北海道寒冷地畑作営農改善資金融通臨時措置法の条文と、この法律がまだ有効なのかどうか知りたい。

A 回答 (1件)

大変古い法律のようですね。


以下のURLで、キーワードは『寒冷地畑作営農改善資金融通臨時措置法』をコピーして貼り付けたら出てきました。
ポイントは6条第3項かと思います。
これ以上のことはちょっと・・・

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報ありがとうございます。
法律そのものは廃止されていないようですが、法律の目的としては
その効果は発揮していないようですね
但し、この法律による「寒冷地畑作振興地域」の指定を受けている場合
そのことが公共事業の採択要件になっていたりしたので条文を知りたかったのです
初めてこのサイトにログオンして早速質問したものですから、よく知らない中で
法律を検索するこんな便利なサイトがあることを知っただけでも大収穫でした!
本当に、ありがとうございました。<(_ _)>

お礼日時:2001/06/08 12:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中古の軽、寒冷地仕様か普通ものを改良するか?

このたび東京から岩手に転勤になりました。
家族一人一台車がないと何もできない辺ぴなところなので車を揃えてます。
が、買うなら寒冷地仕様を勧められました。
最も頻繁に乗る2台は泣く泣く新車寒冷地仕様で購入、残りは中古で買うつもりです。

ただ寒冷地仕様というのがピンときません。
新車で購入した寒冷地仕様も、北海道ほどでは無いとのことで、
・リモコンエンジンスターター
・バッテリーの容量が大きい
・リヤシートに暖房
・ドアミラーに熱線
・ウォッシャー液が濃い
・ワイパーが雪用
説明を聞くとこんな感じです。パイプとかも太いのかな?もしあまりに根本的に違うならおとなしく向こうで少々値の張る寒冷地仕様の中古を買います。
けど東京で安い四駆の軽を中古で買ってリモコンエンジンスターターを後につけてウォッシャー液を濃くしてバッテリーとワイパーを変えて手ずから寒冷地仕様にするというのはどうでしょう?寒冷地仕様をあなっどってますか?軽の四駆の寒冷地仕様って東京千葉では見かけない気がしますが(あたりまえですが)。こっちで安い軽の四駆を買って改造してもらうのは面倒ですかね‥。
いかんせん金がないので‥

このたび東京から岩手に転勤になりました。
家族一人一台車がないと何もできない辺ぴなところなので車を揃えてます。
が、買うなら寒冷地仕様を勧められました。
最も頻繁に乗る2台は泣く泣く新車寒冷地仕様で購入、残りは中古で買うつもりです。

ただ寒冷地仕様というのがピンときません。
新車で購入した寒冷地仕様も、北海道ほどでは無いとのことで、
・リモコンエンジンスターター
・バッテリーの容量が大きい
・リヤシートに暖房
・ドアミラーに熱線
・ウォッシャー液が濃い
・ワイパーが雪用
...続きを読む

Aベストアンサー

東京で寒冷地仕様車を買った方が安いと思いますけれど。

というのは、地方に行くと、値引額が思っているよりもいかない場合があるので、東京あたりで買った方がよいと思いますけれど。

>・バッテリーの容量が大きい
>・リヤシートに暖房
>・ドアミラーに熱線

この3点は、改造することは無理でしょう。中の電装部品も全部交換する必要があり、寒冷地仕様の中古車買ったほうが良いでしょう。

それから、雪用のワイパーは、メーカー純正でなくても、イエローハットやオートバックスなどで販売してます。

それには書かれていないことですけど、ラジエーターのLLCの濃度も寒冷地用は濃くなってます。
ワイパーモーターも強力なものを使っているメーカーもあります。

また雪道では、窓の凍結を考えると、標準仕様では心許ないでしょう。
僕の場合は、ずっと寒冷地仕様車ですから、特別不便さを感じたことはないですが、
バッテリーを買う時には値がはる程度です。
それ以外は、特別標準仕様と変わらないと思います。

Q法律、あるいは、条文について

問い合わせさせていただきます。
8月3日の毎日ニュース(Web版)に「原発輸出を強力に推進し続ける背景には、原子力安全条約の存在がある。条約は原発事故の責任を「原発を規制する国(立地国)が負う」と規定」と出ていました。

(1)海外輸出についてこのような条文があるように国内向けにも原発メーカーの免責をうたった法律あるいわ条文などがあるのでしょうか?


(2)さらに、東日本大震災のような予想を超える自然災害のときには電力会社は原発事故のような事態が発生しても免責されるという法律、条文などがあるのでしょうか?

以上2点について教えていただきたくよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1)


原子力損害賠償法
第2章 原子力損害賠償責任
第4条 前条の場合においては、
同条の規定により損害を賠償する責めに任ずべき原子力事業者
以外の者は、その損害を賠償する責めに任じない。


というわけで、東電等の原子力事業者でなければ
原子炉メーカー(昔はGE、今は東芝や日立)でも
直接 損害賠償されない

(2)

原子力損害賠償法
第2章 原子力損害賠償責任
(無過失責任、責任の集中等)
第3条 原子炉の運転等の際、当該原子炉の運転等により原子力損害を与えたときは、
当該原子炉の運転等に係る原子力事業者がその損害を賠償する責めに任ずる。
ただし、
その損害が異常に巨大な天災地変又は社会的動乱によつて生じたものであるときは、
この限りでない。

これから、
東電には、損害賠償を強制される法的義務は
ないと言える。
東日本大震災が
「異常に巨大な天災地変」ではないなどと
科学的に立証できることは、ありえんでしょう。\(^^;)..

Q寒冷地医療とは具体的にどういう医療なのでしょうか

寒冷地医療は寒冷地の医療なのでしょうけれども、具体的にどういうことをする医療なのかわかりません。
また寒冷地医療があるということは熱帯地医療などなどあるのでしょうか。
わかる方がいらっしゃいましたら、教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

寒冷地医療は低温など寒冷気候が人体に及ぼす影響等を研究していましたが、更に広い見地で研究しています。
下記は札幌市立大学の寒冷地医療講座の授業内容です。
・気候が健康に与える影響を説明できる。
・人口密度の低い地域の労働条件について説明できる。
・寒冷地における保健活動の困難について解説できる。
・医師の少ない地域での医療のあり方について解説できる。 
・行政サービスと医療との連携のあり方を解説できる。
・介護と看護の協働のあり方について解説できる。
・地域住民の生涯教育に関する企画ができる。
熱帯地医療としては、日本では長崎大学熱帯医学研究所が有名です。
主に、熱帯特有の感染症等(マラリアとか寄生虫とか)を研究しています。東南アジア中心に海外活動(診療)をしています。

Q条文数の一番多い法律は民法(1044条)でしょうか?

日本の法律で民法は1044条ありますけど、
これより多い条文からなる法律ってありますでしょうか?

Aベストアンサー

日本では民法が最長だと思います。

これに続くのが商法だったんですが、
此度の改正で会社法が分離独立するので、かなりスリムになります。
刑事訴訟法(506条)と逆転したかも。

民事訴訟法も昔はたいがい長かったですが、保全、執行などの規定がどんどん切り離されて、
平成8年の全面改正で今はだいぶスリムになりました。

Q【豪雪地帯】寒冷地仕様でないとマズイでしょうか?

雪とは無縁の九州から、豪雪地帯の新潟へ転勤する事になりましたが、心配事があります。

それは新潟の様な豪雪地帯では、寒冷地仕様で無い車を乗るのはマズイだろうか?って事です。

今までずっと中古の軽自動車を乗り継いできた私ですが、今回もそろそろ買い替え時なので、寒冷地仕様で無くても問題ないなら、九州で乗り換えて新潟へ持っていきますし、寒冷地仕様でないと話にならないなら、新潟へ行ってからすぐに寒冷地仕様の車を探すのがイイかなと思っています。

ちなみに九州では皆無ではありあませんが、中古車で寒冷地仕様の割合はかなり低いです。

Aベストアンサー

新潟県下越の海岸よりに住んでいます、回答は出尽くしているようですので、ポイントだけ。
1. 新潟県は山間部を除き冬季でもマイナス5度程度なので温度に関しては問題はないでしょう。
2. 冬季の3ヶ月はスタッドレスタイヤが必要(必須)です、シャーベット状からカチカチの圧雪まで状況により変わるのでノーマル(夏)タイヤでは走れません。
3. スノーワイパーも必需品です、標準のワイパーではブレードが凍り付いてしまいうまく雪を掻けません。
4. バッテリーは容量が抜けていなければ標準品で数年は問題ないです、あやしかたら新品にすれば問題ないです。
5. 冬季の駐車は駐車ブレーキのワイヤが凍結し戻らない恐れがあります、MTならローギヤまたはリバースに、ATならPポジションにします。
6. 雪道に慣れていないならスタンバイ方式の生活四駆でよいので、出きるだけ四駆を薦めます、坂道の交差点などの発進は二駆と段違いに楽です。
7. 予算上四駆が無理ならFFです、FRはやめましょう雪道では苦労します。

Q適用したいことが二つの法律条文に該当した場合、どっちを使うの?

 ある事柄を調べていて、そのことが一つの法律の中で、二つの違った条文にそれぞれあてはまる場合、どちらの条文を適用させるものですか?法律に関する知識があんまりないもので、教えてください。条文を順番に読んでいって、先に該当する条文という考え方でもいいんでしょうか?それとも、適用させるための特別なルール、考え方というようなものがあるんでしょうか?

Aベストアンサー

NO1で回答したNOBUGSです。
具体的は条文がでていましたので、改めて回答します。
地方自治法の契約行為ですが、この場合両方に該当はしません。
第一項は、競争入札すべきもので、その金額が規定より少ない場合
第二項は、競争入札に適しないもの。
となっています。
この区分は、本来競争入札をすべきものと、適さないもの、とによって適用が決まります。

ですから、今回の例では、特殊なもので競争入札に適さないのであれば、金額に関係なく第二項に該当します。

Q寒冷地仕様ですか・・・・?(バッテリー他)

車は、中古車のヴィッツ(GH-SCP10)に乗っています。

バッテリー交換にあたり仕様を調べたら、
標準搭載 34B19R 寒冷地仕様 46B24Rというバッテリー規格でした。

現在は寒冷地仕様 46B24Rのバッテリーが搭載されていました。

広島市に住んでおります。

車輌はほぼノーマル(電装関係)です。

1.交換するバッテリーは寒冷地仕様 46B24Rを搭載したほうがよいのでしょうか?

2.何か寒冷地仕様 46B24Rを搭載することで良い点があるのでしょうか?

何故現在46B24Rが搭載されているのかは不明です。

3.型式指定 10277 類別番号 0045 で寒冷地仕様車かどうかわかるのでしょうか?

いろいろ検索してみると、"寒冷地仕様ではない車に標準より容量の大きいバッテリーを積むと十分な充電がされなくなる"と情報があるのです。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.無理に46B24Rにする必要はありませんが、34B19Rはコストダウンの為に容量をケチっている為、
40B19Rを載せられるのが一番良いかと思います(19Rは他に38B/42B/44B/46B/55Bもありますが、容量が
増えると価格も上がり、容量をある程度確保しつつ・安く入手し易い事を考えると40Bがお薦めです)。
多分大丈夫とは思いますが、バッテリーのステーが19Bでも固定出来る事を事前に確認しておいて下さい。
2.バッテリー容量が増える事で、冷間時の始動性能が良くなり・上がりにくくなります。
3.販売店経由でメーカーに確認してもらわないと分からないと思います
(後席やリヤハッチのガラスに「寒冷地仕様車」のステッカーが貼ってあればそのものですが)。
>>標準より容量の大きいバッテリーを積むと十分な充電がされなくなる
サンデードライバーのようにチョイ乗りでしか使わない場合には起こりえますが、それは34Bを
使った場合にもバッテリーの自己放電が起こり・程度の差になります。
チョイ乗りで使われるのであれば、載せ替え前にバッテリーを満充電してもらい、乗らない時には
バッテリーのマイナス端子を外すなり・運転前に充電してやるなりの対処が必要かと思います。

1.無理に46B24Rにする必要はありませんが、34B19Rはコストダウンの為に容量をケチっている為、
40B19Rを載せられるのが一番良いかと思います(19Rは他に38B/42B/44B/46B/55Bもありますが、容量が
増えると価格も上がり、容量をある程度確保しつつ・安く入手し易い事を考えると40Bがお薦めです)。
多分大丈夫とは思いますが、バッテリーのステーが19Bでも固定出来る事を事前に確認しておいて下さい。
2.バッテリー容量が増える事で、冷間時の始動性能が良くなり・上がりにくくなります。
3.販売店経由でメー...続きを読む

Q法律の名前と条文の番号を教えてください。内容の趣旨は覚えていますが、文

法律の名前と条文の番号を教えてください。内容の趣旨は覚えていますが、文言は曖昧です。

1 「公務員は、その職務に関して、犯罪を知った場合は、刑事告発しなければならない。」

2 「犯罪を知りながら、黙過した場合は、3年以下の懲役刑に処す。」 

以上の2つです。

Aベストアンサー

問1.「官吏又は公吏がその職務を行うことにより犯罪があると思料するときは告発しなければならない」(刑事訴訟法239条2項)。

問2 「罰金以上の刑に当たる罪を犯した者又は拘禁中に逃走した者を蔵匿し、又は隠避させた者は、2年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する」(刑法107条)のことでしょうか?

Q寒冷地仕様について

国産車には寒冷地仕様という設定がありますが、外車にも寒冷地仕様というものはあるのでしょうか?生産国、メーカーにもよるのでしょうが、実際、東北、北海道地区等で販売されている外車は国産車でいう寒冷地仕様が施されているのでしょうか?ちょっと気になります。ご存知の方、是非教えて下さい。

Aベストアンサー

素人なので詳しいことまでは分りませんが、寒冷地にすんでいたときの経験として。
今の国産車は寒冷地仕様とそうでない車でも大差ないと思います。確かにバッテリーやダイナモの容量が違ったり、他にもそれなりの対処をしていますが、日本車はおしなべてマージンを多めに取っているので、寒冷地仕様ではない車でもオイル交換やラジエーター液の濃度をあげる程度で、北海道くらいの冬は難なく乗り越えてしまいます。只、バッテリーは非常に寒さに弱いため、定期的な交換と、断熱材で覆うなどの対処をすればなお確実です。
 ご質問の外国車の件ですが、外国車(アメ車)に乗っている者の経験から言わせていただくと、寒冷地仕様うんぬんよりも、車自体の性能のほうが問題になってきます。これは偏見ではなく経験からくるものです。
もし、ご心配の様ならバッテリーだけでもアップグレードすれば、だいぶ違ってきますよ。

Q民事訴訟の準備書面や口頭弁論で、原告は請求の根拠となる法律(条文)を示す必要がありますか?

 民事訴訟の被告として金員の支払を求められ、反訴請求を提起して争っているものです。これまで答弁書や準備書面で事実関係を述べてきましたが、何度か準備書面を提出した後、裁判長から請求の法的根拠を問われました。
 民事訴訟では、原告や反訴原告は法規(条文)を示した上で、その法律に関する事実関係を証明していくのでしょうか、それとも当事者が事実関係を述べれば裁判所が全ての法規(条文)に照らして結論を導くのでしょうか?
 前者の場合は、原告は関連法規を全て知った上でないと訴訟を起こすのが難しいということになります。また、どの法規(条文)を前提とするかによって、準備書面や口頭弁論の論理展開も違ってくるのではないかと思われます。したがって、どのような法律(条文)があるかということを十分に調べなければなりません。
 後者の場合は、裁判長が法的根拠を問うのは、参考意見として聞いていると解釈できます。すなわち、法規(条文)は裁判所が判断するので、当事者は事実関係の証明に全力を尽くせばよいということになろうかと思われます。
 初めての訴訟で、民事訴訟の全体像が見えておりませんが、納得のいく判決を得るには上記問題を把握しておく必要があるように思われますので、ご教示いただきますようお願い致します。

 民事訴訟の被告として金員の支払を求められ、反訴請求を提起して争っているものです。これまで答弁書や準備書面で事実関係を述べてきましたが、何度か準備書面を提出した後、裁判長から請求の法的根拠を問われました。
 民事訴訟では、原告や反訴原告は法規(条文)を示した上で、その法律に関する事実関係を証明していくのでしょうか、それとも当事者が事実関係を述べれば裁判所が全ての法規(条文)に照らして結論を導くのでしょうか?
 前者の場合は、原告は関連法規を全て知った上でないと訴訟を起こす...続きを読む

Aベストアンサー

○具体的に表現しますと、「貸金の返還請求」という主張をするのでは不十分で、「○○法第□条に基づく貸金の返還請求」という主張をする必要があるということでしょうか?

貸金の返還請求などでは、通常、根拠は十分に明らかなので条文の引用はしなくてもよいです。なお、厳密には「587条に基づく貸金の返還請求」とはなりません。587条は契約の成立について定めているだけですので、もし言うとすれば「587条に定める消費貸借契約に基づく貸金返還請求」となるかと思います。でも貸金返還請求であればその根拠が消費貸借契約にあり、消費貸借契約について定めているのが587条であることは自明なので、条文は普通出しません。(そういう意味では、もしももっと違う法理論に基づき請求したいようなことがあれば、条文を引かないと誤解されるということにはなります)

問題なのは該当する条文がいくつかある場合で、例えば不法行為に基づく損害賠償請求を会社に対して行う場合、会社自体の責任を問題にして709条に基づく請求をするのか、使用者責任を問題にして715条に基づく請求であるのか、といったことは「不法行為に基づく損害賠償請求」という表現では明らかにはなりません。そういう場合にはやはり、条文をもって特定しないと裁判所も判断できないですので、特定が必要でしょう。

○具体的に表現しますと、「貸金の返還請求」という主張をするのでは不十分で、「○○法第□条に基づく貸金の返還請求」という主張をする必要があるということでしょうか?

貸金の返還請求などでは、通常、根拠は十分に明らかなので条文の引用はしなくてもよいです。なお、厳密には「587条に基づく貸金の返還請求」とはなりません。587条は契約の成立について定めているだけですので、もし言うとすれば「587条に定める消費貸借契約に基づく貸金返還請求」となるかと思います。でも貸金返還請求であればそ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報