学校となると、高校の成績がGPA 3.8 以上など(ネットでの情報)書いてありますが、高校の時にあまり勉強はしなかった為、成績はそこまで良くないです。そこで、下記の項目につきご回答いただけるかたお願いします。

・高校の成績が良くないOR 悪い状態でもSAT やTOEFLの試験で良い成績を出せば補えるのでしょうか?

・エッセイなどを添削してくれる方や会社(お勧めの)情報がわかるURL などがあれば教えてください。

・SAT の数学について、問題は難しくないと聞いてますが、数学自体を忘れてしまってます。
日本の教科書や問題集で問題を練習してからSAT の問題に取り組んだ方がよいでしょうか?

・その際、どのレベル(中学3年の数学 ~高校1年のレベルでしょうか?)の問題集を探したらいいのでしょうか?

・高校の成績、GPAがそこの大学が求める値に達して無い場合は他のTOEFL、SAT、エッセイなどの成績で補えないでしょうか?それとも、GPA が達してない場合、その大学自体諦めなければいけないのでしょうか?


・費用がかかるため、現在独学で勉強しています。
勉強対策としてオンラインの講座や通信で添削してくれるところに依頼した方がいいでしょうか?

仕事しながらなのでなかなか一日に費やせる時間がありませんが、時間がかかってもやはり大学に進学したいと思っております。

また、コミュニティーカレッジ→大学編入 の方法は考えておらず、freshman 1年生から4年制大学(名門大学)を目標としております。

これからの勉強やスコアは努力で何とかなると思いますが、過去のデータ(高校の成績)は変えられないため、高校の成績がどれだけ影響するのかが心配です。。

ご回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

LAで大学生をやっているものです。



自分の周り、質問者様のような方はたくさんおられます。
しかし、皆一様にコミュカレを卒業してからの大学編入をされています。
自分の経験上、一度コミュカレに行ってからでも遅くないとは思いますが、それは質問者様の意志に反するようなので、自分が答えれる範囲で質問者様の質問にだけお答えます。

・高校の成績が良くないOR 悪い状態でもSAT やTOEFLの試験で良い成績を出せば補えるのでしょうか?
▶︎いいえ。質問者様がレベルの高い大学を希望でしたらそれは叶いません。アメリカの大学側からすると日本人学生を選定するのに高校の成績は重要な項目になります。現地のアメリカ人ですら、ハイレベルな大学に出願する場合GPA4.0(ALL A)というのはざらにいます。

・SAT の数学について、問題は難しくないと聞いてますが、数学自体を忘れてしまってます。
日本の教科書や問題集で問題を練習してからSAT の問題に取り組んだ方がよいでしょうか?
▶︎SATの問題を見てもらうと分かるのですが、日本で言うところの小学生レベルから高校生レベルまで問題のレベルが多種多様です。しかし日本のセンター試験よりは簡単です。日本のレベルでいうとおそらく数1Aくらいの問題です。

・高校の成績、GPAがそこの大学が求める値に達して無い場合は他のTOEFL、SAT、エッセイなどの成績で補えないでしょうか?それとも、GPA が達してない場合、その大学自体諦めなければいけないのでしょうか?
▶︎GPAは先述した通り大学側にとって重要な判断基準です。GPAが足りないのであれば合格通知をもらうのは難しいかもしれません。

残念ながら高校の成績はかなりの影響力をもちます。SATやTOEFLのスコアも同様です。3つとも規定値を超えていないと合格通知をもらうのは困難でしょう。

自分はカリフォルニア在住なのでカリフォルニア州を例にあげますが、SUC(カリフォルニア州立大学)系列ならばGPAはさほど高くありません。もしかするとアプライ可能かもしれませんが、合格通知が来ても語学学校からスタートするかもしれません。UC(カリフォルニア大学)系列であればおそらく難しいでしょう。しかし、アメリカの教育システムは意外と適当なので少し足らなくても入学許可が下りたりします。ですので、いくつかの大学に出願されることをおすすめします。

乱文ですが参考になれば幸いです。
    • good
    • 1

補足 を読ませていただいてちょっと気になったので。



“ラボなどで研究をしたいと思ってます。”ということはPhDまで取られるということでしょうか。
私は生物系しか知りませんが、BSやMSでは実験補助になります。給料は年収で$30000未満ではないでしょうか(生活できない?)。ラボマネージャークラスのベテランになれば$40000くらいはもらえるかもしれません。

PhDを取られて博士研究員(ポスドク)をされるのでしたら、研究室によりますが、最初は$40000以下なのではないでしょうか。ハーバード大学とかは日本人に限っては無給の人も多いようです(日本人が作った悪しき習慣で客員教授としてタダで働く?)。

ポスドクを数年して業績が沢山出せればAssistant Professorとして自分の研究室を持つことも出来、給料も$70000くらいになりますが、それは基本的には自分の取ってきた研究費から払うわけです。研究費がなくなれば研究室を閉じることになります。

ですから、大学のような低所得?で不安定な職よりかは企業の方が給料が良いのでアメリカ人はあまり大学には残りません。だから外国人を受け入れてくれる(ビザのサポートもしてくれる)わけです。

Phdまで取られると、歳は40くらいになりますよね?でも、あなたの言うように年齢の考慮はしてくれません(ボスによってはネガティブな意味ではするかも)。つまり年は幾つでも最初は派遣社員みたいな使い捨て要員みたいな感じです。

アメリカに来るなといっているのではないのです。試験に受ければ来ることが決まっているのならそういう現実を直視しなければいけないのではないかと思っているだけです。

『留学に対して個人的な反対意見を持たれる方は書きこんでいただなくて結構です。』
あなたの場合はアメリカの学部と大学院を出るわけですから留学というよりかは移住に近いです(日本に帰っても職探しは難しい)。

もし、あなたが質問されたことを極めて本気で考えられていて現在独身なのでしたらアメリカの大学に在学中にでもアメリカの永住権を持っている人かアメリカ市民と御結婚されればそれは一つの大きな助けになります(ビザの問題を心配しなくてよくなる)。
    • good
    • 0

no4です。



回答をお読みしたので書きます。

わたしは何も留学に反対しているわけではありません。 お書きのようにそういう担保があるなら、留学されるに越したことはないと思います。

ただ 外国語で生活しないといけないのは、少々英語ができたところで、比較にならないくらい大変です。そういう点は、わたしの妻を見ていてもわかります。 言葉よりまだ大変なのが、価値観の違いです。 西洋人の価値観と日本人の価値観は、月とすっぽんで、言葉よりも価値観の相違のほうが、夫婦で生活していても互いに大変でした。

妻は英語は国語ですが、それ以外にも中国語・スペイン語が少しは話せます。また日本に住んでいるので、その二つの外国語よりも日本語のほうが堪能です。 それでも、日本人の日本語が聞き取れず、困るものです。 日本は人種偏見が強く、白人でも、動物園の珍獣扱いで、それだけ、西欧諸国からは隔絶された国でもあります。 日本人の人種偏見は、日本に住んでいる外国人の知り合いがいるなら、すぐにその感覚はわかりますから、聞いてみられるとよいです。 

外国語で生活しないといけないのは、すごいストレスだし、困ることだらけになります。 英語は難しいですよ。 日常会話だけなら、それほど習得に困難さはないですが、仕事で英語を国語とする場合は、日本人並の日本語能力と同じぐらいの英語力がないと、大学の授業でさえ、そうとう大変です。

日本で英会話スクールに行き、そこで英会話講師(ネイティブ)と会話でき大丈夫と思い、米国なり英国にいくと、ひとひことも英語が聞き取れず、また話しても通じず、驚くものです。 ネイティブが話す英語は、英語に聞こえないぐらい、「外国人用英語」とは異なります。 わたしでさえ、妻の家族が話している英語は、半分わかればよいほうで、妻の通訳が必要です(ネイティブ英語から、外国人用英語への通訳)


また仮に、英語が日本語波に堪能であったとしても、米国のビザはどのように取得さびれますか。 大学に行くだけなら、試験さえ受かれば、大学を通じて留学ビザを得ることができますが、向こうで生活するとなると、ビザはそうとう要件が厳しくなります。

日本を含めて、外国人には職業選択の自由などは原則ありません。 米国のビザを細かく調べたわけではないですが、日本でさえ、日本のビザを得るのはかなり大変です。 まず、日本の法人か日本人の担保(保証人)がないと不可能です。 それぞれのビザに、最低要件があり、大学を出ているだけで、ビザが取得できる理由ともならず、かなり説得力のある資料提出が求められます。

わたしの妻はイギリス人ですが、夫婦でイギリスに住むことは、現在は無理というか不可能です。それは、結婚ビザにしたところで、イギリスには年収の最低要件があり、夫婦(子も含め)、全員が安定した収入(年収いくらか英国ポンドで最低要件有)がないとムリなのです。 つまり、現在イギリスに定職があることが条件になっています。 生活基盤が日本にあるので、妻の両親などにかなりの資産でもない限り、そういう金銭面の担保が取れません。 そういう意味では、日本の結婚ビザは、そうとう緩やかです。


金銭面の担保がとれ、ビザの要件もとれる確証があるなら可能です。もちろん留学だけで、以後日本に帰国するなら、それほど難しくは思いませんが、向こうで永住するような気持ちがあるなら、ビザの要件はそうとう厳しくなります。 それは米国に住みたい外国人が多いからで、門前で規制しているからです。

わたしは、留学に反対というより、井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さを知る、こういう印象を感じたので記述したまでです。 批判しているように読めるかもしれませんが、日本だけに住んでいて、外国を見ている人は、そういう感覚の人が多いのが現実です。
    • good
    • 0

わたしは質問をお読みして「何の目的で米国の大学を留学するのか」かがまったくわかりません。



その年で留学となると、現在の仕事を全部捨てないといけないし、大学というところは相当お金のかかるところです。 日本でもまったくもってそのとおりなのに、米国の大学なら、それに輪をかけたぐらい費用がかかるはずですが、生活費や学費の担保はあるのでしょうか。 それと、大学を出られても、就職先が見つかるような担保もあるのでしょうか。

ちなみに、わたしは英語ネイティブと結婚し、日本に住んでいますが、家庭での共通語は英語です。 また、わたしは外国に留学したこともないし、外国の大学も出ていません。 それでも、西洋人の妻と縁があり出会い、結婚していますが、普通に話す英語が、それほど難しいものとも感じていません。

ただ、英語を学ぶ努力はしましたよ。 特に、なにがしかの専門英語教育を受けたわけではありませんか・・。

そのわたしが読んでも、なんで米国に留学したいのか理由がわからないです。

この回答への補足

すでに学びたい科目も目的も決まってます。お金の面も大丈夫です。
とくに質問には書きませんでしたが。。
就職できるのかって?日本人て年齢にうるさいようですがアメリカは年齢の差別を禁止している国です。それに普通の企業への仕事は求めてはおりません。ラボなどで研究をしたいと思ってます。

私は、勉強法や情報収集のために質問しただけで、説教や個人的な意見は求めておりませんので。。あなたがおっしゃる事はよくわかりますが、私も大人なのでそこらへんは考えたうえでの決断です。ただアメリカに行きたいからとか向こうで生活したいからといった目的ではありませんので。

留学に対して個人的な反対意見を持たれる方は書きこんでいただなくて結構です。

補足日時:2014/07/13 00:15
    • good
    • 0

知っていることだけ書きますので気に入らなければ無視してください。


・エッセイなどを添削してくれる方や会社(お勧めの)情報がわかるURL などがあれば教えてください。
アメリカの幾つかの大学ではオンラインでESLのクラスを開講しています。その中でWritingのコースを選択すれば課題としてエッセイを書かされ添削してくれます。

・SAT の数学について、問題は難しくないと聞いてますが、数学自体を忘れてしまってます。日本の教科書や問題集で問題を練習してからSAT の問題に取り組んだ方がよいでしょうか?
SATの問題自体は知りませんが、あなたが一度学習された高校の数学の範囲内ならやって行くうちに思い出したり慣れると思います。勿論、解らない分野があれば高校の学習参考書のコーナーにでも行って基本事項を学びなおす必要はあると思いますが。

・その際、どのレベル(中学3年の数学 ~高校1年のレベルでしょうか?)の問題集を探したらいいのでしょうか?
まずはSATの過去の問題を見てみたらどうですか?www.amazon.comで買えるのではないですか。
http://www.amazon.com/s/ref=nb_sb_noss_2?url=sea …


『仕事しながらなのでなかなか一日に費やせる時間がありませんが、時間がかかってもやはり大学に進学したいと思っております。また、コミュニティーカレッジ→大学編入 の方法は考えておらず、freshman 1年生から4年制大学(名門大学)を目標としております。』
名門大学というのはハーバード大やイエール大学とまでは行かなくてもUCLAやミシガン大学くらいの大学ですよね?そんな片手間な勉強で入学できるとは思えませんが(以前ミシガン大学のあるアナーバーに住んでいたことがあります)、仮に入学できたとしても学費や生活費は大丈夫ですか?ミシガン大学の学生は4,5人で一軒家に住んでいましたし、学費はローンを組んで卒業後に返していたようです。それか奨学金をもらっている人もいました。それから卒業されたら日本で再就職できる当てが少しでもあるのでしょうか?もし、アメリカでの就職をお考えなら就労ビザ(H1b)を申請してくれる職種に限られます。勿論、在学中にアメリカ市民ないしはアメリカの永住権保有者と結婚すれば就労ビザのことは気にせずどんな職種でも大丈夫ですし働かなくてもアメリカに合法的にいることはできます。

なんでアメリカの名門大学なのか良く解りませんが、アメリカで働きたいのならもう少し現実的な選択肢があるように思えます。また、アメリカの一流大学を出たというブランドが欲しいだけなら年齢のことを考えたら日本で通信や夜間の大学で経済学でも勉強してからハーバード大とかのMBAを取得するとかでもいいのではないですか。
    • good
    • 0

まず最初に、アメリカの大学というのはキャリアの一環としてとらえる場合が多いので、決して社会人を経てから入ることが異端だという認識は全くありません。

逆に言うと、社会人が仕事をやめて次のステップに入るために学ぶということに対しては純粋に評価してくれますので、そういう視点であなたがこれまでの経験からどういう社会経験を経て、そして留学することでどのようなキャリアへとつなげたいかということが明確になっていることが非常に重要になるでしょう。ただ「英語が勉強したい」とか「大学にいけなかったから大学に行ってみたい、それなら海外だ」というのだけでは弱いのが現実で、多少脚色しようがそこまで壮大な理想がなかったとしても何らかのキャリアプランを前提に、留学して学ぶという像が必要になるのです。単に会社員として生活していたとしても、そのキャリアにむけてボランティアとか何かしらの活動を少しでもやり始めていた経験がほしいところですけどね。

 上の認識があるという前提で考えると、単純な高卒と社会人の入学が同じように評価されるとは考えにくいでしょう。大学が合格を出すのは「あなたの人生においてこの大学がどのようなプラスの経験を与えるか」という点と「大学に入ってやっていけるか」の2点なんです。高校の成績に関してはあまりにひどいとマイナスの可能性はありますが、所詮異国の何年も前の話でしかないのですから、その程度の認識でしか評価しないと思います。ただ、「授業についていけるか」「あなたが優秀な人間であるという根拠」を示すためには、昔はどうであれ現在は勉強ができることを示さなくてはいけません。というわけで、残念ながらSATとTOEFLである程度高得点を取る必要はあります。有名大学ならば、英語分野は受験者の平均ぐらいの点数、その他の分野はほぼ満点がほしいです。ただし、SATの英語は日本人には難しいので、TOEFLで90%ぐらいの点数をとって英語はおまけしてもらうという前提です。ただ、リーディング、ライティングについては入学後についていくためにもTOEFL程度は難なくこなせるぐらいにならないとトップレベルの大学で勉強するのは現実的にその後が思いやられます。

 いろいろ具体的な対策はあるんですが、とりあえず「TOEFL, SATを仕事をしながらクリアできる」実力をつけられるレベルでなくては海外(トップ大学)で大学生活をやりきることは難しいだろう。というぐらいの認識が必要です。実際入れば何とかなるのではなくて、たとえば留学生が1セメスターでC-(平均以下)が3つ以上重なるとそれだけで落第=強制帰国、ということだって起こるのがアメリカの留学生に課される生活なのです。だから、将来ヴィジョンなしでは何もならないです。ただ、そういうのを自分で乗り越えて国際的に活躍できるならばそれだけあなたの夢は広がるでしょうから頑張ってほしいです。ちなみにアメリカの有名大学(大体私立)で学部留学するのは基本的には自費になりますが生活費も含めて日本で私立の医学部並の金がかかります。大学院(PhD)はまたちょっと違うのですが、そのへんも踏まえて本気で目指すなら数年単位で自分のキャリアを考えた上でのトライをお勧めします。

 
    • good
    • 0

http://japanese.japan.usembassy.gov/j/irc/ircj-r …

アメリカ大使館に問い合わせてください。
アメリカ大使館の情報は個人の書き込みより何倍も正しい。
また、アメリカ大使館は業務として自国への留学生獲得を行っているので、仕事としてちゃんと対応してくれます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
大使館の質問のところで問い合わせしてみました。
まだ、返事は来てませんが、何か情報が得られそうです。確かに個人の書き込みよりは正しいですよね。

お礼日時:2014/07/06 19:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTOEFLとSATについて

日本のインターナショナルスクールから米国の大学に留学する場合は、いわゆる米国人と同じ土俵で入学の選考に対処すると思いますが、大学の要求項目を読みますと米国にとって非居住者はTOEFLの結果もそえて願書を出さないとならないようです。現在子供が通っているインターナショナルスクールではSATのみが話題となっておりまして、TOEFLのことは全く以て話題になりません。つまり卒業生はだれもTOEFLをとっておりません。そもそもアメリカンスクールなので数の少ない外国人(日本人)にはカリキュラムも学校の姿勢にも留学生を送り込むという意識はないのだとおもいます。

子供(日本人、日本国籍)は圧倒的に外国人留学生として願書を提出したほうが有利に思いますが、そのような経験あるいは状況を知っておられましたら教えてください。あるいは米国の大学側には外国人留学生枠なるものは存在しないということでしょうか。

Aベストアンサー

4年前に長男が日本にあるインターナショナル・スクールから、アメリカの大学に入学しました。彼の場合には、日本とアメリカの二重国籍を持っていましたので、もしかしたら参考にならないかもしれませんが、彼の学校では、どの国籍を持つ高校生もTOEFLを受けた人はいなかったように思います。

卒業生はほとんど全員進学しますから、カウンセラーの方は、カッレジ・アプリケーション・プロセスを良くご存知だし、日本人の学生さんでも、アメリカやイギリスに留学なさる方が、必ず毎年何人もいます。新米のカウンセラーさんでない限り、信頼していて大丈夫だと思います。アポイントメントをとって、一度、大学進学についての気がかりを、お話をなさってみたらどうでしょう。夏ごろに、カレッジ・フェアーもあって、そこでも情報収集ができました。

友人のお母さんもおっしゃっていましたが、”普通の”アメリカ人としてアプライするより、インターナショナル・スチューデントのスティタスを持っていたほうが、格上の大学に合格できると言う噂がありましたし、長男も”あの”成績のわりにまずまずの大学に決まりました。しかし、これは、まずまずの大学についてで、いわゆる競争率の高いエリート大学では、優遇措置はないように聞いています。

どこの大学を見ても、(二年前現在で)外国人留学生の割合は3パーセント前後です。これが、目安と言っていいと思います。

カレッジボードのウェブサイトを添付します。UCLAのページが開かれています。35パーセント近くが東洋人で占められている大学です。他の大学もご覧になってみて、もしお気に入りの大学が見つかったら、イーメイルをなさって、TOEFLの件を確認なさり、ピース・オブ・マインドを取り戻してください。

http://collegesearch.collegeboard.com/search/CollegeDetail.jsp?collegeId=992

ご健闘を祈ります。

4年前に長男が日本にあるインターナショナル・スクールから、アメリカの大学に入学しました。彼の場合には、日本とアメリカの二重国籍を持っていましたので、もしかしたら参考にならないかもしれませんが、彼の学校では、どの国籍を持つ高校生もTOEFLを受けた人はいなかったように思います。

卒業生はほとんど全員進学しますから、カウンセラーの方は、カッレジ・アプリケーション・プロセスを良くご存知だし、日本人の学生さんでも、アメリカやイギリスに留学なさる方が、必ず毎年何人もいます。新米のカ...続きを読む

Qアメリカ大学院へ進学する際の、学部時の成績(GPA)について

アメリカの4年生大学に在籍する学部生です。

将来、アメリカの大学院への進学を検討しているのですが、
学部時代の成績がどのように評価されるのか分からない所があります。

1) コミュニティカレッジ(アメリカ)を2年間で卒業した後、4年生大学に編入し2年間で卒業した場合、
  大学院の出願時には、コミカレと4年生大学の両方の成績を提出する必要がありますでしょうか?

2) 選考の際は、コミカレと4年生大学の両方の成績(GPA)が評価の基準になるのでしょうか?
 もしくは、4年生大学時代の成績だけですか?

いくつかの大学院のサイトを調べてみましたが、詳しい情報が見つかりませんでした。
個人的には、コミカレ時代の成績も加味された方が、GPAを高く保ててありがたいのですが、
経験者などでご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

1.ほとんどの大学院でコミカレと4大の両方が必要だと思います。大体は出願必要書類をホームページで確認できると思いますが、もし載っていなくて心配なら直接問い合わせて確認するしかないですね。大学院出願で高校の成績はまず要求されないとは思うけど、要求する大学もあるのかもしれません。

2.基本的にコミカレと4大両方の成績が評価の基準になります。
ただし、成績の見方は各大学院の自由です。まずはコミカレと4大すべてあわせたGPAが大学院出願基準(大体3.0?)を超えているかチェックしますよね。
その後は審査は大学やプログラムによってばらばらでしょう。
基本的にはコミカレを中心とする教養のGPAより専門のGPAの方が重視されるだろうし、専門の中でもGPAより大学院の専門に直結する授業のグレードを1つずつチェックされることも多いと思います。
かといって、例えばコミカレのGPAが4.0で「おっ!けっこうがんばってるね」と目を引くこともあるだろうし、GPAが悪くてもすごい有力な推薦状があってそっちを優先するかも知れないし、GRE優先かもしれないし。。。

GPAがどういうふうに、どれだけ評価されるのかは、ケースバイケースで、きっと永遠に謎でしょう。受かってから(落ちてから)でもわからないんじゃないかな。

1.ほとんどの大学院でコミカレと4大の両方が必要だと思います。大体は出願必要書類をホームページで確認できると思いますが、もし載っていなくて心配なら直接問い合わせて確認するしかないですね。大学院出願で高校の成績はまず要求されないとは思うけど、要求する大学もあるのかもしれません。

2.基本的にコミカレと4大両方の成績が評価の基準になります。
ただし、成績の見方は各大学院の自由です。まずはコミカレと4大すべてあわせたGPAが大学院出願基準(大体3.0?)を超えているかチェックしますよ...続きを読む

Q高校のGPAの算出方法

留学に向けてGPAを出したいのですが高校の成績の場合、1年~3年ありますが3年次の3学期の成績を算出するということでしょうか。
私の高校では1,2学期が10段階評価で3学期は5段階評価でした。

Aベストアンサー

ちなみに成績は、1年生以降のもの全てを提出します。

Q日本の高校からアメリカの大学へ留学をしたいのですが、Weighted GPAとClass Rankについて教えてください。

現在高校三年生で、来年秋からのアメリカ大学留学を考えている者です。
TOEFLやSATに関しては問題なさそうなのですが、成績証明書について分からないところがあるので教えていただけないでしょうか?
高校は進学校で日本で言う評定平均は4.7、GPAだと3.5程度です。

------------------------------------------------
 Weighted GPAについて

 日本の高校数学のレベルはアメリカの物と随分違っていると思います。アメリカの高校で大学レベルの内容を学ぶAPクラスを取れば、Weighted GPAとして5段階評価になると書いてあったのですが、日本の高校にそれは当てはまらないのでしょうか?「認定制度の面からみれば日本の高校はUn-weightedでしかないので、4段階で記入し、あとは調査書に特記するぐらいしかない」と聞いたのですが、

(1)まず根本的な話として、日本の高校数学の単元内容は特記できるレベルなのでしょうか?
もしそうなのであれば、
(2)日本の高校数学 [IA、IIB、IIIC] のうち、どこからが対象となるのでしょうか?科目はすべて履修しています。
------------------------------------------------
 Class Rank(学年順位)について

(3)Class Rankとは、
1:3年もしくは4年間のGPAによるトータルでの学年順位
2:学期(年度?)ごとに算出される学年順位の最新のもの
3:高校が上記のような基準で自由に判断してよい
これらのうち、どれを意味するのでしょうか?また、いずれの場合においても学校側の署名さえあれば評価基準等の記載は必要ないのでしょうか?
------------------------------------------------
 調査書のフォーマットについて

(4)各高校で調査書のフォーマットが異なると思いますが、最低限、各学年ごとの各科目の評定(つまり5段階評価を4段階に直したもの)とそれらの修得単位が書いてあれば、評点(0~100点まで)は記入しなくていいのでしょうか?
 また、
(5)大学の定める必修科目以外の評定(体育、情報、家庭科など)の記載は自由なのでしょうか?
(6)中学校の調査書は添えたほうがいいのでしょうか?
------------------------------------------------
質問が多くなってしまいましたが、「自分はこうした」という情報でも良いので、一つでも答えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

現在高校三年生で、来年秋からのアメリカ大学留学を考えている者です。
TOEFLやSATに関しては問題なさそうなのですが、成績証明書について分からないところがあるので教えていただけないでしょうか?
高校は進学校で日本で言う評定平均は4.7、GPAだと3.5程度です。

------------------------------------------------
 Weighted GPAについて

 日本の高校数学のレベルはアメリカの物と随分違っていると思います。アメリカの高校で大学レベルの内容を学ぶAPクラスを取れば、Weighted GPAとして5段階評価...続きを読む

Aベストアンサー

良く研究されてますね。感心しました。
まず数学のAPについてですが、日本の科目と内容が重なりそうなものは
微分積分です。私は数学のIIICがそれに相当するのかどうか判りませんが、この科目が微積をカバーしているなら、これがAP-
Calculusに相当すると思います。したがって、この件を備考としてGPAの記載に付帯しておけばどうでしょうか?

このWeighted GPAの計算は各大学ごとにその基準が違いますし、日本の数IIIをどう認定するかも大学によって、異なると思います。

Class Rankingは入学申請の直前の学期の順位です。したがってアメリカですと、Junior(3年)後期の時の順位となります。しかし、この順位を出さない高校もありますので、もし順位が学校で出ていなければ、その旨を記載すればよいと思います。この順位はGPAから算出されることもあり、5位が10人いたりすることがあります。また、学校によっては、Unweighted GPAで順位を決めるところもありますので、順位がかならずしも学力の順番ではないこともあります。この学年順位ではTop10%というのが、一つの基準となっています。

調査書というのは、いわゆる成績表のことでしょうか。もしそうだとしたら、カリフォルニアの公立高校の成績表では履修科目すべてとそれぞれの科目の成績(ABCDF)が記されています。ここにはそんぞれの科目についての成績から割り出されたGPAも記載されていますが点数は記載されていません。この成績表を見て、大学はそれぞれ独自の方法でWeighted GPAを算出します。したがって、必須、選択にかかわらず履修した科目すべてについての情報の提出が必要だと思います。

大学の定める必須履修科目というのは、これだけは最低履修しなければ、
入学資格はありませんということです。難関の大学であるほど、この必須科目の数をこえた履修をしている受験生が多くなります。

中学で、もしも高校レベルのクラスをとったのであれば、別ですが、日本の場合には、それはないでしょうから、普通はそこからの成績は必要はないと思います。

一応、子供の受験の時を思い出しながら、お答えしましたが、やはりそれぞれの大学では独自の条件もあるでしょうから、その大学のHPのAdmissionで確認されることをお勧めします。

良く研究されてますね。感心しました。
まず数学のAPについてですが、日本の科目と内容が重なりそうなものは
微分積分です。私は数学のIIICがそれに相当するのかどうか判りませんが、この科目が微積をカバーしているなら、これがAP-
Calculusに相当すると思います。したがって、この件を備考としてGPAの記載に付帯しておけばどうでしょうか?

このWeighted GPAの計算は各大学ごとにその基準が違いますし、日本の数IIIをどう認定するかも大学によって、異なると思います...続きを読む

Q大学院に進学するためのGPAについて

こんにちは、大学1年生の者です。
私は国際関係論に興味があり、大学を卒業したら
アメリカもしくはイギリスの大学院に進学したいと考えています。
具体的には、Georgtown,Johns Hopkins,Columbiaなど..。
そこで、進学には高いGPAが必要になりますが、
これは学部1年次からの成績も査定のうちに入るのでしょうか。


一般的なことでも特定の大学院に関してのことでもかまいません。
ご回答お待ちしております。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大学院入学審査のさいのGPAでは、難関の院の場合、4年間通年のGPAと専攻に関する科目だけのGPAの2本立ての審査が多いと聞いています。目安としては、4年間通年のもので最低4段階評価で3,5、専攻科目では4.0かそれに近似のものが必要だといわれているようです。

1年度の成績がそれほど良くなくても、年度を重ねるごとに右上がりで成績が上がっていき、4年間のGPAで3.5を超えていれば、それだけで脚きりにあうことはないでしょう。

大学院の審査では、GPAはその一部であり、教授たちからの推薦状、GREの点数、大学での業績、趣意書(Statement of Purpose)といったものも大事な審査の対象となります。留学生の場合にはもちろん英語力の審査もあります。したがって、これからの3年間で、懇意の教授を複数名つくることや、GRE,TOEFLなど準備をしていかなければなりませんね。

将来、国際機関などへの就職を希望されているのであれば、一般職むけの国際関係よりも、公衆衛生や教育などの専門職の課程に進学されるほうが、あるいは有利かもしれませんね。

院でも、博士課程と修士では、その敷居の高さも違い、取得できる奨学金の面でも月とすっぽんほどの違いがあります。修士の場合には、現時点でご希望の院に進学した際には年間6万ドルほどの留学資金が必要となるでしょう。

応募する院の選択のさいには、かなり細かな専攻科までのランクを調べて大学を選ぶことをお勧めします。私の子供は合格したアイビーのU PennやHarvardなどを選ばずにUCLAの修士課程を卒業し就職しましたが、これも専攻科のランクによったものでした。

大学院入学審査のさいのGPAでは、難関の院の場合、4年間通年のGPAと専攻に関する科目だけのGPAの2本立ての審査が多いと聞いています。目安としては、4年間通年のもので最低4段階評価で3,5、専攻科目では4.0かそれに近似のものが必要だといわれているようです。

1年度の成績がそれほど良くなくても、年度を重ねるごとに右上がりで成績が上がっていき、4年間のGPAで3.5を超えていれば、それだけで脚きりにあうことはないでしょう。

大学院の審査では、GPAはその一部であり、教授たちからの推薦状、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報